車庫 証明 必要 書類。 車庫証明・必要書類【BookMark】・ダウンロード&記入例

自動車保管場所(車庫)証明手続き

車庫 証明 必要 書類

自動車保管場所証明 自動車保管場所証明書交付申請• 新車を購入した…新規登録• 中古車を購入した…移転登録• 使用の本拠の位置(住所等)を変更した…変更登録 場合は、保管場所を管轄する警察署で、自動車保管場所証明書を得なければ自動車を運輸支局に登録することはできません。 必要書類・手数料• 自動車保管場所証明申請書(4枚綴り)• 保管場所の所在図・配置図• 自動車保管場所使用権原疎明書面• 自分の土地又は建物を保管場所として使用する場合• 保管場所使用権原疎明書面(自認書)• 他人の土地又は建物を保管場所として使用する場合は、次の書面のうちいずれか1通• 保管場所使用承諾証明書• 駐車場賃貸契約書の写し (注)駐車場の契約者と使用者が異なる場合で、契約内容に「又貸し禁止」について明記されているもの、又はすでに使用権原が喪失しているもの(ただし、当初の契約期間満了後に自動更新する旨の記載があるものを除く。 )については、有効なものとして取り扱えません。 申請前に内容を確認してください。 駐車場料金の領収書など駐車場の賃貸借を疎明する書面• 独立行政法人都市再生機構等の公法人が、自動車の保有者が保管場所として使用する権原を有することを確認したときは、当該公法人の発行する確認証明書• 他人と共有している土地又は建物を保管場所として使用する場合• 保管場所使用承諾証明書 自動車保管場所証明申請書 当府警察以外の警察が作成した様式や、届出を行う方が独自に作成した様式等、当府警察が作成した様式以外の自動車保管場所証明申請書であっても、自動車の保管場所の確保等に関する法律施行規則に定められた様式に記入すべき事項で全て記入されているなど、同規則に定められた様式であると認められるものであれば、申請に使用することができます。 自認書又は保管場所使用承諾証明書 当府警察以外の警察が作成した様式や、申請を行う方が独自に作成した様式等、当府警察が作成した様式以外の自認書又は保管場所使用承諾証明書であっても、自動車の保有者が申請に係る場所を保管場所として使用する権原を有することを疎明するために必要な情報が記入されているものであれば、申請書に添付する書面として使用することができます。 軽自動車保管場所届出 京都市、長岡京市、宇治市は、軽自動車の保管場所届出適用地域に指定されていますので、お住まいの方は保管場所を管轄する警察署に届出をしてください。 適用地域(京都市、長岡京市、宇治市)に使用の本拠の位置がある人が、軽自動車を保有した。 軽自動車の保有者が適用地域外から適用地域内に使用の本拠の位置を変更した。 場合は、保管場所届出が必要です。 必要書類・手数料• 自動車保管場所届出書(3枚綴り)• 保管場所の所在図・配置図• 自動車保管場所使用権原疎明書面• 自分の土地又は建物を保管場所として使用する場合• 保管場所使用権原疎明書面(自認書)• 他人の土地又は建物を保管場所として使用する場合は、次の書面のうちいずれか1通• 保管場所使用承諾証明書• 駐車場賃貸契約書の写し (注)契約内容に「又貸し禁止」が明記されているもの、又はすでに使用権原が喪失しているものについては、有効なものとして取り扱えません。 申請前に内容を確認してください。 駐車場料金の領収書など駐車場の賃貸借を疎明する書面• 独立行政法人都市再生機構等の公法人が自動車の保有者が保管場所として使用する権原を有することを確認したときは、当該公法人の発行する確認証明書• 他人と共有している土地又は建物を保管場所として使用する場合• 保管場所使用承諾証明書 自動車保管場所届出書 当府警察以外の警察が作成した様式や、届出を行う方が独自に作成した様式等、当府警察が作成した様式以外の自動車保管場所届出書であっても、自動車の保管場所の確保等に関する法律施行規則に定められた様式に記入すべき事項で全て記入されているなど、同規則に定められた様式であると認められるものであれば、申請に使用することができます。 自認書又は保管場所使用承諾証明書 当府警察以外の警察が作成した様式や、申請を行う方が独自に作成した様式等、当府警察が作成した様式以外の自認書又は保管場所使用承諾証明書であっても、自動車の保有者が申請に係る場所を保管場所として使用する権原を有することを疎明するために必要な情報が記入されているものであれば、申請書に添付する書面として使用することができます。 受付時間 自動車保管場所証明書の交付申請及び軽自動車保管場所届出については、 月曜日~金曜日(祝日及び年末年始の閉庁日を除く) 9時~17時45分まで の受付時間内に、必要書面及び手数料を用意し、窓口にお越しください。

