乙女 ゲーム の モブ。 年齢確認

乙女ゲーのモブですらないんだが

乙女 ゲーム の モブ

ヒロインとヒーローが種族の壁を越えて結ばれる大人気小説。 そのヒーローの過去の記憶・・・のよくある過去回想シーン。 それってヒロインが心の傷を抱えたヒーローの過去を癒やすための布石ですよね? そんな回想シーンに出てくる優しく明るい少女。 案 の定、ヒーローとヒロインが出てくるまでに死んでますね。 ってそれじゃあ困る! なんてったってその少女はこの私なんですから! 確定されている死亡フラグを折りたい!でもヒーローの回想での登場シーンが少ない! そんな記憶が戻ってもピンチな私の死亡回避録。 ーーー注意書きーーー ・完全なる筆者がこんな話読みたい!と思った話です ・拙い文章、スローペース展開、土下座します ・週1公開 ・完結までは走り続けます ソフィア・サンチェスとして生まれ変わっていることを思い出したのは、ゲームの断罪イベントの時だった。 ソフィアはモブとして生まれ変わっていたのだが、辺境の令嬢でも、平民でもなかった。 攻略対象の1人でもある第二王子の身内という立場。 第二王子 婚約者との仲は良好で、第二王子に断罪されるはずだった婚約者を救った事で変化が起きる。 隣国同盟国の王子、ラファエル・ランドルフにダンスを申し込まれたソフィアの運命が今、動き出す。 乙女ゲームED直前から物語が動き出す攻略方法が不明のED後の世界。 R15設定は念のためにつけています。 更新速度は遅いと思いますが、よろしくお願いいたします。 モブたる僕は、同じクラスの高値の花である葛切かのとある日言葉を交わす。 運動神経抜群、才色兼備で芸術にも造詣が深い彼女。 しかし、彼女はとんでもない電波だった。 「実はわたし、とあるゲームの悪役令嬢なの!」 そんなとんでもない言葉を言い 放つ。 でも、ハーレムエンドを望む「主人公」の邪魔をするつもりはないらしい。 そんな彼女が、代わりに望むこと。 それは「神サマ」を叩きのめすことらしい。 …どういうこと? っていうか、神サマってなにごと? これはメンタルパワフルゴリラな葛切さんが好きで好きでたまらない僕が見た、戦う葛切さんのお話。 絶対完結させます。 み、見捨てないで。 魔法が当たり前の世界で小さい頃から何故か二重に記憶があるような、不思議な感覚を持っていたベルトリア。 ある日ひょんなことから、不思議な記憶は前世の記憶であることを思い出す。 「憧れていた魔法が自由に使えるこの世界で、魔法を使わない手はなし!! 」 成長するにつれ、段々この世界に既視感を持ち始めた時。 この世界が前世で少しプレイしたゲーム『アドリアスに花束を』の世界だと思い出す。 その世界でベルトリアは主人公にちょいちょい嫌がらせをする所謂悪役。 みみっちい嫌がらせにしては壮大な割を食う役所。 しょうもない嫌がらせとかする必要ないし、興味がない!!原作のストーリーなんて知らないし!私は私の新しい人生を生きる!モブに紛れて平穏無事に生きる為、原作改造始めます。 不運で冴えない織原久遠(ラック)は転生者として召喚された。 転生者であるからには、魔王を倒さねばならない。 さあ冒険のはじまりだ、と意気揚々と歩き出したラックだった。 けれども始まりの町ホクキオに足を踏み入れる前に山賊被害にあった挙句、濡 れ衣で逮捕されたラックは、村から出ることも禁止されてしまった。 これでは魔王を倒しようがない。 そもそも出鼻をくじかれ心折られて、旅立つ気もなくしてしまった。 どんより引きこもり生活のなかで、習慣のモブ狩り生活を続けていたラックだったが、十年後に転機が訪れる。 ラストエリクサーを手に入れたのだ。 ラストエリクサーは高値で取引されており、これを売ることで一気に金持ちになったラックは、味をしめてラストエリクサー転売業者を目指すことにした。 ところが、『偽装スキル』を使った別の売り手にだまされてしまう。 このままにはしておけない。 悔しがるラックは『鑑定スキル』と『検査スキル』という偽装に対抗するスキルを身に着けて問題を解決。 信用を取り戻し、駆け出し商人としての生活に希望を抱いた。 ほどなくして、ラストエリクサーの価格が大暴落。 追い打ちをかけるように税金を払わされ、借金生活に転落。 しかも国家転覆容疑までかけられて、指名手配を受けながら、追われるように旅立つことになった。 散々な目に遭うラックだったが、この不運に満ちた慌ただしい旅立ちは、ラックにとって悪い事ばかりでもなかった。 レヴィアという可憐な少女に出会えたのだ。 そして、いつしか彼は、大いなる旅の目的を得た。 