ミルド レッド の 魔女 学校 再 放送。 ミルドレッドの魔女学校:人気の海外“魔法”ドラマNHK・Eテレで放送 主人公の声に鈴木梨央を起用

ミルドレッドの魔女学校/見逃し配信/再放送/10話/3月13日~最新話放送海外ドラマ(NHK) /無料視聴まとめ|バトルVOD

ミルド レッド の 魔女 学校 再 放送

年に一度の魔法薬の調合大会。 今年の出場者はミルドレッドとエセル!そこに新たなライバルが…。 番組内容 年に一度催される魔法の薬の調合大会。 今年の決勝はカックル魔女学校で行われることになった。 今回出場できるのはイニシャルがHの魔女で、ミルドレッドとエセルが選ばれる。 その姿に癒されます。 魔女の育成学校を舞台にしたストーリーは多いけれど、このドラマは優しいドキドキ感とワクワク感があり、安心してみることができるのが良いところです。 派手なアクションシーンがなくても、楽しめるドラマです。 学生の制服も可愛らしく、またドラマに出てくる装飾品も凝っていると思います。 ミルドレッドの優しい心、思いやる心、時に大胆な行動は予想を超えているので、仰天することもあります。 ただ予測不可能なストーリーの進み方がまた、面白いと思います。 このミルドレッドの吹き替えをしている担当しているのは鈴木梨央さんですが、全く違和感がないです。 むしろ、彼女の声とミルドレッドはぴったり合っていると思います。 ミルドレッドの優しさ、透き通るような肌の持ち主である外見、1人だけ人間だから少し弱ったような声は、彼女の声の魅力にぴったりです。 また、完璧主義者で誰よりも自分を認めて欲しいと思っているエセルも魅力的です。 ミルドレッドに対抗心を剥き出しにしながら課題に立ち向かう姿は、いつも面白いと思って見ています。 エセルの今後の行動やミルドレッドとの関わり合いに期待しています。 私が子供の頃である為、最低でも出版されてから20年くらいは経っていると思うのですが、どうして今になってドラマ化が決定したのでしょう。 ハリーポッターブーム等が影響しているのかもしれません。 ストーリー的には当然子供にもわかりやすいもので、落ちこぼれの魔法使いが色々なことを頑張っていくという感じのものであるはずです。 原作通りであればですが。 一応は子供向けというドラマの設定なんでしょうが、もしかするとコメディドラマ的な枠になるのかもしれません。 どの程度原作に忠実にやるのか等も影響してくるでしょうが、NHKのEテレの方で放送することもあり、恐らくは子供と一緒に安心して見られる雰囲気のドラマになるのでしょう。 全12話と書かれていますが、私の記憶では12話もドラマが作れるほどに話が濃かった覚えはなかった気がします。 少しずつ分割するのか、それとも私が知らないだけで結構人気の本になっていて、いくつか続きが出ていたりするのでしょうか。 どうしても魔法使い学校のドラマとなるとハリーポッターを意識してしまいますが、それとは違う方向で展開されていくドラマだと子供の心もつかめるのかな、と思います。 放送されることは知っていましたが、どのような話の内容なのかも知りません。 ドラマの題名を呼んで思ったのは、「ハリーポッター」シリーズのドラマバージョンのようなものではないかと思いました。 魔法世界が舞台になっている作品はたくさんあります。 その中でも私個人のなかでの魔法世界はどうしても海外の人たちが演じている世界が思い浮かびます。 日本人の顔よりも海外の堀の深い人たちの方が、「魔女」「魔法使い」というイメージにあっているからです。 そんななかこの海外ドラマは魔女学校が舞台のようです。 URLからホームページに飛んでみると、ハリーポッターよりも幼い女の子が主人公のようでした。 次回放送される話の内容は、年に一度だけ開催されている「魔法の薬の調合大会」についての話のようです。 「魔法の薬」と聞くだけで私はワクワクします。 今回の物語では主人公がどのような魔法の薬を作っていくのか楽しみです。 また「調合大会」ということなので、主人公以外のキャストたちも魔法の薬を作っていくのだと思います。 その薬も楽しみです。 まとめ ミルドレッドの魔女学校は、年に一度の魔法薬の調合大会にミルドレッドが参加するということなので、絶対に波乱が起こるだろうなと楽しみにしています。 しかも、エセルとペアを組んで学校対抗で戦うなんて、絶対におもしろくなりそうです。 エセルはミルドレッドに足を引っ張らないでと言っていたけど、絶対にミルドレッドは失敗するんだと思います。 ミルドレッドがなにかエセルの頭の上に黒い雨雲のようなものを作り出していたのが気になりました。 もしかしたら、雷雨を降らせちゃったりするのかもと、ドキドキします。 また、今回対決する学校が、ヘカテ教頭のライバルの魔女がいる学校というところもおもしろそうです。 ライバルの姿を見て、ヘカテ教頭はかなりイライラしている様子だったし、何が何でも勝つようにと、ミルドレッドたちに言いつけそうな気がしました。 そんな、学校だけじゃなく、大人の事情も絡んだ対決がどんな結末を迎えるのか、とても楽しみにしています。 ミルドレッドはおっちょこちょいだけど、やるときにはやる子なので、最後には驚くようないい結末になるんじゃないかなと期待しています。 エルザのことも見返して、ヘカテ先生にもいい顔させてあげてほしいです。 まとめ 2019年、大阪地裁では、海賊版サイトの運営者に対して実刑判決を出しました。 この海賊版サイトとは、いわゆる「リーチサイト」のことです。 リーチサイト自体には著作物などは掲載されておらず、データーを置いたサイトに利用者を誘導するリンクを集めて掲載するなどしています。 このリーチとは英語で「ヒル」を意味します。 人や財産を食い物にする、という意味でこの言葉が使われているといわれています。 その名前の通り、リーチサイトは他者の著作物を使うことによって収益を上げているのです。 リーチサイトに出る広告を見ることなどで、リーチサイトは収益を得ます。 また広告をなくしたり、ダウンロードできる量を増やしたりすることのできる有料会員になれば、それもまた収益になります。 実刑判決がくだされた、という通り、このリーチサイトとは「違法」なのです。 このようなサイトに収益が入るのは利用者がいるからです。 利用者は「無料で便利」と思っているかもしれませんが、違法なサイトに収益が入る手伝いをしていることになります。 違法なサイトに関わることは犯罪に加担することになります。 そのため、絶対に関わるべきではありません。 法整備以上に、ユーザーが正しい判断をすることが大切です。

