鼠蹊 ヘルニア。 鼠径ヘルニア(脱腸)の症状、手術方法や術後の経過、原因や予防など

鼠径ヘルニア(脱腸)の診察から検査・診断までの流れ|東京で鼠径(そけい)ヘルニア・脱腸の治療、日帰り手術なら|【鼠径ヘルニア(脱腸)治療専門サイト】

鼠蹊 ヘルニア

鼠径ヘルニアの症状 初期症状としては、犬の脚の付け根に小さな膨らみが見られる程度で、その他の症状は見られません。 指先で押すと引っ込むくらいの小さな膨らみです。 ですが、これが進行すると、膨らみが大きくなったり、小さかった隙間が大きくなって広がっていき、ヘルニア内に小腸や膀胱などの臓器がはまり込んでしまうことがあります。 臓器がはいりこんでしまう場合には、 その臓器によって出てくる症状にも違いがあります。 小腸が入り込んだ場合には、• 食欲の低下• 元気がなくなる など、場合によっては 腸閉塞をひき起こしてしまう可能性もあります。 また膀胱が入り込んでしまった場合には、排尿が困難な状態になるため、嘔吐や食欲の低下などの症状がみられます。 同時にヘルニアに入り込んだ臓器や組織が戻らなくなってしまうような状態になると、痛みを伴うことがあります。 戻らなくなった臓器への血流が悪くなると壊死を起こし 命に係わることもあります。 まとめ あたらしい家族として仔犬を迎えて、すぐに鼠径ヘルニアということがわかったとしても、どうか慌てないでください。 必ずしも手術が必要なわけではありませんし、仔犬の成長と共に筋肉が発達し、それによりヘルニアが治癒する子もいます。 また外科的手術をする場合、手術には全身麻酔という大きなリスクが伴いますので、 避妊や去勢手術をする時に一緒に手術をしてもらうことも可能です。 そんな時は、まずはかかりつけの病院で相談されてみることをお勧めします。 そして獣医さんで正しい診断と処置をしてもらったら、あとはたっぷりの愛情と共に楽しい時間を過ごしてあげてくださいね。 また犬との生活は、日々のスキンシップが何よりの健康チェックともいえます。 全身を撫でながら、身体の各部位にしこりやふくらみがないかチェックしたり、遊びながら全身の動きのチェックをすることで病気の早期発見に繋がることが多々あります。 (筆者の飼い犬も、これで乳腺腫瘍を早期発見することができました。 ) 鼠径ヘルニアを含め、日々のスキンシップで早期発見・早期治療ができるよう、心がけることが何より大切なのかもしれませんね。 友人のポメラニアンが鼠径ヘルニアになったと最近聞いたばかりなので、びっくりしました。 なんというタイムリーな話でしょうか!この友人が連れて行った獣医さんも小型犬に引き起こりやすい問題だと言っていたようです。 友人のポメラニアンの場合は先天性のものだったようで、親犬もヘルニアの問題があったそうですが、まだ初期の段階だったので、まだ手術は行わないそうです。 将来は手術をする可能性も考えられるので、犬の保険について調べると言っていました。 しかし、小さくて可愛い小型犬がヘルニアにかかるとは、なんともかわいそうになります。 犬だから走ったりしたいでしょうが、走ったりすることや激しい運動は避けた方が良さそうですね。 先天的な症状の場合はすぐにわかるので、子犬を迎え入れた場合ははじめのワクチン接種の時などに獣医さんに全身の健康診断をしてもらうと良いと思います。 うちの犬は、月齢4カ月ほどでやってきたのですが、混合ワクチンを打ちに獣医さんに連れて行った際に、鼠径ヘルニアだけでなく臍ヘルニアや膝関節の亜脱臼、大泉門、ぞろぞろと心配事が見つかりました。 