テレワーク コミュニケーション。 【テレワーク攻略note】コミュニケーションにおける弊害と活性化への道|HeaR inc.

テレワークの成功ポイント② コミュニケーション|コクヨの社員研修「スキルパーク」|ソリューション|コクヨ ファニチャー

テレワーク コミュニケーション

nanotyを利用している企業を対象に実施した「テレワーク」に関するアンケート調査の結果を発表します。 リモートワーク・テレワークに関するアンケート調査 <調査概要> リモートワーク・テレワークに関するアンケート調査 <有効回答> 46社 nanotyを利用 <調査期間> 2020年4月24日~2020年4月30日 新型コロナウイルス対策として、テレワークを推奨した企業69. テレワークの課題(自由回答)では「現場での仕事」、「押印」、「対面業務」ほか 次に、リモートワーク・テレワークに課題を感じていると回答した方に、「<Q3>Q2で回答した内容の他に、勤務先でのリモートワーク・テレワークに感じている課題があれば、自由にお答えください。 」と質問したところ、23の回答を得ることができました。 サービス業:コミュニケーションをとるために、Skype、office365、nanotyいろいろなツールを利用しているが、一つのアプリでまとまっていないため、いろいろなところも見なくてはいけないて混乱することがままある。 学術研究:外部の現場中心の仕事であり、導入メリットが見いだせない• 情報通信業:請求書の発行で印刷・押印があり、これだけはどうしても出勤しないといけないところにはまだ課題があると思っています。 卸売・小売業:広報担当の自分はテレワーク可能だが、工事担当者はテレワーク不可能であるなど社員間で差が生じてしまう。 娯楽業:急な案件の際のチェック体制が不安• 製造業:wifi環境 パソコンデスクやモニターが必要• 情報通信業:新しい取り組みやイレギュラー対応が捗らないと感じている。 卸売小売業:小売の場合、接客を必要するので在宅にしたくてもできない部分も多い• サービス業:支払に請求書の原本が必要であったり、社印の押印の為に会社に出社しないといけないこと。 建設業:業種的にテレワークが難しい。 サービス業:社用携帯を貸与していない社員がいるため、急ぎの連絡が取りづらい• 製造業:成果が見えにくい• 建築業:環境整備にかかるコスト、利便性はまだほど遠いと感じています• 製造業:会社全体にITリテラシーが低い• 製造業:制作課、営業課の社員は対応できるが製造業なのでどうしても工場は在宅でできない。 お客様からの注文や問い合わせ対応もあるので出勤する社員が大半です。 建設業:取引き先がITの対応に難しいことから、全電子化が少し先になる。 テレワークでも日報の見方に「変化はない」74. 日報の見方の変化(自由回答)では「情報共有に積極的になった」、「コメントが増えた」、「時間管理」ほか 最後にQ4で変化があったと答えた方に「<Q5>Q4で「はい」と回答した方は、どのような変化があったのかを自由に教えてください。 」と質問したところ、8の回答を得ることができました。 娯楽業:日報内容に対するコメントが若干増えた気がします• サービス業:どの業務にどのくらいの時間がかかっているのかを特にみることが多い。 情報通信業:日報をより詳細に書くようになり、また日報に対してのコメントも以前より結構増えました。 卸売・小売業:自分だけテレワーク中です。 そのためほかスタッフの業務内容把握のため以前より読んでいます。 「この件、今こんな状況なんだな」と知ることで、自分が関わるタスクの用意ができます。 建設業:日報を注意深く見るようになった• 製造業:日報を読む機会が増えた• サービス業:他の部署の日報も積極的に情報収集するようになった。 電気・ガス・熱供給・水道業:全員が情報共有にすすんで取り組んでいる まとめ nanotyをご利用いただいている企業様は、建設業や製造業など、 直接現場や工場に行く必要がある場合が多く、 会社としてテレワークを導入していても、 全社員が利用できるかというとまだ難しい部分があるようです。 ただ、その中でもnanotyをうまく活用して、前よりも情報共有を進んで行うようになったり、 部下や他の社員の業務把握に積極的になったなど、nanotyを活用することで、 対面コミュニケーションが取れない分を補えることも証明されました。 nanotyのテレワーク活用ガイドのダウンロード nanotyをテレワークで活用する際のガイドを用意し、以下の点について整理しました。 概要 ・テレワークの4つの課題 ・テレワーク『コミュニケーション』課題 ・nanotyで解決できることは? ・nanotyとは? ・nanotyの日報 ・nanotyの社内掲示板(コミュニティ) ・nanotyの集計 ・nanotyのサンクスポイント ・nanotyが選ばれる理由 ・利用料金について ぜひ資料をもとに、あなたの会社でも「テレワーク」の導入を検討してみてくださいね。

