バジル ハダニ。 バジルが枯れそうです

バジルのプランターでの育て方が分かる!摘芯と追肥、病気や害虫は?

バジル ハダニ

1はじめに バジルは比較的育てやすく、少量でもいろんな料理に活かせるので、家庭菜園でも人気の品目の一つです。 しかし、丹精込めて育てたバジルが収穫まじかで枯れてしまう…なんてことになるのは絶対に避けたいです。 そこで今回はバジルを育てるうえで気を付けるべき病気や害虫、そしてそれらへの対策方法をご紹介します。 2バジル栽培で注意したい病気 2. 1うどんこ病 うどんこ病では、葉に白いうどん粉をまき散らしたような斑点が出ます。 白は太陽光を反射してしまうので、斑点が広がると葉の光合成が妨げられ、成長が止まってしまいます。 うどんこ病は乾燥時に発生しやすくなりますが、カビの胞子は雨が当たることにより飛散して拡大するので、雨が降るたびに繁殖して患部が広がり、対処がさらに難しくなっていきます。 湿気が溜まるとカビの胞子が拡散しやすくなるので、罹患部位はすぐに取り除き、植わっている場所の風通しをよく保ちましょう。 発生初期であれば、木酢液や酢を水で薄めたものまたは重曹の散布で症状が消えることがあるので試してみてください。 2灰色かび病 灰色カビ病は、ボトリティス菌という風によって飛散する糸状菌が原因となる病気で葉、茎などに発生し、特に枯れた葉先、が主な伝染源となり、それらが落ちる時に接触した葉に病斑ができます。 初めに水浸状の病斑が現れ、時間が経過すると病斑部に灰白色〜褐色のカビが生じます。 ま 葉が茂りすぎていたり植わっている場所の風通しが悪い場合、湿気が溜まって胞子が拡散しやすくなります。 できるだけ風通しの良い場所で株間を空けて育て、成長して葉が多くなってきた場合には必要に応じて摘葉しましょう。 バジル栽培で注意したい害虫 3. 1ヨトウムシ ヨトウガという蛾の幼虫です。 孵化した幼虫はとても小さく、葉の裏から食害を始め、幼虫は大きくなってくると体の色が黒っぽくなります。 昼間は土の中に隠れ、夕方になると出てきて葉を食べ始めるので、朝気づいたら葉が食べられているけど虫がいない!という時はヨトウムシの可能性が高いです。 成長すると昼間は土の中に隠れているので、被害が出ているのに見つからないという場合は土の中を探して駆除しましょう。 薬剤での防除も有効です。 2アブラムシ 小さい黄色や黒色の虫で、繁殖力が高く大量に発生します。 主に葉の裏に群生して吸汁するので、葉の萎縮や生育阻害を引き起こします。 排泄物によって葉をベタベタにしてウイルス病を媒介したり、アリを誘因したりもします。 牛乳と水を1対1で割ったものを吹きかけて窒息死させ、その後に水を吹きかけると、きれいにアブラムシを駆除することができます。 天敵のテントウムシを利用した方法もあります。 また、アリはアブラムシの排泄物をもらう代わりにアブラムシを守っていて、アブラムシと共存関係にあるので、アリを駆除することも重要です。 3ハダニ ハダニは、植物の葉の裏や果実に寄生して多数の白い斑点やカスリ状の傷をつけます。 また、幼虫は根を食害します。 発生が少数の場合はテープなどを使って集団ごと捕獲するか、窒息死させるなどの方法で駆除できます。 大量発生した場合は農薬を使用しましょう。 4バジルを健康に育てるために 明るくて風通しが良い場所で育てるのが、健康にハーブを育てるための基本です。 ベランダの端など、風が通りにくい場所で育てていないか確認し、葉が密生している場合は適宜葉を取り除く、または収穫して密度を調整しましょう。 害虫予防には防虫ネットをかけることが有効な対策になります。 被害が大きくなりそうなときや、より確実に対策を行いたいときには薬剤の使用ももちろん有効です。 本ページの(対象農作物にハーブの名前、適用病害虫に害虫名を入力してください)も参考にしながら適切な方法で駆除を行ってください。

