カズヒロ。 カズ・ヒロ

ぼくについて│GEEK

カズヒロ

概要 [ ] 在住。 、、大学院を卒業。 多摩美術大学では、に師事していた。 NHKの公募番組『』に入選し、作家活動に入る。 2012年、アニメーション制作会社「」の設立に参加。 作風 [ ] 独創的な世界を描く アニメーション作家。 繊細で優しい作風を持ちながら、力強い描写も得意。 動物、自然物、建物、乗物の描写を得意とする。 作品によっては絵柄を変える時もある。 コンピューターソフトと画材の併用で描く事も多い。 画材はアクリルガッシュ、色鉛筆、ペン、シャープペンシルなど。 ソフトはAdobe PhotoshopとAfterEffectsを主に使用。 アクリルガッシュの時は、味わい深い彩色をする為に、下地にテクスチャーや色を多く塗り重ね、筆先が開いた安物の筆を使用することもある。 人物 [ ] 幼い頃からNHKが好きで「」の映像を作る事に、強い憧れを抱いていた。 現在フリーのアニメーション作家として活動し、これまでに「みんなのうた」の映像を4本手がけているが、今でも「みんなのうた」が大好きである。 受賞歴 [ ] 2000年• NHKBSデジタル・スタジアム入選/爆走BABY• JACA日本ビジュアルアート展入選/絵画「街」 2001年• NHKBSデジタル・スタジアム入賞/青い部屋 2005年• 文化庁メディア芸術祭アート部門優秀賞/アニマ• デジタル・スタジアム入賞 デジスタアワード最終審査ノミネート /アニマ• 東京ネットムービーフェスティバル優秀賞/アニマ• 東京芸術大学大学院修了制作デザイン賞/アニマ• NHKBSデジタル・スタジアム入選/春 Spring 2006年• 東京アニメアワード公募学生部門優秀作品賞/アニマ• ソウル国際アニメーションフェスティバル入選/アニマ 2009年• Youtubeビデオアワードジャパンノミネート/DOUDOU 主な作品 [ ] 2002年• DOUDOU(自主制作アニメ) 2005年• 空へ(歌・、、アニメ制作• ANIMA(自主制作アニメ) 2007年• のびろのびろだいすきな木(歌・、NHKみんなのうた、アニメ制作、NHKハート展テーマソング 2008年• CRYSTAL CHILDREN (歌・、NHKみんなのうた、アニメ制作• ある夜の物語(、アニメ制作)• What's a wonderful world(教材用ミュージックビデオ、アニメ制作)• (監督作品、背景美術一枚提供) 2009年• 龍馬伝 龍馬30Seconds(NHK高知 をイメージしたスポット)• 四季(、の題名を使った10秒のショートアニメ制作)• (NHKBS、タイトル映像. 魔法の料理〜君から君へ〜(歌・、NHKみんなのうた、アニメ制作• TVアニメ「」第8話「えんそくにいく」(NHK、アニメ制作)• (、一部イラスト制作) 2011年• ジュウガイア(YouTubeNextUp支援アニメ、製作中)• 「フュースリ/夢魔」(NHKBS、アニメ部分制作)• 額縁をくぐって物語の中へ「ボッティチェリ/春」(NHKBS、アニメ部分制作) 2012年• TVアニメ「」(劇中絵本「ことりとり いろいろのいろ」の挿絵やEDイラストを担当)• 童話「トム君はめいたんてい」(挿絵) 2013年• 「よりそう」(NHK、アニメ制作)• あいうえおうさま(BS11、コンテ・撮影などを数話担当)• TVアニメ「」(絵を数枚提供)• (フジテレビ、オープニング制作)• (歌:、NHKみんなのうた、映像・CDジャケットイラスト制作)• 劇場版アニメ「」(一部背景を制作) 2014年• TVアニメ「」(エンディング映像制作) 2015年• アニメPV「」(監督) 2016年• TVアニメ 「」(第9話、特殊効果を担当)• TVアニメ 「」(第13話、演出)• TVアニメ 「」(コンセプトデザイン) 2017年• 劇場版アニメ 「」(コンセプトアート) 出典・脚注 [ ].

