履歴 書 送付 状 書き方。 履歴書の送付状はこれで完璧!基本のマナーと書き方

エントリーシート・履歴書郵送時の「送付状」の書き方

履歴 書 送付 状 書き方

(1)送付状ってどんなもの? 送付状とは、同封している中身を記載した書類のこと。 送付状、添え状、カバーレターなどさまざまな呼び方をしますが、いずれも誰が何を何のために送ったのか相手にひと目でわかるようにするためのものです。 持参する場合でない限り、送付状は同封した方がよいでしょう。 送付状には、「(1)日付、(2)宛名、(3)自分の名前と連絡先、(4)件名、(5)本文、(6)同封書類についての箇条書き」(以下、図を参照)の6点を記入します。 (2)送付状の書き方には、一般的なフォーマットがある 送付状は、簡潔でわかりやすいことが大切です。 そのために、相手先の名前は左上にするなど、一般的なフォーマットを覚えておきましょう。 (1)日付 提出日の日付を右上に記入します。 西暦でも和暦でも構いませんが、 中のエントリーシートや履歴書の日付と合わせ、表記を統一するようにしましょう。 (2)宛名 株式会社まで略さず書き、行を変えて「部署名」「相手の氏名」に敬称をつけて左上に書きます。 宛先が部署名の場合は「御中」とし、個人名のときには「様」をつけます。 「御中」と「様」は併用しないものです。 注意しましょう。 (3)自分の名前と連絡先 大学・学部・学科、自分の名前をフルネームで書き、連絡先を書きます。 万が一、送付状に記載しながら同封し忘れた書類があったときや、問い合わせがあるときなど、提出先の企業から連絡が入る可能性があるので、 連絡が取りやすい電話番号やメールアドレスも記入しておきましょう。 (4)件名 件名は見やすいように中央に配置します。 (5)本文 「拝啓」や「謹啓」などの頭語を書き、文末を「敬具」、「敬白」などの結語で結びます。 目上の人に対して前略は使わないのが一般的です。 頭語の後には、一般的な手紙であれば時候のあいさつを入れますが、送付状のように用件を簡潔に伝えるための文書の場合、なくても問題ありません。 時候のあいさつの代わりとして季節にかかわらず使えるのが、「時下」という表現です。 続けて「ますますご清栄のこととお慶び申し上げます」など相手を祝福する一文をつけます。 続けて、 「何の目的で」「何を送るか」を簡潔に書いておきましょう。 (6)同封書類についての箇条書き 本文の結語の後1行空けて、中央ぞろえで「記」と一文字記入し、その下に同封した書類の名称と枚数を箇条書きにします。 これは記書きとも呼ばれ、本文中の「下記の通り」という表現に呼応しているものです。 「記」と入れた場合、最後は「以上」で結びます。 「これより下には何も書かれていません」という意味ですので、以上の後には何も書きません。 (3)テンプレートを作って効率化を図ろう 送付状の自分の連絡先やあいさつ文は毎回使うものなので、テンプレートを作っておけば効率的です。 「拝啓」と「敬具」、「記」と「以上」はセットで使われるもので、文書ソフトによっては、頭語を入力すると自動的に結語が出ますので上手に利用しましょう。 テンプレートを作るときに気をつけたいのが、宛名の変更漏れです。 宛名を間違えると提出先の企業に対して大変失礼なことになります。 テンプレートを作るときは、ダミーの社名を入れるのではなく、空欄にアンダーラインを引いておくなどして、うっかり社名を差し替え忘れるミスを防ぎましょう。

