いじめっ子 親。 いじめっ子の特徴や心理状況は?親も原因にあり!

いじめられっ子が大人になったら性格は歪む?親の特徴とは?

いじめっ子 親

いじめの原因はいじめっ子の家庭環境が影響している? いじめの問題などが起きると、親の責任について議論されることがあります。 以前に、あるテレビ番組の司会者が「いじめる側が悪い。 そして親にも責任がある」といったコメントをして話題になりました。 私の見解では、「誰が悪い」ということではなく、「やっている行為」と「人」とを切り離して考える必要があります。 「いじめ」が起こる原因は一つではありません。 無意識の中でも「いじめをしなくてはいられない精神状態に追い込まれてしまうのだろう」とも思います。 みなさんの過去の経験を振り返ってみると、昔から「いじめ」とまでいかなくても、仲間はずれや心が傷つく言葉を投げられたことって、一度や二度はなかったでしょうか? 現在はその「傷つける」質がひどくなり、死にまでも至ってしまう。 その背景には、SNSのような発信力の強いコミュニケーションツールや、残酷なゲームなどが普及したことも原因として考えられるのではないでしょうか。 情報量が増え価値観がさまざまに変化する社会において、確かにいじめの原因も多様化していますが、「いじめをする側」の家庭環境は大きく影響していると思います。 かなり昔になるかもしれませんが、「非行に走る子どもの家庭は荒れているのではないか」そんな声を聞いた時代もありました。 現在ではどうでしょう?いじめだけでなく、メディアを騒がす事件などでは両親が揃い、地位や経済的にも恵まれている家庭内での事件もよく耳にします。 「なぜ『いじめ』をせずにはいられないのか」いじめの本質と心理を考える 学校で「いじめをなくそう!」とスローガンのように掲げている学校もあります。 しかし、一向にいじめはなくなりません。 なくなるわけがないのです。 それは、本質の部分を見てないからです。 「なぜいじめをするのか?」。 言い換えるなら(乱暴な言い方ですが)、「なぜ『いじめ』をしないといられないのか」ということを考えるべきではないでしょうか。 人は大人も子どもも安全・安心を求めて生きています。 いじめる側の子どもたちは、見方を変えるといじめをすることで自分の安全・安心の場を確保しているのだと思います。 もちろん、いじめの行為そのものは許されることではありません。 先ほどの家庭環境に話を戻して、イメージしてみてください。 例えば両親が揃っていて、経済的にも恵まれ、誰からもうらやましがられる家庭に育った子どもがいるとします。 両親は、自分たちが思う「いい教育」を子どもたちに与えることに一生懸命で、物心ついた頃から子どもとのコミュニケーションの内容は教育のことばかり。 両親の一方的な考えや価値観だけで、子ども本人の存在を無視されていたらどうでしょうか。 子どもの心はどうなっているでしょうか。 成長過程で、親の期待通りに学校の成績が伸びなくなったり、ほかの兄弟姉妹や親戚の子と比較されたり、下に兄弟姉妹が生まれて親の手が取られることで「個としての自分自身という存在」を見てもらえないとしたらどうでしょう。 そのような状況であっても、よい成績を出すなど親の期待に沿っているときはいいでしょう。 でも、それがなくなった時、「自分に親の目を向けたい」「愛してほしい」という気持ちは、時として、それがたとえいけないことをしてでも「自分を見てほしい」という思いに至ってしまうでしょう。 先生から親が呼びだされる、怒られる、そんな構図がわかっていても、その時間は親と自分とだけの時間だと感じ、無意識の中でも親とのつながりを求めて行う行為だとも私は考えます。 いじめっ子の親は日常的に子どもに対して批判、皮肉が多い 子どもがいじめの加害者になるのは、親として本意ではないはずです。 しかし、家庭での子どもへの接し方が影響しているのは否定できません。 アメリカのアトランティック大学、カナダのコンコーディア大学、スウェーデンのウプサラ大学が1409人の思春期の男女を対象に行った共同研究によると、いじめなどを起こす子どもの親は、子どもに冷笑的、敵対的な態度をとっていたということがわかりました。 同研究では、日常的に親から批判されたり、皮肉を言われたり、からかわれていた子どもたちは感情が機能不全を起こし、怒りをコントロールができなくなる。 