胃痛 緩和 飲み物。 胃が痛い時の飲み物ランキング!何を飲むと効果的?

胃が痛い時の飲み物ランキング!何を飲むと効果的?

胃痛 緩和 飲み物

ストレスで胃痛が起きる仕組み ストレスによる胃痛は自律神経の乱れによって起こります。 自律神経は私たちが無意識のうちに内臓や血管の働きを調整している、健康維持の要となる神経です。 自律神経には交感神経と副交感神経の2種類があり、それぞれ働きが異なります。 運動時や勉強時、緊張や恐怖を感じている時に働く• ストレスに長時間さらされると、交感神経優位の状態が長く続きます。 睡眠やリラックスできる時間を作って副交感神経を働かせないと、食べ物の消化・吸収作業で疲労した胃の機能が回復できません。 副交感神経が働かず、胃が疲れ果ててしまうと、• 血流悪化により胃の機能が低下して消化不良を起こす• ストレスによって起きる胃痛の治し方は? 薬には副作用があるので、胃痛をすぐに薬で抑えるのはなるべく避けたいところ。 温かい飲み物を飲む ストレスによる胃痛は胃酸過多による胃粘膜の炎症や胃の血流悪化が原因なので、温かい飲み物を飲むことで両方の原因に対応できます。 胃酸過多の時に胃の中が空っぽだと、ダイレクトに胃酸が胃壁へと到達するため胃痛が悪化する原因になります。 ただ 胃の中に食べ物や水分があれば胃酸が食べ物の消化に作用したり、水分によって胃酸自体が薄められるので痛みの緩和につながります。 また 温かい飲み物は身体を温めてリラックスさせるので、副交感神経の働きを高めて血流や胃酸過多の状態を改善へと導きます。 胃痛の時は胃に負担をかけない方がいいので、温かい飲み物も、• 胃の負担にならない白湯• 胃粘膜を保護する作用のある牛乳を温めたホットミルク がおすすめです。 立ったり座ったりしている時に胃痛が起きている場合、一旦横になって痛みが治まるか確認してみましょう。 また食後に胃痛が襲ってきた時は、右側を下にして横になってみましょう。 胃の出口は右側なので、出口付近に食べた物と胃酸を集めることで胃酸が食べ物の消化に使われ胃粘膜を刺激しにくくなります。 血流悪化で胃の働きが衰えている場合も、右側を下に横になることで消化された食べ物が素早く腸に到達するので胃にかかる負担を減らせます。 スポンサーリンク ストレス性の胃痛に効く市販薬は? 市販の胃薬は多くの種類があり、胃痛を治すためのアプローチの仕方も以下の様に様々です。 胃酸を抑えるもの• 消化の手助けをするもの• 胃の粘膜を保護もの ストレスによる胃痛を抑えるのに最も適しているのは、胃酸を抑える薬です。 胃酸を抑える効果のある代用的な市販薬は、• ガスター10• ガスター10の方が良く効きますが、その分副作用のリスクも高いです。 また胃酸過多によって傷つけられた胃粘膜を保護・修復する作用のある薬も有効です。 市販薬で言えば、• スクラート胃腸薬• キャベジンコーワ• パンシロンシリーズ これらが胃粘膜の保護・修復する作用のある薬なので、胃酸を抑える薬と併せて服用することでより高い効果が期待できます。 残り一種類、消化の手助けをする市販の胃薬は、• 太田胃酸• キャベジンコーワ• パンシロンシリーズ などが挙げられます。 消化の手助けをする市販の胃薬は、胃粘膜を修復・保護する市販の胃薬と同じ商品である場合が多いです。 これらの商品はストレスより、暴飲暴食によって起きる胃痛に対して有効といえます。 まとめ 薬を飲まずにストレスによる胃痛を治すことができればいいのですが、実際はそう簡単に治ってはくれませんよね… 私もストレスで胃痛が起きた時は、2,3回に1回の頻度で薬に頼ってしまっています。 最後の手段として胃薬を飲むわけですが、副作用を起こさないためにも用法容量は必ず守ってください。 多く飲んだから早く効くわけではないですし、少し待って胃痛が治まらないのでまたすぐ胃薬を飲むような服用方法は副作用のリスクを高めます。 スポンサーリンク.