次の

カズヒロ(メイク)日本文化が嫌いになったきっかけやメイク方法他

カズヒロ

「なんで勝った俺が謝らないとアカンねん!」こう大声で言い捨て、囲み取材から溜息を吐きながら去った岩田康誠騎手。 検量室には、不穏な空気がこだましていた。 この彼の言葉を後ろ背に聞いた瞬間、藤田菜七子騎手が堪えていた涙を一筋流した・・・。 単勝1倍台、1番人気、コパノキッキングの実績は出走馬の中でも一枚、二枚は抜けた存在。 先行策が指示だったとはいえ、3人気だった逃げ馬も捕えられず3着に敗れた結果はもう覆す事ができない。 勝ったのは、前走北海道スプリントを圧勝をしたヤマニンアンプリメ、鞍上は嘗て「地方の鬼」、「勝つ為ならダーティーさも売り」、と言われ中央でも年間GI6勝をする等、名実ともに「地方の雄」と恐れられたベテラン名手岩田康誠。 今は嘗ての頃からは見る影もない成績に甘んじているが、タフなコースでの騎乗は経験値が物を言うレース。 「経験値の差で負けた」と競馬ファンが思うのも仕方あるまい。 コパノキッキングの馬主であるDr. コパ氏は、「今年は菜七子に重賞を勝たせる年、その為ならなんでもやる」と我々記者陣に早くから公言して来ていた。 コパノキッキングとは3回コンビを組んだが、未だ勝ち星は挙げられていない。 にも関わらず、コンビ継続を発表し、次走の東京盃で藤田菜七子騎手に重賞制覇をさせんだ、と一貫した姿勢を崩さない。 この様な馬主に恵まれたのもまた、藤田菜七子騎手の人徳のなせる技だろうか・・・。 しかし、騎手目線の立場はまた違うのかもしれない。 岩田康誠騎手の様に、鬱憤が溜まる騎手は他にも存在している。 これは、藤田菜七子騎手の宿命と片付けて良いのだろうか・・・。 スポンサーリンク 競馬全盛時にデビューをし、誰もが認める知名度と実績を誇る「競馬界のスーパースター」武豊騎手に取材をした。 「ヒロシゲゴールドではなく、ナナコさんのこと? 笑 」と、 こちらが何を聞き出したいのか、もう分かってるよと言わんばかりの笑みを見せて口を開いた武豊騎手。 「僕は日本一、1番人気で負けてるんじゃないかな? 騎手にとって一番辛いのは、関係者の期待に応えられない結果の時です。 例えその馬の人気が、1番人気ではなくてもね。 ナナコさんは色んな面で注目をされてしまう、という点では不憫かもしれませんが、同業の僕から言わせてもらえば、それはマイナスでも可哀想でもないんですよ。 これだけ自分に期待をかけてくれている関係者、競馬ファンの皆様の声を貰えるのは、一握りの騎手だけ。 その過程がどうであるにしろ、騎手として今後飛躍する為の大きなチャンスがそこにある。 プロはレースに出れなきゃ評価も批評もされません。 そんな理屈は競馬ファンの万人には通じません、だってお金を賭けているワケだからね。 お金を賭けるのが自己責任になるからこそ、ファンは理屈で理解をしたくない、プロでさえ分からない事だらけなのに外野はもっと分からない、馬券を外したら特に分かりたくない感情もある。 だから競馬は、確実に勝てる儲かる競技ではないでしょう。 あまりにも不確定要素が多過ぎるから。 だからこそ、我々は勝っていかないとならない。 馬券を買って自分の予想が当たった時のあの高揚感と達成感、推理をして正解に辿り着く面白さ、それと似た感覚ですよね。 例えその予想と結果の本質が違っていたとしても、お金、勝敗、という目に見える対価比があるのが競馬です。 購入者は長いスパンで見れば、損をする方が多いかもしれない、でもそれでも競馬をやめられない人も多くいる、これは僕個人としても同じです。 勝った時のあの何にも変え難い興奮と喜び、達成感というのは共通しているかもしれませんね。 だから僕はずっと騎手でいたいと思うし、正確に分かり合えないからこそ謎を解きたくなる、競馬の未知な部分を知ってもっともっと解明したくなる、こんなに面白い競技はないと個人的に思っています。 だからナナコさんにも言いましたよ。 「君が負ける度に、競馬ファンは君の事を、競馬をもっと知りたくなるんだよ。 その答えは、君がこれから何年も懸けて、ゆっくりと証明していく事になるから。 」、とね。 」 やはり武豊騎手は、「武豊」なんだと改めて思った言葉であった。 「経験値の差で負けた」、なんて安易な言葉で形容したらいけないと改めて反省もした。 そして、これも見逃さなかった。 藤田菜七子騎手がDr. コパ氏の元へ行く前、先程鬱憤を吐き出していた岩田康誠騎手が、ポンと藤田菜七子騎手の肩に手を乗せて励ましの言葉を送っていたこと。 これもまた、藤田菜七子騎手の人徳のなせる技に違いない。 これだけの名手とレジェンドからも愛される藤田菜七子騎手。 武豊騎手が放ったあの言葉の意味を、これから何年も懸けて彼女は証明していくに違いないと、 Dr. コパ氏や村山調教師の前で先程流した涙の筋さえ見せず、堂々と前を向いていた彼女の姿を見て私は実感した。 夕暮れ空はもう、夜空にさしかかりそうな程うっすらと星の瞬きが見え隠れしていた。 今はまだうっすらと薄くとも、時間と共に光の強さが増してくるであろうこの星達の瞬きを、これからも競馬に携わる人間として見続けていきたい。