気持ちの統制がとれない精神状態が深刻化すると周囲に対する敵意が増して攻撃的になり、人をいじめることで発散するようになると報告しています。 また、いじめっ子になるだけでなく、いじめられっ子になる、つまりいじめの加害者、被害者のどちらにもなる恐れがあると指摘しています。 子どもは感受性が豊かなので、「そんなこともできないの?」「なぜ言うことがきけないの?ダメな子ね」など、親の何気ない言葉に深く傷つき「自分はできない子なのだ。 だから愛されないのだ」といった自分を否定する気持ちを抱くようになります。 「親に認めてもらえない」「受け止めてもらえない」という満たされない思いが、言いようのない怒りにつながり、弱い相手などに向けられているのではないかと考えます。 子どもの心理を詳しく見ていきましょう。 【愛されたい、かまってほしい】 親の気持ちが自分に向いていないと感じると、子どもの心の中には「愛されたい、かまってほしい」といった思いが芽生えます。 そして自分の方を向いてほしいという気持ちを素直に表現できず、乱暴な言葉や態度をとるなど、相手を悲しませたり困らせたりすることで気を引こうとします。 また、親から十分な愛情が得られない寂しさを「いじめ」という形で発散させてしまう場合もあります。 例えば、自分は親から愛されていない、何をしても認められない、自分1人では何もできないなどです。 親や自分へのイライラがたまり、自分より弱い人にぶつけてしまう。 そして、その人が自分に従うことで自分の存在が大きくなったように感じるのです。 【他の人をうらやましいと思う嫉妬心がある】 親が子どもを他の子と比べられたり、ほかの兄弟姉妹を優先したりしていると愛情不足に陥り、まわりに対して嫉妬心を抱きます。 「あの子は自分より愛されている」「あの子は自分よりも勉強・スポーツがよくできる」「あの子は自分より容姿が優れている」と、自分に自信が持てない部分に秀でている人をターゲットにしていじめてしまうことがあります。 家庭での嫉妬の心がくすぶると、子どもは自分自身を納得させるために「親は自分のことを大事に思っているに違いない」「自分の方がいいに違いない」と思い込むようになり、これが独占欲や競争心、プライドの高さにつながることがあります。 負けず嫌い、プライドが高いといった子どもは、誰かの下につくのを嫌います。 みんなの上に立つことを考え、そのためにいじわるをすることもあります。 また人を支配する力があるのでいじめグループのリーダーになり、仲間にいじめをさせることもあります。 【気分の浮き沈みが大きいなど情緒が不安定】 親からの愛情が不足している場合だけでなく、親が過干渉で自分の理想などを押し付けると子どもは自由を奪われストレスを感じます。 また、子どもは「完ぺきな自分しか認められないのだ」と、不完全な自分を好きになることができず、精神的に不安定になります。 いじめは悪いことだとわかっていても、寂しさや不安を紛らわすためにいじめをしてしまうタイプも多くみられるようです。 いじめっ子になる親の特徴・心理とは? 上段でお伝えしたように、親の接し方や言葉などがいじめっ子になってしまう原因の一つです。 加えて、どのような家庭環境が子どもをいじめっ子にしてしまうのか、具体的に説明していきましょう。 【夫婦仲が悪い】 父親と母親の仲が悪く、お互いの悪口などを言い合っている生活は子どもに大きなストレスを与えます。 口を開けばケンカで、コミュニケーションが希薄な家庭は子どもにとっても居心地が悪い空間で心が落ち着かず不安定になります。 親がいがみ合うのを見て「お父さんとお母さんがうまくいかないのは自分のせいだ」と自分を責めたり、「次は自分が怒られるのではないか」と不安にかられたりします。 また、両親が仲良くいられるように自分を抑え、無理をして「いい子」を演じる子どももいます。 そのストレスが家の外で発散されるのです。 【子どもを否定する】 子どもを否定するとは、「ダメな子」「できない子ね」といった直接的な言葉だけでなく、子どもの気持ちを無視して親の希望を押し付けることも含まれます。 親としては、「子どものためを思って」と考えますが、子どものやることなすことに手や口を出すのは、子どもの自主性を奪うことになります。 子どもの意思を尊重しない状況は、ある意味において子どもを否定することになると思います。 