赤城 高原 ホスピタル。 Akagi

交通案内:赤城高原ホスピタル−赤城ICから3分

赤城 高原 ホスピタル

70 ID:8okHOEvl. net うわー『キチガイ』って酷いねあんた。 差別用語つかってさ。 まあ、キチガイがキチガイに話しかけるんだからまあ、仕方ない、仲間だからな。 61 ID:Eby4wEPU. 48 ID:8okHOEvl. 74 ID:eQiInbPt. net この長文うざい。 59 ID:Fbd26wy2. 22 ID:wmpMh0ou. 54 ID:DLphmSWi. net この2ch止めさせるみたいな、話だがいつになったら、止めるんだ? 24 ID:TTfvUS7C. 06 ID:wmpMh0ou. 80 ID:XGoQcQf3. net 書き込みの紹介のみして立ち去りますが、 真面目な話、薬や医療も大事ですが、知識を知るだけでも救われることがあります。 一見、苦しみ多いように思える事もある世界ですが、 少し長い目で見れば、誰の人生にも必ず救いがあります。 たとえば見かけのお金や財産は少なくても、 下記の86を知るだけで、人生の本当の完全な救いと、 我々に本来与えられている永遠の転生や無尽蔵の豊かさ、 そして損・遠回りしない生き方が《客観的な証拠付き》で分かります。 少なくとも、この知識・認識の有る無しで人生(現在・結果)は確実に大きく変わります。 00 ID:utJ775FQ. net 赤城の多目的トイレにいまきてください。 69 ID:uMaSKbXU. 46 ID:aJZQyYN2. 90 ID:0Q94iYP0. 57 ID:YFd0JftV. 67 ID:CiAB1n0r. 60 ID:BlgpDPzZ. 60 ID:NooxMCSa. 50 ID:SK3fPtKJ. 48 ID:3bzkXVbZ. 62 ID:J7BWU1Y0. 69 ID:v37VFG1t. 14 ID:J7BWU1Y0. 08 ID:J7BWU1Y0. 56 ID:oLTb5YtQ. 09 ID:83Ffh41j. 57 ID:83Ffh41j. 59 ID:23dAj0Zt. 11 ID:xxPrL4vQ. net 本当ここくだらねぇな。 ここでしか人のこと誹謗中傷出来なくて 悲しい人間の集まりだな。 net そういう批判はあたらないね。 そういう場所だと思ってみんな書き込んでるんだよ、アホか。 いまさらなにいっちゃってんのかなー。 net ここはドブスがどうとかチー牛がどうとかアル中が暴れたとかあいつまた万引きしてたとか夜中トイレでゲロ吐いたとか書き込むところなのでは? 88 KB 名前: E-mail 省略可 :.

次の

「赤城高原ホスピタル」(渋川市

赤城 高原 ホスピタル

救急車や警察騒ぎがこの3年間で10回以上にもなったので、入院することにしました。 自宅からは200km以上も離れているけど、せっかく長女がインターネットで見つけてくれたので、ホスピタルにやってきました。 入院して2週間、ミーティングに出ることと抗酒剤を飲む以外は自由な生活を満喫しています。 足を鍛えるために、一人で山道を下って敷島温泉に行ってきました。 「いこいの家」という温泉施設で赤城高原ホスピタル入院中ですと言ってみたら、入湯料を村民並みの200円にしてくれました。 赤城村役場で観光資料をもらって、ちょうどそこにいた中年のおっさんと10分くらい立ち話をしていたら、通りかかった村の人や職員が挨拶するので不思議に思いました。 後で別の人が、あの人村長さんだよ、と教えてくれました。 先行く仲間が、「足から回復」と言っていたのはこのことかな、と思って聞いてみたら、「ちょっと違うかも」と言われました。 この病院に割合多い若年女性アルコホリックです。 家庭問題、不登校、アルコール・薬物問題、自傷行為、摂食障害など多問題のために、20数年間もこの病気とお付合いをしています。 ここには私と同じような(アルコール依存症+いろんな嗜癖)の人がいっぱいいます。 先日、院長先生に「赤城体験記」を書いてほしいと頼まれ、ちょうど、いろいろ考えていたところなので、「はいはい」と2つ返事でOKしてしまいました。 まあ、少しはごますりもあるけど、ここに書いてあるのは、ホントのことです。 精神病院というものに対して、世間ではまだ偏見を持っていると思います。 暗い、汚い、怖い、鉄格子で閉鎖された病室に監禁され、鬼のような看護士に見張られている。 とそこまですごいとは思っていなくても、ある程度は軟禁状態であると考えているのではないでしょうか。 そのような病院も、実在するとは思いますが、ここ「赤城高原ホスピタル」は別世界です。 一部の特別な病棟を除いて、完全開放病棟ですし、入院形式も、本人の意志を尊重する任意入院です。 退院の期日も、主治医と相談して、入院患者本人が決めます。 病院というところは、概ね規則が厳しく、息苦しいほど時間に縛られているところが多いものですが、その点でもここは天国。 一応、起床6時半、消灯21時ですが、朝寝をしていても叩き起こされることはありませんし、夜眠れない人には、一晩中起きていても良い部屋が用意されています。 この病院には、様々なアディクション(嗜癖)の患者さんたちが入院しているので、治療プログラムとして多種多様のミーティングがありますが、出席は強制ではなく、医師や看護婦(看護師)は相談に乗ってはくれますが、あれこれと指図することはありません。 ここでは医師が病気を治すのではなくて、患者自身が治す。 治療スタッフは、患者の回復したい気持を引き出し、それを育てる。 「今までの病院とどこか違う」と、入院してしばらくして感じたのは、そのことです。 入院生活の細かいところまで、そのポリシーで貫かれているということがだんだん判ってきます。 病気を治すのは、医師ではなくて本人自身です。 ここでは、自分の体力、気力、健康状態に合わせて、自分のペースで回復に向けての病院生活をプログラムできます。 また、本人がまだ治療に来られず、家族だけが治療につながっている方も大勢おられます。 同じ問題で悩んでいる仲間に会って、ご家族が変われば、本人もいつか変わっていきます。 私の母も治療に参加しています。 私も回復に向かってゆっくりと歩いています。 のろまのようにみえても着実な1歩です。 (1999年2月、 M. 窓が大きくて、昼間は、病院周りの森林、そして夜は見渡す限りの夜景と満天の星空を見ることができます。 診察や治療プログラムで疲れた体を、純白のシーツにくるませてベッドから眺める木々の緑と空は最高です。 近くのコンビニエンスストアへ買い物に行く時は、秋はこんにゃく畑、春は桜並木を通ります。 