左頬 ニキビ。 ニキビの占い・ジンクス 〜ニキビができる場所・位置別

実は怖い右頬・左頬にだけニキビができる原因と正しい治し方

左頬 ニキビ

[目次]• 頬ニキビができる6つの原因とは さまざまな原因が考えられる頬ニキビは、スキンケアの際に、 保湿を怠ったりすると肌が乾燥し、 皮脂が過剰に分泌することで頬にニキビができやすくなります。 その他にも、• 食生活の乱れ• 睡眠不足• ホルモンバランスの乱れ• ストレス• 不健康な生活習慣• 洗剤による影響 など、原因はさまざまです。 これらの要因が絡み、ニキビが突然あらわれたり、ときには大量にできることもあります。 ニキビによる肌トラブルが起こる原因については、以下の項目で見直してみましょう。 (1)ホルモンバランスの乱れ ホルモンバランスの乱れは頬にニキビができやすくなる原因の一つです。 ホルモンバランスの乱れを招く生活習慣には• 睡眠不足• ストレスを抱えやすい生活環境 などが考えられます。 排卵の際に起きる女性ホルモンのバランスの崩れが、頬のニキビの原因になることもあります。 生理不順の方は、特にこのホルモンバランスの乱れが頬のニキビを増やしていることもあるのです。 排卵のたびに頬にポツポツとニキビができてしまう方は、 ホルモンバランスを疑ってみましょう。 (2)肝機能の低下 肝臓の機能が低下すると、頬にニキビができやすい環境が整ってしまいます。 肝臓の機能が低下しやすい食生活には、• 肉類中心の食事• お菓子・ケーキ・チョコレートなど甘くて油分のあるもの• アルコールを毎日飲む習慣がある などがあり、上記に該当する方は要注意です。 特に、お酒を飲むとお酒に含まれる成分を無毒化しようと肝臓が活発に稼動します。 これを毎日続けていると、 肝臓に負担がかかり、肝機能が低下していき、頬ニキビを誘発させてしまいます。 厚生労働省が推奨する「1日の適度な飲酒量」[1]は、 純アルコールにして約20gです。 ビールならおよそ中びん1本分• 日本酒なら1合 が目安となりますので、アルコールと上手に付き合いましょう。 また、 休肝日を設け、肝臓を休ませることも大切です。 また、食事は 1日3食を心がけ、 油っぽいものや塩分が多い食品の摂りすぎに注意しましょう。 タンパク質も動物性と植物性をバランスよく摂取すると疲れた肝臓を回復させるのに役立ちます。 (3)胃腸の疲れ 肝臓と同様に、 胃腸の疲れも頬ニキビの原因になります。 胃腸の疲れやすい食生活には、• お菓子・ケーキ・チョコレートなど甘くて油分のあるもの• 肉やから揚げなど脂肪分が多いもの• 水分の摂りすぎ のような食事内容が多い場合は、胃腸に負担をかける大きな原因となっています。 また、頬ニキビは胃液の減少や胃腸が虚弱な場合にも起こりやすいとされています。 夏場は、暑さによる水分の摂りすぎにより 胃を冷やし、代謝が弱くなりがちになります。 水分は短時間に過剰に摂取するのではなく、コップ1杯程度の水を起床時や食事などタイミングを分けて飲むようにしましょう。 (4)偏った食生活による栄養不足 胃腸の疲れやすい食生活でふれた、糖分や油分の高い食べ物や肉などの脂肪分が多いものばかり食べていると、 栄養が偏り、肌のターンオーバーに欠かせないビタミンが不足がちとなります。 さらに、これらの食べ物は 皮脂の分泌を過剰にしてしまい、ニキビができやすい原因を作ってしまいます。 (5)肌を刺激する環境 頬のニキビは外的刺激からの影響原因となります。 頬に不衛生な環境を作ってしまう原因に、• 寝具(枕やシーツなど)• マスク• 間違ったスキンケア などがあげられます。 不衛生な寝具を使用すると、うつ伏せや、横向きで寝る場合、 寝具の汚れが原因となり、頬にニキビができやすくなります。 枕やシーツなど 頬がふれる寝具は常に清潔を保つようにしましょう。 むれやすいマスクは頬に直接ふれるため、摩擦により肌を刺激し、そこから雑菌などが繁殖し、ニキビの原因となります。 また、洗顔の際、間違ったスキンケアや 肌に合わない化粧品を使用していると、 肌のバリア機能が低下してニキビができやすくなります。 (6)化学物質が含まれた洗濯洗剤 肌に合わない洗濯洗剤などを使用していることも頬ニキビの原因となります。 洗濯に使用する洗剤は、洗いあがりのいいにおいを出す芳香剤や、きれいに汚れを落とすために合成界面剤などの化学物質が含まれています。 肌の弱い方がこれらの成分に肌がふれると、ニキビや肌荒れなどの肌トラブルを起こす場合があります。 石油系の合成界面剤や合成香料などの入った洗剤は避け、 弱酸性で肌にやさしい洗剤を選ぶようにするといいでしょう。 片頬にだけニキビができる原因は 片頬にだけ集中してニキビができる人もいます。 ニキビが頬にできる場所によって「想い・想われ・振り・振られ」といったものを占うようなスピリチュアルな側面があるともいわれていますが、ここでは生物学的な理由についてみていきたいと思います。 右頬または左頬のニキビは利き手と関係あり 右頬にできるニキビは、 特に右利きの人が右頬を無意識にさわっていることが考えられます。 