ホテル ボラボラ。 ボラボラ島 ホテル予約 人気ランキング【フォートラベル】

ホテル ボラボラ島, フランス領ポリネシア

ホテル ボラボラ

ウェディング• タヒチでのウェディング• 弊社ウェディングの特徴• ロケーションで選ぶ• ウェディングモデルプラン• ウェディングオプショナル ハネムーン&ご旅行• タヒチツアーモデルプラン一覧• 日程の組み方• 日本からの直行便• ボラボラ島の水上バンガロー• 水上バンガロー選び• タヒチハネムーン成功の秘訣• 特選ホテル3選• ボラボラ島のホテル• タヒチ島パペーテのホテル• モーレア島のホテル• その他の島々のホテル• イースター島のホテル• ボラボラ島ホテル比較表• タヒチのホテル何でもランキング 魅力と楽しみ方• タヒチの基本情報と地図• タヒチの気候と天候• タヒチの風土と歴史・文化• 各島の魅力&楽しみ方・地図• 離島の過ごし方• 秘境!イースター島• おみやげNAVI• ダイビング• サーフィン• タヒチアン・ダンス• タヒチアン・パール フォトウェディング サンセットウェディング 各種キャンペーン&特典 オプショナルツアー HAPPY VOICE お客様の声 お知らせ&耳寄り情報 当社が選ばれる理由 ワンポイントアドバイス ボラボラ島の水上バンガロー 間違いだらけの水上バンガロー選び ハネムーン成功の秘訣 ボラボラ島ツアー情報館 日程の組み方 タヒチツアーモデルプラン一覧 タヒチの気候と天候 FAQ お問い合わせから出発までの流れ 会社案内・アクセス ご来店・お問い合わせ お申し込み 【定休日】木・日曜 *祝日営業 【営業時間】10:30~17:30• 5~3. を1本。

次の

ボラボラ パール ビーチ リゾート&スパ|タヒチホテル情報|海外旅行のSTW

ホテル ボラボラ

Le Meridien Bora Bora ボラボラ島 ル メリディアン ボラ ボラ Le Meridien Bora Bora は、タヒチのボラボラ島エリアにあります。 ホテルはラグーン上の島に立地しており、送迎用ボートでボラボラ空港から約20分の距離にあります。 ボラボラ本... 空港送迎• 日本語スタッフ• 無料Wi-Fi• プール• キッチン ホテルランク ? ホテル予約サイト各社から提供された情報の平均値をフォートラベル独自の評価として表示しております。 ホテルの品質を保証するものではありませんのでご注意ください。 みんなの満足度 ? 実際に宿泊されたトラベラーのクチコミ評価をもとに、クチコミ総合評価として表示しております。 78 InterContinental Bora Bora Le Moana Resort ボラボラ島 インターコンチネンタル ボラ ボラ レ モアナ リゾート InterContinental Bora Bora Le Moana Resort は、タヒチのボラボラ島にあるリゾートホテルです。 ボラボラ島のマティラポイント... 空港送迎• 日本語スタッフ• 無料Wi-Fi• プール• キッチン ホテルランク ? ホテル予約サイト各社から提供された情報の平均値をフォートラベル独自の評価として表示しております。 ホテルの品質を保証するものではありませんのでご注意ください。 みんなの満足度 ? 実際に宿泊されたトラベラーのクチコミ評価をもとに、クチコミ総合評価として表示しております。 66 コスパ 4. 50 決してボラボラは安くないですが、払う価値はある!と思います。 kotaroさん サービス 4. 00 お願いすると早々に対応してくれて助かりました。 日本人スタッフの方がとても良い人でした kiyomiさん バスルーム 5. 00 バスタブがあるのがいい!ただ、ソーラー発電で沸かしているので、使いすぎると翌朝までお湯が出なくなります。 ごんどうかずはさん ロケーション 5. 00 3色のグラデーションの海・高台に登れば朝日も見れるし、地平線に沈む夕日も最高です! kotaroさん 客室 4. 50 ポリネシアンを融合したような、タヒチを感じさせる作り!近代的って感じではないのが、むしろリゾートっぽくていい! kotaroさん• コスパ 5. 00 ボラボラ島の水上コテージを持つホテルの中ではコストパフォーマンスでは一番です。 ウクレレおじさんさん サービス 5. 00 地元の人が多く働くあたたかいサービス。 陽気なスタッフ。 洗練されたサービスを求める人には不向き。 sorairoさん バスルーム 5. 00 トイレ別室 バスタブから海面も見える yumenotabitoさん ロケーション 5. 00 ボラボラ島のホテルの中でボラボラパールビーチリゾートほどボラボラ島の象徴の山であるオテマヌ山が美しく見える景色は他のホテルにはありません。 ウクレレおじさんさん 客室 4. 00 水上コテージはとても新しいですが他のホテルが完全なスイートルームになっているのと比較すると少し狭いです。 ウクレレおじさんさん• アクアバイクとシュノーケリング両方申し込んだはずがなぜか実際にはアクアバイクのみで、さらにアクアバイクのイントラがめちゃくちゃ態度が悪く日本人を人種差別するような表現をしてきてすごく不快だった。 そのことをホテルのスタッフに言ってもインターコンチネンタルには私たちには関係ないの一点張り。 全く関係ないなんてことはないとおもう。 旅行会社とホテルのチームワークがあってこそだとおもう。 これをしないと他にまた犠牲者が出るとおもう。 インターコンチネンタルボラボラタラソスパ は最悪なホテルです。 カートも何回も呼んでるのに一切こない。 結局歩く羽目になる。 みんな他のお客さんも諦めて歩いている状態。 ご飯もめちゃくちゃまずい。 インターコンチネンタルモアナリゾートに宿泊します。 毎日朝食付きなのですが、ホテルのレストランでの朝食やランチの時は、一体どんな服装がベストなのでしょうか…。 レストランでのディナーの時は『男性は襟つきシャツ長ズボン、女性はサマードレスなど。 スニーカーはNG』と言われますが、朝食やランチでホテルのレストランを利用する場合、ラフな恰好でもいいのでしょうか…。 ビーサンはNGとか…Tシャツはやめた方がいいとか…何かありますか…? 恥ずかしい質問をしてしまって申し訳ないです…。 海外旅行も初めてで、高級ホテルに宿泊するのも初めてで… 嬉しい反面、正直テンパってます。 館内設備• レストラン 12• スパ 8• サウナ 5• カジノ 0• バー・ラウンジ 13• ディスコ/ナイトクラブ 1• 売店 9• ツアーデスク 13• コインランドリー 13• 駐車場 3• 宴会場 6• 屋外プール 11• 屋内プール 0• プール 11• ジム/フィットネス 8• ゴルフコース 0• テニスコート 5• お子様用プール 2• キッズクラブ 1• ビジネスセンター 8• 会議室 9• ペット同伴可 3 ホテルサービス• 空港送迎 12• 日本語スタッフ 5• ルームサービス 9• コンシェルジュ 10• 両替サービス 9• ランドリーサービス 12• 託児施設/ベビーシッター 9• レンタカー/ツアー手配 10 客室• 海側 0• インターネット 4• 山側 0• 無料Wi-Fi 13• 庭側 0• 禁煙 0• 喫煙 0• エアコン 11• テレビ 7• 電話 1• 新聞 8• 室内金庫 10• シャワー 8• バスタブ 6• ヘアドライヤー 8• キッチン 0• 冷蔵庫 2• 電子レンジ 0• コーヒーメーカー 0• 洗濯機 0• アイロン 4• 衛星放送/ケーブルテレビ 6• ミニバー 6• バスローブ 2• キチネット 0• コーヒーショップ・カフェ 3• 障害者用施設 7• エレベーター 2• ヘアサロン 6.

次の

ボラボラ パール ビーチ リゾート&スパ|タヒチホテル情報|海外旅行のSTW

ホテル ボラボラ

タヒチ「ボラボラ島のホテル情報」 クチコミ ホテル情報!〜ボラボラ島編〜 に戻る 【ホテル情報 INDEX! 海岸に平行にのびているコテージなので,すぐそばに道路があり, けっこう遅い時間まで車の通る音が聞こえる(ちょっとリゾート気分半減)。 その道路沿いにある民家?で飼っている鶏が朝4時半から泣き始めるので・・・ BORABORAの朝は早い(暗いうちから起こされてしまう。 ゆっくり寝てられない)。 水上バンガローの冷蔵庫、テレビ、DVDが新しいものになってました。 あとここのホテルに宿泊される方はパノラマポイントに行かれることをお勧めします。 すごく綺麗です。 ここからの夕陽も格別です。 もうとっくに終わっていると思っていた屋根等の改修工事はまだ終わっていませんでした。 私達が行ったときは2部屋の工事をしていました。 泊まれたらいいなと思っていた良い眺めのお部屋だったので少し残念でした。 でも 工事の音はさほど気になりませんでしたよ。 日本人スタッフのひとみさんいわく、「もう、のびてのびて、ハーって感じですよ」との事。 まさに ボラボラタイムという感じです。 噂によると、3月オープン予定が7月になり、9月になったフォーシーズンもまだ見通しが着かないとか・・・ でも1泊12万とやらのお部屋を見てみたいものですね。 2002年1月8日〜15日までまでボラボララグーンリゾートの 水上コテージ、 214号室に泊まってきました。 (2002年春先の改装前です) ここはポンツーンという 一番海に近い部屋だったのですが、眺めが いい・潜るのに最適というメリットの他にも、蚊が少ないという利点 があり、これは本当に助かりました。 どうもビーチに近くなればなるほど蚊は多いようですよ。 あと 夕日もすごく綺麗に見えました。 ホテルの日本人スタッフは「ひとみさん」で、想像してたとおりの 明るく気さくなお姉さんで、色々お世話してくださいました。 <客層> オフシーズン&改装前の最後の客ということもあって、ホテル自体 はちょっと閑散としていました。 客の半分は日本人で、半分は欧米人といった感じでしょうか。 日本人は1組だけ年配のご夫婦がいらっしゃいましたが、それ以外は 全て20代の新婚カップルといった様子でした。 といってもディナーを2回と、朝食しか食べませんでしたが。 朝食はここに載っていた 和食のようなメニューはありませんでした。 普通のフレンチスタイルの朝食で、それはそれでとても美味しかった です。 夕食も値段相応だと思いました。 ちなみに ヴァイタペの屋台で買った 「ステーキとポテトの盛り合わせ (フランスパン付)1000CFP」と 「ワッフル350CFP」はとても美味し いのでオススメです。 日本人では食べきれないほどの量なので、二人なら1つ買って分け 合うのも良いかもしれません。 飲物やスナックはスーパーで買い出したほうが安上がりです。 あちらの方はタヒチ語、フランス語、英語はほんとに流暢に喋ります。 ので、やっぱりカタコトでも英語が(できれば挨拶程度は仏語でも) 出来ると、旅の楽しみが倍増すると思いました。 我々は新婚旅行だったのですが、本当にすてきな思い出になりました。 ホテルの部屋には時計も冷房もありません。 海の音を聞きながら眠り、太陽の光で目覚めて、ご飯を食べたら海で泳ぐ…といった 過ごし方です。 夜は満点の星を見ながら、テラスで寝そべって流れ星を探しました。 きっとあそこで見た景色は一生忘れないと思います。 この時期に予約を入れられている方は、一度、旅行代理店などに確認されたほうが よいと思います。 ホテルに到着するとすぐにお花で歓迎されてかなり南国ムード満点!! アクティビティは、ひとみさんおすすめの鮫の餌づけのみにして、あとは水上コテージ付近での シュノーケリングを毎日楽しみました。 魚はビーチ近辺よりも 水上コテージ近辺のほうが多かったです。 シュノーケリングを今までしたことがない方は、すぐに海関係のアクティビティをせずに 少しビーチやコテージ下などで練習してからの方がより楽しめるはずです。 ちなみに 鮫の餌付けでもかなりあっちだこっちだと船でポイントまでつれて行かれて泳ぎます。 それと珊瑚がとても多いので持っている人は必ずブーツ&手袋をもっていくといいでしょう。 その時のビデオも撮ってもらい、夕方にホテルにて見せてもらえました。 (ちなみに、そのビデオも買うことができ7000cfpだそうです。 ちょっと高いかな、、) 食事はやはり飽きてしまうので、 バイタペの屋台で焼きそばのようなものを買ったりしました。 また ワッフルも売られていて、とてもおいしかったです。 