犬 一緒に泊まれるホテル。 愛犬も喜ぶ、ペットと泊まれる沖縄ホテル5選

ペットと泊まれる宿・愛犬と泊まれる宿・【Pet宿.com・ペット宿ドットコム・ペット宿.com】・愛犬やペットと一緒に旅行に行くための宿泊先を探せるサイト−ペット宿ドットコム・ペット宿.com−

犬 一緒に泊まれるホテル

だから「まずは近場から宿泊したいな」とお考えの方は是非参考にしてみてはいかがですか? 関東にあるペットと泊まれる宿30選! 四万温泉 地酒の宿 中村屋 愛犬をペットホテルに預けての旅行は、愛犬のことが気になってしまって急いで帰ることが多くあまり気が安らぎません。 ペットホテル料金もかかってしまうことを考えると、愛犬と一緒に泊まれる宿へ行った方が快適かもしれません。 しかしペット連れ専用の宿だと、ニオイが気になったり施設が簡素だったりがっかりすることもたまにありますが、記事にあるようなペット連れでも大丈夫な施設ならそこらへんは大丈夫そうですね。 最近はペット連れ用お宿でも少し高いですがリゾートホテルのようなところも増えているので、愛犬との旅行が楽しめそうです。 欲を言うと、食事は部屋食か、愛犬も一緒に入れる食事処だといいですよね。 旅先の食事は楽しみなイベントのひとつなので、その間犬は部屋でお留守番だと気になってゆっくり楽しめないので。 わんこと泊まれる宿というと、大体は一般のお客さんから離れた場所にあるお部屋だったり、初めから汚れてもいいように(失礼ですが)あまりキレイではないお部屋になるものだと思っていました。 関東でもわんこと泊まれるこんなに綺麗な宿があるなんて驚きでした。 なかには昔から名のある有名なホテルもあって更にびっくり。 わんこ同伴ができるプランも新しく作られていたり、時代は変わりましたね。 愛犬と一緒に温泉に入ってまったりしたい!と思っていたので、見ているだけでも幸せです。 ちなみに、我が家では遠出をして愛犬も同伴で宿を取るのに「旅籠屋」さんをよく利用しています。 ホテルや宿、ペンションのようなサービスはないですが、部屋の中ではわんこが自由でいられることが一番大きかったです。 ゲージに入れなくても大丈夫なので、自宅にいる時と変わらず過ごすことができます。 過剰なサービスがない分、愛犬も警戒しなくて済むのでリラックスできるようです。 旅先でも、自宅のように愛犬と一緒に水入らずで自由に過ごしたいなら、旅籠屋さんをおすすめです。 犬連れ専門の宿泊施設が増えて、愛犬と一緒に旅行が楽しめるようになってきましたね。 うちの犬は、部屋で留守番させると吠えてしまうので、食事も犬と一緒に出来るところを探すようにしています。 中には食事中は犬は部屋で留守番というところもありますので、事前に確認をした方がいいと思いますよ。 また布団には犬をあげないでください、とされているところが多くあります。 普段犬と一緒に寝る習慣のある方はこちらも注意した方が良いと思います。 布団にあげていると布団のクリーニング代金を請求されることがあるそうです。 もちろん、宿泊施設内で粗相をしてしまいそうだったら、マナーベルトやオムツなどの着用は絶対です。 犬の粗相を大目に見てくれる施設もあれば、厳しいところもあるので口コミなどで心配な方は事前に確認しておいた方が良いかもですね。 ペットとお泊りができる宿の情報が手に入ると、とても助かります。 実は数年前に、初めてペットと泊まれる宿に泊まってから愛犬を連れていろんな所へお出かけすることが趣味になりました。 私はシングルなので、愛犬と一緒にたくさんの思い出を作ることが唯一の楽しみなのです!最初に泊まったのは、都内からも比較的近い温泉宿です。 犬友達から聞いた場所だったので、安心でした。 畳の部屋だったのですが、小型犬ということもあり、そのまま一緒に過ごしても良いとのことで、大変嬉しかったです。 また、犬用のおやつやご飯まで準備してくださり、大満足でした。 記事にもありますが、ペットを預けるということから、連れて行くということに変えると、みんながハッピーになれると思いました。 何よりも預けてずっと心配しているよりも、一緒に連れて行った方が安心ですよね。 犬も子供もくつろげて楽しめて、かつほかの宿泊者にご迷惑をかけないところ…となるとなかなかむずかしく、結局コテージやキャンプ場のバンガローを選んでしまいがちです。