これは、左利きの人が左頬と置き換えて考えてもらってもかまいません。 手で頬杖をついたり、スマートフォンを頬にあてて電話したりと、日常生活で、頬にふれる機会が多いと思いますが、 利き手側の頬をさわる機会が比較的多い場合、利き手側と反対側の頬に比べ、外的刺激による雑菌が頬につきやすく、結果として ニキビが生じやすいといわれています。 また、身体の一方だけリンパや血流の流れが悪いため、どちらかの頬に集中してニキビができることがあります。 頬ニキビを治してツルツル肌を目指す対策 頬のニキビの治し方を薬とスキンケアの観点からみていきたいと思います。 頬ニキビを治す治療薬 レチノイド製剤は、 ニキビができる原因の毛穴のつまりを予防し、新たに頬にニキビができるのを防ぐ働きがあります。 2008年に厚生労働省からディフィリンゲルという商品名でニキビ治療薬として認可されています。 主に 初期段階の白ニキビが悪化するのを防ぐために用いるといいでしょう。 また、 ニューキノロン系やマクロライド系の抗生物質は、アクネ菌が増殖していない初期段階の白ニキビには効果がありません。 抗生物質は主に炎症を抑える作用がありますので、 炎症をともなった赤ニキビに対して効果があります。 しかし一方で、ニキビ治療に抗生物質を長期間使用すると、ニキビの原因菌が抗生物質への耐性をつけてしまうおそれがあるため、 炎症が治まったら、外用薬に切り替えるなど使い方に注意しましょう。 どちらの薬も、皮膚への刺激や発赤などの 副作用も生じる可能性もあるので、 皮膚異常を感じたら医師に相談するようにしましょう。 頬ニキビをスキンケアで改善する方法 毛穴が詰まらないよう、正しいメイクオフを心がけましょう。 ごしごしと強く洗顔しないよう、 洗顔料をしっかりと泡立てて、やさしく軽く円を描くようにします。 泡が残らないように、 すすぎをしっかりと行い、タオルで水分をふき取る際も、 ゴシゴシとこすらず頬にやさしくタオルをあてるようにしましょう。 また、女性の場合は排卵期を過ぎたあたりから肌が乾燥しやすくなるなど、 生理周期によって肌質が変わります。 そのため、 肌質にあった洗顔料を選ぶとよいでしょう。 頬ニキビを悪化させないメイク方法 頬ニキビができていると、どうしてもメイクで隠してしまいがちです。 ただし、 厚塗りをしてニキビを隠そうとするのは、ニキビを悪化させてしまう可能性があるため控えましょう。 また、気になるからと 何度も手でニキビをさわらないように注意しましょう。 頬ニキビは、肌の乾燥によって悪化してしまうので、 メイク前にはしっかりと保湿を行います。 そして、ベースメイクに使うファンデーションは油分の割合の多いファンデーションではなく、 ニキビへの刺激が少ないミネラルファンデーションがおすすめです。 また、ニキビ専用のコンシーラーを使用して、 肌色に近いカバー力のあるものを選ぶとよいでしょう。 その際、コンシーラーは清潔なものを使用するようにします。 大人ニキビの治し方 大人ニキビは、• 化粧品やメイクによる毛穴のつまり• ストレス• 睡眠不足• ターンオーバーの乱れ などさまざまな要因が関係してきます。 大人ニキビは主に「洗顔法」「生活習慣」を見直してみましょう。 忙しい日々を送るなかで、メイクがしっかりと落とせていなかったり、十分な保湿をしないままクーラーのきいた部屋で睡眠をすると肌の乾燥がおこり、ニキビができやすくなります。 炎症を起こしている大人ニキビは、皮膚科など医療機関を受診して、 抗生物質などの内服薬で治療したり、 ピーリングやレーザー手術といった施術をうけることでニキビの治療を行います。 また、ニキビができにくい 食習慣や洗顔法を日々の生活で実践し、ストレスを適度に発散できる趣味やスポーツに没頭する時間をつくるなど、精神的・身体的両方の側面から予防を心がけるといいでしょう。 思春期ニキビの治し方 中学生、高校生くらいにできる思春期ニキビは、大人とは異なる思春期特有のニキビです。 できる箇所も 皮脂の多いおでこから鼻にかけてのTゾーンに現れやすいのが特徴で、成長過程のホルモンの分が増えることで思春期ニキビができるとされています。 時期を過ぎれば自然と治っていくのが普通ですが、炎症の見られるニキビについては、ケアを怠り放置していると、ニキビ跡が残ってしまうこともあります。 そのため、治療では炎症を抑えるための抗生剤や皮脂の分泌を抑えるケミカルピーリングなどを行います。 また、皮脂の量と水分量を適度なバランスに保つために、 こまめに洗顔をすることも大切です。 しかし、過剰な洗顔によって皮脂を洗い流すことも考えられるため、 皮脂分泌を抑える化粧水をつけるなどして、 スキンケアを欠かさないようにしましょう。 まとめ 頬は顔の中でも皮脂の分泌が少なく、Tゾーンなどに比べるとニキビはできにくいです。 しかし、頬にニキビができる6つの原因のうちどれかに当てはまれば、頬にニキビができやすくなっているので、原因にあわせた対処を行いましょう。