また、仕事が忙しい、余裕がないなどの理由で子どもの話を遮ったり、決めつけたりすることも否定となります。 【子どもをかまいすぎる過保護】 子どもを愛して慈しむのはとても大切なことですが、甘やかすこととは違います。 子どもを最優先にしてわがままを受け入れて許していると、子どもは自分の意見が通ることが当たり前になり、人の気持ちがわからない性格になってしまいます。 また、親が先回りしてなんでもサポートするなど干渉が過ぎると、子どもは自分で問題を解決する力が育ちません。 そのため、物事がうまく行かない時にまわりに責任を押し付けるようになってしまいます。 【子どもに対して無関心】 過保護とは逆で、子どもに無関心であることが原因でいじめっ子になってしまうと言えます。 親が忙しいといった理由で子どもと過ごす時間が少なく、コミュニケーションも十分に取れない環境では、子どもはさみしい思いをします。 そのはけ口として、親との関係性がよく愛されているこどもなどを攻撃してしまうのです。 いじめっ子にならないために では、子どもをいじめっ子にしないためには、どのようなことに気をつけていくのがよいのか、いくつかの具体例とともにみていきます。 【子どもとしっかり向き合う】 子どもとコミュニケーションをとる、ということが大切です。 忙しさを理由に子どもの話を適当に聞いたり、一方的に親の意見を押し付けて終わらせたりすることはやめましょう。 子どもが話を始めたら、家事などの作業の手を止めて子どもの方を向き、何を伝えたがっているのかしっかり耳を傾けましょう。 まずは、子どもの気持ちを吐き出させることが大切です。 そして子どもの気持ちに寄り添い、共感してあげましょう。 【他の子どもと比較しない】 「〇〇はできるのに…」「〇〇はもっといい子なのに…」など、無意識に他の兄弟姉妹、よその家の子どもと比べてしまうことはありませんか?大人でも他人と比べられるのは嫌ですよね。 子どもは、親に自分を認めてほしいと思うものです。 人と比べられることで「自分はダメなんだ」「自分には価値がない」と否定的になり自己肯定感が持てず、その気持ちを満たすために誰かをいじめるようになってしまいます。 誰かと比べることなく、「そのままのあなたを愛しているよ」と個としてのその子を受け入れ、認めてあげましょう。 【愛情をもって接する】 子どもは、愛情たっぷりに育てましょう。 愛情をかけられて育った子どもがいじめっ子になることはありません。 いじめっ子は、「自分は親に愛されている」「親に大切にされている」という実感がないので、その寂しさを紛らわすため、また親に愛されている他の子に対する嫉妬心からいじめをしてしまう傾向があります。 子どもと真剣に向き合い、子どもの話に耳を傾け、子どもに甘えさせてあげる時間をつくりましょう。 また、悪いことをしたときは叱ることも大切ですが、感情的になってイラ立ちをあらわにするのはよくありません。 怒りをぶつけて頭ごなしに「ダメでしょう!」と否定するのは親の自分本位の行為です。 たとえ間違ったことをしたとしても、子どもなりに理由があります。 きちんと理由を聞いて、いったん認めて肯定してから、どこがいけなかったのかを伝えるようにしましょう。 親は本気で子どもと向き合い「個」を大事にすることが重要 「ほめ方、叱り方がわからない」という親がとても多いです。 そんなときは、その話をしている親自身が、自分がどのように親から育てられていたかというところまで掘り下げるケースも多いです。 私が重要だと考えるところは、「親がいかに本気で子どもと関わっているか」ということです。 個を大事にしているかです。 日々相談を受けている中で、自分と子どもを切り離して個として見ていない親が非常に多いです。 物を与えているからいいのではなく、与える前にその必要性、そして与えられない家庭でも、その理由と向き合う親子との時間が大切なのです。 最近の親は忙しく、自分自身にも余裕がなく、子どもと向き合っていないように感じられます。 「話しています、うちは会話している方です」という方もいますが、それは実は親が話をしたい時で、子どもが話をしたい時なのではないでしょうか。 ベクトルが子どもでなく親自身に向いている、そんな親子関係が増えてきているように見受けられます。 「いじめ」を減らす方法としては、対症療法的でなく根幹の問題を見ていく必要があると私は考えています。 原因は一つではないのです。

