空手 教室。 笹塚こども空手教室〜洗心道会館杉並支部〜

札幌の空手教室・空手道場│空手道 修道館

空手 教室

空手教室ってどんなところ? 子供のお稽古の中でもママたちに人気があるのが「空手教室」。 「体力をつけるのに良さそう。。。 」「体だけでは無く精神面も鍛えてくれそう。。。 空手の型の練習は1日30分くらいで、それ以外は基本の動作をひたすら繰り返します。 というのも基礎である突き、払いとめ、蹴りを完璧にしていかないと型も良くならないからなのです。 子供に空手を習わせるメリットデメリットとは? 子供に空手を習わせるメリットは精神的にも肉体的にも鍛えられて強くなるということはもちらん、空手では礼儀作法も重視されますのであいさつなどの礼儀もしっかりとできるようになります。 そして空手では級や段を上げていったり、周りの子供達を競い合うので闘争心もきたえられます。 空手を習わせるデメリットは、やはり怪我をする可能性があるということがあげられます。 一般的に月謝はいくらくらい? 子供の空手の月謝はだいたい月に3000~5000円くらいのところが多いようです。 そして入会費や登録費などに数千円くらいかかるようです。 一般的に学校の体育館や公民館などを借りてあるところは月謝もわりと安く設定されているところが多く、先生が自分の道場をかまえているところは月謝も高めです。 お稽古は週にどれくらい? これも空手教室によって違いますが、お稽古は週に2日くらいが多いようです。 道場によっては週に3日しか開いていなかったりするところもあるので、できれば週にたくさんあいている所のほうが柔軟に対応できます。 入門を決める前にあいている曜日、お稽古の時間もしっかりとチェックしましょう。 子供の空手教室選び ひとくちに空手教室といっても、たくさんあるのでどの教室を選ぶべきが迷いますよね。 そんな時は見学を利用して空手教室の雰囲気、先生の指導の様子、子供達の様子などをみていきましょう。 やはり空手教室を選ぶにおいて指導者である先生の良し悪しは大切です。 先生によってはまったく叱らない先生もいれば、とっても厳しい先生もいます。 実際の先生の様子は見学ではなかなかわかりにくいこともあるので、実際にその道場へ通わせている保護者に質問してみるの手です。 また、黒帯を持っている人の数も見学する際はチェックしてみましょう。 黒帯の人が多いということは、黒帯の先輩が稽古をしてくれるということなので良いことです。 (多すぎる場合は試験の審査が緩い可能性もありますが) 空手を始める年齢 空手道場によっては幼稚園から入門できるところもあります。 でも幼稚園生のうちは基本的な型、長時間の正座も難しいかもしれませんので本格的なお稽古というより遊び感覚になってしまう可能性もあります。 メンタルは確かに強くなりましたよ。 どちらかというといじめられっ子だった二人ですが、3年くらいたつと別人のようになりましたから・・・。 体力もしっかりつきました。 ひどかった喘息も以前の半分くらいになりましたし、上の子は本当に丈夫で熱も出しません。 週3稽古に行くのですが、他の習い事もあり物凄~く多忙です。 時間がとにかくないので、帰宅後は速攻で宿題をし、ご飯を食べ18時半~21時まで稽古して、22時お風呂、23時まで家庭学習という日々です。 