競艇 インターネット 投票。 インターネットから競艇(ボートレース)の投票をする方法

競艇のWEB(ネット)投票のやり方

競艇 インターネット 投票

インターネット経由で舟券を購入することができる• 365日いつでも購入可能• サービスに対応している銀行口座が必要• テレボート用口座と即時入出金が可能• いつでも入出金が可能• 会員専用サイトでオッズ、直前情報を確認できる ネット経由で365日いつでも舟券を購入することができる ネット投票会員はその名の通り、インターネット経由で舟券を購入することができるサービスです。 パソコンや携帯電話、スマートフォンなどインターネットに接続ができる機器から365日いつでも投票することができます。 ネット投票会員になるには サービスに対応している銀行のネット口座が必要になりますが、ネット口座さえあれば簡単な申込だけで即利用可能になります。 ネット投票会員は 、 、 、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行、福岡銀行、広島銀行、スルガ銀行、au の口座を持っていれば登録できるサービスで、保有している口座を使ってテレボート口座という舟券購入用の口座と入出金して、舟券を購入することになります。 三菱UFJ銀行• 三井住友銀行• りそな銀行• 埼玉りそな銀行• 福岡銀行• 広島銀行• スルガ銀行• au テレボート用口座と即時入出金が可能 対応銀行の口座さえ持っていれば即日利用可能な点が特徴で、後に出てくる電話投票会員のように専用の口座を開設する必要がありません。 テレボートの口座と銀行のネット口座感の入出金は即時で反映しますので、払戻金を即日引き出すことができます。 また銀行の入出金には制限がなく、レース当日でもコンビニのATMなどから入金をして舟券を購入することができます。 ネット銀行であればコンビニATMの入出金は無料なところがほとんどですので、無駄な手数料を支払うことなく入出金をすることができます。 会員専用サイトでオッズ、直前情報を確認できる またネット投票会員になると、会員専用の情報サイトを利用することができ、 オッズや 直前情報などレースの予想に役立つ情報をチェックすることができます。 投票内容・結果を確認することもできるので、自分の収支管理もすることができます。 電話投票会員と比べると、サービスの利便性はネット投票会員の方が上ですので、どうしても電話投票会員が良いという人以外はネット投票会員として登録するのが良いでしょう。 上述した通り、ネット投票会員になるにはサービスに対応している銀行口座を開設する必要があります。 そのため、サービス対応銀行の口座を持っていない人はまず対応銀行の口座を開設しましょう。 すでに対応している銀行の口座を持っている人は以下のページから会員申込をすることができます。 (非対応銀行:りそな銀行、埼玉りそな銀行、au ) サービスの申込自体は 15分程度で完了し、完了次第すぐに利用することができますので、その日のうちに舟券の購入まですることができます。 電話投票会員のサービスの特徴• プッシュホンから舟券を購入することができる• インターネットからも舟券を購入することができる• 舟券を購入するには専用銀行口座の開設が必要• 専用銀行口座はレースの前日からレース終了まで入出金ができない プッシュホンから舟券を購入することができる 一方、電話投票会員はプッシュホンから舟券を購入することができるサービスです。 電話投票会員という名前ですが、インターネット経由で舟券を購入することもでき、投票はインターネット経由と電話の両方で注文が可能になっています。 舟券を購入するには専用銀行口座の開設が必要 専用の銀行口座が必要になり、電話投票会員になる際には、テレボート指定の18の銀行の中から舟券購入用の専用口座を開設します。 テレボート指定の銀行は都市銀行、地方銀行がメインですので、ネット銀行では専用口座を開設することはできず、 ネット銀行では電話投票会員になることはできません。 また専用口座の 口座開設には1~3か月かかります。 専用口座を開設しないといけないのは面倒ですが、専用口座であることで入出金が把握しやすくなり資金管理が簡単になるというメリットもあります。 レースの前日からレース終了まで入出金ができない もう1点注意点として、専用銀行口座はレースの前日には口座がロックされ入出金ができなくなります。 そのため舟券を購入するには購入資金の 入金を前日までにしておく必要があります。 払戻金を出金できるのもレースの翌営業日からになります。 このように電話投票会員には口座や入出金に制限があり、ちょうど中央競馬における即PATとA-PATとの違いと同じで、よほど電話で注文がしたいという方以外はネット投票会員になった方がよいでしょう。 ネット投票会員 電話投票会員 対応銀行 ・住信SBIネット銀行・ ・ ・三菱UFJ銀行・三井住友銀行・りそな銀行・埼玉りそな銀行・福岡銀行・広島銀行・スルガ銀行・auじぶん銀行 投票方法 ・PC・スマートフォン・携帯電話 ・電話・PC・スマートフォン・携帯電話 申込から利用までの期間 即日 1カ月半~3カ月程度 入金 当日の入出金が可能 投票日直前の銀行営業日まで 出金 当日の入出金が可能 翌銀行営業日以降 ネット会員になる際に必要になる銀行口座はネット銀行の口座を作っておくと、 入出金の手数料がお得なのでおすすめです。 競艇用の口座を作っておくと収支管理が楽になり、競馬や競輪などのネット投票にも使えて便利なので、ネット投票に対応しているネット銀行はどれか作っておくと便利です。 特に 住信SBIネット銀行、 楽天銀行、 ジャパンネット銀行の3銀行は競艇以外にも、競馬やオートレースなどの公営競技への投票をネットから行うことができます。 別の記事で紹介していますので参考にしてください。