次の

「いじめっ子」「いじめられっ子」にしないために親ができること

いじめっ子 親

いじめっ子への一言が、嫌がらせをとめた 私の長男のはるは、人を騙したり嫌がらせをしたり、争い事やいじめをすごく嫌がります。 体が小さく細いこともあり、からかわれやすかったり、ちょっかいを出されることも多いです。 今回、嫌がらせをしてきた子は小学校低学年の時に同じクラスになったことがあり、その時にも嫌な思いをしました。 殴ったり蹴ったりなどの暴力はありませんでしたが、嫌がることをちょくちょくされていました。 そしてまた同じクラスになり、今度は席がその子の後ろという至近距離。 早速、初日の始業式の日に汚い言葉や「やめろ!」と言ってることを何度もされて、はるはイライラして帰ってきました。 週明け(始業式は金曜でした)・・・ 学校から帰ってきたはるは、その日の嫌だったことを話してくれました。 「やめろ!と何度も言ってるのにやめてくれない!ずっとやってくる!! 他の友達が「やめろよ!同じことするぞ!」っていうと「やれるものならやってみろ!」って言う・・・ なんでやめてくれないのかなぁ・・・他の友達にも意地悪するんだよ!俺はそれも嫌だよ!」 寝る前に「頭が痛い」と訴えてきて、測ると微熱がありました。 嫌なことばかりされて、必死で「やめて」と言って頑張って抵抗したのにやめてくれないので、心が疲れてしまっていたんですね。 身体が心のSOSを出しているのがわかりました。 次の日もまだ熱があったので休ませました。 この嫌がらせはほっとくと危険だなと感じました。 まずは親として出来ることをしました。 先生には電話ではなく書面で今の状況を伝え、1人の子がずっとその子の近くにいる事がないように配慮を求めました。 そして後日・・・ はるが席替えをしたと言ってきました。 「今度はその子が隣の席になった~。 しかも、ついてきたかぁ~・・・これはサインだなとわかりました。 サインを受け取ったらちゃんと向き合う 最初から席が近くて、席替えでくじで決めたにも関わらずまたしても近くて、委員会も一緒ときてますね。 離れようとしているのに、3度に渡って関わりをもたされてます。 ここまで来るとこれはサインですね。 『その子と向き合いなさい。 ちゃんとその子の事を見なさい。 』 私とはるに言われていますね。 はるとその子について話し合いました。 話している最中に、少しぽっちゃりした男の子が1人、背中を丸めてうつむいて立ってる姿が視えました。 ハッとわかりました。 『この子は本当はさみしいんだな。 構ってほしくて攻撃的な態度をとっているんだな。 』 さみしさを内側にずっと抱えていて、でも誰もそれをわかってくれなくて・・・。 本当は友達が欲しいのに、どうやって接すればいいかわからなくなってしまっているんですね。 だから攻撃的になって何かをすれば子分のような友達もできるし、周りとは接点を持つことが出来てさみしさを紛らわしているんですね。 だからといって周りの人を傷つけたり、攻撃していい理由にはなりません。 された方は、たまったもんじゃないですからね。 それで暴力振るわれたり何かされたら、すぐにお父さんかお母さんに言いなね。 ちゃんと守るからね!はるの味方だよ!」 はるは「わかった!言ってみる!」と意気込み、安心していました。 次の日・・・ 学校から帰ってくると、はるが誇らしげに報告してくれました。 「今日ね、また嫌なことされた。 