ペール レディ。 デル・トロ監督お気に入りの“ペール・レディ”全貌が明らかに!「スケアリーストーリーズ」特別映像

『スケアリーストーリーズ』本編映像&場面写真 不気味なクリーチャー“ペール・レディ”が登場|Real Sound|リアルサウンド 映画部

ペール レディ

ギレルモ・デル・トロがオスカー受賞後初めて企画・製作し、ストーリー原案を担当したホラー映画「スケアリーストーリーズ 怖い本」が2月28日 金 から全国で公開。 全米各地の怖い話を短編集としてまとめた「スケアリーストーリーズ 怖い本」は、子どもたちの恐怖心と好奇心をつかみ、瞬く間にベストセラーになった。 だが、スティーブン・ガンメルの描いたおどろおどろしい挿絵と道徳的でない内容に、親や教師から批判が殺到。 全米の学校図書館に置くことが禁じられたという、いわくつきの短編集だ。 特別映像でデル・トロとウーヴレダル監督は、ファンに向けて「コンニチハ!」と日本語であいさつ。 デル・トロは「原作が大好きで、昔から映画化したいと思っていました」と話し、「映画を楽しんでください。 ミテネ!」とお辞儀と共に流ちょうな日本語でコメント。 日本の皆さんにも楽しんでいただきたいです」とアピールしている。 デル・トロが一番のお気に入りと明かしている本作人気No. 赤い光が点滅する廊下の奥から、ゆっくりと姿を現す彼女。 べったり湿ったセンター分けの髪が体に張り付き、のっぺりとアンバランスな顔のパーツ、生気のない肌は見ているだけで不安を抱かせる。 映像では、写真では目視できなかった細かいパーツも確認が可能。 モジモジと動く青く染まった指先、すり足気味の足元は裸足でどす黒く染まっている。 さらに、小さなその目は奥二重で、ビューラーを使ったかのようにカールしたまつ毛。 時折笑顔を見せるが、眉毛がないせいか笑った表情はより不可解で、不気味さを醸し出している。 だが、それが余計に不気味なんだ」と解説。 映像からも分かる通り、ペール・レディをはじめ、本作のモンスターは極力CGを使用せず、特殊造形や特殊メイクの生身のモンスターとして作られている。 近づいてくる彼女を前に逃げ場を失い、絶望のどん底につき落とされるチャック役のオースティン・ザユルは「震えるほど怖いはずさ。 原作本のイラストが命をもって現れたみたいなものだからね」と、全米にトラウマを植え付けた原作のおどろおどろしいイラストの完全再現に、目を見開きながらその恐怖を訴える。 ハロウィーンの夜、町外れの幽霊屋敷に忍び込んだステラたちは1冊の本を見つける。 そこには、うわさに聞いた怖い話の数々がつづられていた。 持ち帰った次の日から1人、また1人と仲間たち消えていく。 主人公は消えた仲間たち。 (ザテレビジョン).