だらだらする暇がないので、二人とも時間の使い方が上手いです。 デメリットは怪我です。 伝統空手ですが、実際はガンガン当たるのでちょこちょこ怪我をします。 娘はしゅっちゅう整形外科に行っています。 すねなんか二人とも青痣だらけです。 あとは夜遅い稽古なので慣れるまで辛かったですね。 小さい頃はお昼ね必須でした。 空手は続けるのがキツイ習い事ですが、素晴らしい武道だと思いますよ。 二人を見ていてそう思います。 いつもいじめられている子の味方だし、他人に対して本当に優しいです(他の親御さんや先生方にも言われます)自信がついて気持ちに余裕があるのでお友達に意地悪されても気にしなくなり、空手を使う事もありません。 息子さんもよい先生に出会えるといいですね。 メリットは、礼儀・忍耐力・精神力・体力・・がつく とかですかね。 でも実際それを実感する事はほとんどないです・・・負けず嫌いのお子さんだと闘争心も養えるか。 も デメリットは、怪我をする可能性がある だと思います。 空手は流派によってまったく違うので、フルコンタクト 直接打撃 だとお子さんによっては組手が耐えられなかったり、痛いので嫌がる可能性も・・・ 寸止めの所もあるので色々見学してみるとおもしろいですよ お子さんに合う所を選ばれれば身につく事は沢山あるのではないでしょうか。 私は友人と一緒に空手を習い始めたのですが、その友人の弟も一緒に始めました。 私や友人は突きや蹴りは不慣れながらにも徐々に上達しましたが、幼かった友人の弟はあまり身になっていないようで、あまり上達しませんでした。 それから2年ほど経ち、やっと小学校に入ったぐらいから雰囲気に変化がありましたね。 やはり小学生ぐらいになるとある程度人格がしっかりしてきて練習も身になっていくんだと思います。 今まではすぐに座り込んでしまっていた友人の弟も数年経てばちゃんと最後までついていけるようになっていましたし、型も覚え着実に進級していきました。 ですが、これは早くに始めたからではなく、年令を重ねて体が成長してきたからだと思います。 実際私の知り合いが数年後に入門したのですが、私とほぼ同じレベルに追い付いてきましたから、小さい頃は練習の数よりも本人の努力や志、体の成長具合が重要なんだと思います。 型がまともになってくるのはだいたい小学校2年ぐらいからですね。 それから3年もすればかなり立派な空手家になります。 ですから、やはり入る限りは小学校を卒業するぐらいまでは続けるほうが良いですし、それぐらいの年齢まで続けないと意味は無いのかな?と思います。 出典: 子供のころから空手を習っていたこの方によりますと、空手の型がまともになってきたり、体がついていくのは小学校の2年生くらいからだそうです。 はきはきとした返事ができるようになったこと、そして、たくさんのお友達や先輩たちに恵まれ、よいコミュニケーションの場になったと思います。 また、幼稚園の頃はよく熱を出したり風邪をひいたりしていましたが、今はほとんどそのようなこともなく、元気に学校生活を過ごしています。 (始めた年齢:小学校低学年/岡山県) 出典: 幼稚園のころはよく熱を出したり風邪をひいてしまったこの方の子供も空手を習い始めだしてからは、体が丈夫になり元気に学校生活を過ごしているそうです。

