もう行かないでよね 歌詞。 the shes gone 想いあい 歌詞

百足 音源 : Movie Star / 歌詞 / MV / ミニアルバム “ERROR” は名曲しかない!

もう行かないでよね 歌詞

もう森へは行かない Nous n'irons plus au bois 歌謡曲『もう森へなんか行かない』に影響を与えたフランス民謡 『もう森へは行かない Nous n'irons plus au bois』は、18世紀半ば頃の。 フランス語版wikipediaによれば、作詞者はルイ15世の公妾ポンパドゥール夫人(下挿絵)だという。 歌詞では、森に生えていたゲッケイジュ(月桂樹)が枯れ(または切り倒され)てしまったため、「 Nous n'irons plus au bois(私たちはもう森へは行かない)」と冒頭で説明される。 森の月桂樹がそれほどに大事な意味合いを持っていたのだろうか。 代わりに娘達が月桂樹の葉を拾い集めにいく、と歌われる。 そしてコーラスでは、「みんな踊ろう Entrez dans la danse」とダンスが始まり、おそらくは男女のペアとなって、気に入った相手にキスをしよう、と陽気なリフレインが続いていく。 古い民謡・童謡にありがちな、一見するとナンセンスな歌詞の内容となっているが、おそらくは18世紀当時には何らかの深い意味合いを持っていたのだろう(詳しくは後述)。 もう森へは行かない 月桂樹は切られてしまった 娘達が拾い集める Entrez dans la danse, Voyez comme on danse, Sautez, dansez, Embrassez qui vous voudrez. Mais les lauriers du bois, Les lairons nous couper? 娘達が拾い集める 月桂樹は切られたまま? Mais les lauriers du bois, Les lairons nous couper? 月桂樹は切られたまま? 娘達が一人ずつ拾い集める 歌詞に隠された本当の意味とは? 作詞者とされるポンパドゥール夫人は、30歳を過ぎた頃からルイ15世(下挿絵)と寝室を共にすることがなくなり、代わりにヴェルサイユの森に「鹿の園」と呼ばれる夜伽の館を開設していたことは歴史上有名な話。 『もう森へは行かない Nous n'irons plus au bois』が作詞されたのもちょうどその頃のようで、夫人はその頃、現在のエリゼ宮殿(パリ)に離れて住んでいたという。 筆者の私見では、この曲の歌詞には、ポンパドゥール夫人が開いた「鹿の園」に関連する要素が暗示されているのではないかと推測している。 月桂樹はギリシア神話に登場する男神アポロンの聖樹で、勝利と栄光の象徴。 王冠のように被る月桂冠も作られ、王の暗喩としても用いられる可能性がある。 夫人は年をとり、月桂樹(との夜の関係)は枯れ、ヴェルサイユの森にはもう行かなくなってしまった。 それを代わりに若い娘たちが拾いにいった。 何とも意味深な歌詞の内容である。 作詞者が本当にポンパドゥール夫人かどうかは定かではないが、その歌詞には、夫人と何らかの関係にありそうな雰囲気が確かに感じられる。 メロディはグレゴリオ聖歌? 『もう森へは行かない Nous n'irons plus au bois』のメロディについては、の一曲『キリエ』からインスピレーションを受けているとの指摘があるようだ。 詳細はのページを参照されたい。 ちなみに、フランスの作曲家は、このフランス民謡のメロディを自身の複数の作品で引用している。 概要はこちらのページ「」にまとめている。 日本では『もう森へなんか行かない』のタイトルで知られている。 ちなみに、短編小説集「」で知られるフランスの作家エドゥアール・デュジャルダン(1861-1949)は、を残している。

