産屋敷 死亡。 【鬼滅の刃】主要キャラクターの生存/死亡と現在状況(鬼滅本誌5/18更新)

産屋敷耀哉 (うぶやしきかがや)とは【ピクシブ百科事典】

産屋敷 死亡

産屋敷輝哉は余命いくばくもない自分を 囮に使い、ラスボス・鬼舞辻無惨をおびき寄せます。 目の前に現れた鬼舞辻無惨に動揺せず、たんたんと話をする産屋敷輝哉。 産屋敷輝哉の言葉に、奇妙な懐かしさや安堵感を感じて鬼舞辻無惨は周囲の状況に疑問に思っていた。 屋敷には四人しか人間がいない。 逆に言えば、四人も人間がいる。 その四人は、産屋敷輝哉とその妻、そして二人の娘。 産屋敷輝哉は、鬼舞辻無惨の夢は「(本人の肉体的な)不滅」だと言い当てるも、それは叶わないと言う。 そして・・・ 鬼舞辻無惨を巻き込みながら、四人は爆発によって死亡します。 自分たちの命をもって、鬼舞辻無惨に攻撃をする隙を作るために……。 しかし鬼舞辻無惨の体は再生を始める。 そこに他の柱もすぐに集まり、一斉に攻撃をしかける! ついに最終決戦が幕を開ける!! 自分も家族も死ぬことを加味した作戦だった…! これは全て産屋敷輝哉の計画通り。 自分のことは直接殺しに来るだろうと先読みし、珠世の高度な科学医療で時間を稼ぐ。 そして最も信頼する柱にだけ作戦を伝え、爆発直後の奇襲をお願いする。 さらには鬼舞辻無惨は日光でしか倒せないことも読んでおり、他の柱も召集させ朝日が昇るまで全員で時間を稼ぐ ・・・という徹底ぶり。 さすが鬼殺隊の当主だと思われますね。 これまで鬼に居所がバレなかったのも、きっと産屋敷輝哉のおかげだったのでしょう。 ここでのシーンはさすがの僕も驚きました……! まさか、妻子も一緒に爆発で死ぬなんて。 鬼舞辻無惨が「妻と子供は承知の上だったのか?」と困惑していましたが、まさに同じ気持ちです。 きっと承知の上だったのでしょうけど、すさまじい家族ですね。 鬼舞辻を完全に油断させ、寿命わずかな自分の命を燃やして足止め、そのあとすぐ最大戦力で一気にたたく。 かたきを討つために攻撃力を増す柱たち。 これほどムダのない計画はみたことがありません・・・! 産屋敷輝哉とはいったいどんな人物? 鬼殺隊の当主であり、産屋敷一族の長。 年齢は23歳と若く、その年になる前から現在の柱にあたる人物たちに接触し、心の拠り所として支えていました。 とても温厚な優しい性格で、隊士のことを心から愛しており、戦死してしまった隊士の墓参りは足腰が立たなくなるまで欠かさず行っていました。 墓参りだけでなく、今際の際の隊士のもとに顔を出して励ますなど、家族を亡くした隊士にとって父親同然の存在です。 鬼舞辻無惨のように力で部下を支配しようせず、隊士の心に寄り添うことで結束を高めている。 まさに鬼舞辻無惨の悪いところを剥ぎ取ったような善人です。 こんな上司がいたら僕も絶対に尊敬するし、そばに付いていきたくなりますね。 圧倒的なカリスマ 柱の9名はそれぞれ個性的で癖の強いキャラクターばかり。 その柱たちに尊敬されるほど、産屋敷輝哉のカリスマはすごいです。 「あの方はいつも、その時人が欲しくてやまない言葉をかけてくださる人だった」 きっと他の柱も同じように思っているのでしょう。 圧倒的な力をもつ柱にも、精神的に弱い部分は必ずあります。 