次の

左頬にばかりニキビができる原因とは?必見の対策もチェック!

左頬 ニキビ

こんにちは、美容研究家のです。 大人ニキビ(アダルトニキビ、吹き出物)や肌荒れ・過剰な皮脂分泌などに悩んでいる人は女性だけでなく、男性にも多いですよね。 しっかりスキンケアをしているつもりでいても、ストレス社会で生活しているわけですから、体の1箇所や2箇所になんらかの不調や炎症が見られてもおかしくはありません。 実は、 ニキビができる場所によって、体のどこが弱っているかが分かります。 そこで今回は、 ニキビができた場所(おでこ、頰、あご、口の周りなど)から体の弱点を知るポイントをご紹介したいと思います。 ニキビチェック:どこにできたかで体の不調がわかる まず、肌にニキビのできる原因は、過剰な熱、ホルモンバランスの乱れ、内臓障害などの内面的なものや外的刺激による外面的なもの、さらにストレス過多などの精神面からできやすくなると言われています。 では、 顔のニキビができた場所から、体の不調箇所をチェックしてみましょう。 743円 このように、 どこにできたかによって、体からの不調シグナルを察知することが可能です。 ニキビは化膿性疾患のひとつなので、体に余分な熱が溜まっているとできやすくなります。 熱は上半身に集まるので、顔以外では頭皮や胸元、または背中などの上半身に多く出るようです。 この体に溜まった熱に「老廃物」が組み合わさると、ニキビができると言われています。 体に溜まった熱以外でも、寝不足やストレスで体が疲労困憊の場合、全ての内蔵機能が低下、肝臓に疲労が溜まることで、血液の浄化機能が落ち、腎臓が弱ると老廃物を排除しづらくなります。 要するに、 内臓の疲れや栄養バランスの悪さによって、余分な栄養分や分解・解毒できなかった毒素が、ニキビとしてあらわれるわけです。

