アコギ コード 表。 無料ギターコード譜|歌詞検索サイト!

ギターコードの正しい押さえ方

アコギ コード 表

今回は、「パワーコードのおさえかた・弾き方と使う方法」についてご説明していきたいと思います。 これがパワーコードのおさえかたです。 オンコードが使われた場合、薬指でおさえづらい場合が出てきたしするのでその時は小指を使います。 「薬指じゃ弾きづらい!」なんて方は小指をつかいましょう。 これはCのおさえかたなのですが、パワーコードというのは基本的にどのコードでも2本の指(3本指もあり)を使ってこのようなフォームなります。 どのコードでもこのフォームでおさえるというのは、DでもC#mでも同じという事です。 そしてこのおさえている指以外の弦はミュートします。 「 ミュート」・・・音を出さないこと。 出来ない場合はミュートしなくても大丈夫です。 これは5弦ルートのパワーコードですが、6弦ルートのパワーコードとさらに4弦ルートのパワーコードもありますが今回は4弦ルートのパワーコードは省略させていただきます。 下が一通りのパワーコードのおさえかたです。 この事のついては「」にて説明していますので見ていただけるといいかと思います。 そしてさらに下をご覧ぐださい。 これは3本弦をおさえてますが、これも「パワーコード」です。 音に厚みを出したいときなんかに使います。 このダイアグラムのポジションはどのコードでもこの形になりますので、もっと音に厚みを出したいときは使ってみて下さい。 パワーコードの弾き方・方法 次にパワーコードの弾き方ですが、 コードをストロークするのと同じ感じでミュートしている弦もストロークしてください。 慣れないうちは特に意識しなくてもいいのですが、慣れてきたら出来るだけ弦を押さえているところだけ弾くという方法にしましょう。 そうすることによってストロークした時のアタック音が軽減されます。

次の

コード表(ダイアグラム)の見方!

アコギ コード 表

指使い入りギターコード表はこちらから無料ダウンロード・印刷ができます 主要なコードしか載せてませんが、別のコードが必要になったときに書きたせるようにエクセルファイルで作ってあります。 後で書きたす場合はエクセルファイルをダウンロードすると良いと思います。 あとはPDF、JPGがありますのでお好みでどうぞ。 ダウンロードは以下のリンクをクリックしてください。 PDFファイル Excelファイル JPGファイル 指使いが書いてあるので初心者でも押さえ方が簡単にわかる ギターを始めたばかりのころは、まずコードを覚えてみようという人も多いかと思います。 しかし、 どの弦のどのフレットを押さえるかはわかっても、どの指で押さえるかまではなかなかわからないものです。 そこで初心者向けに指使いまで書いたコード表を作ってみたというわけですっ。 必ずしもコード表の指使いどおりにしなくても良いと思いますが、無理のない押さえ方になってますので参考にはなると思いますよ~。 指使い入りギターコード表の見方 コード表を見るとコードダイアグラムには番号が書いてあるのがわかると思います。 この番号は指を表しています。 この番号があることで、コードを何の指で押さえればよいかがわかるわけです。 同じフレットで番号が同じ場合は1本の指で押さえます。 例えばFならば1弦から6弦の1フレットを人差し指1本で押えます。 このように 1本の指で複数の弦の同じフレットを同時に押えるコードをバレーコードと言います。 初めのうちはこのバレーコードが難しいと思います。 弦を押さえているつもりでも、なかなか音が出ないんですよね~。 コードの指使いは押さえやすいやり方でOK さきほどもお伝えしましたが、コード表の指使いは目安として参考にしていただければと思います。 押え方に無理がなければ、ある程度は自分の押さえやすいやり方でいいと思いますよ~。 例えばC のコード。 コード表の押さえ方は以下のように書かれています。 5弦から1弦の4フレットを人差し指でセーハ• 5弦6フレットを中指• 4弦6フレットを薬指• 3弦6フレットを小指 ですが、次のような押さえ方でもOKです。 5弦から1弦の4フレットを人差し指でセーハ• 5弦から3弦の6フレットを薬指でセーハ 1弦は薬指を浮かせて6フレットを押さえないようにする どっちも難しいんですが、やりやすいほうでOKだと思いますよ~。 ギター初心者に難しい押さえ方のコードは別記事で紹介してます 特に難しいと思われるコードの押さえかたは別記事で解説しますので、ぜひご覧ください。 ギター初心者がつまずきやすいFコードです。 簡単に押さえられる省略コードを紹介していますので参考にしてみてください。

次の

5分でよく分かる!ギター楽譜の読み方

アコギ コード 表

Advertisement ギター初心者にとって自分でも弾ける練習曲を探すのは結構大変ですよね。 調べてみても「この曲はコードが簡単!」って言われて全く知らない曲を紹介されることも多く、ギターを練習する前に曲を覚えなければいけないということもしばしば。 できたら既に知っている曲で、ギターが簡単な曲を知りたいという人も多いんじゃないでしょうか。 ということで、今回はギター歴10年以上の筆者サッキー()が、日本で結構有名な曲の中からギター初心者にもオススメできるコードが簡単な曲を選んでみました! 最初は練習曲の選び方から解説していくので、「選び方は知ってるから早くオススメ曲が知りたい!」という方は下からジャンプしてみてください。 テンポが速すぎない曲• 繰り返しが多い曲• コードが単純な曲• 好きな曲 それぞれざっくりと解説していきましょう。 テンポが速すぎない曲 やっぱりテンポが速すぎるととギターはどんどん難しくなっていきます。 速すぎる曲をいきなり選んでしまうと、すぐに挫折してしまうので、ミドルテンポやバラードの曲を選ぶのがおすすめです。 繰り返しが多い曲 早く曲を弾けるようになりたい場合は繰り返しが多い曲を選んでみてください。 例えば洋楽などは、邦楽に比べて比較的同じパターンの繰り返しが多いので、1箇所が弾けるようになると他の箇所も弾けるようになりますよね。 逆に、コードやギターのフレーズが変則的な曲を選んでしまうとそれだけ覚えることも多くなるので、弾けるまでに時間がかかってしまいます。 コードが単純な曲 ギターを弾くにあたってコードを押さえられることは重要になってきます。 しかし、いきなり「Fコード」や「Bコード」など難しい押さえ方が連発するような曲は初心者にとって難しすぎますよね。 最初はもっと単純なコードが多い曲を演奏していき、慣れてきたら徐々に難しい曲にチャレンジしましょう。 好きな曲 ギターが上達するためには、楽しんで練習できることが一番大事です。 これまで紹介した条件にマッチする曲であったとしても、好きになれない場合はその曲の練習はやめた方がいいかもしれません。 逆に、少し技術的に難しい曲を選んだとしても、好きという気持ちがあれば、練習も楽しくできて、いつのまにか弾けるようになっていることも多いです。 ぜひ「自分が好きな曲か」というのも頭に入れながら練習曲を選んでみてくださいね。

次の