次の

テレワーク中の66%が、「コミュニケーションが変化した」と回答

テレワーク コミュニケーション

nanotyを利用している企業を対象に実施した「テレワーク」に関するアンケート調査の結果を発表します。 リモートワーク・テレワークに関するアンケート調査 <調査概要> リモートワーク・テレワークに関するアンケート調査 <有効回答> 46社 nanotyを利用 <調査期間> 2020年4月24日~2020年4月30日 新型コロナウイルス対策として、テレワークを推奨した企業69. テレワークの課題(自由回答)では「現場での仕事」、「押印」、「対面業務」ほか 次に、リモートワーク・テレワークに課題を感じていると回答した方に、「<Q3>Q2で回答した内容の他に、勤務先でのリモートワーク・テレワークに感じている課題があれば、自由にお答えください。 」と質問したところ、23の回答を得ることができました。 サービス業:コミュニケーションをとるために、Skype、office365、nanotyいろいろなツールを利用しているが、一つのアプリでまとまっていないため、いろいろなところも見なくてはいけないて混乱することがままある。 学術研究:外部の現場中心の仕事であり、導入メリットが見いだせない• 情報通信業:請求書の発行で印刷・押印があり、これだけはどうしても出勤しないといけないところにはまだ課題があると思っています。 卸売・小売業:広報担当の自分はテレワーク可能だが、工事担当者はテレワーク不可能であるなど社員間で差が生じてしまう。 娯楽業:急な案件の際のチェック体制が不安• 製造業:wifi環境 パソコンデスクやモニターが必要• 情報通信業:新しい取り組みやイレギュラー対応が捗らないと感じている。 卸売小売業:小売の場合、接客を必要するので在宅にしたくてもできない部分も多い• サービス業:支払に請求書の原本が必要であったり、社印の押印の為に会社に出社しないといけないこと。 建設業:業種的にテレワークが難しい。 サービス業:社用携帯を貸与していない社員がいるため、急ぎの連絡が取りづらい• 製造業:成果が見えにくい• 建築業:環境整備にかかるコスト、利便性はまだほど遠いと感じています• 製造業:会社全体にITリテラシーが低い• 製造業:制作課、営業課の社員は対応できるが製造業なのでどうしても工場は在宅でできない。 お客様からの注文や問い合わせ対応もあるので出勤する社員が大半です。 建設業:取引き先がITの対応に難しいことから、全電子化が少し先になる。 テレワークでも日報の見方に「変化はない」74. 日報の見方の変化(自由回答)では「情報共有に積極的になった」、「コメントが増えた」、「時間管理」ほか 最後にQ4で変化があったと答えた方に「<Q5>Q4で「はい」と回答した方は、どのような変化があったのかを自由に教えてください。 」と質問したところ、8の回答を得ることができました。 娯楽業:日報内容に対するコメントが若干増えた気がします• サービス業:どの業務にどのくらいの時間がかかっているのかを特にみることが多い。 情報通信業:日報をより詳細に書くようになり、また日報に対してのコメントも以前より結構増えました。 卸売・小売業:自分だけテレワーク中です。 そのためほかスタッフの業務内容把握のため以前より読んでいます。 「この件、今こんな状況なんだな」と知ることで、自分が関わるタスクの用意ができます。 建設業:日報を注意深く見るようになった• 製造業:日報を読む機会が増えた• サービス業:他の部署の日報も積極的に情報収集するようになった。 電気・ガス・熱供給・水道業:全員が情報共有にすすんで取り組んでいる まとめ nanotyをご利用いただいている企業様は、建設業や製造業など、 直接現場や工場に行く必要がある場合が多く、 会社としてテレワークを導入していても、 全社員が利用できるかというとまだ難しい部分があるようです。 ただ、その中でもnanotyをうまく活用して、前よりも情報共有を進んで行うようになったり、 部下や他の社員の業務把握に積極的になったなど、nanotyを活用することで、 対面コミュニケーションが取れない分を補えることも証明されました。 nanotyのテレワーク活用ガイドのダウンロード nanotyをテレワークで活用する際のガイドを用意し、以下の点について整理しました。 概要 ・テレワークの4つの課題 ・テレワーク『コミュニケーション』課題 ・nanotyで解決できることは? ・nanotyとは? ・nanotyの日報 ・nanotyの社内掲示板(コミュニティ) ・nanotyの集計 ・nanotyのサンクスポイント ・nanotyが選ばれる理由 ・利用料金について ぜひ資料をもとに、あなたの会社でも「テレワーク」の導入を検討してみてくださいね。

