教場 キャスト 生徒。 教場後編のあらすじネタバレ・キャスト見逃し動画配信は?卒業検定の結果は|みやびカフェ

「教場」生徒役キャスト一覧【キムタク主演】!30人全員の年齢も!

教場 キャスト 生徒

『警察学校は、優秀な警察官を育てる場所ではなく、適性のない人間をふるい落とす場所』だと考える風間は、トラブルに見舞われた生徒を容赦なくふるい落としていく。 警察学校という名のサバイバルゲームを生き抜くために、秘密と思惑が渦巻いていく。 1クラス30人、計90人の内何人の生徒が生き残り卒業できるのだろうか。 風間は、生徒たちの思惑に気付き複雑にからまった事件の真相を解くことができるのだろうか? 【教場】 見どころ 長岡弘樹の小説が原作となった『教場』は、極限状態を生き抜く生徒それぞれのよこしまな思惑を監察力に長けた教官が暴いていくミステリー作品だ。 さらにタッグを組むのは、『踊る大捜査線』シリーズのヒットを生み出した 君塚良一だ。 そこに『眠れる森』『若者のすべて』『プライド』など木村拓哉と伝説を作ってきた 中江功が演出を手掛けるということで期待がさらに高まる。 【教場】キャスト・コメント 風間公親 かざまきみちか …木村拓哉 元神奈川県警捜査一課刑事で、常に冷静で厳しい男。 人を寄せ付けない雰囲気がある。 卓越した観察眼と水力を備えた人物で、何を考えているのかわからない謎の男。 木村拓哉コメント(一部抜粋) Q 役作りについて、事前にやったことなどはありますか? 「監督と実際の警察学校の見学に行かせていただいたり、話し合いをしたりする中、原作から脚本にする段階で、風間の置かれている状況や経験した過去の部分で新たに脚色をさせていただいたところがあり、風間というキャラクターを自分なりに掘り下げながら、みんなで一緒に作り上げているつもりです。 Q 個人的に注目の見所(シーン)は? 「もうありすぎて…(笑)。 非常に中身が濃くて、いろいろなエピソードがあるのでどれも楽しみです。 所作指導で少し動いただけで、普段全く使っていない筋力・エネルギーが必要なのだと体感しました。 Q 武道場での剣道シーンがありますが…。 「剣道をドラマの中でやるのは初めてです。 剣道は経験があるので、いろいろな経験が今になって活 い きるのだと思いました」 Q 楽しみにしている視聴者にメッセージをお願いします。 「おそらく見たことのない、味わったことのない作品になると思うので驚く方が多いのではないかと思います。 作る側としては、僕らの責務として全力で作品を作るしかないので、楽しみに待っていていただけたら、と思います。 出典: 教場の生徒キャスト 【フジテレビ開局60周年特別企画『教場』】冷徹な教官・木村拓哉の教え子に豪華キャストが決定! — フジテレビ fujitv 妻子持ちの元プロボクサー。 成績で悩んでいる。 元小学校教師。 事故で警察官に助けられたことで警察官に憧れた。 頼れる姉御肌で元インテリアコーディネーター。 警官の息子でありながら、クラスいちの落ちこぼれ。 風間教場一の美貌を誇り、かなり自信過剰な女生徒。 気が弱くて頼りない。 そんな自分を変えるために警察官を目指す。 人たらしで、生徒に何でも提供する調達屋。 人当たりが良いが、物に対するこだわりが強い。 元女子レスリング選手という異色の経歴を持つ。 成績優秀だがポーカーフェイスで感情をあまり出さない。 校内で唯一風間の過去を知る人物で、物語のキーマンでもある。 風間教場の副教官で座学を担当する。 取り調べを行う上での知識やルールを教える。 風間教場の副教官で技術を担当する。 時に威圧的な態度で生徒を責め立てる。 生徒の一人、樫村卓美 西畑大吾 の大学の先輩で現役警察官。 神奈川県警察学校で事務員をする女性。 警察学校の初任科の教官で、鬼教官。 派手なジャージを着て暴力的発言で生徒たちを威嚇する。 風間教場の生徒の一人、平田和道 林遣都 の父であり現役警察官。 宮坂定 工藤阿須加 が警察官を目指すきっかけになった人物。 【教場】 原作紹介.

次の

【教場後編】新キャストの出演シーンはいつ?どこで登場したのか気になる!