気持のよい散歩道です。 この前は、たくさんの美味しそうなキャベツが畑に実っているのをみかけましたので、早速近くの農協で購入しました。 大部屋では、冬はこたつにあたりながらしゃべっていたり、体育館でバドミントンや卓球をしたり、芝生の上でひなたぼっこしたり、ドクターやワーカーと面談したり、看護の方に体の調子をみてもらったり、ミーティングに出たり、大浴場で風呂に入ったり、洗濯したり・・・。 書き出すときりがないほど多くのことを自分自身がしていたことに気が付きました。 もともと人嫌いで対人恐怖があり、閉じこもりがちの私にとっては大きな変化です。 調子をくずしたらまた入院しようという気持で気楽に構えて、回復を急がず、ゆっくり、ゆっくり、・・・。 その間にだんだん処方薬が増えてきて、完全に薬漬けの状態になっていました。 精神病院での入院生活では、起床から就寝まで、食事、薬、持ち物、電話など、すべて看護婦管理で、まるでロボットのような生活。 ほとほと嫌気がさしていたころ赤城高原ホスピタルを知り3カ月間入院しました。 行ってみると、そこは今までの入院生活とは、180度も違う別世界でした。 開放感のある大きな窓、周りの美しい景色、患者の自主性を尊重する自由な入院生活など、正直言って驚きと同時に戸惑いを感じるほどでした。 院長先生から「こんなにたくさんの薬を飲まなくていいんですよ。 減らしましょう」と言われ、それまで大量に飲んでいた薬を減らしてゆくにつれ、自分について病気についていろいろ考えられるようになり、だんだんと人間らしい 気持をとりもどし、普通の生活ができるようになりました。 過食でつらい時期もありましたが、仲間や先生の助けがあり「ダメな自分でもOKよ」 と少しずつ思えるようになりました。 私にとって赤城体験は、文字通り暗闇の中の一筋の光でした。 5年前の3カ月の入院中に薬もほとんどやめられ、その後は1度も入院していません。 今は過食も何とか止まっています。 (1999年9月、M. 入院中の患者同士も看護の方もいつの間にか家族のように感じてしまい、退院のときはうれしさ半分、淋しさ半分でした。 退院直後にスリップ1回、その後は問題なく、現在ソーバー4カ月目です。 ほとんど毎日自助グループに通っています。 赤城高原ホスピタルから150km以上も離れた当地でも、ホスピタルの退院者に大勢会い、赤城体験談に花が咲きます。 名門高校の同窓生のようです。 良い勉強をさせていただきました。 まるで病院という感じのしない場所でした。 再入院は嫌だけど、看護婦さんや病院のスタッフには会いたい。 そのうちにきっとメッセージに行きます。 (1999年10月、N. 摂食障害、アルコール症、薬物乱用者などの回復者の方のお話しも一つひとつすばらしくて、勇気づけられました。 ミーティングの間には、ゴルフ場を一周したり、畑の中を歩いてコンビニや農産物直売場に買い出しにでかけたり。 思い出に残ることばかりです。 おいしい空気、美しい夜景や木々の緑に癒され、優しい先生や看護の方々、仲間に力をもらって、今までの悩みが消えて、すがすがしい気持になりました。 「変えられないものを受け入れ、変えられるものを変え」てゆく自信がつきました。 (2000年5月、T. 抗うつ剤を幾種類も飲み、カウンセリングにも通っていたのに、一向に改善されないで心身ともにクタクタになった私を見かねた父が、インターネットでホスピタルの資料を取り出してくれました。 入院して1カ月、ここでは過食をしても咎められることはなく、実際に入院中も過食と嘔吐を続けている方もおられますが、私の場合は、入院して以来、あんなに毎日だった過食の回数が抑えられています。 抗うつ剤もやめたのに、不思議です。 ここでは、主治医との面接のほかに、「ミーティング」と呼ばれる同じ悩みを抱える患者同士の、言いっ放し聞きっぱなしの場が毎日あります。 私はここで仲間の話に共感したり、感心したり、回復のヒントをもらったりしています。 そして、仲間の話に触発されて自分の気持を話すと、自分が知らなかった自分がむくむくと起き上がってきます。 自分の話した言葉にびっくりすることもしばしばです。 慣れないうちは何を話そうかと考え過ぎて疲れたけれど、今では成り行きに任せて楽しんでいます。 もうひとつの私の楽しみは、散歩です。 ホスピタルのまわりは豊かな自然が一杯。 私のお気に入りは隣接するゴルフ場を一周するコース。 多少起伏があるので最初はきつかったけれど、今は休むと落着かなくなるほど生活の一部になっています。 快晴の日が一番ですが、雨上がりのゴルフ場のグリーンも格別です。 最近では散歩に出る時にカメラを持って、少しずつ変わってゆく季節の変化を記録しています。 (2000年6月、Y. また来ます」 アルコールとシンナーは中学から、摂食は高校から、処方薬依存は2年前から、自傷行為(根性焼き、手の甲にかみつきと切傷)が1年前から、覚せい剤が4カ月前からという21歳の女性です。 やっと入院させてもらった赤城高原ホスピタルなのに、800錠の処方薬をこっそり持込んでいるのが見つかり、入院6日目の今日、強制退院になりました。 きちんと外来に通えば、3カ月後に再入院させてあげる、と院長が言ってくれたので、またドクターやナースを困らせに来たいと思います。 「明るく、元気なしっかりものの女の子」の日常に ふいに差し込まれるモノクロの画面。 繰り返される情景は、まるで無声映画のようだった。 父親に殴られ、蹴られ、引きずられる自分の姿。 そこにはすべての音がない。 「なんだろう?これは」 終わったはずのことを思い出す自分が不思議でしょうがない。 突然、聞こえる声「やめて!助けて!」 自分の声だということに気がつくまで時間がかかる。 映像はカラーになり、現実になった。 恐怖・不安・絶望感が私を襲う。 涙がとまらない・・・それでも映像はくりかえした・・・ 私が赤城を訪れたのは、日常生活を「普通」に送れなくなってからだった。 車の運転中でも、仕事中でもフラッシュバックが起こり 涙やふるえが止まらず、なにをしてもどこにいても不安でしょうがない。 抗鬱薬も抗不安剤も一時的には効くが、症状は悪化していった。 仕事も出来なくなり、通っていたメンタルクリニックの先生から 「あなたは入院した方がいい」と、紹介されたのがきっかけだった。 以前の私は、精神病院に偏見があったのだが、 そんなことにかまってはいられなかった。 「この状態をどうにかしたい」一心で、入院を決めた。 入院してホッとした、というのが本音だった。 病院には、常時、話を聞いてくれる治療者 医師・SW・看護)がいた。 「薬は、減らしていきましょう」 これがAKHの方針だった。 