セロリ レシピ。 セロリレシピ6選|セロリが苦手な子どももOK!葉まで使える!サラダ、炒め物など人気レシピを厳選

シェフ直伝「セロリの葉」が主役のレシピ。捨てるのはちょっと待った!

セロリ レシピ

セロリのマリネ人気レシピ! 続いて、セロリを使ったマリネの人気レシピです。 マリネ液によってほど良い歯応えになったセロリの食感をお楽しみください! 第1位 セロリのわさびマリネ~塩麹仕立て~ 角のないまろやかな塩気と、わさびの風味が絶妙!セロリが苦手な方にもおすすめのレシピです。 切って和えるだけなので、急なおもてなしにも最適です! 第4位 お箸が止まらないセロリとツナのマリネ ツナのコクとお酢の酸味のバランスが絶品!ツナの油を調味料代わりに少し使うことがポイントです。 第5位 キュウリとセロリと黄パプリカの即席マリネ お酢ではなくレモンを使った、自然な酸味のマリネ。 漬け込まずにすぐに食べられるのも嬉しいですね。 [ad ad1] セロリの炒めもの殿堂レシピ! 生で食べるイメージのあるセロリですが、実は油で加熱をすると栄養素が吸収しやすく旨みも増す野菜です。 そこで、セロリの風味が苦手な方でも食べやすくなる、炒めもののレシピをご紹介します! 第1位 鶏ムネとセロリの塩炒め 食感を楽しむためにムネ肉はそぎ切りにして柔らかく、セロリは加熱しすぎないよう歯応えを残すことが美味しく仕上げるコツです! 第2位 セロリと豚肉の塩こしょう炒め セロリの食感を引き出す切り方は必見。 にんにくとしょうがの風味に箸が止まりません! 第3位 短時間調理!タコとセロリのガーリック炒め ボイルタコを使うことで加熱時間が短縮し、セロリのシャキシャキ感が残ります!最後に醤油を入れるのがポイントです。 [ad ad1] セロリの人気スープレシピ! 最後はセロリを使ったスープレシピです。 強い香味成分がスープに溶け出し、食欲をそそる香りに変わるのでセロリがとても食べやすくなります。 茎も葉っぱもスープに入れれば、セロリの栄養を丸ごと摂れて満足感もあるので美容効果も抜群です! 第1位 セロリと玉ねぎのスープ コンソメ味の簡単レシピ。 わかめも入れて食物繊維たっぷり!葉っぱを煮込みすぎないようにすれば、鮮やかに仕上がります。 第2位 セロリとベーコンのスープ ベーコンのコクがアクセントに!野菜をたっぷり入った、体に優しいスープです。 第3位 セロリとトマトのスープ セロリとトマトがとても鮮やか。 鶏ガラスープの素を使ったさっぱり味のスープレシピです! [ad ad1].