教場 キャスト 生徒

この項目では、小説について説明しています。 学校における教場については「」を、人物については「」をご覧ください。 教場 ジャンル 学園小説 小説 著者 出版社 掲載誌 レーベル (文庫本) 刊行期間 - 巻数 単行本:既刊4巻(2019年12月時点) 文庫本:既刊3巻(2019年11月時点) テレビドラマ 原作 長岡弘樹 『教場』、『教場2』 脚本 演出 制作 (制作協力) 放送局 系 放送期間 - 話数 全2話 - プロジェクト ポータル ・ 『 教場』(きょうじょう)は、によるを舞台としたのシリーズ。 既刊は連作3巻、長編1巻。 「教場」とは、における「クラス」のこと。 『教場』『教場2』を原作としてにて化され、1月に放送された。 作品の評価 [ ] 第1作『教場』は『 2013年』にて第1位に、『 2014年版』にて第2位にランクインした。 小学館の公式サイトでは推理小説として分類しているが、警察「学校」が舞台ということから学園小説として評価する者もいる。 「警察学校は、優秀な警察官を育てるための機関ではなく、適性のない人間をふるい落とす場である」。 過酷な警察学校を舞台に生徒たちの成長を描く物語であると同時に、観察力に長けた教官が極限状態で生徒たちが抱いた邪(よこしま)な思惑を暴いていくミステリ、見込みのある者をより成長させていく教師の物語としても評価が高い。 『』で警察官同士の足の引っ張り合いを描いた、『』で警務課の人間を主人公にした、『』でキャリアの視点から警察組織を描いたなど、多くの作家によって発展してきたに新たなジャンルを開拓した作品としても評価されている。 あらすじ [ ] この作品記事はが望まれています。 ください。 登場人物 [ ] 風間教場 [ ] 初任科第98期短期課程〈風間教場〉の学生は入学時41名(その内、女子は6名)、物語開始時の5月下旬時点で4人が辞退し37名になっている。 風間 公親(かざま きみちか) 病気で休職した植松に代わり、担当教官になる。 50代、白髪、焦点の定まらない目をしている。 道場の裏手にある花壇でをマメに世話している。 物腰が柔らかく、学生を恫喝するようなことはしない。 観察力に優れ、学生の動向を良く見ている。 須賀(すが) 〈風間教場〉副担任。 体重120kg。 武道(・)専任教官。 柔道6段。 些細なことで学生に手を上げる暴力教官。 宮坂 定(みやさか さだむ) 四班。 免許を取ったばかりの頃、人通りの少ない場所で事故を起こし、助からないかもしれないと思っていたところを、地元の駐在所警官に助けられ、警察官を目指すようになった。 親に猛反対され、一度は小学校の教職に就いた。 平田 和道(ひらた かずみち) 三班。 転職組で、以前は外食チェーンを経て、ビルの管理会社のデスクワークをしていたが、いずれも辛くて辞めている。 父親は宮坂を助けた、の警察官。 都築 耀太(つづき ようた) 三班。 ポーカーフェイスで感情をあまり見せない。 成績優秀で、何事もそつなくこなす。 配属希望は防犯。 楠本 しのぶ(くすもと しのぶ) 三班 班長。 26歳。 女子の中で最も小柄な体格。 元インテリアコーディネーター。 似顔絵クラブ所属。 保健委員。 2年前に婚約者の和馬を亡くしている。 取り調べ技術が高いと評される。 岸川 沙織(きしかわ さおり) しのぶと最も親しい。 女子の中で最も大柄な体格。 24歳。 似顔絵クラブ所属。 鳥羽 暢照(とば のぶてる) 幼い頃からに憧れており、人や物の移動速度を言い当てる能力を身に付けた。 書道クラブ所属。 稲辺 隆(いなべ たかし) 童顔。 剣道2段。 隙間から部屋に入り込んでくるアリが共通点で鳥羽と親しくなった。 由良 求久(ゆら もとひさ) 自動車狂。 希望部署は。 陶芸クラブ所属。 協調性がなく、教場の鼻つまみ者で、皆から無視されている。 に刺されたことがあり、を過度に恐れている。 日下部 准(くさかべ じゅん) 32歳。 2年前にC級ボクサーライセンスを返上した元。 級長を務める。 同い年の妻と3歳の娘がいる。 学科の成績が芳しくない。 樫村 巧実(かしむら たくみ) 必要としている様々なもの(制服のボタンなどの備品)を物々交換してくれるため、陰で調達屋と呼ばれる。 安岡 学(やすおか まなぶ) ふっくらとした頬が特徴的。 追跡(トラッキング)が得意。 