ゴミ 屋敷 病気。 ゴミ屋敷になってしまう人の心理とは?物にまみれるほど片付けられない理由

ゴミ屋敷の原因!? “溜め込み症”を克服するには? [メンタルヘルス] All About

ゴミ 屋敷 病気

「先天的に片付けられない人は存在する」という事実 このような心当たりはありませんか?• 片付けのゴールが想像できない。 片付けているつもりが、気が付くと余計に散らかってしまう。 順序や優先順位を考えるのが、とにかく苦手で苦痛。 あまり深く考えず、目の前の物から手あたり次第に片付けようとする。 どれも同じぐらい重要な気がして、必要か不要かが分からない。 遅刻や忘れ物はしょっちゅうだ。 いつもギリギリまで行動しない。 空気が読めないとよく言われる。 部屋の片付けは「躾 しつけ 」「やる気」の問題と考えられがちですが、精神疾患や発達障害が根本的な原因になっていることは珍しくありません。 発達障害や精神疾患が原因になっている場合は、その特性を正しく知ることが問題解決への最短距離であると言えます。 病気ではない。 身体的な問題で片付けができないのですから、精神論だけで片付けができるようにはなりません。 発達障害や精神疾患をお持ちの場合、「片付け術の本」「片付けセミナー」などは全く意味がありません。 一般的な片付けの方法ではなく、目標にする片付けのハードルを徹底的に下げ、自分の特性にあった片付け方を見つけることが重要です。 発達障害や精神疾患と言っても色々ありますが、ここでは「どうしても片付けができない」というお悩みに対し、直接関係しているであろう発達障害と精神疾患のみについて言及いたします。 筆者は「発達障害住環境サポーター」「発達障害コミュニケーション初級指導者」を取得しており、これ以外にも「整理収納アドバイザー1級」「整理収納ベーシックコーチ」などのライセンスも持ち合わせています。 これらの専門的知識と片付け業者としての経験を掛け合わせまして、筆者の個人的な見解で「片付けられない原因と改善のポイント」をご説明させていただきます。 ADHD(Attention Deficit Hyperactivity Disorder):注意欠陥多動性障害 「片付けができない=ADHD」と連想されてしまいがちなほど、近年になって広く認知されて来ました。 ADHDには「多動・衝動優位型」「不注意優勢型」「混合型」の3種類がありますが、不注意優勢型のADHDは過去にはADDと呼ばれていました。 動と静・・・「多動・衝動優位型」「不注意優勢型」は正反対のように見えますが、「行動的な多動」「脳内の多動」の違いであり、根本的には同じ種類の発達障害です。 ADHDのための片付けに対する向き合い方 ADHDの人は、とにかくこの3つのポイントを習慣にしましょう。 とにかく所有量を減らして、物を持ち込まない習慣を作る。 まず「自分の事情に全く関係なく機械的に持ち込まれてしまうシステム」を徹底して排除しましょう。 新聞や雑誌の定期購読、乳製品の定期配達などは、ただちに解約すべきです。 定期便は「今は忙しくて読んでる暇がない」「今は冷蔵庫に在庫が余っている」という、その時の事情は全く関係なく配達されてしまいます。 軽い気持ちで契約してしまうと、どうしても消化できず全てが在庫になりますよね? 部屋の片付け自体で苦しんでいるわけですから、判断しないくてはいけない対象物が多いほど、ADHDの人は苦しむことになります。 ADHDの人は「物が定期的に入って来るスパイラル=快適な生活を阻害する悪である」と考えてもらって構いません。 片付けの脱線を防ぐため、家族や友人と一緒に片付けを行う習慣を作る。 ADHDの人は、とにかく片付け作業が脱線してしまいます。 片付ける気はあるのですが、本来の目標や短期目標を忘れてしまい、「今は関係のないこと」を始めてしまう。 脱線した時点で「脱線している事実を指摘してくれる人」と一緒に作業することが大切です。 ADHDの人への指摘が難しい「趣旨は正しいけど、今は必要のない行為」に移行するケースもあります。 たった今まで「必要or不要」だけを考えて分別していたのに、その先の効率を考えて、ジャンル別にも分け始めていませんか? ジャンル別だけでなく、「売る予定の物」「誰かにあげる物」など、目的に応じて分別の項目が増えてしまう片付け方です。 これらのやり方は、決して間違いではありません。 目的や片付けのベクトルとしては正しいのですが、その片付け方はADHDの人にはあまりにハードルが高いと言うこと。 ADHDの人は複数のことを同時に考え、並行して作業を進めることがとにかく苦手です。 色々な目的に分けた分別を行うことにより、中途半端な量の分別があちこちに存在するということに繋がります。 片付ければ片付けるほど、部屋にスペースがなくなり散らかってしまうという状況になっていませんか? 結果として「その日の片付けを終えたくても終えられない」という部屋の状況を作り出してしまい、心が折れて現実逃避してしまいます。 片付け時間や作業スペースは決して無限ではありませんので、時間やスペースを考慮しながら片付けるべきなのですが、ADHDの人はそれができません。 こういう客観的な判断は「できないもの」と割り切り、家族や友人に少しサポートをしてもらえることで上手く行きます。 片付けのスケジュールを作り、常に見えるところに貼っておく。 脱線と似ていますが、本来やるべきことを書面に残して、常に振り返れることが大切です。 スケジュールに関しても、自分だけでなく家族や友人と一緒に作成しましょう。 