次の

ハダニは人体に影響ある?皮膚の症状や対処方法

バジル ハダニ

害虫 バジルは虫がつきやすいハーブです。 アブラムシやヨトウムシ、フキノメイガ、ナメクジ、ハダニ、アリ、ハモグリバエ、コナジラミ、コバエ、バッタといった多くの害虫がバジルを好み、食害します。 害虫は一度発生すると一気に繁殖して葉を穴だらけにし、数週間で葉がなくなってしまいます。 葉に黒い粒があったら虫食いのサインなので、早めの対策を心がけましょう。 病気 バジルは病気には基本的に強いハーブですが、水のやり過ぎによって軟腐病や根腐れを起こす恐れがあります。 一度感染してしまうとなかなか回復せず、枯れてしまうこともよくあるので、土作りをきちんと行い、発生を予防することが大切です。 バジルが虫食いや病気にあったときの対策は? アブラムシ、ハダニ アブラムシやハダニは、樹液を吸ってバジルを弱らせる害虫です。 バジルの生育期である3~10月に発生しやすく、特にアブラムシは、すす病を誘発するので、見つけたらすぐに退治します。 数が少ないときはガムテープでペタペタとくっつける、直接つまんで取り除く、ブラシでこすり落とすなどで、十分です。 大量に発生しているときは、牛乳と水を半々で割った液体を霧吹きで吹きかけ、乾燥してから水で洗い流すと効果的です。 また、ハダニだけであれば毎日葉の裏に霧吹きで水をかけていると予防できますよ。 バッタ、コバエ 害虫の多くは、殺虫剤によって退治できますが、バッタは殺虫剤が効きにくい害虫です。 また、コバエはあたりを飛び回っているので、スプレータイプでないと簡単に退治できないのが悩みの種。 外から入ってきて動き回る害虫には防虫ネットを張って侵入を防ぐのが効果的です。 また、苗の近くにハエ取り棒を罠として設置しておくのも効果的ですよ。 ヨトウムシ ヨトウムシは、夜に葉を食べて、昼は土の中に隠れている蛾の幼虫です。 朝、バジルの葉が食べられていて、虫の姿がないときはヨトウムシかもしれません。 オルトラン水和剤をまくか、土を掘り起こせば浅い位置にいるので、つまみ出して駆除します。 軟腐病 軟腐病は最近が野菜内で繁殖し、栄養や水の通り道を塞いでしまって枯れてしまうと病気です。 野菜に起こりやすく、地上部はシワシワになり株元や根は腐ってしまいます。 高温多湿の環境だと起こりやすいので、風通しと水はけをよくし、清潔な剪定バサミを使って他への感染を防ぎます。 オルトラン水和剤 食用植物への使用が認められている農薬です。 様々な植物に使えて、ヨトウムシやアブラムシなど植物の汁を吸う害虫に効果があります。 葉っぱや茎に行き渡ったオルトラン水和剤を、虫たちが吸い上げることで退治します。 植物との相性にもよりますが、使用後1~4週間ほどで農薬が抜けてバジルが食べられるので、収穫する日から逆算して利用しましょう。 粘着くん液剤 でんぷんが主成分のソフト農薬です。 化学殺虫成分を使っておらず、でんぷんの粘着性を利用して害虫を窒息させて退治します。 使用から期間を空けることなく食べられて、害虫の天敵への影響が少なく、環境にやさしいのがポイントです。 バジルの病害虫の予防策!虫食いや病気にならないためのポイントは? 1. ニーム粒剤をまく ニームという果物を乾燥させ、粒状にしたものを土の表面にまくと、害虫の繁殖を防げます。 また、ニームの成分が植物にも移って、害虫に対して抵抗力を持つので予防効果が続くのがニーム粒剤の特徴です。 自然由来の農薬なので、人に対して被害をもたらす心配はありませんよ。 コンパニオンプランツを植える コンパニオンプランツとは、近くに植えることで互いに協力して生長によい影響を与え合う植物の組み合わせです。 バジルの場合は、トマトやあんず、もも、バラ科の植物がコナジラミ、アブラムシ、ハエを退ける効果があるとされています。 木酢液 木酢液は、木を燃やしたときに出た煙を液状にしたもので、無農薬で育てるときによく使われる薬剤です。 定期的に植物に吹きかけることで病害中に強くなります。 また、土に散布することで微生物が活性化し、土が元気になる効果もありますよ。 土の水はけや風通しをよくする 病気の多くは、土の水はけや周囲の風通しが悪いことによって起こります。 土に水がたまりがちなときは、川砂や腐葉土を混ぜて水はけをよくしていきます。 また、古い土は病気に感染しやすくなるので、使わないようにしてください。 剪定や間引きをして風通しをよくすると、病気や害虫がよりつきづらい環境作りができますよ。

次の

農家が教えるバジルの栽培方法 摘心していっぱい収穫しよう!

バジル ハダニ

の続報です。 ハダニの仕業ではないかと疑っていましたが、今日、葉の上を歩くハダニを発見しました。 写真ではちょっと確認できませんが、肉眼では、よく見れば3~4匹は見つかりました。 枯れて下に落ちてしまった葉もあり、このままではジェノベーゼどころか、今年は一枚も食べられずに終わってしまうかもしれません。 ひとまず、弱りきっている株を復活させるべく、まず蒸れる原因になりそうな防虫ネットを一旦はずしました。 また、ベランダに照りつける陽射しは、今のバジルには強すぎる気がするので、半日陰に移しました。 もちろん、ハダニ対策として、葉の裏表を水でよく洗い流しました。 これは、葉が傷まない範囲でこまめにやらないといけませんね。 さて、無事に復活できるのか・・・。 結果はまた後日。 かわいそうなバジルの行く末と、新たな挑戦?について、よろしければ続きの記事をお読みくださいませ。 スポンサーリンク カテゴリー.

次の