ねんね トレーニング いつから。 いつから始める?ネントレ(ねんねトレーニング)のメリットとやり方

ねんねトレーニングはいつから始める?効果はあるの?ジーナ式ネントレ体験談をご紹介|PONママニュース

ねんね トレーニング いつから

ネントレ ねんねトレーニング の方法とおすすめの開始時期 ネントレすれば赤ちゃんが一人で寝られるようになると言われたら…。 夜泣きや夜中の授乳で寝不足のママにとっては、まるで夢の中の出来事のように感じるかもしれませんね。 実は、フランスをはじめとする欧米では、赤ちゃんの夜泣きで頭を悩ませているママはほとんどいないってご存知ですか? 赤ちゃんを一人寝させることは、一朝一夕にできることではありませんが、辛抱強くトレーニングすることで、意外とすんなりと眠ってくれるようになるんです。 ここでは、ネントレの基本である「泣かせるネントレ」のほかに、夜泣きやが心配というママのために「泣かせないネントレ」の2つの方法をご紹介。 赤ちゃんに合った方法を試して、正しい睡眠習慣を身につけさせましょう。 ネントレとは? 「ネントレ」とはねんねトレーニングの略で、 抱っこや添い乳なしで赤ちゃんが一人で寝られるようにするためのトレーニングのことです。 日本では、近年になって注目されるようになってきました。 トレーニングの方法はさまざまですが、赤ちゃんを放っておくということが基本ルールのため、ママたちの間でも賛否両論あります。 赤ちゃんの一人寝が一般的なフランスでは、生後3か月くらいになると親と寝室は別にして、自分の部屋で一人で寝るようにしつけられます。 ママが自分の睡眠時間を削ってまで赤ちゃんを優先する日本の育児に対して、では赤ちゃんを「小さな大人」として扱うことの表れだといえますね。 海外では、赤ちゃんが泣いていても放置するのが当たり前ですが、日本では「放っておくなんて可哀想…」「泣き声が近所迷惑になる」などの理由から、できれば泣かせっぱなしにするのは避けたいというママは多いようです。 そこで、上手なネントレの方法として、「泣かせるネントレ」と「泣かせないネントレ」の2つについてやり方をご紹介します。 泣かせるネントレの方法 「赤ちゃんを一人で部屋に寝かせて、後は泣いても一切構わない」というのが泣かせるネントレ法の基本ルールで、短期間で効果を出したいママにおすすめの方法です。 やり方としては、次のような手順を数日間繰り返すだけです。 1.赤ちゃんを寝かしつける 2.赤ちゃんが泣いたら数分おきになだめに行く 3.泣き止んだらまた赤ちゃんを一人にする これによって、たいていの赤ちゃんは3~4日も経てば普通に寝られるようになります。 ただし、いきなり一人で放置するのは心配という場合は、次のような準備をしておくとよいでしょう。 ママが「おやすみ」と言って、電気を消したら寝なくてはいけないということが分かるようになれば、赤ちゃんの泣いている時間も徐々に短くなります。 おくるみで安心させる 赤ちゃんは、眠ることに不安や恐怖心を感じることが多いので、 でおひなまきにしてあげると安心して眠りにつくことができます。 おくるみに包まれている姿勢が、赤ちゃんがお腹の中にいた状態に似ていることから、赤ちゃんが安心できるのです。 モロー反射で目覚めるのも防いでくれるので、朝までぐっすりの眠ってくれます。 生活リズムを整える 私たちの身体は、体内時計が24時間周期で働いていることで、夜に眠くなったり、朝になると目覚めたりします。 赤ちゃんは生まれてから半年ほどで体内時計が整うことから、「朝、決まった時間に起こす」「夜更かしさせない」などを実践することで徐々に生活リズムが確立していきましょう。 日中、強い刺激を受けると興奮して寝ぐずりがひどくなるので、ネントレ中は昼間に刺激を与えてすぎないように注意が必要です。 泣かせないネントレの方法 泣かせないネントレは、赤ちゃんが寝るまでママがそばにいるという方法で、アパートやマンションなどの集合住宅に住んでいるママにおすすめです。 ただし原則として、「おっぱいはあげない」という基本ルールは守る必要があります。 赤ちゃんを泣いたまま放置することもないので、ママにとっては精神的に楽な方法ですが、寝ぐずりがひどくなる場合があるので、次のような対処で赤ちゃんを寝かし付けてあげましょう。 