大変驚きましたが、小型犬には多い症状とのことで、悪化してから見つかるよりは日頃から注意して見てられるので早めに分かって良かったです。 去勢手術と一緒に、気になる臍ヘルニアは処置をしてもらいました。 他は程度によっては成長とともに改善する場合もあるようですので、毎年1度フィラリア予防薬をもらいに行く際に、レントゲンや血液検査などの健康診断をしてもらっています。 愛犬とのスキンシップ時にどこをどうチェックすればこの症状は安心か、獣医さんに細かく聞いて、愛犬の健康を守っていきたいと思います。 愛犬がストレスからヘルニアになりました。 鼠径部ではありませんでしたが、腸内に袋ができてしまい、そこに臓器の一部や排泄物が絡んで溜まっていってしまう症状でした。 最初の頃は便秘気味だなと思うくらいでしたが、日に日に食欲も減り嘔吐もありました。 元気がなくなりぐったりと横になればお腹も異様に膨れていて、焦って病院へ行くと腸が破裂寸前でとても危険な状態でした。 もう一日様子を見たら駄目だったかもしれないほど悪化していました。 鼠径ヘルニアもそうですが、軽めにタッチしながら犬のボディチェックをすると、明らかにおかしなしこりや膨らみを見つけることができます。 犬自身も違和感があるので、嫌がるようなら早めに病院へ連れて行き早期の治療が必要になります。 我が家の愛犬は重症の方だったので、即入院の翌日手術になりました。 膨らんでしまった腸は手術では小さくすることができなかったので、去勢手術と同時進行で同じ細胞を使い塞いでもらいました。 大がかりな手術になるとそれだけ愛犬にも負担がかかります。 ヘルニアは再発率も高い病気なので、手術したからと安心せずにその後もよく観察しておく必要があります。 昨年、12月に家族になった女の子のポメラニアン生後2ヶ月ですが、ペットショップでもらった健康診断書をみると左の鼠径ヘルニア小となっています。 これは大丈夫なのでしょうか? また、大変なことに我が家にきて、13日目で具合が悪くなり、パルボウイルスで生死をさまよいました。 家には全く感染源はなく、家のなかで大事に育てていました。 もちろん、他の犬と接触もないし、私達もありません。 地面におろしたことも、靴をなめたこともないです。 ペットショップに問い合わせると、自分達で加入した保険を使わせられ、保証は会社の方で聞かないとわからないようなことをしきりといわれます。 入院期間が一年で20日までなのに10日ほどこの病気で入院しているのに、いざ今後と言うとき、困りますよね。 取りあえず診断書と、治療内容、領収書のコピーを送ることになりましたが、このまま泣き寝入りなのでしょうか?どのような対応をしたらよいのか、経験のある方おありでしたら、ご意見よろしくお願い致します。 我が家の8歳になるチワワはある日突然ガタガタと震えだし嘔吐しました。 様子が明らかに変だったのですぐ病院で診てもらったところ鼠径ヘルニアでした。 手術で開腹してみたところ、腸が飛びだし一部が壊死していました。 そしてそこから便も漏れていました。 壊死したところは切除し、飛びだした腸は戻せなかったので大きく開き、引っ張って引っ込めたとのこと。 大がかりな手術になりました。 日頃から夜寝る前に体中を撫でていましたが、お腹の膨らみには全く気づきませんでした。 またその日まで元気にご飯も食べ、排泄もしていたので体の中がそんな事になってるとは微塵にも思いませんでした。 そういえばたまーーーーに後ろ脚を触ると嫌がることがあったかな?くらい。 我が家は稀なケースなのかもしれませんが、今後は年齢も考え、定期的に健康診断や人間ドック的なものもやっていこうと思いました。

