シロクロパンダ 視聴。 白黒パンダの無料フル動画の見逃し配信サービス一覧!bilibiliやパンドラtvでも見れる?|無料フル動画

シロクロパンダ見逃し配信動画1話~無料!白黒つけるドラマをフル視聴!|ENTAMENOTE

シロクロパンダ 視聴

Contents• ytv. 大学の学長が学生に刺される レンとの初対面の際に「私を檻から出して!」と声が聞こえたような気がした直輝は、レンに興味を持ちます。 レンの過去を調べ、連続放火事件に巻き込まれていたことを知った直輝。 試しにパンケーキのシロップを使ってレンを催眠にかけ、ミスパンダが誕生したのでした。 キャンパスで、学ランを着た男に学長の岸本がナイフで刺されるという事件が起きます。 犯人は怒りをその場にいたレンにも向けようと、ナイフを持って近づいてきます。 副学長の池淵が会見を開き、岸本は意識不明の重体だと発表します。 池淵に告発が原因なのかと質問する神代。 岸本の息子・俊一の成績表がネットに流出し、大学の合格基準に達していなかったことが判明し、不正入学の疑惑が持ち上がったのでした。 岸本を刺したのは3浪中の学生で、不正入学への怒りから犯行に及んだと思われました。 池淵は不正入学を認め、さらに入学試験の内容が流出していたことを明かします。 事件のせいで俊一の顔がSNSに拡散され、学内でも批判を浴び嫌がらせを受けます。 ノーコンプライアンスに呼ばれた直輝は、不正入試問題についてシロクロつけるよう指示されます。 「お姉ちゃんが燃えて…。 」とつぶやいたレン。 姉はその家事で亡くなっていたのでした。 一方、直輝の父親で刑事の哲也は、8年前に失踪し白骨遺体で見つかりました。 形見のパンダのぬいぐるみに隠されていたUSBメモリからは、コアラの着ぐるみをかぶった男が、女子高生を監禁している姿が映っていました。 同時に、Mr. コンプライアンスである法務大臣の佐藤が「娘を返してください」と懇願する姿も映っていたのでした。 パンケーキ屋に呼び出されたレンは、シロップを見ているうちにミスパンダに。 不正入試事件にシロクロつけるために、始動します。 俊一は神代に会い、不正入試ではないことを証明すべくインタビューを受けていました。 その頃、大学の不正入試についての第三者委員会が開かれていました。 そこにスーツ姿のミスパンダが現れます。 追い詰められた俊一 レストランに向かった直輝。 店内にはあずさと父親のMr. コンプライアンスがいました。 あずさを守れるのかと心配するMr. コンプライアンスに「心配なのはコアラ男のせいですか」と尋ねます。 コアラ男がまだ捕まっていないことを話すと、顔色を変えるMr. コンプライアンス。 神代のインタビューを受けた俊一でしたが、神代の編集により開き直ったように見えてしまいます。 さらに追い詰められた俊一は病院の岸本の元に向かい、首を絞めようとします。 翌日、岸本が死んだと知らせを受けた池淵と柳本は、笑い始めます。 その後、第三者委員会の中間発表の会見を開いた池淵たちは、不正入試が行われていたことを発表。 岸本が直接、特定の受験者に対して行っており、試験後に得点を修正加算していたと説明する柳本。 するとそこに、ミスパンダが現れます。 「うちのパパは偉い人の子供を好きな大学に入れてあげてるんだって」と自慢し始める美樹。 形成が悪くなり、会見を打ち切ってその場を去る池淵と柳本。 部屋に戻って揉め始めた二人は、不正入試を斡旋することにより金儲けをしていた柳本は、学長の座を狙っていた池淵と手を組んだのでした。 池淵は俊一の成績表をねつ造し、不正入試の疑惑を広めたのです。 そこに再びミスパンダが現れ、不正を暴こうとするが、証拠はないと開き直る柳本。 ですがそこに、俊一と車いすに乗った岸本が姿を見せます。 驚く二人に、何度も柳本から不正入試の斡旋を持ち掛けられたが断ってきたのだと告白する岸本。 その場の様子は全て会見場に流れていました。 春男はレンが火に怯える様子を門田に相談します。 すると、外部から何か力が加わっているのかもと話します。 麻衣子のお見舞いに訪れたレンは、麻衣子が写真を見ながら「リコが死んでくれてよかった~」と笑いながら言うのを見てしまいます。 レンが幼い頃、麻衣子から可愛がられていたのは自分だけで、姉のリコは檻の中に入れられてバナナを与えられているのを思い出すのでした。 「シロクロパンダ」2話を期間内に見逃した方は、huluの無料トライアルがオススメです。 シロクロパンダ2話の感想 大学の不正入試という、受験シーズンにはタイムリーなネタでしたね。 学長ではなく副学長が不正をしていたというオチで、事件そのものは分かりやすかったです。 メインの事件とは別に、レンの過去が気になります。 何かトラウマを抱えていることは分かっていましたが、亡くなったお姉さんが母親の麻衣子からネグレクトを受けていたことも分かってきました。 ただその理由が何なのかは、不明です。 姉のリコに対する嫌悪や憎悪の視線が向けられていたことからも、出生になにか秘密があるのでしょうか。 一方の直輝も、父親とMr. コンプライアンスの間に何か秘密がありそうですね。 あずさの誘拐事件自体、Mr. コンプライアンスが関わっていたような気もしますが…。 シロクロパンダ2話の視聴率 「シロクロパンダ」2話の視聴率は、 7. 9%でした。 1話:9. 2話:7. 9% 初回よりは下がってしまったものの、このまま推移していくのでしょうか。 インパクトのある設定だけに、好き嫌いが分かれる作品ではありますよね。 今後の謎の展開も、視聴率に影響してきそうです。 では、その期間内に見逃してしまったらどうすればいいのでしょう? 期間内に見逃した場合や1話から視聴したい人は、 2週間無料トライアル があるので、無料期間中に視聴すれば料金はかかりません。 他にも観たい作品があるという場合や、2話以降も見逃す心配がある人などは、解約しなければそのまま継続することも可能です。 その場合は月額1,026円(税込)がかかります。 レンの過去や直輝の父親の秘密など、まだまだ謎は多いですね。 コアラ男が誰なのかも気になります。

