プレマリン 通販。 男性のための女性ホルモン通販サイト

プレマリン1.25mg通販

プレマリン 通販

おもに更年期障害の治療に用います。 おもに更年期障害の治療に用います。 卵胞ホルモン エストロゲン 女性ホルモン剤、結合型エストロゲン プロベラは黄体ホルモンの減少に伴う更年期障害の諸症状の改善 女性ホルモン剤プロベラのジェネリック医薬品で高品質な製品 女性ホルモン剤プロベラのジェネリック医薬品。 女性ホルモンの「黄体ホルモン」を補うお薬です。 エストロモン Estromon 0. 625mgは、女性ホルモン剤プレマリンのジェネリック プレマリンのジェネリックおもに更年期障害の治療に用います。 プレマリンのジェネリック有効成分にエストロゲン1. 25mg 女性ホルモン剤 更年期障害の治療薬として、閉経後骨粗鬆症の予防薬です。 プロゲステロン内服薬ですが膣座薬としても使用可能です 黄体ホルモン受容体に選択的に結びつく、子宮内膜症治療薬です 乳がん細胞にあるエストロゲン受容体をブロックすることでがん細胞の増殖を抑制する乳がん治療薬 フルドロコルチゾン慢性副腎不全(アジソン病)治療薬フロリネフのジェネリック薬 更年期障害の諸症状緩和を目的とした卵胞ホルモンと黄体ホルモン剤 パッチタイプ貼るだけで更年期障害全般(ほてり、のぼせ、関節痛)改善する貼付薬タイプの女性ホルモン剤 プロギノバは女性ホルモン(エストロゲン)補充薬です。 エストロゲン黄体ホルモン配合剤です。 更年期障害や、骨粗鬆症、顔面のほてり、のぼせ等 当サイトはお客様のご要望により運営されており、当サイトを利用することによって世界中の先進医薬品および未承認薬を購入することができますがあなたの持病に対しアドバイスするものではありません。 当サイトに表示される製品の情報(使用方法、成分、効果、効能、副作用、使用上の注意)は、できる限り正しい情報を掲載するよう努めておりますが情報は間違っている可能性もあり、医療専門家によって提供されるものではありません。。 当サイトはあくまでも、お客様のご要請により個人輸入の代行を承っております。 ご購入された医薬品に関する使用は、医師の指導のもと自己責任でお願いいたします。 個人輸入された医薬品、サプリメントの使用で万が一、健康被害にあった場合の保証が無い事を理解したうえで、ご利用くださいませ。

次の

プレマリン1.25mg通販

プレマリン 通販

おもに更年期障害の治療に用います。 おもに更年期障害の治療に用います。 卵胞ホルモン エストロゲン 女性ホルモン剤、結合型エストロゲン プロベラは黄体ホルモンの減少に伴う更年期障害の諸症状の改善 女性ホルモン剤プロベラのジェネリック医薬品で高品質な製品 女性ホルモン剤プロベラのジェネリック医薬品。 女性ホルモンの「黄体ホルモン」を補うお薬です。 エストロモン Estromon 0. 625mgは、女性ホルモン剤プレマリンのジェネリック プレマリンのジェネリックおもに更年期障害の治療に用います。 プレマリンのジェネリック有効成分にエストロゲン1. 25mg 女性ホルモン剤 更年期障害の治療薬として、閉経後骨粗鬆症の予防薬です。 プロゲステロン内服薬ですが膣座薬としても使用可能です 黄体ホルモン受容体に選択的に結びつく、子宮内膜症治療薬です 乳がん細胞にあるエストロゲン受容体をブロックすることでがん細胞の増殖を抑制する乳がん治療薬 フルドロコルチゾン慢性副腎不全(アジソン病)治療薬フロリネフのジェネリック薬 更年期障害の諸症状緩和を目的とした卵胞ホルモンと黄体ホルモン剤 パッチタイプ貼るだけで更年期障害全般(ほてり、のぼせ、関節痛)改善する貼付薬タイプの女性ホルモン剤 プロギノバは女性ホルモン(エストロゲン)補充薬です。 エストロゲン黄体ホルモン配合剤です。 更年期障害や、骨粗鬆症、顔面のほてり、のぼせ等 当サイトはお客様のご要望により運営されており、当サイトを利用することによって世界中の先進医薬品および未承認薬を購入することができますがあなたの持病に対しアドバイスするものではありません。 当サイトに表示される製品の情報(使用方法、成分、効果、効能、副作用、使用上の注意)は、できる限り正しい情報を掲載するよう努めておりますが情報は間違っている可能性もあり、医療専門家によって提供されるものではありません。。 当サイトはあくまでも、お客様のご要請により個人輸入の代行を承っております。 ご購入された医薬品に関する使用は、医師の指導のもと自己責任でお願いいたします。 個人輸入された医薬品、サプリメントの使用で万が一、健康被害にあった場合の保証が無い事を理解したうえで、ご利用くださいませ。

