ホン ソクチョン。 ホン・ソクチョン、「梨泰院クラス」最終回に出演したパク・ボゴムの義理を絶賛

ホン・ソクチョン、養子縁組した娘を公開

ホン ソクチョン

タレントのホン・ソクチョンが2008年に実姉から養子縁組をした娘を公開した。 25日放送のバラエティー番組『ママただいま』(tvN)で、ホン・ソクチョンの娘は「正直、私は最初は(養子縁組に)反対だった」と口を開いた。 ホン・ソクチョンの娘は「おじさんが恥ずかしかったからではない。 まわりで父と母が離婚したからおじさんが私を養子縁組したというのがとてもつらかった。 今は後悔していない。 本当にとてもたくさん助けてもらったし、情もわいた」と語り、涙ぐんだ。 ホン・ソクチョンは「姉が離婚をしたら親権の問題もあるし、姓が変わるのも問題。 法律が変わって、その間に僕が子どもたちの法的な保護者になることができた。 また、今後姉が再婚することになるかもしれない。 そのとき子どもたちのこことが負担にならないよう、子どもたちは僕が育てると言った」と打ち明けた。 制作スタッフは娘に「今後、お父さんと呼ぶつもりはないのか」「ホン・ソクチョンはどんな存在か」などと尋ねた。 すると、ホン・ソクチョンの娘は「お父さん…という言葉は言いなれていないし、お父さんと言ったことがあまりなくて、慣れないので突然言うのもちょっと…」とした上で「私にはとにかくありがたい、とてもありがたい、本当にとても大好きなおじでありお父さんだ」と答えた。 ホン・ソクチョンは「学校の近くには行ったことがない。 とても行きたいし、写真も撮りたいけれど、そうしたら皆に知られてしまうではないか。 だからただ寝坊したふりをしていた。 そのためそんなことを一度もできず、子どもたちにも申し訳ない」と語った。 チョン・シネ記者 edaily/朝鮮日報日本語版.

次の

タレントのホン・ソクチョン、新型コロナで客ゼロの近況を公開。“梨泰院を助けよう”

ホン ソクチョン

イテウォン(梨泰院)のクラブで新型コロナウイルスの集団感染が起きている中、韓国男性グループ「2AM」チョ・グォンやタレントのホン・ソクチョンに該当クラブに対する立場や解明を強要するような動きがある。 これに、ホン・ソクチョンは「無言」、チョ・グォンは「怒り」で反論した。 先ごろ、梨泰院のクラブを中心に新型コロナウイルス感染者が拡散していることを受け、一部ネットユーザーからホン・ソクチョンとチョ・グォンは「先週、クラブに行ったのか、解明してください」と要請を受けた。 過去、ホン・ソクチョンは自身の性同一性を明かし、堂々とした態度を貫いている。 タレント活動以外に梨泰院を中心に飲食店事業で名を広め、最近は新型コロナウイルス関連の社会問題についてもSNSを通して自身の意見を明らかにしていただけに、今回の噂についても「立場表明」を要求されている。 しかし、だからと言ってホン・ソクチョンが梨泰院のクラブで集団感染が起きていることに対して立場を示せと強要される理由はない。 性的少数派だと明かしたことと、梨泰院で事業を営んでいるという理由だけで、今回の件に立場を示すよう要求するのは「あまりに行き過ぎている」との意見も多い。 また、チョ・グォンも根拠のない噂について解明するよう強要を受けている。 これに、チョ・グォンは確認された事実もなく解明を要求するようなコメントに黙っていなかった。 結局、チョ・グォンは11日、SNSを通して自ら立場を明かした。 SNSの投稿を通してチョ・グォンは「クラブには行かず、家にいた」と説明し、不快感をあらわにした。 Copyrights C OSEN wowkorea.