はじめの頃、ここに入院したら「治してもらえる」と思っていた。 しかし、朝夕の院内ミーティングを重ねるうちに 仲間の話から悟った。 「治すのは自分の力なんだ・・・」 医師や治療者は、あくまで「手助け」でしかない。 それらをうまく利用して、自分の心を癒していく・・・。 AKHは主に開放病棟なので、外出も自由。 だから、院外のミーティングにも入院しながら通うことができる。 そこでは社会の中で生活している仲間の話を聞くことができる。 しかし、いいことばかりではない。 心を病んでいる者どうしの人間関係は、ある意味しんどい。 一緒に回復していく仲間ではあるが、 お互いの心の調子を思いやれない人も中にはいる。 他者からの侵入を受けないためにも、自分を守る必要がある。 現在、入院して1ヶ月経った。 はじめは過去の虐待経験を思い出しては、泣いてばかりいた。 しばらくして、元気なふりを始めた。 ・・・自分は早くよくなって退院したい。 ・・・他の人よりも自分はまだ症状が軽い。 そんな気持ちから、また自分の過去の否認を始めたのだ。 そんな自分に気がついて、現在はまた泣いてばかりいる。 「27年我慢して押し込めていた感情は、そんなにすぐになくならないよ」 「ゆっくりだけど、回復しているから、だいじょうぶ」 医師に言われた言葉が、胸に響く。 ゆっくり・・・ゆっくりでいいんだよね・・・? そう信じて、私はここにいる。 いつか「幸せな家族」を自分でつくる夢をみながら。 2000. 18歳頃には拒食症でやせ細っていましたが、やがて拒食から過食になり、嘔吐するようになって、お酒の乱用が加わるという「標準コース」をたどりました。 次第にお酒と過食嘔吐で身体がボロボロになっていきました。 パートの仕事も長続きしません。 仲間と外で飲んだ後も自室で寝るまでチビチビと飲み続け、自分がみじめでつらいから、また目が覚めそうだから眠剤を追加して飲んで寝て・・・・それでも夜中に目が覚めてまた飲むというような生活になりました。 慢性肝炎と慢性膵炎のため内科や外科に入院を繰り返しました。 どうにも良くならず、先生から紹介された赤城高原ホスピタルに飛び込むように入院することになりました。 入院はしたものの、とても大変な人達の中へ来てしまったと怖くて怖くてたまりませんでした。 私はこの人達とは違うんだ。 こんなところにいたらよけい気が狂ってしまうと思いました。 何度も退院を考えました。 院長に「ここの人たちは重症で、私とは違う。 ついていけない」と話したら、「現在入院中の患者さんの中では、あなたは1番とは言えないけれど、3番目くらいに重症だから、安心してください。 目が見えてくれば自分も仲間だと分かりますよ」と言われました。 どういうわけか自分はうまく吐けなくなったので、食べ吐きを自由にしている私と同じ摂食障害者を見るのも苦痛でした。 みんなが食べ吐きしていれば治したくても治せないじゃないの、と私はイラつきを感じ、その度に院長やソーシャルワーカー、看護婦に苦情を言っていました。 ところが、同じ悩みを持った仲間の中で生活することに慣れてくると、どうしてだか、気持ちが楽なのです。 食べて吐いてストレスを流して解消するのでなく、つらさや悲しさ、寂しさなど、自分の心の動きを感じ、安全な場所でそれを表現することが大切なのだと分かりました。 感じるようになった分、院内の対人関係で気持ちが揺れ動いたり、人と話をするのが怖くなったり、落ち着かない日々もありました。 でも入院して3ヵ月たった今、過食、嘔吐の量と回数は大幅に減っています。 また不思議なことに精神安定剤や眠剤を飲んでいません。 入院前に何年も当たり前のように飲み続けていた薬なしで眠られるのです。 これまで、どうしても認められなかった、自分がアルコール依存症であるという事実も、今では素直に受け入れられます。 お酒も安定剤も眠剤もなしで、これから先、退院してやっていけるのか、考えるととても不安です。 でも自助グループに通いつづければ、お酒と食物に振り回されない人生を探し出せそうな気がします。 お酒や食物で振り回される人生はもう嫌です。 少しずつでも前に進み、小さな幸せを見つけだそうと思います。 父親がアルコール症で、院長によると私もアルコールと処方薬の乱用があるとのことですが、私は信じていませんし、信じたくありません。 入院してすぐに後悔しました。 いつ退院しようか、家族や親戚の人に何て説明しようか、と考えながら過ごすうちに、だんだん落ち着いてきて2ヵ月経ってしまいました。 ここでは無為徒食する私を責める人がいないので、その分は気分的に楽です。 これまでに精神病院に数回入院しました。 どこでも規則と監視が厳しかったので、ホスピタルの自由な雰囲気には驚きました。 あと患者さん同士が自主的にミーティングするという治療形態も不思議でした。 でも私は1回出席しただけで逃げ出しましたから、少なくとも私にはミーティングの効果はありません。 院長は処方を減らすことには熱心で、確かに処方は入院前の半分以下になったけど私は不満です。

次の

Akagi

赤城 高原 ホスピタル

2016年6月3日 金)、朝日新聞大阪版に向精神薬不正処方問題が取り上げられました。 赤城高原ホスピタルが取材協力しました。 診察せず向精神薬発送容疑、大阪の精神科医を書類送検、というタイトルでした。 当院院長が取材に協力しました。 2015年5月4日 月)、TV朝日、ニュース番組で、クレプトマニア(窃盗症)に関するドキュメンリー報道がありました。 赤城高原ホスピタルが取材協力しました。 朝日テレビ スーパーJチャンネルの企画コーナーでクレプトマニア(窃盗症)問題が取り上げられました。 万引きやめられない…脱走!? 家族も見放し…再犯に苦しむ女性たち、というタイトルでした。 当院と患者さん方、院長が取材に協力しました。 2014年9月11日(木)発売の週刊誌、女性セブン35号(9月25日号)に窃盗症の記事が取り上げられました。 京橋メンタルクリニックが取材協力しました。 慟哭告白、「万引き」がやめられない、という記事です。 赤城高原ホスピタルの治療が紹介されました。 23:00からのNEWS ZEROの中のLIFEというコーナーです。 女優の板谷由夏キャスターが赤城高原ホスピタルを訪問、現地取材されました。 村山昌暢理事長、松本功副院長が登場していました。 2014年8月21日 木)、真夜中のフジTVで摂食障害関連ドキュメンタリーの放送がありました。 赤城高原ホスピタルの摂食障害治療が紹介されました。 午前3:10-4:00という恐ろしい時間帯に放送されました。 NONFIX 美しさ=やせている? 