僕らは英語もほとんどしゃべれませんでしたが、現地の人はみんな温厚で、気軽に挨拶をしてくれます。 バイタペで自転車をかりて島を一週しましたが、現地の子供が自転車をこぐ僕たちに手を出してくれて手をタッチ!! こんな素敵な出会いもあり、とても良かったです。 部屋番号は307でした。 パヒア山が目の前に見え、バルコニーから数十メートル程度シュノーケリングで 行くと 200番台のバンガローとの間の海の色の変わり目)魚の大群が見え,(夫はエイも見た) とても満足の行くお部屋でした。 100番台のバンガローはメインビーチから少し離れたとこにあって静かで良さそうでしたが 私たちの時には波が高く風が強そうで泳ぎづらそうでした。 カヌーやシュノーケルセットは無料で貸してもらえますがシュノーケリングセットが やや不足しているようで、到着した日に何個置いててくださいと予約しておくとベターです。 ダイビングは日本人インストラクターがいないところですが トップダイブ)日本語の説明書があり、 英語でゆっくり親切に教えてくれました。 バイタペへのシャトルボートは30分おきにあり5分弱でわたることができ,買い物やレストラン、 アクティビティに出かけるのにと便利でした。 日本人スタッフのひとみさんがレストランやアクティビティの予約などでよきアドバイスをしてくれ、 ありがたかったです。 客は20代の新婚カップルが多かったです。 食事は朝食がついているのがありがたかったです。 タイ米のようなライスと濃い口しょうゆで作ったようなお吸い物がありおいしかったです。 オテマヌレストランというレストランがありますが味は今ひとつです。 タヒチアンディナーショーの日以外はバイタペのレストランにいったほうがいいと思います。 思いつくことをずらずらと書きましたがこのホテルは本当に快適でした。 おすすめです。 また時間とお金ができたらぜひ行きたいです。 ひとみさんは会うたびにいろいろ気にかけて声をかけてくれて、とても安心しました。 ほかのフロントの方々もとても親切で、アクティビティやディナーの予約もばっちりでした。 食事に関しては、個人的にはbora bora yacht clubの夕食が好きでした。 スープだけはしょっぱかったですが、マヒマヒ料理やポワソンクリュはホテルのより おいしいと思います。 <ベットについて> 3人なのでエキストラベットを頼んでいったのですが、なんせ水上ですからベットの持ち込みはできません。 でもベットがキングサイズだったので、3人でゆうゆうと寝られました。 子どもが小さいうちはエキストラベットは 必要ないでしょう。 やはり、オテマヌ山が見える本島側の部屋がおすすめです。 ちなみに私たちの泊まった部屋は本島側の209号室でした。 <ひとみちゃん:&おすすめ裏山の景色> 日本人スタッフの「ひとみちゃん」とってもいい人でした。 いろいろな情報をくれて、予約をとってくれました。 最低でもあと1年はここのホテルにいるそうです。 裏山登って見る景色もひとみちゃんのおすすめで登ってみましたが、夕日が最高! 絶海の孤島に楽園あり! <食事について> 食事は、はっきりいって飽きます。 なにしろ夕食はメインダイニングしかありません。 フレンチなので2回も食べると飽きました。 また、日本から持っていった インスタント食品がとっても役に立ちました。 こんなに持っていっても残すと思っていましたが、 全部なくなりました。 足りなくなって向かいのバイタペのまちのスーパーまで行きましたが、フランスパン以外ろくなものはありませんでした。 <パレオとふざけたビーチボーイ> とにかくパレオは便利です。 いったらすぐに買った方がいいです。 女性も男性も使えます。 またこれがかっこいいんだよねー。 これがまたふざけた野郎で、最初教えられたのが「ふんどしスタイル」でした。 やられる方もやられる方です。 とほほほ。 でもその後、そいつらとすっごく仲良く なりました。 ホテルには早朝着いてしまうので、 アーリーチェックインを頼んで部屋にすぐ入れたほうがぜんぜん楽です。 少し寝てから遊びました。 満室のくせにビーチもプールもガラガラでしたが、場所がら新婚さん(日本人やフランス人)が多くいます。 子どもに大騒ぎをさせない配慮が必要な場所です。 当然、私たちもそうしました。 グアム、サイパン、ハワイのように遅くまでプールで騒いでいるようなところではないようです。 おしゃれに礼儀よく遊ぶことを教えたい場所です。 <最後に> 本当に最高のところでした。 ストレス解消に最高。 日本のTVニュースもない。 新聞ない。 電話もかかってこない。 親が死んでもわかんない。 きれいな海。 きれいな空気。 きれいな景色。 一生に一度は行くべきところです。 皆さん楽しんで来てください。 ひとみちゃーん。 インターネットに載せるって約束守ったよー。 顔写真は割愛しました。 安心してねー。 ほあしでした。 ボラボララグーンリゾートに宿泊しました。 ヴァイタペなどで他の宿泊先にいる日本人の方と何度かお話しましたが、 ヴァイタペ へのアクセスは水上バスのあるLagoonResortが一番よいですね。 あれ だけ「海」に囲まれているのですから、陸上を走るのはちょっともったいない気 も します。 ボラボラ ラグーンリゾートに泊る方がいたら、ぜひともお勧めしたい アクティビティがあります。 ラグーン内の違うモツ(小島)に行って、食事ができるというアクティビティなのですが、 それがとっても良い感じなんです。 遠浅の海辺に入っていって、 テーブルとイス、そしてパラソルを設置してくれます。 その場所で本格的かつオイシイ料理が楽しめるんです。 足元はもちろん浅瀬の海。 (水位は くるぶし よりちょっと上くらいでしょうか)。 海の中?での食事なんて、とても非日常的でした。 もちろん、ロケーションもとてもキレイなモツで、遠浅の水色の海も本当にキレイ。 2000年5月10日から日本人スタッフのHitomiさんが働いていらっしゃいます。 レストランやダイビングの予約など大変お世話になりました。 ホテルボラボラとモアナビーチの水上バンガローがどちらもとれなかったので、 ホテルボラボラのビーチバンガローとラグーンリゾートの水上バンガローでずいぶん迷いましたが、 水上バンガローの良さが満喫できて良かったです。 テラスでデッキチェアに横になって海風に吹かれたり、テラスから直接スノーケルで 海に入って魚に取り囲まれたり、上がってすぐテラスでシャワーを浴びたり、 ガラステーブルから魚に餌をやったり(意外にやみつきになります)、海を満喫できます。 ホテルの 裏山に上がって見る 夕日もとても良かった。 それにこのホテルは ヴァイタペまでの交通の便がよいので、いろいろな楽しみ方ができます。 スタッフもみんな フレンドリーで、Hitomiさんがいらっしゃらないときには 外人スタッフにアクティビティーの予約などお願いしましたが、カタコト英語でも 親切に対応してくれ、何の不自由もありませんでした。 ところで今年の ヘイヴァは6月23日からとポスターにありましたが、すでに会場の設営や 踊りの練習が始まっているようです。 ヴァイタペ近くの運動場のようなところで、まさに盆踊りふうにたくさんの人が踊っていました。 毎晩ヴァイタペから海を越えてその太鼓の音が聞こえてきます。 土日は休みのようでしたが、毎日夜11時くらいまでドンドコドコドコと響いてきて 神経質な人は眠れないかも。 うち、タヒチは8日間です。 個人手配なのでなかなか苦労しまし た。 いろいろお伝えしたいことはありますが、基本的にホテルの情報のみに絞ってみました。 <タヒチ島のホテル:プリンスヒノイ> タヒチ島でのホテルは飛行機の時間の絡みもありデイユースが可能なプリンスヒノイを 利用しましが、はっきり言って大失敗です。 本屋で売っているタヒチの本などの写真ではまともに見えますが部屋は最低でした。 ゴキブリは出るは、タオルは雑巾みたいだわ。。。。 超貧乏旅行以外は利用しない方がいいと思います。 <ボラボラ島のホテル:ボラボララグーンリゾート> ボラボラ島ではボラボララグーンリゾートの水上コテージに6泊しました。 予約の段階でメ インビーチの先端を希望していたので先端から2番目のコテージが 確保されていました。 このホテルは日替わり無料アトラクション(アウトリガー教室やパレオの着方教室等)を準備しているので お金を使わずに暇つぶしをすることも出来ます。 このアトラクションについ てのインフォメーションはYURIさんがフロント横のボードに日本語で 書いてくれているので 安心です。 <ラグーンリゾートの水上コテージ> メインビーチに近いコテージはビーチで泳ぐ人たちが目の前を泳ぐので出来るだけ 先端の方がいいと思います。 コテージはシャワー室とバスタブが別になっていて、洗面台は2 つあります。 アメニティの交換と掃除は1日に2回です。 夕方になると氷を持ってきてくれ ます。 冷蔵庫の中の物は高いのでホテルの外で買うことをお勧めします。 部屋にビニー ル製のサンダルが置いてありますが有料なので、勢いあまって袋を開けないようにしましょう。 部屋は広いですが、部屋から海が見えるガラステーブルは少し小さ目です。 <ラグーンリゾートの海> コテージからちょっと出ただけでシュノーケリングスポットとしては充分の魚がいます。 シュノーケリングセットは無料で、借りっぱなしでも大丈夫です。 すこしくたびれている物も あるので借りる時に遠慮せずちゃんとしたものを借りた方がいいでしょう。 軍手みたいな手袋を持っていくと珊瑚で手を怪我しなくてすみます。 <ラグーンリゾートのメインダイニング> ホテルの食事は可も無く不可も無くと言ったところでしょう。 オテマヌレストランのタヒチア ンディナーショーは予約しないとまず入れません。 必ずワインリストを持ってこられるので 皆さんワインを頼んでいましたが、 頼めばビールでも何でも持ってきてくれます。 無理して ワインリストから選ぶ必要はありません。 ディナーショー以外の日にこのレストランで食事をするとお金がかかります。 ヴァイタペの スーパーで買い物をしてコテージのベランダで星を観ながら食事をするのも悪くないです。 ちなみに夕食はこのレストランでしか食べれません。 <ラグーン〜の朝食> 何故か朝食(ブッフェスタイル)はタダでした。 インクルーシブなのかもしれません。。 オムレツなどは 目の前でリクエストにあわせて作ってくれます。 1リットルのミネラルウォーターもボトルご と置いてあるので、皆さん必ずと言っていいほど 帰りに1本持ってかえっていました。 ホテ ルの人も全然気にしていません。 ゴハンと味噌汁がありますが、日本のそれと同じではありません。 日本人を意識して置いてある事だけは評価しましょう。 <ラグーン〜のプールサイドバー> プールサイドバーではお酒や軽い食事が出来ます。 サンドイッチやハンバーガー程度な らここで食べられますが15時過ぎて軽食を頼むと、 ちょっと嫌がります。 軽食は結構ボ リュームがあるので2人で1つでも充分でしょう。 <ラグーン〜のカヌーブレックファースト> ほぼ時間通りに持ってきてくれます。 量は多いしシャンパンがついています。 朝から飲む と回ります。 泳ぐまでは少し時間を空けたほうがいいでしょう。 カヌーブレックファーストのメニューはジュース以外は固定です。 1回頼めば充分だと思 います。 私たちは3回予約していたので3回目は飽きてしまいました。 <ラグーンリゾートと本島間のシャトルボート(無料)> 20時以降は定期的な運行はしていません。 フロントで何時に迎えに来て欲しいかリクエ ストしておかないと面倒なことになります。 ホテル以外のレストランで食事をする時は気を 付けましょう。 ヴァイタペまでは5分程度でつきます。 <ヴァイタペのスーパー・チンリー> 一番大きい(?)スパーマーケット・チンリーは雑然として奇麗とは言えませんが ビールや お菓子などはここで仕入れることが出来ます。 ここで売っているフランスパンは40円程 度ですが、さすがフランス領だけあって結構いけます。 見たこともないフランス系の缶詰 が色々ありました。 当りはずれはありますがビールのツマミには充分です。 私たちはお昼ゴハンもここで買ったカップ麺で済ませたり無駄に浪費することを避けるこ とが出来ました。 <最後に> 生きているうちに一度は行っておいた方がいいでしょう。 ハワイやグアムのように完全に観光地化されていない素朴な島です。 力を抜いてぼーっとするにはいいところです。 ただし、ホノルル経由は結構疲れます。 