次の

テレワーク/「コミュニケーションが難しい」45.9%、電話対応などに課題

テレワーク コミュニケーション

テレワークとは テレワークの分類と導入が進む背景 テレワークとは、ICT(情報通信技術)を活用して、時間と場所の制約を受けずに働く勤務形態を指します。 企業に勤務する労働者が行う「雇用型」と個人事業主が行う「非雇用型」がありますが、ここでは、雇用型のテレワークについて解説していきます。 雇用型のテレワークは、勤務する場所によって大きく三つに分類されます。 【在宅勤務】 自宅を就業場所とする形態です。 業務に関するやり取りは、パソコンや携帯電話、FAXなどの通信機器を利用して行います。 通勤の負担が軽減され、時間を有効的に使えることから、育児や介護などの事情を抱える労働者に多く見られる働き方です。 終日を在宅勤務とするケースや、週のうち何日間・一日のうち数時間というように、部分的に在宅勤務を可能するケースなど、そのスタイルはさまざまです。 【モバイルワーク】 ノートパソコンやスマートフォン、タブレットなどのモバイル端末を利用して、場所を制限せずに働く形態です。 移動中や顧客先、カフェや空港など、さまざまな場所で業務を行います。 外出先からオフィスに戻る必要がないため、営業職など外回りの業務が中心となる職種で活用されています。 時間を有効に使えるため、業務効率の向上に役立ちます。 【サテライトオフィス勤務(施設利用型勤務)】 本来の就業場所とは別の場所に設置されたオフィスで働くことをいいます。 自社専用として設ける「専用型」と、複数の企業で場所をシェアする「共用型」があります。 さらに、目的によって以下の3タイプに区分されます。 都市型サテライトオフィス 営業活動などの利便性を高める目的で、都市部に設置します。 郊外型サテライトオフィス 都心部への通勤が困難な従業員の職住隣接を実現するため、郊外に設置します。 地方型サテライトオフィス 都市部にオフィスを持つ企業が、地方の人材雇用や災害時の事業運営リスクに備える目的で、地方に設置します。 テレワークの導入が進む背景には、日本の労働力人口の減少があります。 さまざまな事情から、働く意思があるにもかかわらず職に就けない人材に対し、テレワークは就業機会を創出します。 このほかにも、就業場所の広がりによる地域経済の活性化や、通勤の集中が緩和することによる環境負荷の軽減が見込めるなど、現在の日本が抱える問題を解消する方法として、社会的にも意義のある取り組みといえます。 テレワークの導入プロセスと、 実施に向けて押さえておきたいポイント テレワークのメリット・デメリット 人材確保、コスト削減のチャンス テレワークを導入すると育児や介護などの事情がある人材の活用、居住地を問わない採用が可能になり、人材確保のうえで大変有効です。 また、通勤費やオフィスの設備・光熱費、業務効率向上による残業代の削減、人事に関わるコストの低減も期待できます。 また、オフィス外で業務するため、情報漏えいや盗難などのセキュリティー管理、テレワーク勤務者の孤立感・情報格差解消も課題です。 1)人事・労務 適切な労働環境となるよう、ルール・制度を整備します。 2)ICTの整備 安全で快適な労働環境を整えるためのシステム・ツールを用意します。 3)実施・運用面の整備 テレワークへの理解促進と円滑な運用のための体制やルールを整備します。 具体的には、次の六つのステップで進めていきます。 (1)テレワークの推進体制を構築 テレワークを実施するには、人事・労務面でのルール策定のほか、システムやツールの導入、セキュリティーに関する事項のとりまとめなどを行わなければなりません。 そのため、人事部にくわえ、情報システムにかかわる部署、導入対象となる部署など、組織横断で推進できる体制を構築するところからスタートします。 (2)全体方針の策定 テレワーク導入を円滑に進めるには、目的を明確にすることが必要です。 導入によってどのような効果を得たいのか、全体方針を定めます。 従業員の合意を得られるよう、意義やメリットについて事前に周知することも重要です。 (3)実施・運用ルールを決定 次に、テレワークの実施ルールを具体的にします。 定めるべき事項は、主に以下のものです。 