カード ローン ブラック リスト 時効。 ブラックリストから自分の名前を消す方法

クレジットカードの借金踏み倒しに時効はある?

カード ローン ブラック リスト 時効

信用情報の事故情報(ブラックリスト)は回復できるのか? 「ブラックリスト」という言葉は誰しもが一度は耳にしたことがあると思います。 しかし、実際にブラックリストという書類が存在しているのではなく、 信用情報に事故情報が載ることをブラックリストの載ると表現しています。 そもそも信用情報とは? 信用情報は、 クレジットやローン契約を申し込む際に必要な個人情報のことをいいます。 つまり、特定の個人の客観的な取引の情報を登録した情報であり、クレジット会社やローン契約を顧客と結ぶ者などが取引相手の信用度合いを判断するために用いられます。 日本では後述する3つの機関が信用情報を管理しています。 信用情報に悪い履歴がある場合のデメリット 信用情報に悪い履歴が残っている状況では、どのようなデメリットが生まれるのか見ていきましょう。 クレジットカード払いができない 信用情報に悪い履歴があれば、あなたの支払い能力を信用してもらえないため、信用取引であるクレジットカードでの支払いができなくなります。 そのため、クレジットカード払いしかできない、ネットショッピングなどで不便を感じてしまうでしょう。 ローンが組めない 信用情報が悪い状態では、ローンを組むことができません。 そのため、車や住宅など金額が大きな買い物ができなくなってしまうのです。 ETCカードが作れない 高速道路を走行する際に、いちいち現金で払う手間がはぶけて便利なETCカード。 このカードは、カード発行会社でクレジットカードの追加カードとして発行されます。 そのため、信用情報が悪くクレジットカード会社に信用されていない状況では、発行ができないのです。 スマホの分割払いができない 毎年新しいモデルが発売されるスマートフォン。 数年に1度は機種を買い換える人も多いのではないでしょうか。 携帯端末機は安いものではないため分割払いを選択する人もいます。 しかし、信用情報の履歴が悪ければ、分割払いが選択できず一括で購入しなければなりません。 信用情報が使われる場面 クレジットカードでの決済や、ローンを組むときには必ず信用情報が使われています。 つまり、信用情報に悪い履歴がある場合、普段特別な意識をしていなくとも、私たちの日常生活に大きな影響を残すことが考えられます。 最近では、家賃・水道光熱費や携帯・インターネット代金など生活に必要な費用をクレジットカードで払っている人も多いでしょう。 また、子供のいる家庭では、マイホームやマイカーの購入・子供の教育費などローンを組みたい場面も増えていくでしょう。 このように信用情報に悪い情報が載っていれば、クレジット決済やローンなどの信用取引ができなくなるので、生活に不便さを感じる可能性が高まるのです。 自分の信用情報は確認可能 日本には3つの信用情報機関が存在します。 信用情報は、それぞれの機関窓口での請求や郵送・ネット上・電話での請求が可能です。 ご自身の信用情報が不安で確認をしておきたければ、それぞれの機関に問い合わせてみることをおすすめします。 全国銀行個人信用情報センター(KSC) 全国銀行個人信用情報センターは、一般社団法人全国銀行協会が設置・運営している機関です。 おもな役割はほかの機関とほとんどかわりませんが、銀行協会が運営しているため、自己破産の官報情報が登録されているのが特徴です。 株式会社 シー・アイ・シー(CIC) 株式会社 シー・アイ・シーはおもにクレジットカード会社の信用情報を扱う機関です。 信販系から金融機関や消費者金融まで幅広い機関が加盟しています。 そのため、クレジットカードの滞納やローンの延滞があれば、CICに掲載されている信用情報が悪化してしまいます。 株式会社日本信用情報機構 日本でもっとも長く続いている信用情報機関が、株式会社日本信用情報機構です。 おもに消費者金融系の信用情報を扱っており、金融庁の指定信用情報機関としてもしられています。 特徴はリアルタイムで信用情報を確認できる点です。 信用情報確認に関して詳しい情報を知りたい場合は「」をご覧ください。 デビットカードは作成可能 ブラックリストに載っている状態だと、 クレジットカードを新たに作成することができなくなります。 しかし、デビットカードはこの場合でも新たに作成することはできることが多いようです。 もし何かしら新規でのカード利用が必要な場合は、 デビットカードの作成を検討しましょう。 デビットカードは、 登録した銀行口座に残金がある分しか使用することができませんので、使いすぎる心配もありません。 信用情報(ブラックリストに載った情報)を回復させる方法 多重申込で6ヶ月、延滞情報や債務整理では5年もの悪い履歴が残ってしまう信用情報。 悪化した信用情報を回復させるにはどのようなことを行う必要があるのでしょうか。 信用情報に載った情報が自動的に消えるまでの期間 もし信用情報(ブラックリスト)に情報が載ってしまった場合、以下の時効援用が適応されれば自動的に消えるとされています。 支払うべき料金が未納だったが完済した場合• CIC場合: 完済から5年後• JICC(日本信用情報機構)の場合: 完済から1年後• CICの場合: 自己破産免責から5年後• JICC(日本信用情報機構)の場合: 自己破産免責から5年後• KSC(全国銀行個人信用情報センター)の場合: 自己破産免責から10年後 詳しい内容は「」をご覧ください。 信用情報回復のために契約を精算する 個人の信用情報がブラックリストとなってしまうには、なんらかの原因があります。 例えば、• クレジットカードの引き落とし日に指定口座に十分な金額が入っていないことが数ヶ月続く• 支払うべきローンが支払われない状況が続く こういった理由があると、信用情報に悪い履歴が残ってしまうのです。 そんなときは、まず信用情報を落とす原因となった未払いの契約を精算しましょう。 これはあなたが、クレジットカード会社やローンを組んだ信託会社などに借金をしている状況と同じなので、早急な支払いが必要です。 この支払がなされなければ、いつまでも信用情報は回復しません。 定期的に収入を得る 信用情報は、クレジットカード会社などがカード申込者に支払い能力があるかなどを、判断する場合にも使われます。 そのため、定期的な収入がない人なら信用をもとに一旦支払いを肩代わりしても、あとからその分の支払いを受けられない可能性があるので、信用されにくいのです。 信用情報を回復させるには定期的な収入があることを、示す必要があります。 信用情報を削除または申請をする 残念ながら、 一度登録されてしまった信用情報の悪い履歴は、定められた一定の期間中に消えることはありません。 