ビルドダイバーズリライズ リク。 ビルドダイバーズリライズ第14話にリク登場!?新OPEDの感想も!

ガンダムビルドダイバーズ Re:RISEで『フレディ』が話題に!

ビルドダイバーズリライズ リク

ガンダムビルドダイバーズ あらすじ 電脳仮想空間(ディメンション)内で、ガンプラを使用したさまざまなミッションを楽しめる最新ネットワークゲーム「ガンプラバトル・ネクサスオンライン(GBN)」。 中学生のミカミ・リクと親友のヒダカ・ユキオは、同級生のヤシロ・モモカを巻き込んで、その広大な世界へと飛び込んだ。 GBN内の住人「ダイバー」となった彼らは、ガンプラに対する不思議な感性を持つ少女サラと出会い、彼女と共に行動することになるが……。 リクにとって憧れのチャンピオン「クジョウ・キョウヤ」を始めとした有名ダイバーの存在。 複数のダイバーで構成された部隊システム「フォース」の結成。 非公式ツール、ブレイクデカールを扱う「マスダイバー」達による妨害。 多くの出会いと経験を経て、リク達はガンプラだけでなく、自らの冒険をもビルドしていく! アニメ広場 以下当サイト は各動画共有サイトにあるアニメ情報をまとめたリンク集サイトです。 運営者は動画の違法アップロード、またはそれの推奨・援助を含め著作権の侵害を助長する行為は一切しておりません。 動画・音声・画像等すべての知的所有権は著作者・団体に帰属しております。 動画のアップロード・削除依頼等の質問に関しまては各動画共有サイトへ直接お問合わせ下さい。 なお、当サイトを利用したことでいかなる損害が生じることがあっても、当サイト運営者に責任は及ばないものとします。 リンク切れや紹介記事に不適切な箇所がございましたら、お手数ですがコメント、またはからお知らせいただけますと幸いです。 All Rights reserved.