それなりの覚悟をして移動ルートを決めた方がい いです。 帰りはホノルルに宿泊せずにボラボラから一気に成田まで帰ってきたのでかなりハードでした。 ちなみに新婚旅行でした。 ハネムーンで。 行く前にこのHPを見てから行きました。 『ボラボララグーン』に滞在し、シュノーケル・ダイビングを存分に楽しんできました。 このHPの話をYURIさんとしてきました。 情報量も多いし、すごく便利でいいHPですね。 ボラボラ島もボラボララグーンもYURIさんも最高で、すごくいい旅行でした。 マティラ岬まで行ってシュノーケリング、でもあまり魚はいませんでした。 3年前にも来た という日本人の方とお話をしましたが、魚の数がすごく減ったそうです(マティラのビーチは)。 ホテルのMOTUピクニックは予約がいっぱいで行けなかったので、 YURIさんに他に魚がたくさん見られるポイントはないですかと尋ねたところ、 水上タクシーで 『コーラルガーデン』に行けばいいですよと教えてもらい、行ってきました。 水もキレイで魚の数も種類も豊富で、水中写ルンですでしたが、 すごくキレイな写真が撮れました。 この写真を見た友人はビックリしてます。 YURIさんに感謝・感謝です。 フィッシュウォッチングしたい方にはお勧めですよ。 日本人は私達の他には1人もいませんでした。 周りは外人さん・・・と言ってもほんの数人で、おやつと飲み物を持っての〜んびり 気持ちのいい時間を過ごせました。 私はここが一番想い出深いです。 この場をお借りして・・・ YURIさん、本当にありがとうございました! 写真ができましたのでお送りしますね。 空港までの船でお話したものです。 よろし ければメールでも下さい。 ボラボララグーンのサービス、すごく良かったですよ。 部屋もキレイだし、新聞も毎日届けてくれるし、YURIさんがいるし。 ただし、水上コテージ周辺の海の美しさはモアナビーチにはかないませんね。 やっぱりあそこの海はすごくキレイです。 もちろん、ボラボララグーンの水上コテージ周辺でも魚はたくさん見れますけどね。 お金を貯めて、絶対また行こうと心に誓いつつ・・・ 【Mayu旦那】 コーラルガーデンの情報はにもありますので ご参考まで。 本島に面した110番の部屋にとまりました。 100番台の部屋は、風の強い日は地震のように揺れて恐いのですが、 眺めは良くて、お魚もわりと大きめのものが種類も豊富にいました。 朝日を眺めようとバルコニーで待っていたら、マンタがスーッと通りすぎて行ったこともありました。 お魚が大好きな人には、お勧めです。 ビーチは狭いながらも、きれいでした。 裏手の パノラマに登れば、きれいな夕日も見られて感激しました。 ただ、夕食だけは、値段の割に今ひとつでした。 レストランに関しては、去年、行ったメリディアンの方が何を食べても美味しかったし、 音楽は生演奏だし、雰囲気も良かったです。 水上コテージは、本島側とメインビーチ側にありますが、私たちは本島側の 本島に向かって一番左(ヴァイタペに行くシャトルボートの乗り場から一番近いコテージ)でした。 以前どなたかが、メインビーチ側の方が圧倒的に魚は多いと言ってましたが、 そんな事はないと思います。 コテージのガラステーブルからパンをなげると、まるで池の鯉にえさをやっているかのように、 色とりどりの魚たちが集まってきました。 パンを持ってコテージから直接海に入れば、そこは もうちょっとしたシュノーケルポイントより すごいです。 メリディアンのあるモツにシュノーケルをしに行きましたが、ラグーンリゾートのコテージから入る海の方が きれいだったようにも感じました。 確かにメインビーチ側の最先端のコテージ付近は、比較的、魚が多かったようですが、 先端の方でなければ、どちら側も同じくらいだと思います。 であれば、メインビーチ側は人も多く(といってもちらほらですが)、また水上コテージも連なっているので、 本島側の方が、静かでいいと思いました。 コテージからの景色も、オテマヌ山が眺められてとても良かったです。 ボラボラ〜 は、ダンサー達の年齢が比較的若く、素朴な印象を受けました。 ダンスをする場所は、レストランの外のテラス?のようになっているところで、松明に囲まれ、 足下は砂地で、雰囲気がとても良かったです。 ファイヤーダンスは迫力満点です。 火を落とした回数は2〜3回程度です。 マエバビーチの方は、ダンサーの年齢が高めです。 男性は本物のタヒチアンという感じで、筋肉モリモリ&タトゥーバリバリです。 女性のメイクや衣装は派手です。 ファイヤーダンスがない代わりに、パレオの着方ショーがありました。 場所はビーチサイドのレストランの中ですので、こちらの方がいかにも「ショー」といった感じです。 ダンスはどちらかと言うと、マエバビーチの方が上手だったような気もしますが、 私は、ボラボラの方が断然良かったです。 とりあえずこのへんで。 ごくらくボラボラでもおなじみの ユリさんは本当に親切で働き者でした。 休む暇も無く次から次にお客さんが相談にきていました。 私にも、南十字星がどれかなど他愛も無いことを快く教えてくれました。 事前にオテマヌ山が良く見える部屋をリクエストしたのも聞いてもらいました。 7月中旬から始まったヘイヴァの祭り自体はすでに終わっていたのですが、 その後夜祭とでも言うべき祭りが8月8日まで続いていて、連日夜9時過ぎから夜中まで、 (最後の土、日は明け方3時まで)地響きのようなものすごい音が聞こえてきます。 (日本の盆踊りのようなものです) そのため、毎晩熟睡できませんでした。 耳栓は最低限必要ですが、音に敏感な方は、 この時期のボラボララグーンは避けた方が 良いかも知れません。 私たちは、これも旅の思い出と割り切っていましたが、中にはユリさんに苦情を言った人もいるようです。。 ユリさんも寝不足だったそうです。 ヴァイタぺの町に出るのに、ボラボララグーンは最高の立地です。 専用のボートが 30分おきくらいに出ていて、乗船しているのは 5分です。 現地の人々の生活の様子がよく見れます。 また、お昼のサンドイッチやお菓子、飲み物などもヴァイタぺまで買いに出たので 安くあがりました。 ごくらくボラボラではおなじみのYURIさんは100%の笑顔で迎えてくれましたし、 皆さん 良いかたばっかりでした。 バイタペへの送迎も全く不便を感じませんでしたし、ちょっとした買い物なども バイタペから徒歩5分以内で問題無し。 木曜日にはホテルの オテマヌレストランのディナーバイキング&タヒチアンダンスショーは 欠かすことはできません。 最高です。 水上コテージへ泊まったのですが、部屋がとても広くてキレイで、ベットもキングサイズ・ 洗面台とシャワーも2つずつありました。 静かな波の音を聞きながらのんびり過ごせました。 部屋の中は思ったより涼しく過ごしやすかったです。 ガラステーブルはそれほど大きくはないけれど、きれいな魚がすぐに寄ってきます。 なんと30cmぐらいの巨大ヤドカリ?も現われたりしました。 水上コテージは当たりはずれなく、どの部屋からもすぐにきれいな海に入れます。 テラスからは本島の景色が美しく、南十字星が目の前に見えました。 あとカヌーブレックファーストも指定の時間に来てくれます。 気になる料理ですが、とてもおいしかったです。 夕食はフランス料理が多いですが・・・ このホテルからは島で一番大きなバイタペ村へもすぐに行けます。 無料シャトルボートが30分おきに行き来するので何の問題もありません。 ボラボラ本島のマティラ岬などの観光をするのにはちょっとだけ不便かも。 ホテルのスタッフはみなさん親切でとても気さくです。 特に私達は童顔なので子供みたいに思われたらしく、ビーチスタッフが すぐに声を掛けてきて、ココナッツを割ってくれたり大サービスでした。 だいぶ、かまわれてましたが・・・ 片言の英語と日本語で充分楽しめました。 私達はまだボラボララグーンにしか泊まっていないのですが、何度ボラボラ島に来ても 絶対またこのホテル 水上コテージ に泊まろう!と言ってるぐらい私達にとって最高の リゾートホテルでした。 文句無しのホテルでした。 何か文句があるとしたら、ホテル内は物価が高いということぐらいです。 余談ですが・・・ 2月は雨季と言われていましたが、現地の人も驚くぐらい天気が良く 暑かったです。 以上ボラボララグーンリゾートに関して、全身真っ黒黒のasukaでした。 ゆりさんも、パソコンを持っているそうなので、ネットが繋がったら、きっと見てくださいね!と伝えてきました。 ここで、現地の方とお話できたら、楽しいかも?! そして、ボラボラの感想ですが、「今までの人生って何だったの?!」と思ってしまうくらい、 素晴らしいところでした。 信じられないエメラルドグリーンの海、その色が映った緑色の雲、白い砂浜、ヤシの木陰、 海に潜れば、珊瑚にサメにエイにマンタ!! 餌付けされた熱帯魚達が、まっしぐらにこちらに泳いできた時(パンがお目当て)は、 魚達の正面顔がかわいくて、シュノーケルくわえたまま笑ってしまいました。 そして、晴れた夜には、天の川やら南十字星!! あ〜んな豪華な自然を体験できて、ほんとに幸せでした。 アクティビティもいくつか体験したので、また情報を整理して、有益なものがありましたら、 また書き込ませてください。 日本人スタッフの YURIさんはとても親切な方でした。 日本人のシェフもいるそうです。 その他朝食ビュッフェには みそ汁・ごはん・ふりかけあり! 日本人シェフの方が教えたそうですが、いける。 Yuriさんにも、「ごくらくボラボラに書くからねー」と言ってあります。 っとダンナといってます。 ぜったいまたいきます。 今回4回目となるクラブメッドでしたが、 お昼休みがあったり、プールやアネックスレストランがないなど 少し他のバカンス村とは違った雰囲気でした。 日本人GOは3人でとても気さくに話し掛けてくれました。 そんな中で「日本語に接する機会が少なく、情報もほとんど入ってこない」ということを聞きました。 確かにそうでした! インターネットもバカンス村は通じておらず、バイタペまで行って1分間30円〜40円とのこと。 これではなかなか情報を得る事が出来ないようです。 日用品などは日本よりずっと高かったです。 もし行きの荷物に余裕があれば、石鹸・シャンプー・洗剤・ハミガキなどなど 日用品を多めに持っていってプレゼントしてあげてください。 きっと喜ばれます!! あとお土産についてですが、同じ物が店によって 全く値段が違いました。 タヒチはずっと行きたかったところでほんとにいってよかった。 周りはやはりカップルだらけで女2人の私達はちょっとういてたかな? でも、メッドだから安心だし楽しんだもの勝ちです。 ダイビングですが 日本から研修にきてるハーフの女の子がいるので 言葉の心配しないでOKです。 3箇月いるそうなので この夏いっぱい大丈夫! あと、マラム島1日アイランドクルーズでシュノーケリングで マンタにあえました。 感動〜。 行かなかったけど行ったヒトみなさんサファリツアーよかったって いってました。 いけばよかったかな? なによりほんとにフランスパンめちゃうまでした。 女性、リコさんと男性、シンゴくん、オリくん。 エアコン快適、心配していた蚊もそれほどでもなく。 (だってすんごい除虫カーがいたよ。 殺虫剤撒いてたし) カードはフロントではJCBやらいろいろつかえたけど、 レンタカー及びレンタサイクルでは(同じクラブメッド内だけど) VISAか マスターしかダメでした。 で、残念ながら我々は借りられず…。 日本人スタッフの リコさん、 シンゴくん、 オリくんいつも親切にボラボラの楽しみ方?を教えてくれました。 DEMIさんは、クラブメッドを辞め、4WDツアーの案内のお仕事をしていました。 ニュージーランドの旦那さまを持つKEIKOさんも人魚のような??方で素敵な生活を送っていました。 全泊ボラボラにいられるのもクラブメッドのよいところですね。 お天気はずっと快晴!とてもラッキーでした。 食事やナイトショーは日替わりで毎日楽しませてもらい本当にクラブメッドにしてよかったと思いました。 ボラボラで見た海と空は忘れられません。 タヒチは値段が高いから・・・と悩んでいた時、このHPで、いろいろな国の海をみたけどタヒチが一番!という記事を見て 決心して行くことができました。 とても感謝!!しています。 ダイピングはTOPDAIVEで連れて行ってもらいました。 日本人スタッフはいないのですが、身振り手振りで、緊張してしまう私たちを楽しく&しっかりサポートしてくれて、 思いっきり海を満喫できました。 