美と摂食障害変なタイトルの番組です。 当院常勤医師、菊池裕子医師と治療中のAFさんが登場しました。 今年2月14日の大雪直後の取材だったので、ホスピタルも雪の中でした。 2013年11月3日 日)、上毛新聞に第24回日本嗜癖行動学会の記事が出ています。 嗜癖の治療や傾向 考える 高崎で全国大会 開会式で大会長の竹村道夫・赤城高原ホスピタル院長は「」窃盗癖治療事例が近年、増え続けている」と新たな傾向を指摘した。 このHP内の記事がフォーカスされました。 11月5日現在、ネット上からその放送をご覧いただけます。 2013年11月1日 金 「被害者が語る 児童虐待の実態」 というドキュメンタリー報道です。 2013年10月29日(火)群馬テレビ20:00-21:00の ニュースeye8 で日本嗜癖行動学会群馬大会が取り上げられました。 竹村院長が生出演しました。 医療ルネサンス No. 5641 処方薬への依存、「善悪の判断鈍って窃盗」 30歳代男性看護師、Aさんの体験です。 テレビ朝日でクレプト関係報道予定のお知らせです。 赤城高原ホスピタルと京橋メンタルクリニック、竹村が取材協力しました。 7月25日(木曜日) 17時35分〜(20分程度)、テレビ朝日「スーパーJチャンネル」内の企画コーナーです。 2013年5月25日(土)、TBSテレビの看板番組、「報道特集」でクレプトマニア(窃盗癖)関連のドキュメンタリー報道がありました。 そんな中、万引をやめたくてもやめられないという人たちがいます。 なぜ、万引がやめられないのか? クレプトマニア、と呼ばれる窃盗癖を持つ人々を取材しました」。 同日(火)夕方、NHKーTV前橋局報道、「ほっとぐんま640」のドキュメンタリー報道です。 仮名、まもさんという30歳、窃盗癖(クレプトマニア)女性患者の治療について、入院生活から退院日の様子までをフォローした約9分間のドキュメンタリー映像です。 2013年1月10日(木)、午後のNスタ TBS とスーパーJチャンネル テレビ朝日 でクレプトマニア(窃盗癖)関連のニュースがありました。 東京都武蔵野市の卸売業(49歳男性)がスーパーで万引きした後に車で逃げようとし、保安員らにけがをさせたとして起訴された。 平成24年11月7日の裁判で被告は「二度と万引きをしない」と涙ながらに誓って結審。 その翌日に判決の予定であった。 ところが、7日午後、保釈中の被告は都内のスーパーで弁当などを盗んだとして逮捕された。 結審のわずかに2時間後のことだった。 このため、裁判員は4日間で任期を終えるはずだったが、約2か月を経て改めて審理する異例の事態に。 東京地裁では初めての裁判員裁判審理やり直しとなっていた。 その判決が平成25年1月10日にあった。 結果は? 2013年1月8日(火)朝日新聞、社会面にクレプトマニア(窃盗癖)関連の記事が大きく取り上げられています。 ルポルタージュ現代というコーナーです。 朝刊の第1社会面(39面)ほぼ全体を使った8段、2400文字を超す記事で、大作です。 タイトルは、万引き、という病 やめられず10年 有罪判決受け 入院して治療 というものです。 3症例の紹介を織り交ぜながら、精神障害としての窃盗癖の解説をしています。 窃盗癖の概念、社会的意義、対応の問題点などを、精神医学、法律の専門家でない一般読者にも分かりやすく、興味が持てるように過不足なく伝えていて、しかも医学的にも正確です。 素晴らしい出来栄えです。 3症例の概要は、以下の通りです。 小見出し付です。 井田香奈子署名記事です。 なお、関西版では、同じ内容の記事が第2社会面(34面)に出ていますが、タイトルが違っていて、万引き衝動、抑えられない。 治療に託す大人たち 3ヵ月続くのは2割 となっています。 小見出しはなく、全体に若干小さめの記事になっています。 関東版では、ミーティング風景とナースステーション前の監視カメラ有りという警告貼紙が、関西版では、竹村院長の面接場面と警告貼紙の写真が付いています。 2012年9月24日(月)、四国新聞にクレプトマニア(窃盗癖)関連の記事が取り上げられています。 SCRAMBLE讃岐というコーナーです。 タイトルは、「精神障害の窃盗癖『クレプトマニア』、「万引『止められない』、「治療の必要性に理解を」というものです。 精神障害の一種、クレプトマニア(病的窃盗)について、その特徴を説明 … 窃盗衝動の抑制が困難、他の精神障害を合併、発症の契機としてストレス。 治療上、自助グループが重要、社会の認知度が低い、治療施設が少ない、辛抱強く治療すれば、回復可能、といった内容です。 クレプトマニア体験から、として、20代、30代、40代、50代女性症例を1例ずつ紹介、表で説明しています。 報道部、植村卓司署名記事です。 2012年9月11日(火)、YOMIURI ONLINEの医療サイト、ヨミドクターに抗不安・睡眠薬依存問題が取り上げられています。 ホスピタルが取材協力しました。 ベンゾジアゼピン系などの処方薬の乱用依存問題、窃盗癖患者の約3割に処方薬乱用、といった問題が紹介されています。 赤城高原ホスピタルが取材に協力しました。 2012年8月14日(水)、産経新聞にクレプトマニア(窃盗癖)関連の記事が取り上げられています。 窃盗癖本人の青年と母親の窃盗癖に悩む中年男性が取り上げられています。 赤城高原ホスピタルが取材に協力しました。 今日(8月15日)現在は、以下のサイトでこの記事をネット上から読むことができます。 2012年6月26日(火)発売の、「女性にやさしいクリニック」特集ページに赤城高原ホスピタルがリストアップされています。 6月26日発売中「週刊女性」の 58-59ページに、「あなたの街の女性にやさしいクリニックとして、50の医療機関が挙げられています。 ほとんどが婦人科や産婦人科、乳腺外来、女性背引用外来などです。 精神科医療機関でリストに載っているのは、赤城高原ホスピタルだけです。 「ここがオススメ!」という説明には、「摂食障害、女性アルコール依存症の治療に定評」とあります。 2011年12月26日(月)、埼玉新聞朝刊17面(社会面)に窃盗癖関連の記事が大きく取り上げられています。 赤城高原ホスピタルが取材協力しました。 2011年12月28日(水)、埼玉新聞朝刊19面(社会面)に窃盗癖女性の判決に関する記事が取り上げられています。 やめられない苦しみ、赤城高原ホスピタルで入院治療中の60代女性、「万引癖」の女性を中心に、精神障害としての窃盗癖(クレプトマニア)の解説をした記事です。 米満昌人記者の署名入りです。 28日(水)の記事では、上記女性の判決や弁護士のコメントが取り上げられています。 