いきいきうえき。 エアコンクリーニング(壁掛けタイプ)株式会社ライフハーツ

エアコンクリーニング / 壁掛けタイプのおすすめランキング!

いきいきうえき

エアコン掃除をしないと…? そもそもエアコン掃除をするメリットとは何なのでしょうか? ・健康を守る ・電気代を節約する この2つがあります! エアコンのカビが健康に悪影響を及ぼす エアコン掃除をしないと、 内部にカビが溜まり、そのカビがエアコンの風と共に部屋に蔓延します。 そのカビを私たちが吸い込んでしまうと とても健康に悪いのです。 中には 肺炎につながってしまうものも。 気をつけたいですね。 エアコンのホコリが電気代の高騰をもたらす エアコンに ホコリが溜まると、フィルターが目詰まりを起こし、エアコンが効率よく働かなくなってしまいます。 そして、必要以上に電力を消費するため、ホコリのお掃除をしないと、 電気代が高騰してしまうことがあるのです。 定期的にお掃除したいですね。 自分でエアコン掃除ができるのは3箇所 まず始める前に、 エアコンのどの部分をお掃除するか、ご紹介します! 今回は、 取り外せるパーツのお掃除です。 取り外せるパーツは、 ・フィルター ・ルーバー ・カバー の3つ。 エアコンを使えば使うほど汚れが溜まっていきます。 こまめに週1回お掃除してあげましょう! ルーバー ルーバーはエアコンの電源をつけたときに、真っ先に動き出す横長のパーツ。 上下左右に 風向きを変えてくれます。 フィルターと比べ、汚れが溜まりにくいので、 3ヶ月に1回程度のお掃除で大丈夫です! カバー カバーは、フィルターを覆っているところです。 前面パネルと呼ばれることも。 取り外すことはできますが、 機種ごとに外し方が違います。 用意するもの ・踏み台または脚立 ・新聞紙 ・ゴム手袋 ・雑巾 ・ハンディモップ ・掃除機 ・洗濯用の中性洗剤 ・バケツ ・歯ブラシ ・綿棒 ・つまようじ 手順 1. 養生する お掃除をするとホコリが舞ってしまいます。 そのため、床をビニールや新聞紙で覆いましょう。 足場を固める 安全にお掃除できるよう、踏み台や脚立がぐらついたりしないか確認します。 踏み台や脚立は、前ならえをして腕を伸ばしたときに、エアコンが付いてる壁にちょうど指先が触れるくらいの距離に置きましょう! 3. 電源を切り、コンセントを抜く 電源を切り、 コンセントを抜きます。 コンセントを刺したままお掃除をすると、 感電したり、 漏電したり、 とても危険です。 注意してください! 4. エアコン上部や表面のホコリやゴミを拭く お部屋の中にホコリをまき散らすことにならないよう、エアコンの 表面や上の方に溜まったホコリやゴミを取り除いておきましょう。 カバーを取り外す まずは カバーを開けましょう。 エアコンの側面に、カバーを開けるための 取っ手やくぼみがありますね。 その取っ手やくぼみに手を合わせて、少し手前に引いてから上に持ち上げます。 そして、 カバーが止まる位置まで、ゆっくりと引き上げましょう! この後の カバーの外し方は、 エアコンの機種によって変わります。 少し外側に開いて外すタイプ、そのまま手前に引き抜くタイプなどがあります。 カバーがうまく外せない…そんな時でも、 フィルターは外せる場合があります!その時はフィルターだけ、お掃除しましょうね。 