ハンター カブ c125。 2020年! 新型 ホンダ HONDA CT125 ハンターカブ 6月販売予定!

Honda

ハンター カブ c125

「令和ハンター」見参 2019年の東京モーターショーで、世界初公開となったCT125のコンセプトモデル。 公開当時、ビックサイト付近は にもかかわらず、 「このバイクだけを目当てにビックサイトに足を運んだ」 という人も多いのではないでしょうか。 1981年の名車、ハンターカブことCT110の独特なスタイリングを引き継いだCT125コンセプト。 懐かしい容姿の中にあるLEDヘッドライトや、ABSを備えた(前輪のみ)ディスクブレーキの輝きは、昭和のノスタルジーと令和への期待をクロスオーバーさせながら、私たちに新たな夢を見せてくれているようです。 CT125のあの独特なスタイリングは、カブが海外の文化を吸収する中で形作られてきたもの。 グローバルなバックグラウンドが、CTそしてハンターカブの名を冠するバイクの「目で見る以上の魅力」です。 その次章を、令和の楽しみ方として繋いでいこうとしていることが、後述する市販予定車「CT125ハンターカブ」の面白いところ。 その価値観をお伝えするべく、先日お伝えした(前編)の記事では、その系譜をたどりながら、CT125ハンターカブのヒストリーをご紹介していました。 今回、この(後編)では公開された市販予定車「CT125ハンターカブ」の外観をコンセプトモデルのそれと比較し、CT125ハンターカブの乗り味を予想していきます。 「コンセプト」と「市販車」、実は「ほぼ別モノ」 東京モーターショーでのワールドプレミアから約3か月後の2020年1月。 ホンダはCT125の価格と発売時期を発表しました。 こちらが市販車の「CT125ハンターカブ」。 「公開できる写真はこれしかない」ということで、視覚的な情報はこの角度から分かることだけです。 しかし、コンセプトモデルに与えられることがなかった「ハンターカブ」の名が与えられたことから、ホンダの相当な本気ぶりがうかがえますね。 ただ、 注意深く見てみると、コンセプトモデルからさらに、いろいろな部分が変更されているのがわかります。 ではまず、前の方から一つづつ比べてみましょう。 灯火類に微妙な違い わかりやすいのはウィンカーの色。 コンセプトでは4灯のLEDがオレンジのレンズの中に入っている形でしたが、市販予定のCT125ハンターカブでは、クリアレンズになっています。 ちょっとこれは間違い探しレベルなんですが、市販車のCT125ハンターカブの方が若干ライトが大きいのがお分かりになりますか? ちなみにメーターの位置はよく見るとコンセプトでは左側にあったものが右側にマウントされているのがわかります。 このエリアで目立つのはその辺なのですが、よーく見るとライトケースも大きくなっていて、ライトステーの形もそれに合わせて変わっていますね。 キーレスでないのが「ハンターらしさ」 そして気になるのが、イグニッション。 東京モーターショーのCT125コンセプトでは、イグニッションが普通のキーシリンダーを回すタイプを採用していました。 市販車のCT125ハンターカブではC125と同じキーレスタグになるという見方もありましたが、どうやらそうではなく、キーを使うものになるとのこと。 親しみやすい「ハンターカブ」を名乗る上で、あえてキーレスを選ばなかったのは正解だと思いますね。 ただ、ナビやドラレコなどの電源を取ることも必要な現代なので、メーターの脇には標準かオプションかは不明ながら、DC12Vのアウトレット電源が装備されるという違いもあるようです。 キャリパーとタイヤの違い さらにこの写真から明らかなのは、タイヤがブロックタイヤからロードユースを考慮したデュアルパーパスタイヤになっていること。 恐らくこのアングルで一番目立つのは、マフラー形状の変更だと思いますが、どうやら変更はそれだけではなさそうです。 例えばそのマフラーも、シートの位置とスイングアームのピボット位置との関係から見ていくと、マフラーが全体的に下方に下げられているのがわかります。 それでいながら市販車のCT125ハンターカブの方が後端の位置がさらに高く、リアウインカーとの関係からも、また後方に長くなっているようです。 これに合わせて、サイドカバーもマフラーを避けながら、マフラーとの一体感を持たせている印象になっていますね。 タンク・外装パーツの変化 また、少しずつ視線を上にあげると、シート形状もだいぶ違うのがわかりますね。 カブを対象とした疲労軽減シート、Dr. ご覧いただける通り、コンセプトモデルの方のシートは、巨大化した燃料タンクをカバーするように形成されているのがわかります。 これが市販車予定車のCT125ハンターカブになると、実用性がさらに考慮され、シート肉も肉厚になっている模様。 私はこの変更を見て、はじめはC125のものを流用することになったのかとも思ったのですが…、 C125とも違うオリジナルのものを新たに造っているのがわかりますね。 恐らく流用パーツを使うことを前提にする方法もあったのかもしれませんが、コストをかけて金型を起こし、専用パーツをおごる。 