次の

プレマリン通販|更年期障害

プレマリン 通販

プレマリン 0. 625mg 内容量 販売価格 ポイント 1錠単価 注文 28錠 2,740円 82 97円 カートに入れる 56錠 5,210円 156 93円 カートに入れる 84錠 7,400円 222 88円 カートに入れる 112錠 9,310円 279 83円 カートに入れる 140錠 10,960円 328 78円 カートに入れる 280錠 20,550円 616 73円 カートに入れる プレマリンの商品詳細 プレマリンの特徴 プレマリンは、体内で不足したエストロゲンを補充します。 更年期障害の症状は、人により様々な症状を引き起こしますが、のぼせ・汗・冷え・動悸・頭痛・めまいなどが代表的です。 服用することで、更年期症状にともなった不快症状を改善し骨粗鬆症の予防にも使用されます。 プレマリンの効果 エストロゲンを補充し、更年期障害にともなう不快な症状を改善します。 プレマリンの適応症状 プレマリンは、結合型エストロゲン製剤で下記症状を改善します。 ・卵巣欠落症状でお悩みの方 ・巣機能不全症でお悩みの方 ・更年期障害でお悩みの方 ・腟炎 老人、小児および非特異性 でお悩みの方 ・機能性子宮出血でお悩みの方 ・目が覚めているのに起床に時間がかかっている方 ・ホットフラッシュや発汗でお悩みの方 ・頭痛、肩こり、めまい、関節痛、腰痛、冷えなどでお悩みの方 ・不眠、イライラ、憂うつ感、集中力の低下などでお悩みの方 ・骨粗鬆症の予防の考えられている方 プレマリンの有効成分 プレマリンの有効成分は、結合型エストロゲンです。 女性ホルモンを補充して、更年期障害などの症状を改善します。 参考文献 プレマリンの効果について詳しくはこちら プレマリンの含有量・内容量 1箱28錠入りとなっています。 プレマリン1錠あたり結合型エストロゲン0. 625mgを含有しています。 製薬会社 ファイザー ファイザーは、アメリカニューヨーク州に本社を置く製薬会社です。 1849年に創業、日本にも1953年に進出し、日本法人とし新宿に本社をもっています。 2016年時点で、世界売上高ランキング1位の製薬企業となっています。 製薬会社 プレマリンの関連商品 他の更年期障害治療薬 プレマリン以外の更年期障害治療薬です。 ・ 肌から補給するエストロゲンのクリームタイプの商品 ・ エストロゲンを補充するプレマリンのジェネリック医薬品 ・ エストロゲンを補充して更年期や骨粗鬆症に効果がある商品 この他の更年期障害治療薬はこちら プレマリンの用法用量 プレマリンの服用方法 1日0. 625~3. 75mgを水またはぬるま湯と一緒に服用してください。 なお、年齢・症状により適宜増減します。 プレマリンの推奨用量 通常成人1日0. 625〜1. 25mgを服用します。 機能性子宮出血又は腟炎に対しては、1日0. 625〜3. 75mgを服用します。 プレマリンの服用時の注意 飲み忘れた場合には、気づいた時点で1回分を服用してください。 次回の服用が迫っている場合には次回の服用分から服用しても大丈夫です。 1日2回分以上を服用しても効果は期待できませんので、必ず推奨用量を守ってください。 参考文献 プレマリンの用法用量について詳しくはこちら プレマリンの副作用 プレマリンの主な副作用 主な副作用として、ナトリウムや体液の貯留 浮腫、体重増加など 、帯下増加、不正出血、経血量の変化、腹痛、悪心・嘔吐、食欲不振、膵炎、頭痛、めまいなどがあります。 副作用として低頻度ですが、発疹、蕁麻疹、血管浮腫などがあります。 上記の症状が現れた場合は、使用を中止した後に医師または薬剤師にご相談ください。 プレマリンの稀な副作用 血栓症、血栓症あるいは血栓塞栓症 四肢、肺、心、脳、網膜など があらわれることがあります。 下肢の疼痛・浮腫、突然の呼吸困難、息切れ、胸痛、中枢神経症状 めまい、意識障害、四肢麻痺など 、急性視力障害等の初期症状があらわれた場合には、すみやかにかかりつけの医師、もしくは婦人科・専門外来にて、診断を受けてください。 錠剤を分割して服用される場合は、等の利用をおすすめします。 参考文献 プレマリンの副作用について詳しくはこちら プレマリンの使用上の注意 プレマリンの服用に注意する人 下記症状のある方は服用に注意し医師と相談してください。 ・肝障害のある患者の方 ・子宮内膜症のある患者の方 ・子宮筋腫のある患者の方 ・心疾患・腎疾患のある患者、又はその既往歴のある患者の方 ・てんかんの患者の方 ・糖尿病患者の方 ・手術前4週以内又は長期臥床状態の患者の方 ・思春期前の少女の方 ・乳癌家族素因が強い患者、乳房結節のある患者、乳腺症の患者又は乳房レントゲン像に異常がみられた患者の方 ・全身性エリテマトーデスの患者の方 ・片頭痛の患者の方 ・高齢者の方 65歳以上 他に服用している薬がある場合は、飲み合わせにより薬の効果を強めたり弱めたりする恐れがあります。 