ニコラ 三月の。 STARDUST

ニコラランキング(新着順)6978ページ

ニコラ 三月の

ニコラ・ルナールは1990年代中期、ロワールで傑作ジャニエールを生みだし、 その後、ルメール・フルニエが手がけたシュナン・ブランで評判を築くと 一躍ヴァン・ナチュールの伝説的存在となった。 天才と風来坊気質の持ち主で、2005年に突如ロワールを去り、 短期間ローヌのアルデッシュでワインを造った後、 2011年にトゥーレ-ヌ、アンボワーズ村に戻り3haを購入。 2014年には長さ100mもの石の洞窟の醸造所を手に入れ、 理想の醸造環境を着々と入手している。 栽培、醸造では無農薬、低収穫、亜硫酸塩完全無添加は彼の基礎的前提を貫く。 加えて、畑でもセラーでも、徹底して電磁波の影響を退け、 ゆえに洞窟のセラーには徹底的に金属製品を排除し、 電灯さえも低電圧のものに交換。 さらに自社畑では、針金による電磁波の影響を退けるため、 パリサージュも行わない。 「電磁波の強い環境では畑にカビや病気が発生しやすい」というのが、 ニコラの持論である。 生産はわずか6,000本前後のみ。 比類ない気品と伸びやかなテクスチュアが持ち味。 二コラ・ルナールの代名詞ともいえる品種であるシュナン・ブラン。 ニコラにとってもシュナン・ブランは特に好きな品種なので 愛する娘の名前が何よりもふさわしい。 木樽で13ヶ月熟成。 醗酵中に生成された炭酸ガスを利用して醸造に活かす。 --- 20. 25 インポーターコメント シュナン・ブランらしい白桃の香りだが、 それがさらに柔らかく、それでいてしつこくない繊細さを持っている。 期待を裏切らない、二コラの白らしい香り。 粘性と濃さがあるのにもかかわらず、おおらかで余韻が長い。 若干の炭酸ガス、残糖。 開けるたびに多様な表情を見せてくれそうです。 原産国: フランス ロワール 造り手: ニコラ・ルナール タイプ: 白 土壌: 粘土、火打石 品種: シュナン・ブラン 商品コード: 119815 通常価格 税込 : 5,170 円 販売価格 税込 : 4,432 円.

次の

【自然派】ニコラ・ルナール リュリュ 白 750ml

ニコラ 三月の

今月は三部入れ替え。 閉店さよならセール、にしては千円しか安くないけど。 幕間には食堂で食べてる時間はなさすぎなので、各自工夫のこと。 お弁当すぐ売り切れでサンドイッチを買う。 着物よりパッパと動ける洋服で 第1部加茂堤』(菅原伝授手習鑑) 菅原道真が左遷される原因となる(もちろんドラマ)事件の場。 ゥワッときれいな色彩美。 花のピンク、時蔵の衣装の萌黄、それぞれのどこかに赤。 三月の歌舞伎見物だという気持ちが湧く。 真ん中に、道真養女苅谷姫と斎世親王が逢瀬をする御所車、というかっきりとした構図。 仕える桜丸(梅玉)と八重の時蔵の若い夫婦の互いの慕わしさ、時蔵の出す若妻の優しさの叙情。 しかし一幕だけでは、今後に展開される悲劇は感じないから(私は)、ただただ春の一幅の絵。 『楼門五三桐』 浅葱幕がパッと落ちると、万々の春!桜!南禅寺山門の朱赤!。 ご存知石川五右衛門乗っかって「絶景かな絶景かな」吉右衛門で待ってましたっの存在感。 山門がセリ上がって観客がわくわくしたところで菊五郎(華があるなあ〜幾つまでも)の真柴久吉、「浜の真砂は尽きるとも、世に盗人の種はつきまじ」を読み柄杓を受け止める絵。 この短い、一瞬のような、幻のような、一幕の為に用意された絢爛たる仕掛けの華々しさ。 もっと見ていたくて。 おなごり気分いよよ高まる。 『女暫』玉三郎、女暫は二度目とのこと。 花道に近かったので、はっきりお美しいお顔拝見。 お顔小さい。 手がね、やっぱりいい、ふとした手が違う。 お稽古凄いんだろうなあ。 舞台の面々やはり壮観。 前半の勇ましい巴御前と、幕が下りて花道でしとやかにお茶目になるのとの対比の面白さを、余り感じない。 吉右衛門の舞台番も、なんか控えめで品がある感じ。 前に勘三郎で見たからかな。 おとなな二人だわ。 (3月16日歌舞伎座) 第2部筆法伝授』また菅原伝授ものです。 ・・・この主君を思う悲哀と菅公の悲劇・・・コレ私苦手みたいで、感動できない。 仁左衛門好きなのに 梅玉もとっても人柄の良さをフレッシュに出しているんだけど。 菅原系ストーリィが苦手。 受験の御札貰う神社感が既に脳内で漂ってしまい、感動センサーが停止するんだもん。 『弁天娘女男白浪』浜松屋見世先の場・稲瀬川勢揃いの場 、前半の睡魔を撃墜される面白さと華やかさ。 面白いって知っててストーリー知ってるのに、やはり面白いというのが古典だなあ。 吉右衛門と連れ立ち呉服屋で詐欺を働く弁天小僧菊五郎の扮装した武家娘が、悪事がばれて男と見破られ、しとやかな娘からガラリ野太い声の男に戻り入れ墨を出し、「知らざあ言って聞かせやしょう・・・なせえゆかりの弁天小僧菊之助たぁおれがことだ」と、なんで悪者のくせにいばってんの?とゆう疑問を与えないすっぱり威勢のいい小気味よさ。 五右衛門といい弁天小僧といいルパンといい、人はなぜ泥棒悪者に肩入れするのか封建社会。 いやあ花道に勢揃いした五人男、いささか年齢が高い感あるが豪華絢爛。 菊五郎、吉右衛門、左團次、梅玉(なんか3月はオーバーワークな活躍)、そして日本駄右衛門(この名前とあの爆発頭の発想って、江戸時代って)幸四郎のにしき絵!まばゆく目に飛び込む紫の、揃いの衣装の地色。 舞台正面にズラリッ並んだカッコいい、ギリギリ踏ん張るこの五人の男を、ソラ知らざあ言ってきかせやしょうって気になる。 (3月19日歌舞伎座)この日は着物で行ったら途中疲れた。 歌舞伎座最後なので観たいとゆう友達次々で、歌舞伎会webで慌ててチケット取る一週間だったわけだが。