やはりここに、ホンダの気合の入れ方の凄さを感じないわけにはいきませんね。 エンジンもハンター専用 そしてなんといっても大きな変化は、エンジンの変化。 両車ともC125をベースにしたものということですが、 クランクケースの形状が微妙にちがうのがお判りいただけますか? CT125ハンターカブでは、オイルキャップの位置も変わっていて、コンセプトモデルになかったキックスターターが追加になっています。 恐らくこの外見の違いは、内部構造の変化によるものなのだと考えられます。 ステップクオリティーとセンタースタンド長の変更 ステップ位置は両車とも同じ位置にあるものと思いますが、パーツのクオリティーがかなり上がっているのがわかりますね。 さらに、この部分の比較で私が注目しているのがセンタースタンドの長さの違い。 コンセプトモデルよりも、CT125ハンターカブの方が明らかに長いんです。 いろいろな物差しで何度も図りながら見てみましたが、タイヤのインチ数には変更がなく、車高にも変化はないようです。 どうやらこれはセンタースタンドの根元をエンジンに寄せながら位置を少し上げ、マスの集中を図りながら最低地上高を稼いでいるように見えます。 タンデムステップのマウント位置確定 また、リアブレーキがABSではないのはそのままですが、リアキャリパーには「NISSIN」の刻印を追加。 また、コンセプトモデルにはなかったタンデムステップですが、 CT125ハンターカブではスイングアームにしっかりとマウントされているのがわかりますね。 微妙な違いが意味するもの さて、ここまでいろいろな違いを見てきましたが、この違いからCT125ハンターカブがどんな乗り味なのか? その辺が少し垣間見られたような気がします。 恐らくコンセプトモデルからCT125ハンターカブへ進化するにあたり、「重心の最適化」はテーマの一つだったのだと思います。 例えば、マフラーの取り回しが全体に下げられたことで低重心化が図られ、ロングツーリングでも疲れにくい安定感のあるゆったりとした乗り味が期待できますね。 また、センタースタンドの位置の最適化などマスの集中化を併せて考えれば、ハンドリングには素直で軽快機敏な一面を持ち合わせているのかもしれませんね。 また、写真では角度も違うので実際そうなのかは確かではありませんが、 CT125ハンターカブの方がスプロケットが若干小さいようにも見えます。 もし、これが気のせいではないとすると、ギアチェンも忙しくなく、伸びやかな加速感を得られるでしょうね。 ちなみに「先代」のCT110はトレッキング色が濃厚なバイク。 そのキャラクターを引き継ぐべく、コンセプトモデルでは重心も少し高めにして、ショートなギアで登坂性を重視していたのかもしれません。 さらにスプロケットの変更で、短距離よりも中長距離で燃費を稼ぐことに重点が置かれたのであれば、このクラスならではの旅を楽しめむツールとして、これまでにない「カブツー」の愉しみを提案してくれるマシンになりそうな予感がします。 発売秒読み、果たしてこのプライスは高いのか 今回ホンダモーターサイクルジャパン様から頂いたCT125ハンターカブの写真はこのカラーのみ。 問い合わせてみても「発売前なのでどのカラーが発売になるかはわかりません」というお返事でしたが、各誌WEB版の速報を見る限り、メインカラーとも呼べるレッドも発売されることは確実視されています。 しかも、レッドのキャリアはコンセプトモデルと同じく、ボディー同色となるようなので、見た目にもかなり鮮やかな印象になるでしょうね。 また、東京モーターショーでは、コンセプトモデルに見られた新規専用パーツが多さから、相当な価格になるという噂もありました。 まだ諸元の詳細は記されていませんが、写真と共に送られてきた案内に記されていたのは、 「CT125ハンターカブ、2020年6月発売予定」 440,000円前後 消費税込み ということだけ。 確かに「カブ」として見た場合40万円越えは高い気もしますが、CT125ハンターカブは先代CT110の魅力を引き継ぐ新しい夢をかなえるツール。 この内容でC125から33,000円UPのプライスはむしろ良心的と言えるでしょう。 まとめ かつてモーターショーの花形は最新の大型バイクでしたが、近年、各国で行われるのメインステージ注目を浴びるのは、ミドルクラス以下の親しみやすいバイクたち。 世界的に、小型なバイクたちに熱い視線が注がれています。 やはり、日本でもバイク人口の平均年齢が約53歳(日本自動車工業会2018年4月調べ「」より)に達した今。 パイクやパーツの価格も上がり、生涯現役ライダーを貫くことを考えるうえで、維持費の安く、短距離でも奥深い楽しみが得られるカブが、急速に見直されています。 また、これまでご覧いただいたように、先代CT110のスタイリングは世界に育まれた型。 そのスタイリングを現代によみがえらせたCT125ハンターカブなら、新しい時代のアイコンとして世界の人々から親しまれれる存在になるのではと、その姿が店頭に並 ぶのをワクワクしながら待っています。 映像協力 ;ホンダモーターサイクルジャパン株式会社.