次の

カズ・ヒロ/カズヒロ日本文化が嫌いな理由はなぜ?生い立ち&熱意や結果を重視する姿勢の紹介も

カズヒロ

第92回アカデミー賞の授賞式がが行われ、メイクアップアーティストのカズ・ヒロさん(旧:辻一弘)が映画「スキャンダル」で2度目のメイク・ヘアスタイリング賞を受賞したとのことです。 授賞式の後に、このような「日本文化が嫌に・・」発言をしたとのことで、話題になっています。 カズ・ヒロさん。 授賞式後の会見で、日本の経験が受賞に生きているのか聞きました。 カズ・ヒロさんは「こう言うのは申し訳ないのだが、私は日本を去って、米国人になった。 (日本の)文化が嫌になってしまい、 日本では 夢をかなえるのが難しいからだ。 それで(今は)ここに住んでいる。 ごめんなさい」 — Toshi Ogata 尾形 聡彦) ToshihikoOgata この記事では、日本文化が嫌になった経緯や今までの生い立ちなどを紹介していますので、ご覧ください。 カズ・ヒロ(旧:辻一弘)のプロフィール カズ・ヒロ(辻一弘)2度目のオスカー受賞!シャーリーズ・セロンを実在のキャスターに変身【第92回アカデミー賞】 — シネマトゥデイ cinematoday 2020年2月10日に第92回アカデミー賞授賞式が行われ、メイクアップアーティストのカズ・ヒロ(旧:辻一弘)さんが、映画『スキャンダル』で2年ぶりに2度目のメイク・ヘアスタイリング賞を受賞しました。 そんなカズ・ヒロさんのプロフィールを紹介していきます。 本名:カズ・ヒロ(旧:辻一弘) 出身地:京都府京都市 生年月日:1969年5月25日(48歳) 住所:ロサンゼルス在住 カズ・ヒロさんは子供のころに映画「スター・ウォーズ」に影響を受け、特殊効果の仕事に憧れを持ちます。 そして、自身で8ミリ映画やミニチュアなどを制作しながら、映画雑誌「ファンゴリア」で特殊メイクの世界を知ることになります。 その後、特殊メイクを独学で勉強し、影響を受けた特殊メイクの巨匠「ディック・スミス」のところへ入門。 アメリカに渡ってからは、独特な感性や、優れた技術力が評価され、「LOOPER/ルーパー」や「PLANET OF THE APES/猿の惑星」「ベンジャミン・バトン」「グリンチ」など多数映画に参加していました。 アメリカでは文化の壁にあたったそうで、次のように話をしていました。 アメリカ人と一緒に仕事をするのは大変でした。 日本人みたいな気遣いはないし、個人社会なので、そこでどうやって生きていくか、最初のころは悩みました。 仕事の姿勢というか、毎日同じことを繰り返していれば楽なんです。 でもそこから一方、踏み出さないと進歩していかない。 最初は半分けんかというか、激しいディスカッションでしたね。 でもリックさんも人一倍努力する人で、一緒になって雰囲気を変えていこうとしてくれました カズ・ヒロが日本文化を嫌がる理由とは? 今回の会見でカズ・ヒロさんが日本文化を嫌がる理由今回は説明していません。 しかし、以前にこのようなことを話していましたので、ご紹介します。 日本人の熱意のなさ? カズ・ヒロさんは年に1回日本でもワークショップを開いていたそうなのですが、その時に感じていたことは 「熱意がないこと」。 なりたいものや、やりたいことは、みんなそれなりにあるし、口では言うんです。 いまは情報社会だけに、知識も持っている。 でも、それを実際の努力に結び付けていないという感じがします。 口だけが先行し、実際にどう動いているのか、結果や努力に繋がっていないという意味なんでしょうか。 確かに、日本の学生は中国や韓国の若者に比べてハングリー精神に欠けるというのも聞きますし、カズ・ヒロさんも日本人のそういったところが嫌になってしまった原因の一つだったのでしょうか。 また、『(日本の)文化が嫌になってしまい、 日本では 夢をかなえるのが難しいからだ。 』とも話をしていますが、カズ・ヒロさんの発言を見てみると人から言われてやる仕事に不満を抱くようになったようです。 人から言われてやる仕事よりやりたい仕事を 以前にカズ・ヒロさんはこのようにも述べています。 映画やドラマの仕事は、人から言われてやる仕事でしょう。 