エクセル シート 名 一括 変更。 全シートのヘッダー・フッターを一括で設定 / 変更する方法!Excelの小技

エクセルの作成者が知らない人に!変更と削除の方法

エクセル シート 名 一括 変更

ブックのシート名を一括で置換するエクセルVBAをご紹介します。 次のサンプルコードを使うと、• 「ファイルを開く」ダイアログを表示。 シート名を一括で置換したいエクセルブックを選択。 エクセルブックに含まれる全シート名を一括で置換する。 という作業を自動化します。 操作方法 1、 を実行してシート名を取得。 2、 「シート名一覧」の「シート名(変更後)」に希望シート名を入力。 4、 ファイルを開くダイアログが表示されるので、シート名を置換したい対象のエクセルブックをクリックして、「開く」をクリック。 5、 マクロが実行されます。 「シート名一覧」以外のシート名を一括で置換します。 完了です。 処理を終了します。 " End Else Workbooks. Select Range Range "A2" , Cells Rows. Count, 2. End xlUp. Column Do While Not IsEmpty Cells row, col ' KeyがStrig型でないと「型が一致しません」というエラーになる wsNames. Worksheets On Error Resume Next ws. Item ws. Name Next Else 'メッセージ表示 MsgBox "シート「シート名一覧」はありません。 Close End If '画面表示ON Application. 「ファイルを開く」ダイアログを表示した後、キャンセルをクリックした場合、 キャンセル処理される様に対応しています。 と連携可能な様にしています。

次の

フォルダ内の全ブックのシート名を変更したいです。

エクセル シート 名 一括 変更

エクセルファイルの作成者情報を簡単に確認(表示)する3つの方法 今から、エクセルファイルの作成者の情報を エクスプローラから確認する方法を3つ紹介します。 OSがWindows7の場合の例を書きますが、他のOSでも同じように確認できるはずです。 エクスプローラで作成者を確認する(ツールチップ) 『作成者』を一番手っ取り早く確認できるのが、これ。 エクセルファイルの上にマウスを置くと、ふわっと『ツールチップ』と呼ばれるものが表示され、その中に作成者を確認することができます。 エクスプローラで作成者を確認する(詳細ウィンドウ) エクセルファイルを選択(クリック)すると、エクスプローラの下にある 『詳細ウィンドウ』に『作成者』の情報が表示されます。 エクスプローラに詳細ウィンドウを出すには? もし、下の画像のようにエクスプローラに詳細ウィンドウが表示されない場合は、次の手順で表示させてください。 エクスプローラのメニューから『整理』をクリックし、『レイアウト』を選択すると、次のようなメニューが表示されるので、『詳細ウィンドウ』にチェックをつけます。 これで、エクスプローラの下に『詳細ウィンドウ』が表示されます。 エクセルファイルのプロパティから作成者を確認する 続いては、エクセルファイルのプロパティから確認する方法。 エクセルファイルを選択して、右クリックで表示されるメニューの『プロパティ』を選択。 『プロパティ』のダイアログで『詳細』タブをクリックすると、『作成者』の情報が確認できます。 エクスプローラで作成者を一括で確認する(詳細一覧) 最後は、エクスプローラの一覧で作成者を確認する方法で、 複数のエクセルファイルを一括で確認したい場合に便利です。 その前に、エクスプローラの列(ヘッダー)に『作成者』の列を追加する必要があるので、その手順を説明します。 下の画像にある『その他オプション』(赤枠部分)をクリック。 すると、下のようなメニューが表示されるので、『詳細』をクリック。 これで、エクスプローラの表示が詳細(一覧)の形式に変わります。 そして、青枠部分の列のところでマウスの右クリックをすると、次のようなメニューが出るので、『作成者』にチェック。 『作成者』の列が追加されますが、一番最後で見づらいので『作成者』をドラッグして、『名前』の右側に移動させます。 『作成者』を『名前』の右に移動できました。 これで、 全てのエクセルファイルの作成者を一括で確認することができます。 エクセルファイルの作成者名を削除(非表示)する方法 作成者が適切でない場合に、作成者を削除(非表示)する方法です。 エクスプローラの詳細ウィンドウで作成者を削除する まずは一番簡単な方法から。 エクスプローラの詳細ウィンドウに表示されている『作成者』はそのまま編集することができます。 『作成者』のところで、クリックして入力されている名前をBS(バックスペース)キーか、Delキーで削除してください。 この時に、『ENTER』キーで確定するか、『保存』ボタンを押すようにしてください。 すると、『作成者』が削除されます。 削除しただけでは、本当に削除されないので 最後の確定操作を忘れないように! エクセルファイルのプロパティから作成者を削除する プロパティから削除する方法です。 先に書いたエクセルファイルのプロパティを表示させる方法を参考にして、プロパティのダイアログを表示させてください。 『作成者』のところでクリックすると編集できるようになるので、BSキーかDelキーで作成者を削除します。 あとは、『OK』ボタンを押すと『作成者』が削除されます。 エクスプローラで作成者を一括で削除する(詳細一覧) 『作成者』を削除したいエクセルファイルが 大量にある場合は、今から紹介する 一括削除の方法が便利です。 まず、削除対象となるエクセルファイルを全て選択し、右クリックからプロパティのダイアログを表示させます。 プロパティのダイアログで、『プロパティや個人情報を削除』のリンクをクリックします。 プロパティの削除ダイアログが表示されるので、『このファイルから次のプロパティを削除』を選択して、『作成者』にチェックをつけて『OK』を押します。 このように、選択したエクセルファイルの『作成者』が一括で削除されます。 エクセルファイルの作成者名を変更(設定)する方法 作成者の名前を変更する場合は、削除と同じ方法でできます。 現在、自分が使っているエクセルの作成者を確認する方法 ここまでは、 既に作成したエクセルファイルの『作成者』を変更したり、削除したりする方法でした。 では、これから新規に作った場合の『作成者』はどうなるのか? それは、エクセルのオプションから『作成者』を確認することができます。 『基本設定』の『Microsoft Officeのユーザー設定』にある『ユーザー名』が、新規に作成した時の『作成者』になります。 特に、 誰か使っていたPCを引き継いで使っている場合は、オフィスの『作成者』はきちんと確認するべきです。 自分が作ったエクセルファイルなのに、前任者の名前になっているとやっぱりおかしいですよね?^^ ちなみに、新規のエクセルファイルに『作成者』を保存させないようにすることは、原則できません。 上の画像にある『ユーザー名』を削除すればいいんじゃないか?と思うかもしれませんが、一番最初に入力したユーザー名は既に覚えられているようです。 だから、『ユーザー名』を削除しても、もう一度『ユーザー名』を確認すると名前が復活してしまいます。 また、『ユーザー名』(作成者)はエクセルだけではなくインストールしたオフィス製品のWordやPowerPointなどでも同じものが保存されます。 つまり、 『ユーザー名』(作成者)はエクセルだけではなく、オフィス共通の『作成者』ということになります。 エクセルの作成者を確認、変更、削除する方法のまとめ まとめ• エクセルを配布するのであれば、エクセルの作成者を確認することは大事。 知らない人が作成者になっていると、資料の信憑性が疑われることもある。 エクセルの表示を工夫すると、作成者を常に確認できるようになる。 これから作るエクセルファイルの作成者は変更できるが、削除することはできない。 以外と気にされていない『作成者』の情報ですが、もし全く関係ない人が作成者になっていると変に疑いをかけられることもあります。 (セキュリティの面でもよくありません) 特に、会議用の大事な資料として作成した場合などは、下手すれば 『本当に君が作ったのか?』とあらぬ疑いをかけられることにもなりかねません。 そうなると、 アナタの信用性が損なわれる恐れもあるため、他の人に配布するエクセルファイルの作成者は事前にチェックするようにしましょう。 わかっていても、『作成者』の変更はつい忘れがちになります。 変更漏れを防ぐためにも、今回紹介しているようにエクスプローラの列(ヘッダー)には『作成者』の列を追加しておくことをおすすめします。

