クラシック ピアノ 楽譜 無料。 無料のピアノ楽譜サイトまとめ

【無料楽譜】クラシックのピアノ有名曲一覧(発表会定番曲)

クラシック ピアノ 楽譜 無料

1度ではなく様々な場面で何度も聞いたことがあると思います。 「クラシック音楽の名曲選」などと題するCDには必ず収録されている曲ですし、卒業式などのイベントでも多用される曲です。 このカノンはパッヘルベルの作品で最も有名で最も愛されている作品でしょう。 ただ曲自体は大変有名ですが、作曲したパッヘルベルは一般の人々にとっては有名な存在とは決して言えません。 ここではパッヘルベルのカノンの解説と名盤の紹介をしたいと思います。 パッヘルベル「カノン」の演奏 パッヘルベルはバッハの父と交流があり、バッハのお兄さんに音楽を教えていました。 パッヘルベルは、コラール前奏曲やフーガを発展させ「パッヘルベル・コラール」と呼ばれる様式を確立し、バッハにも音楽的な影響を与えたと言われています。 またオルガン奏者としても名声を得ており、200曲以上の器楽曲を作曲し、あらゆるジャンルの音楽を作曲しました。 そして、その中でも評価が高いのがオルガン作品でした。 ちなみに200曲以上作曲した彼ですが、カノンは生涯の中で1曲しか書かれていません。 心地よく聴きやすい主題の追っかけっこ パッヘルベルのカノンは、1680年付近に作曲したとされるカノン様式の作品ですが、皆さんが良く耳にするカノンは「3つのヴァイオリンと通奏低音のためのカノンとジーグ ニ長調」の第1曲にあたります。 原曲はカノンとジーグで1組ですが、フーガ風のジーグは演奏機会がほとんどないのが現状です。 カノンの人気が高く、カノンのみで演奏されることがほとんどとなっています。 ちなみにカノンとは、主声部の奏でたフレーズを第二声部、第三声部がなどが模倣しながら進んでいく対位法的なものを指します。 「主題の追っかけっこ」のようなものですね。 パッヘルベルは大胆で複雑なものではなく、単純で明るく聴きやすい対位法を好んでいました。 大逆循環 パッヘルベルのカノンのコード進行は、「大逆循環」と呼ばれています。 また「黄金コード」と呼ばれることもあります。 これは「美しい曲を作りやすい」コード進行で、4小節単位でコードが循環する特徴を持っており、バロック時代から現代まで多くの作曲家が重宝しているものです。 人々の心をつかみやすく、名曲を生み出しやすいコード進行というわけですね。 クリスマスソングの代名詞である山下達郎の「クリスマス・イブ」にも大逆循環が使われています。 作曲をした経験や、コード進行の知識がある方は「見たことあるなー」と感じるのではないでしょうか。 それっぽい曲が比較的簡単に作れることから、大逆循環の進行は独創性に欠けると批評されることもあります。 ただ、大逆循環は400年以上も使われ続けており「世紀の大発明」と言えるでしょう。 ヨハン・パッヘルベルについて 最後にもう少し詳しくパッヘルベルについて書いてみようと思います。 1653年:ワイン屋の息子として生まれる 1653年にパッヘルベルはワイン屋の息子としてニュルンベルク(ドイツ)で生まれました。 後に音楽家として活躍しますが、若い頃は勉強もよくできたそうです。 1673年(20歳):ウィーンへ 1673年にパッヘルベルはウィーンへ移り住みます。 そこで現在では観光スポットとしても有名な「聖シュテファン大聖堂」の次席オルガン奏者に就きました。 ウィーンには5年間滞在し、ここで南ドイツとイタリアのカトリックの音楽を学びました。 彼が故郷で学んだルター派の音楽は、ウィーンでの音楽とは異なるものです。 あらゆるジャンルの作曲をしたパッヘルベルは、ウィーンでも音楽の多くを吸収したのかもしれません。 いずれもバッハ一族とは関係の深い土地で、ここで彼はバッハ一族と深い交流を持ちました。 そしてここでオルガン奏者としての確かな地位を築いていきます。 ちなみにパッヘルベルはエアフルトで二度結婚しています。 恋多き男だったのかもしれませんね。 カノンは1680年付近に作曲されていますので、この時代に作曲されたものと考えられています。 晩年は故郷ニュルンベルク シュトゥットガルトの宮廷音楽家を務めた後に、パッヘルベルは晩年を故郷のニュルンベルクで過ごします。 そしてこの地で52年の生涯を終えました。 パッヘルベル「カノン」の名盤.