それを必ず見える場所、自分ひとりで何かを振り返ることができる場所に貼ると効果的です。 例えばトイレで用を足す時に、ふと色々なことを考えたり、振り返ってみたりしますよね? トイレというのは意外にも自分をリセットできる場所であり、自分を客観視しやすい場所なんです。 ここにスケジュール表を貼ることにより、本来やるべき事が頭の中に入ってきます。 特に不注意優勢型ADHDの人は忘れっぽいので、このような書面に残す行為は非常にお勧めです。 このようなポイントを意識すれば、ADHDであってもそれなりに片付けは進みます。 まずは自分の行動パターンを理解し、親身にサポートしてくれる人を見つけましょう。 片付け中はヘッドフォンの着用が効果的 片付けには集中力が必要ですが、ADHDの人は集中力が保てないので困りますよね? ADHDの人が集中力を保ちながら片付けるには、ヘッドフォンを着用してBGMを流しながら作業すると良いでしょう。 ADHDの人は五感から入る様々な情報に敏感で、どうしても集中力を奪われてしまいがちです。 特に聴覚からの影響が強い人には、ヘッドフォンをつけながら作業すると効果的です。 聴覚をヘッドフォンで制限することにより、主に視覚から入る対象物のみに集中できるというメリットがあります。 この時に流すBGMですが、お気に入りのアーティストは止めましょう。 なぜならその曲自体に興味が移ってしまい、片付けではなく曲や思い入れに対して気が向いてしまうからです。 特にJ-POPは歌詞の意味が理解しやすので、逆効果になり本末転倒になります。 このようにヘッドフォンを着用する趣旨はノリノリで作業するためではなく、聴覚を制限する 雑音を遮断する のが本来の目的となります。 一番お勧めなのはクラシックですが、サントラやクラブミュージックでも良いかと思いますよ。 また視覚からの余計な情報を制限させるため、今片付けるべき場所以外をブルーシートで被ってしまうのも良い方法でしょう。 ヘッドフォンを着用しブルーシートで被うことにより、「今、この部分を片付ける」ということが明確化されます。 このような方法は実際に片付けられない. comでも行っており、一定の効果を体感できているのでお勧めです。 アスペルガー症候群だと片付けられないの? ASD(Autism Spectrum Disorder):自閉症スペクトラム アスペルガー症候群 代表的な発達障害は、ADHDだけではありません。 今は自閉症スペクトラム ASD と呼ばれていますが、数年前まではアスペルガー症候群と呼ばれており、アスペルガー症候群の方が馴染み深いかもしれませんね。 ASDも代表的な発達障害であり、以前はADHDよりも有名だったぐらいです。 そんなASDはこだわりが強く、規則正しく並べたりするのが得意なので、ADHDのような特性が原因で片付けられないのではありません。 むしろASDだと片付けが得意な人もいるぐらいで、「物が少ないシンプルな部屋に住んでいるケース」「物だらけの部屋に住んでいるケース」と両極端なのがASDの特徴です。 共通して言えるのは、ASDの人は自分なりに厳選した物を所有していて、それを自分のルールで規則正しく配置しているということ。 所有したい物の「規模の違い」だけで、所有物の絶対値というか母数によって散らかり具合に大きな差が生じます。 所有物が少ない場合は素晴らしくキチッと整理整頓ができていて、その暮らしはシンプルライフそのもの。 所有物が多い場合は物だらけということになるのですが、規則的に大量の物が並べてあり、まるでアートのようです。 それらの所有物は、多かれ少なかれ自分で厳選した物であり、どこに何があるのか全てを把握しているのが凄いところ。 他人からすると一見散らかっているようでも、ASDの本人からしてみれば規則的に並べてある 収納してある ので、実は片付いているということになるのです。 このような理由から「ASD=捨てることができない障害」というのは半分正解で半分不正解ですが、「ASD=片付けができない障害」というのは不正解と言えます。 ASDは「コミュニケーションの障害」「社会性の障害」「想像力の障害」を全て持ち合わせているのですが、これらが原因で「周囲のサポートが難しい」というのが難点です。 ASDの人は口調がとてもキツかったり、常に怒っているような態度だったりすることで、周囲のサポートする側が傷心してしまい関わりたくないと嫌悪感を抱いてしまうことが多いですね。 本人も特に悪気はないのですが、言われた方はサポートを続ける気がなくなり、ASDの人は自分では気付かない内に孤立してしまうことがあります。 こういう状況を回避するには友人ではなく、家族にサポートしてもらう方が良いでしょう。 また部屋片付けに関しては一般的な片付け業者ではなく、ASDを正しく理解しASDに慣れている 心の準備ができている 医療関係か福祉関係の人にサポートをお願いした方がトラブルが少ないです。 絶対に捨てられない病気も存在する OCD(Obsessive-compulsive disorder):強迫性障害 ゴミ屋敷化して行く背景としては、片付けられないというよりも、捨てられない性格が原因の場合もあります。 この捨てられないという性格や収拾癖があまりに顕著ですと、不安障害の1つであるOCD(強迫性障害・強迫性貯蔵症)の可能性が疑われます。 この度が過ぎた収拾癖は海外ではホーダー(ホーディング)と呼ばれ、種類は違いますがセルフネグレクトと同じぐらい大きな社会問題として認識されています。 