次の

ミルドレッドの魔女学校:人気の海外“魔法”ドラマNHK・Eテレで放送 主人公の声に鈴木梨央を起用

ミルド レッド の 魔女 学校 再 放送

転校生のイーニッドが連れてきた猿が逃げてしまった!猫以外の動物は飼ってはいけないのだが…。 番組内容 魔女学校に転校生のイーニッドがやって来た。 イーニッドは忙しい親の気を引きたいのか、わざと退学になるようなことばかりする。 そんな中、イーニッドが連れてきた猿のマドルズが逃げてしまった!魔女学校では猫以外の動物を飼うことは禁止なのだが…。 少女・ミルドレッドが偶然魔女学校の入学試験を受けたところ、合格して魔法を習得していく、壮大なお話です。 ミルドレッドは立派な魔女になれるのか、ワクワクさせられて、子どものころを思い出します。 原作はイギリスのベストセラー児童文学書の「The Worst Witch」で、こちらは大人気作品の「ハリー・ポッター」シリーズより歴史が古く、たくさんの人から長く愛されてきた魔法シリーズです。 最初はハリーポッターのパクリみたいな感じかなと思って見ていたのですが、ハリーポッターよりも子供向けで、6歳の娘は大ハマりしました。 難しい描写が少なく、わかりやすい魔女の設定なので、魔法に憧れる小学生くらいまでの女の子には、是非オススメできる作品です。 主人公のミルドレッドは、魔法使いの家系ではないのに魔法の才能がある女の子。 女の子であれば、みんな一度は魔女に憧れますよね。 そんな憧れが現実となって、これからどんな成長をしていくのかがとても楽しみな女の子です。 娘は同じ年代なので、自分を重ねてとてもわくわくしながら見ているようです。 次の回を楽しみにしています。 本作品は、世界的に大ブレイクしたハリー・ポッターシリーズより歴史がある物語であることを知って興味を持ちました。 ひょんなことから、成り行きで受けることになった魔女学校の入学試験に合格した普通の女の子ミルドレッド。 魔女学校で魔法を習得して、立派な魔女になれるのでしょうか。 初回からハラハラする展開でしたが、入学してからもミルドレッドには、間に合わせのキジネコがあてがわれてしまうなど前途多難。 タビーと名づけたこのキジネコのおかげで、テストでも散々な目に遭ってしまいこの先が思いやられます。 これからも、波乱万丈の展開が予想されますが、一人前の魔女になれるように応援しています。 まとめ これまで魔女とは関係のない生き方をしていた少女ミルドレットが、ひょんなことから魔女志望の少女に出会ったことでこれまでとは違う不思議な世界に巻き込まれていく所が面白いです。 その思わぬ出会いからミルドレットが急きょ、考えててもいなかった魔女学校の試験を受けることになります。 おっちょこちょいで少しドジな面もあるミルドレットですが、前向きな性格なので見ていて好感が持てます。 冒険ファンタジードラマですが、魔女学校の雰囲気に趣きがあったり、よくいる意地悪なタイプの生徒がいたりするので妙に現実に近い面もあります。 魔女学校のカックル校長は良さそうな人物ですが、対照的に同じ顔である双子のアサガの目的や企みが気に入ります。 ミドルレッドの魔女学校のホームページを見て、最初に印象に残ったのは、なりゆきで、魔女学校に入ってしまったというところです。 少しずつ 成長する姿も観られ、勇気づけられました。 子供の頃にしか味わえないワクワクする気持ちや、純粋ゆえに傷ついてしまう心や、それを乗り越えて、素敵な魔女に成長する姿が素敵です。 子供がみても、大人がみても楽しめる作品だとおもいました。 吹替えの、女の子の声も作品に合う明るい女優さんで、いろんな作品に出てて、人気があるのが納得します。 作品がますます観たくなる声だとも、思いました。 教育番組で放送なので、やはり教育的な観点からも観れる作品なんだと思います。 子供の頃に観た楽しい番組では、大人になっても忘れられない素敵な思いでとしてのこっています。 なので、このミドルレッドの魔女学校は、これからの子供達の心の友としていつまでも輝いてることでしょう。 これからこの作品がどう展開していくのか私も楽しみです。