不思議な蝶に目を奪われた女子高生の私は、目覚めると十歳の侯爵令嬢になっていた。 しかも私シャノンは、ソシャゲの乙女ゲームで『不死蝶』と呼ばれるネタキャラ!? ストーリーでは完全敵役、イベントでは乱立する死亡フラグ。 なのにイベントの度に運営 都合で復活してはまた死亡フラグの連鎖で…………。 ゲームの始まる入学までにバタフライエフェクトを起こして、なんとしても死亡フラグを回避してやる! けれど、私は周りに愛されるただの女の子で。 どうしてこの子は悪役令嬢になったんだろう? え、ただのモブだった『不死蝶』の従者は実は王子さま? 『不死蝶』はヒロインと同じ能力を持ったチート? イベント潰しのために仲良くなった貴公子たちに婚約を申し込まれるけど、私は同担拒否なんだよ。 しかも王道ヒロイン派! 悪役令嬢に告白なんてしないで! ヒロインから攻略対象強奪なんて、本当に悪役令嬢じゃない!? 私、死亡フラグを折りたかっただけなのにな…………。 *以下にご注意ください。 この物語は人によっては逆ハーと思われるかもしれません。 この物語にざまぁはありません。 書き直しますが、基本的なストーリーに変更はありません。 魔法薬の爆発事故に巻き込まれて前世を思い出した俺は、妹のやっていた乙女ゲームのモブに転生していることに気づく。 一年後には悪の魔法使いによってモブからゾンビに強制ジョブチェンジ。 退学してこの魔法学校から逃げ出そうとしたら、なんと悪役令嬢が前 世の妹だった。 ゾンビも嫌だけどバッドエンドしかない妹を放っておけない。 妹を助けるために攻略対象に近づいたら、なんで俺にフラグが立つの!? 無事? 前世を思い出したら妹は暴走してヒロインをこますし! お前何処まで腐ってんだよ!? *以下にご注意ください この作品は「BL・GL」表現があります。 この作品は「俺たちの戦いは、これからだ!」で終わります。 この作品は男性主人公の一人称です。 見た目は地味で中身は中身は並以下。 劣等感の塊だった貧乏男爵家の娘、ケイト・リズワイト。 伯爵邸のお茶会で、事故に巻き込まれたことから前世の記憶を思い出す。 電気もない、ガスもない。 車は一体何モノだ!? そんな西洋中世風のこの世界で、第二の人生は貴族のくせに食べることにもことかく悪環境。 今世ではほとんど役に立たない近代知識。 こんな記憶、なくても良かった! 「魔法も使えん、才もあらへん! これっていわゆるモブ役令嬢?」 それでもおぎゃーと生まれたからは、楽しく生きなきゃソンソンソン! 子育てロスから幼児をモフり、産婆のまねごともやってみる。 前世飯研究に没頭したり、ときには蜂の大群にも追われてみたり……。 過去にない、新鮮かつ野性味あふれる毎日を謳歌するケイトであったが、なぜか病んでる元王子につきまとわれ……。 「あれ? 私、モブ役令嬢ちゃうかったん?」 しかし、今さら思い出したその記憶には、とっても大事な意味があって……。 忘れた記憶を集めながら、辿り着いた真相とは一体? ゲームの世界が舞台! 転生もチートも無い! 主人公は宿屋の息子!? 何が起こるか? それは主人公に任せましょう!(投げやり) 目が覚めたら宿屋の一室! 親父らしき宿屋のマスターに話しかける主人公だが、親父は同じ言葉しか口にしない。 ぼっちで 寂しく外に出てみると明らかに「NPC」っぽい人が……。 宿屋の息子であることを自覚し、明らかにモブであることを信じたくない主人公。 その後、フードを被った何者かに蹴られ続けて憤慨、殴ってみる。 すると屈強な歴戦の戦士のような見た目の神父が現れるが、その正体はまさかの引退した魔王様!? 主人公が倒してしまったのはまさかの勇者だった!! 「道中をすっ飛ばした勇者の事を育ててくれないか」と神父兼元魔王様に頼まれる主人公。 宿屋の息子が勇者と行く世界冒険の旅! 彼女が欲しい、勇者になりたい、装備したいなどなど……。 煩悩だらけの主人公のツッコミの旅が始まる。 スライムに変な鳥の魔物、道中に待ち受ける敵(?)にツッコミを入れながら勇者を育てるために村を出る! ~果たして彼の煩悩は叶うのか!!~ 私、どうやら転生したみたい。 見目麗しい王族や貴族のご子息、ご息女も通っている。 すでにご婚約が決まっている方もいる。 学園は金持ちや成績優秀な平民も通えて、ご令息方は平民のうちの一人の女の子に興味津々。 乙女ゲーム以外なんだって言うの?(「現実だよ」ってお兄様のツッコミは無視。 ) 私?私はヒロインな平民の少女でも、悪役令嬢たる王子の婚約者な貴族令嬢でもない。 強いて言うなら、美形な貴族令息の妹であり、幼なじみではあるけれど、ただの女生徒A。 脇役ですらない、背景のモブよ。

