クルーズ船 旅行。 『初めてのクルーズ わくわく船内探検』基隆(台湾)の旅行記・ブログ by pikapikaさん【フォートラベル】

世界一周クルーズをするには?気になる費用や日本発着のクルーズ船をチェック!

クルーズ船 旅行

国内・海外クルーズツアーの詳細をデジタルパンフレットでもご覧いただけます。 羽田・関空発 感動クルーズ キジ島とボルガ河クルーズ2020年6月-9月• 横浜・神戸発着 日本発着クルーズ ダイヤモンド・プリンセス... 2020年6月-10月• 横浜・神戸発着 プリンセス・クルーズ Vol. 22020年3月-2021年3月• 東京発 個人で旅する海外クルーズ アジア・ヨーロッパ・アラス... 2020年4月-11月• 東京発 添乗員がご案内する海外クルーズ ヨーロッパ・アラスカ... 2020年4月-10月• 東京港・横浜港発 クルーズでめぐるニッポンの旅2020年3月-11月• 東日本にお住まいのお客様 新宿支店(ヨーロッパプラザ内クルーズデスク) 03-3350-4698 受付時間 11:00~19:00• 東京予約センター 国内クルーズ 0570-200-001 海外クルーズ 0570-200-002 営業時間: 月曜日~金曜日 09:30~18:30 土曜日・日曜日 09:30~18:00• 西日本にお住まいのお客様 TiS大阪支店(クルーズデスク) 06-6345-0260 営業時間: 月曜日~土曜日 10:30~19:30 日曜日・祝祭日 10:30~18:30 電話受付時間: 10:30~18:00• メディアトラベルセンター 06-6348-0766 営業時間: 月曜日~金曜日 09:30~17:00 土・日及び祝祭日を除く.

次の

『初めてのクルーズ わくわく船内探検』基隆(台湾)の旅行記・ブログ by pikapikaさん【フォートラベル】

クルーズ船 旅行

乗客が新型コロナウイルスに感染したことを受けて、3日から日本政府の検疫下にあるクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」を運営する、米国の船会社「プリンセス・クルーズ」は10日午前10時に文書を発表し、全乗客に旅行にかかった費用を全額返金すると発表した。 乗客には前日9日夜にジャン・シュワルツ社長名の文書を配り、通知していた。 返金されるのは、クルーズ代金、航空券、新幹線、タクシー代金、クルーズ前後のホテル宿泊、寄港地観光ツアー、船内サービス、その他の租税、手数料、港湾費用に加え、下船予定日だった4日以降の船上で発生した費用も全て無償となる。 男性によると、ツアーで食事をともにした他の乗客から、過去の別のツアーで天候不良で港に入港できなかった際、プリンセス・クルーズから返金されたことがあると聞いていたという。 男性は「素晴らしい対応」と喜んだ。 プリンセス・クルーズの日本オフィスの、カーニバル・ジャパンの担当者は、「過去、旅程が組めない時に返金した実績はございます」と説明。 一方で、今回は天候の悪化などで旅程が組めなかったケースとは違い、香港人の男性乗客(80)の感染が1日、下船した香港で発覚したことを受けて、3日から日本政府の検疫下に入っている状況だ。 日本政府に損害賠償を請求する可能性について、担当者は「現在は、お客さまへの対応が最優先で、賠償うんぬんまでは考えていません」と答えた。 また乗客に配った文書には、下船後の乗客が自宅に帰るための手配を検討しているとした上で「日本政府と話し合いを進め、情報がまとまり次第、皆様にお知らせします」とした。 担当者は「米国の本社が、日本政府と調整中です」と説明した。 【村上幸将】.

次の

『初めてのクルーズ わくわく船内探検』基隆(台湾)の旅行記・ブログ by pikapikaさん【フォートラベル】

クルーズ船 旅行

クルーズラインの航海再開に向けての取り組み 新型コロナウイルス covid-19 により世界的にクルーズ旅行は閉鎖を余儀なくされています。 現在、クルーズ船では船の大きさやクルーズラインの要件、停泊している状況などにより異なりますが、クルーズが再開する準備のため様々なことが行われています。 乗組員の帰国援助 多くの船では乗組員を母国へ帰国させるための帰還活動を行なっています。 乗組員が帰国に関しての制限もあり、船間での乗組員の複雑な移動を行いクルーズ船で母国の目的地に近い港への輸送し、そこからの空路の確保などを経て帰宅の手助けをしています。 カーニバルクルーズラインでは、1万人以上の乗組員を本国に帰還させる取り組みを4月下旬から開始しました。 船内に留まる乗組員の健康管理 ほとんどのクルーズ船には、「帰国しないことを選択した」「母国の受け入れが許可されない」などの乗組員やエッセンシャルクルーなどがいます。 乗船中、乗組員は定期的な体温チェックやその他の健康診断を実施し、心身共に健康維持をサポートしています。 船外に出れないストレスは高く、ほとんどのクルーズラインはセラピーやカウンセリングを提供しています。 クルーズを再開の準備 クルーズ船は航行再開の準備中です。 最も効果的で効率的な運航のためにどこに船を配置するか、状況をみながら計画し港近くに移動し駐留していまが、すべての港がすべての船を港近くに駐留することができない状態でもあります。 ほとんどのクルーズラインは、段階的なサービスへの復帰を予定しているため、最初に運航を再開しないクルーズ船は出航が決まるまで予定していた港とは別の港に留まるこ可能性は高くなります。 住宅の援助 一部の地域では、複雑なて手続きを要し母国へ戻ることができないかもしれない外国人労働 新型コロナウイルスの陽性者だったが回復し、陰性者となり住宅を確保できない労働者などを含む のための住宅援助としてクルーズ船を提供しています。 オペレーションの確認 クルーズ船の運航が停止している間も、船は安全で適切に機能するよう最低限の運航を維持しています。 スケルトンクルーの保持、エンジン、空気循環環境システム、配管、その他の重要なサービスの定期的な検査が含まれています。 また、乗組員が許可され次第サービスを再開できる準備ができるようにトレーニング作業を行なっている場合もあります。 衛生設備のアップグレード 再びクルーズ船の運航開始が可能になった時、健康対策の強化が船内で義務付けられているため、多くのクルーズ船が必要な衛生設備のアップグレードを設置しています。 公共エリアでの新しい手洗いステーション、手指消毒材のディスペンサー、空気濾過システムのアップグレード、非接触型のオプションの改善、サービスカウンターへの仕切りの設置、ソーシャルディスタンスを維持するための座席の配置、その他船内での健康と衛生の促進に取り組んでいます。 状況変化への注視 長い運航休止期間中、すべてのクルーズラインの海上・陸上問わず従業員は状況の変化を注視し、クルーズ船が変化する環境に迅速に適応できるよう疾患の症例数、健康に関する推奨事項、治療オプションその他詳細について確認を行なっています。 同時に、クルーズ船と航路は、現地の気象条件、政情不安、乗客が乗船していなくても運用に劇的な環境を与える可能性のある問題にも注視しています。

次の