次の

ストレスからくる胃痛の症状と自分でできる5つの対処法 | 女性の美学

胃痛 緩和 飲み物

Sponsored Link 胃に負担をかけない食事のポイント 胃の痛みが出る理由には様々なものが考えられますが、多くは食生活の乱れや胃に負担のかかる食事の摂りすぎ、ストレスなどによって起こる胃の荒れが原因です。 食事で言えば、 アルコールやカフェイン、脂っこいもの、甘いもの、辛いもの、冷たすぎるものや熱すぎるものの摂りすぎは、胃が荒れる原因になると考えておきましょう。 つまり、 胃の荒れによる胃痛を早く治すためには、こういった胃に負担のかかる食べ物や飲み物を避けて食事をする必要があるというわけですね。 では、どんな食事が胃に負担をかけないのかというと、簡単に言ってしまえば以下のような特徴を持つ食べ物や飲み物ですね。 消化の良いもの• 刺激の少ないもの• 胃の粘膜を保護してくれるもの 消化の良いもの、刺激の少ないものを摂ることで、胃の仕事量を最小限に抑えることが出来ます。 また、自分の胃酸で胃が荒れないように、胃の粘膜を保護してくれるものも効果的と言えますね。 胃の荒れは、胃に負担さえかけなければ数日で良くなる症状です。 つまり、 胃に余計な負担をかけず、胃を出来るだけ休めることの出来る食事こそ、胃の痛みを早く治す食事というわけですね。 Sponsored Link 胃が痛い時に良い食べ物や飲み物 食べ物を食べると胃が痛い場合、「食事をしない方が良いのかも…?」と考えてしまいがちですが、実は少し違います。 確かに、胃を休めるのに最も効率の良い方法は食事を食べないことなのですが、 荒れた胃を治すためには、エネルギーも必要です。 食事を摂らないとエネルギーが十分に補給出来ませんから、 胃の痛みを自宅で治療するには、しっかりと食事を摂ることが必要になるというわけですね。 また、 栄養もバランス良く摂るのがベストです。 特にたんぱく質は、荒れた胃の粘膜を治すために必要な栄養素なので、しっかりと食べるようにしましょう。 以下では、胃が痛い時におすすめの食べ物や飲み物をまとめておきます。 この中から、好きなものをバランスよく摂るようにしてください。 炭水化物• おかゆ• 煮込みうどん• にゅうめん• 食パン 炭水化物の中でも柔らかいもの、刺激物などが含まれていないものが消化に良いのでおすすめです。 ただ、同じ炭水化物でも玄米やそば、コーンフレーク、ラーメンなどは消化によくありませんので、注意をしておきましょう。 たんぱく質• 豆腐、高野豆腐• たまご豆腐• きな粉• 半熟たまご• 鶏ささみ、鶏ひき肉• 白身魚• はんぺん• 茶碗蒸し たんぱく質についても、柔らかいものや刺激物が含まれていないものが胃に優しい食べ物になりますね。 ただ、肉や魚については、脂が少ないものを選ぶようにしましょう。 脂の多いベーコンやソーセージ、脂身などはNGです。 キャベツ• ほうれん草• じゃがいも 野菜については、消化の良いものと悪いものが存在します。 食物繊維の多い野菜は胃に負担がかかると考えておきましょう。 例えば、ごぼうやれんこん、たけのこ、こんにゃく、キノコ類などは食物繊維が多く、胃に負担がかかってしまいます。 上に箇条書きしているような消化の良い野菜を使うようにしましょう。 りんご• バナナ• 白桃(もも) 風邪の時にもよく出てくるりんご、バナナ、白桃の3つが胃に優しい果物ですね。 すりおろしたりジュースにすると、より胃腸に負担がかかりにくくなりますよ。 一方、その他の果物は食物繊維が豊富で胃に負担がかかりやすく、あまりおすすめ出来ません。 特にレモンやキウイ、ブルーベリー、梨などは避けておいた方が良いでしょう。 飲み物• ココア• ホットミルク 胃に痛みがある時は、温かい、刺激が少ない、胃の粘膜を守ってくれるといった特徴のある飲み物を選ぶと良いでしょう。 中でもホットミルクや牛乳を使ったココアは、胃の粘膜を保護する働きがあるのでおすすめです。 ただ、牛乳を大量に飲むと下痢をすることがありますので、普段は白湯、食事後や朝晩にホットミルクやココアといった風に使い分けるようにしましょう。 乳酸菌を含むもの• ヨーグルト• 乳酸菌飲料 ヨーグルトや乳酸菌飲料には、牛乳と同じで胃の粘膜を保護する働きがあります。 