次の

ドラマ『ミルドレッドの魔女学校』メインキャストのプロフィール

ミルド レッド の 魔女 学校 再 放送

ある日、ホウキに乗って空を飛ぶ少女を見たミルドレッド。 それが見習い魔女モードとの出会いだった! 番組内容 ある日、ミルドレッドの家のバルコニーに、ほうきに乗って空を飛ぶ見習い魔女のモードが転がりこんでくる。 今日は魔女学校の入学試験の日だが、眼鏡を失くしてうまく飛べないという。 優しいミルドレッドはモードを手伝って、一緒に魔女学校まで行くことに。 魔女学校といことで、少女達が魔法を習得していく過程や大人に成長していく姿を楽しみにしています。 きっといろいろな葛藤や心境の変化があることでしょう! 自分自身の学生時代だった頃に重ね合わせて見たいと思います。 また、「彼女達の魔法がどんなものなのか?」想像が膨らむばかりです。 最先端な映像技術で迫力のある魔法を披露してほしいです。 アメリカのドラマって、子役で出演していた俳優さんが、久しぶりに見ると「えぇ、あの時の子?」とびっくりしてしまうほどにビッグスターになっていることがよくあるので、「未来のスター誕生」という視点からもドラマを鑑賞したいと思います。 キャストを見ると、まだ世の中には知られていない人ばかりなので、自分の目でスター発掘しながら楽しむこともいいかもしれませんね! 海外ドラマのファンタジーものは迫力があって夢があるからワクワクします。 映像も内容も派手で、邦画とは違った良さがあり、新鮮を感じます。 どんなびっくりするような魔法を見せてくれるのか、どんなビッグスターが誕生するのか、いろいろな面から期待しています。 『ミルドレッドの魔女学校』という海外ドラマの面白そうな点について書いていこうかなと思います。 この概要を見た私はこれは、テンプレの魔女になるシナリオではないかなと思います。 ですがそんなテンプレからどんなシナリオに展開されていくのかとても楽しみでもあります。 このテンプレは日本だけかもしれませんがそんなテンプレがアメリカ仕様となってどうなっていくのかとても楽しみです! そんなテンプレ臭のする魔女学校のドラマということで海外ドラマの有名な魔法を使うドラマは例の映画だったりしてますよね。 負けないような呪文や内容の面白さになっていくこと間違いないです! 私自身とても期待しています。 魔女学校と聞いただけでワクワクして、絶対に子供も喜びそうなドラマに楽しみです。 ストーリーは、ひょんなことから魔女学校に入学したミルドレッド。 彼女の冒険ファンタジーが始まりますが、ある日ホウキに乗って空を飛ぶ少女を見たミルドレッドは、それが見習い魔女のモードだと知ります。 その出会いが始まりで、ミルドレッドの家のバルコニーにほうきでモードが転がりこんできました。 すでにワクワクする内容に、自分も魔女になった気分で見たくなってきました。 魔女学校の入学試験日ですが、眼鏡を失くしてうまく飛べないそうです。 魔法で何とかできそうな話ですが、ミルドレッドはそんなモードと一緒に魔女学校まで行くことになり、ここから二人の冒険が始まります。 子どものころにだれにもが一度は魔法を使えたらと夢見たことと思います。 そんな気持ちをこのドラマを思い出させてくれそうで、ドキドキワクワクがいっぱい詰まっていそうです。 