ヒロアカ オーバーホール。 ヒロアカ・オーバーホールの最後は無個性になり死亡?治崎廻の現在と結末を解説! | マジマジ情報局

【僕のヒーローアカデミア】(ヒロアカ)治崎廻の個性オーバーホール!死柄木に両腕を奪われた!?オーバーホールの最後とは?

ヒロアカ オーバーホール

このページの目次 OPEN• 1.ヒロアカに登場するオーバーホールが経験した過去とは? 死穢八斎會(しえはっさいかい)と呼ばれる極道の若頭「 治崎廻(ちさき かい)」を、物語などでも個性の名称「オーバーホール」と呼んでいます。 通称としてオーバーホールと呼ばれている彼ですが、実は幼少期は大変な経験をしているので以下からネタバレしていきますね。 オーバーホールは、詳しく明らかにはされませんでしたが、幼少期の頃に孤児院と思われる場所で過ごしていました。 スポンサーリンク 恵まれない家庭環境で育ったのか、それとも生まれた段階で両親が不慮の事故に遭遇したのかは分かっていませんが、親からの愛情を受けずに子供時代を過ごしたのは確かです。 考え方、世の中に対する思いが歪んだ形で、オーバーホールの内部で形成され、幼少期から個性は「 人類が患った病気」と考えるように。 そうした中、いつのタイミングなのかは不明ながらも、組長に拾われて一緒に生活をするうちに強い恩義を感じるようになりました。 学校では組の組織をバカにされたり、軽視されるような言動をされたならばすぐに手が出てしまうなど、少し困った一面があるのも事実。 組長も「カタギに手を出すべきじゃない」としながらも、組に対する恩義を強く感じているオーバーホールに感謝をしていました。 このように、オーバーホールは幼少期から恵まれない環境で育つなど、大変な過去を経験しています。 2.ヒロアカに出てくるオーバーホールと組長の間に亀裂が生じた理由 オーバーホールは組長に拾われて「人のために生きる」ことに素晴らしさを知り、組長に酔狂していきました。 そうした間柄にあったのにも関わらず、実はオーバーホールは組長との間に亀裂が生じたのです。 一体2人の間には、 どんなボタンの掛け違いがあったのでしょうか? 時はヒーロー飽和時代に突入し、オールマイトの台頭もあってヤクザの数は年々減少していき、オーバーホールは悩みを抱えていました。 スポンサーリンク この先のヤクザはどこに向かえばよいのか、生き残るためにはどうするべきか青年期の彼は常に思い悩んでいたのです。 このままでは組が潰れてしまう可能性が高いですが、組長は昔の気質を大切にするタイプであり 新事業を開拓できません。 そうした中、組長の孫・壊理の世話係に任命されたオーバーホールは、彼女を研究していく中で個性の強さが際立っていると判明。 彼女の個性を利用して新事業を立ち上げようとしますが、組長は当然ながらそれを許可しませんでした。 オーバーホールは組の存続なのか、それとも自身の研究のためかは分かっていませんが組の方針に合わない違法薬物の扱いに手を染めます。 それを知った組長は激怒し、組を辞めるようにと言い放ったのです。 このように、オーバーホールはどうにかして組を存続させたいとの気持ちが強くなりすぎており、組長と意見の対立が生じ亀裂が発生しました。 3.ヒロアカに登場するオーバーホールの本編における活躍 組長からクビと言われたオーバーホールは、考え直す時間を設けたり組長からいかに助けられたかを思いめぐらすために、自分から時間を置こうとはしませんでした。 思いつめていたのか、組が無くなる事への焦燥感があったのか、それとも知らない間に野心が芽生えて自分を抑えられなかったのか…。 心理面の描写はありませんが、クビと言われたオーバーホールはその宣言に素直に従うことはありませんでした。 スポンサーリンク 上下関係が非常に厳しいヤクザの世界において、組長からの命令に背くことは考えられない事柄であり、そのため組長の発言は 重みがあります。 責任を伴う発言をしたのですから、オーバーホールがいかに組にとって損害となる人物だと組長が認識していたか分かるでしょう。 ところが、オーバーホールは「いいから黙って見てて」と、組長を植物状態にして、病気でふせっていると他の組員に説明し組の実権を握って計画を実行します。 オーバーホールは組長の孫・壊理の個性「巻き戻し」を使い、個性をヒトから消す銃弾と血清を作り、銃弾をヴィランに、血清をヒーローに売りさばき市場を 独占し組を立て直そうと目論んでいました。 ところが、自身が起こした事故によりナイトアイに目を付けられ、壊理には逃走され、ナイトアイ事務所にインターンに来ていた主人公・出久のパトロールに出くわします。 踏んだり蹴ったりとなったオーバーホールは、独断でヴィランと手を組もうとするなど組の方針から外れる行動を取る彼に対して、組員からの人望は欠如していました。 トゥワイスにスカウトされて死柄木と話し合いの場を設けても、ヴィラン連合を自身の傘下に入れようとしていたので交渉は決裂。 戦闘に発展したものの、死柄木に自らの連絡先を渡して撤退するという形で、負けてしまいました。 4.ヒロアカに出てくるオーバーホールが持っている個性とは? ヒロアカの治崎廻(ちさき かい)は、「 オーバーホール」という個性を持っています。 この個性は、対象を分解して修復することが可能な能力であり、対象を研究する際に役立つものです。 ナイトアイはこの個性を一度壊して治すというプロセスだと捉えていますが、詳細について明らかにはされていません。 いずれにしても、オーバーホールが個性を破壊する銃弾を壊理の個性を応用して作ろうとしていたのは事実。 もし人に使った場合は、分解するまま放置をすれば当然ながら死亡してしまいますが、分解した後に修復をすれば何事も無いように生きれます。 分解した相手の一部を自分と結合する形で修復すると、相手の能力が付与された形になるのでパワーアップも可能。 使い方によって、様々な可能性が垣間見える個性と言えるでしょう。 5.ヒロアカのオーバーホールにまつわる都市伝説 ヒロアカのオーバーホールには、「 ヴィランの一部として登場する予定だった」という都市伝説があるのをご存知ですか? 匿名のSNSにて投稿された内容が元で作成された都市伝説であり、興味をそそる内容ということで一気に話題になりました。 制作側の一部の人物と接点を持つ者が、極秘情報を入手したということでSNSに内容を投稿。 それによると、オーバーホールはヤクザの若頭ではなく、死柄木の部下という立場で活動する予定だったとのこと。 しかし「ヤクザがいたほうが面白そうだよね」という提案から、ヴィランとは少し違った立場を作ることになり、そこにオーバーホールが採用されるようになったのだとか。 もしかしたら、ヴィランの死柄木と一緒に登場しヒーローたちを苦しめる 重要な立場を得ていた可能性があるのです。 信憑性に乏しい内容で、すぐに投稿が削除されてしまったという所から、都市伝説として扱われていますが興味深い内容ですね。 6.ヒロアカに登場するオーバーホールの性格 ヒロアカのオーバーホールは、どんな 性格をしているのでしょうか?• ずる賢い• 真面目• 容赦しない 彼の言動を観察してみると、上記に挙げるような性格をしていることが分かってきました。 オーバーホールは、組長のために生きることを決意するなど一途な一面がありますが、野心の為に行動するその姿勢はずるがしこいです。 ところが研究熱心だった点を考えてみると真面目な性格をしており、善い方向で用いれば素晴らしい人物だったと考えられるので惜しい人材と言えるでしょう。 まとめ ここでは、 オーバーホールの性格や過去、目的や能力などについて紹介していきました。 オーバーホールは過去に悲惨な経験をしており、そこから目的が変わり能力を最大限に利用して組の存続を最優先しています。 そこには己の野心が入っていたのは否定できず、結局は組の存続というよりも富と名声を手に入れたいとの欲が関係していたのでしょう。 最終的には死柄木との戦闘で敗れ、撤退し計画は頓挫してしまったので、今後どのような動きをするのか気になりますね。

