さやえんどう の 卵 とじ。 さやえんどうは人気の卵とじで栄養アップ!下処理や保存方法のコツ

さやえんどうの食べ方と下ごしらえの方法。旬を味わえる献立と簡単レシピ

さやえんどう の 卵 とじ

うすいえんどうのサヤから実だけを取り出しよく洗います。 沸騰したお湯に塩少々を入れ、うすいえんどうを下ゆでします。 お鍋にだし・砂糖・醤油・みりんを入れて火をつけ、沸騰したら豆を入れて中火で5分程度煮る。 最後に卵を回しいれて火が通ったら完成です。 うすいえんどうの産地、和歌山県ではこの卵とじが定番メニューとなっています。 えんどう豆にはたんぱく質や食物繊維ビタミンなどが含まれます。 お箸でつかみにくい豆ですが卵とじにすることで食べやすくなります。 うすいえんどうを美味しく食べるコツ• うすいえんどうは新鮮なものほど美味しく、鮮度が落ちるとともに、味、食感がどんどん損なわれていきます。 収穫後3日ほどでお召し上がりをオススメいたします。 店頭で選ぶ場合はできる限り新鮮なものを選びましょう。 調理の際は、熱を加える時間が長くなると、うすいえんどうの旨みや風味が少なくなってしまいます。 茹で時間は約4~5分ほどが目安です。 豆ご飯の際も下茹でしたうすい豆を炊きたてのご飯に混ぜる方法もおすすめです。 茹でた後にすぐに冷たい水にさらすと、豆にシワが入って見た目が悪くなってしまいます。 料理の彩りとしても重宝されるうすい豆ですので、茹でた後は常温で冷ましてください。 うすいえんどうを使った料理.

次の

うすいえんどうの人気レシピ10選!卵とじや煮物など定番レシピも紹介

さやえんどう の 卵 とじ

さやえんどうは豆が小さく、さやごと食べることが出来る緑黄色野菜です。 絹さやとも呼ばれていますね。 さやえんどうがさらに成長して中の豆を取り出したものがグリーンピース、豆が完熟するとえんどう豆と名前が変わるのですが全て同じ種類なんですよ。 彩りの良い和食には欠かせないさやえんどう。 シャキシャキしていて美味しいですよね。 さやえんどうにはどのような栄養があるのでしょうか。 そして下処理や保存方法もご紹介します! スポンサーリンク さやえんどうの栄養 ビタミンCでアンチエイジング さやえんどうにはビタミンCが豊富に含まれているんです。 ビタミンCは抗酸化ビタミンなので健康維持に大切な抗酸化力があるんですよ。 ストレスや紫外線、喫煙などで体内に発生した活性酸素は身体を酸化させて、動脈硬化やがんなどの病気や老化を進めてしまう原因になるんです。 さやえんどうのビタミンCで活性酸素を除去して、いつまでも元気で若々しくいたいですね。 ビタミンCは本来、加熱によって失われやすい性質があります。 ですが、 さやえんどうのビタミンCは損失が少ないのが特徴!下茹でしても安心ですよ。 免疫力や老化防止に効果的でアミノ酸をバランス良く含む卵と一緒に調理することで、栄養価もアップ! さらに、卵とじにすることでさやえんどうを主役にしてもりもり食べることができますね。 そして、 ストレスによって消耗するたんぱく質は卵から、ビタミンCはさやえんどうから摂取出来るんです!ストレス社会に生きる現代人の味方、さやえんどうの卵とじをぜひ作ってみてください。 筋があって料理に使うのは面倒だなぁ〜なんて思っている方もいるかと思いますが… 意外と簡単に筋取りはできちゃうんですよ! 取り方によっては時間短縮も可能なのでぜひ試してみてください。 やりやすい方法で下処理してくださいね。 逆側の筋(膨らんでいる方)の筋は取らなくても美味しく食べることが出来ることもあるので、調理するさやえんどうの状態に合わせて下処理するといいですね。 【 下ごしらえのポイント】 ・保存しておいたさやえんどうは筋が取りにくいです。 一度水に浸すと、取れやすくなりますよ。 ・長時間茹でると食感が悪くなるので 茹で時間は1分以内を目安にしましょう! ・ 冷水で冷やすことで彩り鮮やかになります。 サラダなどに入れる時はお忘れなく! さやえんどうを炒め物に入れる時は、茹でずにそのまま使えますよ。 調理方法に合わせて下処理してくださいね。 スポンサーリンク さやえんどうの保存方法 さやえんどうを買ってきたら、どのように保存しておくと良いのでしょうか? 新鮮なさやえんどうはハリと艶があって歯ごたえがありますよね。 なるべく鮮度を保ちたいのですが、乾燥に弱くてすぐにしなびてしまうんです。 そのまま冷蔵保存すると1〜2日、乾燥対策をしてから冷蔵保存すると1週間、冷凍保存すると2ヶ月ほど保存が可能なんですよ! 【 冷蔵保存の方法】 乾燥から守るため、筋取りはせず、湿ったペーパーで包み、袋に入れて冷蔵してください。 【 冷凍保存の方法】 食感と色が悪くなってしまうので、茹でてから冷凍します。 湯で時間は10秒ほどの硬めで。 使用する時は解凍しないでそのまま使えますよ。 まとめ さやえんどうは緑鮮やかで料理のアクセントにとっても大活躍ですね。 下ごしらえをするのとしないのでは、さやえんどうの食感が違うんです!最初のちょっとした一手間で美味しくさやえんどうを食べましょう! 旬である4〜6月あたりは特に美味しいので、ぜひさやえんどうを主役に献立を考えてみてはいかがですか。 スポンサーリンク.

次の

さやえんどうと絹さやは同じもの?スナップエンドウとの違いは?

