ハンバーグ 玉ねぎ みじん切り。 みじん切り

【シェフ直伝】基本のハンバーグレシピ、プロのワザで肉汁ジュワ〜!

ハンバーグ 玉ねぎ みじん切り

当サイトの動画コンテンツをご覧いただくには、ブラウザの設定でJavaScriptを有効とし、FlashPlayer9以上のプラグインをインストールする必要があります。 細かく切り刻む切り方で、あられ切りよりも細かく、1〜2mm角に切るきり方です。 少し大きめの3〜4mm角は、粗みじんといいます。 玉ねぎのみじん切り• 玉ねぎなどの球体は、縦半分にしてから面を下にし、端から細かく切り込みを入れます。 このとき、上端(刃先の方)を切らずに残しておくと、崩れにくく、この後が切りやすくなります。 半回転させ、包丁を斜め横(写真A)または横(写真B)から切り込みを2〜3度入れます。 この際も、さきほど切り落とさなかった部分は切らないようにします。 今度は縦に包丁を入れて、端から細かく切っていきます。 もっと細かくしたい場合は、仕上げに利き手ではない方の手で包丁の刃先を押さえ、包丁を握っている利き手を上下に動かしながら、全体に細かく切り刻みます。 にんじんのみじん切り• 1〜2mmの輪切りにしてから• 重ねて、拍子木切りのように1〜2mm幅の棒状に切って• 垂直に回転させ、もう一辺も1〜2mmになるように端から切る。 ねぎのみじん切り• 必要な長さ分を、縦に1〜2mm幅に切り込みを入れてから• 端から1〜2mm幅に細かく切っていきます。

次の

【シェフ直伝】基本のハンバーグレシピ、プロのワザで肉汁ジュワ〜!