しかし、何らかの理由や手違いで、身に覚えがない誤った信用情報が登録されてしまったケースでは、その悪い履歴を削除してもらうことができます。 もし、そのような誤りがあれば、その情報を掲載している信用情報に情報を登録申請した業者に対して情報の訂正や削除を申請しましょう。 信用情報の訂正や削除は、本人が確認できる書類(運転免許証や保険証)があれば申請が可能です。 信用情報を自力で削除することはできない 借金を完済している等の事情があっても、信用情報は、 自力で削除することができません。 事故情報そのものが間違いであればともかく、そうでない場合には基本的には時間の経過を待つ以外ありません。 事故情報そのものが間違いであればともかく、そうでない場合には基本的には時間の経過を待つ以外ありません。 信用情報が回復するまでにやるべきこと これ以上、支払いを滞納しない 支払いの滞納を続けていれば、都度、事故情報として登録されてしまう可能性があります。 この場合、いつまで立っても信用情報が回復しない状態が続いてしまいます。 一度、信用情報について登録されてしまった場合は、同じことを繰り返さないように注意しましょう。 新たな借金もしない 多重債務者は、新たな借金を繰り返すことで最終的に破綻します。 一度信用情報が登録されたということは、経済的に破綻しかけたということです。 そのため、新たな借金を続ければ経済破綻まっしぐらです。 新たな借入はしないようにしましょう。 またそもそもですが、事故情報がある場合は金融機関から新たな借り入れをすることはできません。 それでも貸付をしてくれるのは違法な闇金などまっとうな相手ではない可能性が高いです。 余計なトラブルに巻き込まれるリスクがありますので、軽々と取引してはいけません。 デビットカードを使用する クレジットカードの利用はある意味借入をしているのと同じです(期限内に返済すれば利息がかからないというだけです。 そのため、クレジットカードの利用を続けると返済困難な状況に陥ってしまうかもしれません。 ネットショッピング等でどうしてもカード利用が必要ということであれば、デビットカードを使用するようにしましょう。 デビットカードの場合、銀行口座の残高分をカードで利用するものであり、借金ではありません。 今後信用情報を悪化させないためにすべきこと 信用情報を回復させられれば、それ以降は悪化させたくありませんよね。 信用情報を悪化させないためには、2つの方法があります。 支払いを滞らせない 信用情報に悪い履歴が残ってしまう原因は、信用取引のです。 これはうっかりして忘れようが、意図的に支払わなかった場合でも同じです。 そのため、クレジットカードやローンなどの支払期日は、必ず守るようにしましょう。 支払いが滞ったままでいると、最悪の場合、強制執行されるなどのリスクがあります。 まっとうに仕事を続ける 信用取引の支払いを滞らせないためには、しっかりと毎月安定した収入を得て、その収入内での生活や買い物を行う必要があります。 安定した収入を得るには、まっとうに仕事を続けるしかありません。 当たり前のことですが、信用情報を悪化させないためには、まっとうに仕事を続けて毎月まとまった収入を得ることが大前提となります。 「社内ブラック」に注意 金融機関の中には金融事故の記録を社内的に保管・管理している場合もあるようです。 このような金融機関が相手の場合、一度ブラックリストに入った場合は新規取引を断られる可能性があります。 いわゆる「社内ブラック」と呼ばれる場合です。 このような場合は、他の金融機関との取引を検討せざるを得ません。 借金を大幅に減額できる可能性があります。 もしあなたに借金があって、返済で大変な思いをしているようでしたら、 『債務整理』という方法で借金を大幅に減額できる可能性があります。 債務整理とは、 借金返済を続けるのが難しい方のための、法律で認められた救済制度です。 消費者金融や銀行のカードローン、クレジットカードのリボ払いなどの 借金を大幅に減額することができます。 【減額後】 月々の返済額: 2. 5万円 利息を含む総返済額: 150万円 月々の返済額は1. 5万円、総返済額は67万円も減らすことができます。 ちなみに、上で紹介した【減額前】の利息を含む総返済額217万円は、毎月きっちり返済して、追加での借入を一切行わない場合の金額です。 毎月返済しながらも、ついついお金が足りなくなって、少ない金額でも追加で借りてしまうことがありませんか? その場合は、完済までもっとお金がかかりますし、そもそも完済できずに利息を払い続けるなんてことになりかねないので、 減額できる金額(利息分)はもっと増えます。 債務整理にもいくつか種類がある 債務整理にもいくつか方法があって、上の減額例は『任意整理』という方法を利用した場合の例です。 『任意整理』は、あなたの代わりに弁護士や司法書士が金融期間と交渉して、 今後支払う利息をカットして、元本の金額だけを返済できるようにする手続きです。 交渉によっては利息だけでなく、元本の金額の一部を減額してもらえることもあります。 『任意整理』の他にも、収入が大きく減ったり、働けなくなった方には、 借金の総額を8割ほど減らせる『個人再生』や 借金をゼロにする『自己破産』等の方法もあります。 どの方法でも弁護士や司法書士があなたの代わりに手続きをしてくれるので、 面倒な手間や複雑な手続きはありません。 あなたの状況に応じて、ベストな方法を選ぶ必要があります。 自分で判断するのは難しいと思いますので、債務整理・借金問題が得意な弁護士・司法書士に相談して、あなたに最も合う方法を見つけましょう。 費用はかかるが、損することはない 債務整理の手続きは弁護士・司法書士に依頼することになりますが、依頼費用がかかります。 費用がかかると戸惑ってしまうと思いますが、 借金が減った金額以上に依頼費用がかかることはありませんので、あなたが損することはありません。 また依頼する前に費用がいくらかかるか提示されるので、その金額を確認した上で依頼するかどうか決めることができます。 今手持ちのお金がなくて費用が払えなくても、 分割払いや後払いに対応している事務所がほとんどですので、その点も安心してください。 まずはお近くの事務所に無料相談しよう まずは、お近くの事務所に以下3点を無料相談して、債務整理すべきか確認してみましょう。 ・借金を減額できるか?いくら減らせるか? ・どの債務整理の方法が一番合うのか? ・費用はいくらぐらいかかるのか? 当サイト 債務整理ナビでは、 全国の事務所からお近くの事務所を簡単に探すことができます。 借金問題の解決が得意な事務所のみを掲載しているので、どの事務所に相談してもOKです。 まずは、以下からお住まいの都道府県を選んで、無料相談しましょう。 今すぐにお話できない方はメールがおすすめです。 もちろん あなたの都合やプライバシーを配慮しますので、安心して相談してください。 【北海道・東北】• 【関東】• 【北陸・甲信越】• 【東海】• 【関西】• 【中国・四国】• 【九州・沖縄】• まとめ 一度、信用情報が悪化してしまうと、日常生活が不便になってしまう可能性が高いです。 また、悪化した信用情報は、回復するまでまとまった時間がかかってしまいます。 そのため、しっかり仕事をして毎月の収入内で生活を送るように気をつけましょう。

