スマホ の 写真 を 現像 する に は。 スマホで写真をプリントする方法まとめ!おすすめの現像方法を解説!

スマホで撮った写真を印刷、画質が悪い?

スマホ の 写真 を 現像 する に は

スマホの写真をプリントする方法は大きく4つあります。 それぞれのプリント方法に特徴・メリットがありますので、事前に把握しておき、状況に合った方法でプリントしましょう。 コンビニでプリント コンビニプリントは、利用したことのある人も多いのではないでしょうか。 セブン-イレブンやローソン、ファミリーマート、デイリーストアなど、最寄りのコンビニでスマホの写真をプリントすることができます。 事前に専用アプリをインストールして、写真をアップロードし、コンビニの印刷機で操作すればすぐにプリントが可能です。 コンビニであれば24時間いつでも開いていますし、低コストですぐに現物を手に入れられるため、急に必要になったときやお気に入り写真をすぐにプリントしたい場合におすすめです。 ネットでプリントする スマホの写真をネットでプリントする方法もあります。 いくつものネットプリントサービスがあり、アプリなどを使いプリントしたい写真を注文すれば、後日郵送で写真が届きます。 わざわざ、お店へ足を運ぶ必要がなく、通勤中や休憩時間、帰宅後などの空き時間を利用して手軽に注文ができます。 現物が届くまでに多少の時間はかかりますが、忙しい人でも頼めるので便利な方法です。 パソコンにデータを移してプリントする パソコンに写真データを移して、自宅のプリンターなどでプリントすることもできます。 この方法であれば、自宅にいながらすぐに現物を見ることが可能です。 プリンターは家電量販店などで1万円前後で購入できるものも多く、画質も十分にキレイです。 また、iPhoneのAirplayにも対応しているプリンターであれば、パソコンにデータを移さなくてもiPhoneから直接プリントができます。 家電量販店でプリントする 家電量販店やカメラ店に設置されているセルフプリント機を使ってプリントすることも可能です。 セルフプリント機にスマホを接続してプリントしたい写真を選ぶだけで、すぐにプリントができます。 事前にアプリをインストールする必要もありませんし、操作はタッチパネルで簡単ですので時間もかかりません。 セルフプリント機は、家電量販店やカメラ店に高い確率で設置されています。 コンビニでプリントする場合 自宅や勤務先の近くや通勤途中などにあるコンビニでプリントすることができます。 コストもそう高くありませんし、非常に便利です。 コンビニプリントのメリットや方法について確認していきましょう。 コンビニプリントのメリット コンビニプリントのメリットは「いつでもどこでもすぐにプリントできる」ことです。 セブン-イレブンやファミリーマート、ローソンなど、全国のコンビニの多くで写真のプリントが可能です。 24時間いつでも好きなときにプリントができ、写真をすぐに手元に置くことができます。 早く写真が欲しい場合におすすめの方法です。 セブン-イレブンを利用するとき セブン-イレブンでプリントしたい場合は、事前に「netprint」「netprint写真かんたんプリント」のどちらかのアプリをインストールしておく必要があります。 アプリのインストール後、プリントしたい写真をアップロードすると予約番号が発行されますので、セブン-イレブンの印刷機で予約番号やプリント詳細を入力すればプリントできます。 料金は、写真プリントのカラーLサイズが1枚30円、分割プリント・インデックスプリントのカラーLサイズが1枚30円です。 それ以外のコンビニを利用するとき ローソンやファミリーマート、サンクスなどのセブン-イレブン以外のコンビニに関しては「ネットワークプリント」や「PrintSmash」を使います。 