極限zエリア 宇宙最凶の一族。 【ドッカンバトル】極限Zエリア『宇宙最凶の一族』攻略情報。オススメのキャラ・編成など

まったりゆったりドッカンバトル詳細解説: 体属性UR【恐怖の嵐】フリーザ(第二形態)の性能詳細(極限Z覚醒)

極限zエリア 宇宙最凶の一族

目次 ・項目をクリックでページ内ジャンプ• 55 3. 3 5. 通常計算タイプ。 ターン開始時発動。 通常計算タイプ。 ターン開始時発動。 別枠計算タイプ。 攻撃時発動。 【 必殺技効果】 Lv10以上で必殺技の威力が更にアップ• 1ターンATKが大幅上昇 ( 極限)• 必殺技のATK上昇倍率と加算。 【 アクティブスキル効果】 【悦楽のフリーザタイム】• 敵単体に超特大威力Lv10の特殊 必殺技攻撃。 潜在能力解放の『必殺技威力UPLv』で威力が増加する。 最終ATK・DEF倍率-0. 3効果。 敵が複数やDEF低下の弱体状態であること前提ではあるが、非常に強力なATKを発揮する。 仮に追加の能力上昇スキルが発動していない状態でもリンク次第でATK86~110万の全体攻撃となるので全く心配する必要がない。 DEFに関しても最大なら「BOSSキャラ」がリンクしていなくても5. 8万以上と及第点を超える数値を出す。 通常では難しい最大ATK200万にも登る全体攻撃を与えることも不可能ではない。 更に複数敵の場合アクティブスキルによる 特殊必殺技で1体のみではあるが先制攻撃が可能で、 超特大威力Lv10の必殺技を発動する。 フリーザ系は「残虐」よりも「征服の野望」が主にリンクとして所有しているので、若干つながりが悪い。 DEF低下が通らない相手だと最大火力は発揮できない。 潜在能力解放が最低限前提の能力である。 そのため必殺技Lvが低かったり潜在能力解放が進んでいないと能力的にはあまり伸びない。 逆に言えば極限Z覚醒まで終わらせれば並の限界突破UR以上の働きをしてくれる。 フェス限定系UR。 フリーザ系最強クラスの性能。 フリーザの中では珍しく「征服の野望」ではなく「残虐」を所持している。 ただし第7宇宙の代表だったため、逆に「BOSSキャラ」を所持していない。 必殺技がDEF低下効果なのでフリーザ 第二形態 の追加ATKUPパッシブスキルの条件を満たせられる。 イベント入手型LR。 頂上決戦で手に入れる強力なフリーザ。 初期のイベントLRながら、フリーザということもあって今なお強力で使いやすい。 必殺技がDEF低下効果なのでフリーザ 第二形態 の追加ATKUPパッシブスキルの条件を満たせられる。 613 444 423 397 329 320 247 205 204 201 200 188 186 185 175 172 164 162 162 152 150 142 142 137 135 132 129 124 121 119 119 114 112 111 108 108 107 101 100 99 95 94 93 93 86 84 77 76 76 74 74 72 69 69 69 69 67 67 64 64 61 60 59 57 53 53 52 49 47 46 45 45 43 41 41 41 35 35 35 33 32 31 31 30 30 29 29 28 27 26 25 25 25 25 23 23 23 23 21 21 21 19 19 19 19 18 18 18 17 17 16 16 14 13 13 13 12 12 12 10 10 10 10 10 10 9 9 8 8 8 8 8 7 7 7 7 7 6 6 6 6 6 6 6 5 5 5 5 5 5 5 5 5 5 5 5 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 3 3 3 3 3 3 3 3 3 3 3 3 3 3 3 3 3 3 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1.