次の

競艇のネット投票に100円単位で入金する方法: 不艇期連載

競艇 インターネット 投票

競艇に必須の便利なテレボートとは? まず、競艇は テレボートが主催として行われているわけではないので混乱しないようにご注意ください。 全国24ある競艇場ですが 各開催地で行われるレースの施工者はそれぞれ異なります。 大抵が所在している市区町となりますが一部の舟券購入から払い戻しまで、事業を委託してしています。 例えばボートレース福岡の舟券を北海道在住の人が購入するためにわざわざボートレース福岡の舟券売り場を北海道に設置、続いては全国に設置…としていると膨大なお金と時間がかかります。 そのため、電話投票とインターネット投票で全国のどこからでも舟券の購入ができるようになっています。 それを管理・運営しているのが 東京都港区にある一般財団法人BOATRACE振興会という組織で、テレボートというサービスを提供しています。 競艇場や場外舟券発売場 ボートピア では決められた競艇場のレースしか買えません。 全国どこでも購入が可能なのはテレボートだけです。 舟券を購入する方法をみていきましょう。 各開催地で 自動舟券発払機で購入することができます。 競艇場に行った時にはこの機械で購入している人がほとんどです。 しかし競艇場ではすべての競艇場のレースを購入することができず、せいぜい2~3場となります。 その他に競艇場がない都道府県にも所在しています。 こちらも 限られた競艇場のものしか購入することができません。 電話投票を利用する際は先に登録をしておき、レース当日に自動音声案内に電話をかけ舟券を購入する方法ですが 登録に時間と手間がかかります。 会員数60万人を突破している競艇でもっとも使われやすい舟券購入方法です。 インターネット環境があればどこからでも簡単に全国の競艇場の舟券を購入することができます。 最近ではスマートフォンの普及から競艇場にいながらもインターネット投票をする人も増えています。 テレボート インターネット投票 のメリット テレボートは電話投票もありますがここではインターネット投票に限ってメリットを紹介していきます。 全国の競艇場の開催情報や出走表はもちろん、 天候・展示情報・モーター情報・レース結果などすべてをこのテレボートから見ることができます。 さらに生中継の動画も見ることができるので、全国どこにいても舟券購入とレースを楽しむことが可能となります。 銀行口座と連動していて、あらかじめテレボートに軍資金を移してから舟券を買うという簡単な方法です。 また、締め切り時間ギリギリ 本場締切1分前 まで購入が可能なので リアルタイムのオッズを見ながら購入するか否かを判断することができます。 入会費・年会費などの手数料がかからない点も魅力的といえるでしょう。 テレボートのデメリット 舟券購入が気軽にできる分、強い自制心を持たないと 余計なレースまで買ってしまうハメになります。 また、現金を持たないため負けが込んでくると何度も口座から資金をテレボートに移行してお金使いすぎてしまう人もいるので注意が必要です。 テレボートへの登録方法 テレボートには20歳以上であれば誰でも登録することができます。 パソコンや スマートフォンから登録が可能です。 1点だけ注意が必要な点として、インターネット即時会員の会員登録には指定の銀行口座が必要になります。 ・ジャパンネット銀行 ・楽天銀行 ・三井住友銀行 ・住信SBIネット銀行 ・三菱UFJ銀行 ・りそな銀行 ・埼玉りそな銀行 ・福岡銀行 ・広島銀行 ・スルガ銀行 ・じぶん銀行 ・ゆうちょ銀行 申込みが可能な時間は8時30分から17時 ナイター開催時は20時30分まで で登録時に必要なメールアドレスにリターンメール 登録完了メール が届き、完了となります。 上記の口座を持っていない場合、まずはいずれかの銀行口座をインターネット上で作ることからはじめましょう。 口座開設まで時間は2週間前後かかってしまいますが開設さえできればいつでも舟券を購入することができるのでおすすめです。 テレボート登録ページ: テレボートを使って購入した舟券が当たった場合、払い戻しは登録している口座へとされます。 なお、購入に手数料はかかりませんがスマートフォンの場合はインターネット接続料がかかります。 生中継などを見る場合はWi-Fi環境がある場所や各携帯会社のパケ放題などを契約してテレボートに接続するといいでしょう。 2018年11月20日までキャンペーン中 期間限定で新規入会Wキャンペーンが開催されています。 (PC) (スマホ) 便利なテレボートを使って競艇をさらに楽しみましょう! 競艇で勝つ方法 ボートレースは競馬と違い、たった6艇の中から予想をするだけなのになぜだか当たりにくい印象を持っている人も多いはずです。 そもそも競艇において高額配当を当てることは可能なのでしょうか? 3連単の場合、 全レースで1号艇を1着に固定をして予想し続ければ勝てそうですが、 インが最も強い 徳山競艇場で実証した結果は回収率は 92%に留まりマイナス収支となりました。 そんな人達がどうやって 競艇で勝ち続けているのか判明しました。 本当に勝ちたい人は上記のリンクをクリックして勝利のヒントをご覧ください。 完全無料で メールアドレスと軍資金さえあれば超高確率でプラス収支にできる方法です。