眠るまでママが添い寝する 赤ちゃんが寝るまでの間、ママがそばにいることで赤ちゃんが安心して眠れるよう促します。 その際、寝ぐずりしたり夜泣きをしても絶対に 添い乳はせずに、背中をトントンしたり手を握るだけにしましょう。 徐々に、泣いても声かけだけにするなどして、赤ちゃんが一人で寝られるように慣れさせます。 お気に入りのねんねアイテムを持たせる 普段から赤ちゃんが気に入っている物をそばに置いて寝ることで、赤ちゃんの不安が解消されます。 ママや自分の匂いがついたタオルや肌触りが柔らかいガーゼなどがベストですね。 寝ている最中の事故を防ぐためには、窒息の恐れが大きなぬいぐるみやある厚めの生地のもの、飲み込みやすい小さなものは避けましょう。 部屋を暗くする 赤ちゃんが怖がるからといって部屋の照明を付けたままにしていると、寝つきが悪くなることから、部屋の中はできるだけ暗くしておきましょう。 暗い空間にいると「眠りのホルモン」と呼ばれるメラトニンが分泌されるので、スムーズに寝られるようになります。 また、昼間に太陽の光を浴びておくと、メラトニンの分泌を促進することができます。 ネントレはいつから? ネントレは、 生活のリズムが定まってくる生後6ヶ月頃に始めるのがおすすめです。 夜泣きが始まるのもこの時期なので、ネントレを決意するママも多いようです。 あまり月齢が進んでから始めると、ママに甘える癖がついていたり、おっぱいへの執着が強くなるので、ネントレが上手くいかないことがあります。 ネントレの中でも「ジーナ式」と呼ばれるものは、赤ちゃんの月齢が低ければ低いほどよく、生まれたときから実施することもできます。 実際にジーナさんが書いた書籍を読むと、授乳時間や睡眠時間などのネントレのスケジュールが分かるので、ぜひ参考にしてください。 赤ちゃんの睡眠についての理解を深まることから、今や赤ちゃんの夜泣きや夜間の授乳に悩むママたちにとってのバイブル本となっています。 ネントレのメリット・デメリット 「泣いている赤ちゃんを放っておくことなんてできない」とネントレに抵抗を感じるママもいらっしゃいますが、ママが夜泣きや夜中の授乳のせいで寝不足になり、体調を崩したりイライラしてしまっては本末転倒ですよね。 ネントレが必要な一番の理由は、「ママの負担を減らし、親子でハッピーな時間を過ごす」ことです。 ここで紹介するネントレのメリットとデメリットを参考に、本当にネントレが必要かどうかを検討してみましょう。 ・夜泣きをしなくなるので、しっかりと睡眠がとれる ・夜間の授乳がなくなることで虫歯の予防につながる ・昼夜の区別がはっきりするので、自律神経が安定する ・赤ちゃんの自立が促される ネントレによって夜泣きがなくなると、赤ちゃんは眠りが深くなり、日中も規則正しく生活することができるようになります。 ママにとっても、添い乳から解放されるので充分に睡眠時間がとれるようになり、自然卒乳や断乳もスムーズにできますね。 ネントレのデメリット ネントレを行う場合、赤ちゃんを泣かせっぱなしにすることから、多くのママは次のようなことが心配になるようです。 ・サイレントベビーになるのではないか? ・脳や精神的に悪影響がないか? ・赤ちゃんとの信頼関係が壊れてしまったりしないか? サイレントベビーとは? 「あまり泣かない静かな子」という特徴からサイレントベビーと呼ばれています。 赤ちゃんが泣いても長時間放置され続けることで、「泣いても無駄だ」と思うようになって自己主張をしなくなってしまいます。 そのような状態が続くと、言葉の発達や人とのコミュニケーションに悪影響を与える恐れがあります。 泣きっぱなしにするとサイレントベビーになってしまうのではないか、と心配されるママもいますが、ネントレの場合は眠りにつくまでの数十分の間、泣いていることがありますが、何時間も放っておくわけではないのでそれほど神経質になることはありません。 もし、ネントレを始めたことによって、赤ちゃんとのコミュニケーションの時間が減ったと感じる場合は、その代わりに昼間にたくさん遊んだり、寝る前にスキンシップを取ることで愛情をたっぷりと注いであげましょう。 ネントレによって上手に眠れるようになれば、眠りに対する不安がなくなってたっぷり寝るようになりますよ。