次の

ブラック 即日融資

カード ローン ブラック リスト 時効

ブラックリストが消えるまでの期間(ブラックリストの信用回復期間) ブラックリストが消えるまでの期間(ブラックリストの信用回復期間) ブラックリストに載ると 5年~10年間ブラック情報が残ります。 ブラックリスト入りすると絶対にクレジットカードの審査に通らないと思いがちですが、 クレジットカードの審査に「通らない」のではなく「通りにくい」だけです。 クレジットカード申込者に返済能力があれば、審査通過の可能性は十分にあります。 また、 過去に「クレジットカードの返済が数日遅れた」という程度であればクレジットカードの審査にほとんど影響はありません。 今回は、カード申込前に 発行可能か3秒診断できるクレジットカードを紹介して、 ブラックリストに登録されて消えるまでの期間(時効や解除までの期間)について解説します。 ブラックに該当しない人・5年以上経過した人 数日の返済遅れや少額のリボ払い残高が残っていてもブラックリストには該当せず、クレジットカードの申し込みが可能です。 一方、次の3項目のどれか1つにでも該当する方はブラックリスト入りしているため、クレジットカードの新規契約は難しいです。 過去5年以内に債務整理をした(自己破産のみ10年)• 過去5年内のクレジットカード支払い延滞が61日以上• 過去5年内のカードローンやキャッシング返済遅延が61日以上• 過去5年内の住宅ローンなど多目的ローンの返済遅延が61日以上 ちなみに、債務整理などでブラックリスト入りした方は、ブラックリスト期間(5年~10年)が過ぎれば審査通過の可能性はありますが、 返済能力がない方や無職で収入がない方は審査通過できません。 クレジットカードの申込資格「返済能力を有する方」の条件を満たしていないからです。 つまり、 ブラックリスト期間が過ぎて、現在返済能力があればカード申込可能です。 ただし、ブラックリスト期間が過ぎていても 現在も返済延滞があったり他社からの借入が残っていたりする方は返済能力がないと見なされます。 借入が残っている方は、クレジットカードの審査通過率を高くするためにも、延滞を解消してからクレジットカードを申し込むようにしましょう。 ブラックか不安な方にはWEB3秒診断がおすすめ 自分がブラックリストに登録されているか分からず、クレジットカードを発行できるか心配だという方はWEB3秒診断を利用しましょう。 大手消費者金融のマスターカードは、借り入れがあってブラックリストに登録されている方には絶対にクレジットカードを発行しないことで有名です。 そのため、 WEB3秒診断を利用して「借入の可能性が高い」と診断されれば、 マスターカードを発行できる可能性が高いです。 ブラックリストの期間 ブラックリストの期間は5年~10年で、返済延滞や債務整理などブラックリスト入りした原因によって期間が異なります。 ブラックリストとは、クレジットカードの返済を長期延滞、または債務整理をした場合に個人信用情報機関に金融事故情報(異動情報)として記録される状態を指します。 ブラックリストになる条件• クレジットカードやカードローン、携帯電話本体代金の返済延滞• クレジットカードの強制解約• 債務整理(自己破産、任意整理、個人再生)• 代位弁済(保証会社の代理返済) ブラックリストが消えるまでの期間(ブラックリストの信用回復)は、延滞した料金を完済した日から数えるので、返済が終わらなければブラックリストから消えません。 一旦ブラックリスト入りしてしまうと、延滞解消してから5年間は金融事故情報が残ります。 なお、61日未満の延滞ならば延滞履歴が残るだけで、支払いが終わればブラックリスト入りはしません。 カード会社は金融事故情報を基準に審査をします。 そのため、ブラックリスト入りしている時は、クレジットカード審査に通りにくいです。 キャッシング(無担保融資)や自動車ローン・住宅ローン審査についても、ブラックリストに載っている場合は審査通過が厳しくなります。 金融事故情報は、CIC、JICC、KSCの各個人信用情報機関に記録されます。 個人信用情報機関ごとに、金融事故情報の登録期間は異なります。 金融事故情報は原則として5年で個人信用情報機関から消えます。 自己破産のみ、最長10年間保管されます。 個人信用情報機関から金融事故情報が消えれば、カード会社は新規申込者がブラックリスト入りしていたことが分からなくなります。 そのため、金融事故から5年、自己破産のみ10年経過した後なら、新たなクレジットカードを発行可能です。 しかし、ブラックリストから記録が消えた直後は、クレジットカードを発行できるようになっただけで、審査には通りにくいです。 なぜなら、ブラックリスト入りしていた期間のクレジットヒストリー(クレヒス)が無いためです。 クレヒスの無い人がカードに申し込んでも、過去に金融事故を起こしたためにクレヒスを積めなかったとカード会社から判断されてしまいます。 とくに審査の厳しいクレジットカード会社は、クレヒスのない申込者を審査に落とします。 そのため、 ブラックリスト解消直後は、信用情報の審査の厳しいステータスカードには申し込まず、返済能力を重視するクレジットカードを発行するのをおすすめします。 個人信用情報機関は情報共有をしている 個人信用情報機関では「CRIN」と「FINE」という仕組みで情報共有を行っています。 例えば、CICに記載されている金融事故情報は、JICCかKSCに照会しても共有されています。 そのため、 ブラックリスト期間中はすべてのクレジットカード審査に通りにくい状態です。 ブラックリスト期間中にクレジットカードを作りたい場合、一般的なクレジットカードを申し込んでも審査に通りにくいため、審査に通りやすいカード会社を選ぶ必要があります。 お金が必要な方はTカードプラス クレジットカードのキャッシングは、基本的に翌月一括払いで返済しなければいけません。 そのため、現金がすぐに必要だという方には毎月分割返済ができるSMBCモビットが発行するTカードプラスがおすすめです。 