可愛い魚たちと一緒になって泳いだことは貴重な思い出です。 もう1度いきたいな。 タヒチ、ボラボラ、クラブメッド。。。 近くの島では、緑色の藻だかコケだかが水際に付着していたり、 普段ではシュノーケリングでマンタが見えるスポットも、にごっていて全く見えませんでした。 でも、場所によるので、もちろんキレイにお魚が見えるポイントも沢山あります。 宿泊施設は冷房完備。 (ただし、いくら暑いからって夜つけっぱなしだと風邪ひきます。 天井備え付の扇風機?のみで大丈夫) 噂に聞いていたよりも虫が全然いなくて快適でした。 蚊には一匹もさされなかった。 食事はおいしいー! ワインも赤・白・ロゼと飲み放題で、太って帰ってきました。 日本人スタッフは男性1名と女性3名の計4人。 みんな面倒見もよく良い方たちでした。 ただ、一部外国人GOの中に、お客に対する態度がいまいちな人も いて、少々嫌な思いもしたのも確か プロによる写真は一枚1200フラン〜。 やっぱり物価は高いです。 雨期ということでとても心配しましたが、雨が降ってもほんとスコールという感じで、 全く問題なしでした。 お財布を持たずにバカンスを楽しむという点で、やっぱりクラブメッドにして良かったと思います。 現在日本人スタッフはCHOCOさんとDEMIさんそれにハーフのEMMAさんの3人です。 日本人のスタッフはいませんでした。 前日の予約の際、見たいものを言っておくといいですよ。 ちなみにマンタダイブか それ以外という感じでポイントが分かれてました。 (2000年12月旅行) 以前は一部客室にしかエアコン、TVがありませんでしたが、全室エアコン、TV付きになりました。 それから、エアコンの効率、虫の進入を防ぐためか、ルーバーの外側に ガラス戸(開閉可)が 設置されていました。 取り急ぎお知らせまで。 ゆきさんは私達と時期を同じくして帰国し、次回はサホロだそうです。 日本人ではもうひとり女性がいました。 口コミ情報通り、食事は毎日毎食趣向が凝らしてあっておいしかったです。 これまた多種のフランスパンはまれにみるおいしさでした。 宿泊はシービューバンガローでしたが、広く清潔で設備が整っており、非常に快適でした。 途中でエアコンの調子が悪くなったので申し出たところすぐに修理が来ましたし、 セーフティーボックスの使い方が分からないお年寄りにはスタッフが部屋まで行って 教えてあげるなど、きめ細やかに対応してくれるのでとても安心して過ごせました。 目前の海は水上コテージがあるようなホテルに比べるとはっきりいって見劣りしますが、 無料で向かいのモツ(島)(大変美しい浜のある)に行く船があるので ちょっとした旅行気分でした。 ほぼ毎晩行われるショーにはGOショーや地元のタヒチアンのポリネシアンショーもあり、 夜の娯楽の少ない地域ながらも十分に楽しめました。 ホテル内のブティックは小さく、クラブメッド商品以外の品揃えや品数は少なく 値段も空港より高かったので、おみやげは国際線の空港にあるナマタで購入しました。 宿泊は、クラブメッド。 なかなか楽しい時を過ごしました。 クラブメッド ボラボラにはお土産はあまり多く売っていません。 ただし、クラブメッドを出て、左に15分間ほど歩くと、左側 に、 別のホテルのお土産店、右側にもお土産店があります。 お昼前後は閉店しているので注意しましょう。 スーパーマーケットもあります。 ボラボラの中で一番お土産店があるのは、もちろんバイタぺでした。 その場所まで、歩いて行くには遠いので、ファンカーで行くにのがちょうどいいです。 サンセットクルーズもいいのですが、オプションなのでお金がかかります。 ファンカーは、490フラン/4時間まで(2時間、6時間までがありました)で、 別に700フランガソリン代を払いました。 日本の免許証で0Kでコピーを取られます。 あと、カードも要ります。 お金のところは、書かずに、写しを作り、何もなければあとで返してくれます。 6時までに返さないと行けないので、沈む少し前にとばして帰りました。 夕日の見えるところまで、10分ぐらいで行けます。 いろんなところに登場して、写真を撮っていきます。 そして、できた写真は、夕方6時半頃から張り出され、申し込みができます。 小、中、大とあって、小がキャビネ版ぐらいです。 (1000,1500,2000フラン)。 高いですが、結構よくとれていて、たくさん買っていました。 私も、5枚ほど買いました。 迎えの船は、11時、12時来ます。 その他、週2回ピクニックといって、バーベキューをします。 すぐ向かいの島ですが、透明度がいいです。 船の着くところには、あまり魚がいませんが、少し反対側に回り込んでいくといます。 その他のスノーケリングポイントへも、毎日、2時半につれていってくれます。 ダイビングもできるポイントです。 2回行きましたが、別の場所でした。 2回目に行ったところの方が、きれいでした。 朝予約をしますが、空いているときも多いので、直前でも空いていれば乗せてくれます。 ショーで かかる曲について掲載されていましたが、その補足情報です。 また、G. ショーといえば外国のG. の皆さんが思っているらしいことを ここで代弁しておきます。 「日本人に声をかけたいのだけれど,かけようとすると引いてしまうので きっかけがないとなかなか声をかけられない」のだそうです。 これからボラボラでMedのバカンス村に泊まられる方がいらっしゃいましたら、 取って食われたりはしませんから、片言でも英語が話せる方は逃げないで 積極的にお話ししてみて下さい。 は 気さくです。 ご主人のAngelさんはほんの少しですが日本語が分かります。 (せんだみつおとR.スチュアートをたして2で割ったような顔をしています。 ) Agnesさんは英語の話せない私にブロークンで身振り手振りで話してくれました。 デジカメで撮った画面を見て大爆笑だったのは言うまでもありません。 とにかく顔を合わせれば必ず声をかけてくれる元気でとっても楽しいご夫婦です。 ぜひ、このお二人に話しかけてみて下さい。 バカンス村で過ごす時間がさらに楽しくなるはすです。 もうボラボラ島は大変すばらしいところです。 今までニューカレドニア、モルディブ、グレートバリアリーフときれいな海には慣れたつもりでしたが、 ボラボラの海はさらに美しかった! すっかりボラボラ病になってしまいました。 当分治りそうにありません。 さらにClubMed BoraBoraは最高でした。 今まで旅行は普通のホテル泊だったので、日中遊んで疲れて寝るだけというかんじだったのが、 ClubMedでは全然違いました。 夜まで楽しめます。 寂しいとか怖いという感情は一度も感じませんでした。 エクスカーションの「マラム1日ツアー」はすごくお得でおすすめです。 マンタポイントでシュノーケリングをして、ClubMedに宿泊してる人とか行けないという 大変美しい無人島モツタプでバーベキュー、その帰りにはエイの餌付けをするという、 もりだくさんのツアーでした。 なんとシュノーケリングでマンタを見ました! 食事もかなりよかったです。 イタリアン、アジアン、タヒチアン料理など毎晩違ったメニューで味もそれぞれおいしい!! とくに朝のメニューに毎回ある「ウインナー」にすっかりはまってしまいました。 べつにどおってことのないウインナーなんですが、なんだか忘れられません。 なんでも構いません。 あのウインナーのことを知っている方がいましたら、ぜひ教えて下さい。 どんなささいなことでも結構です。 よろしくお願いします。 もう1つ気になってるいることがあるのですが、 毎晩のGOショーで最初にショーの紹介をする時にかかっている曲と拍手を集める時にかかる曲です。 とってきたビデオで何回も聞いているのですが全く手がかりがつかめません。 何か分かりましたら、ぜひお願いいたします。 とにかくボラボラは最高の島です。 絶対にまた行きます! できれば来年にでも行こうと思ってます!!きっと行きます!!! PS.GOのTINTINさんがラーメンが食べたいと言ってました。 こってりトンコツ味でも持っていってあげて下さい。 ============================== Mayu旦那です。 99年8月時点のスタッフに関する情報はクチコミひと情報にもあります。 とか とか。。 ご参考まで。 食事は、3食ビュッフェスタイル。 日本食もあります。 夕食の後はスタッフの人達がショーをします。 最後はお客さんも混じってダンスタイムです。 一人旅でしたが友達のようになれてすごく楽しかったです。 昼間は毎日、目の前の無人島へ無料のボートで出かけてシュノーケルをしてました。 遠浅の白浜は波がなく静かで、色とりどりの魚たちが泳いでました。 2〜3時間海に浮いていただけで背中は真っ黒になっちゃいました。 とにかく日差しが強いので気を付けましょう。 パンを海の中でちぎっていると、嘘みたいに魚が寄って来ます。 こんな体験はそうは出来ないと思います。 あー、タヒチに来てよかった。 名前は忘れましたが、 日本食を担当しています。 にぎり寿司もでました。 お話したところ、メッドに勤める前は、洋食屋さんに勤めていたそうです。 メッドに入ってから、日本食を作るようになったのだそうです。 メッドは、日本食もあるので、食事に飽きることがありません。 【メッドのアクティビティ】 無料のアクティビィティのピクニックは、週2回あります。 向かいの島へ行って、バーベキューをしたり、スノーケリングなどをします。 案内には書いてないのですが、 パレオを作る教室も開かれるようです。 私は、参加した人にあとから聞いてやりたかったなと残念に思ったのですが。 確か1800フラン?だったと思います。 その日のうちに受け取れます。 素敵なのができるのでぜひ参加されるといいと思います。 【気をつけること】 メッドは、ホワイトカードというもので現金を持たなくてもいろいろ買い物や、有料のアクティビティが できるのですが、最後に精算をします。 私の場合、身に覚えのないものもありました。 これはちょっとおかしいとクレームをつけたので、 調べてもらった結果間違いでした。 9000フランも損をするところでした。 よく見た方がいいです。 【その他】 メッドは、いろいろなアクティビティもあり、親切なので値段からしておすすめです。 特に食事込みで、昼夜ワインビールが飲み放題というのがいいです。 GOのけいこさんはとっても親切で、ボラボラ島をこよなく愛してる方です。 カップル以外のグル-プの方はMEDがお勧めです。 因みに私は1人旅でした。 東京都 みなちんさん情報でした! (99年1〜2月ご旅行) 【98年2/4】 クラブメッド・ボラボラはリーズナブル! 去年の9月にボラボラ島のクラブメッドへ行ってきました。 クラブメッドはやはり結果的には思っていたよりもずっとずっとお得でした。 タヒチでの食事のオールインクルーシブは、アジア圏でのそれよりもさらに何倍も 差がでますね。 なお、ワインが飲み放題な上に、クラブメッドでも珍しく、タヒチに限っては ヒナノビールもフリーで飲み放題でした。 オプショナルツアーは何もしなかったので、結局むこうで使ったお金はカメラの電池代 (2000円もしました)とお土産代だけでした。 立地条件も数年前の移転でマティラ岬のすぐそばですから、メッドの前はもちろんのこと マティラ岬の美しいビーチも思うままという感じです。 部屋もかなり良くて、クラブ全体の雰囲気も、今までのクラブメッドのイメージとは ちょっと違う、静かな大人のリゾートホテルを思わせ、誰にも邪魔をされない のんびりとしたバカンスを過ごすことが可能です。 長野県の下田 裕深さんからの情報でした(1997年9月旅行) 【98年2/9】 クラブメッドボラボラのシュノーケリング! 私は3年前にクラブメッドのボラボラに行ってきました。 素晴らしいです、あそこは。 半分だけ水上にせり出しているコテージで、床は奇麗なブルーのタイル貼り、 ベッドも大きく非常に清潔で快適です。 食事はすべてバイキング形式で量、味ともに申し分なし。 あらゆるフルーツが食べ放題というのも嬉しかったです。 私はCライセンスを持っていないので、ダイビングは出来ませんでしたが、 桟橋から一日に数本でているボート もちろん無料 で前の島にいけばかなり広範囲でシュノーケリングが楽しめます。 魚の大きさはモルジブ ヴィリバルしかいったことありませんが あたりとくらべ、 大きさはないものの、魚影は多く、また発色の美しい魚が多かったです。 