次の

競艇のインターネット投票をしたいんですが、自分の口座を作らないとい

競艇 インターネット 投票

公営競技インターネット投票ガイド 謎に沢山あるインターネット上の各種公営ギャンブル販売サイト。 まず1番人気のボートレース(競艇)にはネット投票サイトが公式一つしかないのでわかりやすい しかし競輪には公式の他にチャリロト、Kドリームス、オッズパーク、Gamboo、DMM、ウインチケットと複数の車券購入サイトが乱立している状態で覇者なき争いが繰り広げられている。 今は公式でも車券購入でポイントが付くようになったので、全ての投票サイトで投票金額からのポイント還元やキャッシュバックなどが受けられる。 2020年現在で重勝式が購入出来るのはチャリロト、オッズパーク、Kドリームス、DMM競輪の4サイト オートレースも公式の他にオッズパーク、チャリロト、Gambooで車券が買える。 こちらはポイントが付くので公式以外で買うのが断然オススメ 個人的にはその中でもが一番良いと思う。 オッズパークの利点はポイント還元率と会員登録のしやすさにある。 そして競輪、地方競馬とも合算してポイントが貰えるのでこの2つの競技にも参加する人はさらにお得になる。 ボートレース舟券販売サイト 投票サイト名 提携場 全国24ボートレース場 提携ネット銀行 ジャパンネット銀行、楽天銀行、三井住友銀行、住信SBIネット銀行、三菱UFJ銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行、福岡銀行、広島銀行、スルガ銀行、じぶん銀行、ゆうちょ銀行 投票アプリ iPhoneのみ 入出金手数料 無料 投票特典 SGの時などに大型キャッシュバックキャンペーンをよく開催している ボートレース購入サイト解説 ボートは投票サイトが乱立していなくて公式しかないのでわかりやすい。 各レース場にそれぞれのポイント&キャッシュバックサイトがあるので、色々とチェックしてみよう。 ポイント厨として残念な所としては舟券購入で特典を得られるサイトが各レース場ごとに独立してしまっているので、貯まる効率がすこぶる悪い 競馬や競輪、オートは同じ購入サイトで買えば全てを合算してくれるけど、ボートの場合は月に各場で1万円ずつ買ったとすると合計24万円も買っていることになるけど、キャッシュバック型のレース場だとこういう買い方ではなかなかキャッシュバック対象にはならない。 ポイント型のレース場なら購入金額分のポイントが貯まるので悪くないけど1年間でポイントが消滅するレース場ばかりなので、 特にホームプールがない人では購入レース場が分散してポイントもそんなに貯まらない。 レース場ごとに見た場合の還元率は悪くないのだけど、全体の購入金額から見た還元率は他の競技より確実に悪い。 競輪車券販売サイト 投票サイト名 提携競輪場 競輪全国43場(2019年6月現在) 提携ネット銀行 ジャパンネット銀行、楽天銀行、三井住友銀行、住信SBIネット銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行 発売車券 通常車券 Dokanto! 7:ランダム式7重勝単式 Dokanto! 4 two:ランダム式4重勝連勝複式 投票アプリ なし 入出金手数料 無料 投票特典 投票やゲームで貯めたポイントで現金や競輪グッズ、電化製品などと交換できる。 