次の

無料のピアノ楽譜サイトまとめ

クラシック ピアノ 楽譜 無料

:あなたはいま楽器を習っている? クラシック音楽が大好き? あるいは、音楽教師で学生用の教材を探しているところ? このどれかにあてはまるなら、あなたはいつも新しい楽譜を探しているはず。 この記事では、印刷できる無料の楽譜を見つけられる厳選7サイトを紹介します。 有名なクラシックから、20世紀のロッククラシックの新しい解釈まで、あらゆる楽譜をダウンロードできますよ。 8notesのコンテンツは、インストルメンタル、スタイル、アーティストの3つのセクションに分かれています。 つまり、あなたの専門分野がどんな音楽だとしても、ニーズに合った楽譜を見つけられるということです。 ほぼすべての楽譜にMP3またはMIDIファイルが付属しており、サイト内をブラウズしながら楽曲を視聴することができます。 また、ここにあるのは楽譜だけではありません。 そのほかの教材もたくさん用意されています。 音楽理論の講義からギタースケールまで何でも揃っています。 年間20ドルを払えば購読者になれます。 購読者は、より長い楽曲を聴けたり、高度なコンテンツやMIDIコンバーターを利用できるほか、広告を非表示にできます。 (国際音楽スコア・ライブラリ・プロジェクト) 楽譜を使う人でIMSLPを知らない人はいないはず。 このサイトは2006年に開設され、今ではウェブ上のどんなサイトよりもたくさん、無料の楽譜を提供しています。 現時点で、ライブラリには115,347件の作品、379,954点のスコア、43,390件の音源、14,863人の作曲家、390人の演奏家が登録されています。 一生を費やしても余りあるコンテンツです。 検索機能はシンプルで、期間、国籍、楽器、言語、ジャンルといったフィルタで検索できます。 また、このサイトでは多言語対応のフォーラムが盛り上がっています。 楽譜をリクエストしたり、ダウンロードした音楽についてチャットしたり、自分の音楽成功談をシェアすることもできます。 Pianotteの欠点は、ピアニスト用の楽譜しか扱っていないところです。 長所は、現代音楽がかなり充実しているところ。 ショパンよりもColdplayが好きな人にはぴったりなサイトです。 外見は洗練されているとは言えませんが、補って余りあるコンテンツがあります。 数百曲の楽譜がPDF形式でダウンロードできます。 AからZの索引、ジャンル、新着、人気などのオプションで検索できます。 Sheetoは、この記事で紹介している他のサイトとは少し異なるアプローチをとっています。 無制限のダウンロードライブラリを提供するのではなく、ユーザー同士で楽譜を交換することを奨励しています。 ごく一般的な楽曲なら、交換ではなく、そのままダウンロードできます。 探している楽譜がニッチなものなら、自分が持っている楽譜と交換する必要があります。 サインアップするときに、プロフィールページに、欲しい楽譜と提供できる楽譜をリストしておきます。 このコミュニティに参加すれば、膨大なコンテンツにアクセスできるようになります。 