あと、やはり滞在期間中財布を持ち歩かずにすむというのもクラブメッドの大きな美点だと思います。 また、近所に無愛想なイギリス人が経営している雑貨屋があり、そこで自転車を借りれるので、 メッドのリゾート外へ行きたい場合には利用する手もあります。 ボラボラで一番美しいとされるマテラ岬ならすぐですし、気合をいれればバイタペまで 30分位でいけます。 途中の路では子供がマンゴスチンを売っていたりしますし、ハイビスカスなどの花がとても奇麗です。 物価はやはり高いです。 ちなみに普通の食料品店でコーラを買ったところ日本円で300円しました。 岩澤さんからの情報でした(1994年?月旅行) 【98年2/20】 クラブメッドボラボラ情報! 去年の2月に新婚旅行でボラボラ島に行ってきました。 約1週間の滞在でクラブメッドに宿泊してきました。 他の方のコメントにもあるように、オールインクルーシヴは現金を持ち歩かずにすみますし、 空いた時間に好きなスポーツ(例えばバレーボール、テニス、バスケット、エアロビなどなど)をフリーで、 しかも他の国の人たちと楽しめるのがとてもよかったです。 しかし!タヒチの日差しをあなどり、炎天下でエアロビを1時間したらその晩から吐き気と激しい下痢におそわれました。 外国の怪しげな色をした薬をもらいなんとか事無きをえましたが、たいへんな思いをしました。 また、クラブメッドからは近くのモツ 小島)への往復ボートがあり(これももちろんフリー)、 バイキング形式の食事で用意されていたフランスパンとジャムとビスケットを持ってモツに渡り、 のんびりと過ごすこともできます。。。 のハズが、私たちは食べ物を持っていたせいか、 モツの野犬たちに狙われ、主人などは顔面を噛まれ、鼻に歯形が残るケガをしました。 モツの野犬は、しっぽを振って寄ってきたかと思うと、突然牙をむいたりするなど予測不能な行動をするので、 気をつけてください。 また、そこのモツの裏側はお勧めのシュノーケリングポイント(コーラルガーデン)となっています。 () 海の中を見る為に、水中メガネやシュノーケルセットは必須です! さらにクラブメッドではダイビングも申し込めるので、お勧めします! ダイビングを申し込むとボラ・ダイビン グセンターのインストラクターが迎えに来てくれます。 (とにてクラブメッドのダイビングに関する付加情報を掲載) 【Mayu】 野犬に関しては、子育てをしていて気が立っていたのかもしれません、という追加情報も頂いています。 お気を付けを。。 神奈川県の Tomomiさん からの情報でした。 ボラボラ・インターコンチネンタルリゾート(旧モアナビーチパークロイヤル)のイノベーションの工期は 延びているそうです。 ラグーンリゾートのスタッフさんからお聞きしました。 どの程度か・・・は分かりません(ゴメンナサイ) 参考程度まで 【管理人】ご心配な方は手配される旅行代理店などに念のため確認されることをオススメします。 先日(2002年1月)ボラボラへ行き、ビーチカンバー(旧モアナビーチ)で宿泊しました。 休暇中なのかどうか解りませんが、滞在中はずっと不在でしたし、 退職?されたのかどうかもわかりません。 よって、何かあっても交渉や相談は全て現地スタッフになりましたので 日本人スタッフさんがいない可能性もふまえて、語学に自信がない方は、 旅行用の会話本でも持たれた方がいいかもしれませんね。 【管理人】 休暇されていたんでしょうか・・・。 木曜日を除く週6日間はアラカルトディナーとなり、現在の工事が終了する2002年5月末日まで継続される 模様です。 また、プールの建設が完成したようです。 どんなプールか楽しみですね。 当初、宿泊客には、極力影響を与えないように、部屋の内装工事は約5部屋づつを 交代で行う予定でしたが、方針を変更するそうです。 01年11月から、半分を3ヶ月づつ、約半年かけて一気に工事するそうです。 この期間は、騒音や資材をビーチに置いたり、工事の人が水上コテージの桟橋を頻繁に行き来ししたりと、 宿泊客には相応の影響がでることが予想されます。 その為、この期間は宿泊料金をディスカウントするようでが、半分が工事中では、 なかなか厳しいと思われます。 (旧名称:モアナビーチパークロイヤル) ホテルの工事状況についてレポートします。 旅行中(01年7月4日〜10日)は、プールを作る工事をしていました。 私達の部屋は42でした。 ここの部屋のベランダからは工事現場が丸見えで、しかもショベルカーのガガッガという音が すごくよく聞こえました。 さすがにこれは・・・と思い、お願いして部屋を変えてもらいました。 ホライズンで申し込みしたわけではないので6の部屋でしたが、この位の位置でも最高にすばらしかったです。 ということで、プール工事中の場合、水上バンガロー42、43、くらいだと工事の影響大だと思われます。 ごくボラの情報をもとに、かなり楽しめました。 ありがとうございました。 今は写真を見ながら、余韻にふけっています。 ホテルはモアナビーチパークロイヤルに泊まりました。 ですが、「どこでやっているの?」というくらい、 全然気になりませんでした。 もっとも、私たちが行った時はまだ始まったばかりだったようですが。 部屋は、水上コテージのNO. 12で、景色も最高でした。 なるべく、このコテージを堪能したかったので、 午前中はアクティビティ、午後は部屋でのんびり、という感じでした。 部屋の周りでも、十分シュノーケリングが楽しめます。 食事がどこも高いので、ランチはいつも、ホテルを右に出たすぐの、 「カフェ・マンダリン」というところで フランスパンサンドウィッチやハンバーガーを買ってきて コテージのベランダで食べました。 これが、安くて最高においしかったです。 なんと言っても、あの真っ青の海を眺めながらのランチはやみつきです! まさとさんにも、色々親切にしていただきました。 私たちが行った2001年4月初旬は、モアナは、日本人が少ないと言っていました。 工事の情報が、日本にも流れているからでは・・・とのことです。 実際、参加したアクティビティでも、日本人には会いませんでした。 なので、彼がいつも「ジャポネ ニンジャ!」と何かしら、やらされてましたが・・・。 それと、片言でもいいので、覚えたフランス語をしゃべると現地の方は非常に嬉しそうに応対してくれます。 本当に良い思い出が沢山できました。 またお金をためて行きたいと思っています。 ありがとうございました。 【Mayu旦那】 さえさん、ありがとうございました! 「せっかく海外なのに日本人が多い・・・」なんて話もあったモアナビーチパークロイヤル。 もし、このまま工事の影響が少ないようでしたら、日本人の多さを気にする人にとっては実は狙い目の時期!? なのかもしれませんね。 こちらとあわせて施設の増築・改築工事の予定が出ております。 また、モアナビーチパークロイヤルは、7月より 『ボラボラ ビーチコンバー・インターコンチネンタルリゾート』に 名称が変わります。 既にご予約になっている方は、各旅行代理店に問合せされれば、説明があるかと思います。 まさに極楽。 帰ってきたくなかったですが、だんなに強制連行されました。 行く前は毎日こちらのHPを見させていただきました。 クチコミ情報も持っていきましたよ。 おかげさまでほんとに楽しい旅行になりました。 ありがとうございます。 ホテルはモアナビーチに5泊でした。 ホライズンビューの29のお部屋でした。 フロントからはかなり遠かったですが、景色は最高でした。 心配していたお天気も大丈夫でしたので毎日海に浮いていました。 29のお部屋の前はクチコミにもあったようにボートが通るのですが、気をつけて泳いでいたため 船にひかれることなく無事でした。 シューノーケルはホテルの周りで十分楽しめるくらいかわいい魚がいっぱいでした。 ボラボラ最後の夜には部屋のところまでエイが来てくれてびっくりでした。 ラグナリウムツアーですっかりエイのファンになってしまっていたので、めちゃめちゃ感動でした。 残念だったのはまさとさんが病気のためお休みされていたことです。 ずっとお休みされているようで心配ですね。 日本人スタッフがいなくてかなり不安でしたがホテルの方たちが英語話せますし、 とても親切で問題なかったです。 毎日朝と夜にレストランに現れ、魚用のパンをもらって帰るという怪しい日本人の私にも 笑顔で応えて頂き、感謝してます。 カヌーブレックファーストはお勧めですね。 カヌーが出発する前にフロントから電話がかかってきますので 寝過ごす心配もありません。 中で食べるか外で食べるか選べて、もちろんテーブルセッティングもしていただけます。 きれいな海を眺めながら のんびり食べるなんて最高の贅沢ですよね。 食べた後は部屋の外に置いておけばOKです。 私たちは日本で申し込むときに朝食付きにしていましたが、現地で一日だけカヌーブレックファーストに 変更してもらいました。 2人で2900Fほど追加されてました。 ホテル内では、夜8時から朝5時まで断水中でした。 トイレの水も流れません。 ちょっと大変。 一応、一日2回のルームメイクの夕方の時に2Lの水を置いていってくれました。 ミニバーの飲料水は、高いです。 ホテルの前の道を出てすぐのところにスーパーがあるので、そちらで購入すると安上がりです。 ちなみに2Fは、衣類が売ってます。 おみあげもちらほら。 部屋で使う氷は、桟橋の途中のクラーボックスにいっぱい入っています。 勝手に持っていっていいそうです。 <モツへの送迎> 滞在中、2回も行きました。 日本人はあまり利用しないようです。 ボーっとしたり、好きな時にシュノーケリングできて、 気ままな時間を過ごせます。 もちろん、モアナビーチ付近より魚もたくさん! 飲み物とカスクルードを持っていけば、とっても安くつくピクニックです。 Motu Piti Aauに連れていってもらえます。 ハワイ、パペーテ、ボラボラ、ランギロアを旅行し4日前(2000年5月)に帰国した者です。 ごくぼらのおかげで充分に情報収集ができ不安も少なく快適な旅行ができ大変感謝しております。 インターネット初心者ですが私のつたない情報で何かお役にたてることがあればと思って がんばって書きます。 ボラボラではモアナに3泊しましたがマサトさんは今、赤ちゃんをつれてご帰国中とのことで お会いできませんでした。 それでモアナでは日本人にお詫び状が配られていましたが、今タヒチヌイトラベルにいらっしゃる ユリさんが ホテルまでついてきてくれてチェックインまでお世話してくださり、 アクティビテイの予約なども手伝っていただいたので困ることはありませんでした。 それに「明日は何時にここにいますから何かあればいらしてください」とおっしゃってくれたので 心強かったです。 私のちょっとした失敗なのですが、楽しみにしていたカヌーブレックファーストの時、 受け取ってさあ食べようという時にルームメイドさんが来ちゃったんです。 「後にして」と言えばよかったんだろうけど小心者で言えず、となりで掃除されながら食事しました。 でも天気もよくて気持ち良かったですけどね。 となりの外人さんはそうしてました。 毎日夕方に部屋にチョコやクッキーのプレゼントがありましたが、ガラステーブルの上に 置いてくれてあり、いつもアリに先を越されて食べられませんでした。 この部屋ではアリが来るのはこのガラステーブルの上だけだったようですが、 他の部屋ではどうなのでしょう? 部屋にいて直接受け取れればよかったのですが、一度も会えませんでした。 ホテルに着いてすぐ、チェックインまで時間があったので、おなかがすいてた私たちは ホテルの朝食ブッフェに行きました。 まだ部屋がなく、ルームチャージに出来ないのでキャッシュで支払うつもりだったのですが、 食後にルームナンバーを聞かれ、「これからチェックインするんだ」と名前を告げると おねえさんがちょっと調べて一瞬考えて「じゃあいいわ」とサービスにしてくれたんです。 チェックアウト時にもつけてありませんでした。 ウェルカム朝食? 部屋は37番でした。 実は出発間際までどうしてもホライゾンがいいとキャンセル待ちにしてましたが取れなかったんです。 でも実際行ってみたら どこでもすばらしかったです。 充分満足出来ました。 実はホライゾンの何番がいい、という情報はいくつかあったのですが、 私の見た限りでラグーンもとってもいいよ、という情報はなくて不安だったのです。 私のようにラグーンしかとれない人のために、 個人的な意見ですが「そんなにこだわらなくてもラグーンでも充分すばらしかった!」ということを のせていただけたら、と思い、お願いします。 