ハンバーグ 玉ねぎ みじん切り

【美味しいハンバーグの作り方が知りたい!】 子供も大人も大好きな定番料理といえば、『ハンバーグ』。 中はしっとり、肉汁があふれる美味しいハンバーグを作りたい。 しかしながら、美味しいハンバーグを作るのって結構難しいですよね。 まずタネ作りが手間ですし。 なんといっても焼きの作業! 焼いてる途中で爆発したり外はこげこげで、中は生焼けといった悲惨なものになったり、焼きすぎてパサパサになったり。 問題が続出しますよね……。 ここでは、いくつかのポイントを踏まえた美味しいハンバーグの作り方をご紹介します。 さぁ、美味しいハンバーグを作りましょう! 【玉ねぎが旨味のポイント!】 美味しいハンバーグの作り方で重要なポイントは、玉ねぎにあります。 ハンバーグ4個分に対し、玉ねぎを半分~1個ほど用意します。 大きさが均等になるようにみじん切りにして、フライパンに油を引いて炒めます。 弱火と中火の間くらい。 じっくり焦らず、あめ色になるまで炒めてください。 少し手間かもしれませんが、このあめ色玉ねぎが、美味しいハンバーグの旨味や香ばしさとなるのです。 このあめ色玉ねぎさえあれば、ナツメグなどの特別なスパイスがなくても大丈夫です。 おうちにナツメグや、スパイスミックスがある場合は、適宜使ってください じっくり炒めるのが面倒な方は、みじん切りの玉ねぎを少しレンジでチンして、しんなりさせてから炒めると時短できます。 あんまりチンしすぎるとパサパサの玉ねぎになるので注意しましょう。 また、炒めるの自体が面倒くさい方はレンチンした玉ねぎをそのままハンバーグのタネに入れても、甘味と食感があって美味しいです。 いずれにせよ、熱した玉ねぎを直ぐにハンバーグのタネにいれてはいけません。 熱々の玉ねぎと生地は馴染みにくいのです。 少し冷ましておいてから玉ねぎを使いましょう。 美味しいハンバーグの作り方とは、玉ねぎをしっかり下準備することにあるのです。 【生地はクールに扱いましょう】 さて、重要なハンバーグのタネの作り方です。 美味しいハンバーグを作るには、熱を制することが大切です。 手を使うのは、捏ねる時、ハンバーグを成形する時の、最低限に抑えましょう。 手の熱がハンバーグのタネに伝わると、肉の脂が溶け出してしまい、焼いた時ジューシーさが半減してしまうのです。 肉は、牛豚の合いびき肉、あるいは豚挽き肉がおすすめです。 前者はほどよい肉の食感と牛独特の旨味が感じられます。 後者はしっとりした食感とあっさりした味わいを感じられます。 ひき肉は、冷蔵庫で冷やしていたものを手早く扱います。 凍っていた場合は適度に解凍してください。 4人分で300g程度です。 ボウルにひき肉と小さじ一杯の塩だけを入れて、大きなスプーンなどで練り混ぜます。 最初に練っておくと、捏ねる時間が短縮できて、肉ダネに余分な熱が加わらずに、済みます。 ここで、肉を練る前に、別の器に、大さじ1~1. 5パン粉に牛乳を少々浸して、しっとりさせておいてください。 練った肉の中に、パン粉と炒め玉ねぎを入れます。 少し塩こしょうもしてください。 いよいよハンバーグのタネを捏ねます。 ハンバーグのタネを扱う時は、なるべく手を冷やしましょう。 少し辛いですが、氷水で手を冷やし、タオルで水分を拭き取ってから行うのがベストです。 そして、肉と玉ねぎとパン粉が馴染むように丁寧に素早く捏ねます。 これが美味しいハンバーグの作り方における、ハンバーグのタネの作り方です。 【成形は手早く行おう】 さて、ハンバーグの成形をしましょう。 美味しくハンバーグの作り方では、この工程も重要です。 タネを4等分にしたら、冷した手にサラダ油を塗り、生地を小判型に成形します。 厚さは2. 5センチメートル位です。 成形したら、空気を抜くために、手から手へ、ポンポンとタネを上下させます。 形を崩さないようにしつつ、あまりダラダラ続けないようにしてください。 ここでもたもたすると、生地がだれて、肉汁が逃げてしまいます。 空気を抜いたら、タネの真ん中に窪みを作ります。 窪みを作ることで、焼きムラやタネの爆発を防ぎます。 時間がある方は、成形後のタネをラップをしいたバットなどに乗せて冷蔵庫で冷やしておくと、より肉汁の流出を防ぐことができます。 さらに、肉汁を閉じ込めるための裏技をお教えします。 このまま焼いても美味しいハンバーグの作り方としてはOKなのですが、ひと工夫したい方へ。 焼く直前に、成形したタネ全体に片栗粉をまぶします。 たったそれだけです。 焼くと少し周りにとろみがつきますが、肉汁がより逃げにくくなります。 ハンバーグの周りのぷるぷるが気にならない方だけどうぞ。 【さぁ、ハンバーグを焼きましょう!】 いよいよ、美味しいハンバーグの作り方のメインの工程です。 フライパンに油を引いて、中火で熱します。 ハンバーグを焼きます。 両面がこんがりするように焼いて肉汁を閉じ込めるようにします。 一旦火を止めます。 酒を大さじ3程度フライパンに入れて、蓋をして少し強めの弱火で5分ほど蒸し焼きにします。 時折蓋を開けてハンバーグが焦げ付いてないかチェックしてください。 でも、あまり高頻度で蓋を開けると、蒸し焼きの蒸気が逃げてしまうのでほどほどに。 また、酒が熱されて跳ねるので、やけどにも注意してください。 竹串を刺して透明な肉汁が出てきたら完成です。 生っぽい肉がついてきたり、濁った肉汁が出てきたら、もう少し蒸し焼きましょう。 【ハンバーグのソースも美味しく!】 美味しいハンバーグを食べるためには、ハンバーグのソースも重要です。 ここでは簡単なハンバーグソースの作り方を紹介します。 ハンバーグを焼いたフライパンからハンバーグを取り出します。 フライパンに残った油には肉の旨味があるので、これを利用します。 焦げがある場合は取り除いてください。 ケチャップ大さじ3、中濃ソース大さじ1、醤油小さじ2、砂糖小さじ1、酒大さじ1、をよく混ぜ、フライパンでとろみがつくまで熱して完全です。 ハンバーグの上からかけたり、絡めたりして召し上がってください。 つけそえに、にんじんグラッセや、ベイクドポテトをつけても美味です。 【さぁ、今日からハンバーグを得意料理にしよう!】 いかがでしたか? ハンバーグはきちんとした手順を踏めば、誰でも美味しく作ることができます。 今日から、美味しいハンバーグで食卓をハッピーにしましょう!.

