コロナ 感染 京都。 コロナ感染者「外国籍」公表取りやめ 京都府「疫学上不要」過去資料も削除|社会|地域のニュース|京都新聞

京都市:新型コロナウイルス感染症に伴う市内の子育て支援施設等の対応について

コロナ 感染 京都

クラスター(患者の集団)やロックダウン(都市封鎖)といった難しい専門用語を使わずに呼びかける内容で、ネット上で反響を呼んでいる。 およそ学者らしからぬ言葉遣いの裏には、若者にもわかりやすく情報を届けたいという切実な思いがあった。 京大とは関係なく発信 情報を発信しているのは京都大学ウイルス・再生医科学研究所の宮沢孝幸准教授。 3月28日に「これはわたくし個人の意見で、京都大学とはなんの関係もありません。 なおわたくしは1988年から一貫してウイルスを研究しております。 論文も英語で200報以上書いております。 叫び届きますように」と自己紹介しながらツイッターで投稿を始めた。 〈今回のウイルス、感染しても多くの人は気がつかない。 無症状なんだよ!でも、それが危うい。 他人に知らないうちにうつしちゃう。 そして、中には発症して、死んでしまう人がでる。 まずは、意識改革だ!〉 「言葉が汚くて申し訳ありません」と前置きして放ったツイートでは、まず意識を変えることを求めた。 新型コロナウイルスは感染しても無症状の人が多いとされ、自分が感染しているとの前提に立って対策をとるよう求めた。 無症状の人が多い一方、とくに高齢者で重症化するリスクが高く、病状の進行が早いとされているためだ。 自分は感染していると想定して行動を 〈「自分は今、感染している!(無症状で!)」「誰にもうつしちゃいけない!」そう考えるとこから始まる。 コペルニクス的転回。 パラダイムシフト。 考えをひっくり返せ!うつらんようにするより、「うつさんこと」に意識を集中する〉 こうした一連の投稿で、一人一人が他人に感染させないことを徹底するよう訴えた。 感染経路の一つである接触感染についてもこう注意を呼びかける。 〈外出中は手で目を触らない、鼻を手でさわるな、ましてや鼻くそはほじらない。 (かくれてやってもダメ!)唇触るのもだめ。 口に入れるのは論外〉 危険なことがわからんやつは… 政府の専門家会議は、「換気の悪い密閉空間」「人が密集」「近距離での会話や発声」の三つの条件が重なると感染のリスクが高まるとして、避けるよう求めている。 〈人と集まって話をする時は、マスクしろ。 他人と食事する時は、黙れ。 食事に集中しろ!味わえ!友達との会話は食事後でマスクして話せ。 それで十分だ!家に帰ったら、速攻手を洗え。 アルコールあるなら、玄関ですぐに吹きかけろ。 ドアノブも拭いとけ〉 飲酒については、〈酒?やめとけ。 そもそも体に悪い〉としながら、こう戒める。 〈酒を飲んだら、会話するだろ。 大声になるだろ。 それが危険なことわからんやつは、とっとと感染しちまえ。 一ケ月会社休んで回復したら、みんなの代わりに仕事しろ。 ただ、爺(じい)ちゃんばあちゃんの前には治るまで絶対でるな〉 専門家がもっと発信してとの求めに 日常生活では、十分な休養と禁煙を呼びかけている。 世界保健機関(WHO)も、喫煙で感染と重症化のリスクが高まるとして、禁煙を勧めている。 〈いつかはお前もかかる。 かかった時助かるように、いまからなるべく栄養つけろ。 よく寝ろ。 タバコはこれを機にやめろ〉 宮沢さんは、進化の過程でヒトの遺伝子に組み込まれた「レトロウイルス」などを研究してきた。 静かな研究生活を送る中、今回の新型コロナウイルスの感染が拡大し、「みんな困っているのだから専門家がもっと発信して」と周囲から求められたことが、「大学の研究者らしからぬ」発信につながったという。 政府などが呼びかける感染対策については、専門用語が多いためか、一般の人に重要性が十分届いておらず、街ゆく人の危機感が薄いように感じた。 若者にも拡散するように、あえてユーモアをまじえて挑戦的な言葉を並べ、一連の投稿の最後はこう結んだ。