SMBCモビットが発行するTカードプラスは、アコムやプロミスといったカードローンの機能とクレジットカードが一体になった新しいクレジットカードです。 Tカードプラスは、コンビニや銀行のATMから借入・返済ができ、インターネットからお申し込みする 「WEB完結」なら来店不要で郵送物なしです。 返済延滞のブラック登録期間 クレジットカード料金、カードローンの返済、携帯電話本体代金分割払いの返済などで延滞があると、個人信用情報機関の「入金状況」欄に延滞情報(返済遅延の情報)が記録されます。 クレジットカードの返済を61日以上長期延滞、3か月連続で返済遅れ、または毎月督促状が届いてから支払いしている場合、金融事故者(ブラックリスト入り)と見なされます。 銀行系のクレジットカード、信販会社のクレジットカード、消費者金融のクレジットカードなど、どのクレジットカードで延滞しても、同じように金融事故者として記録されます。 カード会社によって照会する個人信用情報機関が異なる場合がありますが、信用情報は各機関で情報共有されているため、基本的にはどのカード会社で延滞しても延滞履歴は最長5年残ります。 少額の延滞でも異動情報が記録される 1円でも返済延滞があると個人信用情報機関には異動情報が記録されます。 61日以上の延滞があれば、金額が少額であっても最長5年間ブラックリストとして記録されます。 61日以内の延滞はブラックリスト入りしない 返済日から61日以内に返済を行った場合、金融事故情報が記録されない可能性が高いためブラックリスト入りしません。 返済予定日を数日過ぎてから支払う程度であれば、クレジットカードの審査に不利に働く事も少ないです。 携帯電話本体代金の返済延滞 クレジットカード料金の延滞と同じく、携帯電話本体代金の返済延滞情報は61日以上の長期延滞、3か月連続で返済遅れによって、金融事故情報(異動情報)としてCICとJICCに記録されます。 クレジットカード会社の大半は、審査の際にCICとJICCの信用情報を照会しているいため、携帯電話本体代金の延滞で異動情報が記録されると、5年間はクレジットカード審査に通りにくくなります。 au、docomo、ソフトバンク、willcomなど、どのキャリアで延滞したとしても信用情報が傷つきます。 携帯電話本体を分割払いにしている場合、割賦契約という契約方式でいわゆる「分割払い」なので、返済が行われないと信用が失われます。 一方、携帯電話の基本料金は分割の支払いではないため、返済延滞しても信用情報は記録されません。 そのため、本体代金を支払い終わってから延滞した場合には、クレジットカード審査に不利になることはありません。 携帯電話会社のブラックリスト期間 携帯電話の短期解約やトラブルがあると、携帯会社のブラックリストに登録されます。 携帯電話の支払いを滞納するなどしてブラックリスト入りした場合、登録される期間はdocomoで90日間、auとソフトバンクで180日間です。 携帯会社(キャリア) ブラックリスト期間 docomo 90日間 au 180日間 ソフトバンク 180日間 クレジットカードの強制解約 クレジットカードの返済を長期間(2か月~3か月)延滞・滞納をすると、カード会社に強制解約させられる可能性が高いです。 ブラック入りしていることが理由で、auショップやdocomoショップで新規契約が出来ないと言われた場合、ブラックリスト登録期間が過ぎた後に再契約しましょう。 クレジットカードが利用停止(強制解約)になると異動情報だけではなく、カード契約が「契約終了」と個人信用情報機関に記録されます。 社内ブラックの登録期間 社内ブラックとは、クレジットカード会社が独自に保管している返済能力や悪質な人を登録している情報を指します。 個人信用情報機関の信用情報は一定期間で消えますが、社内情報は永久に保管されています。 例えば、三井住友カードの支払い延滞により強制解約となった場合、三井住友カード会社の社内ブラックとして無期限で登録されるため、三井住友カードを再度作るのは難しくなります。 申し込みブラックの登録期間 申し込みブラックになると6か月間はクレジットカードやカードローンの審査に通りにくくなります。 申し込みブラックとは、短期間に複数のクレジットカードやカードローンを申し込み、個人信用情報機関の「申し込み情報」に記録が残ってしまい、審査に通りにくくなることです。 申し込み情報は金融事故情報ではなく、単にカードの申し込みを行ったという情報ですが、 短期間に複数のカード申し込みがあると、入会特典目当ての申し込み、お金がなくて困っている、またはカード悪用のために申し込みしていると判断されるため、審査に通過しにくくなります。 クレジットカードで申し込みブラックになった方は、6か月以上期間を空けて、申込記録が個人信用情報機関から消えてから、再度クレジットカードに申し込みましょう。 債務整理・自己破産のブラック期間 クレジットカード契約者が、債務整理(任意整理、特定調停、個人再生)や自己破産の手続きを行った場合、個人信用情報機関に債務整理情報が登録されます。 自己破産情報は、CICとJICCでは最長5年間、KSCでは最長10年間保存されます。 KSCには代位弁済(保証会社から支払い)が行われた場合のみ登録されます。 個人信用情報機関 自己破産 個人再生 任意整理 株式会社日本信用情報機構(JICC) 5年 5年 5年 指定信用情報機関(CIC) 5年 なし なし 全国銀行個人信用情報センター(KSC) 10年 10年 5年 なお、過払い金返還請求は金融事故ではないと2010年から法律で定められました。 そのため、過払い金返還請求をしても異動情報は記録されません。 ただし、社内ブラックとしては情報が残っているので、過払い金請求をしたカード会社と再度契約するのは難しいです。 官報情報の掲載期間 自己破産すると官報に破産情報が掲載され、個人信用情報機関にも破産情報が記録されるため、クレジットカード会社も破産情報を得ることができます。 インターネット上の官報は掲載期間が30日となっていますが、カード会社によっては官報情報を独自に保管している場合もあるため、確実に官報情報が消える期間がいつかは断言できません。 自己破産情報は個人信用情報機関に最長10年記録されるため、 破産から10年以降であればクレジットカードやローンの審査に通過できる可能性がでてきます。 とはいえ、個人信用情報機関から破産情報が消えた後は、10年間クレヒスが無い状態です。 そのため、他の金融事故情報と比較しても、自己破産後はカード審査に通りにくい状態です。 ブラックリストの時効について 借金などは5年以上返済を行わなければ時効となり、時効援用をすることで返済する必要がなくなります。 時効の援用は借金を帳消しにするという意味では債務整理や自己破産と似ているので、ブラックリストに載ってしまうと考えがちです。 