次の

ねんねトレーニングはいつから始める?効果はあるの?ジーナ式ネントレ体験談をご紹介|PONママニュース

ねんね トレーニング いつから

当サイトは ねんねトレーニングのやり方・進め方についての体験談などをまとめたサイトです。 いつからトレーニングをしたら良いのか、いつまで経っても成功しない、自分のやり方は間違っているのか等、赤ちゃんの睡眠には悩みが沢山あります。 また、これは個人差が非常にある問題ですので厄介ですよね。 ママ友から聞こえてくるのはうまく言った話や自慢ととれるような内容ばかり。 姑に聞くわけにもいかずネットで調べるという人は多いはず。 という事でちょっと子育ても落ち着き(と言っても突然夜泣きするレベルなのでまだまだ油断できないのですが)、記憶が鮮明なうちに「ねんねトレーニング」をテーマに体験談ページを作っておこうと思います。 赤ちゃんはそれぞれ違う人間ですから必ずしも役に立つかは分かりませんが、コツみたいなものも記して行ければと思います。 スポンサーリンク いつからはじめるねんねトレーニング!? ほとんどのママが赤ちゃんを抱っこにながら寝かせているでしょう。 抱っこにもコツがあり、コツを掴んで慣れてくるとママも赤ちゃんのそれが居心地がよくなります。 だけど、赤ちゃんはどんどん大きくなります。 ねんねトレーニングはいつからしたら良いのでしょうか。 時期、タイミングで悩まれている方はまずはこちらからどうぞ。 あまり大きくなってからだと苦戦するという話も聞きますし、大きな赤ちゃんは抱っこするのも大変です。 ねんねトレーニングの基礎知識 さぁねんねトレーニングを始めようと思った時に、実際何をしたら良いのか、どうなったら成功なのかすらはっきりしていませんでした。 まずは具体的な進め方以前に簡単な知識を知っておくと分かりやすいので時間のある方はこちらもご覧ください。 実施のチェックポイントと流れ これもやりかたは千差万別ですが、基本的なチェックポイントと流れをまとめています。 そして成功のポイントとも言える就寝儀式についてもここでは確認してみると良いと思います。 人間寝ないという事はないですのでそんなに思い詰める必要はありません。 気楽に行きましょう。 参考:私流ねんねトレーニングのやり方• 結局3歳になった今のこのサイトで紹介した(まとめた)方法を継続しています。 大きくなると体力がつき、大人が起きている事を知っていますから夜更かしをしたくなるようです。 それでも子どもは寝ないといけないと説明し、入眠させるのですが、就寝儀式も含めて同じような事を繰り返しています。 あくまで私個人の体験談と学習した本の内容などを抜粋して紹介しているだけですのでどこまで役に立つのか分かりませんが、参考までに見ていただければ幸いです。 もしうまくできずに思い悩んでいるとしてもそれは母親として子どもの事を真剣に考えている証拠です。 寝るという人間の基本行為ですから、あまり深く考えずに取り組むのも大切な方法かもしれませんね。 たまに怖い夢でも見ているのか、軽くうなされることはありますが、かるくトントンすれば終了します。 とはいえ、同級生にはまだ3歳の子が多いですし、睡眠の悩みは多いようです。 幼稚園に入園した事もあって、成長速度はグンと上がっているように感じていますので、この辺りも純粋に年齢で測ることが難しい要因ですね。 スポンサーリンク.