次の

極限Zエリア 宇宙最凶の一族

極限zエリア 宇宙最凶の一族

目次 ・項目をクリックでページ内ジャンプ• 通常計算。 ターン開始時発動。 通常計算。 ターン開始時発動。 【 必殺技効果】 ATKを低下させる• 攻撃を回避されると効果は発動しない。 攻撃を回避されても効果は発動する。 プレイヤー次第だが取得難易度はそこまで高くない。 歴代コスト99系LRの中でもトップクラスの攻撃力を持っている。 超必殺技はなんと極系の味方を2ターン強化するため、次のターンの味方も強化状態にしておける。 フリーザなのだが、登場時点でボスキャラじゃないので「BOSSキャラ」を所有していない。 毎月入手できる秘宝は160000前後なので、秘宝が枯渇していた場合1体取得に最低でも2ヶ月はかかる。 また交換も、初回2体、それ以降毎月1体ずつ追加されていくはずなので、すぐに最大解放はできない。 頂上決戦系LR。 リンク相性がかなり良い相手。 同じLRで、なおかつイベント作成型。 初期系LRなのにもかかわらず今なお前線級の性能を持つので是非作成しておきたい。 物語イベント系UR。 極限Z覚醒実装済みで、非常に強力なフリーザ。 極限Z覚醒はともかく、入手難易度は高くはない。 個体性能も高いので機会があれば是非作成してほしい。

次の

極限Zエリア「超サイヤ人だ孫悟空」クリアパーティ・攻略情報【ドッカンバトル】|GAMY

極限zエリア 宇宙最凶の一族

目次 ・項目をクリックでページ内ジャンプ• 55 3. 3 5. 通常計算タイプ。 ターン開始時発動。 通常計算タイプ。 ターン開始時発動。 別枠計算タイプ。 攻撃時発動。 【 必殺技効果】 Lv10以上で必殺技の威力が更にアップ• 1ターンATKが大幅上昇 ( 極限)• 必殺技のATK上昇倍率と加算。 【 アクティブスキル効果】 【悦楽のフリーザタイム】• 敵単体に超特大威力Lv10の特殊 必殺技攻撃。 潜在能力解放の『必殺技威力UPLv』で威力が増加する。 最終ATK・DEF倍率-0. 3効果。 敵が複数やDEF低下の弱体状態であること前提ではあるが、非常に強力なATKを発揮する。 仮に追加の能力上昇スキルが発動していない状態でもリンク次第でATK86~110万の全体攻撃となるので全く心配する必要がない。 DEFに関しても最大なら「BOSSキャラ」がリンクしていなくても5. 8万以上と及第点を超える数値を出す。 通常では難しい最大ATK200万にも登る全体攻撃を与えることも不可能ではない。 更に複数敵の場合アクティブスキルによる 特殊必殺技で1体のみではあるが先制攻撃が可能で、 超特大威力Lv10の必殺技を発動する。 フリーザ系は「残虐」よりも「征服の野望」が主にリンクとして所有しているので、若干つながりが悪い。 DEF低下が通らない相手だと最大火力は発揮できない。 潜在能力解放が最低限前提の能力である。 そのため必殺技Lvが低かったり潜在能力解放が進んでいないと能力的にはあまり伸びない。 逆に言えば極限Z覚醒まで終わらせれば並の限界突破UR以上の働きをしてくれる。 フェス限定系UR。 フリーザ系最強クラスの性能。 フリーザの中では珍しく「征服の野望」ではなく「残虐」を所持している。 ただし第7宇宙の代表だったため、逆に「BOSSキャラ」を所持していない。 必殺技がDEF低下効果なのでフリーザ 第二形態 の追加ATKUPパッシブスキルの条件を満たせられる。 イベント入手型LR。 頂上決戦で手に入れる強力なフリーザ。 初期のイベントLRながら、フリーザということもあって今なお強力で使いやすい。 必殺技がDEF低下効果なのでフリーザ 第二形態 の追加ATKUPパッシブスキルの条件を満たせられる。 613 444 423 397 329 320 247 205 204 201 200 188 186 185 175 172 164 162 162 152 150 142 142 137 135 132 129 124 121 119 119 114 112 111 108 108 107 101 100 99 95 94 93 93 86 84 77 76 76 74 74 72 69 69 69 69 67 67 64 64 61 60 59 57 53 53 52 49 47 46 45 45 43 41 41 41 35 35 35 33 32 31 31 30 30 29 29 28 27 26 25 25 25 25 23 23 23 23 21 21 21 19 19 19 19 18 18 18 17 17 16 16 14 13 13 13 12 12 12 10 10 10 10 10 10 9 9 8 8 8 8 8 7 7 7 7 7 6 6 6 6 6 6 6 5 5 5 5 5 5 5 5 5 5 5 5 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 3 3 3 3 3 3 3 3 3 3 3 3 3 3 3 3 3 3 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1.

次の