強迫性障害は精神疾患ですので精神的な病気であり、ADHDなどの発達障害とは根本的に異なります。 強迫性障害の保存強迫になると、極めて強い不安感や苦しみが迫って来ますので、結果として物が捨てられなくなります。 またADHDと同時に合わせ持つことも珍しくなく、その場合は「片付けられない+捨てられない」という非常に深刻な状態に陥ります。 片付けられない場合は片付け方を教えたり何らかのサポートができるのですが、捨てられない場合はどうにも解決に向かうことができません。 強迫性障害は精神疾患であり、「薬物療法」「曝露反応妨害法」という治療方法で改善する可能性があります。 ゴミ屋敷の片付けは捨てることが大前提となりますので、まず精神科で正しい治療を受けて、症状が改善してから片付けと向き合うべきでしょう。 うつ病は片付けられない人の大多数が持っている病気 Depression:うつ病 「ADHDなどの発達障害で片付けができない。 」「OCDなどの精神疾患で捨てることができない。 」 この他にもゴミ屋敷化してしまうほどんどの人が、うつ病またはそれに近い状態で悩んでいます。 仕事上でのストレスから無気力状態になり、うつ病に発展して行くのがよくあるケース。 また発達障害で悩むことにより、二次障害としてうつ病を併発してしまうことも珍しくはありません。 うつ病ですから家事全般ができなくなってしまい、結果として一気にゴミ屋敷化してしまいます。 うつ病を発症させている原因を見極め、それを改善することが最優先ですが、仕事上のストレスなどは退職するしか方法がないかも知れませんね。 圧倒的に散らかった部屋での暮らし自体が大きなストレスになっているはずなので、少しでも体調が良い時にはプロに依頼して即座に片付けれもらうのが最良でしょう。 「心の負担を軽くする。 」これがうつ病を改善する重要ポイントであるのは言うまでもありません。 荒れた部屋が綺麗に片付く・・・これだけでも心の大きな負担が1つ解消し、綺麗になった自宅ではストレスフリーな生活が送れます。 うつ病の根本的な解決にはなりませんが、私たち片付け業者が1つでも大きなストレスを改善できれば、うつ病と向き合う余裕が少しでも生まれて来るのではないでしょうか? うつ病には波があり、1日で完結させることが重要 うつ病にはその日に応じて好不調の波があり、少なからず調子良い日もあるはずです。 うつ病が原因で片付けられない場合は、少しでも体調に余裕がある時を見逃してはいけません。 「悩みを切り捨てる」「今の暮らしから緊急脱出」・・・こう強くイメージして、余裕があるうちに行動に移すのです。 「今日はいつもに比べて余裕があるかもなぁ・・・。 」と感じた時は、できるかぎり仕事やプライベートよりも部屋の片付けを優先すべきです。 ただし今日は余裕があると言っても、いつもに比べて余裕があるだけで、決して元気一杯ということではありませんよね? この1日。 いや、この数時間でどうやって部屋を片付けるのか?を考えると、どうしても自力で片付けるのは現実的ではないでしょう。 上記でも述べた通り、このチャンスを逃さず片付けのプロに依頼するべきであり、しかも「1日」で完結してもらえることが重要になります。 うつ病の場合、片付けられそうな時は「今」しかないのです。 そしてなるべくご自身は片付けに参加せず、全てプロに片付けてもらうことをお勧めします。 作業時間も限られているため細かい要望などは受け入れてもらえないかも知れませんが、最も重要視すべきは 「今日、部屋の片付けが完了できるアドバンテージ」です。 明日にはまた心身共に不調となってしまうのであれば、1日で片付けが完了できる価値は非常に大きいものとなります。 もし「うつ病でゴミ屋敷化してしまった」とお悩みであれば、この1日で片付く価値を理解できるのではないでしょうか? 片付けられない症候群とは? 「片付けられない症候群」というのは、これら発達障害や精神疾患が原因で「どうしても片付けられない人やその状態の総称」です。 精神科や心療内科で「どうしても片付けられない」「自宅がゴミ屋敷」と相談しても、正式に「片付けられない症候群」という診断が下ることはありません。 つまり一般的に片付けられない症候群と呼ばれているだけであり、それを克服するには「発達障害や精神疾患を正しく知り、しっかり受け入れ、自分の特性に合った向き合い方をして行く」ことが重要になります。 また誤解されがちですが、部屋片付け最初の一歩は、整理 分別 することでも収納することでもありません。 今の生活スタイル、理想の暮らし方、所持品の種類と量、自分の性格や特性・・・これらを振り返り「理想と現実のギャップを埋める」ことが、部屋片付けにおける最初の一歩なのです。 片付けられない症候群と呼ばれる人たち、特には発達障害の人たちは、このような想像性が必要な作業を具体化するのが特に苦手ですよね? 今の生活スタイル、自分の性格や特性を理解し、親身にサポートしてくれそうな人はいませんか? 片付けられない症候群の人たちにとって、現段階で市販されている片付け本や収納術は何の意味もありません。 それよりも上記内容を理解しサポートしてくれる人を探す方が、片付けられない症候群の人たちにはとても重要です。 片付け本や収納術に書いてあることよりも、医学や福祉関連の本を読み、今の自分と照らし合わせましょう。 こういう段階から一緒に向き合ってくれる人が近くにいると、部屋片付けだけでなく人生においても、今までよりは明らかにスムーズになります。 片付けができない病気と発達障害のまとめ 【ADHD】 片付けができない代表的な発達障害である。 