それと、日本からダメもとでドライヤーを持っていきました。 レセプションでアダプターを貸してくれましたがそれでも使えませんでした。 でもなくてもそれほど困りませんでした。 主人のひげそりは充分充電して行ったので大丈夫だったみたいです。 まさとさんには、いろいろお世話になりました。 2つほど、エピソードを報告します。 (嫁さんばかりですけど・・・) ファンカーに、乗ってドライブに行こうとした時、(花を胸のあたりにつけて)蜂に、腕を 刺されてしまいました。 すぐ、ホテルに戻ると、とっても高価な薬を、新品なのに、全部くれました。 おかげで、痛みは、すぐになくなりました。 2つ目は、本当に感謝しています。 水上バンガローで、魚にあげるパン(桟橋に置いてある)を、嫁さんが夜中に、 コンタクトレンズを、外していたせいか、お菓子と間違えて食べてしまいました。 (バリバリっと言う音で、夜中に、注意しました。 ) 朝は調子が良かったのですが、夕方すぎに、上からは吐くは、下は下るはで、 (汚い表現で、すいません。 )とってもつらそうでした。 フロントに、連絡をしたのですが、まさとさんは、仕事は終わってました。 僕は、単語くらいしか話せなく、どうにかフロントの方に理解してもらいました。 すると、フロントの方が、まさとさんに、連絡をとってくれて、ドクターを、部屋ま で、呼んでもらえました。 結果は、食あたりでした。 (太い注射で、すぐになおりました。 ) なんと、まさとさんが、心配して部屋まで、駆け付けてくれました。 (夜の、9時頃) 本当に、感謝しました。 この場を借りて、もう1度ありがとうございました。 PS、 餌付け用のパンは、間違っても、食べないように。 ツアー代金はホライズン・ビュー・コテージが高めになっているのですが、 部屋指定ができないのが難点です。 ホライズン・ビューとは言っても、部屋によって景色がかなり異なります。 我々が案内されたのはNo.30のビーチ側に面している部屋でした。 確かに水平線は 見えるのですが、パッとしない景色でした。 せっかく高いツアー代を支払ったのだから とダメもとで山口真人さん(ホテルの日本人スタッフ)に 部屋の変更をお願いしました。 翌日から空き部屋ができて、No.21に移ることができました。 向かいの島の 新しいソフィテル・モトゥ・ボラボラとオテマヌ山の見えるよい部屋でした。 我々のわがままで、部屋の変更をしてくださったホテルの方に感謝しています。 【Mayu旦那】 部屋番号はです。 部屋番号のNO12から32がホライズン〜 です。 でも代理店も部屋番号指定までは難しいと思います。 また、現地で変更できない場合も多いと思われますので、そのあたりは「タヒチ特有のおおらかな気持ちで?」で ご対応くだされば幸いです。。 岸寄りでちょっとがっかりだったんですが、シュノーケリングは良かったです。 部屋から海に入り グラスボトムボートが停めてあるあたりまで行きます。 そこまで行くと足がつきませんが 大きな珊瑚があり、魚がいっぱいです。 パンを持っていくとさらに人気者。 一度エイも来ました。 でも、 走ってくる船には注意。 【Mayu旦那】 船にぶつかって災難にならないように、くれぐれも ご注意くださいね。 新婚旅行でタヒチ・モーレア・ボラボラ島にいきましたが、なんといってもボラボラが最高!! すべて水上コテージでしたがモアナビーチが一番広くて、ガラステーブルから魚にえさもあげられるし いいですよ。 魚があまりいないホテルもいるそうですが、ここは魚が集まるように各ガラステーブルの下に 珊瑚礁を置いているそうですから大丈夫です。 私は50センチ以上?の青い大きな魚を見たりもしました。 レストランは2つあって ビーチにある方の「マヒマヒバーガー」はとてもおいしかったです。 パスタはいまいちでした。 中のレストランでは朝食で「レトルトの味噌汁」「おかゆ」など日本食メニューがありました。 また夜は「かき揚げ風フライ」と「ブイヤベース風?(名前を忘れましたが)」がおいしかったです。 ブイヤベース風は日本の寄せ鍋風の味がして ちょっとほっとする味です。 ガラステーブルの下には珊瑚がおいてあって、チョウチョウウオ、フグ、ナマズのような魚、 イカのようなさかな、エイ(アカエイ?マンタではない)などがたくさんいます。 深さは腰くらいで魚もたくさんいますが、海と言うよりは池にちかいような感じで シュノーケリング好きの人にはちょっと物足りないかも。 そうはいっても部屋にいながらにして、こんなにみれるのはすごい。 魚の多さは数ある水上コテージのなかでも一番だと、タヒチに詳しい旅行代理店の かたからもききました。 カヌーブレックファーストも一回は、経験したいです。 指定時間した時間にもってきてくれるのビデオを構えて待ってました。 量もたっぷり。 味もよい。 値段は高い。 (3800cfp?くらい 私たちは日曜の夕方5:40の飛行機をとってあったので、11:00にチェックアウトして レンタカーを借りようかとおもったら、 お店の人が「店はどこもやってないよ」とおしえてくれたので、やめました。 ホテルでシャワー・トイレ・更衣室・荷物置き場・セーフティーボックスのある小さな部屋を 出発時間まで無料で貸してくれたのでホテルのビーチでのんびりしました。 食事をする人が多すぎて、 ショーが見えない人も多いはず。 いっそのこと他で食事をすまして、ショーの時間に見やすい場所をキープするのが 良いかもしれない!と思いました。 (食事をしなくてもみれます。 「この形どこかで見た…。 ああ、 わら入り納豆だ。 」 モアナにこれから行く方たち、フロントの天井に注目してみてください。 納豆です。 モアナビーチの水上コテージのガラステーブル下のお魚は 「ボラ」が多いです。 「ボラボラだけにボラ」というナンセンスなジョークも飛び出すほどです。 このボラ、よく食べます。 パンをちぎって投げると50匹は集まります。 コテージの下で泳いでいたら、50匹のボラに囲まれました。 ものすごい恐怖感がわきました。 「食われる!!」ガバッと顔をあげたら 旦那が私の周りに餌を投げ込んでいました。 「アホッ!」 各コテージの中央に、網で囲まれた、かわいい魚だけを集めた、いけす?みたいなものが あります。 そこでもパンをちぎってやると「わぁ〜。 」っと集まってきます。 こっちはかわいいです。 でも、なんかジャバジャバいってる。 」 網の外で、入れないのにボラがたくさん寄ってきて 暴れていました。 こいつらの食欲は哀れです。 コテージの下ではエイも見ました。 写真を撮ろうとしていたら違うコテージのほうへ行ってしまいました。 夜はライトアップして昼とは違う魚がいてます。 でも、その魚に餌をやろうと思ったら、ノンノン。 ボラがやってきます。 だから、ぐっと我慢して、観察しましょうね。 懐中電灯を持って行く人は、ぜひ、遊びに来る 「サヨリ」ちゃんを照らしてみてください。 ラグーンのようなきれいな エメラルドグリーンに光ります。 カヌーでのブレックファーストは, 寝坊して受け取れませんでした。 モアナビーチパークロイヤルでは、夜、ホテルの人が 木製の箱をやおら準備して, 「かにレース」を開催。 箱の中のどのかにが一位になるか賭ける単純なギャンブルでしたけど その素朴な感じがさすが南国といった雰囲気でよかったです。 もう一組のハネムーナーと賭けて、あたし達が勝って、 パイナップルのカクテルをプレゼントされました。 いい夜だったなあ。 ティアレマーケットなら、モアナビーチからなら 10分〜15分ぐらいで 行けると思います。 散歩がてら歩いてみると良いと思います。 お土産も少し置いていました。 【Mayu旦那】 らしいですね。 心配していた天気は、お蔭様で空港に着いた時に降っていたぐらいで、 あとは連日良い天気でした。 私達は、結婚式までがバタバタとして、とっても疲れていたので、ボラボラでは、 のんびりするのが目的だったので、あまり動き回りませんでした。 今考えると、ちょっともったいないかなとも思いますが・・・ 宿泊(モアナビーチ)は、ちょっと奮発をして連日水上コテージにしたので、 部屋にいるだけで充分に楽しめました。 部屋のまわりでのシュノーケリングが一番多かった気がします。 夜も部屋から餌をあげたりしていました。 モアナビーチには、 噂通り魚が沢山いました。 日本人の 新婚さんも多かったです。 でもとっても素敵なホテルで楽し かったです。 一日目、ホテルのレストランで昼食をして、部屋に戻り 早速部屋のガラステーブルから魚に餌をあげました。 噂通りに魚がたくさん来てくれて嬉しくなり、我慢しきれずに 急いで水着に着替えて海にザブン・・・もう日が暮れ始めていたので 寒くてすぐにあがりました。 ホテルでは夕方になると、バスタオルとチョコレートなどの お菓子を持ってきて くれました。 クリスマスの日は、クリスマスプレゼントとして、 ささの葉に包まれたチョコレート と 小さなワインを貰いました。 夜は クリスマスパーティーに参加しました。 とっても楽しかったです。 クリスマスディナーは、忘れられていたのか料理が出てくるのが すごーく遅かったです。 でもデザートのケーキは3つも出て、 甘いけれど、美味しかったです。 食事中にタヒチの人がジングルベルを歌っていたので、 一緒に口ずさんでいたら、突然近づいてきてマイクを向けられ 焦ってしまいました。 私の下手な英語の歌なんて披露できません・・・ でも調子に乗って少しだけ歌っちゃいました。 埼玉県 Riekoさん情報でした! (98年12月ご旅行) 【98年11/23】モアナビーチ・パークロイヤルの海岸から見る朝日! 新婚旅行で11月12日から3泊モアナビーチに泊まりました。 天気にも恵まれた3日間でした。 特に部屋指定もしていなかったのですが、泊まったは比較的奥まった位置で 桟橋をだいぶ歩きましたが、ちょうどいいロケーションでした。 バルコニーからは朝日は見えませんでしたが、どうしても見たければ、海岸までてくてく歩いて行けば、 すばらしい朝日を充分拝むことができます。 (たまたま朝いちの出発だったので、出発の朝に見ることができました) それにしても、ボラボラは最高ですね!モアナビーチも最高! お金と時間が許せばまた行きたいものです。 尚、モアナビーチの日本人スタッフのまさとさんは行った時はバカンス中でお会いできませんでした。 残念! jinichi さん情報でした! (98年11月ご旅行) 【98年11/23】モアナビーチ・パークロイヤルでのとある出来事。。 (情報その7) もう5年ほど前の新婚旅行でしたが、ボラボラ島をたっぷりと満喫して、 さあ帰ろうと送迎の船を待っていたところ、 靴下をなおそうと前屈したら、胸ポケットにはいっていたサングラスが 海の中へ「ポチャン」! 気に入ってたものだったのですが、水着ならともかく 洋服を着ていたので あきらめなきゃ。 と思いました。 しかし、そこですかさずホテルの従業員の人が 服をぬいでとびこんでくれたのです。 いやな顔せず、ニコっとして私に渡してくれました。 とてもうれしかったです。 モアナビーチの方。 今も忘れず、いい思い出になっています。 みなさんとても 親切でした。 静岡県 sachi さん情報でした! (93年11月ご旅行) 【98年11/6】モアナビーチパークロイヤル情報!(その6) モアナビーチホテルで毎晩行われる ショーはとても楽しかったです。 一緒に皆で踊ったり、修学旅行のキャンプファイヤーのようですが、現地の人と 手をつないで踊るとなぜか楽しくて仕方なかった。 あーこれからいく人が羨ましい。 お金を貯めて行けたらまた行きたい! モアナビーチパークロイヤルにまた泊まりたい! マサトさん・マエバさん元気かな〜? 千葉県 ゆうこさん情報でした! (98年10月ご旅行) 【98年9/27】ボラボラ島のモアナビーチパークロイヤルホテル情報!その5 モアナビーチでは 1日シュノーケリングをしていてもちっとも飽きません。 シュノーケリングセット(マスク、シュノーケル、フィン)は 無料で借りれます。 「5時までに返してね」 と 言われますが 3日間貸して下さいと言えば 、 3日間返さずに 連続で借りれます。 えさは レストランに行って、「魚のためのパンをください」と言えば、 「入っていって 全部持っていっていいよ」と言われたりします。 朝、バイキング形式で お客さんに持っていかれそびれたパンを魚用に もらっていく...というわけです。 バンガローのすぐ下で 充分たくさんのお魚に会うことが出来ます。 