次の

西島三重子の「もう森へなんか行かない」: エムズの片割れ

もう行かないでよね 歌詞

青春の蹉跌をフランスの文学少女が歌うと、まさにこんな感じ? 「わたしの青春が急ぎ足で去って行く あなたの足取りのリズムに合わせて」。 栴檀(せんだん)は双葉より芳しで、アルディが自分の持ち味に、というか、生涯 満たされない想いを歌っていくんだろうな、とアルディ自身が感じていたように思える名曲です。 ステロイドが効かない方は一度、 無料のヒスイウォーターをお試しください。 乾燥肌、アトピー、水虫の痒みなどで100%ではありませんが、9割以上の高い実績があります。 郵送は1日5名さままで。 選外の方は申し訳ありません。 ご承知の上、ご応募ください。 速達で郵送しますので到着後、ただちにご利用ください。 時間がたつとフツーの 水になって効果を失います。 副作用はありませんから ダメ元という方にお薦めします。 翡翠マグを購入する義務、購入・宗教への勧誘は一切ありません。 金賞(3万円)、銀賞(2万円)、銅賞(1万円、3名)を贈ります。 創作でなく、実際の出来事を150字以内にまとめて、このサイトの「お問い合わせ」を 使ってご応募ください。 入賞作品は当サイトほか弊社の関連ページでご紹介させていただく ことがあります。 ご応募は I love youの日 翌日の9月1日から同月いっぱいまで。 投稿の際には本名は不要です。 発表は10月中旬、当サイトの HOME と I love youの日 のページで。 は左の水色部分をクリック。 この歌を創唱したミシェル・アルノーや作者らのパフォーマンスを紹介します。 (エリゼ宮は元々、夫人のパリ滞在のためにルイ15世が買い与えた邸宅) 疑惑を持たずに無邪気でいられた時代の象徴でしょう。 また この童謡から着想されたドビュッシーのピアノ作品も下の方で紹介しています。 アルディの翻訳もかなりの数になりました。 さよならを教えて とか、彼女の誠実で 内省的な魅力が出ている スター とか。 10代の初々しいラヴソング あなたの胸に、 しかしまた別の想いもあって、ペソアらと時代を共にする以上、採り上げるしかない、恋愛の 不可能性に触れた Message personnel (告白)などなど・・・。 アルディ以外のアーティストの動画やポンパドゥール夫人の歌詞の翻訳(一部)なども。 わたしの青春は急ぎ足で去る ひとつの詩を経て 或る韻(ライム)から別の韻へ それは垂らしている 腕をだらりと わたしの青春は急ぎ足で去る 涸れ果てた泉へと そして枝編み細工の刈り手が わたしの二十歳(はたち)を取りいれる わたしたち もう森へ行かない 詩人の歌 安っぽいルフラン へたれな詩句たち 夢見て歌っていたのよ 祭りで会った男の子たちのこと わたし その名前さえ憶えていない わたし その名前さえ憶えてはいない わたしたち もう森へ行かない スミレを探しになんて 雨が降る、今日 わたしたちの足跡を消して 子供たちはそれでも 頭を歌でいっぱいにしている でも わたしはそれを知らない でも わたしが知ることはない わたしの青春は急ぎ足で去る ギターの調べに乗り わたしのところから逃げていく 物も言わず 嘆きの足取りで わたしの青春は急ぎ足で去る つなぎとめるものを打ち壊し その髪に わたしの二十歳という花々を飾って わたしたち もう森へ行かない 秋がもうやって来ている わたしは 春を待とう 花で憂いを癒しながら それはもう帰ってくることはない そしてたとえわたしの心が震えても それは 夜の帳(とばり)が降りてくるから それは 夜の帳が降りてくるから わたしたち もう森へ行かない わたしたち もう一緒に出かけたりはしない わたしの青春が急ぎ足で去って行く あなたの足取りのリズムに合わせて だけどもし あなたが知っているなら それがどんなにあなたに似ていることか でも あなたはそれを知らない でも あなたが知ることはない 無断転載はご容赦ください。 リンクはフリーです。 敢えて1か所、意訳しました。 語源まで遡れば、それもアリというわけで。 日本語で表現した途端、白黒ついてしまうけれど そでもないファジーな部分だってあります。 ルイ15世の公妾(国家予算を受給できる地位) ポンパドゥール夫人が、グレゴリオ聖歌のメロディに歌詞をつけたと言われます。 童謡を下敷きにするのは、バルバラとムスタキの 「ブルネットの婦人」と同じ構造ですね。 ドビュッシーがこの童謡から作曲したピアノ曲は一番下の動画です。 歌詞は一番下にコピペしておきます。 (ちょっとだけ翻訳しておきます) 現在のエリゼ宮はまだ田舎の村で、ここにも邸宅を与えられた夫人が 近所の子供たちを集めて自作のこの童謡を歌わせていただなんて 想像するだけでも楽しいですね。 (オリジナル詞と一部翻訳は下の方で) 本来は楽しい童謡ですが、ここで、そのタイトルを引用したのですから 或る意味、「わたしたち もう森へ行かない」とカッコの中に入れたほうが 引用の意味がはっきりするかもしれません。 57年にはツアーで、セルジュ・ゲンズブールをギタリスト。 ピアニストに起用しています。 ゲンズブールが誰も歌わないけれど数曲を書き溜めていることを発見し、 初めて歌っています。 Jean-Claude Pascal ジャン=クロード・パスカル 作者である Guy Bontempelli ギイ・ボンタンペッリ さすがに味わいがあります。 ポンパドゥール夫人の作と言われる歌詞です。 実際には、長年にわたって磨かれてきたようです。