胃痛や胃もたれが起こりがちな人は、普段から摂っておくと良いでしょう。 中でも 「LG21」という乳酸菌は、様々な胃痛の原因となるピロリ菌の繁殖を抑えるのでおすすめですよ。 胃が痛い時の調理や食べ方のポイント 胃が痛い時の食事では、調理や食べ方にも注意しておきたいポイントがあります。 具体的には、以下の4つのポイントを押さえておきましょう。 食べ物は出来るだけ柔らかくする• 煮る、蒸すなど油を使わないように料理する• 熱すぎない程度に温めた状態で食べる• ゆっくりとよく噛んで食べる 食べ物は出来るだけ柔らかくする 硬い食べ物は消化に時間がかかるため、胃の負担になってしまいがちです。 出来るだけ消化を良くするためにも、食べ物は出来るだけ柔らかく調理するようにしましょう。 元々柔らかい食材を使う、野菜などは細かく切る、しっかりと火を通すなど、出来るだけ柔らかくするための工夫をしてみてくださいね。 煮る、蒸すなどの油を使わない料理にする 油を使ってしまうと消化が悪くなり、胃に負担がかかってしまいます。 焼いたり揚げたりすると油を使ってしまいますので、出来るだけ 煮る・蒸すなどの調理法で食事を作るようにしましょう。 これは料理する際に限らず、コンビニなどで買ったものを食べる時も同じですね。 特にジャンクフードや揚げパンなどはうっかり買ってしまいがちなので、注意しておきましょう。 熱すぎない程度に温めた状態で食べる 熱すぎるものや冷たすぎるものは、辛いものなどと同じで胃に刺激を与えてしまい、胃に余計な負担をかけてしまいます。 ただ、適度に温かいものは胃の痛みを緩和してくれますので、 食べ物は舌に乗せても熱くない程度まで冷まして食べる、飲み物は人肌くらいの温度にして飲むなど、うまく調整しながら食事を摂るようにしましょう。 ゆっくりとよく噛んで食べる 上でもお話した通り、 食べ物は細かく柔らかいほど消化が良くなります。 つまり、よく噛んで食べることも、食べ物の消化を助けることに繋がるわけですね。 特に、硬いものや形のはっきりと残っているものについては、 30秒くらいよく噛んでから食べ物を飲み込むと、胃の痛みを悪化させずに済むでしょう。 Sponsored Link 胃に良くない食べ物や飲み物を避ける 胃の痛みがあるにも関わらず胃に良くない食べ物や飲み物を摂ることは、治りにくくなるだけでなく胃炎や胃潰瘍、胃がんなどの原因になる可能性があります。 症状を悪化させないためにも、基本的には上で説明したような胃に優しい食べ物を食べることを心掛けましょう。 胃に負担のかかる食べ物や飲み物としては、例えば以下のようなものが挙げられます。 脂っこいもの(揚げ物全般、脂身の多い肉など)• 辛いもの(香辛料、とうがらしなど)• 甘いもの(ケーキ、ドーナツなど)• 冷たすぎるもの(かき氷、アイス、冷たい飲み物など)• 熱すぎるもの(アツアツの鍋やスープ、熱い飲み物など)• 食物繊維が多いもの(ごぼう、れんこん、キノコ類など)• 胃に負担のかかる果物(柑橘類、キウイ、梨など)• カフェインを含む飲み物(コーヒーや緑茶など)• アルコールを含む飲み物全般 胃の調子が悪い間は、このような食べ物や飲み物を摂らないように注意しましょう。 まとめ 以上が、胃が痛い時の食事の全てですね。 何を食べれば良いのか、どんな風に食べれば良いのかがご理解頂けたのではないかと思います。 簡単にまとめておくと、胃が痛い時に気を付けておきたい食事のポイントは、以下の通りです。 消化が良く、胃の負担にならない食べ物や飲み物を摂る• 食材は細かく切り、出来るだけ柔らかく調理する• 油を使わない(煮る、蒸すなど)• 適度に冷まして食べる• よく噛んで食べる• 胃に良くない食べ物や飲み物は避ける 胃が痛い時には、このようなポイントをしっかりと押さえて食事を摂るようにしていきましょう。 軽い胃痛であれば、食事を意識するだけでも数日で治まりますよ。 なお、胃の痛みだけでなく下痢や吐き気まである場合には、『胃が痛い時の下痢や吐き気の対処法は?すぐ出来る対策まとめ』も合わせてチェックしておきましょう。 胃痛がひどい時には、を参考にしてください。 Sponsored Link•

