コロナ ウイルス 横須賀 市。 新型コロナウイルス感染症について|横須賀市

横須賀市、新型コロナ対策本部を設置 イベント自粛要請も

コロナ ウイルス 横須賀 市

このうち、横浜市によりますと、今月2日に感染が確認された80代の男性が10日死亡したということです。 男性は当初、横浜市旭区の「聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院」に入院していましたが、その後、別の病院に転院し治療を受けていました。 また、20代から80代の男女6人の感染が新たに確認されたということです。 このうち、20代と40代の女性2人は「聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院」の看護師で、これでこの病院に関係する感染者は患者33人と職員27人の合わせて60人に上り、10人が死亡しています。 このほか30代の男性は横浜市の瀬谷消防署に勤務する救急隊員で、今月2日に感染した患者の搬送を担当していたということです。 横浜市は同じ搬送を担当した別の職員2人を自宅待機とし、消防署内を消毒したということです。 一方、横須賀市によりますと、感染が確認されていた70代の男性が死亡したということです。 神奈川県では11日、県が2人の死亡と1人の感染を発表していて、NHKのまとめでは神奈川県内で発表された感染者は1176人となり、このうち57人が死亡しています。 神奈川県では、今月に入って10日までに新型コロナウイルスの感染が発表された146人のうち、およそ84%は感染の経路が分かっているということで、ピーク時に比べて経路が分からない人が大幅に減少しています。 神奈川県内で発表された感染者は、NHKのまとめで10日までに1169人で、このうち53人が死亡しています。 今月に入ってからは10日までの10日間に146人の感染が発表されていて、このうち84%余りの123人は感染の経路が分かっているということです。 これに対し、政府が緊急事態宣言を出し、神奈川県内でも発表される感染者の数がピークだった先月16日までの10日間の403人では、感染経路が把握できる可能性がある人は35%にとどまっていて、経路が分からない感染者の割合は大幅に減少しています。 一方、今月発表された感染者は感染経路が分かる人が多いものの、その半数以上が集団感染が起きている病院で感染したとみられていて、院内での感染に歯止めがかからない状況が続いています。

次の

コロナウイルス|横須賀市70代女性看護師は誰で特定?勤務先のハートケア湘南・芦名はどこ?|Zakiine!!

コロナ ウイルス 横須賀 市

このうち、横浜市によりますと、今月2日に感染が確認された80代の男性が10日死亡したということです。 男性は当初、横浜市旭区の「聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院」に入院していましたが、その後、別の病院に転院し治療を受けていました。 また、20代から80代の男女6人の感染が新たに確認されたということです。 このうち、20代と40代の女性2人は「聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院」の看護師で、これでこの病院に関係する感染者は患者33人と職員27人の合わせて60人に上り、10人が死亡しています。 このほか30代の男性は横浜市の瀬谷消防署に勤務する救急隊員で、今月2日に感染した患者の搬送を担当していたということです。 横浜市は同じ搬送を担当した別の職員2人を自宅待機とし、消防署内を消毒したということです。 一方、横須賀市によりますと、感染が確認されていた70代の男性が死亡したということです。 神奈川県では11日、県が2人の死亡と1人の感染を発表していて、NHKのまとめでは神奈川県内で発表された感染者は1176人となり、このうち57人が死亡しています。 神奈川県では、今月に入って10日までに新型コロナウイルスの感染が発表された146人のうち、およそ84%は感染の経路が分かっているということで、ピーク時に比べて経路が分からない人が大幅に減少しています。 神奈川県内で発表された感染者は、NHKのまとめで10日までに1169人で、このうち53人が死亡しています。 今月に入ってからは10日までの10日間に146人の感染が発表されていて、このうち84%余りの123人は感染の経路が分かっているということです。 これに対し、政府が緊急事態宣言を出し、神奈川県内でも発表される感染者の数がピークだった先月16日までの10日間の403人では、感染経路が把握できる可能性がある人は35%にとどまっていて、経路が分からない感染者の割合は大幅に減少しています。 一方、今月発表された感染者は感染経路が分かる人が多いものの、その半数以上が集団感染が起きている病院で感染したとみられていて、院内での感染に歯止めがかからない状況が続いています。