フィルターを外す ホコリが散らないようにゆっくりとフィルターを外しましょう。 取り出したフィルターは、新聞紙などの上に置いておきます。 ルーバーを取り外す ルーバーは、たいてい 真ん中・ 右端・ 左端で固定されています。 まずは真ん中から。 ルーバーを曲げて取り外す感じです。 割と思い切ったほうがうまくいくようですが、注意して作業しましょう。 真ん中を外したら、両端を外していきます。 手前にかなり強く曲げて両端をいっぺんに外すイメージです。 かなり大変なので、外せそうな方のみ外してみてください。 取り外したパーツのホコリを掃除機で吸い取る ホコリが付いていたら、 掃除機で吸い取りましょう。 このあと水洗いをするので、だいたいホコリを落とせていたらOK。 フィルターは、オモテ面から吸い取るとホコリを落としやすいです。 注意 歯ブラシでこすりすぎない パーツが傷ついてしまいます。 できるだけ優しくこすりましょう! 細かい汚れには、綿棒やつまようじを使うことがオススメです。 取り外したパーツを水ですすぐ 洗剤が残らないように、入念にシャワーをかけて洗い流しましょう。 完全に乾かす パーツをしっかり乾かしましょう!乾かさないと カビ臭くなったり、エアコンが壊れる原因になったりします。 まず、乾いた布で余分な水分をしっかり拭き取ります。 そして、 30分~1時間ほど、新聞紙を敷いた上にパーツを並べて自然乾燥させましょう。 今回は、ベランダで乾かしたところ30分ほどで乾きました! 天気のいい日に行うといいかもしれませんね。 パーツを取り付ける 取り外したときと逆の順番で取り付けていきます。 取り付けるときもグッと湾曲させることになるので、壊さないように慎重に。 フィルターには表と裏があります。 自分と向かい合うのは オモテ面です。 間違えないように気を付けてくださいね! カバーは、確実に 固定しましょう。 固定ができてしまえば、そっと閉じるだけです。 送風運転する 30分ほど送風運転をして乾かしましょう。 水分を絶対に飛ばす、これが最も大切。 これでお掃除は完了です。 お疲れさまでした! 取り外せないパーツはどうするの? 取り外せないのは、エアコンの 内部のパーツ。 フィンや ファンなどがそれにあたりますね。 ファン ファンは エアコン内部の空気の流れを作っています。 筒状の部品がくるくると回転して、空気を吸ったり吐いたりしてくれるのです。 そんなファンにホコリやカビが溜まると、 効率的に空気の流れが作れなくなります。 すると、風力が弱まってしまいますよね。 フィン フィンは 空気の温度を変える役割を果たしています。 赤く囲んだ部分の金属棒がフィンです。 フィンも ホコリやカビで汚れやすい箇所。 汚れていると空気を冷やしたり、温かくしたりするときの効率が悪くなり、 効きにくくなってしまうのです。 エアコンの内部のお掃除は…? 自動洗浄してくれるエアコンはどうしたらいい? エアコンに中には、 自動洗浄してくれるタイプのものもありますよね。 とっても便利な自動洗浄タイプのエアコンですが、これらの機種ならまったく掃除をしなくて良いのでしょうか? 自動洗浄ではどの部分を掃除しているのか。 自動洗浄機能のあるエアコンも掃除をするべきなのか、くわしくみてみましょう。 熱交換器を自動洗浄してくれるエアコンとは? 