片付ける気はあるが、上手くやり遂げることができない。 自他共に片付けができないと認識している。 【ASD】 片付けができない発達障害とは言い切れない。 他人からは片付けができていないように見える状態でも、自分としては片付けができている。 ただし物が多過ぎるため、過ごしにくさは感じている。 口調がキツくコミュニケーション障害とも言われる。 【OCD】 捨てることができない精神疾患 病気 である。 物を所有し続けることで、強迫観念 強い不安感 を払拭させる。 絶対的に捨てられないので、結果的に全然片付かない。 【うつ病】 行動する気力とエネルギーが出て来ない精神疾患 病気 である。 片付けだけでなく家事全般が困難。 発達障害や先進疾患の二次障害としてもうつ病になる人は多い。 【片付けられない症候群】 上記のような発達障害や精神疾患 病気 が原因で、どうしても片付けができない人たちの総称。 一般的にはADHDが対象になることが多いが、ADHD+OCDやADHD+うつ病というケースもある。 全員がミニマリストを目指すべき理由 これらの病気や発達障害をお持ちの場合、自分ひとりで片付けられるようになるのは、その特性があるため現実的ではありません。 「片付けられるようになる」という苦手分野を克服する努力も必要ですが、それよりも効率的なのが「とにかく散らかさない」ということ。 このような人たちが目指すべきは、「ミニマリスト」であり、「片付けの必要性がない部屋作り」を取り入れるべきなのです。 ミニマリストとは、簡単に言えば「最低限の物だけで暮らす人のこと」であり、極めて所有物の少ないシンプルな暮らし方になります。 極めて所有物が少ないので、そもそも部屋が散らからず、物はあった場所に戻すだけ。 掃除をするにも床に物が転がってないので、全くストレスがなく簡単に掃除機をかけることができます。 つまり「散らかる要素が極めて少ない」ので、大の苦手分野である「片付けそのものを考える必要性がない」のです。 こんな夢のような暮らしがミニマリストであり、今までの暮らし方とは大きく異なりますが、片付けができない病気や発達障害の人には最高に合っている暮らし方であると断言できます。 数多くの物を手放すということは、過去に執着しないということにも繋がります。 そういう意味でもミニマリストを目指すことによって、新しい自分を見つけ出すことができるのです。 筆者の経験談とプロとして意識している内容 どうしても片付けられない人たちにとって、これらを知識として理解できても、すぐに片付けられるようになるのは難しいのではないでしょうか? それは「苦手意識を克服することが並大抵のことではない」「片付け以前に根本的に改善すべき点がある」という理由から、多大なる時間と労力を必要とするからです。 片付けられない人たちにとって最優先すべきは、まずその圧倒的に散らかっている部屋を一度リセットすること。 その先のことは、リセットさせた部屋でゆっくり考えても遅くはありません。 リセットさせるには「少しずつ」「自分のペース」で片付けるということではなく、強制的に短期間で片付けとクリーニングを完了させる「原状回復」ということです。 ゴミ屋敷化している場合は、自力での解決は非常に難しいです。 プロに頼む場合は、「ゴミ屋敷業者」「家事代行業者」「片付けコンサルタント」を上手く使い分けましょう。 まずゴミ屋敷業者がその部屋を片付けます。 そして中長期的に家事代行業者にサポートしてもらう。 ゴミ屋敷業者はそれなりの金額になりますが、家事代行業者は1時間3,000円~5,000円程度ですので、ハウスキーピングとしてはコストパフォーマンスが高いと言えます。 改善の意識が高い人や金銭的に余裕のある人は、片付けコンサルタントから整理収納を学ぶのも良いかと思います。 ただし片付けコンサルタントはあくまで補足であり、まず絶対的に優先すべきはゴミ屋敷業者と家事代行業者です。 その部屋をリセットさせる。 日頃のハウスキーパーとして。 自分自身のスキル向上として。 筆者は片付けのプロですが、参考までに私が日頃から意識している点を述べておきます。 ADHDの人に対して ADHDの人には捨てる意思はあるが、片付け方が分からない。 自力で片付けようとすると高確率で「片付け迷子」になってしまう。 絶対的に大切なのは、リードする側も片付け迷子にならないこと。 片付けの目的と作業手順を図にしておくと、今何をやるべきかをお客様と共有できるだけでなく、リードする側も頭の中を整理しやすい。 ゴールに導くプロセスをリードする側が見失わないよう、常に全体を客観視しながら余力をもってリードする。 また曖昧な伝え方をせず「箇条書き」などで書面に残し、なるべく具体的かつ端的に伝えることも大切。 収納は色別のラベリングを施すことにより、何が入っているか一目瞭然になるので、色々と探し出す必要性を減らすことに繋がる。 重度の人でなければリードする側の経験と工夫で、改善への結果はついて来ることが多い。 ASDの人に対して 非常に拘りが強く、何を言ってもこちらの意見は取り入れてもらえないことが多い。 言われ方もキツいため、心が折れそうになることもある。 絶対的に強いメンタルと、気持ちの切り替えが必要。 理論で納得させることに全力を尽くすべきで、何を問われてもしっかり答えられるよう2手・3手先を見据えながら準備すべき。 当然、時間はかかる。 相性の要素も大きく、プロでも結果を出すのは非常に困難。 OCDの人に対して ある種の妥協でも構わないので、捨てない解決策を模索すべき。 