しかし、 時効援用は各個人信用情報機関の記録対象ではないため、ブラックリスト入りしません。 ただし、借金を返済するまでは個人信用情報機関に金融事故情報が記録され続けるので、時効援用をするまでの延滞情報が残り続けています。 そのため、借金がなくなった時点から5年以上経過しなければ、クレジットカードを作ることはできません。 もし時効の援用をするなら、弁護士や司法書士に依頼をすると良いでしょう。 クレジットカードの短期解約 クレジットカードに新規入会した後に短期解約をした場合、個人信用情報機関に解約した情報が残ります。 短期間に短期解約を繰り返すと「短期解約ブラックリスト」と呼ばれる状態となりクレジットカード審査に通りにくくなります。 短期解約ブラックリストは通常のブラックリストとは異なり、解約情報が多いことでカード会社の審査に通りにくくなる状態です。 クレジットカードの審査に通らなくなるわけではなく、審査通過率が低くなります。 クレジットカードを解約すると信用情報の「保有期限」の欄に解約の記録が5年間残り続け、ネガティブな情報として扱われます。 ブラックリストの履歴を自力で消すことはできない ネット上では「ブラック情報を消す裏技」などの情報が出回っていますが、個人信用情報機関に登録された信用情報を消すことはできません。 CICのウェブサイトでも、 「登録内容が事実であれば、訂正・削除することはできません」と明記されています。 誤った情報が登録されてしまった場合は削除できますが、そうでない場合はブラック情報を個人信用情報機関から消すことはできません。 ブラックリストに載らないためには、支払いの延滞しない以外に方法はありません。 ただし、冒頭でも解説した通り、 ブラック情報が残っていてもカード発行するかどうかはカード会社の判断次第なので、カード発行の可能性は十分にあります。 信用情報を確認する「開示申請」 個人信用情報機関に「信用情報の開示申請」をすることで、金融事故情報を見ることができ、申し込み情報、契約情報、取引情報、債務整理情報などを調べることが可能です。 もし、自己破産や支払の延滞などでブラックリスト状態になった場合、「いつから・どんな金融事故情報」が残っているか確認し、ブラック情報が消える年数を計算してみましょう。 CICやJICCは窓口や郵送、携帯・スマートフォン経由で開示請求をすることが可能です。 窓口やネットなら即時で信用情報を確認できます。 また、全国銀行個人信用情報センター(KSC)の場合、登録情報開示申込書を郵送で送ることでのみ開示が可能です(いずれも手数料1,000円ほど、窓口なら500円ほど)。 ブラックリスト情報開示の申請先 現在、日本では主に3つの個人信用情報機関があり、それぞれの個人信用情報機関が独自の事故情報を保有しています。 ここからは、それぞれの個人信用情報機関が保有している事故情報と個人信用情報機関同士で共有するシステムについて解説します。 株式会社シーアイシー(CIC) 主に三井住友カードやジェーシービーなどのクレジットカード会社や、アコムなどの消費者金融業者などが加盟している、貸金業者系の個人信用情報機関です。 CICは指定個人信用情報機関に指定されており、貸金業者であれば必ず加盟しています。 株式会社日本信用情報機構(JICC) JICCはほとんどのクレジットカード会社が加盟している個人信用情報機関です。 CICと同様指定個人信用情報機関に指定されており、貸金業者であれば加盟しています。 全国銀行個人信用情報センター(KSC) 全国銀行協会が運営する個人信用情報機関で、主に銀行が加盟しています。 ほとんどのクレジットカード会社は加盟していませんが、アメリカンエキスプレスや、地方銀行の子会社として設立された銀行が出資しているクレジットカード会社など、一部のクレジットカード会社は加盟しています。 ブラックリストから5年~10年経った人向けのクレジットカード ブラックリスト期間が過ぎて、現在返済能力があればカード申込可能です。 しかし、ブラックリスト期間(5年~10年)が過ぎた人は、カード利用履歴が残っていない「ホワイト(真っ白)」と呼ばれる状態です。 そのため、 一般的なクレジットカード会社は「カード利用履歴がない人は信用力がない」と見なすため、カードを発行しません。 ブラック期間を過ぎた後にカードを発行したい時は、 返済能力を重視するクレジットカードを発行して利用して返済実績を積み、信用力を回復するのをおすすめします。 ブラック期間が過ぎた人には消費者金融系クレジットカードがおすすめ 消費者金融系クレジットカードは申し込み前に WEBで3秒診断(事前診断)ができます。 インターネットから申し込むことで、 最短30分で審査結果が通知され、自動契約機でカードを受け取ることで 最短即日でカード発行ができます。 カード利用履歴がない方は できるだけ早くクレジットカードを作って返済履歴を残すことで信用力を回復できます。 消費者金融系クレジットカードはカード利用履歴よりも 申込者の返済能力を重視するため「カード利用履歴が残っていない方」におすすめできるクレジットカードです。 ただし、 消費者金融系クレジットカードは申込者の信用情報(借入状況)を調査するため、 ブラックリスト期間中の方は申し込みを避けた方が良いです。 また、審査が不安な方はWEBの3秒診断を試してみましょう。 消費者金融系クレジットカードは発行手数料無料、年会費無料で作れるクレジットカードなので「カード維持費をかけたくない」という方にもおすすめです。

次の

ブラックリスト者でも融資を受けられる方法をお願いします

カード ローン ブラック リスト 時効

「延滞するとブラックリスト入りになる」という言葉を聞いたことはないでしょうか?実のところ「ブラックリスト」というものは存在しません。 カードローンを利用する人の間で度々話題になるブラックの定義はかなり曖昧で、解除する方法についての見解も様々とされています。 ここでは、どのような場合にブラックリスト入りになるのかその原因について解説していきます。 ブラックの定義とは? 先述したとおり、ブラックリストというリストは存在しません。 ここではブラックの定義について解説していきます。 簡単に言えば、ブラックとは 個人信用情報機関に金融事故情報が記録されている状態を指します。 次のようなことをしてしまうと金融事故情報が記録されます。 61日以上または3ヶ月以上の延滞 ブラックリスト入りする原因でもっとも多いのが「61日以上または3ヶ月以上の延滞」です。 契約で決めた期日に返済できず、その状態が長期的に続くことを指します。 カードローンやクレジットカードの延滞はもちろん記録されますが、意外と知られていないのが「 携帯電話(スマホ)の分割払いを含む携帯電話料金の延滞」です。 