翔 んで 埼玉 京 本 政樹。 翔んで埼玉(飛んで埼玉)のキャストや原作漫画とは?相関図やあらすじ&ネタバレなども

映画『翔んで埼玉』追加キャスト情報解禁!!

翔 んで 埼玉 京 本 政樹

W主演に二階堂ふみさん・GACKTさんを迎え、2019年2月22日に全国公開予定の実写映画『』(魔夜峰央原作)のポスタービジュアルと本予告映像がついに解禁! 先日解禁された魔夜峰央ワールド全開のビジュアル解禁時は、朝7時の発表以降、SNSを中心に大きな盛り上がりを見せ、午前中一杯、急上昇ワード、トレンドで堂々1位を獲得! 映画公開前からとにかく話題の本作。 今回解禁されたポスタービジュアルは、某有名絵画を彷彿とさせる<革命>がテーマのド派手な一枚! 二階堂ふみさん演じる壇ノ浦百美が掲げている旗には、「何も無いけどいい所!」というまさかの埼玉を自虐した文言。 更に、GACKTさん演じる麻実麗は、どこか敵を見据えているような表情で、真剣を携えているかと思いきや、まさかの埼玉県の名産・深谷ネギ! 豪華絢爛な額縁の中で繰り広げられる、まさに本気の魔夜峰央ワールドが展開されています。 そして、このポスターをよく見てみると、実は意外なゆるキャラが隠れている……。 色々と突っ込みどころ満載なポスターに仕上がっています。 予告編映像は、冒頭から「世界よ、これが埼玉だ!! 」と、某洋画で使われていそうなコピーで始まり、はなわさんが歌う「埼玉県のうた」を主題歌に起用。 そして東京から虐げられ、出入りするには通行手形が必要、さらには、SAT Saitama Attack Team という、不正入都した埼玉県人を処罰する特殊部隊が目を光らせる、この『翔んで埼玉』ならではの埼玉県の姿が……。 そんな埼玉県に自由をと解放を企てる、埼玉解放戦線のリーダー・埼玉デュークを京本政樹さんが熱演。 それに対立するのは、伊勢谷友介さん演じる、阿久津翔が率いる千葉解放戦線。 埼玉と千葉、どちらの県が通行手形を撤廃できるのかという、邦画史上最大の茶番劇が描かれます。 そして、この物語を更に異色に彩る豪華キャスト達。 中尾彬さん演じる、東京都知事であり百美の父・建造。 その妻であり阿久津とただならぬ関係の恵子を演じる武田久美子さん。 麗の父である西園寺宗十郎を演じる麿赤兒さん。 神奈川県知事を演じる竹中直人さん。 麗の家政婦・おかよを演じる益若つばささん。 埼玉県に不正入都した青年を演じる間宮祥太朗さん。 そして元埼玉県人のクラス「Z組」でひどい扱いを受けている下川信男を演じる加藤諒さん。 さらに、埼玉県在住の菅原家の父・好海をブラザートムさん、母・真紀を麻生久美子さん、娘・愛海を島崎遥香さんが好演。 愛海の婚約者・五十嵐春翔を成田凌さんが演じます。 原作では未完であった【埼玉ディス】物語。 ……と思いきや、予告編のラストはにらみ合う埼玉と千葉の軍勢が、XJAPANのYOSHIKIさん、THE ALFEEの高見沢俊彦さんの写真を掲げ、出身地対決を大真面目に繰り広げるという、まさかの展開に。 もはや本作はどこへ向かっているのか!? そして、完成した映画には一体何人の著名人が登場するのか!? 魔夜峰央ワールドならではの耽美な世界観にも注目です! 動画:まさかのあの人も登場!?