次の

朝までぐっすり!我が家のねんねトレーニング(生後2ヶ月編)

ねんね トレーニング いつから

赤ちゃんが一人で寝られるようにするトレーニング、「ねんねトレーニング」について書きたいと思います。 夜、上手に寝られない赤ちゃんの寝かしつけは間違いなく子育て中のママに立ちはだかる大きな壁の一つでしょう。。 新生児の時期の3時間に一度目を覚ます時期を経て、3〜6ヶ月くらいの時期に試練はやってきました。 それまでは4、5時間続けて寝られたのにある時期を境に、1、2時間おきに起きるようになってしまいました。 今回はそこで実施した「ねんねトレーニング」について書きます。 パパ必見。 あなたの協力がトレーニングの成否を分けます。 ねんねトレーニングの進め方• 抱っこで寝かせたり、添い乳して寝かしつけたり、そういうのをやめて一人で寝られるようにするトレーニングです。 前提として朝起きる時間、昼寝、ごはん、おふろは規則正しく。 寝る前に暗めの部屋でマッサージを30分くらい時間をかけてしてあげましょう。 「おやすみ」を言って部屋を出ましょう• 泣いたら最初は5分間隔で見に行きましょう。 言っても長居しない、抱っこしないように。 徐々に間隔を伸ばし10分程度まであけましょう。 泣いていなかったら見に行かないで我慢しましょう。 ママはきっと赤ちゃんの泣き声に負けそうになります。 パパは鉄の意思で「大丈夫だ!泣いてるけど大丈夫だ」と言ってあげましょう。 ねんねトレーニングのポイント なぜそんな我が子を泣かせてまでやらなきゃいけないのか。 それは赤ちゃんが「寝付くとき」と「夜中に目を覚ましたとき」が同じ状態になるようにするためみたいです。 ものの本によると、寝かしつけられたときと夜中に眠りが浅くなってちょっと目が覚めたときに環境が変わっていると死ぬほど驚くそうです。 だから抱っこしたり、添い乳で寝かしつけられた子が、一人で目が覚めると大変で、「ヤバい!、おっぱいがない!抱っこされてない!ママがいない!大変だ!泣かなきゃ!」となってギャンギャン泣くのだとか。 やってみてどうだったか 寝付くときには泣きますし、わめきます。 ただ根気よく子供部屋へいったりきたりしているうちにどこかで力つきて寝てくれます。 あとは毎日続けて行くにつれて寝付きが早くなって行くでしょう。 うちのジュニアはしまいには3分くらいで寝付くようになりました。 なぜか一人で寝付いたときの方が眠りが深いようで夜中もあまり起きなくなりました。 この様子をみると、上に書いたことって本当なんだな〜、と思うようになりました。 ねんねトレーニングでのパパの役割 パパの役割はとても重要です。 ママは赤ちゃんの泣き声に心動かされます、つい抱っこしたくなってしまうものです。 ここで、パパは泣こうがわめこうがトレーニング成功のためにも、「大丈夫だ!放っておけ」と豪快に言い放ちましょう。 赤ちゃんは、あの泣き声から想像されるほど深く悲しんでいませんし、トレーニングが成功すれば全員の睡眠時間が増えて、全員が幸せになります。 目先のことにとらわれず長期的なゴールのために父親として威厳を示しましょう。 参考図書はこちら。 上記は下記の本に書いてあることをそのままやっただけです。 なかなかすごい本だと思います。

次の