美空 ひばり 反戦 歌。 美空ひばり歌の里 トップページ

Amazon

美空 ひばり 反戦 歌

そんな質問を受けた時には迷わずこう答えることにしている。 もちろん、美空ひばりでしょう。 一人の歌い手としてだけでなく世相や時代を反映し、更にそれを乗り越えて語り継がれ歌い継がれ、時が経つほどに評価の声も高まってくる。 そんな歌手は彼女以外には思い当たらない。 とは言え、彼女のイメージは世代によって異なっているというのも事実だろう。 筆者が担当しているFM COCOLO「J-POP LEGEND FORUM」の5月の特集は美空ひばりである。 でも、50代のディレクターの最初の反応は「え~」だった。 なぜなら僕らの番組はタイトルにあるように「J-POP」という冠がついている。 彼にとって美空ひばりは「演歌の女王」だったからだ。 「ちょっと違うんじゃないか」というのが率直な感想だったに違いない。 ただ、番組の収録が始まってすぐに彼の反応は「こういう人だったんですね」に変わっていった。 歌の中に戦後日本の子供たちの「光と影」が 美空ひばりは1937年、横浜の魚屋の娘として生まれている。 父親が音楽好きで家にある蓄音機からジャズが流れるという環境で物心がついた。 父親が戦地に向かう壮行会で歌った娘の歌に才能を感じた母親が「この子のために」と自費を投じて「美空楽団」を結成、焼け跡や公民館で歌い始めた。 1945年のことだ。 翌、1946年、9歳で初舞台を踏んでいる。 年齢にまつわるその頃のエピソードはいくつもある。 NHKののど自慢で「子供らしくない」と鐘を鳴らしてもらえなかった。 評論家や作詞家に「教育上好ましくない」「気持ち悪いゲテモノ」と非難されたりもしている。 彼女のレコードデビューは1949年。 12歳の時だ。 A面曲での最初のシングルは「悲しき口笛」。 歌の舞台は小雨煙る横浜。 物憂げなフォービートのジャズバラードを巧みに歌いこなしている。 彼女が出演もしていた同名の映画の冒頭のシーンは今の桜木町あたりだろうか、家を失った浮浪児たちが地面に鉄の釘を打って遊んでいるという光景だった。 そう、戦後である。 東京も横浜も焼け跡だった。 家を焼かれ家族をなくした戦災孤児が街にあふれていた。 1950年の彼女の代表曲「東京キッド」もそんな歌だ。 でも、明るい。 「右のポッケにゃ夢がある 左のポッケにゃチュウインガム」という歌詞が全てを物語っている。 映画「悲しき口笛」「東京キッド」での彼女はジーンズのつなぎや山高帽に燕尾服という格好で歌っていた。 1951年の代表曲は「私は街の子」である。 1955年、昭和30年代に入るとOLの昼休みを歌った「素敵なランデブー」もある。 都会的でおしゃれ。 彼女の歌に「シティポップス」を感じていた子供の中に筆者もいた。 その一方で1950年の「越後獅子の歌」は、孤児の旅芸人の歌だ。 「リンゴ村から」に望郷の念を持たない日本人はいなかっただろう。 戦後日本の子供たちの「光と影」が彼女の歌の中にあった。 美空ひばりは、戦後復興そのものとして始まっている。 時代が違えば「演歌の女王」に収まってはいなかった ただ、彼女のキャリアは時代によって変わって行く。 それが最も顕著だったのが1960年代だろう。 美空ひばりに限らず、洋楽と邦楽が交わりながら日本の音楽として広まった時代だ。 一昨年、還暦を迎えた桑田佳祐が発売したDVD「THE ROOTS~偉大なる歌謡曲に感謝」の中に彼女の1961年の「車屋さん」が取り上げられていた。 作詞作曲は異才として知られる米山正夫。 何しろ、一つの曲の中にジャズと都都逸が織り込まれているという和洋折衷の極致のような曲だ。 ジャズの粋と江戸情緒のいなせ。 成熟した艶っぽさは23歳とは思えない。 「ロカビリー芸者」「すたこらマンボ」「ひばりのドドンパ」「ギター追分」、、、。 シングル盤のタイトルである。 最新の洋楽リズムを取り入れた歌謡ロック。 その最たるものがグループサウンズのジャッキー吉川とブルーコメッツを起用した「真っ赤な太陽」だったことは言うまでもない。 もし、時代が違っていたら、彼女はどんな評価をされていただろう。 改めてそう思ったのは60年代に彼女が残しているジャズアルバムがある。 1961年「ひばりとシャープ」、1964年「ひばり世界を歌う」、1965年「ひばりジャズを歌う~ナット・キング・コールをしのんで」の3枚がそれだ。 演奏しているのは戦後のジャズのビッグバンドの中心人物、ひばりの専属バンドだったこともある原信夫とシャープス&フラッツ。 「真っ赤な太陽」の作曲者である。 特にナット・キング・コールの代表曲を歌った「ひばりジャズを歌う」は、今聞いても舌を巻くほどの消化力を聞かせてくれる。 音楽ファンなら知らない人のいないスタンダート「スターダスト」の甘美さを聴いてほしい。 今、91歳の原信夫は「J-POP LEGEND FORUM」での筆者のインタビューに「英語が話せるわけでもないのにリズムに同化している。 天性としかいいようがないノリの持ち主だった」と話してくれた。 もし、時代が違ったら、と思わせてくれたアルバムがもう一枚ある。 74年に出たライブアルバム「ひばり いん あめりか」である。 73年にロサンジェルス、サンフランシスコ、シアトルで行われたライブの模様を収めている。 演奏はフランク・シナトラのバックで知られたネルソン・リドル・オーケストラ。 歌われている曲の中には「東京キッド」や「越後獅子」から「ひばりの佐渡情話」や「悲しい酒」もある。 アンコールはシナトラの「MY WAY」。 スイングするビッグバンドの演奏に乗った気持ちよさそうな彼女の歌いっぷりは国境を越えている。 同じ74年には広島の原爆をテーマにした反戦歌、「一本の鉛筆」もシングルになった。 更に、75年にはフォークシンガーの岡林信康が書いた「月の夜汽車」も歌っている。 もし、時代が違ったら、少なくとも彼女は「演歌の女王」に収まってはいなかったはずだ。 5月29日は彼女の81歳の誕生日だ。 去年、80歳を記念して東京ドームで「生誕80年祭」が行われた。 AKBグループ、クリスタル・ケイ、さだまさし、JUJU、坂本冬美、氷川きよし、五木ひろしら22組が歌う彼女の曲は、改めてその存在の大きさを再認識させてくれた。 そのプロデューサーだった息子の加藤和也は、彼の生い立ちや時代の波に翻弄されたファミリーについて綴った自著「みんな笑って死んでいった」(文芸春秋刊)でこう書いている。 「美空ひばりはけっして演歌歌手ではなく、時代が一番求めている音楽や歌を、先頭に立ってパフォーマンスするアーティストなのだ」 同感である。 音楽評論家、ノンフィクション作家。 「ステージを観てないアーティストの評論はしない」を原則とし、40年以上、J-POPシーンを取材し続けている。 69年、タウン誌のはしり「新宿プレイマップ」(新都心新宿PR委員会)創刊に参画。 「セイ! ヤング」(文化放送)などの音楽番組、若者番組の放送作家、若者雑誌編集長を経て現職。 著書に「読むJ-POP・1945~2004」(朝日文庫)などアーテイスト関連、音楽史など多数。 「FM NACK5」「FM COCOLO」「TOKYO FM」などで音楽番組パーソナリテイ。 放送作家としては「イムジン河2001」(NACK5)で民間放送連盟賞最優秀賞受賞、受賞作多数。 ホームページは、 モリは友人で同じくJ-POPに詳しい。