次の

女性の鼠径ヘルニアについて

鼠蹊 ヘルニア

鼠径ヘルニア(そけいへるにあ)は、腸等の臓器が太腿の付け根部分にはみ出してしまう病気です。 身体への影響がないこともありますが、成人の鼠径ヘルニアは自然に治癒することはなく、症状が悪化すると最悪、臓器が壊死することもあります。 発症する原因は先天性と、後天性があり、母親の胎内にいる時点から発症する可能性がある病気です。 自身は発症した時に備えるのはもちろん、自らの身を守る手段がない小児の為にも「どのような病気なのか?」知識を備えておく必要があります。 今回は医師の監修の元に、鼠径ヘルニア(脱腸)に関する「症状」「原因」「治療方法」について説明します。 鼠径ヘルニア(脱腸)とは 鼠径ヘルニアという病気をご存知でしょうか? ヘルニアと聴くと「椎間板ヘルニア」が有名なので、 「腰や背骨の病気?」と思われる方も多いかもしれません。 ヘルニアという言葉は「臓器が本来あるべき場所から飛び出した状態」を示します。 鼠径ヘルニアは「鼠径部」(太ももの付け根の部分)で発症する病気で鼠径部の筋膜(きんまく)の隙間から腸や臓器が飛び出してきてしまう病気です。 成人が鼠径ヘルニアを発症する主な原因は筋力の衰えです。 30代の後半頃から、老化や運動不足が原因で筋力が弱まってくると鼠径ヘルニアを発症しやすくなります。 鼠径ヘルニアは小児の場合は放置しても自然に治ることがありますが、成人の場合手術が必要になります。 放置すると症状が悪化し臓器の壊死や摘出に繋がることがあります。 鼠径ヘルニア(脱腸)の症状 鼠径ヘルニアを発症しているかどうか判断する方法として、太ももの付け根部分の状態をチェックすればある程度わかります。 立ち上がった状態で腹部に力を入れてみたときに、太ももの付け根部分にしこりや、腫れのような物があると鼠径ヘルニアを発症している可能性があがります。 指ででっぱりを押すと、一時的に引っ込むのが鼠径ヘルニアの特徴です。 初期の段階ではそれほど大きくなく、ピンポン玉程度の大きさですが、治療せずに放置するとだんだん腫れが大きく拡大し、最終的には握りこぶしぐらいの大きさまで拡大することもあります。 大きくなると吐き気や、痛みをともなうことがあります。 鼠径ヘルニアを治療せずに放置すると、初めは押すと引っ込んでいた腫れが固くなって引っ込まなくなったり、固くなったりします。 この状態は「嵌頓(かんとん)」と呼ばれる状態で、ひどい痛みや、吐き気などの症状を引きおこし、症状によっては臓器の壊死や摘出といった問題にも発展します。 嵌頓状態であることが判明すると緊急手術が行われることもあります。 鼠径ヘルニアを発症したことが判明したら、嵌頓状態に陥る前に治療を行うことを心がけましょう。 鼠径ヘルニア(脱腸)の原因 鼠 径ヘルニアを発症する原因は先天性と、後天性のものがあります。 先天性の鼠径ヘルニア 鼠径ヘルニアは出産した時点で発症することもあります。 これは胎児期にできたヘルニア嚢が出産後も元に戻らず、袋状になっているヘルニア嚢に腸や臓器がはみだしてしまう為です。 また、医学的な根拠はまだはっきりとしていないのですが、1つの家庭内で発症する場合が多いことから、遺伝も鼠径ヘルニアの発症原因の1つなのではないかと考えられています。 これが先天性の鼠径ヘルニアです。 後天性の鼠径ヘルニア 後天性の鼠径ヘルニアを最も多く発症するのが40代以上の男性です。 原因は老化による筋力の衰えです。 また、長時間立ちっぱなしで腹部に圧力がかかる仕事をしている場合や便秘気味な人、喘息持ち、前立腺肥大の症状が見られる人は要注意です。 このような条件に心当たりがあり、太ももの付け根に違和感がある人は鼠径ヘルニアを疑った方が良いでしょう。 女性の場合は妊娠がきっかけで発症することがあります。 鼠径ヘルニアは女性よりも男性が発症する可能性の高い病気で、その発症確率は、女性の3倍以上と言われています。 また、鼠径ヘルニアには外鼠径ヘルニア、内鼠径ヘルニア、太腿ヘルニアと種類が3つあります。 これらの症状の内、2つ以上を同時に発症する場合も稀にあります。 50代を迎えると筋力が著しく低下し、鼠径ヘルニアを発症する確立が高くなるのでより一層の注意が必要です。 鼠径ヘルニア(脱腸)の治療方法 鼠径ヘルニアは薬で治療することができないので、治療するには手術が必要になります。 先天性の鼠径ヘルニアは自然に治癒する可能性がありますが、後天性の場合は手術が必須です。 鼠径ヘルニアには主な治療方法が3つあります。 