回復術士のやり直し イラスト。 回復術士のやり直し(角川スニーカー文庫)

回復術士のやり直しがアニメ化!ストーリーと内容は?盗作騒動についても紹介

回復術士のやり直し イラスト

回復術士のやり直しがアニメ化されるようです!この漫画結構お気に入りで更新のたびに欠かさず読んでます。 色々と賛否両論な作品 なろう小説原作の作品ですが、内容はただただR18な性行為シーンが多く、本当にアニメ化できるのか心配ではあります。 原作者はパクリ疑惑で賛否両論ある人。 ただ私はなろう小説をあまり読まないのでパクリがどのあたりなのかはちょっとよくわからなかったです…。 ただ設定とかはランスシリーズと似てるなとは思いました。 名前の元ネタがFFのケアルだなとは思いますが、ゲームの世界観を踏襲してるのはなろうのどの作品でも一般的になっているんですよね…。 加えてなろうで人気の異世界転生要素、従順で清廉なヒロイン、人助けで成り上がり、といった要素が全くと言っていいほどありません。 主人公も一応チート能力で触れさえすれば即死で殺せるのですが、相手がどいつもこいつも主人公以上にバケモノクラスのチート戦闘能力なので易々と上手くはいかないようになっています。 なので事前に作戦を立て頭を使い一週目の記憶をフル活用して復讐に挑むため真っ向勝負でやりあうよりも、不意打ちで兵士を気絶させたり事前に罠を仕掛けて雑魚を倒したりといった卑怯な戦い方が主軸になってきます。 人助けより復讐が優先のため、人の命を見捨てることも多々あります。 自分の復讐で人が巻き込まれても罪悪感もありません。 そういった人間のブラックな要素ばかり浮き彫りにされているせいか漫画の商品レビューはいつも低評価。 でも個人的には好きな作品です。 エロ漫画というよりは戦国ランス系のエロゲって感じ。 エロゲとしてみれば楽しめます。 内容簡単紹介 物語は主人公ケヤルが仲間から受けた凄惨な虐待により世界を数年前の時間に戻し復讐を決意するというもの。 ケヤルは若くして勇者の力に転生したのですが、この力が代替の効く癒しの勇者でした。 能力自体は失った右腕すら再生するチート能力なのですが、能力のたびに回復させた傷のダメージと同等の苦痛が自分に走るペナルティ付き。 回復すればするほどケヤルの精神が摩耗していくというとんでもない副作用があります。 純粋な火力を求めていた勇者たちのリーダー「フレア」は落胆しケヤルをヤク漬けにして負傷した兵士たちを回復させていきます。 ただこの世界にはエロゲのランスシリーズを連想させる「レベル上限」というものが存在しており、その存在をキャラクター達も知っています。 勇者はそのレベル上限がなくさらに性行為によって勇者以外のレベル上限も解放できるので……そう、ケヤルは幼い体に兵士たちから激しい性的暴行を受ける羽目になります。 こりゃ復讐したくなるって。 盾の勇者との比較 レビューを見るとヒロインの一人が亜人の奴隷とかヒロインにひどい目に遭わされるとか、「盾の勇者のやり直し」と比較されるんですが、盾の勇者とは正直似ても似つかないです。 どちらかというとランスシリーズのほうが似てます。 盾の勇者とは違い、本作の主人公は異世界ではなくもともと異世界で生まれた人間の男の子ケヤル。 彼が受ける虐待の内容がとにかくひどくてヤク漬けされた挙句、同じパーティメンバーだけでなく、城の兵士からもレベル上限解放目的でとにかく掘られまくるし、殴る蹴るは当たり前でR18な内容です。 また主人公を貶める王女フレアはマイティのような自分の手段のためなら殺人すら躊躇わない悪役…ではなく完全な小悪党キャラです。 あんまりヤバイ犯罪を強いられるとビビって嫌がる。 そして物語ではこいつ以上にヤバい悪人が出てくるので霞んできます。 そして亜人の奴隷「セツナ」は完全にエロ狼。 しかも復讐の悦びに目覚めたサイコパスになるしでとにかく登場人物たちがブラック。 異世界の設定はランスシリーズっぽい ケヤルの緑色の防具と茶髪、普通の人だと盾の勇者のパクリだと思う人が多いかもしれませんが、私はどちらかというとアリスソフトのランスっぽいな、と思いました。 またこの世界のレベルシステムやスキルシステムはランスシリーズの世界と共通するところが多いです。 レベル上限 ランスシリーズにもレベル上限というものが存在しており、一般人の上限は20程度なのですが、主人公のランスだけバグでレベル上限が存在せず無限にレベルが上がるという設定です。 Lv20~30が一般的というのも同じ。 ランスだとLv30もあれば一武将クラスには強い。 Lv40だと達人レベル。 またレベル上限が存在しないランスと性行為をすると、そのキャラクターの上限を押し上げるという点も同じですね。 ただランスは怠けるとレベルが下がります(笑)• スキルレベル これは文字がちょっと潰れててよく見えないのですが、体術Lv2とか攻撃魔法Lv3とか三段階評価なところが同じです。 