今日(12月29日)現在は、以下のサイトでこの記事をネット上から読むことができます。 2010年12月20日(月)、日本テレビの "news every. "という番組で、向精神薬乱用問題が扱われました。 赤城高原ホスピタルが取材協力しました。 日本テレビのevery. 特集コーナー(18:15-18:45)です。 同番組の説明は、以下のサイトです。 2010年12月14日(火)、毎日新聞夕刊、関東版、社会面トップにホスピタルのクレプトマニア調査結果が出ています。 内容概略は以下の通り。 具体的患者数の紹介。 大学入学後、過食症になった。 逮捕は3回。 現在、大学を休学して治療に専念している。 万引き対象は、食品から洋服、雑貨へ。 「万引きするときは、意識が飛んでいた」。 実刑判決、1年間服役。 摂食障害と窃盗癖の密接な関係を解説した、最初の新聞記事である。 なお、ホスピタルと関連精神科クリニックの窃盗癖患者の範囲が広がったため、相対的に摂食障害合併率は低下し、現在は4割程度になった。 それでも摂食障害合併患者群は、窃盗癖患者の中で最大グループです。 12月14日現在、記事全文はネットからダウンロード可能。 赤城高原ホスピタルが取材協力しました。 11月27日 土曜 午後10時15分〜10時44分、放送。 放送内容のおさらいが、以下のサイトに出ています。 2010年9月10日(金)、讀賣新聞朝刊(関東版?)、社会面トップに、ホスピタルにおける窃盗癖(万引き常習者)治療のルポ記事が掲載されました。 特集【犯罪ルポ 異変】 第2部「万引き 崩壊するモラル 3」という記事です。 もっとも2人の女性(竹村が主治医)に比べ、男性症例は情報不足。 誌面に書かれていない事情や背景があるかもしれない。 全体にやや突っ込み不足の感があるが、多分、万引き常習者の治療に関する最初の新聞記事。 おっと違った、2009年2月11日の日刊ゲンダイ、「盗んでしまう病気、クレプトマニア」に次ぐ2番目かも。 2010年8月23-28日、讀賣新聞朝刊、社会面の連載記事、「親は知らない」で薬物問題が特集されています。 赤城高原ホスピタルが取材協力しました。 内容は、以下の通りです。 親は知らない PART 6-1 (平成22年8月23日讀賣新聞朝刊) 女子中学生大麻事件の闇、 薬物連鎖、大麻「キメ」ポーズ、「ガンジャ」「野菜」…中2ブログに隠語 親は知らない PART 6-2 (8月24日讀賣新聞朝刊) 密売サイト 気軽に薬物、 ミクシィも舞台 組織と未成年者結ぶ 親は知らない PART 6-3 (8月25日讀賣新聞朝刊より) わずかの差で「合法」 改造ドラッグ いたちごっこ 親は知らない PART 6-4 (8月26日讀賣新聞朝刊より) 向精神薬 横流し30万錠 親は知らない 医師から元組員へ ネットでは高値取引 親は知らない PART 6-5 (8月28日讀賣新聞朝刊より) 「頭が良くなるクスリ」 ネットで購入 強い副作用も 2010年7月16日(金)、NHK-TVで、成人の万引き問題の特集番組がありました。 特報首都圏(19:30-19:55)の『なぜ増える 大人の万引き』という特集です。 赤城高原ホスピタルにおける窃盗癖治療が紹介されました。 当院HP内の窃盗癖関連記事は、です。 上記特集番組の内容概略は、です。 レポート内容の一部であったとはいえ、万引の犯罪性を強調するだけでなく、窃盗癖の治療について、その必要性を明確に述べたという点で、画期的な特集であったと思います。 同番組は、で視聴可能です。 2010年7月8日、上毛新聞で当院院長、竹村道夫による講演の様子が紹介されました。 講演テーマは、「嗜癖問題の広がり」。 2010年6月10日、エフェドリン化合物入り風邪薬を用いた覚せい剤密造事件に関し、赤城高原ホスピタル院長、竹村がメディアで解説をしました。 2010年6月10日、エフェドリン化合物入り風邪薬を用いたを覚せい剤密造事件が報道されました。 日本では、初めてのケースです。 神奈川県相模原市の住宅屋根裏部屋で覚せい剤を密造していたとみられるイラン人2名が警視庁に逮捕されていることが、2010年6月10日、TVや新聞で報道されました。 赤城高原ホスピタル院長、竹村は、事前にいくつかのマスメディアからの取材を受け、同日のNHKおはよう日本、「覚せい剤密造の疑い 市販薬の成分を原料に使用か」で若干の解説をしました。 当院HP内の窃盗癖関連記事は、です。 2009年8月26日(水)、毎日新聞朝刊、全国版コラム「発信箱」に、ホスピタル院長の覚せい剤乱用問題に関するコメント記事が出ています。 磯崎由美氏の「ドラッグとの決別」という記事です。 赤城高原ホスピタル院長、竹村の以下のようなコメントが出ています。 2009年2月11日(水)、日刊ゲンダイに、クレプトマニア(窃盗癖)に関する記事が出ています。 サラリーマン新健康ワイド、という連載記事です。 タイトルは、「盗んでしまう病気 クレプトマニア」。 「万引きが止められない」。 「治療すれば改善できる」。 スリルや達成感に依存。 2008年8月18日(月)、毎日新聞朝刊3Pトップに、リタリン乱用問題に関する記事が出ています。 精神科医療「山水会」問題 リタリン処方、審査は素通り、という記事です。 赤城高原ホスピタル院長、竹村の以下のようなコメントが出ています。 2008年7月28日発売の月刊誌、「精神科(2008年7月号、Vol. 13,No. 1)」にホスピタル院長書下ろしのリタリン乱用問題関連記事が出ています。 特集 I. p18-23 Misuse of methylphenidate in Japan. Key words: misuse of methylphenidate, dependensy, wrong indication, prescription for depression, Japan michio TAKEMURA,M. ; Akagi-kohgen Hospital, Shibukawa, Gunma, 379-1111, Japan 2008年8月3日(土)、上毛新聞地域版(15P)に、薬物乱用防止教室に関する記事「薬物の怖さ訴える」が出ています。 当院の精神保健福祉士、板倉康広さんと、前橋市の薬物依存症リハビリセンター「ビッグ・ラブ・クルー・ジェティー・ホーム」代表の安井靖さんが講師となって、前橋工高で定時制の学生向けに行なわれました。 2008年5月7日(水)に、日本テレビ系列 リアルタイム特集 (18:16-)に、解離性同一性障害(DID)患者のドキュメンタリー「実録!