自動洗浄をしてくれるエアコンにも種類があり、 「 フィルターの掃除をしてくれるタイプ」 「 熱交換器(フィン)や ファンの掃除もしてくれるタイプ」 の2種類があります。 フィルター掃除タイプのものは、その名の通りフィルターのみ。 熱交換器やファンを自動洗浄してくれるタイプなら、エアコンの内部までしっかり掃除をしてくれます。 それではいったいなぜ、エアコンを使うだけで内部の掃除もできるのでしょうか? そこで、エアコンの内部へ目を向けてみると、最新のものは空気中の水分を一度凍らせ、その後一気に溶かすことで、汚れを洗い流していることが分かりました。 掃除中はエアコンが使えないため、寒い季節、暑い季節はタイマー機能などを利用して掃除できるモデルが便利です。 自動洗浄してくれるエアコンは掃除するべき? 私たちの生活を快適にしてくれる熱交換器の自動洗浄。 ですが、定期的に掃除していればそれでOKという訳ではありません。 水で洗い流すタイプの自動洗浄では、油汚れやカビ、雑菌などに対抗できないからです。 一見清潔に見える水で洗い流す機能ですが、内部に水分が残ってしまい、 カビの原因になるケースもあります。 この対策として、最近では 乾燥機能付きのエアコンも増えてきました。 問題は多少ありますがそれでも、掃除機能がないエアコンと比較すれば、清潔な状態を保てる自動洗浄タイプのエアコン。 自動洗浄にプラスして、掃除もきちんとしてあげましょう。 自動洗浄タイプは家庭で掃除できる? 自動洗浄タイプのエアコンであっても、完璧に汚れを取り去れる訳ではありません。 こまめにフィルターやカバー、吹き出し口の掃除を行い、 清潔な状態を保つようにしましょう。 熱交換器部分を掃除するアイテムもありますが、洗浄後しっかり乾燥させないと、内部に水分が溜まり カビの原因になってしまうことも……。 エアコンを長く清潔に使いたい場合なら、熱交換器の自動洗浄機能がついているモデルであっても、プロのクリーニングを依頼するのがおすすめです。 プロは丸ごとキレイにエアコンクリーニング ということで、エアコンクリーナーは少し危険なので、エアコン内部のお掃除はプロに頼んで綺麗にしましょう。 エアコンを分解して、内部や配管に至るまで 「丸ごとお掃除」してくれますよ! プロのエアコンクリーニングの一部をチラリとお見せしますね。 まずは、作業中の汚れが周りの家具や壁床などに飛び散らないよう、丁寧に養成をします。 そして、ここまでエアコンを分解しちゃいます! ここまでのお掃除は自分ではできないですよね…。 丁寧にエアコン自体の養成したら、クリーニングの準備完了です! フィンやファンは高圧洗浄機で綺麗に! エアコンの内部は、高圧洗浄機を使ってお掃除していきます。 1年~3年に1回のプロによるお掃除を推奨しているようですね! 「あなたのマイスター」では、もっとたくさんのプロに、他にもいろいろな疑問に答えてもらっています。 そんなプロの声を「」に集めました。 自分でお掃除するときも、ハウスクリーニングをお願いするときも、役に立つこと間違いなしです! まとめ 今回は、自分でできるエアコンのお掃除方法や、プロのエアコンクリーニング エアコン掃除はマメに行うが吉です。 お掃除をサボってしまうと、故障の原因にもなり、エアコンの寿命にも関わってきます。 また何より、汚い空気の中で閉め切って過ごすのは嫌ですよね。 キレイな空気で、さわやかに過ごしてください!.