次の

【ヒロアカ】治崎廻(オーバーホール)の最後無個性?その後どうなったのか予想してみた

ヒロアカ オーバーホール

ヒロアカのオーバーホールとは? オーバーホールの本名は治崎廻(ちさきかい)。 いわゆる極道と呼ばれる組織の一つ、死穢八斎會の若頭です。 鳥のクチバシにも似たマスクをしており、黒いファーがついたパーカーを着ているのが特徴的。 ヒロアカという物語の時代においてはヒーローが増え、極道が減っていく中でも未だ残っており、それゆえに極少数であることから「天然記念物」と呼ばれています。 個性は「オーバーホール」 自身の手で触ったものを分解・修復(治癒)するというもの。 死柄木の「崩壊」の個性にも似ていますが、死柄木の個性は意思に関係なく、指が5本触れた段階で壊れます。 それに対し、 オーバーホールは自分が壊そうと思ったものだけを指1本触れるだけで分解することが可能です。 触れたところから分解が始まるので、全てが分解されるまでには少し時間差が生じますが、それでも人であれば一瞬にして分解が可能となります。 修復は自分が分解したものを元に戻すことはもちろん、変形させることも可能です。 そのため壁や地面なども変えられるので戦闘において自身に有利な状況を作りやすいと言えるでしょう。 またこの修復、物理的なものだけでなく、人体にも使用できるため、治癒することも可能。 そして蘇生することもできるため、かなり手強い個性です。 オーバーホールの計画とは? オーバーホールは地位などを失っている死穢八斎會を立て直し、世の中を支配することを目指しています。 そしてそれを叶えるために行なっている計画があります。 それは「個性を消失させる」というもの。 この薬を完全なものとして完成させ、ヴィラン側へ売る。 そしてエリの個性「巻き戻し」を利用して個性を復活させる薬を作り、ヒーロー側へと売ることで社会を支配しようとします。 オーバーホールはこのことにより組長を分解。 計画が軌道に乗った時に再構築して復活をさせることを誓っています。 恩義で死穢八斎会を立て直したいオーバーホール。 その思いが強すぎるがあまり、組長と意見が別れてしまったようです。 そしてオーバーホールは病院送りとなりました。 ですがその護送中、死柄木率いるヴィランたちによって襲撃を受けます。 オーバーホールはそのヴィランたちによって右腕を切断、左腕は死柄木によって破壊されました。 個性を発動するための条件であった腕を失ったため、この時点でオーバーホールは無個性になったと考えられます。 そして死柄木がオーバーホールに放った一言。 「これからは咥える指もなく ただただ眺めて生きていけ!!頑張ろうな!!」 その後護送車は爆発します。 この爆発に巻き込まれて死亡したのではないかと考えられますが、死柄木の台詞を考えると確定ができません。