ランスでも神魔法Lv2や剣技Lv1といったスキルが三段階評価でつきます。 ただランスのLv3っていうと魔法スキルで例えるなら大陸を焼き尽くすとか1万年前に瞬間移動するとか桁違いの能力なのでスキルの強さは全く同じというわけではないのでしょう。 ランスのLv2はそれだけで師範級の熟練者です。 勇者一行 普通のチーレムものと違ってヒロインも仲間も一癖あるキャラクターばかり。 だいたいみんな性格がブラックです。 癒しの勇者 ケヤル(性的倒錯者) 名前の元ネタはケアル。 15歳で勇者に覚醒した回復術士の少年。 もうこれでもかってくらい散々な目にあいます。 幼い体でメイドに性行為を迫られたり、その後も牢獄でひたすら性的暴行を受けたりはてや同じ勇者パーティのホモのオッサンに性的暴行を受けたせいで性的倒錯者気味に……。 ストレス解消かってほど性行為にのめりこんでます。 一応人助け的な行動はしますがあくまでも復讐優先で、人命救助は度外視 折角享受したチート能力は回復した傷と同等の痛みが走るという副作用付き。 あんまりにも重傷者をヒールしまくったせいか、その副作用もほとんど気合で耐えてるっぽいです。 ただ回復した対象の経験も自信に走るためスキルや経験や記憶も獲得することができ、本来の回復術では回復できない致命傷すらも回復できます。 術の勇者フレア(小悪党ヒロイン) 名前の元ネタはそのまんまフレア(閃光とか炎とか)。 本作のメインヒロイン?王国の姫君で勇者一行のリーダー的存在。 ケヤルをヤク漬けにして無理やりヒールさせていた張本人。 よく比較対象の盾の勇者のマイン(マルティ)を思い出させますが、フレアはどちらかというとそこまで悪者になれない小悪党って感じです。 極端な悪女というよりもクズ野郎って感じの悪役で、民間人の大量虐殺みたいな悪逆非道は嫌がる小物。 能力も術には長けていますが身体能力は貧弱で魔法が使えても使えなくても普通に負ける。 中途半端な悪女に収まってます。 さらには彼女が最も得意とする魔法スキルも、中盤で登場する魔族の美少女に負けているという負けっぱなしのキャラクター……。 剣の勇者ブレイド(ガチレズバカ) 名前はそのまんまブレイド(剣) ケヤルの憎い復讐相手でフレアにかわいがられるケヤルに嫉妬して殴る蹴るの暴力を毎日のように行うやばいやつ。 極度の潔癖症で男嫌い。 レズでフレアに執着的な恋愛感情を向けています。 戦闘力はまさに剣の勇者にふさわしく怪力に異常な反応速度、最強剣をコピーした万全の状態のケヤルでも真向でやりあってまず叶わないバケモノ。 砲の勇者ブレッド(ガチホモ少年愛DV野郎) 砲撃の勇者。 ガチホモ。 少年愛。 名前の由来はおそらくバレッドか。 普通の人ならFF7のバレッドを思い浮かべるんだろうけど、多分英語本来のバレッド(小銃、銃弾、ピストル)的な意味だと思う。 ここまでフレア、ブレイドってそのまんまだし。 一番謎の多い強面のオッサン。 普段はニコニコしているけどそれがまた恐ろしい。 ケヤルを色目でみており、食べたものを口移しで与えたりそれを拒絶すると暴力をふるったりそれを反省して強引に性行為したりもう典型的なDV気質のヤバイやつ。 おまけに少年愛ときた。 能力は砲撃で遠距離に対してすさまじい火力を誇るというものだが、彼の場合そこにほかのメンバーにはない知略や軍略も加わる。 部下を複数持ち、別部隊として動かすなど敵にすると厄介な人物。 奴隷の人狼少女セツナ 狼系の亜人の少女。 彼女の住む里が帝国によって襲われ奴隷の身分まで落ちてしまった。 素質値は高いけどレベル上限が1桁というとてつもない低さのため、復讐すらもかなわない少女。 復讐のためにケヤルに協力するがそのせいでケヤルと同じ復讐の快楽に目覚めてしまったプチエロサイコパスに……。 物語唯一の良心、剣聖 本作唯一の良心。 勇者でもないのに最強クラスの実力を持つ。 しかも美人で騎士だからか従順でヒロイン以上にヒロインらしい。 序盤でケヤルがスキルコピーし、それ以降ケヤルの主な戦闘手段となる。 これ以降良心は出てこないので以上。 フレアの近衛騎士 長身でガタイのいい近衛騎士のオッサン。 ケヤルに顔交換されてケヤルと同等の目に遭う。 物語上屈指のヤバイ復讐をされる。 エログロ注意。 フレアの妹 サイコパス tableturning その他• 当ホームページに掲載されている文章(引用を除く)や筆者が撮影した写真などの著作権は筆者に帰属しています。 私的利用の範囲を超える著作物の複製や転載は法律で禁じられておりますのでご遠慮ください。 (ゲーム画面のスクリーンショット、商品画像、その他画像などに関しましては原典の著作権を所有している権利者に帰属しており、筆者に権利はございません) 当サイトは、amazon. jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。 jp All Rights Reserved.