通常、携帯電話料金の支払いが個人信用情報機関に登録されることはありません。 しかし、近年は携帯電話本体の分割購入を含めた料金プランが多く、これには割賦販売法という法律が適用されます。 これにより、利用者の支払い能力を調べる義務があり、信用情報を利用されます。 要するに、携帯電話を分割で購入すると個人信用情報機関に購入履歴が記録され、それを含めた携帯電話料金を延滞してしまうと延滞履歴が記録されてしまうのです。 代位弁済 一定期間以上返済せず、顧客の代わりにその金融機関の保証会社が返済を行うことを代位弁済と言います。 保証会社が顧客に代わって金融機関に一括返済します。 返済後は、顧客は保証会社に対し返済をしなければいけません。 身近な例で言えば銀行カードローンが挙げられます。 銀行カードローンでは、銀行ごとに保証会社と契約しています。 たとえば、三菱UFJ銀行カードローンバンクイックの保証会社はアコムです。 もし、カードローンを返済できなかった場合、アコムが利用者の代わりに三菱UFJ銀行に一括返済をして、顧客は今後アコムに対して返済をすることになります。 強制解約 カードローン会社やクレジットカード会社から一方的に解約手続きを行うことを強制解約といいます。 長期延滞、返済催促の無視、虚偽の内容で契約などの理由で強制解約となります。 債務整理 債務整理とは借金を減らす方法の総称です。 法的整理とも言い、債務整理には任意整理・個人再生・自己破産にわけられます。 いずれの方法でも金融事故情報が記録され、保有期間は任意整理・個人再生は5年間、自己破産は最長10年間となります。 以上の履歴は、その事実が発生したときから個人信用情報機関に記録されます。 カードローン審査では、申込者の信用情報を必ず確認するのでブラックリスト入りしているかどうかは一発でバレてしまう仕組みとなっています。 そして、 金融事故情報がある=信用できない人というレッテルをはられるので、カードローン審査を通過することはほぼ不可能となります。 誰だって信用できない人にはお金を貸したくありませんから当然ですよね。 CICの延滞の基準がややこしいので詳しく解説します ブラックリスト入りの原因として最も多いのが「長期の延滞」ですが、CICとJICCでは基準がそれぞれ異なります。 CIC:61日以上または3ヶ月以上の延滞をした場合• JICC:3ヶ月以上の延滞をした場合 JICCの場合は、3ヶ月以上支払いの延滞が続けばブラックリスト入りとなるシンプルな基準です。 これに対しCICの基準は少しややこしくなっています。 よくある勘違いが「61日を超えていても3ヶ月を超えていないからセーフ」というもの。 これは間違いです。 正しくは、• 61日以上延滞日数が続いた• 延滞月数が3ヶ月目に入った この どちらかに該当すればブラックリスト入りになるという意味です。 ブラックが残る期間は事故原因と登録機関の組み合わせで決まる ブラックが残る期間は、• 何が原因で金融事故情報が記録されたか• どの信用情報機関に記録されたか この2つの条件によって異なります。 金融事故情報が記録される原因は「長期延滞」「代位弁済」「強制解約」「債務整理」の4つ、信用情報機関は「CIC」「JICC」「KSC」の3つです。 ブラックが残る期間は下記の表のとおりです。 この場合、金融事故情報が消えるのは完済から5年となります。 仮に5年を超える期間で分割返済するとなった場合でも、登録期間は変わりません。 そのため、任意整理の支払いが完了していなくても任意整理の情報が消えるというケースもあり得ます。 代位弁済は完済から5年間残ります。 注意すべきは上記の期間が完済した日から計算されることです。 返済残高が残っている状態だとカウントされません。 【要注意】軽微な延滞ならブラックじゃないから安心!というわけではない 長期にわたる延滞(61日以上または3ヶ月以上)はブラックリスト入りになると説明しましたが、逆に「短期の延滞なら問題ないのか?」と気になるところではないでしょうか。 確かに、軽微な延滞であれば個人信用情報機関に金融事故情報が記録される可能性は低いです(基準はカード会社によるので絶対ではありません)。 しかし、 短期の延滞の場合でもカードローン審査に影響を及ぼすことはあるということは覚えておきましょう。 というのも、短期の延滞では金融事故情報が記録されなくとも 「延滞した」という事実は記録されます。 審査するカード会社には、申込者が延滞したことがあるということがバレてしまうのです。 実際に軽微な延滞をすると個人信用情報機関にはどのように記録されるのかご紹介します。 短期延滞の記録方法 下記は、CICに記録されている信用情報です。 期日までにきちんと支払いができていれば、入金状況欄には「$」マークが記録されます。 これに対し、支払いを遅延すると「A」マークが記録されます。 これは支払い遅延を意味するマークです。 入金状況欄にAマークがあってもブラックリスト入りするわけではありませんが、支払い遅延のマークが付いた後、 きちんと支払いしても2年間はその情報が記録されたままとなります。 未入金マークがあると審査が不利になる そして、Aマークがあることでカードローン審査に通りにくくなります。 ブラックほど審査が厳しくなるわけではないですが、不利になることには変わりません。 ブラックじゃなくても、たった数日の支払い遅れが後のカードローン審査に悪影響を及ぼす結果になるということは肝に銘じておいてください。 そして、少しでも審査通過の可能性を上げたいなら、支払い遅延はしないことです。 ちなみに、Aマークをつける基準は金融機関によって異なります。 たった1日遅れただけでもAマークをつけるところもありますので、1日たりとも送れないように注意してください。 ブラックリスト入りにならないケース どんな支払でも延滞するとブラックリスト入りになるわけではありません。 ここではブラックリスト入にならないケースについて紹介していきます。 ガス代・電気代・NHK料金の支払い延滞 ガス代や電気代、NHK料金などの支払いを延滞してもブラックリストイリすることはありません。 その理由はカンタンで、これらの支払いは個人信用情報機関に登録されないからです。 ただし、支払い方法をクレジットカードに設定している場合は、カード自体の支払いを延滞すればブラックリスト入となります。 コンビニで公共料金を支払っている場合や口座引落の場合のみ延滞してもブラックリスト入りしないという事です。 ガス代や電気代を口座引落しで払っている:延滞してもブラックリスト入りしない• ガス代や電気代をカードで払っている:延滞すればブラックリスト入りする可能性あり 軽微な延滞 軽微な延滞とは、たとえば口座の残高が不足していて当日に引き落としされなかった・・・程度のうっかりした延滞の場合です。 