次の

京都市:新型コロナウイルス感染症に伴う市内の子育て支援施設等の対応について

コロナ 感染 京都

クラスター(患者の集団)やロックダウン(都市封鎖)といった難しい専門用語を使わずに呼びかける内容で、ネット上で反響を呼んでいる。 およそ学者らしからぬ言葉遣いの裏には、若者にもわかりやすく情報を届けたいという切実な思いがあった。 京大とは関係なく発信 情報を発信しているのは京都大学ウイルス・再生医科学研究所の宮沢孝幸准教授。 3月28日に「これはわたくし個人の意見で、京都大学とはなんの関係もありません。 なおわたくしは1988年から一貫してウイルスを研究しております。 論文も英語で200報以上書いております。 叫び届きますように」と自己紹介しながらツイッターで投稿を始めた。 〈今回のウイルス、感染しても多くの人は気がつかない。 無症状なんだよ!でも、それが危うい。 他人に知らないうちにうつしちゃう。 そして、中には発症して、死んでしまう人がでる。 まずは、意識改革だ!〉 「言葉が汚くて申し訳ありません」と前置きして放ったツイートでは、まず意識を変えることを求めた。 新型コロナウイルスは感染しても無症状の人が多いとされ、自分が感染しているとの前提に立って対策をとるよう求めた。 無症状の人が多い一方、とくに高齢者で重症化するリスクが高く、病状の進行が早いとされているためだ。 自分は感染していると想定して行動を 〈「自分は今、感染している!(無症状で!)」「誰にもうつしちゃいけない!」そう考えるとこから始まる。 コペルニクス的転回。 パラダイムシフト。 考えをひっくり返せ!うつらんようにするより、「うつさんこと」に意識を集中する〉 こうした一連の投稿で、一人一人が他人に感染させないことを徹底するよう訴えた。 感染経路の一つである接触感染についてもこう注意を呼びかける。 〈外出中は手で目を触らない、鼻を手でさわるな、ましてや鼻くそはほじらない。 (かくれてやってもダメ!)唇触るのもだめ。 口に入れるのは論外〉 危険なことがわからんやつは… 政府の専門家会議は、「換気の悪い密閉空間」「人が密集」「近距離での会話や発声」の三つの条件が重なると感染のリスクが高まるとして、避けるよう求めている。 〈人と集まって話をする時は、マスクしろ。 他人と食事する時は、黙れ。 食事に集中しろ!味わえ!友達との会話は食事後でマスクして話せ。 それで十分だ!家に帰ったら、速攻手を洗え。 アルコールあるなら、玄関ですぐに吹きかけろ。 ドアノブも拭いとけ〉 飲酒については、〈酒?やめとけ。 そもそも体に悪い〉としながら、こう戒める。 〈酒を飲んだら、会話するだろ。 大声になるだろ。 それが危険なことわからんやつは、とっとと感染しちまえ。 一ケ月会社休んで回復したら、みんなの代わりに仕事しろ。 ただ、爺(じい)ちゃんばあちゃんの前には治るまで絶対でるな〉 専門家がもっと発信してとの求めに 日常生活では、十分な休養と禁煙を呼びかけている。 世界保健機関(WHO)も、喫煙で感染と重症化のリスクが高まるとして、禁煙を勧めている。 〈いつかはお前もかかる。 かかった時助かるように、いまからなるべく栄養つけろ。 よく寝ろ。 タバコはこれを機にやめろ〉 宮沢さんは、進化の過程でヒトの遺伝子に組み込まれた「レトロウイルス」などを研究してきた。 静かな研究生活を送る中、今回の新型コロナウイルスの感染が拡大し、「みんな困っているのだから専門家がもっと発信して」と周囲から求められたことが、「大学の研究者らしからぬ」発信につながったという。 政府などが呼びかける感染対策については、専門用語が多いためか、一般の人に重要性が十分届いておらず、街ゆく人の危機感が薄いように感じた。 若者にも拡散するように、あえてユーモアをまじえて挑戦的な言葉を並べ、一連の投稿の最後はこう結んだ。

次の

「とっとと感染しちまえ」 京大准教授、ツイートの思い [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

コロナ 感染 京都

新型コロナウイルスの感染が広がる中、堀川病院(京都市上京区)の患者や職員ら計9人の感染が12日までに確認された。 うち1人は11日に亡くなった。 京都市は、患者への面会を発端に院内感染が広がった可能性があるとみて調べている。 市によると、ある60代女性が3月31日、病院の入院患者に面会した。 女性はその4日前、倦怠(けんたい)感や味覚・嗅覚(きゅうかく)障害などがあった。 面会後の4月12日、検査の結果、陽性だと分かった。 この女性が面会した入院患者は、4人部屋にいた。 この病室で入院していた70~90代の女性患者4人は10~12日、いずれも陽性と判明。 うち70代女性は11日、新型コロナウイルス感染症に伴う急性呼吸不全で亡くなった。 また、それぞれ別の病室で入院していた70代と80代の女性2人も、感染が確認された。 病院によると、感染が確認された患者6人は、いずれも急性期治療の後に療養する地域包括ケア病棟に入院していた。 6人の患者らを担当していた看護師の30代女性と、この病棟で勤務する看護助手の40代男性も陽性だと分かった。

次の