備考 競輪公式の車券販売サイト。 指定10競輪場(函館、青森、大宮、西武園、静岡、豊橋、四日市、奈良、高知、佐世保)の車券を購入する場合はにも登録することでポイントがダブルで貰える。 投票サイト名 提携競輪場 競輪全国43場 発売車券 通常車券 BIG DREAM:ランダム式4重勝連勝複式 K-5:セレクト式5重勝単式 K-3:セレクト式3重勝単式 K-3two:セレクト式3重勝連勝単式 Dokanto! 7:ランダム式7重勝単式 Dokanto! 4 two:ランダム式4重勝連勝複式 車券購入方法 投票専用電子マネー「デルカ」 デルカチャージ方法 投票アプリ なし 入出金手数料 無料 投票特典 投票金額での楽天ポイントでのポイントバックや、別枠で投票で貯めたコインによる景品交換など、かなり多彩な特典が用意されている。 備考 楽天の運営なので楽天競馬との相性が良く同時キャンペーンなどをよく開催している。 諸注意 デルカは楽天銀行かJNBの口座を持っていないと本人確認書類の提出が必要(ネット完結) また使わなかったデルカは180日で失効する。 投票サイト名 提携競輪場 競輪全国43場 発売車券 通常車券 チャリロト:重勝式車券 Dokanto! :重勝式車券 車券購入方法 投票専用電子マネー「トレタ」 トレタチャージ方法 入出金手数料 無料 投票特典 トレタ等が当たる各種キャンペーンを随時開催中 備考 投票会員になる為にはDMMに本人確認書類を提出することが必要(ネット完結) 投票サイト名 提携競輪場 競輪全国43場 発売車券 通常車券 車券購入方法 チャージしたポイントを使っての投票 ポイントチャージ方法 各種クレジットカード(VISA、Mastercard、JCB)、ジャパンネット銀行、その他の銀行(Pay-easy経由)、Apple Pay、払戻金 出金手数料 無料 投票特典 会員登録で1000pt。 他にもお得なポイントキャンペーン実施中 備考 投票会員になる為には本人確認書類を提出することが必要(ネット完結) 競輪&オートレース車券販売サイト 投票サイト名 提携レース場 全ての競輪&オートレース場 発売車券 <競輪> 通常車券 Dokanto! 7:ランダム式7重勝単式 Dokanto! 4 two:ランダム式4重勝連勝複式 <オートレース> 通常車券! 買い目は自分で選べない。 キャリーオーバー制を採用しており最高配当は6億円。 的中率は破格の983万4496分の1。 1枚100円 モトロトminiとは? 5R連続で単勝を当てる車券。 買い目は自分で選べる。 ランダムに買った場合の的中率は32768分の1。 1枚100円 投票サイト名 提携競輪場 競輪全国43場 発売車券 競輪:通常車券 オートレース:通常車券 チャリロト:ランダム式7重勝単式 チャリロトセレクト:セレクト式7重勝単式 チャリロト5:セレクト式5重勝単式 チャリロト3:セレクト式3重勝単式 Dokanto! 7:ランダム式7重勝単式 Dokanto! 4 two:ランダム式4重勝連勝複式 購入方法 楽天銀行かJNBからの現金チャージか、チャリカ(投票専用電子マネー) チャリカは銀行やクレジットカード、コンビニでチャージが可能。 