その弱さに負けそうになった時、前に進めるよう産屋敷輝哉は導いてきたのでしょうね。 相手がどんな気持ちなのか、どんな言葉を求めているのか、それが分かる人は少ないのではないでしょうか? 人は自分の話を聞いてほしいと思ってしまうものです。 自分を二の次にして、相手の話に耳を傾けるのは意識しても難しい。 それができる産屋敷輝哉は、まさに天性のカリスマ持ちだということでしょう。 そのきっかけとは、鬼舞辻無惨を一族から生み出してしまったこと。 当時、「20歳まで生きられない」と宣告されるほど病弱だった鬼舞辻無惨は、ある医者の投与した薬で鬼へと変質します。 それから鬼舞辻無惨は、自分の目的のために多くの人間の命を奪いました。 それが理由で、産屋敷一族の子供はみな病弱で短命になってしまった。 だから産屋敷一族はその想いで鬼舞辻無惨を追い続けている・・・・・・千年以上も。 病の進行を執念で抑える その呪いは産屋敷輝哉も例外ではなく、若くしてすでに 病が進行しています。 とうとう歩くこともできなくなり、産屋敷ボンバーの半年前に「あと数日の命」だと医者に宣告されます。 それでも「鬼舞辻無惨を倒す」という一心で、どうにか生きながらえている。 それがどれほどの覚悟なのか、妻子共々自爆をしたのを考えれば、いまさら想像するまでもありませんね。 鬼舞辻無惨への底なき殺意 産屋敷輝哉は感情の動きがゆるやかな人ですが、 炭治郎たちが上弦の陸を倒したという知らせがきたときは珍しく感情が高ぶっていました。 「お前は必ず私たちが私の代で倒す」 苦しくて血反吐を吐いても、産屋敷輝哉は気持ちを抑えられない。 これまで表に出してこなかった 「鬼舞辻無惨を倒す」という執念が溢れ出ていて、僕は少し狂気を感じました。 優しい心と、鬼舞辻無惨への憎悪が同居しているんだなと。 炭治郎と禰豆子が生み出した波紋 上弦の鬼は百年もの間ずっと変わらず、何人もの剣士が殺されてきました。 炎柱・煉獄さんも猗窩座に殺されてしまいましたし、条件が悪ければ柱でも負けてしまうことが分かりますね。 その兆しを作り出したのが、炭治郎と禰豆子。 炭治郎は始まりの呼吸・日の呼吸を継承し、禰豆子は鬼でありながら鬼舞辻無惨の呪いだけでなく太陽まで克服した。 二人が産屋敷一族の呪いを解いてくれる展開が、いつかくるのでしょうか……。 産屋敷耀哉の能力 自分も戦おう、とみずから剣を習ったこともあるお館様。 才能がないため断念しましたが、リーダーとしては・・・彼の、また一族特有の別の能力のほうが、適切だと悟ったのでしょう。 それも強烈すぎる能力。 稀有な声質 産屋敷輝哉の声音や動作の律動は、話す相手を心地よくさせ、聞く者に安らぎと高揚感を与えます。 たしかに、お館様にぴったりの能力ですよね。 ちなみに、実際この声質を持っていた有名人といえば故・美空ひばりさん。 彼女が「昭和の歌姫」と呼ばれた理由の一つなんですね。 直感 またお館様にはもう一つ凄まじい能力があります。 この能力は お館様特有のものではなく、産屋敷一族特有のものらしいです。 この能力によって産屋敷一族は財を成し、幾度もの危機を回避してきました。 そして、この能力があったからこそ、鬼舞辻無惨の襲撃を予測し、決死の作戦を立てることができたということですね。