捨てるという行為自体がタブーである。 捨てるというよりは、誰かに使ってもらうために手放すという形の方が有効。 チャリティー出品などは積極的に。 家族は非常に疲弊しており、家族崩壊寸前であることが多い。 ただしOCDの場合は、とりわけ家族や同居人の理解が大切。 家族に対してOCDの理解を深めていただき、同時に専門医にて治療に専念してもらう。 できること、できないことは明確に伝える。 プロに対しての期待値が高いだけに、絶対にYESマンになってはいけない。 OCDの人には「ミニマリスト体感プラン」が好評。 このプランを事例を交えて説明する。 保管する場所がなかったり、自分なりのゴールが見えない場合は、プロとして請け負ってはいけない。 うつ病の人に対して 片付け以前の問題なので、まず治療に専念してもらう。 その上で体調が良いと感じた時に、優先的に連絡をもらい即日対応を心掛ける。 処方薬や仕事の道具は必ず手の届く所に保管すべきで、意外と盲点になりがちなので最初に保管を徹底する。 必要or不要を細かく聞いたり大幅に部屋片付けに関与させてしまうと、うつ病の人はすぐに体調が悪化してしまう。 ある程度の仕上がりで構わないので、プロが独自に片付けた方が親切。 決して行動的とは言えない生活なので、本当に必要な物以外は実はそれほど必要がないパターンもある。 その場合は、しっかりと意思を確認した上で、ほとんどの物を処分する。 うつ病以外に何かしらの発達障害を持っていることもある。 その特性にも注意しながら、しっかりと片付けプランを計画する。 片付けられない症候群の人に対して 片付けられない人たちほぼ全てに共通するのが、「ギリギリまで行動に移さない」ということ。 行動に移したくても移せないという人もいるかと思うが、「ゴミ屋敷化」という事実から見れば結果的には同じことになってしまう。 せっかくプロの手を借りてでも現状打破する気持ちになっている「ある種の勢い」を絶対に逃してはいけない。 それは勢いで顧客を獲得するということではなく、検討する時間を与えるが先延ばしにしてはいけないということ。 また「一般論では解決できない特殊な悩みがある」というのも事実なので、リードする側・リードされる側の両者がその事実を理解し、目的・作業手順・リスクを共有することが大切。 周囲に理解されず塞ぎ込んでいるいる人がほとんどなので、せめて理解している私たちだけでも親身に向き合い「味方である」という認識を持っていただけるよう努める。 片付けは通過点であり、本当に大切なのは作業後の暮らし。 何かしらの安心感やポジティブな気持ちを抱けるようなコミュニケーションをはかる。 大切なのは良き理解者を得ること 発達障害や精神疾患が原因で片付けられないのであれば、片付けをサポートしてくれる人を見つけるのは必須です。 発達障害や精神疾患の場合は「片付けることが物理的に難しい状態」であり、絶対的にできない内容を根性論で達成することは現実的ではありません。 サポートしてもらえそうな家族や友人がいない場合、とりあえず市区町村の福祉課や近隣のケアマネージャーなどに相談してみるのも良い方法だと思います。 自宅がゴミ屋敷の場合、この「相談できない悩み」というのが実は大きな問題であり、深刻なストレスに繋がってしまうもの。 ストレスが溜まりすぎてしまうと、それこそ部屋のゴミ屋敷化が加速してしまいます。 ただ「どうしても片付けができない」という心境は、それなりに経験を積んだ人でなければ理解してもらえないことも。 そういう意味では片付け業者に直接相談してみるのが早いわけですが、片付け業者でも発達障害や精神疾患に詳しい業者とそうでない業者が混在しています。 むしろこのような内容に詳しい片付け業者は少なく、福祉や医療の要素も必要ですので、同じ片付け業者の中でも特殊な部類に入ります。 もし発達障害や精神疾患で片付けができないということでしたら、その特性に応じた専門性と経験のある片付け業者を選びましょう。 片付けられない人、全てに共通する原因がある 発達障害や精神疾患が原因で片付けができない人を「片付けられない症候群」と定義付けていますが、片付けられない症候群以外の理由でゴミ屋敷化している人も存在します。 それは「だらしない」という性格がゴミ屋敷化の原因であり、片付けられない症候群のように「しかたがない」というわけではありません。 しかしながら「片付けられない症候群の人」も「単純にだらしない人」も、実は共通している点があります。 その共通点とは「問題を先送りにして、なかなか行動に移さない」という傾向。 発達障害や精神疾患の人たちからすれば「それ相応の特性や事情があって、なかなか決断や行動に移せない。 決断や行動に移さないのではなくて、決断や行動に移せないんだよ!」という意見もあるかと思います。 ただ結論から見れば、その部屋がゴミ屋敷化しているのは事実。 もっと早く片付け業者に相談しておけば、ここまで散らかることはなかったのではないでしょうか? 片付けられない背景や事情は人それぞれですが、結果的に「片付け業者に相談するのが遅くなってしまった」という事実そのものが、今のゴミ屋敷化した部屋であるということです。 もし何らかの発達障害や精神疾患が原因で判断ができないということでしたら、自分ひとりで考え込まずに、片付け業者にも一緒に考えてもらいましょう。 最終的に決断するのはご本人ですが、なかなか判断ができないというのも含めてリードしてくれる片付け業者もいます。 効率や段取りを考えること自体が苦手な場合は、その全てを片付け業者に背負ってもらうぐらいの気持ちで相談してみましょう。 