カード会社でも「恐らくうっかりしていたんだろう」と配慮してくれるケースが多いです。 返済日を過ぎてしまっても即座に支払いすれば、延滞として問題になることはありません。 ただし、年に何度も支払い遅れがあると問題視される可能性が高くなります。 この場合は、個人信用情報機関に延滞の記録をつけられてしまうこともあるので注意してください。 家族がブラックリスト入りしている カードローン審査では、申込者の信用情報を確認することはあっても家族や配偶者の信用情報までも確認することはありません。 正確には確認できないのです。 仮に家族がブラックリスト入りしたとしても、申込者自身がブラックリスト入りしていなければ審査通過は可能です。 「家族がブラックリスト入りしているから審査に落ちた・・・」という人は、それ以外の理由で審査落ちしていると考えるべきです。 過払い金請求をした 消費者金融やカード会社に過払い金請求を行っても、ブラックリスト入りにはなりません。 ただし、利息制限法によって引き直しを行った結果債務が残ってしまう場合は、債務整理の記録がつけられてしまうことがあります。 不安な人は、過払い金請求する前に弁護士に事務所等に確認してみてください。 ブラックを消す裏技はない ブラックリスト入りしても、借りたお金を全額返済すればすぐに削除できると思っている人は多いですが、これは間違いです。 長期延滞や債務整理などによってつけられた金融事故情報は、最短でも5年間、長期の場合は10年間も個人信用情報機関に残ります。 ブラックを消すための裏技など存在しない この期間を経過しないことには金融事故情報は削除されません。 ネットでは度々「ブラックリスト消す方法」などと謳った裏技を紹介しているサイトを見かけますが、ブラックリスト消す裏技なんて存在しません。 決してそのような情報を鵜呑みにしないようしましょう。 そして、ブラックリスト入りしている間はカードローンを利用することはできませんし、それ以外にもクレジットカードは作れませんし、住宅ローンや自動車ローンを組むこともできなくなるなど不便な生活を送るハメになります。 そうならないためにも、どのようなことをするとブラックリスト入りするのかをきちんと理解しておき、記録されないことが一番です。 ブラックでも絶対通るカードローンとは そこで、今日はブラック認定を受けてしまった人が、お金を借りる方法について解説したいと思います。 絶対借りれるクレジットカードについても紹介していますので、ぜひ最後までご覧ください。 でも解説していますが、銀行系、消費者金融系に関係なく金融会社は、審査の際に信用情報に記録されている情報を重要視します。 ブラックでも借りられる銀行は無し 結論から先に申し上げると 銀行系カードローンの場合は、延滞や滞納歴等の事故情報があると、ほぼ確実に審査に落ちます。 これには、一切例外が無いと考えてください。 しかし、一部の消費者金融系は、異動情報があっても借入れ可能です。 つまり、過去がブラックでも借りることができるということです。 現在志向のカードローンなら可能性あり それはどんな会社なのかと言いますと、審査の際「現在志向」を重視しており、過去の過ち=事故歴を足きり 審査落ち の対象としていない会社に申込めば審査通過の可能性が極めて高くなります。 残念ながら銀行系や一部の消費者金融系は、過去の過ち 異動情報 を審査上、非常に重視します。 金融事故者の過去の過ち 延滞や債務整理 は、シーアイシー、日本信用情報機構には5年間記録が残ります。 全国銀行個人信用情報センターでは、官報情報については、破産・民事再生手続きの開始決定から10年間記録されます。 なお、銀行系カードローンは、このシーアイシー CIC 、日本信用情報機構 JICC 、全国銀行個人信用情報センター KSC の3機関を必ず照会し、過去の事故情報があると必ず審査に落とします。 従って自己破産した人は、最低でも10年間は、銀行系を利用できないことになります。 また、一部の消費者金融系は、このシーアイシー CIC 、日本信用情報機構 JICC を照会します。 銀行系同様、事故情報があると審査に落とします。 これは、現在進行形の滞納や延滞が無い人でも異動情報があるだけで審査に落ちるので、事故歴のある人は、信用情報回復を待ってから申込みしてください。 と一般的には言われています。 兼業主婦 現在スーパーのレジ打ちによるパート収入が月に8万円程度あり。 過去にパチスロにはまりカードローン5社から総額200万円の借金を負うが、民事再生手続きを行う。 これによって、シーアイシー、日本信用情報機構、全国銀行個人信用情報センターの3機関に異動情報としての記録がある。 債務整理先には、このカードが含まれていない。 IT会社役員 年収800万円、クレジットカードやカードローン債務が100万円あったが、刑務所に収監されたため、5年間未払い状態が続く。 信用情報未開示だが、延滞状態が続いているため異動情報があるものと推測。 出所後借金は完済。 未払い先にこのカードが含まれていない。 他にもいらっしゃいますが、カードローンに詳しくない人でも、これらの属性の人は、借入れができないと考えがちですが、この5名の方全員が審査に通過しています。 一見、属性がバラバラですが、皆さんそれぞれに共通点があります。 もしくは債務整理を行ったものの、整理先に前述のカードが含まれていない。 また、延滞先に含まれていない。 5名の方全員が上記条件を満たしています。 前述の通り、カードローン会社の審査基準が公 おおやけ になることは、絶対にありませんので、審査通過した人の属性によって解説しますと、このカードは、「返済能力」を非常に重視しているのがおわかりいただけるかと思います。 絶対お金が借りれるわけではないが返済能力があれば可能性あり 年収の多い少ないに関係なく、「何かしらの定職に就いている。 」「延滞歴が解消されている。 」「過去に迷惑をかけていない。 」この3点をクリアしていれば、カードローン用のカードを発行しているようです。 つまり、銀行系や他の消費者金融系は、審査の際に「過去を重視」していますが、前述のカードの場合は、「現在志向」つまり、この申込者は「返済能力」があるか?この1点のみを重視しているのがポイントです。 これは、審査が甘いとか緩いなどと、一言で片づける方もいらっしゃいますが、私は独自の審査基準が「返済能力」を大変重視しているため逆に「返済能力」が無いと判断されれば、容赦なく審査に落とされます。 ご注意ください。 カードローン申込み前にブラックなのか確認すべし!