次の

ホン・ソクチョンの完全ガイド|出演ドラマ、映画、年齢、身長、インスタグラム

ホン ソクチョン

ホン・ソクチョンについて ホン・ソクチョンは、大韓民国で最初にカミングアウトしたゲイの芸能人であり、同性愛者が日なたに出るようになった先駆け的人物。 大韓民国の俳優及びタレント兼である。 ドラマやシトゥコムなどに出演し、放送活動のほかにも演劇、ミュージカルにも出演しており、1996年からはMBC公採タレントとして正式デビューした。 2000年には子供番組『ポポポ』の司会者も務める。 しかし、『男三人女三人』での役どころプアソンのイメージが強すぎたせいで、ゲイではないかとうわさが出回り、結局、2000年9月、カミングアウトした。 カミングアウト以後、しばらくすべての放送を諦めなければならなかった。 そうしてシットコム『なかなか彼らを食い止めることができない』で久しぶりに顔を出し、作家の『完全な愛』でシットコムではなく正劇に無事復帰した。 2000年後半から芸能番組に出演した。 2007年、バライエティ番組『ラジオスター』に出演し、芸能界に姿を現すと、地上波放送禁止が解けるようになった。 基本プロフィール ホン・ソクチョンは1998年、ソウルのあるカフェで会ったオランダ人男性に一目惚れした。 当時、オランダ人男性は同性愛者ではなかったが、知らない力に引かれたと後で告白した。 オランダ人男性はすでに結婚して家庭を持っており、彼の妻はホン・ソクチョンと夫の愛を耐えられず、自殺を図った。 その後1年間、数多くのエピソードを経験した彼らは1999年韓国からニューヨークに向かい、3ヵ月をともに生活しながら、未来に対する夢を描く。 しかし、経済的な問題と価値観の違いを理由に別れた。 会った当時は、既婚者であることを知らず、知った後、対立はあったが、相手が正式に家庭を整理したので不倫ではないという。 好きなタイプ ホン・ソクチョンはSBSのバライエティ『ヒーリングキャンプ』に出演時に、「以前は俳優ジェがタイプだと発表したが、イ・ジョンジェがもうやめてと嫌がったので、俳優ンに堂々と許可を得て、タイプを変えた」と伝えた。 さらに、ソン・スンホンとは『男三人女三人』でのデビューの頃から知り合いで、その時からがどきどきしたと話した。 性格 ホン・ソクチョンは肯定的で一生懸命生きている。 自分に被害を与えた人たちに善処するなど、大物気質なおかげで、保守的な大韓民国の社会で性少数者に対する否定的な視線を、薄くさせるのに大きく貢献した人物のひとり。 大衆的な好感度もかなり高く、実際には男らしい性格。 女性らしい動作や声は概ね放送用であり、例えば、トークショーでは、演技ではなく地声と方言が出てくる。 趣味 ホン・ソクチョンの趣味は、インテリア、絵、旅行、料理、おしゃべりである。 特技 ホン・ソクチョンは当時タイ料理を初めて韓国に持ち込み、韓国人の好みに合わせて創作料理レストランを相次いで成功させ、イテウォン地域だけに7つの店を運営するほど料理と経営に優れている。 デビュー前の経歴 ホン・ソクチョンが自分の性について、小学校4年生ころ、思春期が始まる時で、中高校を通うようになり、自分が人とは異なるということを悟ったという。 1995年にKBS(12期)とSBS(4期)採用のコメディアン試験に両方とも合格し、どちらかを放棄しなければならなかった。 それでSBSに拒絶意思を伝えようと放送局に行ったが、これが芸能情報番組の放送に乗ることになったため、当時、軍紀班長だったタレントのナム・ヒソクに体罰と叱咤を受けて、その衝撃で、だった2ヵ月でコメディアンをやめた。 翌年ナム・ヒソクがSBSに移籍することになり、彼が運営する店舗に訪れて謝罪をした。 ホン・ソクチョンはこのせいでの公開採用お笑い芸人の出身なのに、コメディアンリストの項目に名前がない。 コメディアンリストの項目の登録規則4つの中の一つに、公開採用や特別採用出身だけが登録可能とある。 1994年『生放送TV情報センター』のリポーターと活動し、1995年KBS大学コメディ祭で公式デビューした。 出身・家族・学歴 兄弟 姉3、腹違の弟1 出生国 出生地域 高校 南大田高等學校 大学 漢陽大學校・演劇映画学科 解散・引退について 周囲からの評判 ホン・ソクチョンは2015年にバンコク爆弾テロを現場近くで直接目撃した。 犯行地点のすぐ後ろの建物の近くにいたが、幸いに無事だった。 このためにJTBCニュースルームのソン・ソクヒと電話で現場の状況を伝えた。 ケーブルチャンネルEチャンネル、DRAMAcube『君に私を送る』でシン・ドンヨプは、"以前にかなり長い間一人で住んでいたが、いつも最後は僕の家で飲んだと言っている。 ところが僕は先に寝ないとだめな状況だった。 それで僕がゆっくり飲んで、そしてソクチョンは僕の部屋に入ると殺される。 別の部屋で寝るようにした。 」とエピソードを打ち明けた。 ホン・ソクチョンは筋肉質で、自身が経営するレストランの従業員たちは、「彼はカリスマをもっていて、仕事の時に厳しい面もある」と話す。 整形 ホン・ソクチョンの整形の噂はない。 好きな食べ物 公式サイト・SNS.

次の