多重人格」が放送されました。 赤城高原ホスピタルが取材に協力しました。 赤城高原ホスピタルが取材に協力しました。 好意的なものばかりでなく、今回は、批判的なものが少なくありませんでした。 多くの方が指摘していた問題点は以下の2つです。 私(サイト・マネージャーの竹村)も、全く同感です。 古くは、「薬物中毒」という用語が薬物乱用、依存症の意味で使われていました。 この一部が、まだ行政用語の中に残っています。 アルコール問題のある人を指す「アル中」という蔑称もここに語源があります。 しかし現在では、医学的に、物質使用障害である「乱用・依存」と物質誘発性障害である「中毒・離脱」は概念的に明確に区別されているので注意が必要です。 残念ながら、今でも時々マスメディアで、「薬物乱用」、「薬物依存症」というべきところを「薬物中毒」という語が間違って使用されています。 「薬物中毒」は、砒素中毒、農薬中毒、ガス中毒、医療過誤としての処方薬の過量投与などのように薬物や異物の体内摂取の結果として起こる問題です。 だから薬物中毒は、薬物乱用や依存症でなくても起こりえます。 このことは治療上とても重要です。 なぜなら、薬物乱用の結果として薬物中毒になることはありますが、薬物中毒の治療をしても薬物乱用や薬物依存症は回復しないからです。 ちなみに赤城高原ホスピタルには、放送後1週間以内に30件以上の問い合わせの電話やメールがありました。 その多くが、「今、SSRIを服用しているが、危険な薬なので止めたほうがよいか」というものでした。 リタリンは覚醒系の薬物であり、依存性があるので、乱用の危険性が高いのです。 乱用の危険性を処方薬乱用一般にまで広げるとしても、そこでまず問題になるのは、リタリンや睡眠薬、安定剤(とくにベンゾジアゼピン系薬物)、鎮痛剤などの依存性処方薬です。 SSRIの離脱症状の危険性とはレベルが違うと思います。 SSRIを服用中の方、自己判断での使用中断は危険です。 減薬を考えている方は主治医とよく相談してください。 なお、赤城高原ホスピタルは、リタリン乱用者の治療場面などの取材には協力しましたが、放送内容の編集過程には関わっていません。 とはいえ、この混乱を防げなかったことに多少とも責任を感じています。 2008年4月1日(火)の毎日新聞、群馬地方版、「群・彩・人」に竹村道夫院長(写真つき)と赤城高原ホスピタルが紹介されています。 記事は、このサイトで読むことができます。 但し写真はありません。 第7章、「専門病院における性虐待被害者とのかかわり」(p131-148)は赤城高原ホスピタル板倉康広PSW(精神科ソーシャルワーカー)が分担執筆しました。 当院HP、から多くのケースが引用され解説記事が掲載されています。 学術書、「性虐待をふせぐ 子どもを守る術」に関する情報は、以下のサイトでごらんいただけます。 、、、 2008年2月5日(火)に、の中で覚せい剤乱用問題のレポートがありました。 赤城高原ホスピタルが取材に協力しました。 2007年9月4日(火)の夜、午後10時55分からの日本テレビ、『NEWS ZERO』で女性アルコール症問題が取り上げられました。 赤城高原ホスピタルが取材協力しました。 赤城高原ホスピタル入院中の女性患者やドラッグ・ミーティングの様子、足湯に入っている仲間の様子などが紹介されました。 ただし、放送は関東地域だけだったようです。 2007年6月19日、群馬テレビの、ニュースジャストN、ピックアップぐんま、「アルコール関連問題学会・高崎大会大会長、アルコール専門病院院長に聞く」(19:10-19:20)に赤城高原ホスピタル院長が出演、について紹介しました。 主な発言内容は以下の通りです。 多職種の支援者の力を結集するというこ の学会の伝統を意識して、高崎大会のメインテーマを「点と線、つなぎ広げる支援の輪」としました。 学会員でなくても、この問題に関心のある一般市民が参加可能です。 当日の参加受付も可能です。 赤城高原ホスピタルでは、お酒の問題に関して広い視野から総合的な治療しています。 本日現在で、既に約500人が事前の参加登録を済ませています。 精神科医向けの雑誌です。 25 No. 11 は、「病棟機能分化への」色々な試み」という特集です。 「開放型アルコール依存症専門病院」は、赤城高原ホスピタルに関して、開院までの経緯、病院の理念、開院後の困難、病院概要、入院患者・治療の特色、病院ホームページ、将来の展望などが紹介されています(33-37ページ)。 2006年11月、アディクションと家族(日本嗜癖行動学会誌、Vol. 3)がクレプトマニア特集号です。 院長書下ろしの記事が掲載されています。 病院内「万引き・盗癖ミーティング」の発足と発展、当院ホームページと万引きBBS、東京のクレプトマニアズ・アノニマスの発足、万引き・窃盗常習者の心理メカニズムなどについて書いてあります。。 2006年8月7日 月)発売の「週刊現代」に、十代女性のリスカ問題が取り上げられました。 (講談社)夏休み特大号(8月19・26号)の176-179ページ、長田美穂氏の署名記事です。 自傷行為とイジメ、身体的・性的虐待との関係にも触れています。 2006年7月14日 金)づけ夕刊フジで処方薬・脱法ドラッグ乱用、依存問題が取り上げられました。 院長が取材協力しました。 () 2006年7月2日 日)朝、TBSラジオ系列の「メイコのいきいきモーニング」で、処方薬・脱法ドラッグ乱用、依存問題が取り上げられました。 赤城高原ホスピタルが取材協力しました。 詳細は、をご覧ください。 2006年5月29日 月)夕、フジテレビで、女性アルコール依存症問題が取り上げられました。 ホスピタルが取材協力しました。 タイトルは、「闘病密着!わが子に会いたい、女性のアルコール依存」。 2006年5月24日 水)、25日(木)夕、読売テレビ系列(関西ローカル)の「ニューススクランブル」で、摂食障害問題が取り上げられました。 赤城高原ホスピタルが取材協力しました。 ご注意ください。 放送時間は、24・25日ともに16:50〜17:50の1時間枠です。 なお、関西ローカルのプログラムですので、関東地域での放送はありません。 赤城高原ホスピタルが取材協力しました。 タイトルは、実録!深夜の事件簿 「麻薬Gメン 激闘365日」です。 詳細は、をご覧ください。 ホスピタル院長は、この種の問題に対しては、複眼的な視点が重要であることを強調し、強制的に禁止するよりも、若い人たちに自分を大切にすること、一人ひとりが大切にされる価値があることを教えなければならないと語りました。 2005年9月5日 月)、で、若年者の薬物問題が取り上げられました。 