身長161cm、体重49kgで、採用試験の体格制限をぎりぎりでクリアしている。 その他 [ ] 教官 植松(うえまつ) 風間教場の本来の担任。 些細なことですぐに怒鳴る鬼教官。 で入院し、休職する。 服部(はっとり) 女性教官。 指示棒で黒板や学生の手を叩く。 口調は丁寧だが性格は陰険。 四方田(よもた) 校長。 逆三角形の顔をした小柄な男。 その他 貞方(さだかた)。 県警特別救助班 隊員。 尾崎(おざき) 寮兄。。 36歳。 樫村とは同じ大学の先輩後輩。 度々差し入れを持って警察学校にやって来る。 神林(かんばやし) 警部補。 運転技術講習会の講師として県警本部からやってくる シリーズ一覧 [ ] 教場 シリーズ第1作。 連作短編集。 第98期短期課程の風間教場。 初出:『』vol. 1(2009年9月)、vol. 4、vol. 5、vol. 8、vol. 11、vol. 14、vol. 17、vol. 18(2011年2月)「初任」を改題• 単行本:2013年6月19日、、• 文庫本:2015年12月8日、、 教場2 シリーズ第2作。 連作短編集。 第100期短期課程の風間教場。 単行本:2016年2月23日、小学館、• 文庫本:2017年12月6日、小学館文庫、 タイトル 初出 創傷 『STORY BOX』2014年9月号 心眼 『STORY BOX』2014年12月号 罰則 『STORY BOX』2015年3月号 敬慕 『STORY BOX』2015年7月号 机上 『STORY BOX』2015年10月号 奉職 『STORY BOX』2016年1月号 教場0 刑事指導官・風間公親 シリーズ第3作。 連作短編集。 風間が警察学校の教官になる前、捜査一課にいた頃の話。 単行本:2017年9月16日、小学館、• 文庫本:2019年11月6日、小学館文庫、、解説:三橋曉 タイトル 初出 仮面の軌跡 『STORY BOX』2014年6月号 三枚の画廊の絵 『STORY BOX』2017年3月号 ブロンズの墓穴 『STORY BOX』2016年9月号、「百度を踏む男」を改題 第四の終章 『STORY BOX』2016年6月号、「二重舞台」を改題 指輪のレクイエム 『STORY BOX』2016年12月号、「償い」を改題 毒のある骸 『STORY BOX』2017年6月号 風間教場 シリーズ第4作。 第102期短期課程の風間教場。 初出:『STORY BOX』2018年8月号、同年11月号、2019年2月号、同年5月号、同年8月号、同年11月号• 単行本:2019年12月18日、小学館、 テレビドラマ [ ] フジテレビ開局60周年特別企画 教場 ジャンル 原作 脚本 演出 出演者 国・地域 言語 製作 プロデュース 中江功 西坂瑞城 高石明彦 制作 (制作協力) 製作 放送 放送局 フジテレビ系 映像形式 音声形式 放送国・地域 放送期間 - 放送時間 21:00 - 23:10 21:00 - 23:24 放送枠 (第一夜) 放送分 【第一夜】130分 【第二夜】144分 回数 2 開局60周年特別企画として・の2夜連続で放送された。 脚本は、主演は。 舞台は。 は「 ここで生き残った者だけが、警察官になれる。 原作の登場人物とは容姿が異なったり、他の人物の設定が流用されている。 ギャラクシー賞テレビ部門1月度月間賞を受賞した。 あらすじ [ ] 神奈川県警察学校の初任科短期課程第198期、植松教場の訓練生は入校から1カ月、を貸与され担任教官の植松、助教の服部、実技担当の須賀の各教官の元で厳しい訓練を受けていく。 そんな中、教官の植松が病気で入院して休職。 植松が復職するまでの間、代理としてやってきたのは風間公親(かざま きみちか)という白髪交じりの初老の男性教官。 右目は義眼、一切笑わず、「警察学校は、警察官として適正のない者をにかける場」という信念を持ち、適性の無い者には容赦なく退校届を突き付ける冷徹な人物である。 卒業まで残り5カ月間、訓練生たちは風間の元で無事に警察官として卒業できるのだろうか。 キャスト [ ] 主要人物 [ ]• 風間公親(かざま きみちか)- 神奈川県警察学校教官。 階級は。 かつては刑事部捜査一課の刑事だっだが、捜査中に右目を失明する事故に遭い義眼を装着している。 病気休職した植松の代わりに植松教場の代理教官を務める。 退校届を常に持ち歩いており、訓練生の些細な変化、嘘、隠し事を瞬時に見抜き適性がないと判断した生徒に容赦なく突きつける。 