それに不満を抱くようになったのでやめたんです。 受賞よりも、自分で作りたいものを作って評価されるほうが、喜びははるかに大きいし価値もあるんですよ。 また、特殊メイクの世界でやっていけると確信できたのはいつ頃かという質問には、このように回答しています。 「やっていける」かどうかというより、「やりたい」からやっています。 18歳から、その思いは変わっていません。 大切なのは、やっていけるかどうかではなく、やりたいかどうか。 好きな仕事でも苦労はあります。 しかしそれはどの世界でも当然のことでしょう。 恐らく、日本では映画やドラマなど人から言われてやる仕事が多かったんでしょうね。 それがアメリカに行って、好きな仕事をどうやっていくのかという方向に転換し、うまくいった。。 世の中の会社員がうらやむような理想を形にしていますが、実際に実を結ぶのはやはり努力の末、結果を出してきたからなんだと思います。 ニュースにこのような記事が掲載されていました。 改名のきっかけとなったのは、国籍を変えたことだ。 昨年3月、彼は米国に帰化し、それにともなって日本国籍を失っているのである。 アメリカに長年住んだ日本人の多くは、心のどこかでいつも考えていることではあるが、前からずっと考えていたのかというと、そういうわけでもないらしい。 決断の後押しをしたのは、日本の人間関係だそうだ。 「ずっと悩んでいたことで、もう日本国籍を切ってしまおうと。 それで、変えたんですよ。 余計なことを考えなくてすむようになったので、よかったですね。 新たなスタート、っていうのでもないですけど、大事なことにだけ集中できるというか」。 「ウィンストン・チャーチル〜」で受賞をした時にも、彼は、「日本を代表して」とか、「日本人として初の」というような言われ方をされるのが、あまり心地よくないと語っていた。 「日本人は、日本人ということにこだわりすぎて、個人のアイデンティティが確立していないと思うんですよ。 だからなかなか進歩しない。 そこから抜け出せない。 一番大事なのは、個人としてどんな存在なのか、何をやっているのかということ。 その理由もあって、日本国籍を捨てるのがいいかなと思ったんですよね。 (自分が)やりたいことがあるなら、それをやる上で何かに拘束される理由はないんですよ。 その意味でも、切り離すというか。 そういう理由です」。 yahoo. 「日本人は、日本人ということにこだわりすぎて、個人のアイデンティティが確立していない」 つまり、国籍にとらわれずに、やりたいことを拘束されずにやる。 ということなんでしょうね。 【2月18日追記】カズ・ヒロの日本語訳の本当の意味とは? カズ・ヒロさんがアカデミー賞「メイクアップ・ヘアスタイリング賞」を受賞したときの言葉が日本語訳を日本メディアが紹介した際に、ニュアンスの異なる内容だったのではないかと朝日新聞デジタルが報じています。 ———- これを日本のメディアの多くは、以下のような日本語訳で紹介した。 ———- 「こう言うのは申し訳ないのだが、私は日本を去って、米国人になった。 日本の 文化が嫌になってしまい、夢をかなえるのが難しいからだ。 それで 今は ここに住んでいる。 ごめんなさい」 朝日新聞デジタルの記事より ———- 出典:Yahoo! yahoo. これを踏まえて、カズ・ヒロさんの言葉を訳すと、以下のようになるだろうか。 ———- 「残念ながら私は日本を離れアメリカ人となっている。 周りに合わせ従順であることを強要する日本の文化の中で夢を叶えるのは難しく、そんな文化の中で疲弊してしまった。 だからこそ私はいまアメリカに住んでいる」 ———- 「got tired」という部分も私の拙い英語力では訳すのが難しく、「うんざり」や「嫌気がさす」といった表現の方が近いかなとも思うが、いずれにしても、カズ・ヒロさんは「日本の文化が嫌になって」という日本の文化全体を否定したような言葉は使っておらず、自身の信念に対して日本の「submissive」な部分が合わなかったと丁寧に説明している。 出典:Yahoo! yahoo. また、詳細がわかりましたら追記させていただきますね!.

次の