「俺は友達は欲しいよ・・・友達はいるよ・・・ごめんね。 」 初めて謝ってくれたと言っていました。 騒動も収まり、その日はそれから何もされなかったとのこと。 他のお友達にも「よく言えたな!すごいな!」と讃えられたと喜んでいました。 それから今まで、多少のちょっかいを出されることはあるみたいですが、前のような嫌がらせはしてこなくなりました。 子供同士のトラブルは親がすぐに介入しない 子供同士のトラブルは、親がどこから介入するのか、どこまで介入していいのかが悩みどころですよね。 最初は、子供同士のトラブルは子供達だけで解決を促しましょうね。 子供同士で起きたことは、子供たちに学びの機会を与えています。 人の気持ちを考えたり、コミュニケーション力を学んでいます。 親は子供を信頼し、助言を求められたらアドバイスをして、しつこく何があったのか聞かずにいてくださいね。 そんなのカッコ悪い。 あとはすぐに親が介入して解決していたら、子供は自分で考えることをしなくなり、なんでも親に頼めば解決してもらえると勘違いして育ってしまいます。 様子を注意深くみながら、子供だけでは解決できないなと感じたらすぐに介入するようにしてくださいね。 そして、子供の話を聞くときに、気を付けて欲しいことがあります。 子供の言い分を最後までしっかりと聞く。 嫌だと思った気持ち、辛かった気持ちを受け止め「それは嫌だったね」と認めてあげること。 子供の言い分を全部、鵜呑みにしない。 子供は自分を守ろうとして、見てもいない事をその場で見てたかのように話したり、ちょっとした一言でも尾ひれに背びれをつけ、オーバーに話したりしますからね。 自分の子供の話でも冷静に聞いて、感情的にならないように注意し、子供にとって何が一番いいのかを考えて対応していきましょうね。 親の言葉は子供にはお守りになる 今回、はるの行動力の高さと勇気をみました。 言ってごらんと言われて実際に言えるのは、はると私の間に 信頼と 安心が出来ているからだなと感じました。 私はいつも子供たちに伝えていることがあります。 お父さんとお母さんはあなたの味方だよ。 何かあった時は必ず守るよ!だから、大丈夫だよ!• あなたは宝物だよ。 特に1番と2番は子供たちの安心と信頼に繋がっていて、3つ目は無条件に宝物だよと伝えているので、自己肯定感に繋がっていますね。 あとは、言いながらハグ&ぶちゅーをしてみんなでケラケラ笑ってます。 親の言葉一つで、子供にはお守りになって勇気のある行動もとれるようになる。 逆に、刃物のように鋭い棘となってずっと刺さったままになることもあります。 親が思っているより子供は感受性豊かで、大人の何倍も感じ取ります。 それを忘れずにいることが、子供との信頼関係を築いていくことになります。 まとめ 子供が他の子をいじめ、攻撃的になって教師や大人に反抗的になる。 物を盗んだり、親の前ではいい子を演じたりするのは 親の愛情がかなり影響しています。 いつもさみしさを抱えてたり、わかってもらえない理不尽さ、兄妹間での愛情の格差など様々なことが子供の心を侵食しています。 子供の問題に向き合う時、子供だけをどうにかしようとしてもダメです。 子供の問題は、親に問題があるから起きることです。 あなたがお子さんの事でお悩みなら、まずは自分と向き合うところから始めてください。 子供が必死で出しているサインを見逃さないでくださいね。 検索 アーカイブ アーカイブ カテゴリー• アクセス.