しかし見込みのある訓練生には特別な課題を出し、それをクリアさせることによって挽回のチャンスを与えている。 警察学校の庭にある花壇の手入れをこまめに行っている。 宮坂定(みやさか さだむ)- 神奈川県警察学校 風間教場訓練生。 階級は。 本作のもう1人の主人公。 小学校の教職員を経て警察官に転職した。 志望動機は免許取り立ての大学時代に雪山で事故を起こし、その時に救助してくれた警察官への憧れから。 仲の良い平田を不憫に思い、あえて落ちこぼれのふりをしていたが、全てを見抜いていた風間から最初に退校届を突き付けられる。 同時にその日の出来事を報告する「課題」を与えられる。 心身共に追い詰められた平田の自殺未遂に巻き込まれ、また様々な危機に陥るが、課題をクリアし徐々に警察官に必要な適性を掴んでいく。 階級は宮坂を含め全員が巡査。 楠本しのぶ(くすもと しのぶ)- 風間教場訓練生。 前職は。 岸川沙織と仲が良く、また他の生徒からも信頼の厚い姉御肌。 取調べ技術に優れ、風間や服部からも評価は高い。 風間から警察官を志した動機を尋ねられ、「子供の頃からの憧れ」と回答するが、実際は交際していた男性を轢き逃げした犯人を自分で逮捕するためだった。 花粉症もちで、ミントオイルを染み込ませたハンカチを常に持っている。 岸川を轢き逃げの犯人と思い込んで脅迫状を送りつけるが、そのことに気づいた岸川によって駐車場のパレットに足を挟まれ重傷を負う。 風間に問い詰められ全てを打ち明けると、自身が思い込みをしていたことを諭される。 宮坂に次いで退校勧告を受けるが見込みがあると判断されたため学校に残り、松葉杖をついて授業にも復帰する。 後に風間の行動の意味を理解し、警察学校を去った岸川を訪れ互いに謝罪し和解する。 都築耀太(つづき ようた)- 風間教場訓練生。 警察官を志望した動機を聞かれると「警官に色々と文句があるから」と答えている。 ポーカーフェイスで学科成績は優秀だが、実技は今一つと評される。 かつて捜査一課の刑事だった風間が何故、教官に転身したのか不審に思い風間を調べている。 他の生徒たちとは距離を置いており、突き放したような態度を取っているため親しい相手はおらず、孤立している。 「警官に恨みがある」という志望理由の通り、訓練生に「課題」を与える風間に面と向かって協力を拒否したり、宮坂や楠本など風間から「課題」を課された生徒に対して「教官のスパイ」と呼ぶなど敵意を隠そうとしない。 かつて父親が警察官に不当な扱いを受けるのを目の当たりにして以来、警官を恨むようになる。 菱沼羽津希(ひしぬま はづき)- 風間教場訓練生。 母親は県警幹部。 容姿端麗だが警察学校の訓練生とは思えないほど軽い性格で、授業中にこっそり手鏡で化粧のチェックをしているほど。 このため、須賀や服部は頭を悩ませている。 枝元とよく行動を共にしているが、彼女のことは自分の引き立て役としか思っていない。 風間に色仕掛けを企むが、逆に自身の問題点を指摘され退校届けを突きつけられる。 初めて自分を否定され、追い討ちをかけるように見下していた枝元に実技と学科で遅れを取る。 その行動が身勝手な自分を矯正するために敢えてやっていたことに気づくが、枝元は実家の都合で退校することになる。 枝元の真意を理解してからは、軽薄で他人を見下していた自分を見直し始める。 日下部准(くさかべ じゅん)- 風間教場訓練生。 32歳。 元だったが4回戦止まりでライセンスを返上し警察官に転職した。 妻子持ち。 都築とは対照的に実技は優秀だが学科はからっきしで補講、追試に追われている。 警察学校に本来、持込禁止のものを持込み売っている"調達屋"の存在を知り自分で捕まえ手柄にしようとする。 石山から調達屋の正体が樫村であると聞き問い詰めるが、成績の悪さを指摘され、見逃す見返りとして学科の成績を受け取ってしまう。 それによって、警察学校で発生した小火の犯人に仕立て上げられ退校の危機に直面する。 風間が樫村の所行を暴き小火の犯人ではないと立証されるが、今度は不正を働いた咎で退校を言い渡される。 この件をきっかけに自身の弱さを見直し、風間から見込みありと判断され退学は免れる。 その後は自分の力で勉学に励み、学科の点数も上げていく。 平田和道(ひらた かずみち)- 風間教場訓練生。 外食チェーン店やビルの管理会社を転々とし警察官に転職した。 