次の

産屋敷耀哉(鬼滅の刃)の徹底解説まとめ

産屋敷 死亡

スポンサーリンク 【鬼滅の刃】お館様の覚悟 産屋敷耀哉 産屋敷耀哉は鬼殺隊の当主でした。 鬼殺隊の隊士からはお館様と呼ばれていました。 産屋敷家は鬼舞辻無惨と同じ一族で・・・つまり 耀哉と無惨は遠い親戚です。 無惨という者が排出されてしまったことで、産屋敷家は呪われてしまい、生まれてくる子供は病ですぐに死んでしまうようになってしまいました。 そこで代々神職の一族から妻をもらうことで、子供も亡くなりにくくなりましたが、それでも30歳を超えて生きることができない状態が続いています。 耀哉も病に侵され、死期が迫っていたようです。 産屋敷家の館の場所を特定した無惨は、耀哉の前に姿を現します。 鬼殺隊のトップである耀哉を殺しに来た無惨でしたが、それは 耀哉の作戦でもありました。 無惨を仕留めるために、耀哉は無惨もろとも自爆し死亡したのです。 スポンサーリンク 【鬼滅の刃】信念を貫いた生き様 煉獄杏寿郎 鬼殺隊の柱の一人で炎柱を務めていた煉獄杏寿郎。 炎の呼吸は水の呼吸と同じくらい昔から存在していた呼吸で、煉獄杏寿郎は 代々炎の呼吸を伝え継いできた煉獄家の長男です。 杏寿郎は母から「 弱き人を助けることは強く生まれた人の責務です」という言葉を大切にしてきました。 その言葉の通り無限列車に乗り合わせた乗客は誰ひとりとして命を落とすことはありませんでした。 煉獄は無限列車で炭治郎たちに会うと、 下弦の壱の魘夢と戦います。 魘夢の血気術にかかってしまいますが、炭治郎たちのおかげで目覚めることができました。 炭治郎と伊之助が魘夢を倒すまで常客300人の命を守りました。 その後突然襲ってきた 上弦の参の猗窩座と対峙します。 何度も鬼にならないかと猗窩座に勧誘されますが、断った煉獄。 炭治郎たちを猗窩座から守ることはできましたが、強さは互角なのにどんどん再生していく猗窩座に勝つことはできませんでした。 スポンサーリンク 【鬼滅の刃】双子の兄と涙の再会 時透無一郎 鬼殺隊の柱の一人、霞柱である時透無一郎。 無一郎は柱の中でも最年少で、刀を握ってから2か月で柱まで上り詰めました。 日の呼吸の末裔であることも判明しています。 11歳で両親を失った無一郎は、双子の兄の有一郎と暮らすことになりました。 産屋敷あまねが二人を鬼殺隊に誘いますが、有一郎が何か企んでいるに決まっているといい追い返してしまいます。 ある夜寝ていたところを鬼に襲われ有一郎は致命傷を負ってしまいます。 無一郎は鬼と戦い滅多打ちし、緒には日光で消滅してしまいますが、有一郎も亡くなってしまいます。 この出来事であまりに深いショックを受けたため無一郎は記憶喪失になってしまいますが、鬼殺隊に入隊しどんどん強くなっていきました。 無一郎は無限城で 上弦の壱の黒死牟と戦います。 しかしいきなり左手を切断されてしまいます。 最期まで黒死牟と戦い、黒死亡が死んだ後に無一郎も亡くなってしまいます。 死んでしまった無一郎を迎えに来たのは有一郎でした。 有一郎は死なないで欲しかったと言い、二人は泣きながら抱き合うのでした。 スポンサーリンク 【鬼滅の刃】実弥が守りたかった弟 不死川玄弥 炭治郎の同期のメンバーの一人で、不死川実弥の弟である玄弥。 玄弥は全集中の呼吸を使うことができません。 鬼を喰らうことで鬼の力を得ることができるという特殊な能力があります。 兄を追って入隊しましたが、実也からは兄弟なんかではないと拒否されていました。 しかし後に それは玄弥に鬼殺隊に入ってほしくなかったからだつたことがわかりました。 不死川玄弥は、無限城の戦いで、上弦の壱と対峙しいきなり胴体を真っ二つに斬られてしまいます。 黒死牟の髪や刀を喰らってパワーアップしながら、柱たちをサポートしますが、 黒死牟に縦に真っ二つにされてしまいます。 鬼と同じように崩れていく玄弥を見て実也が取り乱します。 玄弥は実也に守ってくれてありがとう、俺も兄ちゃんを守りたかったと言いました。 静かに感謝の気持ちを伝えると、微笑みながら崩れて消えていきました。 スポンサーリンク 【鬼滅の刃】無惨への憎しみ届かず 珠世 珠世は過去に鬼の始祖である鬼舞辻無惨に鬼に変えられた女性です。 緒には無惨に呪いをかけられていますが、 珠世は自力で無惨の呪いを解除することに成功しているので、自立して行動することができています。 普通の鬼は無惨の名前を口にするだけで呪いによって死んでしまいますが、珠世は大丈夫です。 生命を維持するために人間を捕食することが必要でしたが、人間の血を摂取するだけで生命を維持することができるようになっています。 本来無惨以外はできない、人を鬼に変えることもできるため、愈史郎は鬼に変えられ、珠世に命を救われました。 炭治郎から禰豆子が長い間人間の肉を食べていないにもかかわらず、凶暴化もしていないという事情を聴いて炭治郎に鬼の血を取ってくるようお願いします。 それから鬼が人間に戻る薬の開発も進め、最後には産屋敷耀哉に協力することになりました。 珠世は 無惨が産屋敷邸を襲撃して来たときに登場して人間に戻る薬を注入することに成功しました。 しかし 一時的に繭のようなものに変化したものの、珠世を吸収して復活します。 珠世は無惨に吸収されて亡くなってしまいました。

