弾丸 トラベル は 怖く ない。 ノープラン弾丸トラベル!倉敷・高松に行ってきました : きまぐれ事典

ANAスイートラウンジ国内線が再開 その目的とは

弾丸 トラベル は 怖く ない

Posted on 2012年 5月 7日 このゴールデンウィークに倉敷と高松に行ってきました。 友達と男二人旅です。 一週間くらい前に思いつきでどっか行こうっていう話になったんだけど、当初はなぜか下関に行き先を決めてたんですが、前日になって、やっぱ香川にうどん食べに行こう、みたいな流れになり…。 そんなこんなで、ほぼ無計画。 宿の手配もしてない。。 当日朝、あいにくの雨降り天気をちょっと残念に思いながらも待ち合わせ場所に集合。 ナビが付いてる友達の車で行くことになったんですが、慣れない街を走るにはやっぱりカーナビあった方が断然便利ですね。 高速を快調に走り、蒜山を超えたくらいでおもしろいように晴れ間が。 やっぱり中国山地で天気を分かつことって往々にしてあるのだなぁ。 午前中のうちにまず倉敷に到着。 まったく無計画でしたが、とりあえず倉敷なら美観地区かなと。 大学生の頃に来たことがありますが10年振りくらいに訪れてみる美観地区はまた新鮮に映りました。 川のほとりに白壁の屋敷や蔵が並びとても風情があります。 アイビースクエアとかもとても雰囲気が良いです。 この辺りって思ってた以上にエリア広いですね。 路地が何本もあるしお店やギャラリーなど結構あって全部見切れないくらい。 本来ならもっと時間掛けてじっくり見てもいい場所ですね。 まぁ、僕ら弾丸トラベラーだから(笑) 倉敷美観地区。 ゴールデンウィークということでかなりにぎわってました。 倉敷川遊覧も楽しそう。 大原美術館。 入ってないけど、この建物が素敵。 黄門さま御一行も(本当はチンドン屋)。 美観地区をひと通り散策した後、一旦お昼休憩。 倉敷駅の一角で見つけたお店で食べた黒壁カレーなるもの。 分かりにくいですがルーがとても黒いです。 食事後、倉敷駅を抜けて三井アウトレットパークへ行ってみました。 以前チボリ公園があった所に最近出来たようですね。 いろんなブランドのお店が軒を連ねてて、売ってるものもアウトレットということで求めやすいお値段。 僕は新調したかったランニングシューズを購入してきました。 かなりお得な買い物でした。 倉敷を引き上げて、一路香川方面へ。 もちろん瀬戸大橋を渡りました。 何気に僕、瀬戸大橋渡るのは初だったりします。 大学の頃に貧乏ドライブ旅行で四国渡った時は宇野高松間をフェリーで渡りました。 なので瀬戸大橋、なかなか感動。 これほどの巨大な構造物見るとプロジェクトX的な格好良さとロマンを感じてしまいます。 与島PAから見る瀬戸大橋。 通過しながら堪能する斜張橋のダイナミズム。 かっこいい。。 多島海の美しい風景と瀬戸大橋のかっこよさ。 出来ることならゆっくり渡りたいものですが高速道路なのでそうもいかず。 