灯油 こぼし た 玄関。 灯油をこぼした時の対処法!臭いはどうやって取る?

灯油をこぼした時の処理で玄関はどうする?火事になったりする!?

灯油 こぼし た 玄関

スポンサーリンク 玄関の床やベランダなどに、 灯油のタンクを置いている人は多いと思いますが、 床がコンクリートだと、灯油がすぐにしみこんでしまいます。 しみこんだ灯油は、後でシミになってしまうこともあります。 この場合はどうすれば良いのでしょうか? コンクリートや水分がしみこむ床なら、 すぐに洗剤や水で洗い流すのが一番早いのですが、 床に水を流せない場合は、 灯油の液体をペーパーなどでよく吸い取った後、 汚れが残った部分を、雑巾に 食器洗い用洗剤をつけてこすり、 お湯などをふくませた雑巾や布で洗剤を取り除くようにして、 臭いが気にならなくなるまで、何回か繰り返します。 できれば、灯油が床にしみこまないようにするために、 灯油を入れる周辺には、 あらかじめジョイントマットや新聞紙、ビニールなどを敷いておくと、 こぼれてしまってもすぐに対処することができます! また、灯油を入れる時は手にもつきやすいもの。 もし手についてしまったら、 女性の化粧落とし用の 「クレンジングオイル」で灯油を浮かせて、 一度流し、いつもの手洗い石鹸などで洗い流すと臭いがとれますよ。 クレンジングオイルがなければ、食用油でも大丈夫です。 冬場は、ただでさえ手が荒れがちです! できれば、灯油を入れる時には、手袋をすると良いですね。 灯油の臭い消しで部屋にも使える便利グッズ 玄関に灯油を保管している場合、 玄関自体が灯油臭くなってしまいます。 これを解消するには、 灯油のタンクを大きめのプラスチックケースなどに入れて 収納すれば大丈夫です。 カチッと閉まるフタがついているので、臭いが気になる方には 最適ですよ。 見栄えを気にするなら、さらに布などを上からかければ大丈夫です。 小さい子供がいたずらをする心配もないですよね! そして、灯油をこぼした時、 臭いを早く消したい時に便利なのが、 「アルコール」です! ですが使う時には火気注意です。 掃除などに使う 「無水エタノール」でもいいですし、 「キッチン用アルコールスプレー」でも大丈夫です。 これをたっぷり灯油の汚れ部分にかけて灯油を溶かし、 ふきとって、風をあててよく乾かす事を繰り返します。 (冷たい風のドライヤーでもOKです) 場所によっては、アルコールをまくと変色することがあるので、 アルコールをつけても良い場所なのか先に確認してくださいね。 じゅうたんやカーペットに灯油をこぼしてしまった場合は、 重曹の粉をたっぷりとかけて、しばらくおいておきます。 車の中にこぼしてしまった場合も同様です。 ただ、重曹では臭いを全部取りきるのは難しいんです。 重曹の代わりに、粉状の洗濯洗剤か小麦粉でもOKです。 でも、冬は粉状の洗濯洗剤は溶け残りやすいし、 最近は液体タイプの洗剤を使う人も多いので、 家にある人の方が少ないですよね。 紙パック式の掃除機でしたら、そのまま重曹を吸い込み、 食器洗い用洗剤や、ぬるま湯で交互にトントンとふいていきます。 また、ホームセンターでは 「灯油専用の消臭グッズ」を 置いているので、家に一つ持っていれば、 すぐに臭いを消せて良いですね! 灯油の臭いを消す方法の中でも服についた臭いを消す方法 灯油を入れて容器を運ぶ時などに、 服に臭いがついてしまうこともあります。 そんな時は、洗濯機に入れるよりも、先に臭いを消しておきます。 灯油の臭いは、洗濯をしても落ちてくれません。 臭いの消し方は、とても簡単なのですが、 「陰干し」です。 外が雨続きで干せないなら、ドライヤーの冷風を当てるのも良いです。 とにかく灯油を乾燥させて、臭いをとります。 臭いがとれたら、洗濯機で洗います。 シミになるのを防ぐには、洗濯する前にクレンジングオイルや、 食器洗い用洗剤などで部分洗いをします。 特に色見の薄い白っぽい服は、 後からシミになる場合もあるので、部分洗いをした方が良いですね! まとめ 灯油の臭いは、とれるのに時間がかかります。 換気ができる部屋で、 少量程度ならともかく、車内などに大量にこぼしてしまった場合など、 キツイ臭いをガマンするのはよくありません。 大量にこぼした場合は、まずは液体をふいて、 外なら土をかぶせたり、車の中なら、 重曹や粉の洗濯洗剤をこんもりをかぶせて応急処置をしましょう。 灯油は、油(クレンジングオイル、食用油)やアルコールと 溶け合うので、これらを活用して臭いを消す事ができますよ。