次の

【鬼滅の刃】鬼殺隊で死亡したのはだれ!?涙が止まらない最期!命を落とした鬼殺隊メンバーまとめ!

産屋敷 死亡

そして、 痣の発現条件が体温の上昇なら、 怒りも大きな要因となりえます。 産屋敷の死亡によって、 痣に目覚める柱が 出てくるでしょう。 上弦の弐 童磨(どうま) が 妓夫太郎 ぎゅうたろう と堕姫を 瀕死状態から鬼にできたように、 死にかけの産屋敷が 無残に鬼にされる可能性は 十分に考えられるでしょう。 また、日の呼吸の先代らしき、 上弦の壱 黒死牟 こくしぼう を 無残が十二鬼月に取り込んだように、 敵側を鬼にして 味方に引き入れるやり方を、 無残はいとも簡単に やってのけるかもしれません。 産屋敷が鬼になった場合、 柱と禰豆子の位置が完全に 無残にバレてしまうでしょう。 鬼の思考回路を 読み取ってしまう無残。 産屋敷が柱と禰豆子の場所を 知っていることを見越して、 鬼にすることは十分あり得ます。 上弦の鬼のメンバーが欠け、 琵琶女を上弦の肆 し に 昇格させたように、 足りていない伍と陸に 産屋敷を入れることも 十分に考えられます。 今はまだ 鬼殺隊の位置は6割程度、 禰豆子の位置は不明と 完全にはバレていませんが、 産屋敷が鬼になったら もはや完全にバレてしまいます。 空里に一刻も早く 禰豆子を移すことが 急がれるでしょう。 ここまでは 無残が誰にも邪魔されず 淡々とこなしていった ときの場合です。 琵琶女の偵察の目を 握りつぶしたのも不死川。 おそらく目で 探知しているので、 不死川に目を潰されたことを 琵琶女は気づいているでしょう。 お館様 産屋敷 が 鬼にされ連れ去られ、 無残も逃げたとあらば、 柱たちは怒りというよりは 困惑してしまうことでしょう。 眼の前に鬼として 立ちはだかるお館様を、 柱たちは倒せるのでしょうか? そして産屋敷のカラスに発見され、 珠世も産屋敷邸に向かっています。 全員が産屋敷邸に集結し、 はたして物語はどうなるのか? これからの展開にも期待です!

次の