次の

回復術士のやり直し【あらすじ解説】

回復術士のやり直し イラスト

回復術士は一人では戦えない。 そんなに縛られ他人に利用され続けた。 彼はある日、回復《》の先にあるものに気付き、回復術士はに至るだと確信する。 しかしその可性に気付いたころにはすべてを奪われていた。 彼はそのものを回復《》して四年前に戻り、やり直すことを決める。 これは、一人の回復術士が前世の知識と回復《》でとなり、すべてを掴む譚。 はより「」にて連載中の作品。 は「即死との越」。 書籍版はしんぶ氏がを担当しからより刊行されている。 単行本は段階で累計万部に達している。 羽賀がを担当したはよりUPにて連載開始。 にが発表された。 発表が行われた後に(代わりにで試しが出来る)。 に放映開始予定。 時期は。 主な登場人物 ケヤルガ(:保住有哉)。 最初の名前はケヤル。 回復のだが、においてのような扱いを受ける。 「」のによってに戻り、回復から生したを使いこなしてのためにことになる。 その過程で容姿を変え、名前もケヤルガと名乗ることになる。 なお、なろう版では名前が異なり「」「ガ」となっている。 (:) ジオラル王第一にして術の。 最初の名前は。 そうな印とは裏に、なである。 ケヤルにひどい扱いをしたため彼からの対とされる。 時に記憶と容姿をざんされ、ケヤルガの従者兼、となる。 (:) 亜人の一種である氷族の。 的なを持つが、上限があまりにも低いことからとしてはにぶつかっていた。 に捕らえられ、として売られていたところをケヤルガに買われた。 彼のでし、やがてはに匹敵するを得ることになる。 (:)。 最初はある形でケヤルたちの前に現れ、に戻ったケヤルガと別の形で出会うことになる。 ノルン(:) ジオラル王第二にして、軍師。 クレハ(:) の名門、の当を務める士。 (:) ケヤルガが育てた。。 の麗人。 を慕い、たちを性的に食うのが大好きな。 男には非常に的で、ケヤルの対の一人。 ゴツい外見の男で、の。 ケヤルを性的はけ口とし、彼の対の一人となる。 盗作疑惑 のをるうえで避けては通れないのが疑惑である。 彼は執筆した作品の大半がを摘されている 常習犯であり(や設定の類似だけでなく、言い回しや決め、あとがきに至るまでする文が多数見つかっている)、この作品も同じく「」内で執筆されもされた木塚氏による『二度のはのを嗤い歩む』からのが著しいという摘が絶えない。 自体もコユ氏の『』のとみられている。 の態度を見る限りそういった問題に対してはもう開き直っている、というより売りにしているような印さえ受ける。 なお、以外にもにの描写について強いを受けている。 コメント禁止措置 なろうの感想欄での否定的・な書き込みはによりこまめに消されている。 やでもが禁止されており、内におけるについても(あくまで侵という名ではあるが)高でされるなど、この作品に対する感想は的にはなもの以外を許されない状態である。 関連動画 関連静画 関連商品 小説 漫画 関連リンク• 関連項目• 問題作•