次の

玄関タイルに灯油をこぼしてしまった!そんな時どうすれば良いの?

灯油 こぼし た 玄関

A ベストアンサー こんにちは。 >かなり・・・との事ですが、どの位のオーダーか判りますでしょうか? 100cc程度・・・何もしなくて大丈夫でしょう。 1リットル程度・・・ちょっと心配があります。 できれば、灯油缶などをどけて、そこで焚火をしてしまうのが一番です。 そんな何時間も燃え続けるような事はありません。 終わったらたっぷり水をまけば大丈夫です。 ただし広範囲にバラまいちゃったらこれはできません。 かえって危険です。 それ以上。 この場合は消防署に連絡して処置をあおいだ方がいいと思います。 以上は、またやった時の為の対策です。 今回はもう水もまいちゃったのでどうしょうもないですね。 火災の原因になるのは、地面に染み込んだ場合じゃなくて、変に水で流して側溝などに流れ込んだ場合です。 この場合は大変やばいので、側溝がある場合は、水まきはやらない方が無難です。 側溝に大量に流れてしまったら、やっぱり消防署に相談しましょう。 A ベストアンサー 1 灯油など強いにおいの油をこぼした場合はまず、こぼした灯油の上に小麦粉(お茶の葉や洗濯用粉末洗剤でもできます)をふりかけます。 そして小麦粉が灯油を吸ったらそれをホウキで取り集め、ごみ箱に捨てます。 また、手に灯油のにおいがついた場合は、食用油を少しなじませてからハンドソープで手を洗うときれいにとれます。 2 灯油を給油してて、ついうっかりしてこぼしてしまったなんて経験、皆さんあると思います。 こぼれた灯油を拭いても後に灯油の嫌な匂いが残ってしまいますよね。 そんなときはこぼしたところに茶がらをまいておきましょう。 茶がらがにおいを吸い取ってくれます。 なお、こぼしたときは、雑巾などで拭かずに、小麦粉や洗濯用の粉石けんをふりかけて、十分に吸い取らせて、ほうきではわいて、軽く水ぶきすればにおいも残りません。 手についた灯油のにおいですが、これも厄介ですよね。 そんなときも茶がらをよく手で揉みほぐせば、においはとれます。 ほかにもみかんの皮や食用油などを十分に手になじませて、そのあとに石けんで洗い流せばこれまたきれいにとれます。 Q 大掃除をしていたら うっかり灯油をこぼしてしまいました! 雑巾が大量になかったので 新聞紙ですって、今検索していました。 こぼした場所は DKで素材はなんて言うんだろう・・ フローリングみたいだけど、木じゃなく合成素材?みたいな物です。 検索すると小麦粉やお茶がら洗剤をふっておくとよいそうなので、 今洗剤をふっています。 そちらは、あとは水ぶきでいいのかな? 問題は 洋服と本。 ちょうどまとめて洗おうと足元においていて 灯油がついてしまいました。 すごく気にいっている服なので できれば捨てたくないのですが どう処理すればいいですか? それと、本。 ドライヤーで乾かすと危ないですよね? 新聞紙を一枚一枚 はさむとかしか方法はないですか? それと、検索していて臭いに関してが多かったのですが、 自分はあまり臭いは 気にしていなかったのですが、 さっきから 隣の部屋にいるのですが、急に頭が痛く気持ちが悪いです。 換気はしているのですが、他に対処法ありますか? A ベストアンサー 回答になるかどうか分かりませんが、職場で灯油をこぼした時に、先輩から教えてもらいました。 重油はガソリンで、ガソリンは灯油で、灯油は水で拭くのだそうです。 まず雑巾を水でぬらして拭く。 灯油を吸った雑巾は、バケツに貯めた水で洗いながら、何度か拭きます。 新聞やティッシュだと、拭いた跡がツルツルしませんか?水拭きでは、それが無かったように思います。 素手だと手の油分が無くなってカサカサになるので、保湿してください。 ガソリンを吸った新聞をゴミ袋に入れて、密封しないように。 揮発して発火すると危険ですよ。 危なくない所に、ゴミ袋の口を開けて、揮発したものがたまらない様に注意してください。 もちろん、室内もしばらく喚起が必要です。 洋服や本・・・・難しいですね。 クリーニング業者に問い合わせするのが、ベストですかね。 Q 先程、灯油を玄関のコンクリート部分にこぼしてしまいました。 処理方法は過去の質問で見つかったのですが、違う心配事があって、投稿させて頂きました。 