次の

エアコン掃除は意外と簡単!自分で真似できるプロのやり方を徹底解説|YOURMYSTAR STYLE by ユアマイスター

いきいきうえき

エアコンクリーニング後プロのお掃除でこんなにキレイに。 高圧洗浄で細部までスッキリ洗浄します。 驚きの洗浄力 洗浄中に流れる水はこんなにも真っ黒!バクテリアやカビも洗い流されています。 この水をお宅で流さず、持ち帰ります! プロがお掃除するメリット 独自の高圧洗浄技術で、いやなニオイの元となるエアコン内部のカビ・ホコリを除去! エアコン内部の熱交換器に付着したカビやホコリを、専用の資器材と薬剤で高圧洗浄。 洗剤を残さないよう、すすぎもしっかり行います。 エアコンの分解から、抗菌・防カビ処理まで、1つひとつの行程をプロがきめ細かく実施! 専門の知識を持ったスタッフがエアコンを分解・洗浄。 洗浄後は、熱交換器やフィルターなど1つひとつに抗菌・防カビ処理を施し、丁寧に仕上げます。 サービス実施前に周辺を養生。 おそうじのプロの気配りで安心してご利用いただけます 分解洗浄を始める前に、エアコンの周囲にダスキン独自の養生カバー。 作業後は、発生した汚水を持ち帰るなど、おそうじのプロならではの安心のサービスをお約束します。 ホコリ・カビの除去により生まれ変わったエアコン内部。 厳しい研修を受けたスタッフが対応します エアコンクリーニング施工で約20年以上の実績を有します。 各メーカー様の新機種への対応など、厳しい研修制度を設けています。 オプション標準料金は壁掛けタイプ1台2,310円(税抜2,100円)です。 (ダスキン開発研究所調べ) サービスの流れを動画で見る エアコンクリーニングの手順 専門の知識を持ったスタッフがエアコンを分解し、洗浄。 内部は高圧洗浄機でしっかりキレイにします。 1.分解 エアコン周辺の養生をすませ、前面パネル・フィルターをはずします。 2.ホコリ除去 隅々までホコリを除去! エアコンにたまったホコリを、バキュームを使用し除去します。 3.高圧洗浄 細部の汚れをチェック! 熱交換器のカビやホコリを専用の資器材と薬剤で高圧洗浄します。 4.すすぎ 洗剤分を残さないよう、高圧水でしっかりすすぎます。 5.吹き上げ 外装パネルも丁寧に汚れを除去します。 6.抗菌・防カビ処理 熱交換器やフィルターなど、一つひとつに抗菌・防カビ処理を施し、仕上げます。 料金はクリーニング料金にプラスとなります。 実際の作業におきましては、洗浄液が飛び散らないように養生を行い作業をすすめます。 駐車できない場合は有料駐車場を利用するため、駐車料金をご負担いただきます。 地域によりお伺いできないところがございます。 土・日・祝日のサービスに関しましては、お受けできないことがございます。 あらかじめご了承のほど、何卒宜しくお願いいたします。 2倍の料金で承ります。 料金はクリーニング料金にプラスとなります。 駐車できない場合は有料駐車場を利用するため、駐車料金をご負担いただきます。 地域によりお伺いできないところがございます。 土・日・祝日のサービスに関しましては、お受けできないことがございます。 あらかじめご了承のほど、何卒宜しくお願いいたします。 エアコンクリーニングについてのよくあるご質問 Q.ニオイは取れるの? A.ニオイのもとである、熱交換器に繁殖した汚れやカビを洗浄することによって、ほとんどは除去できます。 しかし、完全分解の作業ではありませんので、洗浄不可能部分などからのニオイが残る場合があります。 Q.どのような手順でお掃除するの? A.まず前面カバーをはずして、電気部に薬剤がかからないよう、専用のビニールで覆います。 そして特殊な薬剤を専用の機械で吹き付けて、熱交換器やファンに付着した汚れを取り除いた後、薬剤を十分に水ですすぎます。 取り外したパーツも完全にクリーニングします。 Q.日頃のお手入れはどうしたらよいの? A.フィルターのホコリを1週間に1度、掃除機で吸い取ってください。 Q.薬剤は残らないの?体に悪い影響はない? A.十分に水ですすぎをしますので、薬剤は残りません。 ですから、ご家族のお体や健康にも害を与えません。 ただし、作業中は薬剤を噴霧していますので、近くに寄らないようにしていただいています。 Q.うちの機種はクリーニングできるの? A.サービスマスター店の見積り担当者がお伺いしたときに、判断させていただきます。