次の

シロクロ【清野菜名×横浜流星】視聴率一覧表&グラフ推移【ミスパンダ】

シロクロパンダ 視聴

門田明宏(山崎樹範)の診察を受けた川田レン(清野菜名)は、表情が豊かになったと言われる。 恋をしたからではないかと門田に指摘され、森島直輝(横浜流星)を思い浮かべるレン。 彼女の精神状態は落ち着いているように見えたが、10年前に遭遇した火事の記憶のフラッシュバックも度々起こっていた。 そんな中、スピードクライミングの日本代表・宮澤沙奈恵がコーチの鹿野博史とともに緊急会見を開き、日本で近々開催予定の世界選手権を辞退すると発表。 沙奈恵は金メダルを確実視される有望選手だったが、練習中に突然ロープが切れて転落し、大ケガを負ってしまった。 彼女は会見で、誰かが故意にロープを切って自分を殺そうとしたと主張。 ytv. 練習中に ロープが切れ落下し重傷をおったのだ。 直輝は沙奈恵の件を調べるよう Mr. ノーコンプライアンス(佐藤二朗)から告げられる。 沙奈恵の代役の北里亜香里(竹内愛紗)の公開練習に、神代(要潤)ら多くの報道陣が集まった。 沙奈恵の最大のライバルである外国人選手コリーナとコーチのミルコビッチ(フィフィ)も姿を現す。 そこへ ミスパンダが現れいきなりクライミングを始めると、亜香里を挑発した。 挑発に乗った亜香里は自己ベストをたたき出す。 その様子を眺める直輝。 直輝はレンの手を握って穏やかに語りかけ話しやすい雰囲気を作ってくれた。 レンの過去の話を聞いてから「僕も同じだよ。 大切な父親を亡くした」と優しく抱き締めてくれた。 切なくも心暖まるシーン。 直輝と大学で待ち合わせたレンは、佳恵のアドバイスを思い出し 十 年前の出来事を打ち明ける。 母と双子の姉でキャンプに行ったとき、バンガローが放火され火の海に。 怖くなったレンはリコを見捨てて逃げてしまう。 レンは自分だけ生き延びたことをずっと後悔していたが、門田の治療により落ち着きを取り戻していた。 しかし最近またフラッシュバックして思い出すようになったという。 直輝は「オレも一緒だ」とレンを抱き寄せ、自分も父親を失った過去があることを明かす。 レンは直輝に過去を打ち明けました。 外国人のフリして?片言の日本語で演技しました。 自分では控えめの演技していたつもりが、自分の顔芸が凄くて笑…現場では本当に横浜流星さんが気さくで、待ち時間楽しかったです。 その夜ミスパンダが生配信で向かった部屋には、 今回の犯行の実行犯である鹿野と、沙奈恵の辞退で恩恵を受けるミルコビッチがいた。 直輝はミスパンダの挑発に乗り亜香里がベストタイムを出した時、目が泳いでいた二人の犯行を確信していた。 ベストタイムを調整した直輝の罠にハマったのだ。 二人がグルで仕組んだ今回の事件は明らかになった。 犯人は、ライバル沙奈恵がでないと有利なコリーナと、見返りに欲がくらんだ 沙奈恵のコーチ二人組でした。 またも直輝のメンタリストの力が事件を解決に導きましたね。 直樹から報告を受けた Mr. ノーコンプライアンスは、電話を切ると引き出しを開ける。 奥から取り出したのは、警察官だった 直輝の父の手帳だった。 また全日テレビの神代は、あずさが テーブルに置き忘れた携帯の着信画面をみる。 そこには直輝の名前と顔写真が写し出されていた。 そして門田の元を訪れた直輝は「 川田レンはレンじゃないですよね?」と話しかけるのだった。 神代が直輝の存在に気づきました! 視聴率のためなら何でもする厄介な人に見つかっちゃいましたね。