事前に「ネットワークプリント」アプリをインストールして、プリントしたい写真をアップロードし予約します。 あとは、コンビニへ行き印刷機でユーザー番号を入力すればプリントできます。 L判サイズが1枚30円、2L判サイズが1枚80円となっています。 PrintSmashを使う コンビニにシャープのマルチコピー機が設置している場合は、PrintSmashを使って印刷することもできます。 事前にPrintSmashをインストールして、Wi-Fiに接続してマルチコピー機でプリントができます。 シャープのマルチコピー機はサークルKやサンクス、ファミリーマート、ローソンなどに設置してあります。 ネットでプリントする場合 コンビニや家電量販店にプリントしに行く時間がない方におすすめなのが、ネットプリントです。 ここでは、ネットプリントのメリットやおすすめサービスについて見ていきましょう。 ネットプリントのメリット ネットプリントのメリットは、やはりプリントのためにお店などに行かなくていいことです。 専用のアプリからプリントの注文をするだけで、あとは注文したものが後日送られてきますので、プリントをしに外出する必要がありません。 「なかなかプリントする時間がない」という方でも簡単にいつでもプリントできるのがネットプリントの大きなメリットです。 しろくまフォト 写真プリントが5円〜という低コストでプリントできる「しろくまフォト」。 フォトブックの作成も700円〜できます。 当日11時59分までの注文であれば当日出荷となりますので、2〜3日で届きます。 割引キャンペーンなども実施されているため、よりお得に注文することもできます。 しまうまプリント 「しまうまプリント」は写真プリント6円〜、フォトブック198円〜、アルバム無料という低価格が特徴のネットプリントサービスです。 また、価格が安いのにクオリティが高いことでも人気があります。 カメラのキタムラ ネットプリントサービス カメラのキタムラのネットプリントサービスは、Web注文サービスで事前に注文しておけば来店時にすぐに写真を受け取れます。 ネット注文であれば1枚29円でプリントができ、非常に高品質な写真ができあがります。 Tポイントも貯まるためお得です。 FUJIFILM ネットプリントサービス FUJIFILMのネットプリントサービスは、国内の直営工場で高品質なプリントされ、送料無料で届けてくれます。 Lサイズ1枚40円〜と他のネットプリントサービスに比べると、ややコストは高めですが非常にキレイな写真ができあがります。 まとめ スマホに保存しているお気に入り写真などをプリントしたい場合は、コンビニやネットプリント、家電量販店、自宅のプリンターなどを利用してプリントすることができます。 いずれの方法も低コストで高画質な写真ができあがりますので、自宅で飾ったり、友人や知人や渡すこともできます。 また、フォトブックも作成できますので、思い出を形に残したいときにおすすめです。 早速、お気に入りの写真や形に残したい写真をプリントしてみましょう!ぜひ、利用したことがない方法で試してみてください!• Androidでインターネットを... 403,948件のビュー• Android端末を利用している... 376,988件のビュー• iPhone6、iPhone6P... 328,983件のビュー• パソコンでテレビを視聴できるよう... 287,406件のビュー• iPhoneの重要な用途のひとつ... 237,229件のビュー• スマホで音楽を聴くことが当たり前... 227,967件のビュー• 今では多くの人が手にしているiP... 225,876件のビュー• Windowsを利用していると「... 218,613件のビュー• パソコンとアンドロイド端末をケー... 209,382件のビュー• 単体でもアプリで遊んだり、カメラで撮影し... 191,992件のビュー.