次の

エアコンクリーニングをする必要性は殆ど無い

いきいきうえき

まずは エアコンの前面のカバーを開けます。 横にロック解除ボタンがある場合はそれを押しながら開けます。 いつもならこの状態で掃除機でホコリを吸っておしまいにすることも多いと思いますが、今回はきちんと フィルターを外していきましょう。 外す前に掃除機で ホコリを吸い取ってから外してくださいね。 でないとホコリが舞い散ってしまいます。 間近でよく見ると、掃除機で吸いきれない細かいホコリがたくさんついています。 これをお風呂場にそーっと持って行って シャワーで水をかけて落とします。 この時、必ず 最初は裏側から水をかけましょう。 水よりも ぬるま湯の方がベストです。 表側から水をかけると、目詰まりを起こして汚れが落ちにくくなってしまいますよ。 よくお手入れをされている場合は水だけで落ちると思いますが、落とし切れない時は洗剤とスポンジで洗いましょう。 洗剤は食器洗い用が良いですが、ない場合や面倒くさい時はボディーシャンプーやハンドソープなどでもOKです。 枠の部分の凹凸には古い歯ブラシや100均ブラシなどで、優しくゴシゴシしてください。 洗ったあとは軽く拭いてから、ベランダなどに置いて良く乾かします。 風の強い日は室内の窓際に置くと良いですよ。 充分に乾いたら、元通りに復旧しておしまいです。 自分でエアコンを綺麗にするのは 思ったよりも簡単にできます。 結構達成感もあって気持ち良いですよ。 まずはコンセントを抜きます。 コンセントがない場合はブレーカーを落としましょう。 それから、一応念のためエアコン下に液が垂れても大丈夫なようビニールシートを敷きます。 自分で前面カバーを外す能力のある人は、ねじ止めになっているので、ねじを外して前面カバーを外します。 そのままで外さずに行うことも可能です。 電装部分がむき出しになっている場合は、ここにサランラップやビニール袋とテープで養生をします。 フィン部分を掃除機で掃除します。 掃除機にブラシが付いている場合は使用しましょう。 ブラシがない場合は無理に掃除機で掃除しないほうが良いそうです。 アルミで比較的脆いので、無理な力を加えると簡単に曲がってしまいます。 ここが曲がっちゃうとエアコンの能力が落ちてしまうので、ご注意くださいね。 いよいよフィンの部分を洗浄。 吹きかけた洗浄液はドレーンを通して外に排出されるので安心してください。 フィンの向きに沿って、5cmくらい離れたところから丁寧にスプレーしていきます。 1回につき1本と目安が書いてある場合は、1本まるまる使い切って大丈夫です。 乾燥させている間に、次は エアコンファン、送風口のお掃除です。 エアコンファンのカビ取りを自分でやる方法。 エアコンファンのカビや汚れは1番匂いの原因となる場所。 ここを自分で掃除するには、事前準備が必要です。 フィン部分と違って、ここは洗浄液が外に排出されてくれません。 この部分専用の洗浄剤もあります。 先程のフィンの掃除に使用した洗浄剤が、2本1組で売られていることもあるので、その場合は余っているもう1本で代用できます。 さて、いよいよ下準備。 まずはゴミ袋を切り開いてエアコンの後ろ側を養生します。 先ほどフィンの掃除をした際に足元は既にビニールシートで養生してあります。 次に不要なタオルを1枚ずつ左右の手首の上あたりに巻いて、輪ゴムで留めます。 これをしとかないと洗浄液が腕を伝ってきちゃうので、結構重要ポイントです。 風向きを左右に変える羽の間から中を覗き込むと、結構カビが生えているかもしれません。 ここを目掛けて洗浄剤をスプレーします。 一通り吹きかけたら、歯ブラシの柄の部分で回転させ、またスプレー。 ぐるっと1回転するまで、これを繰り返して汚れを浮き上がらせます。 ファン専用の洗浄剤を使うと、こんな感じに泡で液垂れしにくくなります。 フィンで使用した洗浄剤を代用した場合は、こんなに泡はでません。 