次の

回復術士のやり直し ~即死魔法とスキルコピーの超越ヒール~【電子特別版】

回復術士のやり直し イラスト

盗作疑惑 この一言が答えになります。 盗作は、本当にそれが盗作なら、盗作を主張した人は簡単に証拠を明示できるものです。 盗作の証拠が出せないのなら、それは盗作ではありません。 #イラストなどは判断が難しいことがありますが、小説は判定が単純です。 Wikiからの抜粋ですが。 『盗作とは他人の作品の一部(または全部)を、そのままで、自分の作品として(自分が作者であるかのように装って)、無断で使ってしまう(つまり、作品の本当の作者に対して、しっかりと連絡を取り、使用させてもらえないかと相談・交渉したうえで相応の対価を払って使わせてもらう契約を結んだり、あるいは相談・交渉の結果 作者の厚意(や特殊な事情など)によって(無料やほぼ無料で)使用しても良いとの明確な許可を得たりする、などといったこともなく、あたかも自分のもののように使ってしまう)行為である』 なので、大前提として「この部分が、こちらの作品のこのページのここからここまでの文章をそのまま人名だけ変えて使っている」のように言えないなら、それは盗作ではありません。 黒か白かで、疑惑という状態が発生する余地が殆どないのです。 例外もあります。 上記証拠が示された上で、盗作された作者が無言を貫いた場合は、盗作は現時点では親告罪ですので起訴されません。 その場合なら、盗作したようにしか見えないけど、作者間で許可取ってる可能性もあるよね、という状態になります。 ただし、繰り返しますが証拠の提示が大前提です。 証拠がないなら、盗作ではありません。 普通の犯罪なら証拠隠滅の恐れもありますが、出版された本が証拠品です。 盗作に限っては証拠隠滅は難しいです(できるとしたら、盗作された側の作者の口封じ?)。 ではなぜ盗作疑惑という表現があるのか。 これは単純です。 作者をいじめるためです。 やってることはいじめ行為そのものです。 証拠もなく盗作と断定すれば、それは作者を犯罪者扱いしていますので、間違いなく相手に訴えられてします。 なので、盗作かもしれないよ、と言葉を濁しているのです。 それが盗作疑惑とかパクリとかいう表現の正体です。 盗作疑惑と騒いだ場合でも、作者側は訴えることが可能ですが、よくあることなので、無視する作家が多いようです。 自分を相手にしないだろう立場の人間を誹謗中傷する。 殴り返してこない生徒といじめるのと同じ心理ですね。 ちなみに、証拠が十分であるかは司法が判断します。 当然ですけど。 窓の外を見ると雨がやんでいた。 程度では盗作とは言えませんので。。。

次の