ポツン と 一軒家 福岡。 ポツンと一軒家|朝日放送テレビ

ポツンと一軒家:三重で庭園のような敷地を発見 福岡では異様にキレイな山道が

ポツン と 一軒家 福岡

日本各地の人里離れた一軒家で暮らす人を追うバラエティー番組「ポツンと一軒家」(ABC・テレビ朝日系、日曜午後7時58分)。 3月15日の放送は、三重県と福岡県にある一軒家を捜索する。 三重県では、巨大ソーラーパネル施設のある集落から捜索を開始。 地元に詳しい人に話を聞くと、大きな庭を造る年配の男性が住んでいて、男性が亡くなった後は家族が家の管理をしているという。 地元の人の案内で一軒家に到着すると、そこにはきれいに整備された遊歩道があり東屋も建っている。 まるで庭園のような敷地に建っていた一軒家とは……。 福岡県では、佐賀県境近くで一軒家を発見。 最寄りの集落で話を聞くと、その場所から30~40分ほどの場所に、一軒家はあるという。 一見すると道だと分からないような暗くて細い脇道を進むと、路面に葉っぱ一枚落ちていない、異様なほどにキレイな山道にたどり着く。 その道の先で見つけた一軒家には……。 番組は、所ジョージさんがMCを、林修さんが「パネラー」を務める。 今回のゲストは秋野暢子さんと成田凌さん。

次の

ポツンと一軒家|朝日放送テレビ

ポツン と 一軒家 福岡

視聴率20. 7%!大人気テレビ番組『ポツンと一軒家』の人気の秘密 ABCテレビ・テレビ朝日系列にて全国ネット放送中のテレビ番組『ポツンと一軒家』。 日本各地の人里離れた場所にはなぜだか「ポツン一軒家」が存在しています。 そんなポツンと一軒家の手がかりとなるのは、1枚の衛星写真のみ。 スタジオでどんな一軒家があるのかを想像を巡らせるのは、MCの所ジョージさん、パネリストの林 修先生と各回のゲスト。 実際に現地へ赴いた捜索隊が、地域の方々に聞き込みをし、一軒家を捜索。 なぜその場所に家を構えることになったのか? そこで暮らす一軒家住人の人生ストーリーにも迫っていく展開が人気の番組です。 では、驚異の視聴率20. 7%(関東地区)を記録! 放送の度に高視聴率をマークするとあって、みなさんの中にも毎週欠かさずチェックしている、という方も多いのではないでしょうか? 一軒家捜索は、協力が不可欠!スタッフと地元の方との交流に心温まる そんな高視聴率を記録した前回の放送では、福島県の南部を大捜索! 衛星写真で見つけたお宅を探す捜索隊でしたが、地元の方からの情報により、その一軒家はすでに空き家であることが判明。 別の一軒家を紹介してもらい、案内をしていただくも、またもや空き家であることがわかるという、波乱の捜索に。 しかし、ほかにもポツンとある一軒家情報を地元の方に伺っていた捜索隊は、紹介されたお宅を目指します。 そこまでの道中への案内も、別の地元住民の方が買って出てくれます。 たどり着いたのは、明治末期からあるという温泉旅館。 温泉だけでなく、三代目が作る料理が自慢とのことで、その暮らしぶりが紹介されました。 2軒目の一軒家も、地元の方に紹介していただいたお宅。 直売所で働く方に先導してもらった捜索隊が山の中で見つけたのは、なんと長屋の一軒家。 かなりの大きさのお宅には女性が住んでおり、亡き夫手作りのお宅での素敵な思い出や、暮らしが語られる展開となりました。 …と、このように、地元の方の協力あってこその捜索。 番組を見ているという地元の方も多く、捜索隊との心温まるやりとりも、番組の大きな見どころのひとつと言えます。 さて次回、11月3日(日)の放送ではどこの一軒家が捜索されるのでしょうか? 番組内容を先取りしていきましょう! 11月3日の放送は、田山涼成さんと栗山千明さんがゲスト出演。 番組がスタートした当初からのファンだという田山さんは「この番組が大好きなんです!」と、今回の出演に大感激! 「僕は親父の実家がまさに、ポツンと一軒家があるような山奥の田舎で、そこで空気の美味しさと採れたての野菜の美味しさを知ったんです!」と、自身のポツンと体験談も語ります。 栗山さんは「都会の便利な生活に慣れてしまっているので、山の生活はとてもできないと思いますね」と、自身の生活と照らし合わせ、ポツンと一軒家で暮らす人々の生活に心を打たれている様子。 その衛星写真を見た所さんは「これは相当に山深い! 本格的なポツンですよ!」と、驚きを隠せません。 林先生も自身の知識から「高知も北の方は、とても険しい山々がありますものね」と補足しますが、そこに写った一軒家は、山深い中にしっかりと整備された畑があるようにも見えます。 田山さんは「建物があまりに大きいように見えるので、教育実習の施設では?」と建物の規模から、予想を立てます。 一方で栗山さんは「大家族で暮らしていて、代々農業をされているご家族だと思います」と別の角度から予測をします。 険しい道の先にある絶景の見渡せる一軒家とは? 最寄りの集落も山深い場所にあり、数軒の家がチラホラと見える、小さな集落のよう。 スタッフは、その集落で見かけた男性に、衛星写真を確認してもらうことに。 すると「この家の方は知っています」と耳寄りな情報をゲットします。 さらに一軒家住人のお仕事など、詳細情報まで聞けるトントン拍子の展開に! 家までの道のりもしっかりと教えてもらった捜索隊は、山の景色が美しい道へと進んでいきます。 順調かと思われた捜索ですが、その山道は険しく標高が高くなるにつれて、どんどん道も狭くなっていきます。 「崖っぷち」とも言える細い山道になると、「落ちそう!」と不安になりながら、慎重に車を進めていく捜索隊。 その先の崖側には、トタンでできた建物が! 「すごいところに建っているな!」と、数々の一軒家を見てきた経験値の高い捜索隊でも、声を上げるほどの立地のよう。 ポツンと一軒家があるのは、福岡県中央部の山深い中。 「何このきれいな山! 職人さんがきちんと手入れをしているような山ですよ!」と、家の近くにある山に注目し、どんな人が住んでいるのか予想を立てる所さん。 近くには温室のような建物も見えるようで、林先生も「これは農業を営んでいる方でしょう」と所さんの予想を後押しします。 さらに所さんが「多肉植物とかエアプランツとか、流行りの植物とか育てていてほしいですね」と希望を語り始めると、栗山さんは「体験教室のような施設ではないでしょうか」と予測。 衛星写真1枚で、どんな一軒家があるのか? さまざまな意見が飛び、話が盛り上がるスタジオ。 険しい道の先で、貴重な生き証人に出会う捜索隊! まずは、ポツンと一軒家から山を挟んだ、最寄りの集落に向かう捜索隊。 そこは、家がたくさん建ち並んでいて、規模の大きい集落のようです。 そこで情報収集を開始すると、「この家にはご夫婦がいらっしゃる」と有力な情報を得られます。 しかし、その一軒家までの道のりは「かなり複雑」とのこと。 道を教えてくれた男性は「オレもモノ好きだから」と、家までの案内役を買って出てくれるありがたい展開に。 男性の車の先導の元、山道へと入っていく捜索隊。 その道のり聞いていた通り、険しい山の中を左へ右へ、さらには急斜面の道へと進んでいく複雑な道順のよう。 山はますます険しくなり、やがて荒れた竹やぶへ。 捜索隊も思わず「案内をしてもらわなければ、行けなかったですね」と言葉を漏らすほど、険しい道を進んで行きます。 道の先で捜索隊が出会うのは、家族から素晴らしい人だと絶賛されるご主人。 そして、林先生も唸るほど、歴史的な事実の貴重な生き証人でもあるようです。 今回もドキドキワクワクさせられる捜索の末、興味深い一軒家住人の人生ストーリーや、一軒家ヒストリーが語られる展開となるようです! 捜索の行く末は、ぜひ11月3日(日)の放送でチェックしていただければと思います。 番組詳細• 2時点のものです.