次の

ネットプリントおすすめは?現像のプロと比較して選んだ安くて最高のサービスはここだ!【2020年更新】

スマホ の 写真 を 現像 する に は

写真を手にするまでの 手間• 写真を手にするまでにかかる 時間• 写真1枚あたりの 価格• 写真の 画質 の面に分けて評価してみました。 わたしはスマホの写真を印刷する時は、 最近ではもっぱらネットプリントです。 印刷する方法それぞれのメリット・デメリットは? 各印刷方法には個性があり、それぞれに長所・短所があります。 「スマホから写真を印刷する5つの方法」を順に見ていきましょう。 ネットプリントで印刷する 最近ではスマホの写真印刷でも、ネットで発注する「ネットプリント」がかなり普及してきています。 ネットプリントの良さは「家に居ながら楽に発注できる事」と、「一枚あたりの価格が安くコスト面に優れている事」です。 ここではネットプリントで最近業績を伸ばしている『 しまうまプリント』を例にして解説していきます。 ネットプリントの価格 ネットプリントはとにかく安いです。 以下はスマホ写真プリントの各サービスの価格の一覧表。 L判1枚の価格(税込) 20枚の価格 しまうまプリント (ネットプリント) 6. 6円+(送料110円) 242円(送料込) コンビニ ・セブンイレブン ・ファミリーマート 30円 600円 写真プリント機(フジ) 40円 800円 カメラのキタムラ (プリント店) 40円 800円 自宅でインクジェットプリンターで印刷 34. 9円 698円 ネットプリントは1枚当たりの価格は圧倒的に安いですが、送料が110円かかります。 ですから、4枚以下ならコンビニで印刷するほうが安くなりますが、5枚以上印刷するならばネットプリント店のほうが安く済みます。 表からも分かるように、 印刷する枚数が多くなればなるほどネットプリントのほうがお得です。 ネットプリントの画質 『 しまうまプリント』は写真プリント専門店と同じ「銀塩プリント」を採用。 銀塩プリントとは「薬品につけると発色する印画紙を使用した印刷方式」の事で、一般的には非常に画質の良い印刷方式とされています。 写真の表面は光沢があり、非常に高級感があります。 「写真屋さんのプリント」といった雰囲気。 色味、シャープさなど、まったく問題なく、すばらしい品質のプリントです。 本記事に写真画質のランキングもあるので興味のある方はどうぞ。 『 しまうまプリント』では、3つの印画紙から選択可能。 価格(税別) しまうまオリジナル 6円 FUJICOLOR高級プリント 9円 プロ仕上げ高級プリント 17円 『 FUJICOLOR高級プリント』はフジカラーの高級印画紙を使用したプリント。 『 プロ仕上げ高級プリント』は明るさなどを人が一枚ずつ個別に調整してくれるプリントです。 一番低価格の『 しまうまオリジナル』でも、『 FUJICOLOR高級プリント』と見分けがつかないくらい高画質ですので、特別なこだわりのない人は『 しまうまオリジナル』で十分でしょう。 ネットプリントのアプリ• アプリの発注作業は想像するよりも楽にできる ネットプリントのデメリット 良いことずくめのネットプリントですが、デメリットもあります。 それはコンビニ印刷やプリント店などとくらべて、写真プリントを手にするまでに時間がかかる事。 『 しまうまプリント』では送料の安いメール便を選択すると、商品到着まで発送から3~7日程度かかります。 『 しまうまプリント』は基本的に翌日発送、13時59分までの注文で当日発送なので、地域によっては発注から4日程度で到着する事も。 とはいえ、やはりプリントを手にするまで4日以上かかりますので、急いでいる場合はコンビニやプリント機を利用した方が良いでしょう。 ネットプリントのデメリット• ネットプリントは手に入れるまで3~7日かかる• 急いでいる場合は向いていない しまうまプリントとは 『 しまうまプリント』はネットプリントを創成期から手掛けている業界の先駆けで、「L判1枚6円」と圧倒的な低価格を誇ります。 現在では会員数が250万人を突破するなど、右肩上がりの成長を続けている企業です。 会社名 しまうまプリントシステム 株式会社 設立日 2010年5月6日 本社所在地 東京都新宿区西新宿6丁目 工場所在地 ・鹿児島県日置市伊集院町 ・熊本県熊本市南区 資本金 1億円 事業内容 ・写真プリントサービス事業 ・フォトブックサービス事業 ・年賀状サービス事業 ネットプリントの他にも、198円から作成できるフォトブックが有名です。 驚異的な安さは次の3つの要素で成し遂げられています。 レビュー記事で『 しまうまプリント』の写真プリントについて、もっとくわしいことを解説しています。 