事項 内容 例 テレワークの実施範囲 対象者 部署、職種、ライフステージなどの基準 対象業務 テレワークの頻度 終日、または部分的実施 ルール・制度の策定 労務管理の方法・ルール 勤怠管理、健康管理の方法・ルール 人事評価制度の見直し 通常勤務との整合性をとりながら見直す 勤務時間や就業規則の見直し 通常勤務との整合性をとりながら見直す 教育・研修の実施 テレワーク導入のための教育・研修 理解促進の研修、業務遂行上の教育体制など (4)ICT環境の整備 テレワーク導入におけるICT環境の整備では、主に以下の二つの観点が必要です。 それぞれに、どのようなシステム・ツールが必要となるか検討します。 (5)セキュリティー対策 セキュリティーの確保は、テレワーク導入における必須事項です。 次の二つの観点から整備を進めます。 従業員がルールを理解できるよう、教育の場を設けることも重要です。 (6)評価と改善の仕組み化 テレワークを成功させるには、導入によってどのような効果や変化を得られたのか、どこに課題が残るのかを客観的に把握し、改善していくことが必要です。 評価項目は導入の目的によって異なりますが、主に以下の観点から整理するとよいでしょう。 コスト面(オフィスコスト、移動コスト、ICTコストなど)• 人材雇用(新規採用者数、離職者数など)• 業務効率や成果・業績• コミュニケーションの質・量• 従業員満足度など テレワーク導入時に必要な環境整備と外部サービス活用のヒント テレワークの導入で、とりわけ課題とされるのが環境の整備です。 なかでも、「基盤となるICT環境」「セキュリティー対策」「労務管理」「円滑なコミュニケーション」を懸念する声は多く聞かれます。 これらの課題は自社のリソースだけで解決するには困難なケースが多く、外部サービスの利用を視野に入れる必要があります。 ここでは、上記四つの懸念点を踏まえ、それぞれにどのような視点で環境を整備すべきか整理しました。 また、外部サービス活用のヒントもあわせてご紹介します。 基盤となるICT環境 作業環境を検討する際は、テレワークの形態や業務内容を考慮したうえで、最適なシステム方式を選択することが重要です。 システム方式 概要・特徴 外部サービス活用のヒント リモートデスクトップ方式• 社内のPCに、外部のPCからアクセスする方式• 外部のPCにデータが残らない• 社内PCで行っていた業務をそのまま別の場所で操作したい場合に選択• 新しいシステム導入の必要はなく、ハードルは低い• アプリケーションや認証キー購入で済むため、比較的初期費用が抑えられる 仮想デスクトップ方式• サーバ内にある仮想PCに、外部のPCからアクセスする方式• 外部のPCにデータが残らない• サーバ側で情報を管理したい場合に選択• 仮想デスクトップを管理する設備が必要なため、初期コストがかかる クラウド型アプリ方式• Webからクラウド型アプリにアクセスする方式• 作業したデータはクラウド上に保存される• インターネット環境があれば、端末を問わず利用できる• アプリケーションを利用するため、比較的安価で導入ハードルは低い• 月額や従量課金などサービスによって料金形態が異なる 会社のPC持ち帰り方式• 社内で使っているPCを社外に持ち出して、VPNなどを経由して社内LANにアクセスする方式• 使用端末にデータが保存されている状態となる• サテライトオフィスを設置する場合に選択• データが保存されている端末を持ち出すため、紛失や盗難に備え、PC自体のセキュリティー対策が必要 セキュリティー対策 テレワークにおけるセキュリティー対策では、以下のツールがおすすめです。 HDD暗号化やウイルス対策は、WindowsやMacのソフトウェアに付属しているものもあるが、代表的サービスに「ウイルスバスター」(トレンドマイクロ)などもある。 ツール 概要・特徴 外部サービス活用のヒント アクセスの管理・制限• 第三者による不正アクセスを防ぐ。 登録している端末からのみアクセスできるようにする• セキュリティー強度についてチェックすることが重要• 二段階認証、ワンタイムパスワード併用などのサービスも提供されている HDD暗号化• PCの紛失や盗難への備え。 