次の

笹塚こども空手教室〜洗心道会館杉並支部〜

空手 教室

広島市安佐北区を中心に活動している子ども運動空手教室です。 幼児から小学児童を対象にした空手教室です。 空手を学ぶことはもちろんですが、空手を通して何を学ぶか、空手を共に学ぶ仲間を通して何を学ぶかを大切にしながら、子ども達に空手の楽しさ、体を動かす楽しさ、目標に向かって努力する過程と目標を達成する喜びを体感し、心身ともにたくましく思いやりのある子ども達を育成していきたいと思っています。 一人ひとりに目を届かせしっかり関わっていきたいとの思いから各教室の定員を10名としております。 また、当教室の願いとして、いつか子供たちが運動空手教室を卒業し、ふと出会ったときに、子供たちからこんな言葉が聞こえてくることを願いながら指導しています。 「空手教室でいろんな運動を体験したから、今も楽しく体を動かしています!」 「空手教室でのトレーニングが今のスポーツに役立ってます!」 当教室の活動が意図することは、空手の知識や技術だけを習得するのではなく、プレゴールデンエイジ(5歳~8歳頃)、ゴールデンエイジ(9歳~12歳頃)と呼ばれるこの時期にしっかりと全身を使った運動を展開し神経系の発達を促し、敏捷性、バランス感覚、反射能力などを養うことで運動の能力の基礎が広く大きくなりこの土台があることで、 子供たちが将来取り組んでみたいスポーツなどに活かすことができ、スポーツの分野に限らず、様々な取り組みの中でも活かされるのではないかと思います。 当教室では、空手を通して次のことを身につけていきます。 基礎体力や身体操作能力の向上 当教室の特色のひとつとして、稽古の中に基礎体力や身体操作能力の向上を図るためのトレーニングを取り入れています。 規則正しく順序やセット数に沿って鍛えるという感覚ではなく、流動的な動きの中で体を動かし体力アップを図ります。 時には、あそび要素を取り入れ体を動かす楽しさや、生徒同士協力し助け合い積極的にコミュニケーションをとりながら社会性を育んでいます。 積極性、協調性を養う 生徒一人ひとりが主役となる場をつくり、しっかり声を出し、全身を使って突きや蹴りを披露してもらいます。 この経験を通して、皆の見本となるように自ら積極的に行動できる、そして仲間と共に刺激を受け与え合うことで協調性を養っていきます。 自発性、創造力を育む 与えられた課題だけでなく、生徒が取り組んでみたいこと、チャレンジしてみたいこともどんどん取り入れています。 礼儀作法、感謝の心 姿勢を正しはっきりと大きな声で挨拶をする。 基本中の基本です。 挨拶だけではなく、靴や上着などもきれいに整えて置くといったことにも目を向けて習慣付けています。 ただやりなさいではなく、なぜそれをするのかといったことも含めて伝えます。 頭と体で礼儀作法を身につけていきます。 そして、感謝すること。 この教室を使わせて頂きありがとうございます。 ともに稽古に取り組む仲間にありがとうございます。 いつも送迎をしてくれているお父さん、お母さんにありがとうございます。 当教室の理念 真剣に考え、真剣に学び、真剣に心から空手を楽しむ こちらからの指示を待つばかりではだめ、自ら考え気づき行動に移すこと。 常に、学ぼうとする姿勢をもち、なぜこうするのか?どうすれば上手くなるのか?を考えること。 考えてみてわからなければどんどん質問することを心がける。 稽古は、楽しいことばかりではない。 時につらいこともあるけれど、自分で楽しくする工夫をすることも大切。 空手を楽しむって簡単ではないかもしれないけれど、心から空手を楽しめるようになるといろんなことも楽しめるようになる。 首里派空手道 律匠館 子供運動空手教室 指導者 大久保 友杜矢 昭和50年生まれ 首里派 空手道 四段、古武道 初段 保育士、子育て支援員、赤十字幼児安全法支援員 1990年 首里派空手道 仁匠館(香川県高松市)入門 1995年 第27回首里派空手道大会 優勝(香川県高松市にて開催、一般初段クラスの部) 2014年 子供運動空手教室 落合教室開校 2015年 深川教室開校 2017年 倉掛教室開校(~2019年閉校) 2019年 三田教室・矢口が丘教室開校 (その他活動) にんじゃとも影の運動あそび教室を開催(幼児・小学1・2・3年生対象) 認定こども園・保育園にて幼児体育(運動遊び)指導(2歳~5歳対象) 福祉施設にて小学児童を対象としたカラダげんきクラブを実施 児童養護施設にて、小学児童を対象に運動ボランティア活動に取り組む.