また、メッシュなどの人工補強材を使用する手術と使用しない手術があり、鼠径ヘルニアの状態や種類によって手術方法を異なります。 従来法(バッシーニ法) 100年以上前から鼠径ヘルニアの手術方法として存在している治療法です。 従来法はメッシュなどの人工補強材を使用せずに行われます。 飛び出してしまった部位を切開し、周囲の筋膜をしっかりと縫い付け、衰えた筋膜を補強します。 従来法は他の手術方法と比較すると再発する可能性2~10%程と高いです。 その為、最近ではメッシュを用いた手術が鼠径ヘルニア手術の主流となっています。 しかし、嵌頓状態に陥り、腸が壊死してしまった場合などは従来法が選択されます。 従来法の手術後は痛みが残るため、2~3日ほど安静にしていただく必要があります。 また日帰りでの手術は行えないので5~7日ほど入院が必要です。 患者様の症状などによって従来法でも日帰り手術で小さな傷口で手術を行ってくれる先生もいらっしゃいます。 鼠径ヘルニア手術の手術を受ける場合は、よく医師と相談しましょう。 また、なるべく経験の多い医師を選ぶと良いでしょう。 メッシュ法 メッシュ等の人工補強材が鼠径ヘルニアの手術に使われるようになったのは、1990年代で、まだ歴史の浅い手術方法ですが、現在の手術方法の主流になっています。 鼠径部から飛び出している筋肉の弱くなっている部分を、メッシュを使い補強する手術です。 手術後の痛み、再発する可能性が従来法と比較すると低い利点があります。 また、全身麻酔を必ずかける必要もなく、手術時間も短いです。 術後は一定時間安静後に歩行も可能で、身体への負担も少ないので日帰りで手術を行うことができます。 長所:手術後の痛み、再発の確率が従来法と比較して少ない、手術した当日から歩行可能 短所:・感染症の可能性がある場合手術ができない場合がある 日帰り:可能 メッシュ法の種類としては、メッシュプラグ法・ダイレクトクーゲル法・クーゲル法・リヒテンシュタイン法など、それぞれ症状にあわせた最適な治療方法があります。 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術法 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術法は、腹腔鏡(ふくくうきょう)を使って行う手術方法です。 腹部内をカメラで写しながら、鼠径ヘルニアを修復します。 衰えた筋膜の補強はメッシュを使って行います。 腹腔鏡を使う利点としては、必要最低限の傷で治療が可能で、腹内部を確認しながら手術を行うので、難しいような症例でも手術を確実に行うことができます。 治療には全身麻酔が必要なので、入院が必要な場合もあります。 鼠径ヘルニアの日帰り手術 10年程前まではメッシュ等の人口補強材を使う手術があまり一般的ではなかったので、日帰り手術は難しいと考えられていました。 しかし、麻酔方法の進歩とメッシュを使った手術方法により日帰り手術が可能になりました。 初診時は診察、心電図、レントゲン、血液検査等、手術に必要な検査を行います。 手術は静脈麻酔と局所麻酔を併用し、鼠径部を切開し行われます。 手術時間自体も短く、30~50分が目安です。 日帰り手術で使われる麻酔は、深い眠りに入ってしまうような強い物ではなく、呼びかけると気がつくぐらいの麻酔が使用されます。 もちろん痛みは感じません。 麻酔がこのレベルの強さであれば、手術は1時間ほどで歩行できるレベルに回復し、3~4時間ほどで帰宅可能となります。 治療時に発行された領収書を保存し、高額療養費制度に関する申請書類を準備してください。 申請に関する情報はこちらのウェブサイトから確認できます。 (高額な医療費を支払ったとき:) 任意保険の手術給付金が適応される場合も 患者様によりますが、加入している入院保険、生命保険の種類によっては、特定の給付金を受け取ることができます。 保険会社によって制度は違いますので、治療の際は確認してみてください。 まとめ 鼠径ヘルニアの手術は、短い時間で済むこともある為、簡単だと思っている人もいますが専門的な知識が必要です。 ですが、しっかりとした知識、経験のある医師であれば、手術の危険性は極めて低いです。 鼠径ヘルニアの治療は保険が適用嵌頓状態まで悪化してしまうと手術は難しくなりますし、激しい痛み、吐き気を伴い、最悪の場合臓器の壊死し、摘出しなくてはならないこともあります。 もし、鼠径ヘルニアの疑いがあるようであれば、症状が悪化する前に1度専門の医療機関に相談してみてください。