次の

誰でもできる、簡単な玉ねぎのみじん切りのやり方:白ごはん.com

ハンバーグ 玉ねぎ みじん切り

Contents• ハンバーグの玉ねぎを炒める目的とは? ハンバーグの玉ねぎを炒める理由は、以下のとおりです。 玉ねぎの甘みを引き出すため 『玉ねぎを炒めると甘くなる』『あめ色玉ねぎ=甘い』といったイメージを持っている方は多いと思います。 そもそも玉ねぎとは、他の野菜と比べても糖分を非常に多く含んだ野菜です。 しかしながら糖分と同時に、苦味や辛味の原因となる「硫化アリル」を含んでいるんですね。 この成分を飛ばすことで、玉ねぎを甘さを引き出すことができるのです。 ちなみに硫化アリルというのは、ワサビやラッキョウ、ニラなどにも含まれている成分です。 玉ねぎの甘さを引き出す方法としては、• フライパンでじっくり炒める• 電子レンジで加熱する といった方法があります。 テレビの裏技系番組なんかでは、電子レンジ加熱がよく紹介されていますね。 ただ、個人的には多少面倒でもフライパンを使ってあめ色になるまで炒めたほうが美味しいと思っています。 というのも、ただ玉ねぎの甘みを引き出すだけであれば電子レンジでも大丈夫です。 電子レンジで加熱することで内部から温度が上がり、先ほどの硫化アリルの成分を飛ばせるからです。 しかしながら、フライパンで炒めた際に玉ねぎがあめ色(茶色)に変わっていくのはいわゆるカラメル反応というもので、糖とアミノ酸が結合して旨み成分となっているのです。 カラメルソースを作るのを想像してもらえると、なんとなく分かるかと思います。 Sponsored Link 玉ねぎの水分を飛ばすため 玉ねぎを水分を飛ばすため、というのも、玉ねぎを炒める目的のひとつです。 玉ねぎは多くの水分を含んでいるため、炒めずに肉ダネに混ぜ込むと、どうしても水っぽくなってしまいます。 肉だねが柔らかすぎると、どうしても成型が難しくなったり、焼いている途中にふにゃふにゃになり、弾力のないハンバーグに仕上がってしまいます。 とろっとした食感にするため これは後の「すりおろし玉ねぎ」にも言える事ですが、玉ねぎのシャキシャキした食感を消す目的もあります。 逆に言えば、玉ねぎの食感を残したいときには、生のままの玉ねぎを使うのも良いですよ。 詳しいレシピは分かりませんが、ジューシーな炭火焼ハンバーグとして有名な、静岡県のさわやかの「げんこつハンバーグ」では玉ねぎがすりおろされている可能性が高いです。 数は少ないですが、げんこつハンバーグの再現レシピでは、たいていすりおろした玉ねぎが使用されています。 げんこつのハンバーグは焼き加減がかなりレアで、家庭で手に入るひき肉で再現するのは危険と言えます。 また、玉ねぎの甘みを引き出す切り方として、すりおろしは最適とは言えません。 (むしろ、苦味が強調されてしまいます) 炒めた玉ねぎは冷やす必要がある? 炒めた玉ねぎは、冷やす必要があります。 ひき肉の脂をハンバーグの中に閉じ込めておくことが、ジューシーな肉汁あふれる仕上がりにする一番のポイントです。 熱い玉ねぎでひき肉の脂を溶かしてしまうと、焼く前に肉汁が流れ出してしまうのです。 ひき肉の脂は簡単に溶け出してしまうので、粗熱をとるだけでは不十分です。 あめ色玉ねぎを炒めたら、冷凍庫などを利用してしっかりと冷やしてください。 そのような丁寧な作業が、美味しいハンバーグを作るポイントなのです。 Sponsored Link 生のたまねぎを使う場合の注意点• タマネギのシャキシャキ食感を残したい• 時短レシピとしてタマネギを生のまま使いたい• タマネギの苦味のある風味が欲しい こういった目的があるときには、「生のたまねぎの水分をできるだけ抜く」ことに注意してください。 先述のとおり、タマネギの水分はできる限り抜いたほうが美味しいです。 そのため、タマネギをみじん切りにした後、ザルにいれ、上から押さえてキッチンペーパーを使って水分を搾り出してください。 食感を残したいというだけの場合は、細かいみじん切りと粗みじんを混ぜることで、ガシャガシャしすぎない、程よい食感に調整することができます。 Sponsored Link すりおろした玉ねぎを使ったハンバーグとは? 先述の通り、すりおりした玉ねぎは苦味が強く出てしまいます。 したがって、本来はハンバーグのタネに入れ込むレシピとしてはあまり適していないのです。 しかしながら、どうしてもすりおろした玉ねぎを使用する場合には、いくつかのポイントを押さえておけば問題ありません。 この場合も電子レンジで代用することは可能ですが、より強く甘みを引き出すためには、やはりフライパンを使用することをおすすめします。 どうしても電子レンジを使用したい場合には、可能な限りW数を上げ、中心部まで一気に温度が上がるようにしてください。 ハンバーグに使った玉ねぎが少しだけ余っている・・・という際などにもおすすめのレシピです。 すりおろした玉ねぎをそのままハンバーグのタネに入れる際も、基本的な分量などは変わりません。 これらを参考に、ハンバーグを作る際には是非、玉ねぎの調理方法にまでこだわってみてくださいね! テーブルinfo-1人暮らしのための食事とお店の情報サイト-に訪問していただき、誠にありがとうございます。 現在、多くのレシピ本やグルメ情報は、2人かそれ以上の人数を対象にしたものが大半です。 レシピサイトを見ても『2人分』と書かれ、半量を作ろうとしても、食材を使い切れずに困ってしまいます。 1人で入りやすいお店を検索しようにも、そういった情報に特化したサイトの数は多くありません。 だからこそテーブルinfoでは、「1人で作る」「1人で食べる」「1人で来店する」といった想定の下、全ての記事を執筆しています。

次の