さやえんどう の 卵 とじ

うすいえんどうを使ったレシピ うすいえんどう豆は意外と色々なレシピに応用が可能です。 ネット上などでもかなり多くのうすいえんどう豆を使ったアレンジレシピが存在します。 どのレシピも基本的にはうすいえんどう豆の鮮やかな緑を活かせるように作られています。 せっかくうすいえんどう豆を使ったレシピを作るなら鮮やかな緑を活かして食卓を彩るのがおすすめです。 では、うすいえんどうを使ったレシピにはどのようなメニューがあるのでしょうか。 うすいえんどう豆の豆ごはん 2. うすいえんどう豆の卵とじ 3. うすいえんどう豆と厚揚げの煮物 4. うすいえんどう豆のチーズロースト 5. うすいえんどう豆とゆで卵のサラダ 6. うすいえんどう豆のかき揚げ 7. うすいえんどう豆のポタージュ 8. うすいえんどう豆の温サラダ 9. 焼きうすいえんどう豆 10. うすいえんどう豆のトマトパスタ 続いて、それぞれのレシピの特徴を詳しくみていきます。 うすいえんどう豆の豆ご飯 うすいえんどう豆の美味しさを堪能しようと思えば最もベーシックなレシピである豆ご飯がおすすめです。 何といっても豆ご飯のレシピは簡単なのも特徴で、レシピ通りの分量でうすいえんどう豆と塩と酒をお米と一緒に炊くだけで美味しく仕上がります。 豆ご飯を食べれば春の代謝が上がる時期を元気に過ごせるので縁起のいいご飯としても有名です。 春になったらぜひ作りたいレシピの一つです。 お花見のお弁当なども豆ご飯でおにぎりを作ったりすれば見た目にも華やかで人気です。 さらにあわせて他のうすいえんどう豆のレシピをお弁当に入れればお弁当が華やかになります。 うすいえんどう豆の卵とじ うすいえんどう豆の定番レシピの一つにはうすいえんどう豆の卵とじがあります。 卵とじはだし汁に砂糖と醤油、みりんというベーシックなレシピなので簡単で色が鮮やかな仕上がりが人気です。 うすいえんどう豆さえ茹でておけば簡単に作れて食卓が華やかになる副菜です。 また日本酒などのおつまみとしても人気なので小料理屋などでもよく見かけます。 普段から小分けにしたうすいえんどう豆があれば急な来客があったときでもすぐに作れる時短レシピです。 うすいえんどう豆と厚揚げの煮物 うすいえんどう豆は煮物にするのも人気です。 うすいえんどう豆は味が染みやすく見た目が鮮やかなので茶色くなりがちな煮物にも花を添えてくれます。 普段から作っている煮物のレシピも春になったらうすいえんどう豆を加えるだけで季節を感じられるレシピに早変わりです。 食卓に茶色が多い人ほどおすすめのレシピです。 うすいえんどう豆のチーズロースト チーズローストはチーズをまぶした食材をオーブンで焼き上げるレシピですが、うすいえんどう豆で作ったチーズローストも人気です。 下茹でしたうすいえんどう豆にオリーブオイルなどをかけて粉チーズをまぶしてオーブンで焼くだけでおつまみとしても活躍するレシピの完成です。 うすいえんどう豆は和食のイメージが強いと思いますがチーズローストにすればワインにもあわせられるのでイタリアンとしても活躍します。 うすいえんどう豆とゆで卵のサラダ うすいえんどう豆のサラダは見た目が鮮やかなので春のピクニックなどでも人気のレシピです。 中でもゆで卵やツナなどを合わせたレシピはたんぱく質などの栄養もとれるバランスのいいサラダです。 うすいえんどう豆と卵は相性が良いので卵とじと同様に人気のある豆レシピです。 見た目にも緑と黄色で鮮やかなサラダになります。 うすいえんどう豆のかき揚げ うすいえんどう豆のかき揚げは節約レシピとしても人気です。 通常ならうすいえんどう豆のさやなどは捨てますが、かき揚げなら使うことが可能なので普通のレシピよりも食材費を節約することが可能です。 普段からかき揚げを作る人なら春には特におすすめのレシピです。 かき揚げは初めてだという人でも意外に簡単なので人気のレシピです。 うすいえんどう豆のポタージュ ポタージュは一手間がかかりますが、味に深みがあっていつもと一味違った味が楽しめるレシピです。 各材料を炒めたあとにミキサーにかけてつぶしますが、ブレンダーなどを使えば鍋の中で作れるので簡単に作れます。 ポタージュは裏ごしなどをしなくても美味しくいただけるので初めての人も挑戦する価値のあるレシピです。 うすいえんどう豆の温サラダ うすいえんどう豆のサラダには温サラダのレシピもあります。 下茹でしたうすいえんどう豆に玉ねぎやベーコンなどを炒めて混ぜるだけで普段とは違った春らしいレシピに仕上がります。 温サラダはあわせる野菜や肉類を変えれば飽きることなく何度でも食べたくなるレシピです。 焼きうすいえんどう豆 焼きうすいえんどう豆は焼くだけのレシピですが、うすいえんどう豆の美味しさを堪能できて簡単に作れる人気レシピです。 筋だけとればさやごとアルミホイルに乗せたうすいえんどう豆を焼くだけなので他の料理を作りながら作れます。 味付けはなくてもうすいえんどう豆の味だけで楽しめるのが焼きうすいえんどう豆の特徴ですがお好みで塩をかけるのもおすすめです。 うすいえんどう豆のトマトパスタ うすいえんどう豆はパスタに合わせるのも人気です。 特にトマトとあわせると鮮やかなパスタが作れます。 うすいえんどう豆はトマトとの相性が良いので他の食材を変えれば何度でも楽しめるレシピです。

次の