当たり前ですが、プロは知識・経験・技術が違います。 色々考えても結論が出ない場合は、今すぐプロに相談することで部屋片付けが大きく前進するはずです。 ゴミ屋敷の片付けは心の片付け 私ども片付けられない. comのスタッフは、これまで何度も片付けられない人の部屋に伺いました。 そこで悩んでいる内容や日常の暮らし方をお聞きし、私どものプロとしての経験も踏まえ、色々な角度からご提案しています。 どうしても片付けられず悩んでいるという事実を、私ども片付けられない. comは軽く考えたりしません。 また「自宅がゴミだらけであることを、近隣の人たちに知られたくない。 」「部屋に恋人や友達を招きたい。 」そんな気持ちにもお応えしたいと思っております。 ゴミ屋敷の片付けだけではなく、ルームクリーニングやDIYリフォームも合わせれば、その部屋は劇的に変わります。 そうするとお客様の心の中も劇的に変わるんです。 今までと違う人生といっても過言ではないでしょう。 ゴミ屋敷化した部屋にはデメリットしかなく、メリットになるようなことは1つもありません。 そのデメリットしかない部屋は、今の自分の生き写しであり、その部屋だけでなくそういう自分を見られることも怖いのではないでしょうか? 初めてお会いする片付け業者にそのネガティブな要素を見せるのは、非常に勇気のいることだと思っています。 だからこそ片付け業者への依頼は、何よりもまず「暮らしを改善させる覚悟」「担当スタッフとの信頼関係」が一番大事になるわけです。 誰にも相談できず、片付け業者の口コミは正しい情報かどうかも分からない。 不安だらけの状態で片付けられない. comにお問い合わせいただいたのですから、私たちはまず安心感を届けたいと思っています。 最初は半信半疑でお問い合わせされたお客様も、ご依頼内容が完了した後は涙ながらに喜んでくれることもあります。 私たち片付けられない. comは、この仕事を「お客様の人生を左右する大きな影響力のある仕事である」と自負しています。

次の

ゴミ屋敷の原因は精神疾患!?片付けられない理由と病気を解説

ゴミ 屋敷 病気

ゴミ屋敷に住まう人々 ゴミ屋敷とは、ゴミを積んだ情愛で放置された居住用の建物や土地のことをいいます。 住人が内部にゴミを運び込み、それが整理も処分もされないままに溢れ返ってしまった建物です。 溜め込んだゴミから悪臭がしたり、虫の温床となったりすることもあり、あまりに酷い状態の場合、近隣の住民の通報により行政が対処に動くこともあります。 しかし肝心の住人は、 自分たちが悪いことをしたという意識が低い印象です。 なぜ彼らはゴミを溜め込んでしまうのでしょうか。 ゴミ屋敷の危険度レベル ゴミ屋敷には危険度レベルが存在し、状態によって次のレベル1~5に分類されます。 レベル1:標準的な家 レベル2:非常に散らかっている レベル3:プロによる整理整頓や清掃が必要 レベル4:レベル3の事項に加えて、医療や家族の問題が存在する可能性がある レベル5:レベル4の症状だけでなく、メンタルヘルス・防火・地域安全の各専門家や地主の介在が必要 驚くことに、ゴミ屋敷の住人の多くが自分の家の中にあるものを「 ゴミではない」と主張しています。 そうした場合、行政などが介入することは難しく、強制的に敷地に入ってしまうと住居侵入罪に問われることにもなりかねません。 しかし近年医学的な見地から、ゴミ屋敷の住人たちがゴミを溜め込む行動は「 強迫性障害」によるものだという見解がなされました。 彼らの行動は、集めたものがなくなってしまうことに強い不安を感じる「 強迫性貯蔵症(ホーディング)」とされます。 単に「片付けられない」「だらしがない」ということではなく、 心理的な要因があるのです。 ゴミ屋敷が生まれる要因は心にある? ゴミ屋敷の住人は「片付けるのが面倒」「やる気が起きない」「何とかしようと思うが、なかなか取りかかれない」と、ゴミを溜め込むに至った様々な理由を語ります。 実はここに 精神疾患としての心理的要因があるのです。 例えば、ゴミ屋敷を作り出してしまうのは 高齢者に多く、その多くが独り身の一人暮らしです。 今までは普通の生活を送ってきたはずが、配偶者との離婚や死別、一家離散などによって大きな孤独にさらされます。 その孤独に対するストレスから精神が不安定になり、不安や寂しさに心が耐えられなくなった結果、うつや統合失調症に発展することがあります。 その他、ゴミ屋敷を作ってしまう精神疾患として、様々なものが挙げられます。 関連記事:ゴミ屋敷と精神疾患について詳しく知りたい方はこちら 「」 ゴミ屋敷をつくってしまう人の病気• 強迫性障害 ゴミの中に大切なものがあるかも知れない、だから捨てられないという脅迫観念。• 認知症 認識の障害により、日常生活を送ることが困難。• うつ 気力がわかない・掃除ができないという気持ちがあり、できない自分に強い罪悪感を抱く。• セルフネグレクト 日常生活を送るための意欲を失い、自分自身の世話ができなくなる。 ゴミ屋敷の住人には、 浪費癖がある、 寂しがり屋、 孤独が嫌いといった特徴があります。 時にはお金を使って他人を惹きつけようとするほどです。 また、集めることに執着する人や、ゴミを溜め込むことに対して自制が効かない人も多く見られます。 社会で強いプレッシャーに耐えながら常に緊張感の中で生活している人ほど、家では自分を甘やかしてしまい、その結果ゴミ屋敷を生み出すという行為に走ってしまうのではないでしょうか。 