すみっこスポンジや歯ブラシ、綿棒を使って丁寧にこすってカビや汚れを落としていきます。 ぐるっと1周するにはかなり根気が要りますし、腕がつりそうになりますが、ガマン我慢。 終わったら手前の羽の部分も綺麗にします。 全て済んだら、残りの洗浄剤で綺麗に汚れを洗い流します。 途中で洗浄剤がなくなった場合は、霧吹きの水で洗い流します。 ウェス(ぼろ布)で拭き上げて、あとは乾燥するのを待ちます。 垂れてくる液がなくなったら、養生を外して全てを元通りにします。 電源を入れて、「送風」モードにして2時間くらい乾燥させれば完了です。 送風モードがない場合は下記(動画の次)をご参照ください。 『エアコンファン洗浄』 送風モードがないエアコンの場合 もしもお宅のエアコンに「送風」モードがなかった場合。 この場合は、 冷房の設定温度を室温より高く設定して運転してみてください。 送風モードは冷却フィンの熱交換器を使わない機能です。 冷房の設定温度が室温より高い場合、 自動的に送風機能に切り替わるはずです。 確認するには、室外機を見ると判ると思います。 室外機が回っていない状態であれば、送風モードです。 エアコンのカビを防ぐには? せっかく自分で綺麗にしたエアコンです。 日ごろから簡単にできることで、少しでも カビを防ぐ方法があったらいいなぁと思いませんか? 実はあるんです。 すごく簡単な方法が。 この5つが揃うと増殖するんです。 どれか1つ欠けても増殖はしません。 1つ1つみていきましょう。 冷房をかけると温度は下がりますが、冷房を切ったとたん、空気中の水分が冷えたエアコン内に結露します。 水(湿度)でカビ対策! 残るはカビの最大の原因ともいえる 「水(湿度)」。 しかし効果的な対処すれば、カビを防止できます。 その方法はこちら。 エアコン内を乾燥した状態を保つように、 冷房を切ったら1~2時間くらい「送風」にする。 エアコン(冷房)を使用していない季節でも、こまめに「送風」をかける。 これだけでカビの発生を驚くほど防げちゃうんですよ。 ぜひ試してくださいね。 ただ、カビは防げてもホコリは溜まるので、やっぱりお掃除は必要ではあります。 エアコン室外機の掃除方法は? 室外機は元来、屋外にあって汚れや雨にさらされるので、 多少のホコリや汚れは大丈夫なんです。 室外機の空気は部屋の中に入るわけではないので、風がよく通る状態であれば問題ありません。 でも、特にベランダなんかに置いて、側でお洗濯物をよく干されるお宅なんかは注意が必要かもしれませんね。 まずはエアコンのコンセントを抜いて、誤って室外機が作動しない状態にしてチェックしてみましょう。 裏側をチェック! まずは室外機を少しずらして、 裏側を覗いてみてください。 アルミのフィンが見えると思います。 ここに洗濯物のカスが詰まっていると、エアコンの効き目が悪くなります。 詰まっていた場合はブラシで優しくこすりながら掃除機でホコリを吸い取ります。 この部分はとても脆(もろ)いので優しく扱ってくださいね。 もし壁との余裕がなくて、室外機をずらせない場合はできる範囲でかまいません。 水を掛ける 掃除機とブラシだけで落ちない場合は、 上からなら水をかけても大丈夫です。 ただし雨程度の水です。 くれぐれも、高圧洗浄機などの強い圧力の水はかけないでくださいね。 古い室外機だと、アルミ部分が腐食して、白い粉が吹いた状態になっていると思いますが、これは手の施しようがありません。 機能的には問題がないものと思ってください。 前面をチェック! 次いで 表側のファン部分。 ここはガード(網)がかかっているので、できる範囲が限られてしまいます。 ここに葉っぱやツルが絡みついていなければ大丈夫。 室外機の前に物を置かずに、風がよく通る状態であれば問題ありません。 自分でお掃除するなんて無謀かと思うかもしれませんが、結構なんとかできるものです。 思った以上にすごい汚れが出るかもしれません。

次の