次の

京本政樹 (きょうもとまさき)とは【ピクシブ百科事典】

翔 んで 埼玉 京 本 政樹

魔夜峰央の漫画『翔んで埼玉』の実写映画化が決定。 2019年2月22日 金 より全国ロードショー。 2015年には『このマンガがすごい! comics 翔んで埼玉』 宝島社 として30年ぶりに単行本として復刊され、それをきっかけにテレビ番組、SNS、インターネットなどメディアで多数取り上げられ、再び反響を呼んだ。 ただし、当の上田清司埼玉県知事からは、「悪名は無名に勝る」と県公認?のお墨付きコメントを得ている。 ある日、東京でトップの高校・白鵬堂学院の生徒会長で東京都知事の息子・壇ノ浦百美 だんのうらももみ は、アメリカ帰りの謎の転校生・麻実麗 あさみれい と出会う。 互いに惹かれ合うも、実は麗が埼玉県出身だったと知る百美。 そして、東京と埼玉の県境で引き裂かれる2人。 まさに埼玉版「ロミオとジュリエット」とも呼べる愛の逃避行と、その中で埼玉県解放を成し遂げるべく戦いを挑んだ者たちの革命の物語である。 2部構成の映画オリジナルストーリー 原作が未完の物語であることから、制作陣は映画化にあたり、「伝説パート」と「現代パート」の2部からなるオリジナルストーリーを構想した。 一方、東京都と密な関係を築き、埼玉と千葉の東京進出を快く思わない神奈川県という勢力も登場し、東京、埼玉、千葉、神奈川をはじめ、群馬、栃木、茨城をも巻き込んだ関東一帯の各勢力が複雑に絡み合う、壮大な物語が展開される。 「現代パート」 埼玉県在住の菅原家を中心に物語が展開。 娘の結納の為一路東京へ向かう道中、車内のラジオから流れてきたのは、百美と麗らが埼玉県人の自由と誇りをかけた戦いの日々を綴った物語。 果たしてこの物語は、菅原一家や婚約者たちを、どんな結末に導いてしまうのか…。 埼玉県在住のある家族を通して、百美・麗の伝説を振り返り、埼玉への郷土愛を再認識するパート。 1の呼び声も高い二階堂ふみ。 当初は原作の性別を変更しようという案もあったが、二階堂本人による「これ、私が男性の役をそのまま演じたほうが面白くないですか?」という提案から、原作の通り、名前も外見も女性っぽいのに実は男性、というキャラクターのまま進められることとなった。 そして、二階堂演じる百美が淡い恋心を抱く、容姿端麗でアメリカ帰り、でも実は埼玉県出身の転校生・麻実麗 あさみれい 役にGACKT。 原作者も交えたキャスティング会議では、満場一致で「なるほど!」となったという、原作者お墨付きの配役だ。 とはいえ、いくらミステリアスな設定といえど、麻実麗は18歳の高校生。 「原作の魔夜さんのご指名なら... 」と引き受けたGACKTが麻実役をどう料理するのかも、本作の見所の1つとなりそうだ。 伊勢谷友介、京本政樹らも出演 「伝説パート」では、百美の父親である東京都知事・壇ノ浦建造の執事・阿久津翔役に伊勢谷友介、伝説の埼玉県人・埼玉デューク役に京本政樹が抜擢。 その他、現東京都知事で百美の父・壇ノ浦建造に中尾彬、百美の母・壇ノ浦恵子に武田久美子、麗の父親・西園寺宗十郎に麿赤兒、神奈川県知事に竹中直人、麗のお手伝いさん・おかよに益若つばさ、埼玉県人の青年に間宮祥太朗、白鵬堂学院の学生・下川信男に加藤諒と、実力派&個性派俳優陣らが集結する。 「現代パート」では、菅原家の父・菅原好海をブラザートム、母・菅原真紀を麻生久美子、娘・菅原愛海を島崎遥香、愛海の婚約者・五十嵐春翔を成田凌が演じる。 役柄は、それぞれの出身県に合わせた設定となっており、出演者が故郷への愛をどのような形で表現するのかも注目だ。

次の

翔んで埼玉(映画)