ジャズのマスターからロックのレジェンドまで、どんなものでも手に入ります。 もちろん、伝統的なクラシック音楽もたくさんあります。 無料でサインアップを済ませたら、ほかのユーザーたちと交換を楽しみましょう。 Mutopia Projectでは、クリエイティブコモンズ・ライセンスを持つ2,000以上の楽曲を提供しています。 つまり、法的なあれこれを心配せずに、ダウンロードした楽譜を修正、印刷、コピー、配布、演奏、録音することができます。 このサイトはクラシック音楽を専門としていますが、新しい音楽や、アレンジされた楽曲も置いてあります。 すべての楽譜にPDFとMIDIファイルが付属します。 Mutopiaはボランティアが中心となって運営されているサイトです。 楽譜はすべてLilypondを使って丁寧にタイプされています。 ボランティアの人たちが今どんなプロジェクトに取り組んでいるかを知りたければ、画面の上部にある「In Progress」タブをクリックしてください。 ChoralWikiは米国の登録慈善団体で、2万5千の合唱と声楽の楽譜と、3000人の作曲家をカバーしています。 楽譜に加えて、テキスト、翻訳、MP3ファイル、およびMIDIファイルをダウンロードできます。 検索は「作曲者」と「音楽」の2つのセクションに分かれています。 この2つのセクションがそれぞれサブカテゴリに分かれていて、死亡年、年齢、国籍、ジャンル、言語などのオプションでフィルタリングできます。 ChoralWikiはコミュニティ主導のWikiなので、誰でもサイトに新しいコンテンツを追加できます。 開設されると急速に成長し、人気サイトとなりました。 継続的に新しいコンテンツが追加されています。 Making Music Funは、楽器を手に取ったばかりの人にはぴったりのサイトです。 偉大な作曲家の複雑な作品にいきなり取り組むかわりに、楽器の演奏を少しずつ、楽しく学んでいくことができます。 このサイトは初心者向けにつくられています。 楽譜だけでなく、学習指導書、音楽理論ワークシート、授業の教材、さらにはレッスン計画まで用意されています。 基本は生徒に教材を配りたい教師向けの内容となっていますが、自習用としても素晴らしい教材です。 楽譜はそれぞれ、ギター、バイオリン、ピアノ、フルート、レコーダー、オーボエ、サクソフォン、トロンボーン、ハープ、トランペット、チェロ、クラリネット用のものがあります。 声楽家の卵のための楽譜もあります。 各楽器セクションは、入門、初級、中級に分かれています。 中級レベルを卒業したら、この記事で紹介しているほかのサイトを使い始めるとよいでしょう。 あなたはどのサイトを使いますか? 以上、無料で楽譜を探して印刷できる厳選サイトを7つ紹介しましたが、これですべてではありません。 ネット上には同じようなサイトがまだまだたくさんあります。 じっくり探せば、どんな楽譜でも必ず見つけられると思いますよ。 |MakeUseOf Dan Price(訳:伊藤貴之) Photo by Shutterstock.