次の

史上最低レベルで進級ゼロ!?来年のニコラ行き展望

ニコラ 三月の

今月は三部入れ替え。 閉店さよならセール、にしては千円しか安くないけど。 幕間には食堂で食べてる時間はなさすぎなので、各自工夫のこと。 お弁当すぐ売り切れでサンドイッチを買う。 着物よりパッパと動ける洋服で 第1部加茂堤』(菅原伝授手習鑑) 菅原道真が左遷される原因となる(もちろんドラマ)事件の場。 ゥワッときれいな色彩美。 花のピンク、時蔵の衣装の萌黄、それぞれのどこかに赤。 三月の歌舞伎見物だという気持ちが湧く。 真ん中に、道真養女苅谷姫と斎世親王が逢瀬をする御所車、というかっきりとした構図。 仕える桜丸(梅玉)と八重の時蔵の若い夫婦の互いの慕わしさ、時蔵の出す若妻の優しさの叙情。 しかし一幕だけでは、今後に展開される悲劇は感じないから(私は)、ただただ春の一幅の絵。 『楼門五三桐』 浅葱幕がパッと落ちると、万々の春!桜!南禅寺山門の朱赤!。 ご存知石川五右衛門乗っかって「絶景かな絶景かな」吉右衛門で待ってましたっの存在感。 山門がセリ上がって観客がわくわくしたところで菊五郎(華があるなあ〜幾つまでも)の真柴久吉、「浜の真砂は尽きるとも、世に盗人の種はつきまじ」を読み柄杓を受け止める絵。 この短い、一瞬のような、幻のような、一幕の為に用意された絢爛たる仕掛けの華々しさ。 もっと見ていたくて。 おなごり気分いよよ高まる。 『女暫』玉三郎、女暫は二度目とのこと。 花道に近かったので、はっきりお美しいお顔拝見。 お顔小さい。 手がね、やっぱりいい、ふとした手が違う。 お稽古凄いんだろうなあ。 舞台の面々やはり壮観。 前半の勇ましい巴御前と、幕が下りて花道でしとやかにお茶目になるのとの対比の面白さを、余り感じない。 吉右衛門の舞台番も、なんか控えめで品がある感じ。 前に勘三郎で見たからかな。 おとなな二人だわ。 (3月16日歌舞伎座) 第2部筆法伝授』また菅原伝授ものです。 ・・・この主君を思う悲哀と菅公の悲劇・・・コレ私苦手みたいで、感動できない。 仁左衛門好きなのに 梅玉もとっても人柄の良さをフレッシュに出しているんだけど。 菅原系ストーリィが苦手。 受験の御札貰う神社感が既に脳内で漂ってしまい、感動センサーが停止するんだもん。 『弁天娘女男白浪』浜松屋見世先の場・稲瀬川勢揃いの場 、前半の睡魔を撃墜される面白さと華やかさ。 面白いって知っててストーリー知ってるのに、やはり面白いというのが古典だなあ。 吉右衛門と連れ立ち呉服屋で詐欺を働く弁天小僧菊五郎の扮装した武家娘が、悪事がばれて男と見破られ、しとやかな娘からガラリ野太い声の男に戻り入れ墨を出し、「知らざあ言って聞かせやしょう・・・なせえゆかりの弁天小僧菊之助たぁおれがことだ」と、なんで悪者のくせにいばってんの?とゆう疑問を与えないすっぱり威勢のいい小気味よさ。 五右衛門といい弁天小僧といいルパンといい、人はなぜ泥棒悪者に肩入れするのか封建社会。 いやあ花道に勢揃いした五人男、いささか年齢が高い感あるが豪華絢爛。 菊五郎、吉右衛門、左團次、梅玉(なんか3月はオーバーワークな活躍)、そして日本駄右衛門(この名前とあの爆発頭の発想って、江戸時代って)幸四郎のにしき絵!まばゆく目に飛び込む紫の、揃いの衣装の地色。 舞台正面にズラリッ並んだカッコいい、ギリギリ踏ん張るこの五人の男を、ソラ知らざあ言ってきかせやしょうって気になる。 (3月19日歌舞伎座)この日は着物で行ったら途中疲れた。 歌舞伎座最後なので観たいとゆう友達次々で、歌舞伎会webで慌ててチケット取る一週間だったわけだが。

次の