次の

腹痛の治し方!お腹が痛い時にすぐ痛みを緩和する6つの対処法

胃痛 緩和 飲み物

しかし、胃や臓器の異常の場合、一時的に痛みがなくなっても症状が完治しているわけではないので、注意が必要です。 自分が抱えている胃痛が、どこから来ているのかをまず見極めることが大事です。 胃痛の原因と考えられる病気 胃痛を起こす病気には、様々なものがあります。 その中でも、一般的と言われている9つの胃痛の症状について紹介します。 その1.胃炎 胃痛を訴える人の中で、1番多い病気が胃炎です。 胃炎には3つの種類があります。 急性胃炎• 慢性胃炎• 神経性胃炎 どれも胃が痛むものですが、胃炎になる原因や症状が少しずつ違います。 急性胃炎は、胃炎の中でも1番起こりやすい病気と言われています。 症状には次のようなものがあります。 胃痛、不快感• 食欲低下 症状が酷い場合は、吐血をすることもあります。 原因はウィルス性の感染症や不規則な生活など様々です。 2~3日安静にしていれば症状も治まりますが、ウィルス性の感染症の場合は長期に渡ることが多いので、痛みを感じた時は病院での診察が必要です。 慢性胃炎は、約80%はピロリ菌の感染、残り20%は自己免疫性疾患が原因と言われています。 ピロリ菌は、胃の粘膜に生息し胃を徐々に傷めていきます。 井戸水などに生息していたため、60代以上の人に多いとされていましたが、今では若い世代でもピロリ菌に感染している人も増えているそうです。 自己免疫性疾患というのは、自分の体を守るために異物に攻撃をする自己免疫が誤作動し、胃を異物と認識して攻撃してしまい、胃が炎症を起こすことで胃痛が出てきます。 神経性胃炎は、ストレスや疲労といった精神的な不安などが原因で引き起こされる胃痛を言います。 急性胃炎と同じ症状の他、 うつ状態などの症状が出てくることもあり、症状が悪化すると胃内部で出血をする場合もあります。 その2.胃潰瘍・十二指腸潰瘍 胃や十二指腸の粘膜に炎症が起こり、潰瘍ができるのが胃潰瘍・十二指腸潰瘍です。 症状には次のようなものがあります。 胸やけ• 胃の重み、むかつき• みぞおちの痛み 症状が悪化すると、吐血や下血(黒いタール便が出る)といった症状が出る場合もあります。 胃潰瘍の場合、食事中や食後に痛みが激しくなります。 反対に、十二指腸潰瘍の場合は空腹時に痛みが出てきます。 胃潰瘍・十二指腸潰瘍は、胃炎と一緒でストレスやピロリ菌といったものが原因とされています。 潰瘍は悪化すると吐血や下血もそうですが、症状を繰り返すと胃がんに繋がると言われているので、胃に異常を感じた時はすぐに病院で診察を受けましょう。 その3.逆流性食道炎 最近増えているのが、逆流性食道炎です。 胃酸の過剰分泌や、蠕動運動が逆になることで胃酸が上がってきます。 胃もたれ• 喉に違和感がある• 朝起きると口の中が酸っぱい こういった症状がある場合は、逆流性食道炎の可能性が高くなります。 逆流性食道炎は食道に炎症を起こし、症状が悪化すると慢性化する場合があります。 その4.虫垂炎・腹膜炎 虫垂炎や腹膜炎というと、下腹部痛というイメージがありますが、初期症状は• おへそやみぞおちに痛みを感じる• 嘔吐する など胃痛と同じような症状が出ます。 虫垂炎は処置が遅れると腹膜炎を起こし、命に関わる場合もあります。 吐き気やへそ部分に痛みを感じた場合は、市販薬で様子を見るのではなく病院で検査を受けるようにしましょう。 その5.機能性ディスペプシア 胃潰瘍や胃がんといった胃の疾患がないにも関わらず、胃痛や不快感などの症状が出ることを、機能性ディスペプシア(機能性胃腸症)と言います。 機能性ディスペプシアは原因がはっきりとしないため、生活習慣や毎日の生活でストレスを溜めないようにするしかありません。 病院で診察を受けた場合、胃薬のブスコパンなどが処方され、胃痛を感じた時に鎮痛剤を飲んで症状を抑えるという治療になります。 