翔 んで 埼玉 京 本 政樹

解説 「パタリロ!」で知られる漫画家の魔夜峰央が1982年、当時自らも居を構えていた埼玉県を自虐的に描いたギャグ漫画として発表し、30年以上を経た2015年に復刊されるとSNSなどで反響を呼んだ「翔んで埼玉」を、二階堂ふみとGACKTの主演で実写映画化。 かつて東京都民からひどい迫害を受けた埼玉県民は、身を潜めてひっそりと暮らしていた。 東京都知事の息子で、東京のトップ高校である白鵬堂学院の生徒会長を務める壇ノ浦百美は、ある日、アメリカ帰りで容姿端麗な謎の転校生・麻実麗と出会う。 百美は麻実に淡い恋心を抱き、互いに惹かれあっていく。 しかし、麻実が埼玉県出身であったという衝撃の事実を百美が知ってしまい、2人は東京と埼玉の県境で引き裂かれることとなってしまうが……。 二階堂が男性である百美役をGACKTが麻実役をそれぞれ演じる。 監督は「のだめカンタービレ」シリーズ、「テルマエ・ロマエ」シリーズの武内英樹。 2019年製作/107分/G/日本 配給:東映 スタッフ・キャスト 埼玉県ってそんな駄目なとこだろうか。 なんでそんなに自尊心が低いのかよくわからない。 自分は神奈川県民なのであまり埼玉県に行かないのでよくわからないな、と思っていたのだが、本作を見てなるほどと思った。 行かないのは要するに行っても見るものがないということだと。 無個性であることが自尊心の低さになっているのだが、本作はそんな無個性を揶揄することで逆に埼玉に強烈な個性を与えることに成功していると言えるかもしれない。 この映画を観れば、「埼玉県民おもしれーなー」とやっぱり思うわけだし。 クライマックスに提示される「全国総埼玉化計画」は現代社会に対して皮肉が効いている。 どこに行っても同じお店が並び、同じような風景ばかりになってしまった。 確かに日本は埼玉化しているのかもしれないと思った。 GACKTと二階堂ふみのハマり具合は素晴らしかった。 GACKTは画面にいるだけでそこが異空間のようになる。 この映画に欠かせない存在だった。 2019年の興収ランキングで8位、日本アカデミー賞で優秀賞12部門、最優秀を監督賞・脚本賞・編集賞の3部門で獲得するなど、大変な話題作だけに期待して鑑賞。 だが見かけの軽薄な印象を覆すほどの意外性や深みは感じられず。 逆に、ギャグ漫画の世界観を忠実に実写化する商業映画が、興行的にも批評的にも大成功を収めた事実に、邦画の作り手側と受け手側、双方のガラパゴス的独自進化を痛感してしまう。 まず埼玉県のローカル性を首都東京と対比してけなす笑いの質が、弱者をいじめながら「いじってあげている」「相手も喜んでいる」などと開き直る精神性に似て居心地悪い。 魔夜峰央の「パタリロ!」はコミックで読んで好きだったので、本作の原作は未読ながらきっと面白いだろうと想像するが、映画化に値する主題かどうかは疑問。 百美を二階堂ふみに演じさせることでBL要素をオブラートに包んだ点には、したたかな戦略を感じたが。 魔夜峰央の荒唐無稽なギャグマンガがまさかのリバイバルヒットなり、まさかの実写映画化。 正直、ここまでちゃんとやってくれるとは思っていなかった。 なんとも失礼な話だが。 観終わって何かを残す映画もあるが、全力でバカげたことをやり切っていて、深みみたいなものを一切感じさせないのがいい。 それも出演している役者陣が求められていることをきっちりとこなしているからで、終始、職人芸を愛でるような気持ちで鑑賞していた。 中でも得難い人材だと感心したのがGACKT。 よくもまあマンガでしか成立しないような生き物をかくも完璧に演じることができるものだと感動すら覚えた。 ただしその感動も後を引くようなものでなく、サラサラと脳から滑り落ちていく。 その気楽な塩梅も、普通に力の入った熱演では醸し出せるものではない。 GACKTが提示する非現実な佇まいが最良の形で活かされた稀有な企画だったのではないか。 いや、GACKTについて詳しくないので、実はこんなことは朝飯前なのかも知れませんが。 「ドクター・ドリトル」 C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved. 「ホーンテッド 世界一怖いお化け屋敷」 C 2018 Danger House Holding Co. , LLC. All rights reserved. 「ANNA アナ」 C 2019 SUMMIT ENTERTAINMENT,LLC. ALL RIGHTS RESERVED. 「ハリエット」 C 2019 Focus Features LLC.

次の