次の

質問!ITmedia

エクセル シート 名 一括 変更

【超簡単】シート名連続変更のためのマクロを作る Excelに備わっているプログラミングツールを使ってシートの名前変更を行います。 プログラミングと言ってもコピペで良いので簡単にできます。 VBEを開こう Excelで使うプログラミングはVBAといいます。 VBAを書くエディタがVBEです。 これで、VBEを開くことができました! 以下のプログラムコードをエディタへコピペしよう さて、エディタをうまく開くことができたでしょうか? あとは、このエディタに以下のコードをコピペするだけでOKです。 End Sub すると、下の画像のようになるはずです。 VBAを実効しよう プログラムを実行するには、先ほどコピペして貼りつけたプログラムコードにカーソルがある状態で、再生ボタンをクリックします。 カーソルが合わせないで再生ボタンを押した場合、VBAがどのプログラムを実行していいのかわからないので、どれを実効するか聞いてきます。 その時は、マクロ名を選んで実効ボタンをクリクすればOKです。 すると、シートの数をプログラムが自動に数えてくれて、「売り上げ〇月」と自動で入力がされます! これで、Excelシート名を一気に連続変更することができました! 上記画像の例は、シート5つで売り上げ1月~売り上げ5月までになっていますが、このプログラムであればシートが何十枚合っても自動で変更してくれます。 売り上げじゃなくて別の言葉がいいときは、「売り上げ」や「月」の文字を変更すればOKです。 人気記事• アーカイブ アーカイブ• カテゴリー• 人気記事• ビジネスマンに必須スキルのエクセルですが、表計算やグラフを作るだけがExcelのすべてではありません。 いまどき履歴書を手書きで書く人っていますか 笑 まあまだいるとは思いますし、手書きじゃないと不採用にす... ソフトバンクエアーを解約したらAirターミナルはただのゴミでしょうか? いいえ、実は無線アクセスポイント... Excelのシートの名前を変更したいんだけど、めっちゃ量があって大変。 これを一括で変換できないんだろう... 視聴率ってどうやって計測しているかご存知ですか? 我々がただTVを見ただけでは視聴率に換算されません。... 光回線を一家に一本引くのは当たり前の時代です。 今は、光コラボレーションがあるので、フレッツ光以外にもた... 私は7年近くコールセンターで働いたことがあります。 なので、コールセンターで働くオペレーターの気持ちはよくわかり... iPhoneに搭載されている人工知能Siriですが、実は言語の設定ができます。 自分が勉強したい言語に設... Appleの在宅勤務アドバイザーは、自宅をオフィスにしてMacやiPhone、iPadなどのApple製品のカ... プログラミング初心者はProgateやドットインストールをやったことがあってもpaizaのスキルチェックをした...

次の