ラミシール。 医療用医薬品 : ラミシール

亀頭包皮炎に私は、ラミシールクリームがよく効きました!

ラミシール

外用抗真菌薬 この薬をファーストチョイスする理由(2017年6月更新)• ・1日1回の塗布で効くから。 塗った後の感覚もさらさらしていて良い。 (50歳代開業医、整形外科)• ・ラノコナゾールを愛用していましたが一時生産ストップになってからテルビナフィンを使い始めました。 良好な治療効果が得られたため、そのまま継続しています。 (50歳代開業医、一般内科)• ・小児のカンジダ皮膚炎に処方している。 (40歳代病院勤務医、小児科)• ・昔から使っていますが、特に問題がないのでずっとこれです。 ただし、クリーム基剤がいけないのか、逆にただれる人が時々います。 (40歳代病院勤務医、その他診療科)• ・長く使っていて効果も実感しているし、副作用も経験していないから。 (60歳代病院勤務医、内科系専門科)• ・抗真菌作用が、特に白癬に対して強いから。 (50歳代病院勤務医、皮膚科)• ・1日1回で効果が良好。 ジェネリックも出ていてコストパーフォーマンスが良い。 (50歳代開業医、一般内科) 外用抗真菌薬 この薬をファーストチョイスする理由(2016年5月更新)• ・多くの抗真菌剤は接触皮膚炎を起こしやすい。 不思議なことに、ラミシールクリームはそれがほとんどない。 (40歳代病院勤務医、皮膚科)• ・刺激感が少ないこと、後発品もいろいろあるので患者の経済的負担も少ないことが主な理由。 (40歳代病院勤務医、皮膚科)• ・標準的抗真菌薬であり、クリーム、軟膏、外用液のタイプがあり有用である。 (50歳代病院勤務医、神経内科)• ・角質浸透性が高い。 (50歳代開業医、皮膚科)• ・接触皮膚炎が少なく、爪にもある程度は効くようだ。 (40歳代病院勤務医、皮膚科)• ・内服・外用があり、外用もローション・クリーム・スプレーなどいくつものパターンがあり、患者さんの希望により使い分けられる。 (60歳代開業医、脳神経外科) 副作用 (添付文書全文) 総症例8,910例中何らかの副作用が報告されたのは、161例(1. 主な副作用は接触皮膚炎82件(0. 次のような副作用が現れた場合には、使用を中止するなど、適切な処置を行う。 1.過敏症:(頻度不明)発疹、蕁麻疹、血管浮腫、(0. 2.適用部位:(頻度不明)湿疹、皮膚乾燥、疼痛、色素沈着、皮膚灼熱感、(0. 使用上の注意 (添付文書全文) (禁忌) 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。 (妊婦・産婦・授乳婦等への使用) 妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ使用する[妊娠中の使用に関する安全性は確立していない]。 (小児等への使用) 低出生体重児、新生児に対する安全性は確立していない(使用経験が少ない)。 (適用上の注意) 眼科用として角膜・結膜には使用しない。 誤って眼に入った場合は、刺激症状が現れることがあるので、流水で十分に目をすすぐ。 (その他の注意) 動物実験(モルモット)において、本剤に弱い光毒性が認められている。 (取扱い上の注意) 使用期限内であっても、開封後はなるべく速やかに使用する。 処方薬事典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。

次の

ラミシール錠125mg

ラミシール

歴史 [ ] のサンド(現)によって開発された。 日本国内では1993年7月に系抗真菌薬としてはじめて ラミシールというでクリーム剤が承認され、1997年7月には錠剤が承認された。 さらに2004年にはとして(当時の)から「ラミシールAT」として発売され、大ヒットした。 しかし、2007年1月からは製造元のに商標を返還、ノバルティスの部門日本進出における旗頭となった。 また、同年にはが「タムシール」(販売終了済)、の「メンソレータムエクシブ」などに同成分を配合、2008年からはが「ダマリングランデ」を発売している。 適応 [ ] 皮膚、属、スポロトリックス属、ホンセカエア属による皮膚(やなど)に用いられる。 ただし、錠剤は外用抗真菌剤で治療が困難な場合にのみ経口投与する。 薬物相互作用としてを阻害する。 警告表示に重篤な肝障害について記載され定期的な肝機能検査、血液検査が必要となる。 投与中に(・・など)や血液障害(・無顆粒球症など)が現れ死亡に至った例もあることから、投与前と投与中には肝機能検査やが必要とされる。 用量・用法 [ ] 外用薬は、1日1回患部に塗布する。 錠剤は、通常1日 125mg を初期用量として、1日1回 食後に経口投与する。 年齢や症状に応じて適宜減量する。 種類 [ ]• 錠剤:125mg•

次の

ラミシールクリームで水虫完治!! 成功する塗り方と失敗する塗り方は?

ラミシール

歴史 [ ] のサンド(現)によって開発された。 日本国内では1993年7月に系抗真菌薬としてはじめて ラミシールというでクリーム剤が承認され、1997年7月には錠剤が承認された。 さらに2004年にはとして(当時の)から「ラミシールAT」として発売され、大ヒットした。 しかし、2007年1月からは製造元のに商標を返還、ノバルティスの部門日本進出における旗頭となった。 また、同年にはが「タムシール」(販売終了済)、の「メンソレータムエクシブ」などに同成分を配合、2008年からはが「ダマリングランデ」を発売している。 適応 [ ] 皮膚、属、スポロトリックス属、ホンセカエア属による皮膚(やなど)に用いられる。 ただし、錠剤は外用抗真菌剤で治療が困難な場合にのみ経口投与する。 薬物相互作用としてを阻害する。 警告表示に重篤な肝障害について記載され定期的な肝機能検査、血液検査が必要となる。 投与中に(・・など)や血液障害(・無顆粒球症など)が現れ死亡に至った例もあることから、投与前と投与中には肝機能検査やが必要とされる。 用量・用法 [ ] 外用薬は、1日1回患部に塗布する。 錠剤は、通常1日 125mg を初期用量として、1日1回 食後に経口投与する。 年齢や症状に応じて適宜減量する。 種類 [ ]• 錠剤:125mg•

次の