毒 耐性 武器。 【パズドラ】ガスロの強さに迫る! アシストは貴重な3耐性武器!

世界一怖いもの知らずな動物「ラーテル」とは!生態・天敵・毒耐性まとめ

毒 耐性 武器

状態異常の値は蓄積値です。 MHの状態異常はモンスターの耐性値を超える蓄積量を与えると状態異常にかかります。 また、蓄積するタイミングはヒットエフェクトに状態異常のエフェクトが発生した時です。 例えば モンスターの毒耐性120 使用武器:近接 毒50と毒20 毒50:ヒットエフェクト3回 毒20:ヒットエフェクト6回 このように状態異常値が高い程、必要な手数が少なくなります。 それだけかかりやすいという事です。 威力には関係してきません。 ダメージ量はモンスターによって変わります。 また、モンスターには耐性値上昇というものがあります。 ですので状態異常になる回数が増えるほど次に状態異常にかかるまでの所要時間も長くなっていきます。 毒で倒す事も可能ですがかなり長丁場になります。 状態異常に関しては上げる必要は無いかなと。

次の

モンハンワールド/MHWのスキル「毒耐性」のLv別のスキル効果詳細

毒 耐性 武器

1位:とにかく高火力! ゲヘナは癖がなく、高いダメリミでどんなクエストでも安定して高火力を出せるのが魅力。 ミドガルズとバアルには回数制限があるが、連打ができる分瞬間火力が高く、短期決戦では最高のパフォーマンスを発揮する。 なお、ヴァルハラはゲヘナの上位と言える性能だが、1枠しか装備できないので同率としている。 ミスティはリロが重いのが欠点だが、ダメリミは全覇双中最高値を誇り、1撃の火力は他を圧倒する。 3位:代用武器としては十分な性能 戦神は上位武器には劣ってしまうが、高いダメリミを持っているので、代用武器として十分運用可能。 ダイヤは毒・呪い・封印全ての耐性を持っており、クエストによっては上位の武器よりも重要になる。 使用頻度を考え、順位は3位にしている。 4位:クエスト次第で出番はある 獄鬼は火力自体は低めだが、モーションが非常に短いのが特徴。 火力が必要ない周回では、時短の為に採用されることもある。 サファイアは伝説化で呪い耐性、英雄化で毒耐性が付くので、ダイヤが無い場合は使用されることが多い。 装備が揃っていない間は威力アップ目的で装備する価値はあるが、優先度はあまり高くない。 その全てが最高クラスの性能を誇り、間違いなく最強の羅刹だ。 こちらのヴァルハラも単純性能では単独トップだが、装備制限数を考慮してゲヘナと同率としている。 ただ剣姫は元々火力武器を連打する傾向にあるため、MB武器の利点であるリロードの短さがあまり恩恵がないと判断し順位は2位とした。 どちらも火力武器としての性能は高くはないが、クエストによっては状態異常耐性が重要になるので、比較的出番は多い。 また、リロードが25秒と遅いのも使い難く、評価は低くなっている。 羅刹ミスティ ミスティはゲヘナを上回るダメリミを持っているが、リロードが45秒と3倍もある。 最高値のダメリミは魅力ではあるが、羅刹にとってはリロード時間が最も重要なので、順位は3位としている。 獄鬼は戦神よりも性能は劣っているが、モーションが非常に短く、多段バリアなどのギミックを突破するのに使われることがあるため3位とした。 また、リロードが60秒と非常に遅いのが致命的。 よっぽどのことが無い限りは、他の武器を使おう。 他の魔剣と比べて圧倒的に使いやすいので、普段使いではとりあえずメインに入れておけばいい。 魔剣ミスティ ゲヘナとは真逆にリロードが90秒で非常に遅いが、ゲヘナを超えるダメリミを持っている。 リーフは要所で瞬間的な火力を出すことも求められるので、ダメリミの高さを評価して1位とした。 魔剣ミドガルズ 使用回数に制限はあるものの、手軽に素早く超火力の全体攻撃を叩き込めるのが強力。 獄鬼は戦神よりも更に火力は劣るが、モーションが非常に短いという特徴を持っている。 魔剣は周回での利用が多いので、"周回速度"という点も評価し、同じく2位とした。 魔剣ダイヤ ダイヤは毒・呪い・封印を持っており、クエストによっては最重要の武器になる。 それなりに高いダメリミと、多少の多段化も持っているので、純粋な火力武器としても見ても及第点だ。 ダメリミ自体は決して高くはないが、得意属性に対しては威力が上がり、最低限の火力は出せる。 3位:状態異常の対策として サファイアは伝説化で呪い耐性、英雄化で毒耐性がつくので、耐性武器としての出番がある。 ダメリミも極端に低いわけではないので、十分実用の範囲内だ。 ダイヤと比べると下位互換とはなってしまう為3位。 ただ、ダメリミが非常に低く、多段数も少ないので現状では使う場面はほとんど無い。 特に、エンシェントブラスト中はマジックストライクの固定ダメリミが80億になるので、開幕から非常に高い瞬間火力を手軽に出せるのが優秀だ。 魔銃バアル-V- 使用回数に制限はあるが、非常に高いダメリミやリロード大幅短縮などの魅力的な性能を持っている。 また、ビット展開後は追撃が4段に固定されて驚異的なダメージを与えられるので、トップクラスの火力武器として活躍する。 モーションが長くそこまで連打はできないが、追撃も強力で文句なしの1位だ。 ゲヘナシリーズ 単純なダメリミではヴェンチェスターに劣るが、5回以上魔銃を打つ機会があるなら、ヴァンチェスターよりも優先するレベルの性能だ。 ヴァンチェスターは2枠しか装備できないので、2枠目以降の火力武器としても最適解となる。 2位:古代機鋼兵のメイン武器! 癖がなく安定した性能のコルトス。 リロに難点はあるが、ヴァンチェスターに次ぐダメリミのミスティが2位。 ヴァンチェスターは1つしかメインに装備できないので、基本的には2位の武器で構成することになる。 魔銃コルトス 瞬間的な火力やリロード時間はヴァンチェスターには及ばないが、制限などは無く非常に使いやすい武器。 長期戦闘においては、コルトスを中心にメイン武器を構成していくことになる。 魔銃ミスティ リロードが70秒で他の魔銃と比べると非常に遅い。 ただ、ダメリミはヴァンチェスターに次いで高いので、瞬間火力を求められる場面では有効な武器。 ただ、火力自体は変わらないので、2発で十分なら問題なく運用できる。