プレマリンの併用注意 併用注意薬は、プレマリンと併用して服用するにあたり注意が必要なお薬です。 ・イプリフラボン エストロゲン作用 帯下、不正出血、経血量の変化など が増強する可能性があります。 ・血糖降下剤 グリベンクラミド、グリクラジド、アセトヘキサミドなど 血糖降下剤の作用が減弱することがあります。 ・副腎皮質ホルモン プレドニゾロンなど これらの薬剤の作用が増強するおそれがあります。 他に服用している薬がある場合は、飲み合わせにより薬の効果を強めたり弱めたりする恐れがあります。 プレマリンを服用してはいけない人 次の人は、この薬を使用することはできません。 ・プレマリンの成分に対し過敏症の既往歴のある患者の方 ・エストロゲン依存性腫瘍 例えば乳癌、子宮内膜癌 及びその疑いのある患者の方 ・乳癌の既往歴のある患者の方 ・血栓性静脈炎や肺塞栓症のある患者、又はその既往歴のある患者の方 ・動脈性の血栓塞栓疾患 例えば、冠動脈性心疾患、脳卒中 又はその既往歴のある患者の方 ・妊婦又は妊娠している可能性のある女性の方 ・重篤な肝障害のある患者の方 ・診断の確定していない異常性器出血のある患者の方 ・未治療の子宮内膜増殖症のある患者の方 上記に該当する人が、使用することにより副作用が強く出る場合があります。 参考文献 プレマリンの使用上の注意について詳しくはこちら プレマリンの保管方法と取り扱い上の注意 プレマリンの保管方法 ・直射日光や高温多湿をさけて室温で保管してください。 冷蔵庫に保管する必要はなく、直射日光や高温多湿は避けて室温で保存します。 ・子供の手の届かない所に保管してください。 誤って服用する可能性は避けましょう。 プレマリンの取り扱い上の注意 ・消費期限が過ぎた薬は、服用しないでください。 効果が発現しない場合や、身体に影響をおよぼす恐れがあります。 ・他の薬剤やサプリメントとの保管はお控えください。 成分の作用により、性質の変化や形状が変わる恐れがあります。 プレマリンの商品詳細 商品分類 医療用医薬品:先発医薬品 先発医薬品とは、新しく開発された薬で新薬とも呼ばれています。 新薬が発売されるまでには、長い研究期間と膨大な費用が掛かります。 そのため特許を出願してからは、開発した製薬会社が独占して、製造・販売することができ、その間、有効性や安全性の調査や再審査も行われます。 形状・剤形 経口服用タイプの錠剤 対象性別 更年期治療を目的とした成人女性 参考文献 このページの詳細は、下記サイトを参考にさせて頂いております。 お薬通販部では正確な情報提供を努めておりますが、情報の正確性および完全性を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。 医薬品情報サイト 病院で処方される医薬品の効果や有効成分、服用方法、併用禁忌薬など詳しい情報が検索できるサイトです。 各医薬品の添付文書が見られるほか、病気別の薬の検索や禁忌薬に特化したページ、薬価の検索、薬用植物図鑑など幅広い情報が載っています。 日本医薬情報センター(JAPIC)から提供された医薬品の添付文書や、国内では販売されていないアメリカの医薬品の添付文書も確認できるサイトです。 薬の一般名や有効成分、会社名、JAPIC IDなど複数の項目から検索可能です。 製薬会社サイト ファイザーは、アメリカニューヨーク州に本社を置く製薬会社です。 1849年に創業し、日本にも進出しています。 ED治療薬として有名なバイアグラなどを開発しており、2016年時点で、世界売上高ランキング1位の製薬企業となっています。 行政機関サイト 生活の保障や経済発展のため、国民の健康や子育て、社会福祉、介護、雇用・労働、年金に関する政策を所管している国の行政機関のサイトです。 医療保険制度の制定も担い、海外医薬品の輸入に関する規則や検査も行っています。 梱包状態 差出人名は『お薬通販部』の名称では、ございません。 発送国名のみの記載、もしくは発送国業者名となります。 不在伝票投函の際には、発送国名を記載されることがほとんどですので、あらかじめご了承ください。 外箱にご注文の商品名や医薬品名が表記されることはございませんので、配送員の方やご家族の方などに内容物を知られることなく受け取ることができます。 梱包状態について詳しくはこちら 医薬品等の通販・個人輸入について 医薬品等の個人輸入については、日本の薬機法(旧薬事法)により規制があります。 個人レベルでの購入と定められており誰かの代わりに通販購入する、購入後に第三者への譲渡などの行為は禁じられています。 ご注文者ご本人が、個人で使用する分を購入可能数量の範囲内でご注文ください。 医薬品等の通販・個人輸入について詳しくはこちら• 参考文献 医薬品の個人輸入について詳しくはこちら.

次の