次の

頬のニキビは炎症を起こしやすい?原因とケアの方法

左頬 ニキビ

Contents• 右頬・左頬にだけニキビが発生している状態を正しく考える 右頬・左頬など片頬だけにニキビができてしまうと、何か特殊なことが原因でニキビが発生しているのでは?とついつい考えてしまいがちですが、それは正しい考え方ではありません。 後述するように、何らかの原因によって片頬だけニキビが悪化していることは間違いないのですが、そもそも肌が、頬ニキビ自体を作りやすい状態にあり、そのうえで何らかの原因によって片頬だけニキビが悪化していると考えるべきです。 つまり片頬にだけニキビができているからといって、何か特別な治し方があるわけではなく、頬ニキビに効果的な基本的なケアを行ったうえで、片頬にだけニキビが発生している要因を取り除くことが大切なのです。 なので当記事では、まずは片頬だけニキビが発生している原因やケア法について、そして最後に頬ニキビ自体の正しいケア法についてお伝えしていきます。 片頬だけニキビが悪化する2つの原因 原因1. 寝具の汚れなどによる炎症の悪化 まず一つ目に考えられるのは寝具の汚れや、擦れなどによる炎症の悪化です。 人間は一日の約3分の1の時間を寝具の上で過ごしているとされています。 また寝ている間はだいたい200mlとコップ一杯分の水分も失われています。 つまり枕やシーツなどの寝具には毎日、皮脂や汗、剥がれ落ちた角質などが大量に付着しているのです。 当然これらはダニのエサや細菌の温床となるので、寝具にはダニやダニの死骸、ふん、細菌などが大量に発生していきます。 横向きになって寝る習慣のある人は、このような細菌やダニの密集地帯に、肌を付け続けるわけです。 すると防御反応として炎症が発生するので、ニキビが悪化して、片頬だけニキビがひどくなる現象が起きてしまうのです。 普段服や下着は毎日洗濯するけど、寝具はそれほど注意深く考えて洗っていなかった、という人は意外と多いのではないでしょうか。 しかし寝具は私たちが思っている以上に汚れています。 週に1回はまくらやシーツなどは洗濯して、定期的に細菌やダニを除去するように心がけましょう。 原因2. スマホで繁殖した細菌を頬に付着させる 日々知らず知らずのうちに行なっている習慣や行動がニキビを悪化させるケースもあります。 特に最近ではほとんど人がスマホを日常的に触っていると思いますが、アメリカでの研究によると スマホの画面は一般的な男性トイレの水洗ハンドルの18倍もの菌が付着しているそうです。 また、インディアナ州マンシーのHML研究室で行われた研究でもスマホ画面がいかに細菌の温床になっているかが判明しています。 無作為に選んだ8台の携帯電話が検査された。 どの携帯電話からも大腸菌やブドウ球菌は検出されなかった。 しかし、すべての携帯電話から異常な数のふん便性大腸菌群が見つかった。 検査はインディアナ州マンシーのHML研究室で行われたが、8台の携帯電話には約2700~4200ユニットの大腸菌群が付着していた。 飲用水で上限とされる大腸菌群は100ミリリットル当たり1ユニット未満だ。 スマホを触ったりして汚れた指でニキビを触ったり、頬杖をついたりすることで細菌がニキビに付着し、炎症を引き起こしている可能性があるということを覚えておきましょう。 頬ニキビケアで最も大切なこととは ここまでは片頬だけニキビが悪化する原因についてお伝えしてきましたが、冒頭にも書いたように、最も大切なことは頬ニキビの根本原因を抑えるケアを行うことです。 ニキビの原因については色々言われていますし、実際多くのニキビは様々な原因が複合的に合わさることで発生しています。 ただ、最近の研究ではなかでも 「肌の水分量の低下」が大きな原因の一つになっているとされています。 この調査は顎ニキビに関するものですが、水分量の低下によるニキビは頬ニキビにも同じことが言えます。 成分の多くは肌に浸透されていない!? 頬ニキビを治すためには肌の水分量を向上させることが大事なんだったら、保湿をすれば良いのでしょ?と思ってしまいがちですが、そう簡単な話しでもありません。 というのは肌にはバリア機能が働いているので、そもそも保湿成分の多くは肌内部にまで吸収されることなく蒸発しています。 また保湿成分として有名なヒアルロン酸やコラーゲンも分子量が大きいので、肌深部にまでは届いていません。 このように一口に保湿といっても実際は保湿成分を肌に届けるのは難しいことなのです。 頬ニキビにおすすめの化粧品 先ほど肌の水分量を上げるのは簡単でないというお話しをしましたが、それを解決するのにおすすめなのが富士フィルムが開発したニキビ専用化粧品ルナメアです。 ルナメアを開発する富士フィルムは元々フィルム事業を展開する日本一の会社でした。 それがフィルム事業が時代の流れとともに衰退していくなかで、フィルム事業で培ったナノテクノロジー技術を化粧品に展開して見事復活したとても珍しい会社です。 ナノテクノロジーとは非常に微細な粒子を扱う技術のことですが、この技術はルナメアでも活かされています。 ルナメアには 「アクネシューター」という独自技術が使われていますが、これは成分を独自にナノ化することで、ニキビが発生している毛穴の奥にまで保湿成分とニキビ有効成分を届ける技術です。 これによりニキビが発生している毛穴に直接保湿成分とニキビ有効成分を届けることができるようになり、効果的に肌の水分量を向上させ、ニキビの炎症も抑えることができるのです。 まずはトライアルキットでニキビへの効果を実際に実感してみることをおすすめします。

次の