アパートの2階に住んでいるのですが、玄関のコンクリート部分にこぼした灯油は、 1階の部屋(天井)まで浸透してしまう可能性はどのくらいあるのでしょうか?? 雑巾や新聞紙で何も吸い取らなくなるまで出来るだけ拭いたつもりなので、 あとは揮発するのをひたすら待つしかないのかなぁと思っているのですが…。 ちなみにこぼした量は100~200ccほどだったと思います。 合わせて、灯油が完全に揮発するまでどれくらいの期間を見たほうが良いのでしょうか?教えて下さい。 よろしくお願い致します。 A ベストアンサー あけましておめでとうございます。 新年早々大変でしたね。 灯油は揮発性の物質ですが、マニキュア落としの成分であるアセトンとかと違い、揮発しづらいので、ニオイがいつまでも残りますよ。 灯油をこぼしたときに、まずやることは、「こぼした灯油をすぐに吸い取ること」。 これは済んでいるようですね。 次に、絨毯を引いていた場合は、新聞紙やぼろ切れなどを置いて、上からオモシを置いてできるだけ早く吸い込ませるようにしてください。 これは2~3回取り替えて、繰り返しやって下さい。 あと、この時「新聞紙やぼろ切れで拭き取らない」で下さい。 力まかせに擦ったりすると、絨毯の素材を傷めてしまったり、さらに奥にまで灯油がしみ込んでしまいます。 もしまだでしたら、これで、徹底的に石油を取り除いてください。 その後、「中性洗剤を薄めた液」を用意して、タオルなどで軽く叩くようにして残っている灯油を取り除いて下さい。 そして最後に、お湯につけた固く絞ったタオルでもう一度軽く拭き取り、ドライヤーの熱を利用して乾かして下さい。 ドライヤーは必ず15cmは離して乾かすようにして下さいネ。 こうすると、だいぶニオイが気にならなくなります。 これで、ほんの少し残っている灯油も、1~2日も経つと揮発してしまうので、気にならなくなります。 あけましておめでとうございます。 新年早々大変でしたね。 灯油は揮発性の物質ですが、マニキュア落としの成分であるアセトンとかと違い、揮発しづらいので、ニオイがいつまでも残りますよ。 灯油をこぼしたときに、まずやることは、「こぼした灯油をすぐに吸い取ること」。 これは済んでいるようですね。 次に、絨毯を引いていた場合は、新聞紙やぼろ切れなどを置いて、上からオモシを置いてできるだけ早く吸い込ませるようにしてください。 これは2~3回取り替えて、繰り返しやって下... A ベストアンサー 先ず、灯油はガソリンと違い引火点(加熱して燃焼する温度)が40度程度と高いので、ライターを落としたり、あるいは極端な話がそのこぼれたところにマッチやライターで直接あぶっても、あぶっているところだけが暖まり厳密には燃焼しますが、それも炎は目に見えにくいほど部分的にしか燃焼しません。 まして燃え広がることもありません。 石油ストーブの芯とか、衣類や布に染みこんだものならば、その芯材の加熱により燃焼を続けられますが、灯油単独ではメラメラ燃え広がるには全体を40度以上に上手く加熱しないことには燃え広がりません。 玄関の床とのことですので、床そのものを温めないことには端から床の冷たさにより冷やされますのでご心配いりません。 燃え広がる心配はないにしても、しばらくは独特な臭いに悩まされるでしょう。 先ずはいらないタオル、新聞紙などに染みこませ液体部分を取り去ると共に、取り終わって濡れた部分も乾拭きをするようなつもりで出来る限り拭き取ってください。 あとは気化しやすいですので、換気をしておけば蒸発してなくなり、臭いも取れます。 A ベストアンサー アスファルトは油に溶けます。 そのため、ガソリンスタンドなど油性の液体を扱う施設は、必ずコンクリート舗装としています(荷重の問題もありますが)。 舗装に使うアスファルト・コンクリートは、アスファルトに砂利などを混ぜたもので、アスファルトを固着材として使用します。 アスファルトの代わりにセメントを使用したものをセメント・コンクリート(俗に言うコンクリート)といいます。 溶けてしまったアスファルトは、下層の砂利層に浸透してしまってますから、その部分を何かで充填してやる必要があります。 補修用の充填材が市販されていますから、試してみてはどうでしょう。 yahoo. html.