新規購入で使える 「割引クーポン」も紹介していますので、興味のある方はご覧ください。 コンビニで印刷する コンビニに設置してあるマルチコピー機でもスマホから写真を印刷する事が可能。 写真印刷にもレーザープリンターでプリントされますが画質もかなり向上しており、写真プリントとして十分な品質があると感じています。 『 セブンイレブン』『 ファミリーマート』『 ローソン』などのほとんどの各チェーン店でマルチコピー機での写真プリントが可能。 今回は『 セブンイレブン』と『 ファミリーマート』で、スマホからの写真印刷を試してみました。 近所にコンビニがあるので便利• アプリなどを使ってかんたんに印刷できる という事が挙げられます。 コンビニは大抵近所にありますので、思い立った時に印刷できるので便利です。 コンビニの写真印刷の価格 価格は『 セブンイレブン』『 ファミリーマート』ともに、 「L判1枚30円(税込)」です。 数枚であれば大した額にはならないので安いとも言えますが、枚数が多くなると少しダメージのある金額かもしれません。 コンビニで印刷する手順 コンビニで「スマホから写真を印刷するためにデータを送信する方法」はいくつかありますが、スマホアプリを使用するのが分かりやすくて早いです。 アプリを使ってインターネット経由やWi-fiで写真データを送信して印刷する事になります。 『 セブンイレブン』では3つのアプリから好きなものを使用する事が可能。 『 ファミリーマート』は3つのアプリか専用webサイトを利用します。 会員登録無しでアプリが利用できるなど、アプリの使い勝手では『 セブンイレブン』が一歩リードしている感じですね。 今回はそのうちの1つである『 かんたんnetprint』をインストールして使用しました。 印刷する手順は次の通り。 アプリをダウンロード• プリントしたいファイルを選択、データをアップロード• プリント予約番号を確認• マルチコピー機にプリント予約番号を入力• 印刷する 1~3までの作業は前もって済ませておけますので、現場ではスムーズに事が進みます。 コンビニ写真印刷の品質 まず、『 セブンイレブン』から。 マルチコピー機という事で「写真専用の機械じゃないからな~」と期待はしていなかったのですが、いざ印刷された写真を見てみると 非常にレベルの高いプリントでびっくりしました。 描写はくっきりしていて、色味も良い感じ。 十分に『写真』として通用する品質です。 表面もそこそこに光沢があり、安っぽさはありません。 『 ファミリーマート』も十分に品質の良いプリントです。 ただ、たまたまこの店舗だけだとは思いますが、写真のふちに少し白い部分が残ってしまっていたのは残念でした。 本記事に写真画質のランキングもあるので興味のある方はどうぞ。 写真プリント機で印刷する 家電量販店や大きなスーパーなどで見かける「写真プリント機」 実際の使い勝手・品質はどんなものなのでしょう。 今回は『 フジフイルム』と『 DNP』の2つ会社のプリント機で実際に印刷してみました。 写真プリント機のメリット 「プリント機の強み」は、 とにかく「すぐに印刷できる」という所でしょう。 最初は操作を覚えるのに少し手間がかかりますが、最初から最後まで一人で機械で印刷できるので対人面での煩わしさはありません。 写真プリント機の価格 写真プリント機の価格は会社や地域によって違いますが、今回試した『 フジフイルム』と『 DNP』は共に1枚当たり「40円(税込)」でした。 この価格はネットプリントなどとくらべると少し割高なので、コスト的な旨味はあまりありません。 写真プリント機の品質 まず『 フジフイルム』のプリント機『 プリンチャオ』から。 シャープ感があり色も良い雰囲気で、写真としてまったく問題ない感じ。 自動の機械と言えども、 かなりの高品質です。 表面には光沢があり、そこそこの高級感があります。 この写真だけを見て、不満に感じる人はあまりいないでしょう。 もう一つは『 DNP』という会社の『 プリントラッシュ』 こちらも中々の高画質で、フジフイルムとくらべても遜色ありません。 個人的には『 フジフイルム』の色のほうが好みかな。 写真プリント店で印刷する 写真印刷を専門とする『 写真プリント店(DPE店)』 デジタル化に押され今では店舗数も少なくなってきていますが、印画紙を使う銀塩プリントの画質の良さは定評があります。 今回は写真プリントでも有名なチェーンである『 カメラのキタムラ』で実際にプリントしてみました。 会社名 カメラのキタムラ 設立日 1943年5月 本社所在地 神奈川県横浜市港北区新横浜2-4-1 日本生命新横浜ビル7F 資本金 1億円 店舗数 全国に約752店舗 事業内容 「カメラのキタムラ」の運営 記念日スタジオの運営 中古販売事業 写真プリント・フォトブックの販売 写真プリント店のメリット 写真プリント店のメリットとしては、やはりプリントの品質が良い事。 