次の

ペット(犬・猫)と一緒に泊まれるホテル・温泉旅館を探す!│旅行の格安ガイド

犬 一緒に泊まれるホテル

第1位は、静岡県伊東市にある1日1組限定の貸し切り温泉旅館「優鶴」。 5キロ以下の小型犬との同伴宿泊が可能で、1組につき5匹までOKのお宿。 全館貸し切りだからこそ、食事もお風呂も周りの目を気にせずに愛犬と一緒に贅沢な時間が過ごせます。 館内は、古民家風の梁天井が特徴的な造り。 ゆったり過ごせる純和風の和室3室とベッドルームのお部屋の全4室から選ぶことができます。 3名までの宿泊の際は館内の3部屋から1部屋を選択して利用、4名では2部屋、5~6名の場合は3部屋の利用が可能(詳細は宿泊プラン内容で要確認)です。 食事は旅館自慢の炉端焼きで、四季折々の山海の幸が堪能できます。 ワンちゃんと一緒に食事が楽しめるのも魅力。 第3位は「伊豆高原 癒しの薫りと美肌の湯 Dog Pension R65」。 伊豆高原駅から車で約8分の緑に囲まれた場所に位置しており、木の温もりたっぷりの全4室のお宿です。 小型犬から超大型犬のほか、小動物も宿泊OK。 厨房とお風呂場以外はどこでも愛犬と一緒に過ごすことが可能で、ドッグランも併設しています。 館内に天然温泉が楽しめる2つの浴室を備えており、貸切入浴で癒しの時間が過ごせるのも魅力。 夕食は舟盛りと地野菜を使った洋食のコース料理で、伊豆の山海の幸が堪能できます。 朝食では焼き立てのワッフルもお客さまから好評。 宿から車で約5分の場所には、景勝地「城ケ崎海岸」も。 愛犬との散策も楽しめる、おすすめスポットです。 見物海岸(けんぶつかいがん)の目の前に位置し、海が見える約3,000平方メートルの広いドッグランを備えた宿です。 ドッグランにはワンちゃんが遊べるアジリティもあり、開放的な空間で伸び伸びと過ごせます。 小型から大型犬まで、お部屋によって最大5匹まで受け入れ可能。 全客室にペットシートなどのワンちゃん用のアメニティが充実しているのもポイント。 施設内にはワンちゃん専用のマイクロバブルバスが好評のトリミングルームやお留守番ルーム、ワンちゃんと一緒に楽しめるバーベキューエリアもあり、愛犬との宿泊が楽しくなる設備が満載です。 第5位は2018年オープンの「クイール ~ペットと一緒に過ごす宿~」。 静岡の大自然に囲まれた別荘地に建つ宿で、小型~大型犬と猫、その他のペットの宿泊も相談できます。 相模湾を望む広々としたドッグランは開放感抜群!ペット用ゲージやキャットタワーの貸し出し(要予約)があり、アメニティも充実。 ペットとの宿泊も安心です。 露天風呂にはペット専用の浴槽があり、貸切予約制で家族一緒に温泉が楽しめます。 内風呂の場合は、ペット用のバスタブ(予約不要)が利用可能。 夕食は、お刺身や金目鯛の姿煮、国産牛のステーキを含めた和洋折衷が味わえます。 前日までに宿へ連絡すれば、ワンちゃんの食事も用意してもらえます(660円、880円の2種から選択)。

次の

ペットと泊まれるホテル・宿・温泉旅館│近畿日本ツーリスト

犬 一緒に泊まれるホテル

ペット可の宿が探せる宿泊予約サイト ペットと一緒に泊まれる宿は、こちらから探すと簡単です。 るるぶトラベル るるぶトラベルでは「 」の特集ページがあります。 連れて行くことができるのは、犬・ネコの他にうさぎなどもOKの宿も。 犬なら大型犬・中型犬もOKなのか明記されています。 ペットと一緒の部屋に泊まれるプランや、ドッグランがある宿など探せます! また、「 」も簡単に探すことができます。 じゃらんnet(ペットと泊まれる宿) じゃらんnetでも「 」の特集があります。 このサイトで探せる宿は犬のみですが、食器・ペットシーツ・ケージなど必需品の有無、大型犬・中型犬・小型犬が入れる場所が明記されています。 ペット可の宿でありながら、温泉や露天風呂付客室などの宿を探すこともできます。 楽天トラベル(ペットと泊まれる宿) 楽天トラベルにも「 」の特集ページがあります。 犬・ネコを連れて一緒に泊まれる宿や、ドッグランのある宿も探せます。 「」も注目です! 多くのホテル予約サイトの中でも、「ペット可の宿特集」から探すと簡単です。 ペット可の宿を探す前に注意点を確認しよう! ペットと一緒に泊まれる宿にはいろいろな宿があります。 ペット同伴にはいろいろな条件があり、必ず先に確認しておかなければなりません。 ここでは、ペットの種類やペット可の宿の種類について簡単にご紹介します。 連れて行けるペットの種類は?ネコはOK? 多くのペット可の宿で基本的に想定されているのは、5~6キロくらいまでの小型犬。 このサイズの犬なら、ペットOKなら基本的にどの宿でも連れて行くことができるでしょう。 それより大きい中型犬・大型犬は宿によって受け入れ条件がありますので、各宿泊プランの詳細を確認する必要があります。 犬以外のペットを連れて行ける宿も多くはありません。 ネコや他のペットを連れて行くことができる宿もありますが、プランの詳細を確認しなければならず、犬に比べて探すのは簡単ではありません。 離れの部屋で、室内は放し飼いで連れて行ける宿もあれば、室内や共用スペースもケージに入れて連れて行ける宿もあります。 中には50~100平米の広い部屋で一緒に泊まれる宿や、露天風呂付客室もありますが、逆に客室内に連れていくことができない宿もあります。 ペット(犬)同伴での宿泊専用の宿であれば、ドッグランはもちろんペットにとってうれしい環境が整っています。 全ては各宿泊プランの中で詳細を確認しなければなりません。 条件とグッズ トイレのしつけがされている、無駄吠えしないというのが最低条件。 さらに予防接種を受けていることが条件の宿もあり、証明書を提示した上で受け入れてもらうことができます。 ペットと一緒に泊まれる宿には、備え付けのグッズもあり、タオル・足ふき・食器・ペットシーツ・ケージなど無料で提供してくれる宿もあります。 ただし、全ての宿で全てのものがそろっているわけではないので、必ず事前に確認した上で、足りないものや必要なものは持っていきましょう。 なお、エサについては有料で提供してくれる宿もありますが、これは常用のものを持っていきたいですね。 関連する記事•

次の