次の

“客寄せパンダ”山口真帆が登場の『シロクロ』、演技は及第点も肝心の視聴率は危険水域に|日刊サイゾー

シロクロパンダ 視聴

門田明宏(山崎樹範)の診察を受けた川田レン(清野菜名)は、表情が豊かになったと言われる。 恋をしたからではないかと門田に指摘され、森島直輝(横浜流星)を思い浮かべるレン。 彼女の精神状態は落ち着いているように見えたが、10年前に遭遇した火事の記憶のフラッシュバックも度々起こっていた。 そんな中、スピードクライミングの日本代表・宮澤沙奈恵がコーチの鹿野博史とともに緊急会見を開き、日本で近々開催予定の世界選手権を辞退すると発表。 沙奈恵は金メダルを確実視される有望選手だったが、練習中に突然ロープが切れて転落し、大ケガを負ってしまった。 彼女は会見で、誰かが故意にロープを切って自分を殺そうとしたと主張。 ytv. 練習中に ロープが切れ落下し重傷をおったのだ。 直輝は沙奈恵の件を調べるよう Mr. ノーコンプライアンス(佐藤二朗)から告げられる。 沙奈恵の代役の北里亜香里(竹内愛紗)の公開練習に、神代(要潤)ら多くの報道陣が集まった。 沙奈恵の最大のライバルである外国人選手コリーナとコーチのミルコビッチ(フィフィ)も姿を現す。 そこへ ミスパンダが現れいきなりクライミングを始めると、亜香里を挑発した。 挑発に乗った亜香里は自己ベストをたたき出す。 その様子を眺める直輝。 直輝はレンの手を握って穏やかに語りかけ話しやすい雰囲気を作ってくれた。 レンの過去の話を聞いてから「僕も同じだよ。 大切な父親を亡くした」と優しく抱き締めてくれた。 切なくも心暖まるシーン。 直輝と大学で待ち合わせたレンは、佳恵のアドバイスを思い出し 十 年前の出来事を打ち明ける。 母と双子の姉でキャンプに行ったとき、バンガローが放火され火の海に。 怖くなったレンはリコを見捨てて逃げてしまう。 レンは自分だけ生き延びたことをずっと後悔していたが、門田の治療により落ち着きを取り戻していた。 しかし最近またフラッシュバックして思い出すようになったという。 直輝は「オレも一緒だ」とレンを抱き寄せ、自分も父親を失った過去があることを明かす。 レンは直輝に過去を打ち明けました。 外国人のフリして?片言の日本語で演技しました。 自分では控えめの演技していたつもりが、自分の顔芸が凄くて笑…現場では本当に横浜流星さんが気さくで、待ち時間楽しかったです。 その夜ミスパンダが生配信で向かった部屋には、 今回の犯行の実行犯である鹿野と、沙奈恵の辞退で恩恵を受けるミルコビッチがいた。 直輝はミスパンダの挑発に乗り亜香里がベストタイムを出した時、目が泳いでいた二人の犯行を確信していた。 ベストタイムを調整した直輝の罠にハマったのだ。 二人がグルで仕組んだ今回の事件は明らかになった。 犯人は、ライバル沙奈恵がでないと有利なコリーナと、見返りに欲がくらんだ 沙奈恵のコーチ二人組でした。 またも直輝のメンタリストの力が事件を解決に導きましたね。 直樹から報告を受けた Mr. ノーコンプライアンスは、電話を切ると引き出しを開ける。 奥から取り出したのは、警察官だった 直輝の父の手帳だった。 また全日テレビの神代は、あずさが テーブルに置き忘れた携帯の着信画面をみる。 そこには直輝の名前と顔写真が写し出されていた。 そして門田の元を訪れた直輝は「 川田レンはレンじゃないですよね?」と話しかけるのだった。 神代が直輝の存在に気づきました! 視聴率のためなら何でもする厄介な人に見つかっちゃいましたね。

次の