あっという間に四国についてしまいましたので、今回唯一といっていい目的らしい目的「香川で讃岐うどんを食べる」を実行すべく、早速うどん屋をiPhoneで調べる(今調べるんかいッ)。 いえいえ、ある程度の情報はすでに得てあります。 旅立つ前日、偶然見つけたこの記事「」を参考にしましたよ。 本当は綿屋っていうお店に行きたかったんだけどたぶん時間的に開いてなかった(この時16時くらいという中途半端な時間…)。 で、行ったのは香川屋本店というお店。 結構いろんな種類のうどんがありましたが僕はオーソドックスに釜揚げうどんとちくわ天。 美味しかったです。 目的達成。 笑 香川屋本店の釜揚げうどんとちくわ天。 この旅唯一の目的を達成してしまったし、基本ノープランだし。 今夜、宿泊はどうするって話になったんですが、まぁ取り立てて次の日何するってこともなくて、夜のうちに帰ろうかということになったのですよね。 まさに弾丸トラベルですね。 それにしてもすぐ帰途につくのももったいなく、なんとなく立ち寄った高松郊外のイオンモールでなんとなく時間潰したりしてるうちに日が暮れかかる時間帯になってました。 ひどい話ですが、映画でも観ようかっていう話まであがった(笑)それはあまりにも…ってことで、僕の思いつきで、屋島に行ってみることに。 行き当たりばったりです。 屋島は高松市のすぐ近くにある山です。 源平合戦の屋島の戦いの、あの屋島です。 テーブル状のおもしろい山体をしていて、山頂付近には展望台があります。 ほとんど予備知識なしで望んだのですが、ここが意外に良かった!日が暮れた後、展望台から見える高松市街の夜景がとてもきれい!なんでも新・日本三大夜景のひとつとのことらしいです。 なんか男二人で見てるっていうのがちょっとアレなんですが、それを差し引いても良いスポットだと思います。 ちなみに、ここへ登ってくる道、途中にミステリーゾーンなる部分がありまして、実際には上り坂なのに、下っているように見えるという坂道があるのです。 残念ながら日が沈んで暗くてよくわかりませんでした。。 屋島展望台から望む高松市街の夜景。 いい時間になったので、屋島を後にし一路島根へ。 帰途、夜の瀬戸大橋もカッコよかったです。 出雲から瀬戸内までだいたい3時間半くらいかな。 高速道路を利用すると意外と近いなと思いました。 だからこそ出来た弾丸トラベル。 泊まりの覚悟もしてたんですけどまさかの?いやノープランなので当然と言えば当然の日帰り旅行となりました。 一応現地で宿調べたりしたんですが、やっぱりゴールデンウィークまっただ中ということで泊まれるところが非情に限られます。 ノープランなので仕方ない。 そんな旅でしたが、ノープランのわりには結構ポイントを押さえた、そこそこ充実した内容となった気がします。 また香川にうどん食べに行きたいなー。 これを書いてる今もうどん食べたくなっております。 ちなみに、高松市内で一瞬、丸亀製麺に入ろうかと思ったのはここだけの秘密。 関連する(かもしれない)記事•