提携ネット銀行 、 投票アプリ なし 入出金手数料 無料 投票特典 キャッシュバックキャンペーンなど 備考 チャリロト会員になるとJRAの競馬新聞(競友、勝馬、優馬、日刊競馬)が無料DL出来る謎の特典あり 投票サイト名 提携レース場 全ての競輪&オートレース場 車券購入方法 投票専用電子マネー「デルカ」 デルカチャージ方法 投票アプリ 無し 入出金手数料 無料 投票特典 車券購入で貰えるポイントに応じて現金やデルカに交換できる その他 車券はデルカという電子マネーでしか購入出来ない。 その性質上、現金で買う投票サイトとは違ってチャージした金額はお金に戻せないので全部使い切らないといけない。 もちろん払い戻しは現金で行われる。 競輪購入サイト解説 競輪は車券を購入できるサイトが沢山ありすぎてわかりにくい。 決め手は他のギャンブルも買うか、買わないか。 それで大分お得感が違ってくる。 まず競輪しか買わない人であればポイントが付くようになった公式サイトで問題なさそう。 重勝式を買いたい人は「チャリロト」か「Kドリームス」か「DMM競輪」 地方競馬も好きな人は「オッズパーク」か「Kドリームス」がいい。 「オッズパーク」は1つのサイトに登録するだけで地方競馬、競輪、オートレースが買えるし、普通にネット銀行から現金をチャージするタイプなので使い勝手もいい。 「Kドリームス」は楽天競馬との親和性が高いのがメリットだけど、投票専用電子マネー「デルカ」での車券購入なのでチャージした金額は全て車券を買わないといけないのがネックではある。 「ウインチケット」はアメーバブログやAbema TVでお馴染みのサイバーエージェントの運営。 最後発だけど、どこに勝算を見出して参戦してきたのかはよくわからない。 本人確認書類の提出がある時点でそれがない投票サイトよりもアカウント作成の心理的ハードルが格段に上がる。 ただ投票アプリやAbema TVとの連動企画など強みがあるのも事実なので、Abema TVで競輪中継をよく見る人には向いているのかもしれない。 オートレースと競輪の同時購入に対応しているのは「オッズパーク」と「Gamboo BET」 「Gamboo BET」のメリットとしてはSNSの充実か。 日記機能や、予想を買ったり売ったりする機能が公式に備わっている。 ただ参加者はあまり多くない。 オートレース車券販売サイト 投票サイト名 提携レース場 全国5つのオートレース場 提携ネット銀行 及び 投票アプリ なし 入出金手数料 無料 投票特典 毎月キャッシュバックキャンペーン開催中(エントリー制) オートレース購入サイト解説 最低でも月3万円購入と条件は結構厳しいけど、公式ではオートレースの売上規模を考えると破格のキャッシュバックキャンペーンを開催している。 ただこれは抽選なので、安定的にポイントが欲しい人やそんなに買わない人は購入額に対するポイントが付くサイトの方が良い。 安定的なバックが欲しい本命党は「オッズパーク」か「Gamboo BET」。 一発狙う穴党はオートレース公式で車券購入! 「Gamboo BET」は投票用電子マネー「デルカ」の会員登録をする時に楽天銀行かJNBの口座を持っていないと本人確認書類の提出(写メでOK)が必要となるので、相当に面倒くさい。 現状本人確認書類を提示してまで口座を作るメリットが「Gamboo BET」にあるかと訊かれれば全く思い当たらない(キッパリ) 開設済み投票サイトのネット銀行口座を変更する方法 楽天銀行からジャパンネット銀行などへ投票用口座を変更する方法はない。 その場合は各トップページより新たにアカウントを作成する。

次の