次の

灯油をこぼした?車や玄関についた灯油の対処法について

灯油 こぼし た 玄関

スポンサードリンク 灯油をこぼした!臭い玄関はどうする? 灯油を保管している玄関は灯油を入れるポンプからダラダラこぼれてしまったり、うっかりタンクを横倒ししてしまったりと何かと汚れやすいもの。 冬の間ずっと灯油のにおいが染み付いた玄関に悩まされている方も少なくないと思います。 新聞紙は何枚も用意しておき新しいものでどんどん吸い取っていきましょう。 ボロ雑巾で灯油の付いた粉を拭き集めてから、ほうきとちりとりでさっと掃き掃除します。 集めたものは灯油臭いので先ほどの新聞紙を捨てたゴミ袋に一緒に入れてしまいましょう。 ほうきやちりとりも灯油臭くなりますのでさっと洗っておくとよいと思います。 これで汚れやにおいがほぼ取れるはず。 ただ、完璧に臭いは取れないので気になるようでしたらお茶がらを巻いておくと多少消えます。 灯油の汚れやにおいを拡大させないためには、汚れたら即後始末をするのが鉄則です。 こぼしちゃった~後でやろう・・・と思っているうちに玄関に灯油がしみこみますし臭いも広がりますので面倒でも速攻掃除しましょう。 ウチでは週1回、玄関掃除をして灯油汚れやにおいをリセットします。 台所用洗剤と水を使ってデッキブラシでガシガシ磨けばいつもきれいに保てます。 寒くてめんどくさいけれど、お客様が来た時に灯油の臭いが漂っているのはいやなのでこまめに掃除しておけば玄関周りはいつもすっきりしますね。 灯油をこぼした!手はどうする? 灯油をこぼした時は手にもべったりとついてしまうものです。 その後しっかりぬるま湯で洗い流せばてもきれいになります。 手荒れしやすいので洗ったあとはハンドクリームで保護してくださいね。 手全体になじんだらいったんティッシュでオイルをおさえて吸わせます。 その後石鹸かハンドソープでよく泡立てて洗ったらぬるま湯で洗い流しましょう。 先ほどと同じように手を洗ったあとはハンドクリームで保護してください。 また、オリーブオイルがない場合はサラダ油でも同じようにやることができます。 以上、台所用洗剤とオリーブオイルを使う方法で灯油のベタつきや汚れは取れるのですが、もしかしたらニオイは残ったままかもしれません。 そんな時のための臭い消しの方法もご紹介します。 皮に含まれているリモネンという成分が灯油のにおいを緩和するのに役立ちます。 その後は石鹸やハンドソープを泡立ててぬるま湯で洗い流しましょう。 私はこの作業が昔から嫌いで、灯油を入れるくらいだったら寒さを我慢したほうがマシ!といつも部屋でぶるぶる震えていました(笑)そのたびにいつも母から怒られていました。 タンクに入れようとすると必ずポンプから灯油がぼたぼた垂れたりするので、結局玄関周りの掃除までさせられる羽目になってさらに灯油入れがキライになるという悪循環! ・・・というわけでいまだに灯油の補充が苦手なままです。

次の