次の

【ドラクエウォーク】毒(猛毒)のスキルと耐性持ちのこころ|マークは?|ゲームエイト

毒 耐性 武器

装衣・装具 詳細 【おすすめ】 状態異常を無効化する。 攻撃を自動回避できる。 装備中はクラッチも安全かつ確実に決められる。 攻撃で怯まなくなるため、転身同様クラッチが狙いやすい。 被ダメージも軽減できる。 回避時間を延ばすことで攻撃を避けやすくなる。 範囲内のハンターの状態異常を解除できる。 マルチでおすすめ。 毒と麻痺の両方をスキルで対策するのは重いため、あると便利だ。 転身で毒針は回避できない トビカガチ亜種が発射する毒針は、のけぞりが無い攻撃。 転身の装衣を貫いてくるため、自動回避はできない。 転身の装衣を着用していても、毒針への注意は怠らないこと。 トビカガチ亜種の攻略方法と立ち回り トビカガチ亜種の攻略ポイントまとめ トビカガチ亜種の噛みつきには、麻痺が付与される。 一見すると毒より厄介に感じるが、 麻痺値は牙の部分にしか乗っていない。 噛みつき自体が避けやすいこともあり、麻痺耐性の優先度は低め。 部位破壊で状態異常が弱体化 頭部を破壊すると麻痺が、尻尾を破壊すると毒の蓄積値が下がる。 特に尻尾の破壊は毒針の数にも影響するため、恩恵が大きい。 複数狩猟で他のモンスターへの対策をしたい場合は、毒耐性をつけずに素早く尻尾を破壊するのも有効。 トビカガチの主な攻撃 トビカガチ亜種の主な攻撃パターン 【注意】 滞空尻尾攻撃 滞空したのち、前方に尻尾を叩きつけるか回転攻撃を繰り出す。 高威力かつ猛毒持ち。 【注意】 回転毒針飛ばし 小さく吠えて身体を震わせ、体を1回転させる。 尻尾に当たると毒状態となる。 【注意】 噛みつき 前方に噛みつく。 麻痺属性を持つ。 毒針飛ばし 体を震わせたのち、尻尾の毒針を発射する。 地面に残る毒針を踏むと毒になる。 尻尾振り 尻尾を振って攻撃する。 毒属性を持つ。 頻度が高く発生も早いため厄介。 尻尾振りは毒耐性で無視しよう 尻尾振りは発生が早く頻度も高いが、威力が控えめ。 無理に回避するよりは、毒耐性をつけて無視してしまうのがおすすめだ。 身体を震わせたら距離を取る 小さく吠えて身体を震わせたら、回転毒針飛ばしが来る。 こちらも頻度が高く、威力も高いため剣士にとっては厄介。 震えてから発生まで間があるため、確認後に後方へ前転して距離を取ろう。 噛みつきは牙に注意 トビカガチ亜種の噛みつきは、牙に麻痺が付与される。 牙から液体を出しながら口を開ける予備動作があるので、確認したら前転で回避しよう。 胴体ならダメージだけで済むため、棒立ちしていなければ牙に当たることは少ない。 特に回転攻撃は威力が高い上に、一撃で猛毒を付与される危険な攻撃だ。 回転攻撃は直前に特徴的な鳴き声を出すが、滞空した時点で距離を取って回避に専念しよう。 トビカガチ亜種の写真の撮り方 獣人族観察記録所の撮影依頼に含まれる セリエナ祭以降、撮影依頼に「飛毒竜の晩餐」が追加。 達成条件は、トビカガチ亜種の食事シーンを撮るというもの。 撮影依頼をコンプリートしたい場合は、トビカガチ亜種と戦う際に撮影を狙ってみよう。 観察依頼:飛毒竜の晩餐.

次の