以前の職場はそれぞれ残業の多さや同僚からのいじめを苦に辞めている。 父親はかつて宮坂を助けた駐在所の警察官。 暗い性格で教場一の落第生で他の生徒より遅れをとっている。 宮坂を「宮ちゃん」と呼びペナルティであるトイレ掃除を手伝うなど仲が良いが、自分のためにわざと落第生を演じていることを見抜いており嫌っている。 厳しい規則と罰則に辟易しており、風間に「辞めてもいいです」と吐露するなど心身共に追い込まれている。 ある晩とうとう自信と気力を失ってしまい、ランニングの帰りに宮坂を自室に監禁し硫化水素で道連れにしようとするが失敗し退校処分を受ける。 岸川沙織(きしかわ さおり)- 風間教場訓練生。 気弱で繊細だがそんな自分を変えるために警察官になる。 楠本といつも行動を共にしまた些細なことでも頼りにしている。 学校生活にも慣れてきた最中に差出人不明の脅迫状が届き精神が不安定になり、取調べの実技中貧血を起こし倒れるほど追い詰められるが、楠本に元気付けられる。 だが脅迫状の差出人が楠本であると気づき、彼女を駐車場で罠にはめて学校を去る。 その後はカフェでアルバイトをしている。 楠本の訪問を受け、互いに相手への仕打ちを謝罪し和解する。 南原哲久(なんばら てつひさ)- 風間教場訓練生。 あだ名は「南ちゃん」。 銃器マニア。 楠本をに誘う。 銃について詳しいため射撃訓練の成績は優秀。 しかし、密造した殺傷性の高い銃を警察学校に持ち込んだことを宮坂に知られ、彼の警察手帳を奪うことで口止めする。 休暇中に銃を暴発させ腕を負傷した事からすべてを風間に見破られ、退校と共に逮捕される。 口癖は「どうもです」。 夜間の模擬交番での当直をめんどくさがり「警備会社にでも頼めば良いのに」とぼやく。 ふりかけ、マジックペン、果ては化粧品まで学校生活において必要なものは彼に頼めば簡単に手に入る。 日下部曰く「何でも持ってるな」。 持ち込み禁止の成人向け雑誌などを密かに調達し生徒に渡す「調達屋」であり、日下部に正体を見破られるが逆に成績の悪さを指摘し、見逃す見返りとして過去の授業レポートを渡す。 それによって日下部を先輩の尾崎が学校敷地の模擬小屋で起こした小火騒ぎの犯人に仕立て上げ退校の危機に陥れる。 しかし風間に全てを暴かれ、模擬交番の机に手錠で繋がれて退校を言い渡される。 枝元佑奈(えだもと ゆな)- 風間教場訓練生。 元女子選手という異色の経歴の持ち主。 菱沼と行動を共にする。 ご飯はいつも大盛り。 女子生徒の中で最も体格が良く、警備実施(機動隊訓練)でフル装備の須賀を突き飛ばし返り討ちにする。 訓練を視察に来ていた機動隊員に才能を見込まれ機動隊にスカウトされる。 手話が得意。 実家は旅館。 病気で入院した兄に代わって後を継ぐことになり、退校までに菱沼の自分勝手な振る舞いを正そうと奮闘する。 実は風間に密かに想いを寄せていた。 石山広平(いしやま こうへい)- 風間教場訓練生。 笑顔が絶えない。 枝元のメガ盛りご飯を冷かしたり、樫村が描いたあからさまに嫌らしい岸川のデッサンを欲しがるなど教場のムードメーカー。 樫村に成人向け雑誌の調達を依頼していたが、日下部に見つかり全て白状する。 風間にも調達屋の存在と調達を依頼した事を打ち明けるが、自分から申し出たため不問にされる。 その後は大きなトラブルを起こしたり風間から退校を告げられることなく無事卒業を迎える。 卒業式では風間からその明るさを評価され、涙ながらに敬礼した。 教官 [ ]• 服部京子(はっとり きょうこ)- 神奈川県警察学校教官。 風間教場の副教官。 階級は警部補。 学科担当。 真面目だが須賀の話を射撃訓練用のヘッドホンで遮ったり、実技で死体役だった南原が自分の質問に答えようとした際に突き放すなどやや陰険な性格。 生徒を褒めることは滅多に無いそうだが、楠本の取り調べの技術は評価している。 学校に取材が来た際にはメイクを張り切り、生徒そっちのけで目立とうとしていた。 卒業式では風間と共に学生たちを見送った。 須賀太一(すが たいち)- 神奈川県警察学校教官。 階級は警部補。 術科担当。 "力は正義だ"が信念で常に怒声を浴びせ生徒に接する。 警備訓練では鉄パイプ片手に訓練生を攻撃するが、元女子レスリング選手の枝元に簡単に返り討ちに遭う。 服部や小野にまともに話を聞いてもらえないなど不遇な人物。 植松貞行(うえまつ さだゆき)- 神奈川県警察学校教官。 