次の

我が子をいじめた相手に親が出来る復讐法

いじめっ子 親

ただし、中にはいじめっ子にバチが当たった話もネットでヒットしたり、筆者も持ちネタとしてあります。 今まで見た話で大きいものですと、とあるいじめっ子Aさんがいじめられっ子のBさんを職場で何度も殴る蹴る、暴言をはいたりし、Aさんの地位を使って悪いことをしていたそう。 最終的にBさんは疲弊して転職…と。 その後、Aさんには脳梗塞が襲い、その病で亡くなったという話をネーバーまとめで見ました。 まさに因果応報。 悪事を働いた者にこたえるかのような制裁が下りました。 筆者の持ちネタとして、とあるいじめっ子Fさん。 彼女は女子グループのリーダーであり、何かしらターゲットを決めてありもしない事実を言ったり意地悪をしていました。 ただ、いつの日かグループの女子から疎外され、後々弱弱しくなっていき、最終的には丸くなっていた、という話があります。 かなり端折ったので因果応報もクソも無いですが、いづれ筆者が話す機会があればお伝えしようかなぁ、くらいの因果応報話でした。 いじめっ子の恋愛 いじめっ子はモテるのか? さて、いじめっ子の将来やその後の話からガラッとタイトルを変えまして…いじめっ子と恋愛の関係について! 単刀直入に、いじめっ子はモテるとか、モテないとか関係ないです。 はい、当たり前ですね笑 いじめっ子と言っても同じ人間であり、いじめっ子に何かしらの特徴があるか?と言われればNo!です。 モテについては性的魅力度が高い人に見られ、具体的に言いますと… 男性は肩幅が広く腰がしっかりしていたり、胸板が分厚くて睡眠不足なく健康的な身体や精神状態だったり。 女性であれば言うまでもなくボインちゃんや色気を感じさせる容姿、そして健康的で若い身体やイキの良さを感じられればモテやすいです。 …という 科学的な話といじめっ子に相関はないですよね? 男のいじめっ子はリーダーがいて、自分たちや自分のプライドを守ったり、より強く見せるために努めます。 逆に女性のいじめっ子は、頭がよく自分たちより優れていたり目立つ、鼻につく対象を退けたりします。 いじめっ子と結婚について やや話がブレましたが、結婚も同じくいじめっ子だからといって何らかの影響がある訳でもありません。 統計をとったり参照していませんが、仮にいじめっ子に限って結婚率が低かったり高かった場合、とっくに話題になっていることでしょう。 なぜなら、 いじめは最近に限らず昭和も、明治も、大正も、より前の江戸時代だってあったのですから。 そりゃ、いじめっ子だ!というレッテルを死ぬまで張られ続けられるような制限される時代だと結婚に影響がでるかもしれませんが、今はどうでしょうか? 自分が生まれた町、育った町から違う町や環境に身を置けるのも難しくありません。 村八分もありませんから、「いじめっ子だった」と周知されにくいですし、前科もなければ結婚相手にも分からないかもしれませんよね。 そのため、いじめっ子だからといっても結婚に影響することはありません。 まあ、いじめられっ子にとっては良い想いはしないでしょうが…。 大人になって転落しがち? いじめられっ子と恋愛に大きな相関が無いにせよ、ビジネスや日常生活では転落しがちなのでは?と考えるのも否定できません。 だって、いじめの源泉…と言い換えることができますし。 ただ、何をもって転落なのか?何の基準で転落なのか? 時間?お金?それとも人間関係?っていう風に、一括りにして比較や統計をとるのが難しいです。 過去にいじめっ子だったと言われる芸能人、ダウンタウン松本さんや俳優の阿部寛さん、森三中の大島さん方々は、平均収入よりはグッと稼がれているでしょう。 忙しいかと思い、時間がその分カツカツとか、人間関係がちょっと…という可能性も0ではないでしょう。 しかし、転落?と聞かれればそんなことはないと筆者は思いますが、あなたはどうお考えでしょうか? 仮に目標達成をせず、あきらめることを転落とするならば、いじめっ子に限った話でもないでしょうから、 いじめっ子の転落劇は話題性があったとしても、現実としては何ら変わりないのです。 いじめっ子は世にはばかるのか…? 「いやぁ、でもいじめっ子とかウザイやつって世にはばかるって言わない?」と。 さて、どうなんでしょうね?笑 そもそも、主観と何年対象の人間が生きたのか?または生きているのか?なんて、相関あるデータや統計をとるまでもないでしょう笑 それに、計りようがありません。 上述でもお伝えしましたように、いじめっ子だからといっても人は人。 むしろいじめられっ子や、「あいつはいじめっ子」と判断する側としても被害妄想や敏感度が高いケースもありますので、事実として認知していかなくては元も子もないです。 確かに左利きやナイーブな人は比較的短命…と言われますが、いじめっ子の中でもナイーブな人もいれば、そうでない人、左利きじゃなく右利きの方が世界人口の半数以上ですので、寿命・感度・いじめっ子の相間は割り出せません。 筆者が何かしらの専門家では無いため、無理にお伝えするのは宜しくありませんが、学会の方や知見・統計が発表されればありがたい限りですね。 その日まで、いじめっ子としての認識をやめ、 1人の人間としてみるのがベターではないでしょうか? 「いじめっ子」その後のまとめ 「いじめっ子」その後のまとめとして…• いじめっ子でも末路はに「いじめ」による影響はない• 大人になって転落しがちと割り出せない• 恋愛も昔と違って何ら影響ない場合が多い•

次の