次の

ヒロトのリク・ビルドダイバーズリライズ・イヴが話題

ビルドダイバーズリライズ リク

時はフレディとBUILD DiBERSが出会う前。 カリコとザブンの村がヒトツメに滅ぼされ、フレディたちの村も発見されるかもしれない… そんな中でも好奇心が勝るフレディは物置で見つけた1冊の本をきっかけに、好奇心から遺跡に足を踏み入れる。 偶然により遺跡が起動しGBNにユーザー登録されるフレディ。 モニターに映るBUILD DIBERSの姿に目を輝かせ、ガンプラを「御神体」と、戦うダイバーたちを「創造主さま」と崇める。 そんな折ヒトツメの斥候が遺跡の近くに現れ、翌日には巨大なヒトツメの機体が現れてしまう。 ヒトツメの目を引き付け村から遠ざけるようとするフレディだったが、追い詰められ遺跡に逃げ込み「創造主さま」に助けを求める。 モニターの先にはパル・メイ・カザミ・ヒロトの姿が。 そして目の前に現れた4人の強さを見てフレディは確信する。 彼らこそ、あの「ビルドダイバーズ」だと。 ビルドダイバーズとの戦いの日々を思い出すフレディ。 しかし遺跡が閉ざされた今、もう彼らを呼び出すことはできない。 頼れる兄ジェドも失いすべてを諦めていたフレディだったが、子供たちを守るため再び立ち上がる。 あの日と同じように叫ぶフレディ。 「助けてください!ビルドダイバーズのみなさん!」 …そして、暗闇の中で目を開くドラゴン?聖獣?その正体は!? フレディがヒロトたちと出会うまでの経緯、いわば「第0話」といった内容が語られました。 そして総集編的にこれまでの戦いを振り返った上で、絶望の現在…。 ストーリー自体はまったく進まなかったので正直言うと残念に思った部分もありました! が、1stシーズンの最後でヒロトたちが「リライズ」して再びエルドラに旅立つ決意をしたように、フレディが「リライズ」する描写も必要だった。 フレディだってBUILD DiBERSの一員なんだから! そう考えると1stシーズンと2ndシーズンの繋ぎとしては必然的な構成であったと思えます。 13話と14話のサブタイトルも繋がってる感じなんですよね。 「この宇宙のどこかで」「めぐりあい、そして」ってね! BUILD DIBERSの姿が!熱いッ! フレディが観た「窓の向こう」に映るもの、それは… 「リク…ガンダムダブルオーダイバーエース!」 「フォース、ビルドダイバーズ…行きます!」 リッ君きたあああああああああああああっっっ!!! そして第二次有志連合戦を戦い抜くBUILD DIBERSの姿があああっっっ!!! 「だから、諦めたくない!」 「自分たちの『好き』を…自分たちで否定したくないから!」 「だから!俺たちは…俺たちの『好き』を!諦めない!! 」 吠えるオーガ!!! 「行けよ!ビルドダイバーズ!! 」 サラちゃんを抱きしめるリク!!! 「サラあああああああああああっっっ!!! 」 「リクぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅッッッ!!! 」 「御神体」と「創造主さま」たちの姿に目を輝かせるフレディと、彼らの戦いを思い出し涙を堪えきれない筆者(笑)。 いや~、回想シーン的な登場とはいえ熱くなった! 前作キャラを予想もしない形とタイミングで出してくるとは…やってくれるぜ! 新OPにはパルの肩に手をのせるシャフリさんもいたし、前作キャラの活躍もあるかもしれないですね。 ジェド兄さんの魂?幻?がフレディに語りかけるのも、彼がもういないことを再確認させられて辛い…。 子供でも理解できる絶望的な状況。 泣きながらフレディを頼るしかないアシャちゃん…。 まあ先にも書いたようにBUILD DiBERSの一員としてフレディのリライズも必要不可欠な描写だと思うので、これは納得の展開でしたね。 ひとりで遺跡を掘り返したフレディ偉い!よく頑張った!すごい! 予告「使命(ミッション)、再び」 ヒロトのナレーションから当面の目的はあの衛星の攻略みたいですね。 かと言ってすぐに宇宙に上がれるわけもなく、地上で襲ってくるエルドラウインダム(?)。 仮面の男が吠えてたからいきなりゼルトザームと激突かも!? 気になるのはカザミとパルの機体が一部分しか転送されてなかったこと。 遺跡が埋もれてたことと関係ありそうですね。 フレディが掘り返したのは入口付近だけでしょうから、岩をすべてどかさないと完全復旧とはいかないのかも。 1stシーズンから気になってたんですけど、遺跡には6体分の転送スペースがあるんですよね。 残り2枠のうち一つは「敵からの寝返り追加戦士」と化したシドー・マサキ君が使うんでしょうけど、じゃあ残り1枠は誰の手に!? 仮に前作キャラが来るとしたら…やっぱチャンプかな? 「ヒロト君!私を使え!」とか言ってノリノリで剣になりそうだからな、あの人(笑) あ、もしかしたらイヴちゃんの席かもしれないですね! そういえば予告の一幕で、再会したカザミ・パルにじゃれつく子供たち。 よかったねぇ~。 次回そのシーン見たらオジサンまた涙腺やられると思うよ~(笑) スポンサーリンク 新OP、ED感想 新しくなったOP、EDの曲や映像から今後を読み取れる…かも? 新OP PENGUIN RESEARCHの「HATENA」。 これからの戦いを暗示するようなハードでスピード感あふれる曲調に期待が高まりますね! 映像が情報量多くて観るのが追い付かない(笑) ポイント3 並び立つDiBERS(ラスト近くのカット)。 「リライズ」とは一転してダーク?な雰囲気で来ましたね! 今後はシリアスな展開が続くと思うので、そのラストでこんな曲かけられたら盛り上がってしゃあないわ(笑) 前作の後半ED「スタートダッシュ」も個人的に大好きで毎回あの曲かかるたびにシビれてたんで、今回も存分にシビれさせて頂きます! ED映像は次回以降のお楽しみですね(ヒナタちゃんに出番を与えてあげてください 笑) まとめ ついに始まった『ガンダムビルドダイバーズRe:RISE』2ndシーズン! 今回は第0話的な内容の、フレディがDiBERSと出会うまでのいきさつ。 そして絶望から立ち上がる(=リライズする)フレディの姿が描かれたフレディ回でしたね。 ストーリーの本格始動は次回からということで若干待たされる感も感じつつ、次回を楽しみに待ちましょう(笑) 回想シーン的な登場とはいえ前作キャラの熱い戦いがよみがえったり、今後の激しい戦いや謎を予感させる情報も散りばめられていました。 新しくなったOP・EDも物語を盛り上げてくれそうで、あぁ~もう今後の展開が楽しみで仕方ない! さあこれから3ヶ月、ヒロトたちの戦いとその行く末を見守っていきましょう! スポンサーリンク.