宮坂たちの教場の本来の担任教官。 担当学科は地域警察。 サングラスに派手なシャツとヤクザ風の出で立ちで職務質問の授業を行う。 風間とは対照的で陰険な性格で宮坂や平田をいびっていた。 宮坂たちの入校から一ヶ月ほどで病気で入院し休職する。 その後、卒業まで復帰する事はなかった。 小野春江(おの はるえ)- 神奈川県警察学校の用務員。 退校していく生徒の机のネームプレートをピンセットで取り小さなビニール袋に回収するという業務なのか趣味なのかわからない奇怪な行動が特徴。 淡々としており笑うことはない。 須賀の話をまともに聞かない。 四方田秀雄(よもだ ひでお)- 神奈川県警察学校長。 階級は。 物腰が柔らかく、宮坂ら学生にも敬語で接する。 風間のことは昔から知っており彼を気にかけている。 風間が世話をしている花壇の手入れも行っている。 その他 [ ]• 尾崎賢治(おざき けんじ)- () 神奈川県警察の警察官。 階級は巡査。 樫村の大学の先輩で彼を警察官に誘った人物。 時々警察学校の道場で訓練をした後、模擬交番を訪れ実習中の樫村達に差入れを行い励ます。 この差し入れは学校内に持ち込みが禁止されている物資であり、樫村がそれを売った金でを入手していた。 警察学校の模擬小屋で小火を起こし、自身の無罪を樫村に依頼する。 のちに覚醒剤使用の疑いで逮捕される。 平田国明(ひらた くにあき)- (友情出演) 神奈川県内の交番に勤める地域課の警察官。 階級は巡査部長。 平田和道の父親で、大学時代の宮坂が事故を起こした際に彼を救出した人物である。 宮坂とは手紙のやり取りを続けている。 息子が騒動を起こし退校処分を受けた際には警察学校に迎えに訪れる。 町の駐在警官 - 枝元の実家の旅館のある管内を受け持つ駐在所の警察官。 通報があり旅館に出向く。 新人生徒 - 、、、、 神奈川県警察学校訓練生。 宮坂たちが卒業していったあと風間が新たに受け持つことになった教場の訓練生。 物語は風間が彼らに名乗る場面で幕を閉じる。 スタッフ [ ]• 原作 - 『教場』シリーズ()• 脚本 -• 音楽 -• 演出 -• プロデュース - 中江功、、高石明彦(The icon)• 制作協力 -• 制作著作 - 放送日程 [ ] 各話 放送日 ラテ欄 視聴率 備考 第一夜 1月4日 珠玉の警察ミステリー実写化 過酷警察学校で起こる問題や葛藤を冷徹教官風間が暴き出す!! サバイバル今夜完結 15. クロスネット局では、が第1夜を同時ネットした他は全て当日深夜の時差ネットだった。 関連商品 [ ]• フジテレビ開局60周年企画『教場』Blu-ray(2020年7月1日発売予定、、品番:TCBD-0942)• フジテレビ開局60周年企画『教場』DVD(2020年7月1日発売予定、TCエンタテインメント、品番:TCED-5051) 脚注 [ ] []• ほんのひきだし. 2019年7月8日閲覧。 SANSPO. COM 産経デジタル. 2019年6月3日. 2019年6月3日閲覧。 2014年7月27日閲覧。 幾野克哉(小学館・出版局) 2013年7月6日. MSN産経ニュース. 2013年12月8日閲覧。 瀧井朝世 2013年9月1日. BOOK asahi. com. 2013年12月8日閲覧。 2013年6月27日. WEB本の雑誌. 2013年12月8日閲覧。 ORICON NEWS. 2019年10月30日. 2019年10月30日閲覧。 ナターシャ. 2019年6月19日. 2019年6月19日閲覧。 ORICON NEWS. 2019年6月27日. 2019年6月27日閲覧。 映画ナタリー ナターシャ. 2019年7月2日. 2019年6月2日閲覧。 MANTAN. 2019年9月16日. 2019年9月16日閲覧。 該当各日 『』 テレビ欄。 スポーツ報知 報知新聞社. 2020年1月6日. 2020年1月6日閲覧。 映画ナタリー ナターシャ. 2019年11月29日. 2020年1月3日閲覧。 TCエンタテインメント. 2020年2月27日閲覧。 TCエンタテインメント. 2020年2月27日閲覧。 外部リンク [ ]• - 小学館• - 小学館• - 小学館• - 著者による紹介動画• - フジテレビ• kazamakyojo - この項目は、 に関連した です。 などしてくださる(/)。

次の

教場キャスト生徒役の年齢&相関図一覧!