その6.胃がん・胃粘膜下腫瘍 胃がんは、がんの死亡数で男性2位、女性3位と上位にある病気です。 症状は、ほぼ胃炎と同じです。 胃の不快感• 膨満感• 胸やけ• 吐き気• 食欲不振• 体重減少 こういったものがあります。 症状が胃炎と変わらないため、気づいた時には症状が悪化しているという場合もあります。 また、 胃の内部に腫瘍が出来る病気を胃粘膜下腫瘍といいます。 こちらも、胃炎や胃がんと症状は同じです。 胃アニサキス症の場合、吐き気と胃の激痛症状が出ます。 この場合、アニサキスを胃から除去しなくてはいけないので、市販の胃薬で症状を抑えることはできません。 生の魚介類を食べてから、2時間以上経過して激しい胃痛が出た場合、アニサキスの可能性が高いので、必ず病院へ行くようにしましょう。 その8.膵炎(すいえん) 膵炎は、自分の消化酵素で膵臓が消化されてしまい臓器が炎症を起こしてしまう病気です。 膵炎の症状には、次のようなものがあります。 胃やみぞおちの激痛• 食後の胃痛• 吐き気• 背中の痛み 膵炎の原因とされているのが、アルコールの摂取です。 毎日お酒を飲んでいるという人は膵炎になりやすいと言われています。 過敏性腸症候群は、精神的なプレッシャーや不安に襲われて起こることもあるので、腸だけでなく胃にも影響を与えてしまいます。 上記のような胃痛を起こさないために気を付けたいこと 上記のような胃痛を起こさないためには、予防が必要です。 胃に負担を与えないように次のようなことに気を付けましょう。 カフェインの摂取を抑える• たばこ、お酒は控える• 刺激の強いものや塩分の多い食事は避ける• しっかりと睡眠を取り体を休める• ストレスを溜めないようリラックスする時間を作る• 食べ過ぎないようにする 上記のようなことに気を付けるだけで、胃への負担は軽減されます。 特に、ストレスは溜めないようにすることが大事です。 女性特有の原因の胃痛に要注意! 上記で紹介したものは、一般的な胃痛です。 しかし、胃痛には女性特有の原因のものがあります。 女性特有の胃痛には、どんなものがあるのでしょうか。 生理が関係する胃痛• 妊娠による胃痛• 子宮内膜症による胃痛 それぞれ下記で詳しくご説明します。 生理が関係する胃痛は女性ホルモンのバランスの崩れによるもの 生理前あたりから、みぞおち付近が痛み始め、普通に生活するのも困難になるという女性がいます。 胃が痛くて病院に行って検査をしても、胃腸には疾患がなく原因が分からずに処方された胃薬を飲んで痛みを抑えているという人も多いようです。 生理前の胃痛の原因 生理前になると、女性ホルモンの1つであるプロゲステロンの分泌量が増えてきます。 このプロゲステロンは、体を妊娠しやすい状態にする働きがあると言われています。 その働きの中に、受精卵を安定させるために子宮の働きを抑えるものがあり、その時に子宮に近い胃腸の動きも抑えてしまいます。 そのため、 生理前になると胃痛や便秘の症状を訴える女性が多いようです。 プロゲステロンが増えることで、次のような症状も出てきます。 子宮の働きを抑える• 食欲が出る• イライラしやすくなる• 眠くなる また、この時期は、女性ホルモンのバランスも悪くなるため、イライラすることが増え自律神経も乱れてしまいます。 出産時に、子宮内の赤ちゃんを外に出すために子宮を収縮させるのも、このプロスタグランジンの働きになります。 プロスタグランジンの分泌が増えると、子宮の収縮と共に、近くにある胃腸の収縮運動も活発になるため、胃に痛みが出ることもあります。 生理時の胃痛の予防法 生理時の胃痛も、基本的には一般的な胃痛の時と同じ予防法で、症状を抑えることはできます。 しかし、女性ホルモンが影響していることもあり、その他にも気を付けたい予防法もあります。 