次の

乙女ゲー世界はモブに厳しい世界です 1

乙女 ゲーム の モブ

完結いたしました(2020. 31) 可憐な妹を虐めるブサイクな姉、それが私。 妹が生まれてから全てが変わってしまった。 妖精のように愛らしい妹とブサイクな姉である私。 両親どころか、誰1人として私を愛してくれる人はいない。 今日も妹と喧嘩。 喧嘩といっても誰も私の味方はいない。 妹を突き飛ばそうとしていて、誤って自分が派手に転んでしまった。 頭を打った私は、そのショックで前世を思いだす。 喪女でおばちゃんだった自分を…… 愛らしい妹を恨んでグレていた私だったけど、前世を思い出すことによって悟る。 どうせ愛されていないのだから、この家を出て自分一人で生きていこう。 そして、私自身を愛してくれる人を探そう。 ブスとはいえ、平民では並……ぐらいはあるはず。 喪女だった自分が将来、恋愛して結婚できるのかは判らないけど、結婚できなくてもいい。 その時は養子をとって、家族をつくろう。 愛し愛される、そんな家族をつくろう。 「家族をつくろう」 この言葉を目標に、私はがんばる。 そう、がんばるはずたったんですけど………え、ここって乙女ゲームの世界だったの? 私の立ち位置は、モブ以下でゲームに参加すらしていない。 ああ、そうですよねぇ、判ります、判りますよ。 なんせ私は顔面偏差値、並以下ですしね。 あのキラキラの中に入るにはちよっとねェ。 ちょっ、ちょっとぉ、なんで乙女ゲームに巻き込まれるのぉ。 巻き込まないでよ。 関係ない、私は関係ないでしょう。 2020. 02 初めて感想寄せさせて頂きます。 完結してから一気に読みました。 (完結作品一気読みが好きなので。 ) ずーっと読んでいたいお話でした。 ただの乙女ゲームの話というよりライとクレイ(クレア)の家族物語で涙あり、コミカルあり、ざまかあり、ドキドキありで面白かったです。 機会があれば、ライが今以上にクレアをでろでろに甘やかす生活や二人の子供の事、市井で働いた経験により、国民の事を考え国を豊かにしていく・・・そんな話を読んでみたいとも思いましたがそれは自分の中で妄想して楽しみます。 そこここに、まだまだ話のタネが広がっていて、メリーやリュノの話も個人的には好きでした。 中心の二人だけでなくそれ以外の登場人物も丁寧に描かれていて本当に読んでいて面白い作品でした。 個人的には書籍化やコミカライズされて欲しい作品だなぁと思いました。 素敵な作品をありがとうございました。 次回作も楽しみにしています。 (おそらく完結してからの一気読みになると思いますが。 (笑)) 2020. 02 完結お疲れさまでした。 カテゴリーは恋愛ですもんね。 BでLな妄想は自重しませんと。 クレアは相変わらず愛されてて幸せそうでなにより。 香苗ちゃんといつか会って日本のお話しをしたら良いのにな~とか想像したり。 おばちゃんの包容力で香苗ちゃんを助けてあげて、なんて。 新作も楽しみにしてます。 実は現ナマさんの皆さまへの感想のお返事も楽しみに読んでました。 感想、あと少しで2000件ですね。 それだけのお返事を書かれたと思ったらやっぱり凄いなと。 このご時世ですのでお身体ご自愛くださいね。 2020. 02 棚から現ナマ ありがとうございます。 無事完結できました。 皆さまのおかげです。 感謝、感謝です。 Youやっちゃったら駄目だよ。 BでLは一本道だよ。 帰ってこれないよ。 現ナマはメリーに震えている毎日を過ごしてますよ。 でも、現ナマもゾーイを出したかったんだよ。 けなげに薄幸な主人を支えてるんだから、萌えちゃうよねー。 もし、香苗ちゃんがそのまま残ったら、たぶんクレアの結婚式に呼ばれて『あ、日本人っ!」ってなって、交友が出来上がると思います。 おばちゃんが香苗ちゃんの慰めになると思います。 もし、何かが降りてきたら、また番外編を書くかもしれません。 そんな時は、お付き合いください。 よろしくお願いいたします。 2020. 31 連載お疲れ様です。 すごく寂しいです。 今回の番外編すごくおもしろくてまたわくわくしました。 次の作品も楽しみにしてます。 前回のBでLな展開は妄想と分かった瞬間に『ですよね!薄い本ですよね』と思わず声に出ちゃいました。