2005年9月号(VOL. 25 NO. ホスピタルに勤務する心療内科医、齊藤麻里子氏のコメントと共に、ホスピタル開院時の苦労や、治療理念、病院ホームページへの反響などが報告されています。 2005年8月号(no. 394)、16-18ページに、ホスピタル院長書き下ろし原稿の「脱法ドラッグ、スマートドラッグ」「簡単に入手可能。 広がる乱用」が掲載されています。 赤城高原ホスピタルが取材に協力しました。 新聞のTVプログラム予告:「悲痛!悪夢からの脱出。 アルコール依存の女達。 断酒に苦しむ26歳女性。 酔って橋からの飛び降り。 タンスには酒ビンが・・・。 依存8年間の45歳女性。 28面6段記事。 赤城高原ホスピタルが取材に協力しました。 以下のサイトで記事の概要を見られます。 2005年5月24日(火)、単行本、(小国綾子著、講談社、1365円)が出版されました。 若い女性に多いこの症状の背景は、それぞれの患者さんによって異なり、ひとまとめに論じることは困難です。 本著では、リストカットに関する代表的な諸説を紹介するばかりでなく、「リスカ」をする数人の患者さん(いずれも若い女性)を何度も面接し、その取材活動自体を詳しく報告しています。 その中で著者は、彼女自身が少女時代からリスカをしていた事実を披露しています。 体当たり取材、鋭い観察、取材対象への優しい配慮、分かりやすく読みやすい文章などは、いつもながらこの著者の持ち味です。 読み進めるうちに読者は著者と一緒に取材活動に参加しているような気分になります。 リスカをする少女たちの切ない思い、それを見守る著者の優しいまなざしにこころを打たれます。 赤城高原ホスピタルが取材に協力しました。 解離性同一性障害の入院患者二人に関する記事です。 赤城高原ホスピタルが取材協力したものです。 4人の患者が紹介され、院長のコメントも出ています。 サブタイトルは、「摂食障害者」に対し栄養士は何ができるか。 内容、小見出しは以下の通りです。 摂食障害とは何か? 1. なぜここまで増えたのか?摂食障害の現状を探る 2. アルコール症や薬物依存を合併・・・・・ 摂食障害の深層をみる 3. 講演は6月28日(月)でした。 7月6日付け3面に講演会内容の紹介記事があります。 若者の薬物乱用問題、非行、自傷行為、自殺未遂などが取り上げられました。 赤城高原ホスピタルが取材に協力しました。 タイトルは、「危険な子供たちのダイエット」(仮題)。 赤城高原ホスピタルが取材に協力しました。 「主婦に広がるアルコール依存症」。 赤城高原ホスピタルが取材に協力しました。 MMPG 医療情報レポート(Vol. 「過食症などに悩む患者や家族と語り合うため、週1回、赤城高原ホスピタルを訪れている美咲さん」と言うキャプションで写真もついています。 2004年2月3日(火)、日本テレビ、「今日の出来事」で、リタリン乱用問題が取り上げられました。 赤城高原ホスピタルが取材協力しています。 [2月2日放送予定が1日延期になりました] 番組では、リタリン乱用、依存の現状、幻覚などの副作用のある症例が紹介され、安易にリタリンを処方する医師、病院処方では、1錠20-30円のリタリン錠剤が、ネット上で600円で売買されている現実、などが問題とされていました。 また背景として、精神科クリニックの急増が関与しているのではないかという指摘がありました。 1月28日(水)、NHK-TV、クローズアップ現代で、リタリン(メチルフェニデート)など処方薬乱用問題が取り上げられました。 「"処方薬"がやめられない」(NO. 1856)。 赤城高原ホスピタル院長が取材に協力しています。 タイトルは、 大人気「ヤセ薬」発禁の波紋。 院長の発言も紹介されています。 「エフェドラには覚せい剤のような、食欲抑制作用と代謝促進作用があるので、ダイエット目的で使われています。 また、医学的な証明はないものの、スポーツの活動性が高まるとして、一部のスポーツ選手が使っているのです。 、患者さんと院長が登場しました。 放送の中で、「平均1年、長い人では8年入院している、・・・・・」という説明がありましたが、間違いです。 「薬物乱用患者の 平均在院期間は1ヵ月弱。 入退院を繰り返して、初診から8年経っても、まだ外来治療中の患者さんもいる」というのが正確な情報です。 当院HPの「摂食障害の基礎知識」ページがYahoo! JAPANから、上記のお知らせメールが来ました。 Yahoo! JAPANのサーファーチームが見つけて登録してくれたようです。 コメントは、「赤城高原ホスピタルによる。 拒食、過食等の分類、症状の経過等を解説。 番組では、30代のリタリン乱用女性と、リタリン乱用の果てに自殺した大学生のお母様の話、その大学生の求めに応じてリタリンを処方し続けた医師の電話インタビューがありました。 そしてそういう薬物乱用者の治療場所のひとつとして赤城高原ホスピタルの紹介があり、院長(私、サイトマネージャー)の「リタリンが乱用薬物であるということを知らずに医師が対応すると、乱用に手を貸すことになる」というコメントが取り上げられていました。 当方で登録申請した訳ではなく、突然先方からメールで連絡してきたのです。 Healthlinks Directory は、世界最大規模の健康関連ディレクトリー(リンク集)です。 7万以上の健康関連インターネットサイトにリンクしており、現在も毎日約50件の新しいサイトを加えて成長中です。 アメリカを中心に世界中の重要な健康関連サイトを集めており、一日に1万件以上のビジターがあります。 英文のサイトしか登録していないため、日本のサイトはまだ少数のようです。 雑誌「プレジデント」でリタリン(メチルフェニデート)乱用問題が取り上げられました。 スペシャル・レポート、向精神薬「リタリン」の誘惑、「八方塞がり」ビジネスマンに依存者増加中! というものです。 当院村山昌暢副院長も執筆しています。 嗜癖問題に詳しい、一般向け精神科治療相談ガイドが出版されました。 当院村山昌暢副院長分担執筆(摂食障害の章)。 院長お勧め。 アルコール、薬物ほか依存症。 トラウマ・PTSD。 児童虐待・AC。 摂食障害。 いじめ・不登校。 人格障害。 などなど、全体として、嗜癖関連問題をよくカバーしています。 治療・相談機関ガイド。 関連図書やインターネットサイトの紹介など、役立つ情報がいっぱいです。 毎日新聞で、リタリン(メチルフェニデート)乱用の問題が取り上げられました。 記事は、リタリンについて、60カ国以上で販売されているが、うつ病への適応を認めているのは日本だけである。 