次の

美空ひばり

美空 ひばり 反戦 歌

歌手美空ひばり(1937〜89)が34年前、広島で発表した歌がある。 彼女のヒット曲のなかでは目立たないが、彼女自身は好きな持ち歌ベスト10に選んだ。 「皆さんにぜひ愛していただきたい歌」とも語った。 反戦を静かに訴えるこの歌が、今夏、広島から再び発信される。 「一本の鉛筆」が初めて歌われたのは74年8月。 広島テレビが主催した第1回広島平和音楽祭で発表された。 「世界に平和を発信したいという音楽祭に乗り気になってくれた」。 日本コロムビア(現コロムビアミュージックエンタテインメント)の当時の担当ディレクター・森啓(あきら)さん(66)は振り返る。 ひばりは幼少時、横浜大空襲に遭い、父が徴兵される戦争体験を抱えていた。 音楽祭を総合演出した映画監督の松山善三さん(83)が作詞した。 《一本の鉛筆があれば 八月六日の朝と書く 一本の鉛筆があれば 人間のいのちと 私は書く》 一人でも一本の鉛筆で反戦を訴えることができるというメッセージだった。 曲は黒澤明監督の映画音楽を手がけた故佐藤勝さんが作った。 音楽祭のリハーサルでは、冷房付きの控室が用意されていたが、ひばりはずっと、猛暑のステージのかたわらにいて、「広島の人たちはもっと熱かったはずよね」とつぶやいた。 ステージの上からは「幼かった私にもあの戦争の恐ろしさを忘れることができません」と観客に語りかけた。 それから14年。 ひばりは第15回の同音楽祭でこの歌を歌うため、再び広島を訪れた。 大腿(だいたい)骨骨頭壊死(えし)と肝臓病で入院した翌年だった。 出番以外の時は楽屋に運び込んだベッドで点滴を打った。 だが、観客の前では笑顔を絶やさなかった。 ステージを降りた時、「来てよかった」と語った。 翌年6月、帰らぬ人となった。 今年3月、ひばりと20年近い親交があった俳優奈良岡朋子さんがテレビ番組でこの詞を朗読した。 リサイタルでひばりが歌う時、「次に歌う歌はこれまでの歌とは少し違いますが、ぜひ皆さんに聴いてほしい」と話す姿が印象的だった。 奈良岡さんの朗読を偶然、目にした音楽事務所社長の高嶋弘之さん(74)はこの歌の存在を初めて知った。 詞の冒頭のロマンチックな印象は徐々に薄れ、最後に「広島の歌だったのか」と驚かされた。 旋律を聴くと、美しさに息をのみ、即座にCD化を決めた。 知人のソプラノ歌手、丹藤まさみさん(38)に歌ってもらうと「平和」が自然と胸に染みてくるようだった。 6月上旬、高嶋さんとともに広島を訪れた丹藤さんは、原爆ドームわきの元安川を目にして衝撃を受けた。 豊かな水をたたえて流れる川をこれまでは小川だと思っていた。 水を求めて倒れた人たちで川面が埋めつくされた光景を想像した。 「知っているつもりで広島から目をそむけていた。 知った以上、伝えていかなくては」と感じた。 CDは7月30日にKTRレコード(03・5491・1557)から発売される。 「一本の鉛筆」を歌うコンサート(広島ホームテレビなど主催)は8月6日午後、広島市の原爆ドーム対岸の平和記念公園内で開かれる。 入場無料。 問い合わせは高嶋音楽事務所(03・5491・7245)。 (秋山千佳)• 検索フォーム.