次の

ポツンと一軒家、やらせor演出。知人の実家が数年前に放送されまし...

ポツン と 一軒家 福岡

ポツンと一軒家、やらせor演出。 知人の実家が数年前に放送されました。 放送後、知人と話す機会があり聞いたのですが、実家は確かに集落から少し離れた山の頂上にあるけど広くは無いが舗装さ れ自宅裏の車庫迄容易に行ける道があるが庭先から麓に降りる獣道のみ番組で放送されあたかも日々その道を通り麓の集落まで歩く演出があり実家は母親だけの一人暮らしだけど高齢だが自動車で街まで買い物行ってるのに何故か不便な暮らしをしてる演出だったようで。 けれど、質問者さんが書かれたような演出は残念ながら記憶に無いですね。 この番組では、ポツンと一軒家に住まわれている方が車を使う様子はいつも普通に写していますし、司会の所さんなども「車が無かったら生活できないよね」とたびたび口にしています。 なにより、車で行けない家はこれまでの放送の中でもかなりレア 憶えている限り6~7軒のみ でしたし、それらの家に住まわれてる方も車道に出てからは車を使われている様子が映し出されています。 また家はポツンとしているけれど人はポツンとしておらず、よく人が訪ねてくる様子もいつも当たり前に放送しています。 山中の寂しい所に有る家が、訪ねて来た人でいっぱいになる様子を写すことさえ、むしろ何時もの事と言って良いような状態です。 お住まいの方が「このあいだ宅配の新人さんが脱輪して大変だったみたいだよ」と語る場面があったり、郵便配達や移動販売の車が来た様子を写した回も有りました。 なので、質問者さんが知り合いの方からお聞きになったという話には、どうしても違和感が感じられます。 もしかするとそれはポツンと一軒家では無い「別の番組」だったのではないでしょうか? 都会に住む人から見た田舎暮らしや、変わった生活ぶりを面白おかしく描いた番組は昔からたびたび放送されてきました。 そうした番組においては、現実の田舎を、都会人のイメージの中の田舎に見せかけようとするかのように、おかしな演出の施された例がこれまでたびたび見られました。 お知り合いの方が嘘をついているとは思いません。 ですがその演出の話は、やはりポツンと一軒家ではない、別番組での話だった可能性の方が大きいのではないでしょうか。

次の