教場 キャスト 生徒

2020年新春放送のフジテレビ開局60周年特別企画『教場』に小日向文世、佐藤仁美、和田正人、石田明(NON STYLE)、高橋ひとみ、筧利夫、光石研が出演することが分かった。 小日向が演じるのは、本作の舞台となる神奈川県警察学校の学校長・四方田秀雄。 淡々と校内の生徒を見守る学校長である四方田は、風間(木村拓哉)を陰で支え、校内で唯一風間の過去を知る人物。 四方田とのやりとりの中で風間の不可解な行動の謎が少しずつ明らかになっていくという、物語のキーマンだ。 佐藤が演じるのは、風間教場の副教官で座学を担当する服部京子。 取り調べを行う上での基本的な知識やルールを教える教官でありながら、生徒から「お酒を飲み過ぎたようだ」と言われる場面も。 和田が演じるのは、風間教場の副教官で術科を担当する須賀太一。 機動隊出動服を着ての訓練や警察の術技を任され、時に威圧的な態度や発言で生徒たちを攻め立てる教官の一人だ。 石田が演じるのは、風間教場の生徒の一人、樫村卓実(西畑大吾)の大学の先輩で、横須賀白澤署の警察官・尾崎賢治。 神奈川県警察学校にも出入りし、生徒たちを激励する現役警察官だ。 石田は本作がフジテレビドラマ初出演となる。 高橋が演じるのは、神奈川県警察学校で事務員を務める小野春江。 筧が演じるのは、警察学校の初任科教官・植松貞行。 警察学校内で派手なジャージーを着て数々の暴力的発言で生徒たちを威嚇する鬼教官だ。 光石が演じるのは、風間教場の生徒である平田和道(林遣都)の父親であり、現役警察官の平田国明。 和道のクラスメートの宮坂定(工藤阿須加)が大学生だった頃にある事故で知り合い、定の警察官になろうと思ったきっかけを作った人物だ。 <小日向文世/四方田秀雄 コメント> 「この作品のお話を頂いた時、監督が中江功監督だと聞いて、やっとご一緒できるという事が非常にうれしかったです。 またこれまでと違ったシチュエーションで木村君と共演できるのも、とても期待が膨らみました。 この作品を知るまで、警察学校の世界というのは全く知らない世界でした。 警察官として社会に出る直前に半年間、『教場』という場所での学びを(警察官になる)全員が受けているという事を知らなかったので、街の警察官の方々への見方がずいぶん変わりました。 今回の現場での木村君は今まで見たことのない木村君で、とても新鮮でした。 この作品で、木村君はまた新しい役に出会い、これまでとは違った人物像を確実に作り上げていました。 また、彼らを本当に警察学校の生徒だと思ってしまうくらい必死に警察訓練を受けて臨んでいる生徒役の若い役者陣も常に緊張感をもって真剣に演じているので、見ごたえのある作品になるのではないかと思っています。 中江監督はとても穏やかでいつもニコニコして、撮影の現場を本当に楽しんでいるように感じました。 時間をかけて現場を味わって1つひとつ丁寧に作品を積み上げていく方だと思いました。 こうした経験はそのまま生かせるだろうと高をくくっていましたが、警察学校の教官という役は、これから我が国の治安を守っていく若者たちの、模範となるべき立場を演じるということ。 撮影に入る前に行われた警察官の所作訓練では、生徒役の全員が本気で声を掛け合い、互いに叱咤激励し合い、また主演の風間教官を演じる木村さんが、既に役柄を身にまとわせた状態で生徒たちにぶつかっていく姿を目の当たりにし、心が震えるほどの刺激を受けたことを覚えています。 この『教場』という現場では、一瞬でも気を抜いてはいけない、教官と生徒の本気のぶつかり合いが求められる場であるとも思いました。 初めての中江組への参加でしたが、ドラマ作りの心構えや、苦労の中から得られる充実感など、あらためて実感させていただけた現場です。 生徒の皆さんの訓練の成果、そして、教場に関わる全ての人が注ぎ込んだ作品への情熱が、どのような形で画面に映し出されるのか。 