次の

車庫証明に必要な書類【車庫証明まるわかりガイド】

車庫 証明 必要 書類

車庫証明とは 車両の保管場所を証明する書類で、車を所有するために必要 自動車を購入すると、最初に自分の車として、主に保管する場所を登録しなければなりません。 その登録に必要なのが車庫証明です。 正式名称は自動車保管場所証明書といいますが、大抵は車庫証明・車庫証明書という名前で呼ばれています。 新車でも中古車でも車庫証明は必要 自動車を自分の車として登録するのに必要な書類なので、新車でも中古車でも必要です。 また車両を購入した時だけでなく、 車の所有者を変更した際、住所や所在地などを変更した際にも車庫証明の申請は必要になります。 地域によっては取得不要な場合も 地域によっては、車庫証明が必要ない場合もあります。 自治体によって車庫証明なしでも車の所有ができるので、自動車の購入を決めたら、一度自治体のホームページなどで確認してみましょう。 【車庫証明が不要な自治体の例】 東京都西多摩郡檜原村、東京都青ヶ島村、東京都小笠原村、神奈川県愛甲郡清川村、埼玉県秩父郡東秩父村... など 車庫証明は自力で取れる!自力取得で代行費用を節約しよう 車庫証明の取得は、自動車販売店などで代行してくれるのが一般的です。 しかし、代行してもらうと代行費用が別にかかってしまいます。 車庫証明は自力で取得することができ、そんなに難しい手続きではありません。 唯一難点なのは、警察署の窓口に行く必要があるため、平日に時間を確保する必要がある点です。 車庫証明の取得に必要な書類一覧 自動車保管場所証明申請書(2通) 自動車保管場所証明(車庫証明)を申請するための書類で、2通必要です。 この書類には、購入する車の情報と、保管場所について記入します。 メーカー名、型式、車体番号、車の大きさをセンチメートル単位で記載します。 購入する車、手続きをする車の情報が手元にあるといいですね。 この申請書は警視庁のホームページでダウンロードすることが出来るので、印刷して記入します。 記入例も紹介されています。 保管場所標章交付申請書(2通) 保管場所標章という、車体に貼るステッカーの交付を申請するための書類です。 この書類に関しても、書く内容は自動車保管場所証明申請書とほぼ同じです。 ただし、年月日は記入せずに提出します。 こちらも警視庁のホームページでダウンロードできます。 記載例を見ながら記入しましょう。 交付されたステッカーは、購入した車の後ろのガラスに貼り付けます。 保管場所の所在図・配置図 これは書類が左右に分かれていて、左側に保管場所の位置(所在図)を、右側に保管場所の配置(配置図)を記載します。 所在図・配置図の書類も警視庁のホームページでダウンロードすることが出来ます。 PDFの記載例を見ながら記入しましょう。 所在図(左側) 自宅または会社等、車の所有者が主にいる場所と車の保管場所(車庫)の位置関係や周辺の主要施設、直線距離を記載します。 配置図(右側) 保管する駐車場の大きさ、入り口の広さなどを記載します。 例えば保管場所が共有の駐車場の場合、どのくらいの幅の駐車場で、何番目の場所に保管する、という内容です。 配置図の場合は、駐車場の出入り口の幅、近辺道路の幅等も記載します。 機械式駐車場のように高さ制限が厳しい駐車場の場合は、その制限の記載も忘れないようにしましょう。 所在図が省略できる場合 このうち所在図だけは、以下の2つの条件がそろえば省略することができます。 ・車をすでに所有しており、買い替える場合。 ・車を使用する本拠位置(所有者が主に居る場所)と保管場所の位置が、両方とも以前の車と変わらない。 保管場所使用権原疎明書面(自認書)or 保管場所使用承諾書 この書類は、人によってどちらの書類が必要か変わります。 保管場所が自分の土地の場合は『保管場所使用権原疎明書面(自認書)』、保管場所に駐車場を借りる場合は『保管場所使用承諾書』がそれぞれ必要になります。 土地または駐車場を保管場所(車庫)として登録するには、以下の4つの条件があります。 駐車場、空き地など、道路以外の場所である。 使用の本拠地(自宅など)から2km以内である。 車が通行できる道路から支障なく出入りができ、かつ、車体全体が入る。 保管場所として使用する権限をもっている。 保管場所使用権原疎明書面の場合は、まず当てはまるところに丸をつけ、日付、住所、氏名・電話番号を記入します。 一方の保管場所使用承諾書は、保管場所の位置、種類(例:月極駐車場)、保管場所の所有者の住所、氏名、保管場所の使用者(契約者)の住所氏名、使用期間、所有者と使用者との関係を記入します。 ここで重要なのが、土地や駐車場の所有者の日付、住所、氏名、電話番号、捺印が必要になる点です。 これは自筆でないといけないので、事前に該当する人に書いてもらいましょう。 自動車の本拠の位置とその位置を確認できるもの 最後に、使用者の本拠(自宅など)を証明できる書類が必要です。 具体的には公共料金の領収書や、本拠への消印付き郵便物が該当します。 賃貸マンションや社宅、寮などの場合も、その建物の住所がわかる書類が必要になります。 本拠が会社の場合は、会社の所在地がわかる書類がこれにあたります。 車庫証明を自力で取得する手順 必要な書類を記入 まずは必要な書類を記入する必要があります。 「警察署に持っていったら記入漏れがあって受理されなかった」ということがないように、記入例を見て確実に記入するようにしましょう。 警察署に行って車庫証明を申請する 自分が登録する車庫証明の場所を管轄する警察署に行って申請をします。 この時は 印鑑を持参しましょう。 また料金が必要になるので、忘れないようにしてください。 申請が終わると、納入通知書兼領収書がもらえます。 これは後から必要になるので、無くさないように保管しておきましょう。 警察署で申請できる時間は、午前9時30分~午後5時15分までです。 休日は、土日祝日と年末年始です。 昼休み等は人がいない場合もあるので、事前に確認してから行きましょう。 申請が終わっても、その日のうちに車庫証明がもらえるわけではありません。 3日~7日ほどかかります。 車を購入するギリギリに申請すると、購入の段取りが思うように進まない場合があるので、時間に余裕をもって申請しましょう。 3~7日後、再び警察署に行き書類の交付を受ける 申請日から3日から7日後、再び警察署に行きます。 この時、先ほど触れた納入通知書兼領収書を見せ、手数料(後述)を支払う必要があります。 これらを完了すると、下記3点の書類が交付され、これで一連の車庫証明取得のプロセスは完了です。 車庫証明取得で交付される書類 車庫証明が受理されると、下記3つの書類が交付されます。 ・車庫証明書(自動車保管場所証明書) ・保管場所標章番号通知書 ・保管場所標章(ステッカー) 以上で車庫証明申請は終了です。 車庫証明申請は、自動車を購入する前に行い、交付された車庫証明書は、運輸局に提出します。