次の

笹塚こども空手教室〜洗心道会館杉並支部〜

空手 教室

広島市安佐北区を中心に活動している子ども運動空手教室です。 幼児から小学児童を対象にした空手教室です。 空手を学ぶことはもちろんですが、空手を通して何を学ぶか、空手を共に学ぶ仲間を通して何を学ぶかを大切にしながら、子ども達に空手の楽しさ、体を動かす楽しさ、目標に向かって努力する過程と目標を達成する喜びを体感し、心身ともにたくましく思いやりのある子ども達を育成していきたいと思っています。 一人ひとりに目を届かせしっかり関わっていきたいとの思いから各教室の定員を10名としております。 また、当教室の願いとして、いつか子供たちが運動空手教室を卒業し、ふと出会ったときに、子供たちからこんな言葉が聞こえてくることを願いながら指導しています。 「空手教室でいろんな運動を体験したから、今も楽しく体を動かしています!」 「空手教室でのトレーニングが今のスポーツに役立ってます!」 当教室の活動が意図することは、空手の知識や技術だけを習得するのではなく、プレゴールデンエイジ(5歳~8歳頃)、ゴールデンエイジ(9歳~12歳頃)と呼ばれるこの時期にしっかりと全身を使った運動を展開し神経系の発達を促し、敏捷性、バランス感覚、反射能力などを養うことで運動の能力の基礎が広く大きくなりこの土台があることで、 子供たちが将来取り組んでみたいスポーツなどに活かすことができ、スポーツの分野に限らず、様々な取り組みの中でも活かされるのではないかと思います。 当教室では、空手を通して次のことを身につけていきます。 基礎体力や身体操作能力の向上 当教室の特色のひとつとして、稽古の中に基礎体力や身体操作能力の向上を図るためのトレーニングを取り入れています。 規則正しく順序やセット数に沿って鍛えるという感覚ではなく、流動的な動きの中で体を動かし体力アップを図ります。 時には、あそび要素を取り入れ体を動かす楽しさや、生徒同士協力し助け合い積極的にコミュニケーションをとりながら社会性を育んでいます。 積極性、協調性を養う 生徒一人ひとりが主役となる場をつくり、しっかり声を出し、全身を使って突きや蹴りを披露してもらいます。 この経験を通して、皆の見本となるように自ら積極的に行動できる、そして仲間と共に刺激を受け与え合うことで協調性を養っていきます。 自発性、創造力を育む 与えられた課題だけでなく、生徒が取り組んでみたいこと、チャレンジしてみたいこともどんどん取り入れています。 礼儀作法、感謝の心 姿勢を正しはっきりと大きな声で挨拶をする。 基本中の基本です。 挨拶だけではなく、靴や上着などもきれいに整えて置くといったことにも目を向けて習慣付けています。 ただやりなさいではなく、なぜそれをするのかといったことも含めて伝えます。 頭と体で礼儀作法を身につけていきます。 そして、感謝すること。 この教室を使わせて頂きありがとうございます。 ともに稽古に取り組む仲間にありがとうございます。 いつも送迎をしてくれているお父さん、お母さんにありがとうございます。 当教室の理念 真剣に考え、真剣に学び、真剣に心から空手を楽しむ こちらからの指示を待つばかりではだめ、自ら考え気づき行動に移すこと。 常に、学ぼうとする姿勢をもち、なぜこうするのか?どうすれば上手くなるのか?を考えること。 考えてみてわからなければどんどん質問することを心がける。 稽古は、楽しいことばかりではない。 時につらいこともあるけれど、自分で楽しくする工夫をすることも大切。 空手を楽しむって簡単ではないかもしれないけれど、心から空手を楽しめるようになるといろんなことも楽しめるようになる。 首里派空手道 律匠館 子供運動空手教室 指導者 大久保 友杜矢 昭和50年生まれ 首里派 空手道 四段、古武道 初段 保育士、子育て支援員、赤十字幼児安全法支援員 1990年 首里派空手道 仁匠館(香川県高松市)入門 1995年 第27回首里派空手道大会 優勝(香川県高松市にて開催、一般初段クラスの部) 2014年 子供運動空手教室 落合教室開校 2015年 深川教室開校 2017年 倉掛教室開校(~2019年閉校) 2019年 三田教室・矢口が丘教室開校 (その他活動) にんじゃとも影の運動あそび教室を開催(幼児・小学1・2・3年生対象) 認定こども園・保育園にて幼児体育(運動遊び)指導(2歳~5歳対象) 福祉施設にて小学児童を対象としたカラダげんきクラブを実施 児童養護施設にて、小学児童を対象に運動ボランティア活動に取り組む.

次の