次の

楽譜を無料でダウンロードして印刷できる厳選7サイト

クラシック ピアノ 楽譜 無料

楽譜を購入する前に、譜ヅラを確認できる• 曲を聴きながら楽譜を見て楽しめる• たくさんの曲を初見で弾く練習ができる• 譜読みの速度アップに役立つ etc.. 音楽を聴くのも、弾くのも、もっと便利になります。 「IMSLP」とは、著作権の保護期間がすぎた楽譜を無料でダウンロードできるサイトのこと。 主にクラシック音楽の楽譜を無料でダウンロードすることができます。 「IMSLP」はとても便利なサイトですが、元がカナダのサイトなので横文字が多いところ・少し扱いづらいところが難点。 そこでこのページでは、 IMSLPをはじめて利用するあなたのために「IMSLPの使い方・楽譜のダウンロード方法」を詳しくまとめてみました。 このページの目次• なぜ楽譜を無料でダウンロードできるのか 無料でダウンロードというと、 気になるのが著作権ですよね。 「無料は違法じゃないの?」と思われる方もいるかもしれません。 著作権には「著作物の保護期間」がある 著作権には「著作物の保護期間」が決められていて、「保護期間をすぎた作品は著作権料を払わずに自由に利用できる」というルールがあります。 著作権の決まりごとは国によって違いますが、 日本で定められている保護期間は以下の通り。 著作権の保護期間(著作権法51条~58条) 著作権は、創作と同時に発生し、原則として著作者が亡くなって50年(死亡年の翌年の1月1日から50年)が経過すると消滅します。 保護期間が満了した著作物は、著作権者の許諾なく利用できます。 より引用 クラシック音楽は著作権料を払わずに利用できる作品が多くある 日本で決められている著作権の保護期間は作者が亡くなってから50年すぎるまで。 クラシック音楽の作曲家は50年以上前にすでに亡くなっている方も多いので… 有名な曲だとしても、作品によっては合法的にネットで無料ダウンロードすることができます。 IMSLPでクラシック音楽の楽譜を無料ダウンロードする方法 IMSLPは、 誰でも 無料で利用することができます。 会員登録 しなくても利用可 料金 無料 利用に必要なもの インターネット環境 ダウンロードできる ファイル形式 PDF(印刷も可) 楽譜を検索するところから楽譜をダウンロードするところまで、順を追って解説していきます。 1.まずはIMSLPのトップページにアクセス ローマ字表記・原語表記がわからない場合は、の検索画面で日本語名を検索すれば探せるよ 3.検索結果から作曲家の曲目一覧ページに移動する 作曲家の名前を検索すると、検索結果がズラッと出てきます。 検索結果の中から「Category:作曲家名のローマ字表記」を選択すると、検索した作曲家の曲目一覧ページに移ります。 4.ダウンロードしたい曲名を選ぶ 作曲家のページに移動しました。 そのまま画面を下にスクロールしていくと… アルファベット順にダウンロードできる曲目一覧が出てきます。 ダウンロードしたい曲名を選びます。 曲名の原語表記に慣れていない方は、作品番号(Op など)を参考にすると探しやすいです。 5.ダウンロードしたい楽譜を選ぶ 曲名を選択すると、ファイルをダウンロードするページに移ります。 ページ上部は音源ファイルのダウンロード一覧。 ページ上部は演奏音源のダウンロード一覧。 画面を下にスクロールしていくと… 楽譜ファイル一覧が表示されます。 MEMO• 「録音ファイル」と「楽譜ファイル」がありますが、 楽譜のダウンロードをするときは「楽譜ファイル」を選択する• 複数の楽譜があるのはおもに出版の違い 6.楽譜をダウンロードする 矢印マークの「 Complete Score」を押すとダウンロードページへ。 免責事項を確認して「私はこの免責事項を受け入れ、ファイルのダウンロードを続行します」を押すと、ダウンロード完了です。 楽譜はPDF形式のファイルでダウンロードできて、印刷も簡単にできます。 7.アレンジ違いの楽譜もある 同じ曲の楽器や編成の異なった楽譜のダウンロードもできます。 例えば、ラヴェルの「ラ・ヴァルス」は• 1台ピアノバージョン• 2台ピアノバージョン• オーケストラバージョン などで演奏されます。 さまざまな編成で演奏されることのある曲は、「楽譜ファイル」の下に表示されるタブを切り替えて違う編成の楽譜をダウンロードすることもできます。 編成の異なった楽譜は• 著作権の保護期間に関する決まりは国ごとに異なっている• 楽譜の著作権には「戦時加算」という(戦時中の期間を、通常の著作権の保護期間に加算する)例外的な決まりがある といった決まり事を理解したうえで、利用する国で決められている法律にしたがって利用しましょう。 繰り返しになりますが、日本の著作権の保護期間は著作者が亡くなってから50年が経つまでです。 著作権の保護期間(著作権法51条~58条) 著作権は、創作と同時に発生し、原則として著作者が亡くなって50年(死亡年の翌年の1月1日から50年)が経過すると消滅します。 保護期間が満了した著作物は、著作権者の許諾なく利用できます。 より引用 まとめ|IMSLPを使えば音楽の楽しみ方が広がる! IMSLPを使えば「わざわざ楽譜を買ってするのはちょっと…」と後回しになっていた.

次の