最近乱用者が増えている、と述べています(山本紀子記者、署名記事)。 または、 のニュース検索で、リタリンをキーワードとして検索してください。 【1】向精神薬:旧厚生省、リタリン中止要請無視 【2】向精神薬:「リタリン」覚せい剤代わりに服用 以下、続報。 ] 英文の記事もあります。 ASK(アスク)のBe! ハーブだから安心・・・なんてウソ!「エフェドラ」入りダイエット製剤への警告! という記事です。 当院HPが紹介されています。 内容は、中国製ダイエット薬の被害の実態、アメリカ製ダイエット薬「エフェドラ」の問題。 海外のダイエット薬の危険性、個人輸入制度の問題点、危険性監視の問題などです。 赤城高原ホスピタルと院長、そしてこのHPも紹介されました。 NHKで当院HPのエフェドラ情報が取り上げられたのは今回が4回目です。 ASK(アスク)のBe! 院長書下ろしの解説記事です。 症例を挙げて、解離性障害を分かりやすく解説したものです。 解離性障害と心的外傷、解離のメカニズム、解離性障害と嗜癖、解離性障害の治療などに触れています。 2002年8月20-22日、朝日新聞で、「覚せい剤汚染」という記事が連載されました。 赤城高原ホスピタルの取材写真や「薬物乱用」治療も紹介されています(文・諸麦美紀、写真・鎌田正平)。 当院HPの「ハーブ系ダイエット剤、エフェドラの危険性」ページがYahoo! JAPANから、上記のお知らせメールが来ました。 、サイトリストの中に、が紹介されています。 コメントは、「成分、使用法の解説、効果、副作用についてのレポート等」 私が申請したわけではありませんから、誰かが推薦してくれたか、Yahoo! JAPANのサーファーチームが見つけて登録してくれたのだと思います。 トップページ以外のディレクトリが登録されるのは比較的稀だと聞いたことがあります。 危険な海外の薬物が簡単に手に入る個人輸入制度の問題点。 厚生労働省による危険情報提供をどう確保するか、などです。 NHKで当院のエフェドラサイトが取り上げられるのは、今回が3回目です。 「アディクション」改訂版(ASK)が発売中です。 赤城高原ホスピタル(192頁)と外苑神経科(218頁)の情報も出ています。 ASKのが2002年7月10日発行されました(3200円)。 嗜癖関連問題の治療相談室と自助グループガイドです。 赤城高原ホスピタル(192頁)と外苑神経科(218頁)の情報も出ています。 アルコール依存、薬物依存、摂食障害、ギャンブル依存、アダルトチャイルド、共依存、ショッピング依存、恋愛依存、セックス依存、ひきこもり、DV、子どもの虐待、家庭内暴力、トラウマ/PTSD、自傷行為、感情へのとらわれ、ニコチン依存、仕事依存、もえつきなどの問題の解説があります。 赤城高原ホスピタルに関して、この原稿提出時からの変化と言えば、たとえば、現在ホスピタルでは「ギャンブラーズ・ミーティング」が定着していることなどです。 以下のサイト、「摂食障害と向き合う」の中の「仲間に体験語り"成長"」と「親の援助が回復促す」にホスピタルの情報があります。 NABAの出生、自立、成長の物語が、関係資料、関係者の証言と「ニューズレター」の原稿で語られます。 赤城高原ホスピタルの紹介文もあります。 「摂食障害の入院治療の紹介」(P25) 既にNABAを知っている方には、舞台裏の事情が面白いでしょう。 知らない人にもこの世界が十分に理解できるように、業界用語には、懇切丁寧な注釈がついています。 たとえば、ステップ、棚卸し、AA、ドン底、嗜癖、フェローシップ、平安の祈り、OA、関係者、アルコール公扶研、ビジネス・ミーティング、クローズド、イネイブリング、などなど。 3月6日(水)、テレビ朝日、「スーパーJチャンネル」で赤城高原ホスピタルの薬物依存症治療が紹介されました テレビ朝日、「スーパーJチャンネル」 18:30-18:45、内容、「新・怒りの導火線 『ドラッグ』」 キャスターに小宮悦子・坪井直樹(テレビ朝日アナウンサー)を据え、週ごとの動きをいち早くお伝えする報道番組。 関連サイト: 2002年2月24日(日)、TV放送で 赤城高原ホスピタルの薬物依存症治療が紹介されました フジテレビ、「話題にアタック」 7:00-7:15、内容、「薬物乱用防止」 2002年1月23日(水)、TV放送で 赤城高原ホスピタルの薬物依存症治療が紹介されました TBSテレビ、「ニュースの森」 18:20頃、内容、 「マンガ子ども虐待出口あり」講談社(1600円)が発売中です。 院長(サイトマネージャー)のお勧めです。 クライエント、イラ姫とカウンセラー、信田さよ子の共著になる「マンガ子ども虐待出口あり」が2001年12月13日に講談社から発売になりました。 信田さん(原宿カウンセリングセンター所長、カウンセラー)とイラ姫(被虐待体験者)の対談を中心に、井戸端会議風の雑談がめちゃおもしろい。 内容としては、フェミニズムとアディクションの視点から虐待問題を分析、解説したまじめなものですが、その描き方が革命的。 文章7割、マンガ3割が混在する誌面が読者を飽きさせません。 対談では業界通の本音と体験者の本音が丁々発止と渡り合います。 それにしても驚いたのはお二人の雑学。 まじめな本から週刊誌、映画、TV、芸能人情報、巷の噂話まで、その興味と情報の範囲は常人の想像を超えています。 げに女性は恐ろしい。 イラ姫と講談社スタッフの巧みな話術に乗せられて、信田さんの毒舌が冴え、お喋りが暴走ぎみ。 おかげで本文は虫食いの伏字だらけです。 なぜか信田さんにはシッポが生えていて、イラ姫マンガの刺激的な描き方にまじめな読者でも思わず笑ってしまいます。 赤城高原ホスピタルの名前もチラリと出てきます(P208, P213)。 関連サイト、 読者の声、掲示板、関連リンク、参考図書などがあります。 関連問題当院サイト、。 11月26日、夕方 5:30頃 「摂食障害、あなたは大丈夫?」というタイトルでした。 赤城高原ホスピタルが紹介されていました。 関連サイト: NHKにんげんゆうゆう 2001年6月4日(月) 、 ケアネット「薬物乱用への対応」で赤城高原ホスピタルの治療が取り上げられ、竹村道夫院長の解説(2回シリーズ、合わせて30分くらい)が放映されました。 TV放送で赤城高原ホスピタルの薬物依存症治療が紹介されました(事後報告) 1. 教えてくれたHPビジター様、ありがとう。 月刊誌「だいじょうぶ」 2000年5月号で赤城高原ホスピタルが紹介されています 特集記事「最強のストレス撃退作戦」 Part5「心の処方箋」 「摂食障害」の項目で、 「アルコール症を伴う摂食障害に強い施設。

次の