紙自体が発色する印画紙を使用した銀塩プリントは、長年の技術の蓄積もありレベルが高いです。 写真プリント店の価格 業界でも大手の『 カメラのキタムラ』のプリント料金は、L判プリント1枚で「 40 円(税込)」 上記料金はお店にデータを持ち込んだ場合で、ネットでデータをアップして予約してから来店するとL判1枚「 31円(税込)」になります。 写真プリント店の品質 『 カメラのキタムラ』の写真印刷はさすがに印画紙を使った銀塩プリントなだけあって、シャープさ、色味ともに文句のつけようない画質です。 紙にコシがあり表面の光沢もバッチリで、さすがの高品質です。 本記事に写真画質のランキングもあるので興味のある方はどうぞ。 写真プリント店公式サイト 自宅のプリンターで印刷する 現在ではスマホと通信して直接写真が印刷できるプリンターが販売されています。 私は数年前まで自宅で写真プリントをしていたので、その体験からの感想もお伝えします。 自宅のプリンターで印刷するメリット 自宅のプリンターで印刷するメリットは、やはり「 自宅で好きな時に印刷できる自由さ」でしょう。 思い立ったらすぐに写真を手にできる、という時間的なメリットもあります。 自宅のプリンターで印刷するコスト 23,000円近辺で売られているエプソンのエントリーモデルである『EP-812A 』では、L判1枚で「約31. 8円(税込)」のコストがかかるようです。 この価格にはインク代や紙代もふくまれています。 自宅のプリンターで印刷した写真の画質 インクジェットプリンターの技術革新はすさまじく、安価なプリンターでもかなりの高画質の写真が印刷できます。 その画質は写真プリント店の銀塩プリントに劣りません。 気になる人は家電量販店のプリンター売リ場には印刷見本が置いてあるところが多いですので、そこで確認してみてください。 自宅のプリンターで印刷するデメリット 自宅でプリントするのは良いとこと尽くめのようですが、いざ実行してみると 印刷にはかなりの手間がかかる事に気付くと思います。 インクと紙が切れたりすると買い足さなければなりませんが、これがかなりの手間。 それに、しばらく印刷しない日が続いて間隔が空いたりすると頻繁にインクのノズルヘッドが詰まり、クリーニングで高額なインクがたくさん浪費されます。 以上の事から、 生半可な気持ちでプリンターを購入するのはおすすめしません。 自宅のプリンターのまとめ 自宅での印刷は見かけよりもコストも手間もけっこうかかるので、「 全部自分でやるのが好き」という人向きかなぁという感想です。 スマホから印刷した写真を比較してみた ここでは本記事で紹介した方法で印刷した写真の画質を比較してみます。 すでに書いたようにどの方法で印刷した写真もかなり画質が良く、「これはちょっと…」とダメ出ししたくなるような写真は1つもないです。 程度の差こそあれ、みんな表面の光沢もあるし、線のシャープさも十分でぼやけたような写真はありません。 印刷物を写真に撮って見ると分かる事ですが、 画像で印刷物の色や印刷のレベルを再現するのは難しく、正確に情報と伝えるのは不可能です。 これは、デジタル画像の特性と、スマホやディスプレイの色表示の個体差によるものです。 ですから、画像では実際に印刷物を見た時の雰囲気や色味を厳密に伝える事は出来ません。 今回の比較画像でもなるべく見た目に近くなるように調整しましたが、それでも実物と同じ色にはなっていません。 なので、あくまで比較画像は参考程度にご覧ください。 プリントの画質ランキング いろんなサイトや専門家などが写真の画質について評価していますが、「画質の良さ」というものは数値化できる現象ではない以上、 究極の事を言えば「好み」でしかないと思うんですね。 と言っても、「全部それぞれに良いところがありました」ではみなさんのお役に立たないので、「 私が好みで選んだ写真の画質ランキング」を発表します。 やり方としては、「どのプリントがどこの会社のものか分からない状態」にして、純粋に自分の好みで順位を付けていく方法をとりました。 顔の明るさも非常にちょうど良い感じです。 とにかく人物の写りがとてもすばらしいプリントですね。 ここはいつもかなり明るめの設定になっていて、そういう方針なんだと思う。 安くて手間いらずなので私が現在使用しているサービスなのですが、銀塩プリントなので画質はもちろん評価していたにせよ、正直他の会社とくらべてトップになるとは思っていなかったので少し驚きました。 (印画紙は一番安価な『 しまうまオリジナル』を使用。