体を冷やさないようにする 寒い時期などは痛くないけれど、夏になると生理前から胃が痛くなるという人が増えてきます。 これは、体が冷えているからです。 生理前になると、子宮まわりの筋肉の動きが鈍ったり、動きが活発になったりします。 そのため、筋肉をほぐしてあげることが大事です。 お風呂や湯船に浸かるようにしたり、腹部にカイロを貼るなどして 腹部を温めて血流を良くしてあげることで症状は緩和します。 また、夏は冷たい物の過剰摂取を避けることで体の冷えを予防することができるので、飲み物や食べ物にも注意しましょう。 漢方薬でホルモンバランスを整える 生理からくる胃痛は、女性ホルモンのバランスを整えることで抑えることはできます。 その他、生理痛や生理不順などの症状も緩和することができます。 漢方名 期待できる効果 当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん) 月経不順、月経痛、貧血、疲労倦怠、更年期障害 桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん) 月経不順、月経異常、更年期障害 加味逍遙散(かみしょうようさん) 月経不順、月経困難、更年期障害、冷え症、不眠症 病院で処方してもらうこともできますし、ドラッグストアや薬局などの薬剤師に相談をすれば、どの漢方がいいか選んでくれます。 また、産婦人科で診察をした場合、低用量ピルを処方してくることもあります。 胃薬ではなく、ホルモンバランスを調整して症状を抑えたいという場合は、医師に相談をして低用量ピルを処方してもらいましょう。 ピルも人によっては服用不可の場合があるので、必ず医師に相談してから服用するようにしましょう。 生理以外の女性特有の胃痛 生理でもない、病気でもない。 なのに胃痛がするという時、女性は疑わなくてはいけないことが2つあります。 その1.妊娠 妊娠するとお腹が張るという印象がありますが、胃にも影響を与える場合があります。 胃の膨満感、圧迫感• 胃の不快感 病気や生理でもないのに、上記のような症状がある場合は妊娠を疑わなくてはいけません。 いきなり病院で検査をすることに抵抗がある場合は、市販されている妊娠検査薬などでチェックしてみましょう。 その2.子宮内膜症 子宮内膜症とは、子宮内膜が癒着することで起こります。 内膜が癒着すると子宮の動きが悪くなり、それに伴い胃腸の動きも悪くなってしまい胃痛に繋がることがあります。 生理中、今までよりも胃や下腹部の傷みが激しくなった場合は、1度検査をしてもらう必要があります。 子宮内膜症は腹痛や胃痛だけでなく、症状が悪化すると妊娠も難しくなることがあるので、きちんと診察を受けましょう。 胃痛の検査は内科・消化器科・産婦人科でできる 胃痛の場合、まずは内科や消化器科を受診します。 問診をし、その症状に合わせて次のような検査をします。 内視鏡検査• 超音波(エコー)検査• 大腸内視鏡検査• 尿検査• 血液検査 多くは、内視鏡や超音波検査だけですが、 下血がある場合は大腸内視鏡を受けたり、胃や腸に疾患が見られない場合は、血液検査や尿検査を行うこともあります。 また、生理などが関連する胃痛の場合は、産婦人科を受診します。 ここでも問診を受けた後、子宮内膜症や妊娠をしていないかの検査を受けることがあります。 胃痛を甘く見ては危険!痛みが続く時は病院へ 胃痛が日常的に起こると、市販薬で症状を抑えれば大丈夫と思っている人も多いようです。 しかし、胃は目に見えない臓器です。 ちょっとした痛みでも中は炎症を起こしたり、腫瘍ができている場合もあります。 少しでも「変だな」「痛みが続くな」と感じた時は、すぐに病院で診察を受けましょう。 胃炎でも、病院で診てもらい薬を処方されたら継から症状がほとんど出なくなるという場合もあります。 検査は少しキツイですが、自分の体を守るためにも病院へ行くよう心がけましょう。

次の