次の

[B!] 弾丸トラベル 2019年総括

弾丸 トラベル は 怖く ない

ANAの最新のビジネスクラスである「THE Room」に搭乗しましたのでお伝えします。 1位はカタール航空であり、その差は何か比較してみました。 同じくSKY TRAX社のAirline Ratings Breakdownのビジネスクラス Long Haul での比較となります。 Airport Services NH QR Premium check-in facilities 4 5 Check-in staff service 4. 5 5 Priority boarding service 4. 5 4. 5 Staff assistance on arrival 4 4 Transfer service assistance 4. 5 4 Priority baggage service 4 5 Total 25. 5 27. 5 Business Class Lounge NH QR Ambience and exclusivity 4. 5 4 Seat availability and comfort 4. 75 4. 5 Standard of washrooms 5 4 Standard of shower facilities 5 4 Cleanliness of lounge areas 5 4 A la carte dining option 4. 5 4. 5 Choice of hot and cold food 4. 75 4. 25 Quality of food served 4. 5 4. 5 Choice of wines and beverages 4 4. 5 WiFi service 5 4. 5 4 Staff Language skills 4 4. 5 Total staff service hospitality 5 4 Total 70. 5 63. 25 Onboard Product - Long haul NH QR Seat comfort and personal space 4. 5 Cabin and seat cleanliness 5 5 Cabin temperatures 4 4. 5 Washroom cleanliness 4. 5 4. 5 Amenity kit and washroom amenities 4. 5 5 Inflight entertainment 4 5 Onboard WiFi and connectivity 4. 5 4. 5 Quality of meals served 4. 5 5 Flexibility of meal service 4. 5 Total 58 62. 5 Cabin Staff Service - Long haul NH QR Attention to cabin safety 5 5 Service skills and proficiency 5 4. 5 Speed and timing of service 5 5 Enthusiasm and friendliness 5 5 Service hospitality 4. 5 5 Personalisation of service 5 5 Interaction with customers 4 4. 5 Language skills 4 5 Cabin presence and attention 5 4. 5 Responding to customer requests 5 5 Quality consistency among staff 4. 5 5 Total 52 53. 5 項目はチェックイン、ラウンジ、機内のシート・エンターテイメント設備など、機内食、客室乗務員で分類されています。 アライバルラウンジなど比較できない部分もあるため、共通している部分での比較となります。 各カテゴリーから比較するとカタール航空は全勝であります。 可視化するとよくわかる さらに可視化してみるとよくわかります。 チャートでは水色がANA、ピンク色がカタール航空であり、両者が拮抗しているところは色が混ざったすみれ色となります。 ANAはラウンジサービスにおいては清潔さやネット接続などでは大差をつけて優れているものの、機内サービスではカタール航空が優位であり、客室乗務員については、拮抗しています。 特徴があり、日本語で言うおもてなしでは優れているものの、言語面ではカタール航空の方が優位となっています。 シートや客室乗務員の品質を上げることでカタール航空を凌駕し、世界一のビジネスクラスも見えてくると言えます。 新ビジネスクラス「THE Room」ができた背景はこうした理由であり、世界一のビジネスクラスを目標としているのかもしれません。 新品ピカピカのボーイング777-300ER JA795A であります。 機内に入るとこれまでとは別世界のビジネスクラスが広がります。 ビジネスクラス最前列席に座る シートは5K、ビジネスクラス最前列となります。 進行方向と逆に座るシートであり、ファーストクラスの人と背中合わせになります。 