次の

乙女ゲームのモブに転生したようです

乙女 ゲーム の モブ

GCノベルズ刊『 乙女ゲー世界はモブに厳しい世界です』第6巻ドラマCD付限定版が、2020年7月30日に発売されることが決定した。 本作は小説投稿サイト「」発の作品で、女尊男卑な剣と魔法の乙女ゲーム世界に転生した主人公が、妹に強制され得ていた乙女ゲームの知識を活かし、やりたい放題の女たちやイケメンに反旗を翻していく下剋上ストーリー。 昨年実施された「GCノベルズ5周年ボイスドラマ化投票」にて第1位を獲得していた。 ボイスドラマではリオン役を 小林裕介さん、ルクシオン役を 白井悠介さん、オリヴィア役を 花守ゆみりさんなどが演じる。 この世界では、男なぞは女性を養うだけの家畜のようなものであった。 例外なのは、ゲームで攻略対象であった王太子率いるイケメン軍団ぐらいである。 そんな理不尽な境遇において、リオンはある一つの武器を持っていた。 そう前世で生意気な妹に無理矢理攻略させられていたこのゲームの知識である。 本当は田舎に引きこもりのんびりとしたいリオンだったがその知識を使い、やりたい放題の女どもとイケメンに、はからずも反旗を翻すのだった。 ド外道主人公による、爽快(?)下克上ファンタジー開演! 【ボイスドラマキャスト】 リオン: 小林裕介 ルクシオン: 白井悠介 オリヴィア: 花守ゆみり アンジェリカ: 久保ユリカ マリエ: 種崎敦美 ユリウス: 逢坂良太 ジルク: 橘龍丸 ブラッド: 酒井広大 グレッグ: 藤井達也 クリス: 左座翔丸 <> また、「」では本作のボイスドラマ化に際して、リオン役の小林裕介さんとルクシオン役の白井悠介さんのインタビュー記事も公開されている。 本作は2018年より「」にてコミカライズの連載も行われているほか、「このライトノベルがすごい!2020」単行本・ノベルズ部門では第8位に選出されるなど、注目を集めているシリーズ。 ドラマCDの発売が決定したこの機会にぜひ本作を読んでみよう。 『乙女ゲー世界はモブに厳しい世界です』は、GCノベルズより第5巻まで発売中。 ドラマCD付限定版第6巻、ドラマCD+シナリオブック付特装版第6巻、通常版第6巻は2020年7月30日発売。

次の