次の

「美空ひばりの『反戦歌』・『一本の鉛筆』:戦中派の素朴な思い表す」13日朝日新聞・「神奈川の記憶」欄

美空 ひばり 反戦 歌

1974年に「一本の鉛筆」という歌が誕生したのは、1945年8月6日に原子爆弾によって焦土となった広島で、復興と平和をテーマにして始まった音楽祭がきっかけだった。 美空ひばりには幼少時に父が徴兵された後、四人の幼子を抱えた母と一緒に戦火の中をかろうじて生き延びてきたという、横浜大空襲の体験が生々しく記憶されていた。 かろうじて避難した手作りの防空壕では、生き地獄のような恐怖を味わった。 戦後になってから、夏の日ざかりに焼けたアスファルトの道をゴム長靴をはいて、魚屋の仕入れでリヤカーを引く母の姿を美空ひばりは鮮明に覚えていた。 一本の鉛筆があれば 私は あなたへの愛を書く 一本の鉛筆があれば 戦争はいやだと 私は書く この真っ直ぐなメッセージ・ソングを作詞したのは、映画の脚本家だった松山善三である。 彼は「広島平和音楽祭」の総合演出も引き受けていた。 そして黒澤明監督の映画音楽世界にまでで知られる音楽家、佐藤勝が作曲とアレンジを引き受けて、反戦と平和を訴える新しい歌が完成する。 一本の鉛筆と一枚の紙があれば、たった一人でも反戦の意志を訴えることができる……。 美空ひばりが8月9日に開かれた第一回広島平和音楽祭の会場で、この歌を人初めて前で歌うためにスタンバイしていたときのことだった。 その日も朝から、暑い1日になった。 会場の広島体育館には冷房設備が備わっていなかった。 したがって出番を待つための場所として指定された体育館の用具置き場のようなスペースには、一本の氷柱が置いてあるだけだった。 そこで早くからスタンバイして出番を待っていた美空ひばりに、暑さを気遣った広島テレビのディレクターが思わず声をかけた。 「ここは暑いですから、冷房のある別棟の楽屋でお待ちください」 美空ひばりそのとき、誰に言うでもなくこうつぶやいたという。 「あの時、広島の人たちは、もっと熱かったのでしょうね」 10月1日に「一本の鉛筆」はシングル盤として発売されたが、B 面の「八月五日の夜だった」ともども、広島市へ投下された原子爆弾によって起こされた未曾有の悲劇について、怒りを込めて描いた作品だった。 それから14年後の1988年、美空ひばりは再び広島平和音楽祭に出演している。 すでに大腿骨頭壊死(えし)と肝臓病で、前の年から入退院を繰り返していた美空ひばりは、もう再起は絶望的だととも伝えられていた。 そうした状況にもかかわらず、その年の4月11日に開かれた東京ドームでの「不死鳥コンサート」を見事に成功させて、完全復活をアピールしたばかりであった。 しかし、東京ドーム公演後を境にして美空ひばりの体調はひどく悪化して、一人では歩くことさえ困難な状態になってしまった。 その日も会場となった広島サンプラザの楽屋にはベッドが運び込まれて、美空ひばりは本番が始まるまで点滴を打ったまま、ずっと横になっていた。 ところがひとたび舞台に上がって観客の前に立った瞬間に、美空ひばりは笑顔を絶やさず「一本の鉛筆」を、最後まできれいに歌い切ったのである。 そしてステージを降りた直後に、「来てよかった」と微笑んだという。

次の