次の

鼠径ヘルニアのいろいろな症状について|初期・中期・末期症状

鼠蹊 ヘルニア

東京ヘルニアセンター・執行クリニック() 「手術のなのに日帰り!? 最初に「日帰り手術」という言葉を耳にした数年前、多くの人がこう感じたはずだ。 「日帰り温泉」や「日帰りバスツアー」といったお手軽なイメージがその言葉にはあるので、本当に日帰りで大丈夫なのか、という一抹の不安もあった。 ところが、いまや良性疾患の手術の多くは日帰りまたは短期間の入院で済むことがかなり知られるようになった。 午前中に手術をして、夕方には帰宅できる場合もあるが、日帰り手術の定義は「24時間以内に退院すること」。 手術当日だけ入院し、翌日帰宅するケースも「日帰り」に含まれる。 会社を長く休めない人への朗報だった 日帰り手術が可能な疾患は広がりつつある。 鼠蹊(そけい)ヘルニアをはじめ、白内障、胆石症、痔、下肢静脈瘤、大腸ポリープ、甲状腺腫瘤などの良性疾患、さらには悪性でも乳がんの温存手術などは適応。 ただし、手術時間が2時間以内に収まるという条件がある。 それまで1週間から10日程度の入院が必要だった多くの疾患が、日帰りまたは短期滞在で手術が可能となったことで、患者の社会復帰も早まった。 長期休暇が取りづらいからと二の足を踏んでいた人も、1〜2日休めば会社に出られると聞き手術を希望する人が増えた。 子育て中、介護中の人も同様である。 日常のリズムを大きく変えなくていいことも人気の理由だ。 入院日数が短くなったことで、患者の費用負担も格段に下がった。 入院費が大きく削られるからだ。 同時に、病院サイドのコスト削減、国全体の医療費の削減にもつながっているから、メリットは大きい。 鼠蹊ヘルニアに特化したクリニック アメリカでは「Day Surgery」と呼ばれる日帰り手術が1975年から行なわれている。 国民皆保険制度のないアメリカでは、民間の保険に加入していない人も多く、医療費の負担がそのまま生活を圧迫することになるから、長く入院することはできないのだ。 そこで、日帰り手術のために開発されたのが腹腔鏡。 大きく開腹せずに済むので、患者の侵襲性も低い。 日本では、1995年から湘南鎌倉総合病院で日帰り手術が始まったが、個人のクリニックで初めて鼠蹊ヘルニア日帰り手術が行なわれたのは1998年7月のこと。 東京・神楽坂の執行(しぎょう)クリニックの執行友成医師の執刀だ。

次の