その場合、 脳の機能障害も疑われます。 このように、ゴミ屋敷の住人といっても、 一概に迷惑行為としてその生活を続けているわけではないのです。 関連記事:ゴミ屋敷と病気について詳しく知りたい方はこちら 「」 ゴミ屋敷を増やさないためにできること 精神疾患が原因でゴミを集めている人たちに対し、 周囲の人はできるだけ手を差し伸べ、普段からコミュニケーションを取る必要があります。 前述のようにゴミ屋敷の住人には孤独が嫌いという性質の人が多く、常に誰かといたいと思っています。 そのような人たちに気持ちのうえでも寄り添うことはそれだけでメンタルケアの一環にもなりますし、何より認知症など深刻な病気の発見にも繋がります。 ゴミ屋敷の問題については、近隣住民から自治体の環境整備担当に相談が寄せられることが多いそうですが、普段からそのように関わっていれば、また見え方も変わってくるのではないでしょうか。 そして、 不用品は溜め込まず早めに片付けることが大切です。 例えば片付けのプロに依頼すれば、時間と手間をかけずスピーディーに元のきれいな部屋に戻すことができます。 次は専門の業者を介してゴミを片付ける方法を紹介します。 ごみ屋敷の片付けは、ゴミ屋敷清掃業者に依頼しよう ごみ屋敷の片付けは、自分でできればそれが一番ですが、もしそれが出来ていたのなら、ごみ屋敷にはなっていなかったでしょう。 家族や友達に手伝ってもらうのも気が引けますし、その後の人間関係に影響がないとも限りません。 やはり、ごみ屋敷の片付けは、 プロの業者に依頼するのが一番のおすすめです。 ゴミ屋敷清掃業者は、知識と経験豊富な専門のスタッフが、短時間で確実な片付けを行います。 周りの人にばれないように作業することができるのも大きなメリットです。 ごみの処分やリサイクルまで行ってくれる業者も多いので、大変便利な上に効率的です。 費用が発生しますが、今のごみ屋敷から抜け出し、身軽になって新しい生活へ踏み出すことができると考えれば、決して高いものではありません。 ごみ屋敷の片付けに悩んでいる方は、ぜひ一度相談してみてはいかがでしょうか? ゴミ屋敷清掃業者に依頼するならオコマリがオススメ 全国にゴミ屋敷清掃業者は 9,000社以上あると言われています。 その中には相場とかけ離れた価格を要求してくるなどの 悪質な業者がいます。 この記事を執筆しているオコマリでは、お客様に安心してゴミ屋敷清掃を行ってもらうために、 全国一律料金で 追加料金一切ナシの定額パックプランを 業界で初めて提供しています。 部屋の間取り別で料金が決まっているため、 明瞭会計で安心です。 例えば、1K・1Rはたったの109,800円(税込)という価格設定となっており、現場の部屋の物量が少なければ さらに減額させていただいております。 また、登録されているゴミ屋敷清掃業者は、オコマリのスタッフが 1社1社面談をして厳選しており安心です。 現地でのお見積りなしでも作業が可能ですので、急いでいる方にもオススメです。 問い合わせやお見積りは すべて無料ですので、気になる方は一度問い合わせをしてみて下さい。 「ゴミ屋敷の住人の特徴と病気」まとめ ゴミ屋敷は単に不衛生なだけではなく、 住人の精神疾患にかかる重大な要素の隠れ家となっています。 心の病気である場合、それに合ったメンタルケアが必要となります。 また、不用品の処分に関しても同様です。 「片付けようと思うが、どこから手を付ければいいのかわからない」という意見が多く聞かれますが、 迷った場合は専門業者に任せてしまいましょう。 ゴミ屋敷を解決するには自分たちだけで悩まず、他の人にも頼るようにしてみてください。 そうすることで、より素早くゴミ屋敷を解決できるはずです。 記事を読んでゴミ屋敷に関してもっと知りたい!と思った方は、下記の記事も参考にしてみて下さい。

次の

ゴミ屋敷になってしまう心理?片付けられない人の特徴とは

ゴミ 屋敷 病気

ゴミ屋敷に住まう人々 ゴミ屋敷とは、ゴミを積んだ情愛で放置された居住用の建物や土地のことをいいます。 住人が内部にゴミを運び込み、それが整理も処分もされないままに溢れ返ってしまった建物です。 溜め込んだゴミから悪臭がしたり、虫の温床となったりすることもあり、あまりに酷い状態の場合、近隣の住民の通報により行政が対処に動くこともあります。 しかし肝心の住人は、 自分たちが悪いことをしたという意識が低い印象です。 なぜ彼らはゴミを溜め込んでしまうのでしょうか。 ゴミ屋敷の危険度レベル ゴミ屋敷には危険度レベルが存在し、状態によって次のレベル1~5に分類されます。 レベル1:標準的な家 レベル2:非常に散らかっている レベル3:プロによる整理整頓や清掃が必要 レベル4:レベル3の事項に加えて、医療や家族の問題が存在する可能性がある レベル5:レベル4の症状だけでなく、メンタルヘルス・防火・地域安全の各専門家や地主の介在が必要 驚くことに、ゴミ屋敷の住人の多くが自分の家の中にあるものを「 ゴミではない」と主張しています。 そうした場合、行政などが介入することは難しく、強制的に敷地に入ってしまうと住居侵入罪に問われることにもなりかねません。 しかし近年医学的な見地から、ゴミ屋敷の住人たちがゴミを溜め込む行動は「 強迫性障害」によるものだという見解がなされました。 彼らの行動は、集めたものがなくなってしまうことに強い不安を感じる「 強迫性貯蔵症(ホーディング)」とされます。 単に「片付けられない」「だらしがない」ということではなく、 心理的な要因があるのです。 