断るバカがどこにおんねんと。 舞台で共演した味方良介さんや木崎ゆりあさんと同じドラマに出られることもうれしかったです。 木村さんと絡むシーンは残念ながらなかったんですが、僕の撮影初日にお会いすることはできました。 が、緊張であいさつが精いっぱいで話しかけることすらできない自分が本当に情けなかったです。 不慣れな現場で右も左も分からない僕でしたが、キャストもスタッフも皆さん優しく、楽しくやることができました。 さらに役に合わせて髪の毛を切るという経験も初めてして俳優気分を存分に堪能させてもらいました。 なので、もう思い残すことはありません。 台本だけ見ても面白かった『教場』がどんなドラマになっているのが本当に楽しみです」 <高橋ひとみ/小野春江 コメント> 「『フジテレビ開局60周年特別企画』というドラマに出演できるなんてとそれはもううれしかったです。 脚本、演出、キャスト、スタッフのお名前を見ただけでワクワクしました!『教場』というあまり知らなかった世界を描くこともとても興味深かったです。 警察官の方はこんなに大変な訓練をされている事を知り驚きました。 なんだかとても気持ち良かったです。 短いト書きでもこんなに面白く膨らむのかと監督の演出がとにかく楽しかったです。 キャストの印象はとにかく豪華だなと思いました。 」 <筧利夫/植松貞行 コメント> 「今回お話を頂き脚本に目を通した瞬間に悟りました。 これはもう金字塔といっても過言ではないと思います。 そしてそれを凌駕せんと緊張感MAXで挑む 木村拓哉さん。 すさまじい規律の中ジリジリと、そして確実に撮影は進行していきました。 前後左右どこにも逃げ場のない、助けるものなど誰一人いない自分自身と向き合うしか道のない演技という名のトライアスロン。 この衝撃は言葉で説明することなどできません。 この志は必ずや映像に刻み込まれているのだと信じています。 今回の現場は若者たちにとって今までにない試練の場であったと思います。 しかし多くのことを学び、つかみ取ったことは間違いないでしょう。 まさに『教場』!!!こうであったとしか言いようがありません」 <光石研/平田国明 コメント> 「久しぶりの中江組、緊張と楽しみで、ナチュラルハイでした!中江さんといえば、業界でも有名なこだわりの方ですが、本当に優しく、まずは役者の気持ちを一番に優先してくれる方。 今回も、役者それぞれに丁寧にバックボーンを話していただき、ワンシーンワンシーン納得のいくまで、ディスカッションしながら撮ってらっしゃいました。 僕は今回、残念ながら木村さんとは共演シーンがなかったのですが、ごあいさつした時に、そのお姿を見て、役に対する熱量を感じました!僕を迎え討つは、若手筆頭のお二人、工藤君と林君!お二人とももっと若い頃から知っているのですが、ここ最近の伸びたるやすごい事に。 本当に刺激になりました!スタッフの皆さんも、中江さんの世界観を創るため集まった精鋭ぞろいでした。 警察学校という閉じられた場所で、警察官として実際に現場に立った経験を生徒に伝え、喜怒哀楽を生徒と分かち合う人生の先輩。 木村拓哉さん演じる風間教官が生徒と正面から向き合うにあたり、周りから生徒を強く包み込む教官陣に、名プレイヤーであり経験豊富な俳優陣に集まっていただくことは必然でした。 中江監督とこれまでたくさんのお仕事をしてこられた佐藤仁美さん、高橋ひとみさん、光石研さん、筧利夫さんは信頼から生まれる安定と遊びを。 中江監督と初めて組まれる小日向文世さんと和田正人さんは適度な緊張から生まれる意外性と喜びを作品にもたらしてくれました。 警察学校と同じく、教官役から生徒役へ、作り手として受け継がれるものも必ずやあったと感じます。 教官陣が枠をガッチリ固めたチーム『教場』。 その中で躊躇なく、ぶつかり合いが巻き起こります。

次の