次の

セロリレシピ6選|セロリが苦手な子どももOK!葉まで使える!サラダ、炒め物など人気レシピを厳選

セロリ レシピ

セロリのマリネ人気レシピ! 続いて、セロリを使ったマリネの人気レシピです。 マリネ液によってほど良い歯応えになったセロリの食感をお楽しみください! 第1位 セロリのわさびマリネ~塩麹仕立て~ 角のないまろやかな塩気と、わさびの風味が絶妙!セロリが苦手な方にもおすすめのレシピです。 切って和えるだけなので、急なおもてなしにも最適です! 第4位 お箸が止まらないセロリとツナのマリネ ツナのコクとお酢の酸味のバランスが絶品!ツナの油を調味料代わりに少し使うことがポイントです。 第5位 キュウリとセロリと黄パプリカの即席マリネ お酢ではなくレモンを使った、自然な酸味のマリネ。 漬け込まずにすぐに食べられるのも嬉しいですね。 [ad ad1] セロリの炒めもの殿堂レシピ! 生で食べるイメージのあるセロリですが、実は油で加熱をすると栄養素が吸収しやすく旨みも増す野菜です。 そこで、セロリの風味が苦手な方でも食べやすくなる、炒めもののレシピをご紹介します! 第1位 鶏ムネとセロリの塩炒め 食感を楽しむためにムネ肉はそぎ切りにして柔らかく、セロリは加熱しすぎないよう歯応えを残すことが美味しく仕上げるコツです! 第2位 セロリと豚肉の塩こしょう炒め セロリの食感を引き出す切り方は必見。 にんにくとしょうがの風味に箸が止まりません! 第3位 短時間調理!タコとセロリのガーリック炒め ボイルタコを使うことで加熱時間が短縮し、セロリのシャキシャキ感が残ります!最後に醤油を入れるのがポイントです。 [ad ad1] セロリの人気スープレシピ! 最後はセロリを使ったスープレシピです。 強い香味成分がスープに溶け出し、食欲をそそる香りに変わるのでセロリがとても食べやすくなります。 茎も葉っぱもスープに入れれば、セロリの栄養を丸ごと摂れて満足感もあるので美容効果も抜群です! 第1位 セロリと玉ねぎのスープ コンソメ味の簡単レシピ。 わかめも入れて食物繊維たっぷり!葉っぱを煮込みすぎないようにすれば、鮮やかに仕上がります。 第2位 セロリとベーコンのスープ ベーコンのコクがアクセントに!野菜をたっぷり入った、体に優しいスープです。 第3位 セロリとトマトのスープ セロリとトマトがとても鮮やか。 鶏ガラスープの素を使ったさっぱり味のスープレシピです! [ad ad1].

次の

シェフ直伝「セロリの葉」が主役のレシピ。捨てるのはちょっと待った!