ハードディスクを暗号化する• テレワークのいずれの形態においても導入を検討する必要がある• セキュリティチップ内蔵のPCであれば暗号化できる セキュアコンテナ• 端末上にコンテナと呼ばれる暗号化した領域をつくり、安全に作業を行えるようにする• 端末の紛失や盗難時に、遠隔操作でデータ削除・ロックができる• PC、スマートフォン、タブレットと端末を問わず利用可能• サービス内容・費用は各社異なる セキュアブラウザ• 端末にデータを残さずに作業を行える• 端末の紛失や盗難時の情報漏えいリスクを下げられる• PC、スマートフォン、タブレットと端末を問わず利用可能• サービス内容・費用は各社異なる ウイルス対策ソフト• ウイルスの検知および検知した場合に駆除する• 端末用、サーバ用がある• テレワークのいずれの形態においても導入を検討する必要がある 情報漏えい対策付のUSBメモリ• パスワードロックや暗号化機能、ウイルスチェック機能などを備えている• USBメモリを使用する場合は、情報漏えい対策がとられている製品が望ましい 労務管理 テレワークの労務管理に対応する、さまざまなツールが提供されています。 代表的なサービスとして「Kintone」(サイボウズ)、「TeamSpirit」(チームスピリット)、「jinjer」(ネオキャリア)などがあります。 特徴を押さえて検討を進めましょう。 ツール 概要・特徴 外部サービス活用のヒント 勤怠管理ツール• 始業・終業の時間を管理する• 給与計算・人事関連ソフトとの連携や、GPSによる位置情報の確認などができるサービスもある• 業務内容にあわせて選択することが必要 在席管理(プレゼンス管理)ツール• 従業員の在席状態を確認し、勤務状況を適切に管理できる• 仕事を中断した場合に労働時間を自動的に集約できるツールや、勤怠管理を含めたグループウェアなどがある• 業務内容にあわせて選択することが必要 業務管理ツール• 業務の進捗状況を可視化する• 主な機能として、スケジュール共有、ワークフロー、プロジェクト管理などがある• 勤怠管理や在席管理を含めたグループウェアもある• 業務内容にあわせて選択することが必要 円滑なコミュニケーション オフィスで働く従業員と、遠隔で仕事をする従業員とをつなぐコミュニケーションツールは、テレワークにおいて必須です。 コミュニケーションロスの防止に役立つツールには、以下のものがあります。 チャットの「slack」(slack)や「chatwork」(chatwork)、会議システムの「Zoom」(Zoom)、情報共有ができる「DropBox」(DropBox)などが代表的です。 ツール 概要・特徴 外部サービス活用のヒント Eメール• 社内外との連絡方法として、ほとんどの企業で導入されている• テレワークの形態にかかわらず、導入が必要 チャット• 会話のようなやり取りができ、メールよりも気軽にコミュニケーションをとりやすい• グループチャットも可能• 業務にかかわる情報を扱う場合は、セキュリティー対策のチェックが必要• 無料で始められるものが多い。 機能によって有料となる 会議システム• カメラを通して、対面であるかのようにリアルタイムで会議ができるシステム• 会議のために集まる移動時間とコストを削減できる• ソフトウェアのみの提供と、ハードウェアをセットにしたサービスがある• 使用人数や画質・音質などを確認して、自社に適したものを採用することが必要 情報共有ツール(オンラインストレージサービス)• インターネット上にファイルを保存し、社内外でデータを共有できる• 遠隔での共同作業が可能• 一定の容量までは無料としているサービスが多い• ユーザーの利用シーンを考え、機能や操作性を追求し、よりスムーズに効率的にすることで、企業のパフォーマンス向上を実現しました。 豊富なパラメータにより、ノンプログラミングで多様な設定が可能。 1日の予実績管理で、従業員一人一人のセルフマネジメントを促進します。 在席管理と連動したワークプランは、稼働状況をメンバーに共有することが可能。 これまでとは違ったコミュニケーションの工夫を必要としている企業様にお薦めです。 費用 1日研修で40万円~50万円を目安にご相談させていただいております。 しかし、導入後に起きた問題について質問したところ、上位となったのは「ネットワーク環境の不備」「テレワーク・在宅勤務の対象ではない部門の社員から不満の声が上がること」という回答でした。 この結果から、導入にあたっては環境整備と制度の見直しをしっかり行ってからスタートするという、事前のプロセスが重要であるとわかります。 テレワークのメリット・デメリットを理解し、計画的に実施することが成功に導く鍵になるといえるでしょう。

次の