しかも 立って腰上くらいの深さなので泳ぎに自信のない方でも 全然 大丈夫です。 いろいろな(白黒の しましまの魚や黄色があざやかな チョウチョウウオなど)魚に 会うことが出来ますが、なかでも一番驚いたのは タコ! 岩の割に ゆらゆらしてるように見えるなぁ...なんて思ってなんとなく近づいていったら 急に赤くなって ぴゅーと 逃げていってしまいました。 一番人気は なんといっても ふぐ!? 茶色のパイナップルみたいな格好で透明な胸鰭を せわしなく ぴろぴろさせながら 泳いでいて可愛いです! ただ、ひとつだけ注意しなければならないのは 珊瑚などの突起物。 バンガローの足にも くっついています。 また、いくら透明でも 海なので 波が多少ありますので、気がつくと流されて バンガローの足に急接近していて、私は足に 擦り傷を作ってしまいました。 シュノーケリング中には 会えなかったのですが、 ガラステーブルの下に、エイも来ます。 ボラボラ最後の夜にしか 見れなかったのですが、その日だけで 3回見れました。 あまり 夜は ガラステーブルの下を見たりしなかったので、他の日にも 見れてたのかも しれません... RITSUさんからの情報でした(1997年11月旅行) 【98年9/21】ボラボラ島の「モアナビーチパークロイヤルの部屋などの情報」その4 ボラボラでは南端のモアナビーチ(例の水上コテージ)にとまりました。 コテージはNo.15前後を必ず指定したほうが良いでしょう。 朝日が堪能できます。 ところで、クラブMEDですが、警備が厳重で中に入れませんでした。 きっと中は別世界なんでしょう。 他のホテルは特に境界も無く開放的です。 夜のアトラクションなど他のホテルへ出かけるのも良いと思います。 【Mayu】 No15あたりは、遠くも無く、近くもなく、深いところあり、浅いところあり、と 良いかもしれませんね。 ちなみに私はNo28でした。 ここも朝日がキレイに見えましたよ^^(12月) (その時の写真は) ちょっと遠いので運動になりましたけど。 (モアナビーチの部屋番号はを参考にして下さい。 ) NAKAさんにGuestBookに書いて頂いた情報でした。 【98年6/8】ボラボラ島の「モアナビーチパークロイヤル」情報!その3 (水上コテージの場所によっては。。 ) 私たちは(もちろん新婚旅行で)ホテルモアナビーチパークローヤルの水上コテージに 4泊しました。 景色は最高でしたが、やはり水上コテージでもピンきりがあるらしく先端の コテージに泊まるべきです。 私たちは手前のコテージだったので通りの人たちの声でうるさくビーチから近いので カーテンを閉めていなくてはならず散散でした。 カーヌー朝食は本当にグッドでした。 私たちはたまたま翌日が晴れだったので本当に気持ちのいい朝食でした。 但し曇りや雨にぶつかるともう最悪ですね、これは。 5月18日から21日までの滞在でしたが、晴れたのはたったの1日だけで残念でした。 まったく残念極まりないですね。 3日間ともレンタカーを借りていたので、結構あちこちのレストランに行けましたが、 どこのレストランでも開店当初からこれはない、あれはないで商売気がないと云うか なんというか笑ってしまいました。 いろいろなありましたがタヒチに魅せられたのは事実ですね。 今はタヒチ移住計画を思案中です。 むこうでお店でもやりながら 暮らそうと考えていますが、何かいい情報があったら教えてください。 Inabaさんからの情報でした。 (98年5月旅行) 【98年4/23】ボラボラ島の「モアナビーチパークロイヤル」情報!その2(部屋番号は予約に便利) Mayuです。 人気一番!モアナビーチホテルの部屋番号の図を「まいなPさん」からご提供頂きました。 同じくタヒチビーチコンバーの部屋番号の図もあります。 ご予約の際に参考にされてはいかがと思います。 まいなPさん!ありがとうございました! まいなPさんからの情報でした。 【98年1/20】 ボラボラ島のホテル情報(モアナビーチパークロイヤル) ボラボラ島のホテル「MoanaBeachParkRoyal」(モアナビーチパークロイヤル)はボラボラ島で 一番美しいと言われている「マティラ岬」の中でも、特別良いロケーションにあります。 特に水上バンガローが有名で、3色に変わる海の上にバンガローが建っている、 といったロケーションです。 水上バンガローにはテラスがあり、そこから階段を降りると、そのまま海に入れる! といった仕組みになっています。 勿論、シャワーもテラスに付いています。 ここの水上バンガローの下の海中でパンをばらまくと、目の前が魚で見えなくなる程!? 魚が集まってきます! そこには大物はいないのですが、小さな魚が沢山います。 だいぶ、人間になれてるみたいです。 普通、砂地にはあまり魚はいないといいますが、ここは各バンガローの下に珊瑚?を置いて魚をよせてるようです。 さらに夜にはバンガロー真下をライトアップして魚を集めるという徹底よう。 もちろんその魚はガラステーブルを通して見れます。 ちなみに夜と昼では全く魚の種類が違うのも注目です。 ハネムーンだったのですが、代理店を通さずに 直接申し込んで行ってきました。 エアーだけ格安航空券を取りました。 amanresorts. htm 「Honeymoon Escape」 内容は・・・ ・Round-trip transfers from Bora Bora airport to Hotel Bora ・Bora aboard the hotel launch Raititi. ・Presentation of flower crowns fragrant flower headpieces. ・A special bed-of-flowers decoration in your room. ・Three full Hotel Bora Bora breakfasts in the Matira Terrace Restaurant. ・A choice of either a sunset cruise on the Taravana or a one hour Body Treatment for two. ・A special farewell gift. 通常のプランで行った事がないので、比較は難しいのですが、なかなか金額的にはお得だったような気が・・・ 代理店では難しいと言われた プレミアム水上コテージの予約も、 直接交渉したらあっさりOKでした。 宿泊はホテルボラボラへ4泊、タヒチ島へ戻って一泊でした。 ホテルボラボラではこのHPでジャグジーファレがお勧めだと聞いていたので、 迷わずジャグジーファレにしました。 評判どおり、バスルーム含め部屋がかなり広く、内装も落ち着きがありとても素敵でした。 水上コテージも素敵でしたが、ファレの方が一つ一つ離れていて独立性もあるし、 なんといっても広い(使わない部屋もあった)ので、一考の価値ありかと思います。 ホテルの印象は大人向け、といったところでしょうか。。。 日本人も多い日で5組しかおらず、ビーチもとても静かでした。 ビーチにでているのは私達だけという時も結構ありました (全体的に宿泊客が少なかったようですが。。。 ) みんな気の向くままに部屋でくつろいだり、ハンモックにゆられ昼寝したり、 シュノーケリングしたり、読書をしたりチェスをしたり、のんびり過ごしているようでした。 日本人スタッフはいらっしゃいましたが、レストランやアクテイビテイーデスクなどは 英語で十分事がすむので心配ありませんでした。 食事はホテル内のレストランもしくは近所のレストランに送迎してもらうことも できました。 ホテル内のレストランはとてもおいしかったのですが、半分外といった感じ(ホテル内は 全部そうですが)なので、どこからともなく猫の親子がやってきていて、おこぼれ頂戴と 言わんばかりにテーブルの下にかくれていました。 猫が苦手な私たちは気が気ではなく、 食事を楽しむことが出来ず、ちょっと残念でした。 フロントで希望を伝えれば相当の近所のレストランを紹介してくれ、予約もしてくれました。 生き物や虫など些細なことは、ボラボラではどこ吹く風といった感じです。 私たちも最後の方には虫が食べ物にとまってようが、まあいっかってな感じでした。 必要な時にこちらの望むことをしてくれる。。。 あたりまえですがホテルボラボラは こんな印象です。 決して必要以上なことや、過剰なサービスなどがないので自分達の 望むようにのんびり時間が流れるといった感じでした。 アクテイビテイーもいろいろとありましたが、何か1〜2つにしぼって、あとはボラボラの 時間の流れに身をまかせ、ゆっくりすることをお勧めします。 私はシャークフイーデイングに参加しましたが、いくつかのシュノーケリングポイントを まわれてとても楽しかったです。 夜のビーチバーベキューでのファイヤーダンスも迫力満点でした。 レンタカーはもちろん、スクーターもレンタルでき(日本の免許でOK,しかも二人乗り可) ヴァイタペにも一度でてみましたが、これといって何もなく早々にホテルに戻ってきてしまいました。 ホテルボラボラはとにかく静かです。 日本人客が少ないこともありますが、 他の宿泊客も全体的に年齢層が高い気がします。 流れ星もたくさん見ました)、 お部屋でのんびりしたり、贅沢な時間を過ごすには本当に素敵な空間だと思いました。 将来50代くらいになったら(笑)、また行きたいなと思います。 5日間ホテボラの『水上コテージ』に宿泊したのですが、 5泊中4夜、マンタを見ることができました。 最初の二日間は例の桟橋で・・・・ 後の二日間は水コテのコテージからです。 水コテで見れた日は桟橋のライトが消えていたので マンタが水コテ側にやって来たのかな? と思っています。 『プレミアム水上コテージ』には泊まらなかったのですが スノーケルで『プレミアム水上コテージ』に行ってみた感じでは、いるお魚の種類・量に 違いはなかったです。 残念ながら、カメ・ナポレオンフィッシュには会えませんでした。 そうそ、水コテでは早朝『トビエイ』も見ました。 あとメインビーチ前では『エイ』も見ました。 プレミアム水コテにせよ、水コテにせよ 自然が相手なので運次第で何が見れるかはわからないのも ドキドキして楽しいですよね。 最後に水コテの感想ですが、スノーケルしたくなったら すぐに海に飛び込めるのが便利ですよね。 あとデッキからお魚にエサをあげれるのも楽しみかも・・・ ファレのほうだとビーチまで来ないといけないから 早朝からスノーケルを気軽にやろうって気はあまり起きないかな? でも本人のやる気次第なので早朝からスノーケルでプレミアム水コテのほうまで行ってみれば 亀たちにも会えるかもしれないですね。 個人的には、ファレのほうが部屋も広いので、 あまり水コテにこだわらないくてもいいのでは? と思いました。 実際一番お魚が多く見れたのは メインビーチの更に左側のビーチ レストランを超えたほう で 浅いところに色々なお魚がたくさんいました。 これも水コテにこだわらなくてもいいかな? と思える 理由の一つです。 ホテル・ボラボラに4泊、タヒチ島ではメリディアンに1泊しました。 少しだけ現地情報を・・・。 1 ホテル・ボラボラのテニス・コート側のショップは黒真珠屋に変わっていました。 2000CFP弱くらい。 3 木曜日の夜に、日本人客向けのカクテルパーティ(無料)がありました。 軽いおつまみも頂けました。 アクティビティはBBQピクニックだけでしたが、これは非常に良かった。 その他の時間はほとんどシュノーケリングしてました。 欲を言えばもっとゆっくりしてきたかった。。。 二人で「また行きたいね」などと話しています。 私は4月にホテルボラボラに滞在予定ですが、ジャグジーファレの予約はできました。 プレミアム水上コテージはウェイティングでしたが、結局ダメでした。 ただ、ホテルで他の人から聞いたのですが、チェックインしたガーデンファレが気に入らず、 どこでもいいからと御願いしたら、あれだけ取れない水上コテージに変えてもらって入れた人がいましたから、 水上やプレミアムなど、希望のところが取れなかった人も、念のためとりあえずチェックイン時に聞いてみる価値は あるのではないでしょうか。 私たちも、ダメモトで聞いてみればよかったのですが、もともとの性格にプラスして、 ボラボラに滞在していると、まー、どーでもいいや…というような大らかな気持ちになって、 結局プレミアムでない普通の水上を楽しみました。 ジャグジーファレはベスト・チョイスだと思います。 