次の

【ヒロアカ】オーバーホールは死亡していない。生存している理由を紹介|お手軽info

ヒロアカ オーバーホール

【ヒロアカ】オーバーホールの個性ってどんな能力? オーバーホールの個性名は、名前と同じく 『オーバーホール』。 一言で言えば 「 対象の分解・修復が可能」な能力。 う〜ん、なんだか凄そうなのはわかるけど、イメージが湧きにくいですよね? 本編でオーバーホール本人はこの能力を「 壊れてもすぐに修復すれば蘇生可能」「原型を留めていなくても元通りに治すことが可能」と説明しています。 ただし、 破壊したものはすぐに蘇生・再生しないと元通りにはならないので、リスクがないわけではありません。 普段は手袋をしているのに、個性を使うときには外すことから、 素手で触ることが発動する条件の能力だと推測できます。 超潔癖症の彼らしい条件ですよね。 例えば、お皿とか割ってもすぐに触れば元通りになるってこと。 蘇生もできるということは、怪我なんかも治せるってことですもんね。 交戦して重傷を負っても、すぐに元に治せる。 すごく便利! 多分いままで出てきたヒロアカキャラの中でも、 使いやすさ、応用力はトップクラス間違いないです。 逆に言えば、敵としてだと、かなり手強そうですよね〜。 次は、そんなオーバーホールの技についてみていきましょう。 【ヒロアカ】オーバーホールの能力を使った技 オーバーホールの個性を使った技がまたかっこいいんですよね。 彼の個性には技名がないので、ここでは、対戦別でまとめてみました! マグネ戦 オーバーホールが初めて個性を披露した、対マグネ戦。 マグネの上半身に触れ、分解させています。 ちょっと気になるアニメ速報 : 僕のヒーローアカデミア ネタバレ感想 125話 マグネ、オーバーホールに上半身を吹き飛ばされ死亡!?【ヒロアカ 画バレ 126話】 — アニメ dfhjsjgfkhgkl 戦闘時の基本的な使い方の一つとして、よく登場してます。 触れて分解させて殺す、というシンプルな方法。 オーバーホールは、Mr. コンプレスの左腕もこの方法で分解させています。 乱波戦 てか。 え!?!? ヒロアカ4期くるの?!? 確実に乱波さんくるやん!! まじかっけぇよ。。 好きなキャラです。 そこで乱波は、自分が唯一負けた相手だからだ、と答えています。 本人の感覚としては、死んだと思ったら元通り。 八斎會に入ってからも、5回勝負を挑んでいますが、全敗。 つまりは、あのファットガム・切島ペアをギリギリまで追いつめた乱波の威力、スピードを オーバーホールは捌けるということ。 オーバーホールの個性は、腕に触れなければ意味がありません。 そういう意味では、個性を使いこなせる オーバーホール本来の強さも垣間見えます。 シンプルな個性だからこそ、使い勝手はいい。 だけど、それを使いこなすには、本人の力量も必要ということです。 分解・修復を経験させることで、恐怖心・忠誠心を植え付けることも可能だと思います。 実際、同じ経験をさせられたエリちゃんは、 オーバーホールが手袋を取ろうとする仕草をするだけでトラウマになっています。 ヒーロー戦 だいぶ出遅れたww デク!ミリオ!. デクはヒロアカの中で1番大好き!! 自分の野望のために最終手段として、自分自身と部下の音本真を破壊して融合させます。 見た目はお世辞にもカッコいいとは言えませんが、いままで受けたケガ、疲労も修復しているというチートっぷり。 さらに、音本の個性「真実吐き」まで使えるようになっています。 ということは、いくらダメージを与えても、リセットできる。 その上、他の人を巻き込むことで、その人の個性も取り込める。 かなり厄介で、なおかつ攻略方法がなさそうな個性ですよね。 まあ、誰かと融合したあとは元に戻れなさそうなので、本当に最終手段みたいですが。 他にも、地面を分解して、棘状に修復してルミリオンに攻撃をしかけたり。 気絶しているクロノの頭を分解・修復してダメージを治してみたり。 こうしてみると、「 オーバーホール」という個性は、攻守ともに優れているのはもちろんですが、使い手の治崎の頭脳、ポテンシャルあってこその強さだとも言えます。

次の