セロリ レシピ

野菜の煮物 36品 定番 3品 肉じゃが 1品 ラタトゥイユ 7品 ポトフ 13品 ロールキャベツ・ロール白菜 2品 野菜の煮物 その他 13品 野菜の和え物 46品 定番 1品 きゅうりの酢の物 1品 もやしのナムル 1品 野菜の白和え 2品 野菜の和え物 その他 42品 野菜の炒め物 64品 チンジャオロース 2品 もやし炒め 1品 野菜炒め 5品 なすの味噌炒め 1品 野菜の炒め物 その他 55品 野菜の炒め煮 1品 野菜の炒め煮 その他 1品 野菜の焼き物 7品 野菜の肉巻き 3品 ピーマンの肉詰め 1品 野菜の焼き物 その他 3品 野菜の揚げ物 2品 野菜の揚げ物 その他 2品 野菜の蒸し物 5品 定番 1品 野菜の蒸し物 その他 5品 野菜のおひたし 3品 おひたし その他 3品 野菜のきんぴら 18品 きんぴら その他 18品 野菜のおかず その他 19品 定番 4品 野菜のカルパッチョ 1品 野菜のマリネ 16品 ゆで野菜 2品 肉のおかず 牛肉 37品 ビーフステーキ 4品 ローストビーフ 2品 ビーフシチュー 4品 その他 牛肉料理 27品 豚肉 58品 定番 8品 豚の生姜焼き 3品 豚しゃぶ・冷しゃぶ 5品 角煮・煮豚・チャーシュー 5品 酢豚 1品 チンジャオロース 2品 ポークソテー 7品 野菜の肉巻き 3品 その他 豚肉料理 32品 鶏肉 58品 定番 18品 チキンソテー 8品 鶏の唐揚げ・竜田揚げ 10品 その他 鶏肉料理 40品 挽肉 26品 定番 14品 ハンバーグ 6品 餃子 8品 シューマイ 1品 ミートローフ 1品 ピーマンの肉詰め 1品 その他 挽肉料理 9品 加工肉 9品 その他 ベーコン料理 3品 ウィンナソーセージ料理 3品 ハム料理 3品 魚介のおかず 魚介の煮物 18品 定番 1品 さばの味噌煮 1品 アクアパッツァ 3品 魚介の煮物 その他 14品 魚介の焼き物・ソテー 20品 鮭のムニエル 1品 鮭のホイル焼き 1品 魚介の焼き物 その他 18品 魚介の炒め物 25品 イカ・エビの炒め物 19品 魚介の炒め物 その他 6品 魚介の揚げ物 12品 定番 1品 アジの南蛮漬け 3品 カキフライ 1品 魚介の揚げ物 その他 8品 魚介の蒸し物 7品 あさりの酒蒸し 3品 魚介の蒸し物 その他 4品 魚介のカルパッチョ・マリネ 17品 サーモンのマリネ 2品 魚介のカルパッチョ 2品 魚介のマリネ 13品 魚介の漬け・刺身 4品 刺身 その他 2品 魚介の漬け その他 2品 練り物 5品 ちくわ料理 4品 かまぼこ料理 1品 魚介のおかず その他 8品 スモークサーモン 1品 魚介のアレンジ料理 7品 魚介の缶詰 3品 ツナ料理 3品 ごはんもの オムライス 1品 定番 1品 オムライス(プレーン、アレンジ) 1品 カレー 29品 定番 2品 チキンカレー 2品 野菜カレー 2品 シーフードカレー 6品 キーマカレー 6品 ドライカレー 3品 スープカレー 2品 ビーフカレー 1品 カレー その他 7品 ハヤシライス・ハッシュドビーフ 4品 定番 3品 ハヤシライス 3品 ハッシュドビーフ 1品 寿司 3品 恵方巻き・巻き寿司 2品 すし飯 1品 炒めご飯・チャーハン 2品 チャーハン その他 2品 炊き込み・混ぜご飯 11品 ピラフ 3品 炊き込みご飯 その他 6品 混ぜご飯 その他 3品 どんぶり 7品 定番 1品 中華丼 1品 丼もの その他 6品 雑炊・リゾット 4品 おかゆ 1品 リゾット 1品 雑炊・おじや 1品 クッパ 1品 アレンジご飯 12品 ドリア 6品 タコライス 3品 ロコモコ 1品 アレンジご飯 その他 2品 卵・大豆製品 野菜を使ったサラダ 66品 定番 3品 ポテトサラダ 3品 かぼちゃのサラダ 1品 大根のサラダ 1品 人参のサラダ 4品 セロリのサラダ 19品 野菜サラダ その他 41品 肉を使ったサラダ 28品 定番 1品 バンバンジー 5品 チキンのサラダ 1品 しゃぶしゃぶサラダ 15品 肉を使ったサラダ その他 7品 魚介を使ったサラダ 26品 海鮮サラダ 9品 海藻サラダ 1品 魚介を使ったサラダ その他 18品 マカロニを使ったサラダ 4品 定番 4品 マカロニサラダ 4品 その他のサラダ 26品 定番 2品 春雨サラダ 6品 豆腐サラダ 3品 コールスロー 2品 サラダ その他 15品 ドリンク セロリの基本情報 セロリの特徴 さわやかな香りとシャキシャキとした歯ごたえが特徴の洋野菜。 西洋料理では、煮込みやスープに使われるほか、ソースやビネガーなどの香辛料、ブーケガルニ(香草束)の材料の一つしても使われ、肉や魚の臭み消しに欠かせません。 日本では、生でサラダにして食べたり、香味野菜として使うことがほとんどですが、炒めたり、じっくり煮たりしても、違ったおいしさが味わえます。 また、セロリの葉は、茎より栄養豊富なので、 捨てずに利用したいもの。 細い茎も一緒に細かく刻んで、つくだ煮やかき揚げにしたり、スープなどに入れてもよいでしょう。 葉の部分だけでも、肉の煮込みや魚のスープなどに入れると、臭み消し・香りづけに効果があります。 一般に流通している茎の白い品種のほか、茎まで緑色で香りの強い「グリーンセロリ」も出回っています。 セロリの選び方ガイド 香りが強いのが新鮮な証拠です。 葉の緑色が濃く、シャキッとしていて、茎が太く長く、筋が縦にはっきりと入って凸凹しているくらいのもの、しっかり巻いているものが良品です。 つやのないもの、しおれているものは、時間がたって水けを失っています。 茎を1本ずつ分けて束ねて売られているものは、逆さにして切り口をチェックしましょう。 穴がポツポツとあいたものはすが入っているので、避けるようにして。 茎を1本ずつ分けたものより、1株で買うほうが日もちがします。 保存する場合は、細い茎と葉を切り分け、乾燥しないようラップで包んで、冷蔵庫の野菜室へ。 新鮮なうちに早めに使い切るようにしましょう。

次の