ゴミ屋敷が生まれる要因は心にある? ゴミ屋敷の住人は「片付けるのが面倒」「やる気が起きない」「何とかしようと思うが、なかなか取りかかれない」と、ゴミを溜め込むに至った様々な理由を語ります。 実はここに 精神疾患としての心理的要因があるのです。 例えば、ゴミ屋敷を作り出してしまうのは 高齢者に多く、その多くが独り身の一人暮らしです。 今までは普通の生活を送ってきたはずが、配偶者との離婚や死別、一家離散などによって大きな孤独にさらされます。 その孤独に対するストレスから精神が不安定になり、不安や寂しさに心が耐えられなくなった結果、うつや統合失調症に発展することがあります。 その他、ゴミ屋敷を作ってしまう精神疾患として、様々なものが挙げられます。 関連記事:ゴミ屋敷と精神疾患について詳しく知りたい方はこちら 「」 ゴミ屋敷をつくってしまう人の病気• 強迫性障害 ゴミの中に大切なものがあるかも知れない、だから捨てられないという脅迫観念。• 認知症 認識の障害により、日常生活を送ることが困難。• うつ 気力がわかない・掃除ができないという気持ちがあり、できない自分に強い罪悪感を抱く。• セルフネグレクト 日常生活を送るための意欲を失い、自分自身の世話ができなくなる。 ゴミ屋敷の住人には、 浪費癖がある、 寂しがり屋、 孤独が嫌いといった特徴があります。 時にはお金を使って他人を惹きつけようとするほどです。 また、集めることに執着する人や、ゴミを溜め込むことに対して自制が効かない人も多く見られます。 社会で強いプレッシャーに耐えながら常に緊張感の中で生活している人ほど、家では自分を甘やかしてしまい、その結果ゴミ屋敷を生み出すという行為に走ってしまうのではないでしょうか。 その場合、 脳の機能障害も疑われます。 このように、ゴミ屋敷の住人といっても、 一概に迷惑行為としてその生活を続けているわけではないのです。 関連記事:ゴミ屋敷と病気について詳しく知りたい方はこちら 「」 ゴミ屋敷を増やさないためにできること 精神疾患が原因でゴミを集めている人たちに対し、 周囲の人はできるだけ手を差し伸べ、普段からコミュニケーションを取る必要があります。 前述のようにゴミ屋敷の住人には孤独が嫌いという性質の人が多く、常に誰かといたいと思っています。 そのような人たちに気持ちのうえでも寄り添うことはそれだけでメンタルケアの一環にもなりますし、何より認知症など深刻な病気の発見にも繋がります。 ゴミ屋敷の問題については、近隣住民から自治体の環境整備担当に相談が寄せられることが多いそうですが、普段からそのように関わっていれば、また見え方も変わってくるのではないでしょうか。 そして、 不用品は溜め込まず早めに片付けることが大切です。 例えば片付けのプロに依頼すれば、時間と手間をかけずスピーディーに元のきれいな部屋に戻すことができます。 次は専門の業者を介してゴミを片付ける方法を紹介します。 ごみ屋敷の片付けは、ゴミ屋敷清掃業者に依頼しよう ごみ屋敷の片付けは、自分でできればそれが一番ですが、もしそれが出来ていたのなら、ごみ屋敷にはなっていなかったでしょう。 家族や友達に手伝ってもらうのも気が引けますし、その後の人間関係に影響がないとも限りません。 やはり、ごみ屋敷の片付けは、 プロの業者に依頼するのが一番のおすすめです。 ゴミ屋敷清掃業者は、知識と経験豊富な専門のスタッフが、短時間で確実な片付けを行います。 周りの人にばれないように作業することができるのも大きなメリットです。 ごみの処分やリサイクルまで行ってくれる業者も多いので、大変便利な上に効率的です。 費用が発生しますが、今のごみ屋敷から抜け出し、身軽になって新しい生活へ踏み出すことができると考えれば、決して高いものではありません。 ごみ屋敷の片付けに悩んでいる方は、ぜひ一度相談してみてはいかがでしょうか? ゴミ屋敷清掃業者に依頼するならオコマリがオススメ 全国にゴミ屋敷清掃業者は 9,000社以上あると言われています。 その中には相場とかけ離れた価格を要求してくるなどの 悪質な業者がいます。 この記事を執筆しているオコマリでは、お客様に安心してゴミ屋敷清掃を行ってもらうために、 全国一律料金で 追加料金一切ナシの定額パックプランを 業界で初めて提供しています。 部屋の間取り別で料金が決まっているため、 明瞭会計で安心です。 例えば、1K・1Rはたったの109,800円(税込)という価格設定となっており、現場の部屋の物量が少なければ さらに減額させていただいております。 また、登録されているゴミ屋敷清掃業者は、オコマリのスタッフが 1社1社面談をして厳選しており安心です。 現地でのお見積りなしでも作業が可能ですので、急いでいる方にもオススメです。 問い合わせやお見積りは すべて無料ですので、気になる方は一度問い合わせをしてみて下さい。 「ゴミ屋敷の住人の特徴と病気」まとめ ゴミ屋敷は単に不衛生なだけではなく、 住人の精神疾患にかかる重大な要素の隠れ家となっています。 心の病気である場合、それに合ったメンタルケアが必要となります。 また、不用品の処分に関しても同様です。 「片付けようと思うが、どこから手を付ければいいのかわからない」という意見が多く聞かれますが、 迷った場合は専門業者に任せてしまいましょう。 ゴミ屋敷を解決するには自分たちだけで悩まず、他の人にも頼るようにしてみてください。 そうすることで、より素早くゴミ屋敷を解決できるはずです。 記事を読んでゴミ屋敷に関してもっと知りたい!と思った方は、下記の記事も参考にしてみて下さい。

次の