次の

スマホで写真をプリントする方法まとめ!おすすめの現像方法を解説!

スマホ の 写真 を 現像 する に は

いま30代以上の人であれば、昔撮影した写真が、押し入れや引き出しの中、あるいは実家に、大量に眠っているのではないでしょうか。 最近はスマホやデジカメが主流になったことで、撮った写真はすぐに誰かに送ったりSNSにアップすることができますが、紙焼きした写真はそうはいきません。 また、こうした写真は置き場所も取るだけでなく、そのまま放っておくと色褪せも発生してしまいますし、災害などの事故によって失われないとも限りません。 データ化してしまえば、こうした心配はしなくて済むようになります。 紙焼き写真やフィルム、アルバムをデジタルデータに変換するにはいくつかの方法がありますが、今回はその中から代表的な3つの方法を紹介し、実際にそれぞれの方法で同じ写真をデータ化した結果を紹介します。 それぞれの方法ごとに、画質は果たしてどれくらい違うのでしょうか? Googleの「フォトスキャン」。 紙焼き写真をデータに変換するための無料アプリです。 iOS版とAndroid版があります これらのアプリは色補正の機能も備えていますので、写真の色が褪せていてもオリジナルに近い色合いを取り戻せるほか、台形補正機能を使えば、斜め方向から撮影した写真も四角く修整できます。 最近のスマホのカメラは解像度も高いため、メールやSNSで誰かに送って見てもらったり、ブログやSNSに掲載する用途であれば、これで十分です。 こうした場合に役に立つのが、スマホと組み合わせて写真を取り込むための専用スキャナです。 PFUの「」なら、iPhoneに取り付けて、紙焼き写真を手軽にデータ化できます。 オプションのフォトプレッサーを装着すれば、反った写真を上から押さえつけて歪みのない状態で撮影できます。 底面にフォトプレッサー(透明なアクリル板のユニット)を取り付けて、写真の上にかぶせます。 内部の両側にはライトがあり、片方ずつ点灯させて撮影を行います。 コピー機のように自動的に1枚ずつ読み取るオートシートフィーダを搭載したスキャナを使う方法もありますが、ローラーに乗せて写真を送る構造上、写真の縦横比が変わってしまったり、写真が破れているとローラーに通す過程でさらに傷むリスクもあります。 こうした場合にお勧めなのが、写真のデータ化を請け負っている業者に丸ごと発注してしまうことです。 多くの業者では1枚あたり数十円の単価で、紙焼き写真のデータ化を請け負っています。 ネガフィルムやポジフィルムにも対応するほか、アルバムに貼られた状態のままデータ化することも可能ですので、写真の周りに撮影データなどのメモが貼られている場合でも、まとめてデジタルデータとして保存できます。 代表的な事業者の一つである「」では、通常のコースのほか、段ボールに詰め込んだ写真やアルバム、ネガフィルムなどを枚数・冊数に関係なく定額でデータ化するキャンペーンを定期的に実施しています。 このコースは納期が半年かかるかわりに、1枚あたりの価格を10円以下に抑えることも可能ですので、大量の紙焼き写真やフィルム、アルバムをまとめてデータ化するのにぴったりです。 このほか、多くのカメラ専門店も写真のデジタル化サービスを用意しています。 が行っているデジタル化保存サービスは、単価はやや高めですが、仕上がりが最短1時間と短いのが利点です。 まずは手持ちの写真を何枚か申し込んでみて、どのくらいのクオリティで仕上がるのか、確かめてみるとよいかもしれません。

次の