次の

自家用自動車用書類/静岡県警察

車庫 証明 必要 書類

普通自動車を新たに購入した場合や、を行う場合、車庫証明書が必要になります。 会社名義で車庫証明を取る場合も、個人で取る場合も、手続きの内容にほとんど違いはありません。 車庫証明の申請書など必要書類を準備して管轄の警察署へ提出するだけです。 通常、車は本社(本店)で使用しますので、車庫証明の申請書の申請者欄には、会社の住所(登記簿謄本に記載がある住所)と法人名・代表者名を記載します。 そして「使用の本拠の位置(実際に車を使用する場所)」も本社の住所になります。 本店と営業所が異なる場合 よくあるのが、本社は東京にあるが大阪の営業所で車を使用したい場合です。 つまり、本社で車を購入したけれど、実際に車を使う場所が異なる場合です。 この場合、申請書の申請者欄は「東京本社」です。 そして、「使用の本拠の位置(実際に車を使用する場所)」が「大阪営業所」になります。 実際に車を使うのが支店や営業所であっても申請者欄は本社を記載することになります。 そして、営業所の所在証明が必要となりますので、営業所の住所・会社名の記載がある公共料金の請求書や領収書、営業所宛の郵便物(消印があるもの)等で発行から3ヶ月以内のものが必要です(地方によって異なりますので管轄の警察署で事前確認が必要です)。 支店登記をしている場合は「登記簿謄本」に支店住所が登記されていますので、領収書等は不要です。 押印する印鑑や車庫証明にかかる費用は? なお、申請書に押印する印鑑の種類に決まりはありませんが、通常法人として使用する印鑑(法人の代表印)を押印すれば間違いありません。 費用についても個人と法人で差はありません。 車庫証明の申請書には証紙を貼り付けます。 都道府県によって証紙代は異なりますが約2,700円になります。 申請書は複写式になっており、こちらも都道府県によって枚数が異なります。 2~5枚の複写になっていますので、押印も複数枚必要になります。 押印忘れがないようにしましょう。 <営業所等で車庫証明を取る場合の必要書類>• 自動車保管場所証明申請書(車庫証明申請書)• 保管場所(駐車場)の所在図・配置図• 自動車保管場所証明申請書(車庫証明申請書)• 保管場所の所在図・配置図の用紙• 自認書の用紙• 保管場所使用承諾証明書の用紙 警察署のホームページからダウンロードできるようになっているところもあります。 大阪府では大阪府警のホームページから各書類がダウンロードできます。 (2)車庫証明申請書を記入する まずは「車庫証明申請書」を記入します。 「車名、型式、車台番号、自動車の大きさ」は車検証を見ながら一言一句間違えないように記入していきましょう。 「自動車使用の本拠の位置」は、実際に車を使用する場所です。 本社であれば本社の住所、地方の営業所であれば営業所の住所です。 「自動車保管場所の位置」は、駐車場の住所です。 月極駐車場を借りているのであれば、その駐車場の住所を記入します。 「申請者」は、自動車の所有者のことです。 会社で車を購入したのであれば、会社の住所、会社名、代表者名を記入して、代表者印を押印します。 (3)保管場所の所在図・配置図を記入する 保管場所の所在図には、会社の位置と駐車場の位置が分かるように目印になる駅や建物などを記入します。 そして会社と駐車場を直線で線を引いてその距離を記入します。 手書きで記入しますが、インターネットの地図を印刷したものを代用できますので、こちらのほうが便利です。 配置図は駐車場と駐車場の周囲の道路などを書いた見取り図です。 駐車場の出入り口の幅、全面道路の幅、駐車スペースの奥行き・幅・長さ、屋根があれば高さも記入します。 当たり前ですが、車が入る幅・スペースがなければNGです。 (4)自認書または保管場所使用承諾証明書を記入する 自認書・保管場所使用承諾証明書は、車を置く駐車場を確保していること=駐車場を使う権原があることを証明する書類です。 駐車場が会社が所有している土地などであれば「自認書」を記入します。 車庫証明書の申請者と同じ人が「駐車場は自分の土地である」と証明する書類です。 会社の住所、会社名、代表者名を記入して、代表者印を押印します。 月極駐車場や賃貸駐車場など他人の土地に駐車場を借りるのであれば、駐車場を管理している不動産会社や土地の所有者などに「自動車保管場所使用承諾証明書」を記入してもらいます。 (5)使用の本拠の位置の所在証明資料を用意する 申請者と実際に車を使う場所が異なる場合は、使用の本拠の位置(実際に車を使用する場所)の「所在証明資料」を用意します。 東京に本社があり、大阪営業所で車を使用する場合などです。 この場合、大阪営業所の所在証明資料が必要です。 所在証明資料は、公共料金の請求書や領収書(直近のもの)や営業所宛の郵便物(消印があるもの)、会社の登記簿謄本(支店登記をしているもの)が該当します。 警察署によって求められる資料が異なりますので、事前に確認しておきましょう。 (6)警察署へ申請書類一式を提出する 書類がすべて揃ったら、駐車場を管轄する警察署の交通課窓口へ出向きましょう。 受付時間は警察署によって多少異なりますが、平日の午前9時から午後5時45分です。 お昼の時間帯は受付を行っていないところもあります。 書類に問題がなければ、「保管場所証明申請手数料」分の証紙が警察署内の証紙販売窓口で購入できますので、申請書に貼り付けます。 この販売窓口も警察署によって開いている時間帯が異なりますので、気をつけてください。 書類に不備があってもその場で修正できるようであれば問題ありませんが、書類が足りない場合は受理されません。 無事書類が受理されたら、交付予定日と必要な持ち物が記載された紙を渡されます。 (7)警察署での審査 申請の翌日以降に審査が開始されます。 実際に現地に確認しに行ったり、駐車場が以前に申請されていないかなどが調べられます。 現地に他の車が止めてあったり、シャッターが降りていて中が確認できなかった場合などは警察から確認の電話があります。 (8)車庫証明がおりる 交付予定日までに警察署から何も連絡がなければ、交付日に車庫がおりますので警察署へ出向きましょう。 「標章交付申請手数料」分の証紙を証紙販売窓口で購入して受付で渡すと「自動車保管場所証明書」が交付されます。

次の