開示方法を解説 延滞や債務整理など金融事故情報が登録になる原因を起こしたことがある人は、カードローンに申し込みする前に必ず自分で信用情報を開示してブラックなのかどうか確認しましょう。 ブラックだと思ったら実はブラックじゃなかった• ブラックが解消されたと思ったらまだ残っていた このようなケースが考えられますので、ご自身で信用情報をチェックすることをおすすめします。 個人信用情報機関は• CIC(クレジットインフォメーションセンター)• JICC(日本信用情報機構)• KSC(全国銀行個人信用情報センター) この3つがあり、それぞれ加盟している業社が異なります。 CICはクレジットカード会社、JICCは消費者金融、KSCは銀行が主に加盟しています。 自分がブラックかどうか確認するには、延滞した金融機関がどの個人信用情報機関に加盟しているのかを調べてみましょう。 加盟する信用情報機関がわかったら、その信用情報機関の公式サイトへアクセスし情報開示の手続きします。 これで、自分の信用情報を確認することができます。 情報開示には手数料がかかります。 手続きの方法により手数料は若干変わってきますが、だいたい1,000円前後です。 次で、各信用情報機関の開示方法について解説していきます。 CICへ開示請求する方法 CICへ開示請求する方法は「インターネット(スマホ・パソコン)」「郵送」「窓口」から選ぶことができます。 CICは3つの信用情報機関のうち、もっともカンタンに開示手続きすることができます。 というのも、インターネットを使って開示結果を見ることができるのです。 開示にかかる時間は10分もあればできます。 ただし、インターネットで開示するには クレジットカードが必須となります。 しかも、クレジットカードは指定されたものだけしか使えませんので注意が必要です。 インターネット開示に使用できるクレジットカードは下記のとおりです。 該当するクレジットカードを持っていない場合は、インターネット以外の方法で開示となります。 それぞれの開示方法の流れは次のとおりです。 開示方法 手数料 支払い方法 サービス日時 インターネット開示 1,000円 クレジットカード 毎日8時~21時45分 郵送開示 1,000円 ゆうちょ銀行で発行の定額小為替証書 申込みより10日程度で開示報告書の到達 窓口開示 500円 現金 平日10時~12時、13時~16時 最も早くかつカンタンに開示できるのはインターネット開示です。 自宅にいながらものの数分で開示報告書を手に入れることができます。 CICの窓口は全国に7つしかありませんので、基本的にはインターネットか郵送で開示することになるでしょう。 窓口は札幌、仙台、新宿、名古屋、大阪、岡山、福岡です。 CICの信用情報はどこを見ればいいの? CICの信用情報は「26. 返済状況」を見ればブラックになっているかどうかがわかります。 上記のように空欄になっていればブラックリスト入りしていません。 反対に、この欄に「 異動」と記載されている場合はブラックリスト入りしていることになります。 JICCへ開示請求する方法 JICCの開示方法は「インターネット(スマホ)」「郵送」「窓口」の3つです。 CIC同様にインターネットで開示手続きできますが、開示報告書は郵送で届けられますのでやや時間がかかります。 手続き後すぐに開示結果が見れるわけではないので注意してください。 また、 インターネットでの手続きはスマホのみ対応しています。 パソコンでは開示手続きできません。 JICCの場合、どの方法で開示手続きする場合でも以下のいずれかの書類を提出する必要があります。 運転免許証または運転経歴証明書• 各種保険証• マイナンバーカード• パスポート• 住民基本台帳カード• 在留カードまたは特別永住者証明書• それぞれの開示方法の手数料、支払い方法、サービス日時は下記のとおりです。 開示方法 手数料 支払い方法 サービス日時 インターネット開示 1,000円 ・クレジットカード ・コンビニ ・金融機関ATM ・オンラインバンキング(ペイジー) 24時間365日(メンテナンス時間帯を除く) ・約10日前後に開示報告書の到達 郵送開示 1,000円 ・クレジットカード ・ゆうちょ銀行で発行の定額小為替証書 申込みより10日程度で開示報告書の到達 窓口開示 500円 現金 平日10時~16時 JICCの信用情報はどこを見ればいいの? JICC の信用情報は「ファイルD」を見ればブラックになっているかどうかがわかります。 「 異参サ内容異参サ発生日」の欄に記録がある場合はブラックリスト入りしていることになります。 KSCへ開示請求する方法 KSCの開示方法は「郵送」のみとなります。 加えて提出する本人確認書類が2点必要になるなど、他2機関と比べて手間がかかります。 開示手続きに必要な本人確認書類は下記のうち2点です。 運転免許証または運転経歴証明書• パスポート• 住民基本台帳カード• マイナンバーカード• 在留カード• 特別永住者証明書• 健康保険証• 年金手帳• 福祉手帳• 印鑑登録証明書(3ヶ月以内発行のもの)• 住民票の写し(3ヶ月以内発行のもの) いずれか1点は現住所が記載されているものが必要です。 開示手続きの流れは次のとおりです。 ブラックリスト入りしているとカードローン審査は通りません。 借りたお金を踏み倒したわけですから、そんな人にお金を貸そうなんて普通思わないですよね。 これはカードローン会社も同じ考えです。 仮にブラックリスト入りになっても、その問題を解消して個人信用情報機関から金融事故情報が消えれば新たにカードローンを利用することは可能ですが、現在進行系でブラックならばカードローン審査を通過することはまずありません。 なぜブラックでも審査通過できるカードローンがあると言われているのか? ネット上では「ブラックでもカードローン審査をクリアできた」「ブラックだけど可決された」という口コミを見かけることがあります。 実際に見かけたことがあるという人もいるでしょう。 なぜ、ブラックでも審査通過できるカードローンがあると言われるのか?その理由は「実は申し込み者がブラックじゃなかった」からです。 既にブラック情報が消えている• ブラックだと勘違いしていた 上記どちらかのケースにあてはまると言っていいでしょう。 特に「ブラックだと勘違いしている」ケースが多いです。 たとえば「消費者金融で借金している」「ローンの支払いを数日遅れてしまった」などの理由で、ブラックになったと勘違いしてしまう人は案外います。 繰り返しますが、ブラックの状態でカードローンを利用することはできません。 あくまでも、ブラックになってもそれを解消できていればカードローン審査に通る可能性があるというだけの話です。 決して間違った情報に騙されないように注意してください。 【関連記事】•

次の