リビング、ベッドルーム、サイドルームと、いる場所が変えられる上に、窓のあるバスルーム、 着替えの間的な空間、洗面所もシンクが二つ、ジャグジのあるテラスにもイスとテーブルのあるコーナーに、寝椅子、… と部屋が広く、ゆったりして、のんびりするのにとてもベスト。 豪華な気分も味わえる快適空間です。 対して、普通の水上コテージは、ベッドルームの中にイスのセットがあるだけといった感じ。 バスルームも狭く、トイレとシャワーも一体でちょっと海の家?といった感じ。 外のテラスもちょっと狭い。 ただ、なんといっても、1日中、夜なども思い立ったときに夜景を見たり、アクティビティで桟橋に集合するときにも 行きやすいし、夜遅く桟橋にマンタを見に行くにも近くて便利。 なんといってもボラボラらしい水上コテージを体験したい…という意味でも、いいと思いますが。 サービスも(担当者のたまたまかもしれませんが)ジャグジファレの方がよかったです。 ごくボラにも書いてあったように、いつのまにか来て、さっと掃除してタオルを変えて行ってくれる、を実感しましたが、 対して水上のほうは、あまり来てくれなかった感がありました。 あと、たまたまだとは思いますが、水上コテージのドアが壊れていて、鍵がかからず、 (かかったかのようには見える)、押すと開いてしまう状態でした。 私たちもついた日だったら、イヤダ〜と思ったかもしれませんが、(&クレームすべきだったのかもしれませんが) とりあえず、後半の滞在だったので、すっかりホテボラモード「ま、いっかー」で過ごしてしまいました。 毎晩通ってマンタチェックをしていました。 ものすごく近くで見られてすごいです。 最後の晩は2匹も! と感動していたら、ごくボラの投稿で、3匹来たという方がありましたね。 でも、ダイビングポイントでは、7匹も8匹もいるところで間近にマンタを楽しめるそうです。 これが意外に役立ちます。 私たちの滞在時、日本人ゲストは12-14人くらいだったようですが、ホテルの中ではほとんど出会いません。 (多少行き交う程度) その方たちが2ー3日を過ごしたところで会うので、お互いの情報交換ができてとてもよいです。 スタッフの亮子さんや中野さんも出席されるので、いろいろな役立つお話も聞け、とてもいいです。 ここでの情報交換を元に、私たちもアクティビティの計画を変更したりしました。 小さなホテル規模で、かつスタッフの層の厚さ。 ホスピタリティーとサービスも抜群だと思います。 ロケーションもいいです。 次に行くときにも迷わずホテボラにする予定です。 日本では水上コテージで予約していたのですが(それもやっと)、 現地でプレミアム水上コテージに変更して貰い、そこで2泊、 その後プールヴィラに変えて貰って2泊しました。 水上コテージに泊まるのが初めてで、メチャメチャ楽しみにしていたのですが、 シュノーケリングをしたい人なら、プレミアム水上コテージの方が楽しめると思います。 私はコテージの前でウミガメに遭遇しました。 始めに案内された普通の水上コテージでは、前の海が浅すぎ&魚がいなくて(少なくて?)、 シュノーケリングは楽しめないと思いました。 (その時の様子では) ヴィラの方は クーラーがついていて就寝時はかなり快適ですが、蚊が多いです。 私は虫よけスプレーをしていたのに、10カ所以上刺されました(彼は2,3カ所)。 ホテルのアクティビティーでシュノーケリングツアーに行けるので、 ホテルではゆっくりしたいという人は、クーラー付きのヴィラの方がいいかもしれませんね。 部屋の広さも二倍くらいありましたよ。 ホテルのアクティビティーをうまく利用すれば、ボラボラを満喫できる素晴らしい体験が できると思います。 私は、モツへのピクニックツアー、シャークフィーディング(エイにも会える)、 レンタカー&自転車(買い物に行くなら、ホテルからお店が遠いので、車の方がお勧め)、 ミキミキジェットスキー(島を一周できます)に参加したのですが、 どれも島を満喫できるとても良い体験でした。 みなさんも積極的にアクティビティに参加して、人とは違った自分の旅をアレンジしてみてください。 きっとどれも素晴らしい想い出になると思います。 【Mayu旦那】 大人気の部屋へ変更ができたのは、とってもラッキーだと思いますよーーー。 (ただでさえ予約が困難なホテボラなのに・・)。 これから行かれる皆様。。 もし同様のリクエストが通らなくても怒っちゃヤーですよん。 桟橋のまわり、および、その左のビーチにある岩の小さな突堤のあたりに 色鮮やかな熱帯魚が「群れて」います。 桟橋にはナポレオンフィッシュも現われました。 すごい迫力でした。 私たち夫婦以外にも、4、5人見ている人が いましたが、常連さんらしく、 特に興奮している様子もなく みな静かに見守っていました。 リビングと洗面室と寝室ともう 一部屋あります。 落ち着きます。 天蓋つきのベッドが優雅な雰囲気です。 海に入ったあとジャグジーで温まることができます。 他のホテルも同じでしょうか。 確かに全く問題ないおいしい水でした。 9:00ホテル発-10:30ヴァイタペ発と、 14:30ホテル発-16:00ヴァイタペ発です。 所要片道10分です。 事前にレセプションで予約が必要です。 私たちはこれに乗って ヴァイタペに行き、Chin Lee でおみやげを買いました。 ちなみに日曜日は教会の礼拝の時刻に出ます。 いつでもお願いできるとは限らないようですが。。。 おかげで最後の最後までのんびり過ごすことができました。 17:50にホテルを出発し、19:05ボラボラ発の飛行機でパペーテ に向かいました。 とても良いロケーションにあり、満足度は極めて高かったです。 以下は、良いところと悪いところ(?)の個別情報です 【良いところ】 1)プレミアム水上コテージのロケーションは最高である 朝日はコテージの玄関方面からあがりますので見れませんが サンセットはばっちり。 クルーズに行く必要が無いくらいです。 otemanuもきれいに見れます。 2)シュノーケリングなら絶対にここだ! 朝7時から1時間くらい、コテージ前から飛び込み遊んでいました。 水の透明度も高く、かなり深いところまでみることができます。 おまけに、運がよければ「ウミガメ」に遭遇できます。 チャンスは朝7時〜8時までのお食事タイム。 朝、水面をみていると、ウミガメが「ぷはっ」と息継ぎをします。 そしたら、そこめがけて泳ぎまくります。 だいたい、その真下の 珊瑚の中にいる何か(貝?)をばりばり食っています。 滞在期間中、「ぷはっ」をウミガメだと気づいてから、2日みることができました。 そのほか、「エイ(マンタ?)」と「オニカマス」にも会えました。 コテージの真ん前でこれだけのモノに会えるとは驚きです。 ついでにいうと最終日はコテージ下で「たこ」と30分位格闘してました。 3)マティラ湾はきれいだ! 水上コテージ側の海はお昼すぎてしますと水の透明度が朝ほどではなくなる。 マティラ湾の海の色は七色に変化し、お昼すぎてもとてもきれいです。 こちらでもシュノーケリングはできます。 岩陰に「ウツボ」もみることができます。 奥さんは「イカ」を見たそうです。 ビーチのさきっぽにある小さな休息所で周りの景色をみているだけでも、極楽 な気分になれます。 4)料理がうまいぞ! ビーチで食べる「ボラボラバーガー」はうまい!「クラブサンド」も良い。 だからと言って、カップル2人で同じモノ食べている日本人の多いこと。 あれは結構恥ずかしいのでやめましょう。 レストランもとてもおいしい。 肉も魚貝類も大丈夫です。 特にソースがちゃんとしている。 ワインの種類はさほどでもないが、ぴんきりで揃っているのでびびらなくても (2千円〜8万円) 【悪いところ(別に悪くはないが、気になったところ)】 1)他のアマンとは違います 最高のホスタビリティーは感じられませんが、気分を害することは何一つありません。 ここは南太平洋の小島であることを念頭に置いておかないと、がっかりするでしょう。 設備に関してもそれはいえます。 ホテルの古さもあり、設備はいまいち洗練度が低い。 モアナや、メリディアンの方が新しいだけ良いと思います。 戸や扉が壊れていたり、外れていたりしてました(別になんら困ったことにはなりませんが) また、掃除がいい加減(ほうきで掃いてるんだからそれはそれで妙に納得できるが)。 しかし、 ベットメイク、タオルなどの補充は完璧。 2)敷地面積に比べ、部屋数が多すぎ プレミアム水上コテージと、一部の「ヴィラ」をのぞき、通路からベランダ(イスがおいてある) が丸見えです。 「ヴィラ」同士の感覚も狭く、これはいただけません。 「プールヴィラ」も同様。 他のアマンに比べると見劣りします。 こんなところでしょうか。 5年後をめどに、もう一度ボラボラ島には行きたいと考えています。 その際泊まるホテルはホテルボラボラ以外考えられません (プレミアム水上コテージに泊まってこそ、価値があると思う) 他のホテルを考えてるみなさんも、今一度検討してみてはいかがでしょうか。 ホテルボラボラに宿泊された方からの情報です。 直接現地から送ってくださったそうです。 こんなこともできるんですね〜。 噂通り、素晴らしいホテルですね。 ただ、やはりゴキブリなどはでます。 気になる人はバルサンを持っていった方が、、、 因みに僕達は、早速使って、小さいのですが10匹近く退治しました。 コンセントは125Vもあり、インターネットへのつなぎ方も書いてあります。 もっとも遅いですけど。 膝下程度の浅瀬でです、びっくりしました。 残念ながら桟橋でのエイ(実際にはマンタらしいです)はお目にかかれませんでした。 sharkfeedingでは逆にエイにはたっぷり触れましたが、この時期はサメがあまりいないらしく、 見れませんでした。 ところで、現地スタッフのあゆみさんは9月いっぱいの契約だそうです。 残念ですね。 &海の様子レポート! 99年8月18-25日ホテル・ボラボラに滞在しました。 特に、海の様子についてお知らせします。 「生きもの地球紀行」で放送されていたように、おなかを見せてぐるぐるしてました。 しかし、マンタのいるところに、人間あり。 桟橋の横のコテージだったので、滞在中ずっと睡眠不足気味でした。 ある夜のこと・・・ ようやく うとうとしかけたと思ったら、どこからともなくボートのエンジン音と共に、 おっちゃんどもの叫び声が・・・ 窓から見ると、小型ゾディアックが桟橋のまわりをぐるぐる旋回してて、おっちゃんが 拡声器でも使ってるのか?と思うほどの大音声で、しきりに「マンタ!ブラボー!」と 叫んでるのです。 99年8月現在日本人のいるダイビングショップは、ネモ・ワールドだけですが、 「ネモ・ワールドは日本人ゲストの多いメリディアンと提携してるので、外から予約を入れるのは 難しいでしょう」(99年9月まで日本人スタッフだった植田さん 談 とのことでした。 自分で連絡を取るのもわずらわしかったので、けっきょく今回は見送りました。 数も多いが種類も多い。 チョウチョウウオなど色のきれいな魚から、 ウミガメや マダラトビエイも 見ることができました。 落ち着いたリゾートで、落ち着いた休日を過ごすはずだったのに、鬼のように泳ぎ続ける日々に なってしまいました。 99年9月に日本でタヒチワークショップがあった時に、ディビット中野さんとお話する機会がありました。 その時に教えてもらった情報です! 【桟橋のマンタ情報】 の巻! 近頃うわさになっているホテルボラボラの桟橋で見えるマンタは 「海が凪の日の夜」に見えるそうです。 必ず毎日見えるとは限らないそうですね。 (凪じゃない時は見えないことが多いそうです) 夜の明かり(水中を照らしてる明かり)に集まるプランクトンを目当てにマンタが現れるそうです。 【日本人スタッフさん情報】 の巻! これまで繁忙期に限って日本人スタッフ等を研修生として臨時採用してきたホテルボラボラですが、 今後は繁忙期だけでなく、 通年採用していきたいそうです。 (予定) 99年9月までいらっしゃって評判の良かった「植田あゆみ」さんに続く、日本人スタッフさんは、 11月から働かれる予定だそうです。 ワークショップの週の土曜日にインタビュー(面接)されるっておっしゃってました。 でもやはり、就労ビザが取り難くなったこともあって、 今後も3ヶ月交代だとか。 【ディビット中野さん】の巻! ディビット中野さん、日本語は喋れますが漢字は駄目だそうです。 ごくらくボラボラが日本語Onlyだと聞いてちょっぴり悲しそうな顔をされてました。。

次の