これより先はファーストクラスです。 モニターが大きいですね。 ファーストの利用者は一人しかいませんでした。 ものすごい座席幅 窓が2つあり、サイドテーブルは通路側あるため、窓側が主なシートスペースとなります。 隣席を見るとものすごい距離感を感じます。 壁面とシート間は小物を落とさないようにハニカム目の金属ネットが張られています。 下は良く見えませんが遮音に貢献しているのでしょう。 全体の印象として色合いが濃い目であり、和のテイストを感じます。 この辺りは隈健吾氏の監修だけあり、豪華さとも上質とも違う芸術性が極まっています。 照明モードは何通りも シート操作ガイドが紙であるほか、シートモニターでもライティングのモードやシートのコントロールもできます。 多機能すぎて一回のフライトでは覚えきれません。 窓は電動式ブラインド 窓は手動ではなく、電動で暗くすることができます。 シェードは2種類あり、障子のような外光を柔らく取り入れるシェードと完全に遮光するシェードの二段階構造となっています。 両シェードが閉まる模様を動画で撮影してみました。 音声はカットしています。 ドアは手動式で開閉 新ビジネスクラスのメインポイントでもある個室化する扉は電動ではなく、手動であります。 個室化する 閉める 作業は上に動く扉と横に動く扉をボタン操作でシュッと占めることができます。 隣席の人がいち早く締めた状態が以下のとおりです。 一方で、開ける時は手動となります。 開ける時は結構力が要ります。 機内食を載せたり、パソコンで作業する場合に重要なシートテーブルはANAの機材では最も信頼ができるテーブルであります。 グラつきがなく、面積も広く安心感があります。 シートをフルフラットにして胡坐での食事も可能なテーブルの高さであります。 そして、濃い色の木目が高級感を醸し出しています。 ビジネスクラス最大級の4Kモニター シートモニターは4K対応のディスプレィであり、綺麗の一言です。 映画はHDですが、画面が大きいこともあり、飛行機とは思えない世界が広がります。 一時はなくなるとも思えた機外カメラもあります、離陸や着陸では結構楽しめます。 モニターのコントローラーはディスプレー付きでフライトマップを見たりすることができますが、メインのシートモニターはタッチパネル式であり、そちらで足りるため、あまり活躍の場は少なかったです。 シートコントローラーの存在感が素晴らしい 操作パネルは壁の一部であります。 西欧のビジネスクラスでは高級車の操作パネルのように金属の質感やデザインを優先しているのとは一線を画し、建物の一部のようであり、こうしたところも飛行機らしくない演出を醸し出しています。 暗闇でははっきりと浮き上がり、安心感とアクセントとしての効果が際立っています。 日本行きアメニティは薄型グローブトロッター ANAでは2019年の早い時期からアメニティのポーチをグローブトロッターとコラボしています。 日本発便では容量が大きいタイプのグローブトロッターコラボのポーチが提供されますが、日本行きでは帰国の際の荷物の多さへの考慮や到着後は家に帰ることを前提として、スリムなポーチが用意されています。 見た目は薄いですが、こちらの方が個人的には気に入っており、今後の旅行で重宝しそうです。 この他、スリッパは従来のANAの濃いブルーです。 国内線のプレミアムクラスもシートが一新されるタイミングに合わせて、ダークブラウンやダークグレーに変えた方がマッチするのではないかと思います。 トイレのインテリアも大幅にグレードアップ ANAではボーイング787をはじめとして、10年くらい前からトイレにはウォッシュレットを設定しています。 それ自体は同機でもありますが、洗面台がステンレス製からより大きい白いシンクなり、清潔感が増しているほか、壁紙がデザインチックになり、成熟しています。 後ろ向きで着席して離陸 ウェルカムドリンクの後、離陸となります。 シートは変われども、ウェルカムドリンクは伝統のプラカップであります。 歌舞伎のセーフティビデオも見慣れてきましたが、このビデオも結構スゴイものと改めて感じさせられます。 夕方のヒースロー空港は混雑しており、面白いくらいに飛行機が並んでいます。 国際線長距離便を優先されたのか離陸はあっという間でした。 離陸待ちをしている飛行機を眺めながら離陸するのはちょっと満足であります。 離陸して感じましたが、以前もボーイング777-300ERの5Kシートに搭乗しましたが、離陸の際の音はずいぶん静かになった感じがします。 離陸の模様を4K動画で撮影してみました。 ロンドン市街の上空は飛行しませんでしたが、夕暮れの離陸はきれいであります。 食事まずはアミューズからスタート ビーツのチャツネとゴートチーズ 仔牛のブーレット 海鮮醤ソース 合鴨のハムとメロン ライチのブロシェット であります。 味の濃さでうまく演出しています。 前菜はシーフードのサラダ仕立て サウザンアイランドドレッシングであります。 見た目は素朴でありますが、鮮度はなかなかであります。 コーンスープはインスタントのようですが、気圧の低い機内ではなかなかおいしい逸品であります。 メインディッシュは定番のお肉を選択します。 牛フィレ肉のステーキと野菜のアソート 赤ワインソースであり、焼き目がきれいであります。 