次の

リライズ X バーズ

ビルドダイバーズリライズ リク

ガンダムビルドダイバーズRe:RISEとは、の他で配信中ののである。 からまでが全13話、よりが配信中。 概要 『』、『』、『』、『』に続く第5作。 観は前回のビルズから引継ぎ、2年後の電間がとなるが、前作の要素はいまのところは薄く、この作品から観ても十分楽しめるようになっている。 (もちろん前作を見ていると関連を感じられる部分もある) また、いままでの作品は「明るく楽しい」という色の強い作であったが、今作はのを混ぜていくということで登場人物の年齢を全体的に上げており、ひとりのやをじっくり描いていく形となっている。 本作では上記のとおり、としては初めて本放送を配信と位置付けられており、放送では視聴できない場所でも全が同時に視聴できるという強みを持っている。 のに配信し、全話を視聴可。 でも、にて放送している。 あらすじ ELをめぐる第2次有志連合戦で的スとなった ビルズの活躍から2年後。 ・ N では、中のの感覚をディメンション上でフィードする新技術により、さらに臨場感のあるが楽しめるようしていた。 の クガ・トは、正式なスに所属することなく、ほかのスやに雇われて活動する。 とある人物の捜索という的でひとりディメンション内をさまようトは、さまざまな事情で単独活動するたちと出会い、彼らとともにもうひとつの「ビルズ」を結成することになる。 主なキャラクター は字、 本名はで表記する。 ビルズ 1話でたちが結成した寄せ集めス。 ス名はたちのスと同じ名前であるが、これはでスを組む必要があり、がビルズであったため。 登録に際し、的なスと同じ名前であったためはしたが、制限時間ギリギリにの提案で「B D」のIを小にすることで「B D iV」となった。 なお、よく見るとのズも「D iV」となっている。 、ビルダー両方で卓越したを持っており、スでの軸として行動する。 かつて親交のあったを探すためにのとして活動しており、報酬の代わりにの探索をしていた。 また一期前半では一での姿も見せており、やとの関わりを見せている。 がとなっており、倉庫のような場所ににはない実物大の立体像がある。 共通「G-」で配信活動をしているで、その中で同じくの「・」の。 トの実を見て、報酬的で限定に誘ったことからが始まる。 様々なを渡ってきているが、ビルダーとしての腕はともかく、実や連携などが低く、自身のせいでになっても反省をしないなどとしての腕は低い。 しかしス内ではそのお気楽さや体性のないを引っる行動などなくてはならない存在。 各話の最後には「・カザミの 」として作中に出てきたの紹介が放送されている。 での姿は一期で初めて登場したが、名前だけは使用の説明書によって先行して判明していた。 : ビルズの。 活動を信条としており、以外にがなく、各を渡り歩いていた。 ではトとともに中心として活躍している。 しかし限定に参加した的や、とある人物との関りなどの多い人物である。 (以バレ) その正体は、一種の電子生命体であるEL()。 下記のの他、前作の登場人物であるや、そしてコー、・とも知己である。 称は「パル」。 尊敬するのでNを始め、とのやス結成に憧れているが、引っ込み思案な性格のために一歩を踏み出せないでいる。 またにあこがれを持っているが飛行することになにかしらのを持っている。 当初からビルダーとして優れた腕前を持つも、様々な要因でではを発揮できずにいた。 しかし高難度のをこなしていく中で、転機が訪れる。 ・・・実は前作登場のとある人物との関係がある。 N : トとかつて親交のあったN。 と過ごした日々はトにとって忘れられないものとなっており、劇中でも時折でされている。 ・ : を身にまとい、Nの善に全を尽くす「G-r」として活動している。 は「 0〜 」という画集で紹介されていたのの。 : 一期では、前作から引き続き登場している一の。 と顔見知りであり、場でをしていた。 山の民 ビルズが挑戦しているに登場するN。 がの種族で、一つとよばれる敵によってに陥っている。 いわゆるなのだがが妙に感情豊かで、自分たちの観がしっかり定められているため、Nのとして参加しているたちとの認識にズレがある。 : トたちを導く。 旺盛でとちりが多い性格。 彼が遺跡に祈ったことで創造様()たちがやってきたと思っており、トたち4人を遺跡の中ので撃した「ビルズ」であると確信している。 マイヤ : のであり、感の強く、冗談の通じない性格。 ビルズのことを懐疑的にみており、内のと思って村にが出るようなを言ったビルズを非難していたが、すこしずつ彼らのことを認めつつある。 ム・ヒナタ : トのでクガとぐるみでの付き合いがある。 知識はまだ覚え始めの段階。 クガ・、クガ・コ :、 トの両親でののとのの。 筆の進みに波のある夫をしっかり理解し、見守ると仲は良好。 は通常の機体よりも一回り小さいが、それを生かした機動やとの連携、トの操縦技術によって非常に高いを持っている。 さらにのとする「プラネッツ」によってさまざまな形態になることが出来る。 が体のアーマーとすることで汎用性の高い リィ、が体のアーマーとすることで近接格闘の 、色を基調とするアーマーとする事で撃戦体の ヴィート、が基調のアーマーとする事で戦の 、とのアーマーとする事で・高機動戦の ヴになることが出来る。 からドッする際は「、ドッ・ゴー」、ある形態から別形態へ換装する際は「、A トゥ B」。 換装せず一部ののみ装着する場合は「リミ、A トゥ B」となる。 後述のビルダーズの存在からもングとしてとのパックの折衷とえる。 装着後は通常のと同等の大きさになる。 各アーマーの名前の由来はの名と順番。 専用の兼ト「ディフェンサー」を装備し、プラネッツに頼らなくても人のままでの「ヤー」・可変形態「ヤー」として飛行可になっており全般的性向上版とえる。 アーマーとドッする事で長の ユーェン、サアーマーとドッする事で対重装甲の サタニクスになる。 アーマーは以前トが作成したアーマーをに修しており、1期のアーマー(アーマー除く)よりも前に存在していた事が示唆されている。 ナイト カザミが使用するの機。 のをにしており、を放てるや、状のを装備するなど防御、近接を高められている。 名前の由来はの機体名の初期案。 ナイト 2期でカザミが使用するの機。 上記ナイト同様がなのは変わらないが、こちらは原機であるの特徴であるMA形態への変形機構や内蔵等を残したまま強化されている。 MA形態も方錐状の巡航形態 背が機首になり脚部は推進機のため構造的にはに近い と強襲形態 こちらはほぼ原機通り となっている。 ウォ が使用する「」が出典であるMAウォの機。 mもあるウォをmほどに小化しているが、原機と変わらないと強なをとしている。 の他の機体とべ立体化 キット がと遅れたが… (以バレ) 内部には・が内蔵されている。 緊急時には外部装甲をし、として二丁と体術によるなを行う。 ヴァルンダー パルヴィーズが使用するとは思えない、をにした機体。 口から炎を吐くなどの攻撃手段を持つ。 まだ隠されたを持っているらしいが・・・とから第一期でった「ランダー」の系譜を受け継ぐ機体。 パルヴィーズは「モルジアーナ」の称で呼んでいる。 変形する事で人形態「 」になる 形態は「」 は 正確には修機である で強化形態であるアンチヴァルンダーはアンチ-Fである。 エクスヴァルンダー 2期でパルヴィーズが使用するヴァルンダーの修機。 はでカザミの機体同様先祖返りを起こしている。 ヴァルンダー同様、への変形機構を持つ。 - ・が使用するの機。 にの意 に機である を加えた機体であり、としても使えるケープスーや、巨大なに変形するソードで違反者を断罪する。 アーミー/ト/ブルト/ホト に登場する一つことアーミーの機。 それぞれ汎用機、四つ足強化機、タンク強化機、ホ強化機となっている。 が高めなこともあって、非常に強な機体である。 用語 EL() Nたちのほんのわずかなの残滓や、想いのかけらなどが積み重なって誕生したN内部での一種の電子生命体。 2年前の第2次有志連合戦での事件で存在がになった。 では依り代としての()にをすることにより、に転移し、のと同じ活動ができる技術がされている。 こので名のELが存在している。 関連項目•

次の