次の

神奈川県内 死者57人に 感染確認1176人 新型コロナウイルス

コロナ ウイルス 横須賀 市

国の特別定額給付金と同一のものですのでご注意ください。 特別定額給付金コールセンター 電話:0570-550559 ひとり親の方 ひとり親世帯等を支援するため給付金を支給します こども青少年給付課 電話:046-822-9809 子育て世帯の方 児童手当(特例給付を除く)を受給する世帯に対し、児童1人につき1万円を給付 こども青少年給付課 電話:046-822-8251 家賃・住宅ローン等の支払いが苦しい方• 離職等により住居を失うおそれがある人に対し、月ごとの家賃額(原則3カ月)を給付• 住宅ローン等に関するお悩みを抱えている方は、右記の相談ダイヤルへご相談ください。 生活福祉課 電話:046-822-8070、住居確保給付金コールセンター 電話:0120-23-5572• 相談ダイヤル(平日10時~17時) 電話:0120-156811(IP電話からは03-5251-6813へ) 感染(疑い含む)のため就労できない方 国保・後期高齢者医療加入の給与所得者で感染(疑い含む)のため就労できず、その期間が無給(減額)となった人に支給• 健康保険課 電話:046-822-8232• 神奈川県後期高齢者医療広域連合コールセンター 電話:0570-001120 国民年金保険料の免除 窓口サービス課 電話:046-822-8235 横須賀年金事務所 電話:046-827-1251 国民健康保険料の減免 健康保険課 電話:046-822-8233 介護保険料の減免 介護保険課 電話:046-822-8293 支払い猶予 【市税】納税課 電話:046-822-8203 【国民健康保険料】健康保険課 電話:046-822-8234 【後期高齢者医療保険】健康保険課 電話:046-822-8272 【介護保険料】介護保険課 電話:046-822-8293 【水道料金、下水道使用料】上下水道局 電話:046-823-3232 休業・失業で生活の苦しい方• 休業等により収入が減少し、生計の維持が困難になった世帯への貸付• 失業等により生活の立て直しが必要な世帯への貸付 ・厚生労働省 個人向け緊急小口資金・総合支援資金相談コールセンター 電話:0120-46-1999 ・横須賀市社会福祉協議会 電話:046-821-1301 事業者向け経済支援 売上の減少で家賃の支払いが苦しい 指定する期間の売上げが、20%以上減少した中小企業等の家賃を一部助成 経済企画課 電話:046-822-9523 県からの要請または自主的に休業した 県の休業要請等に協力し、また自主的に休業等をした中小企業等に協力金(第2弾)を支給 新型コロナウイルス感染症専用ダイヤル 電話:045-285-0536 売上が半減した ひと月の売上が50%以上減少している事業者への給付 持続化給付金コールセンター 電話:0120-115-570 従業員の雇用維持のために コロナウイルスの影響で従業員が休業した事業主への助成 神奈川労働局神奈川助成金センター 電話:045-650-2801 こどもの世話で休業 こどもの世話が必要となった個人事業主・従業員に対し助成金を支給 学校等休業助成金・支援金等相談コールセンター 電話番号:0120-60-3999 事業継続のために融資を受けたい• 最近1カ月の売上高が前年同期と比較して5%以上減少した事業者を対象とする融資• 民間金融機関を通じた資金繰り支援として、当初3年間実質無利子の「神奈川県新型コロナウイルス感染症対応資金」• 売上が減少した中小企業等に対し、信用保証料を全額補助• 一般保証とは別枠で保証• 日本政策金融公庫 電話:0120-154-505• 商工組合中央金庫 電話:0120-542-711• 神奈川県産業労働局中小企業部金融課 電話:045-210-5695• 経済企画課 電話:046-822-9523• 経済企画課 電話:046-822-9523• 【一般】生活福祉課 電話:046-822-8070 【学生】地域福祉課 電話:046-822-8570 妊娠されている方 妊婦全員に国が一括購入した布製マスクを配布 こども健康課 電話:046-824-7141.

次の