次の

メールで履歴書を送る場合のマナーとポイント

履歴 書 送付 状 書き方

履歴書の送付状(添え状)とは? 履歴書を郵送する時は送付状(添え状)を同封するのがマナーデジ。 とはいえ「マナーだから同封しておくか」では、何となく納得いかないデジよね。 やっぱり同封する意味を知っておきたいところじゃないデジか? たしかに。 「決まりだから」で終わってしまうのはモヤモヤするね。 送付状には「挨拶状」的な役割があるデジ。 みんなも誰かと会話する時に挨拶から入るデジよね?ところが、履歴書や職務経歴書には挨拶を書くスペースが無いデジ。 そこで、送付状が代わりに挨拶をしてくれるわけデジね。 親しい人ならともかく、初対面の人に「いきなり本題だけど~」じゃ失礼だからね。 また、 送付状には「誰が」「どんな書類を送ったか」を知らせる役割もあるデジね。 詳しくはあとで紹介するデジが、送付状には添付書類の内容を書くのが基本デジ。 これで、ちゃんと意味のある書類だってわかったね! ちなみに、送付状の未添付で評価が著しく下がることは無いと言われてるデジが、転職サイト「」が採用担当者300人にアンケートをとったところ、31%もの回答者が「履歴書の送付状が評価に影響する」と答えたデジ! 約3割もか!これは正しい書き方を知っておくべきだね。 送付する日付• 氏名・連絡先• 同封する書類内容• 以上 それぞれの詳しい情報は下記で掘り下げるデジよ。 ちなみに、日付は書いた日ではなく、履歴書を郵送する時の日付デジよ。 今回のサンプルでは西暦になってるデジが、和暦(平成〇〇年など)でも大丈夫デジよ。 この時、(株)は使用せず、きちんと「〇〇株式会社」または「株式会社〇〇」と記入しようね。 ちなみに、採用担当者の名前が分からない時は「採用ご担当者様」と書いておけば大丈夫だよ。 基本的な要素としては「住所」「名前」「電話番号」「メールアドレス」あたりデジね。 電話番号は携帯のもので問題ないデジ。 本文は下記の要素で構成することが多いね。 本文の構成• 書き出し 拝啓~時候のあいさつ• 応募の経緯 〇〇の掲載を見て~• 簡単な自己PR 前職の経験を活かし~• 面接の申し込み文 面接の機会を~ 基本は拝啓~挨拶とはじめて、応募したきっかけ(〇〇に掲載されていた~)、簡単な自己PR(前職の経験など)、面接の申し込み文(面接の機会を~よろしくお願いいたします)と続けていくよ。 自己PRはあくまでも簡単に。 長くなりすぎると送付状の役割と外れてしまうから、長くても5行以内には収めるのがおすすめデジ。 本文の後、右下に「敬具」と記入するデジ。 これは、相手に伝える内容を箇条書きする時に使うものなんだ。 「記」の後には同封する書類の内容を箇条書きしていくのさ。 今回のサンプルでは「履歴書」と「職務経歴書」デジけど、他にも同封する書類があれば記入するデジ。 逆に、職務経歴書が必要なければ履歴書のみの記載になるデジね。 「記」と記入した後は「以上」で締めるのが基本なんだ。 というわけで、文章の最後、右下に「以上」と記入しておこう。 履歴書の送付状のマナー 履歴書の送付状の基本的な書き方は分かってもらえたデジ?ここからは同封する際のマナーなどを紹介していくデジ! 手書きではなくパソコンで作成しよう 送付状の手書きも無しではないデジが・・・ ビジネス文書だからパソコン作成の方がいいデジよ。 手書きの方が熱意が伝わるイメージもあるデジけど、手書きの方が時間がかかりやすいことから「送付状に時間をかけるのはビジネスパーソンとしてどうなんだ?」とマイナス評価を受ける可能性もあるデジ。 送付状(添え状)はPC作成推奨だけど、履歴書自体は手書きでもOK。 次の記事で履歴書・職務経歴書の手書き・パソコン作成、それぞれのメリット&デメリットを紹介しているよ! サイズはA4、枚数は1枚 送付状はA4用紙1枚でまとめるのが望ましいデジ。 あくまでも挨拶や同封内容を伝えるのが目的デジから、2枚、3枚と量が増えるのはよくないデジね。 本来の役割を考えれば1枚が妥当ってことか。 サイズがA4なのは、多くのビジネス文書がA4で作成されるためデジ。 また、職務経歴書のサイズが基本的にA4デジから、重ねた時にまとまりが良いというメリットもあるデジね。 送付時は一番上に! 送付状は履歴書や職務経歴書と一緒にクリアファイルに挟んで、封筒に入れて郵送するデジ。 この時、 送付状は全ての書類の一番上に置いておくデジ。 送付状は「挨拶」「何が同封されてるか」を伝える書類デジから、一番最初に目に留まるのが好ましいデジよ。 送付状は一番上に入れるのさ!次の記事では履歴書(応募書類)の封筒の郵送方法や宛名の書き方、切手の料金なんかを詳しく紹介しているよ。 テンプレートそのままはNG テンプレートを用意しておいて何デジが、テンプレートそのままに送付状を作成するのはNGデジよ。 送付状には簡単な自己PRも書くデジからね。 その部分だけでもオリジナルにしないと違和感が出ちゃうデジ。 それに、テンプレートまんまだと、他の人と被って・・・なんてこともありそうだ。 自己PRは自分だけのもの。 そして志望先の企業だけに通用する内容を心がけ、自分で作成した場合も使いまわしはやめておくのがおすすめデジ! 長く書きすぎない 送付状の目的はあくまでも、 同封書類の内容を伝えたり、挨拶の代わりデジから、長くなりすぎるのはよくないデジね。 中には延々と自己PRや志望動機を書いてしまう人もいるデジが、それは履歴書や職務経歴書に任せておくデジ! その書類の目的にあった内容を心がけることが重要ってことさ。

次の

履歴書郵送時の送付状(添え状)の書き方【テンプレートあり】|転職実用事典「キャリペディア」

履歴 書 送付 状 書き方

求人に応募する際には、求人企業から、「応募書類」として「履歴書」の提出を求められることが一般的です。 また、最近は、このほかに「職務経歴書」を求められることも多くなっています。 これら、応募書類(履歴書、職務経歴書等)は、採用・不採用の判断に大きく影響するものとなります。 このため、分かりやすく、そして、自分をアピールする内容となるよう作成する必要があります。 ここでは、応募書類の作り方についての二種類のパンフレットをご紹介します。 「応募書類の作り方 パンフレット」では履歴書を中心に応募書類作成に当たっての注意点やポイントについてご紹介しています。 職務経歴書作成のポイントや応募書類提出の際の注意点も記載されています。 なお、パンフレットとは別に、練習用にJIS規格の履歴書様式例も掲載しております。 ご活用ください。 「職務経歴書の作り方 パンフレット」では、職務経歴書の作成手順や記載例、参考となるキーワードなどをご紹介しています。 職務経歴書は、履歴書では書ききれない具体的なキャリアやあなたのやる気をアピールするためのものです。 このパンフレットを参考に、アピール力ある職務経歴書を作りましょう。 なお、ハローワークでは、履歴書や職務経歴書の書き方、面接の受け方などのセミナーを開催しています。 また、職業相談窓口では、書類の添削アドバイスなども行っています。 ぜひご利用ください。

次の