そしてそんな二人の成長をドラマで見届けたいです。 魔法ファンタジーはホウキで空を飛ぶなどよくある光景ですが、観ていてちょっとした夢の世界に入り込んだ気持ちになれるので好きなジャンルですし、お気に入りの海外ドラマの1つになりそうな作品だと思っています。 非常に楽しみです。 魔女の学校が舞台になるので、不思議なことが起こったり、魔法を上手く使えなかったり、面白い展開が色々出てきそうで楽しみに見ることができそうです。 また、1話の副題が「落ちこぼれ魔女」とのことなので、主人公が成長する様子も楽しめそうだなと思っています。 海外ドラマは、日本のドラマとは雰囲気が違ってその国独特の文化や雰囲気が盛り込まれているので、楽しんでみることができます。 本来の物語の内容とは別な部分でも面白さを感じられるのが海外の作品のいいところだと思っているので、今回の作品も設定などももちろん魅力的で面白そうだと感じていますが、文化の違いなどの部分にも着目して見ていきたいと思います。 ほうきで空を飛ぶシーンは、魔女の宅急便でも見て子どもの頃からあこがれのシーンでした。 ドラマを見ながら自分も空を飛べたらいいな、こんな学校に通いたいな、などと妄想に耽るのも面白ろそうです。 まとめ どちらも非常におもしろく観させてもらった作品なので、魔法ファンタジーというだけで一度見てみなくちゃという気にさせられます。 本作では、主人公の少女ミルドレッドがどんな魔力を秘めていて、どんな魔法を披露してくれるのかに期待しています。 魔女としてどんな成長を見せてくれるかや、魔法学校ではどんな冒険、展開が待ち受けているのか予告ではあまり描かれていないので楽しみです。 また、ミルドレッドが最初に出会う見習い魔女のモードもどんな女の子なのか、ミルドレッドとのコンビネーションにも注目したいです。 魔法ファンタジーはホウキで空を飛ぶなどよくある光景ですが、観ていてちょっとした夢の世界に入り込んだ気持ちになれるので好きなジャンルですし、お気に入りの海外ドラマの1つになりそうな作品だと思っています。 非常に楽しみです。 「ミルドレッドの魔女学校」って、ジル・マーフィの作品であるイギリスのベストセラー児童文学書「The Worst Witch」をドラマ化したものですよね。 魔法使いが出てくるお話は、夢があっていつの時代も小さい子どもたちだけでなく、大人にまで大人気ですよね。 私も、大好きです。 自由に空を飛べたり、魔法の杖をふって呪文を唱えるだけで、目の前にごちそうが出てきたり、別人に変身したり。 そんなことができたら楽しいでしょうね。 今作品は魔女学校の入学式試験の日に出会った魔女の女の子モードと一緒に魔法学校に行ったミルドレッドの冒険を描いたファンタジーです。 成り行きで受けた魔女学校の入学試験に合格してしまうなんてすごいラッキーですよね。 でも、普通の女の子が魔女学校で学ぶことで、本物の魔女になれるものなのでしょうか。 たくさんの苦難が待ち受けていそうな気がします。 でも、どうして魔女はホウキに乗って空を飛ぶんでしょうか。 きっと西洋では、ホウキに特別な意味があるんでしょうね。 これからミルドレッドがどんな冒険を繰り広げてくれるのか楽しみです。

次の