次の

激ヤバ!“ペール・レディ”=青白い女が迫る…『スケアリーストーリーズ 怖い本』本編解禁

ペール レディ

ギレルモ・デル・トロ監督が企画、製作、ストーリー原案を担当した映画「スケアリーストーリーズ 怖い本」の特別映像が公開。 第90回アカデミー賞で4冠を達成した「シェイプ・オブ・ウォーター」のデル・トロ監督が若い頃に多大な影響を受けた、自身の原点とも言える同名児童書シリーズを映画化。 全米では公開初日に第1位となり、30以上の国と地域でトップ10にランクインするなどヒットを記録している。 特別映像では、「夢に見そう」「めっちゃビビるから、センシティブな画像に認定して欲しい」「トラウマ級にヤバイ」などSNSを中心に話題を呼び、デル・トロ監督が「1番のお気に入り」と明かすペール・レディの全身と、耳に残るくぐもった声をお披露目。 赤い光が点滅する精神病院の廊下の奥からゆっくりと姿を現すペール・レディ。 映像では、モジモジと動く青く染まった指先、どす黒い足、くるんとカールした睫毛に彩られた奥二重など、細部が確認できる。 時折見せる笑顔も不気味で、デル・トロ監督は「『青白い女』は柔らかな微笑みを浮かべているんだ。 だがそれが余計に不気味なんだ」と自信をのぞかせる。 ペール・レディに追いつめられるチャックを演じたオースティン・ザユルは、「震えるほど怖いはずさ。 原作本のイラストが命をもって現れたみたいなものだからね」と、目を見開きながらその恐怖を訴えた。 さらに、デル・トロ監督とメガホンをとったアンドレ・ウーブレダル監督が日本のファンに向けメッセージを披露。 「コンニチハ!」と日本語で挨拶したふたりは、「原作が大好きで昔から映画化したいと思っていました。 映画を楽しんでください。 ミテネ!」(デル・トロ監督)、「ギレルモとの仕事は刺激的でした。 日本の皆さんにも楽しんでいただきたいです」(ウーブレダル監督)と、にこやかにアピールした。 「スケアリーストーリーズ 怖い本」は、2月28日から新宿バルト9ほか全国公開。 外部サイト.

次の

激ヤバ!“ペール・レディ”=青白い女が迫る…『スケアリーストーリーズ 怖い本』本編解禁 (2020年1月30日)

ペール レディ

累計700万部もの売り上げを誇りながらも、たちにを与えるとして全米のに置くことが禁じられたいわく児童書『スケアリーズ 怖い本』。 本作は、そんな児童書に10代の頃多大な影響を受けたというデル・トロが、受賞後はじめて企画・製作を務め、原案を担当して映画化した作品。 の夜、に忍び込んだのたちは、1冊の本を見つける。 そこには噂に聞いたの数々がれており、持ち帰った次の日からひとり、またひとりと仲間たちが消えていく。 そして本には毎夜、消えた仲間たちがの物語が追加されていき…。 ペール・は、これまで映画『パンズ・』のペイルマンやパン、『シェイプ・オブ・』のなど、数々の奇怪で名を生み出してきたデル・トロが手掛けただけあって、強烈なの姿かたちに仕上がった。 劇中写真のペール・は、口角は大きく上がりほほ笑みをたたえているが、真っ黒な瞳の奥は暗く濁っていて一切の感情はうかがえない。 脂っぽい髪がべったりと体に張り付き、血の気のない、なめし革のような皮膚が不恰好に垂れさがっている。 命のぬくもりが感じられない無機質な表情とふくよかな体形はアンで、何とも言えぬさだ。 登場映像では、丸い背中ののほか、赤い光が点滅する廊下の奥から逃げ惑う少年のほうに向かってと近づいてくる姿が映し出されている。 原作『スケアリーズ 怖い本』の挿絵として描かれた、ン・ガンメルによるなたちのは、デル・トロの大のお気に入り。 惚れこみすぎたデル・トロは、かつて貧乏だった時代にガンメルの原画に出会い衝動的に購入し、妻との関係に暗雲が立ち込めたほどだという。 ガンメルの挿絵で描かれたペール・は、液体に近い黒鉛で描かれで表現されているため、映像化する際に肌色はとなった。 そんな原画の再現に力を注いだデル・トロは、肌質に相当なこだわりを見せたようで「たちの色彩も、白や・、・パーチメント(羊皮紙のような黄色)などを混ぜて青白くしたかったんだ。 一部では効果を使って質感が固体よりもより滑らかに、液体っぽく感じられるようにもした」と明かしている。 ペール・の造形を担当したのは、『シェイプ・オブ・』で、デル・トロと一緒にを創作した・ヒル。 「彼女の何かにとても惹かれたんだ!」と語る彼は、ガンメルのに忠実に、本のページから実際に這い出てきたようなとして見事に作り上げている。 映画『スケアリーズ 怖い本』はより全国公開。 ALL RIGHTS RESERVED. 関連ニュース•

次の