次の

新型ハンターカブCT125本体とカスタムパーツカタログ貼っておきます

ハンター カブ c125

市販型は、昨年の東京モーターショーで衝撃のデビューを果たしたコンセプトモデルのスタイリングをほぼそのまま踏襲する形での登場となった。 スタイリングは1981年に発売された、先代モデルにあたるCT110のデザインを継承、現代版としてアップデートしたもので、随所にCT110へのリスペクトとオマージュを感じさせるものとなっている。 サイドに配したエアクリーナーの吸気をハイマウント方式とするなど「CTらしさ」にもこだわった造りは、昔からのCTファンも納得させるものだ。 一方で、ヘッドライト、テールランプ、ウインカーの灯火類を全てLEDとするなど、最新モデルらしいアイテムもしっかり装備している。 東京モーターショーではレッドのみの公開だったが、市販型ではアウトドアイメージのマットブラウンも登場。 ハンターカブらしい、魅力的なカラーバリエーションを展開する。 honda. jp 「自然をゆったり楽しむ、トレッキングCub」をキーワードに、スーパーカブシリーズの魅力あふれる世界観をさらに広げるモデルとして誕生したCT125・ハンターカブ。 ストリートだけでなく、ちょっとしたツーリングやキャンプ、釣りなどのアウトドアシーンでも楽しめ、充実した休日のパートナーにもなる、CTの名にふさわしい完成度を誇る。 ハンドルをアップタイプとすることで、大人でもゆったり乗れる、ゆとりあるライディングポジションを実現。 最低地上高も165㎜に設定し、ちょっとしたダートも苦にならない走破性も手に入れている。 加えて、タンク容量を5. 3リットルに拡大することで、さらなる行動半径の拡大を実現。 もう少し走ってみよう、もっと奥まで足を踏み入れてみよう、とライダーに思わせるタフな相棒に仕上がっている。

次の

ホンダCT125 ハンターカブでタンデムしたり! マフラーを交換したり! 特選カスタム|MotorFan Bikes[モータファンバイクス]

ハンター カブ c125

おかげさまで大人気 2020年6月26日に発売されるホンダのニューモデルが(以下、CT125)である。 その日までまだたっぷりと時間があるにもかかわらず、すでに8000台という年間販売計画台数(国内)をクリア。 で披露された時の歓迎っぷりが、そのまま受注につながっている格好だ。 四輪の市場規模からすれば、8000台はどうってことない数字に見えるに違いない。 同じくホンダの新型「フィット」は年間12万台を見込んでおり、台数に主眼を置いていない(であろう)オープン2シーターの「S660」ですら、年間9600台の需要(2015年3月当時)を想定していた。 ただし、二輪界においてこれはかなり強気である。 CT125のベースになった「スーパーカブC125」のそれは3000台にすぎず、最もベーシックな「スーパーカブ」は2万2000台を掲げているが、これは「50」や「110」といった4機種のシリーズをすべて合わせたもの。 CT125に近いコンセプトを持つ「クロスカブ」も「50」と「110」の2機種でようやく5200台である。 このことからも分かる通り、単一機種で8000台というのは突出している。 さらに言えば44万円というかなりの高価格にもかかわらず、それを達成してしまったのだ。 CT125が広く受け入れられようとしている理由はどこにあるのか? まず、ネオクラシックとアドベンチャーというふたつの要素が兼ね備えられていることが挙げられる。 アップタイプのマフラー、ハイマウントのエアクリーナー吸入口、ロングストロークのサスペンション、エンジンを保護するためのプロテクター、頑強な大型リアキャリア……といった専用パーツがそれで、これらはCT110的であるのと同時に、すべてアドベンチャー的でもある。 小さなボディーにタフな機能を詰め込んだその様に、多くの人が「スズキ・ジムニー」や「カシオG-SHOCK」に通じる本気のサバイバル力を感じているのだ。 2020年3月20日に正式発表された「ホンダCT125ハンターカブ」。 発売は同年6月26日とまだ先だが、受注はすでに8000台の年間販売計画台数を超えているというから恐れ入る。 カラーリングは「グローイングレッド」と「マットフレスコブラウン」(写真)の2種類となっている。 1981年に登場した「CT110」。 オフロード向けに最適化されたディテールはだてではない。 ホコリなどを吸い込まぬよう、リアキャリアの下まで延ばされた吸気ダクトもそのひとつ。 東京モーターショー2019でお披露目された「ホンダCT125」。

次の