次の

西島三重子の「もう森へなんか行かない」: エムズの片割れ

もう行かないでよね 歌詞

先日、こんな歌を見付けた。 西島三重子の「もう森へなんか行かない」という歌である。 なお歌詞は、聞きながらのメモなので、正確ではない。 (一部聞き取れない・・・) <西島三重子の「もう森へなんか行かない」> 「もう森へなんか行かない」 作詞・作曲:Guy A. Bontempelli 訳詞:西島三重子 今日 季節が 変わるように 青春が 行ってしまう 夏の草を 刈り取るように 時の流れが 連れて行くの 思い出して あの日のこと 私たちは 森へ行った 花を摘んで 口笛を吹き 夢を見ては 語りあった もう森へは 行きはしない 夢見ていた 少女の日は 森の中に 忘れ去られた 秘密の歌 夢の呪文 夜 とばりが 降りるように 青春は 去っていった 音もたてず 私の髪に 密やかに ヴェールをかけて いつの間にか 忘れていた あなたの名も あの歌さえ 帰る道も 雨に消されて 風の音に 振り向くだけ もう森へは 行きはしない 過ぎた時を 追いはしない ただ 意味なく 笑った日々は 退屈には 余りあるけど ()によると 「「もう森へなんか行かないMa jeunesse fout l'camp」は、フランスのシンガー・ソングライター、ギイ・ボンタンペッリGuy Bontempelliの作詞・作曲です。 彼の作った曲は、ジュリエット・グレコ、ダリダ、ニコレッタ、バルドーほか多くの歌手に歌われています。 フランソワーズ・アルディがこの曲を歌ったのは、1967年。 TBS系列で放送された山田太一脚本のドラマ「沿線地図」で挿入歌として使われて、日本でも有名になりました。 ジャン=クロード・パスカルJean-Claude Pascalものちに歌っています。 原題は「私の青春は逃げて行く」という意味で、「もう森へなんか行かない」というのは、歌詞に含まれるフレーズ。 あまりにも知られているので、この題名のままにします。 ・・・」 だそうだ・・・ この歌は、聞いていると同じようなフレーズが繰り返され、何とも不思議な雰囲気・・・。 1967年発売の作品である。 <フランソワーズ・アルディの「もう森へなんか行かない」> 雰囲気がほとんど同じ・・・。 でもなぜこの歌が気になったのか・・・。 旋律が実に日本的ではないか? 毎回言っているが、これら自分の知らない歌を発掘するのが、FM放送受信の醍醐味である。

次の