添えられた野菜の調理方法はシンプルであり、かえって好感が持てます。 デサートはオレンジキャラメリゼのタルトとフルーツにしてみました。 何個でも食べられそうなタルトであります。 食べ過ぎではお腹がおかしくなるため、あきらめて就寝です。 枕が二つあるゆったりベッド あまりの静寂さに映画を観ていて寝落ちて数時間が経過してしまい、折角の熟睡時間を無駄にしましたが、時間的にはまだまだであり、ベッドメイクをしてきちんと眠ることとしました。 ベッドの状態にした時はこんな感じです。 搭乗するまでは足元は結構短く、狭いのではないかと思いましたが、その懸念は払拭されました。 足が先端に届くことはなく、足を動かしてもぶつかることはなく、不便は感じませんでした。 これはポジティブサプライズであります。 感心したのはシートバックに隠れていた壁は光沢のある和紙のようであり、間接照明を活用して照り返す明るさは隠れ家のような個室感を高めてくれます。 枕は二つあり、寝返りを打ったり、抱き枕として利用できます。 こうしたことができる自体が素晴らしく、寛ぎの極みに達していると言えます。 その後、寝不足ですが、目が覚めて、トイレの後に16列と17列の間にあるバーカウンターに。 真っ暗ですが、大きなモニターの横に冷蔵庫があります。 中にはシャンパンがあり、セルフ寝覚めのシャンパンができます。 これまでは冷蔵庫がないため、赤ワインしかありませんでしたが、冷たいシャンパンが飲めるのは素晴らしいという一言につきます。 一方で、シートに戻ってライティングにこだわれば、再び酔いしれる雰囲気にもなれます。 一風堂 味噌ラーメン 小腹が空き、ロンドン線のラーメンは味噌であります。 ここはこれまでのANAと同じです。 極上のフライトタイム 窓を開けるとロシアのど真ん中であり、雲の切れ間が素晴らしい景色でした。 こうした景色も素晴らしいですが、もっとも感銘を受けたひとときは以下のとおりです。 到着前の機内食が始まるころには機内照明は点灯し、明るくなります。 しかし、その時点から機内食までの時間は結構かかり、食後も食器の改修に時間はかかります。 その間の時間は通常であれば、退屈時間であります しかし、窓のブラインドのボタンを半分だけ押し続けると、障子のシェードが下がり、柔らかい光がスイートを包み込みます。 ノイズキャンセリングヘッドフォンを装着し、フルフラットにして、足を崩して寛ぐと、和室で寛いでいる感覚があり、とても飛行機の中とは思えない世界です。 このひとときが極上の瞬間であります。 これまでのビジネスクラスでは体験できないことであり、世界一のビジネスクラスを感じられる体験と言えます。 この後、到着前の食事 日本時間では昼食 となります。 和食にしてみました。 おいしいのですが、もう少し新鮮な食材があってもいい感じであります。 食感も大事であり、舌触りに刺激があるとプラスと感じました。 シートベルトは3点式 障子越しの柔らかい光の中でまったりしているとベルトサインが点灯し、着陸となります。 3点式のベルトは装着感が良くなく、ウィークポイントでありますが、安定飛行での素晴らしい空間のためとなれば、あまり問題とはなりません。 離着陸時は3点、水平飛行時は2点で装着でした。 国内のフライトで見慣れた東京ベイエリアを見つつ着陸であります。 飛行機の上でありながらそうでない空間が終わるのは残念ですが、ビジネス最前列のため到着するとすぐに降機できます。 最後に 今回登場したANA THE Roomはビジネスクラスという概念を覆すような空間である以上に、飛行機に搭乗していること忘れさせてくれます。 個室内のライティングは数多あり、一度の搭乗では覚えられないほどであります。 SKYTRAXのレーティングにおいて、カタール航空に追いつく立場でありましたが、このシートでかなりのキャッチアップが実現でき、世界一のビジネスクラスも目前かもしれません。 これほどのビジネスクラスに無縁と思っていしまたが、毎年マイル修行をするANAでこうしたサービスを受けられるのは嬉しい限りであり、今後のマイル修行が楽しくなりそうです。 dantra.

次の

弾丸トラベルは怖くない!

弾丸 トラベル は 怖く ない

リンクを埋め込む 以下のコードをコピーしてサイトに埋め込むことができます 海外発券は楽しい - 弾丸トラベルは怖くない! はてなブックマーク - 海外発券は楽しい - 弾丸トラベルは怖くない! プレビュー 海外発券は楽しい - 弾丸トラベルは怖くない! 発券を利用して、やをしてみて、発券の楽しさをまとめてみ見ました。 続きを表示 発券を利用して、やをしてみて、発券の楽しさをまとめてみ見ました。 発券の 発券のは何といっても発に比べて、割安と言え。 それを測るとして、単価、 単価というがあり、それが発よりも割安というのがと言え。 、発の最安として、発が安いのはがありが、一番のはが割安ということに尽きると言え。 年々にが濃厚となるは空飛ぶベッドであり、長線では欠かせないとも言え。 こうしたが発券においては、発よりも3~5割も安いもあり、特典で発券地までをにしてもがあるため、を貯めるにもなり。 そして、の発券において、初級者でも利用.

次の